SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
397位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
33位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

伊織「ちょっと遅くなったわ。 タクシーを捕まえることにしましょう」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:19:02.98 ID:1gPSX/sn0


      ,v-ー-、
     i∞(⌒ヽ
     i !'/'"`ヽ l 
     |i (l.゚ ヮ^ノb  行くわよ!
    ノノ( ll.Y.ll'
     く_rvvv、〉
    ,, し' `J


2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:22:31.61 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「タクシー!」
 
やよい「はーい!」//ガルーン!
 
伊織「やよい、事務所まで行けるかしら?」
 
やよい「任せてください!よいしょっと…」
 
伊織「シャキーン!っておんぶかい!」
 
やよい「ダメですか?」
 
伊織「ダメじゃないけど…(これだとやよいが大変じゃないの)」
 
やよい「がんばりますよー!」
 
 
 
   ,v-ー-、
  ,r@(⌒ヽ  
  i !'/'"`ヽ l (凄い体力ね…)
  |i (lu゚ ヮ゚ノ 
  li.,..つ´⌒とヽ
  ノi( (iミ//ハi)〉)
    )ノ从 ゚ ヮ゚ノ(  ウッウー、ハッシャシマスヨー!
   `'J/r‐i,)
      fく_ソj)  
       し'ノ 


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:23:29.88 ID:9SjKGd170

かわいい


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:27:34.66 ID:1gPSX/sn0

 
テクテクテクゴマエーテクテクテク
テクテクテクゴマエーテクテクテク
 
 
やよい「ふぅはぁ…」フラフラ…
 
伊織「ありがとうもう十分よ。清算してちょうだい」
 
やよい「ダメですよ。せめて初乗り分は進まないと悪いから・・・」
 
 
ガクッ ドテッ

伊織「いたたた・・・。」
 
やよい「あっー!ごめんなさい、大丈夫ですか?」 
 
伊織「大丈夫よ、問題ないわ。」
 
やよい「…あうー伊織ちゃん、ちょっと事務所までは無理かもです」
 
伊織「距離があったものね、でもずいぶん近づいたし本当に助かったわありがと。」
 
やよい「どういたしまして」


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:32:46.67 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「タクシー!」

春香「伊織、タクシー乗ってくよね?」

伊織「どんがらガッシャーンは勘弁してよね、お互い忙しい身なんだから」

春香「もう!流石の私でも車の運転は安全だよ」

伊織「本当かしら…」
 
ブロロロロ
 
 


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:37:25.37 ID:1gPSX/sn0

 
 
キキー
 
伊織「無事ついたわね」

春香「ね?快適でスムーズな運転だった・・・でしょう?」

伊織「ええうちの運転手と遜色ない乗り心地だった・・・春香「あっーー!!

伊織「どうしたのよ」

春香「メーター入れるのの忘れた…」

伊織「…この距離なら多分1600円くらいでしょ、払うわよ。おつりはいいわ」

春香「ごめんねー(エヘヘッ」
 
 
               ,vー- 、 ハルカ・・・
     メンボクナイ    @(⌒ヽ;i
     r―‐,。、_,。、 l/'"~ヽr―‐、
     |__ .く/!j´⌒ヾゝl, ゚ヮ ゚ |__|
    rー'' .ん'ィハハハj'〉,:と rー''ー''ーi____
    |   ゝノu゚ ヮ゚ノ)    |  | ̄空車 |
    | /i二ヽと   i/     |  `ーr―r‐'
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:41:41.97 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「今日は地方ロケね。『ホテルまではタクシーを使って移動するように・・・』ですって」
 
 
 
真「伊織、のってく?」

伊織「人力車…予想通りね」

真「仕方ないじゃないか」
 
 
しゃんしゃんしゃんしゃん


伊織「これに乗って見るとより一層情緒ある町並みに見えるわね」

真「でしょう、ボクも伊織に喜んで貰ってよかったなー(キラッ)」

伊織「(こいつは…)」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:45:24.01 ID:1gPSX/sn0

 
     ,v-ー-、
  rー ,r@(⌒ヽ
  |  i !'/'"`ヽ,l       )ノ
  |  |i (l ゚ ヮノ     , ' ⌒´`
  \ノノr' ^iっc__    i! ノリノ)リ〉  スキダヨー ソクドアゲテー♪
    l],。ェーェ、 ∫    ゝ(| ゚ ヮノ  
_i _i  rヘ1i /'ヘ ∫----/ つ)ノ⊃-、 _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i
_i  (三 米三) ̄ ̄ ⊂-ァ / ̄ ̄ _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i
_i   ヾノ/ lヘ/        し' _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i
_i _i _i. `'ー'" _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i
_i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i _i
 
 
 
 
真 「とうちゃーく!」

伊織「坂道もあったし大変だったわね、このタオル使いなさいよ」

真 「ありがとう!伊織のそういう優しいところ好きだよ」

伊織「(もう……なんなのよ///)」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:47:19.80 ID:q/tGD3lM0

可愛い…


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:49:14.45 ID:Dwv77UZu0

かわいいな・・・


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:49:36.61 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「タクシー!」
 
響 「はいさーいー!」
 
伊織「とうとう馬も飼うことになったのね」
 
響 「はいよー!」パカランパカラン
 
 


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:54:32.91 ID:1gPSX/sn0

 
 
      ,..,、
  rvヘ                          __________________
          ,r::::::::::::、       i::1  j1    /
         :':::::::::::::::::':.      i::::L  i::i   |
______;::::::::::::::::::::::;____i::::::i_i::i__| しかもなんで急に舞台が荒野になるのよ…
                               |
              ( <i/ン 、.  r‐ー-、    ○ー――――――――――――――――――
              '`⌒ ` 、 __@__l_  O
     ヒーハー!   ( ノV ヽ )(_/'"~ヽ,lj l  o
          ,ハiヽミ ´ヮ ` i人,,ゝヮ゚ ノノi| 
          /"・,, ミミァと ヽ ⊂ノ二{j ノ
         (。/ )ー'ミ i-、 ,ノ / / i ヽヾミミミミ彡
           ノ    |_|_∪ ~u-u~') 
           ,( 、  ,,)_.||_彡(  ,,ノ 
            /,r( ノ."     ノ.ノ, (    ,,.,
          //   \'i     // 〈〈       
  il       くノ    i,j "   くノ  j_ノ      ,.,,
   ,.,,, ,.,,,      ,,,            il


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 16:59:37.87 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「タクシー!」

雪歩「はい…どうぞ…」

 
伊織「…………発車しないのかしら?」

雪歩「この車はおいしいお茶のサービスが売りでして、

   ほんのちょっとだけ待っていただけるとうれしいですぅ」

伊織「まあいいけど…」

 カチャン

伊織「ああっ!メーターが!」

雪歩「(ニヤリ)」


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:06:14.06 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「タクシー!」 
 
キィー
 
千早「どこまで?私はワンメーターはだめよ」
 
ブロロロン
 
伊織「キィー!!!」



19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:12:00.02 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「タクシー!」

亜美「いっおりーん!亜美たちのタクシ→乗るよね?」

伊織「遠慮するわ」

真美「じゃあいつ乗るの?…今でしょ!」

伊織「予備校風に言われてもアンタたちのタクシーには乗りたくない」

亜美「なるほど…つまりいおりんは反タクシー派に成り下がったのか」

真美「これは我々タクシー派からの粛清が必要なようですな、かかれー」
          ./: / : : : : : : :.\  ./:::::::::,;.. -:‐ー‐-:、_:::::::,.。:ー-、.i: : :.i/:.:l _
          i: : :r'⌒'‐ヘ_: : : :ヽ. /::::::::r:': : : : : : : : : : :.ヽ/,..r:ー:、: : .;r-v‐-、':_.-`ヽ
ー‐‐-- 、..___  _,:y : : : ̄: : : :': 、_:.:i l':::::::,r| :.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : \: : : ,>-:':':^'ー-、i_
  /ヽ__     ̄|: : : : : : : : : ヽ;_: : ::\::;/:,.r'^" ̄ ̄~"\: : : : : :,>'": : : : : : : : : : : `ヽ、
 ̄   ,>    | : : : : : : : : : : : i, ^ヽ; :i.:/         ':; : :.:r'; ,.-'"'/ : : : : : : : : : : : ヽ、
 ___ 〈     .j : : : : : : : : : : :;: l.  ヽ:i'          ヽ:./:/   /: : : : : : : : : : : : : : :ヽ
'、  \|    /: : : : : : : : :;、: ji :lー-- `i. `'-'  `'ー '"  i:l/ 、___ i :/l: : : : : : : : : :. ; : : : i、
 `ヽ 、   ./:i : : : :.; : : : レl.:/ 'i.l   _,|           ij'    |:/ |: : :l'; : : : : : : :i : : : :i
.    \ .ノ: :j : : : :.l'; : :./. l/  lj _,.ィ1i.==-     -== jl、_   .lj  i; : l、j; : : : : : j_; : : :.i
     `'く: ::/イ: : : :l i:.:/   _,    `’ヽ ' '   '   ' ' ' /ノl:j`'    ,_ ヽ:j. l: : j : : /: : : .ノ
        ';.: : :',: :.i :i.`' -‐'i;:)    '   j    __      /i' " '   l:.jヽ、_ .i :/: :ノ: : :/
         ヽ;_,:ri; i; :、        , /、  (__j    .j:.:、      `    '1; . 、: : : Z_
          \V ヽ:i     ー ‐ ' /:T`ヽ、   ,. 'j: : :':、 ヽ. __,.    ,..、'^ ,ノ:.:: :'-ァ^ 
            7"i:j'` ' ーr-- ‐ー':::::i    rヘ,... :イ: : : : ':,    ,r'⌒ヽ、_"''^ヽ; : ;:l^ヽ、
          _,iニニ=-‐ー-'^ 、 `i.l:::::::::i、  `i::::::,r: : : ,:r'^`'::::: i'     `ヽ、_ `^   l
伊織 「わかったわーかった。乗ってあげるからはなれなさいよ!」


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:12:29.37 ID:Dwv77UZu0

かっわいいなああああああ


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:18:51.72 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「まったく・・・」

亜美「ではしゅっぱーつ」

伊織「!」

真美「(もがもが)んこー!」

伊織「(真美の口を抑えながら)言うと思った」

真美「伊織くん、君は重大な勘違いをしておるようだね、タクシーといえば

   『運行』でしょ→、決して○んこでも○んこでも○んこでもないのだよ」

亜美「んっふっふー、何と勘違いしたかは亜美たちにはさっぱり分からないけど、
   
    いおりんはどうやら相当の隠れシモネタンですなぁ」

伊織「(はめられたわ)」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:23:41.73 ID:1gPSX/sn0

 
ブー
 
 
伊織「…………」

二人「ねーいおりん、そろそろ機嫌直してYO-」

伊織「…ところで何で助手席に真美が乗ってるわけ?宅配車でもあるまいし」

真美「いいところに気が付きましたないおりん、真美はブレーキ、クラッチ担当

亜美「亜美はハンドル、アクセル担当となってるんだね。チョー器用っしょ?」

伊織「へ、へぇ…」


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:24:39.43 ID:5dX/zGsl0

超あぶねぇ


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:29:21.91 ID:1gPSX/sn0

 
―またまた後日

伊織「今日はちょっと急いでいるから、タクシーを使うことにするわ」



伊織「タクシー!」

あずさ「あらあら伊織ちゃんー、いらっしゃい」

伊織「(よりによって!!)」

あずさ「どうぞ~(ニコニコ」



伊織「ねえあずさ、本当に大丈夫なの?」

あずさ「ふふ、ナビがあるから大丈夫よ」



ブロロロ…



伊織「」

あずさ「」


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:35:00.13 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「ますます時間が・・・タクシー!」

律子「あら伊織、いらっしゃい」

伊織「大丈夫なの?」

律子「最新ナビがあるから大丈夫よ」

伊織「お願いするわ(アンタだけが頼りなんだからね)」

 
ナビ「Aルートは35パーセントの確率でBルートに比べ
   40秒の時間短縮になります、ただし燃費に関して
   16パーセントロスが生まれます
   一方Bルートは7パーセントの確率で信号のハマリが起き
   Bルート通常よりも1分50秒ほど遅れます
   しかしながらそれ以外の場合ではエコ走行には貢献します……シタガッテ…」
 

伊織「へえ、刻々と変化する道路事情を解析して確率まで計算してくれるのね」

律子「そうよ。ちょっとデータが出るまで待ってね」

伊織「………ねえ律子」

律子「…悩むわねー。ねえ伊織、どちらにしようかしら?」

伊織「(どっちでもいいんだけど…)ああ時間が……」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:40:32.03 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「タクシー!」
 
美希「はいなの」 

キィーバタン

伊織「この車凄く静かね」

美希「すぅ…マートドライブの車らしいよ」

伊織「そうなの。」

 
スィー――――…

伊織「(車内におにぎりクッションが置いてあるなんて美希らしいわね)」
 
 

……
…………


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:45:40.64 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「なんだかもの凄く静かねー(いやな予感)」

美希「zzz」

伊織「」


                    i^77
               ,vー- 、  l/l/
              @(⌒ヽ;i  OO
     r―‐(⌒' 、  l/'"~'r―‐、
     |_,.'´` ⌒ヽ   l, ヮ |__|
    r爻.!リ(ヾ))リ,i   (つー''ー''ーi____
    |(ノ´(l.-ヮ-ノ ゝ  `|  | ̄賃走 |
    | っ/i⌒ハc |   |  `ーr―r‐'
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 

伊織「ちょ、ちょっとアンタ何やってんのよ!!!!」

美希「ムニュ…あーだいじょうぶだよ?」

伊織「どこが大丈夫なのよ。眠りながら運転するタクシー運転手なんて見たことがないわ!!」

美希「これでもミキ15年間無事故なの(フフン!」

伊織「これは見たことになったのかしら?」


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:51:46.36 ID:1gPSX/sn0

 
伊織「タクシー、事務所まで行って」

貴音「かしこまりました。」

ウィーン フファンファン…

伊織「きゃっ、何するのよ!」

貴音「ふふ・・・しいとべるとはちゃんと装着してください」


フロロロ・・・

伊織「ねえ貴音、この方向で本当にあってるの?」

貴音「これが一番速くて安全なルートなのですよ。

伊織「(面妖ねぇ)」


フワワワン

貴音「ほら、時間も一般的なたくしいより早くつきましたよ」

伊織「…だからってわざわざ木星を経由することないじゃない」



37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:56:59.42 ID:1gPSX/sn0

 
―収録後の夜

伊織 「タクシー!」

P「乗ってくか?」

伊織「もしかしてアンタもこれなの?」

P「仕方ないだろ、車故障したんだし」

伊織 「まったく肝心な時に頼りにならないわね、・・・でもまあ折角だし乗ってあげるわ」

P「よいしょっと。・・・ところで乗せておいてなんだが、
  
  迎えを呼んだ方が早くないか?」

伊織 「今日はゆっくり帰りたい気分だからいいの、
   
   アンタは余計なことを考えないで、さっさと進むのよ」

P「そうか。じゃ、出発するぞ。落ちないようしっかりつかまっててくれよ。」

伊織 「ええ」ギュ


おしまい


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 17:58:16.04 ID:ro69a09z0

いおりんかわいいよぉ乙


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 18:00:16.18 ID:Dwv77UZu0

いおりんがかわいかった乙


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 18:02:04.71 ID:1gPSX/sn0

ありがとうございました
テンポの関係で扱いをあっさりさせた子もいたので
そこはご容赦いただければ幸いです
>>40はじめ支援してくれた方々に改めて感謝します


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 18:02:41.57 ID:sBIZ8BJ60

おにぎり波の人か?


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 18:07:52.71 ID:1gPSX/sn0

>>42
違います。ああいうノリ大好きですけどw


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 18:05:29.32 ID:UZcAb+Zi0

ウイングの出落ちかと思ったら全員やってくれて良かった



46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/06(土) 18:22:59.80 ID:FdCQsdAyO

Pは一番安心だな



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349507942/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント