SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

男「奴隷買っちゃったよ」奴隷少女「・・・」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:14:58.61 ID:pWjZ8no50.net

男「うわぁまじどうしよう」

奴隷少女(以下少女)「ご主人様のご命令とあらばどんなご命令でも」

男「まあそんな顔すんなよ別に何もしないし」

少女「・・・」

男「とりあえず昼飯食べよっか」

少女「・・・私と一緒にですか?」

男「そうさ歓迎パーティーだ」

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:17:01.08 ID:pWjZ8no50.net

男「そのためにはまず買い物行かなきゃな」

少女「・・・必要な物をメモ書きしていただいたら買ってきます」

男「いやいやそんなパシリみたいな真似させないよ」

少女(奴隷なのに)

男「一緒に買い物行こうよ」

少女「は、はい」

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:20:24.75 ID:pWjZ8no50.net



少女「なんでご主人様は私を買ったのですか?」

男「いや・・・友達が欲しくて」

少女「・・・友達いないんですね」

男「そんな顔するなよ俺が惨めになっちゃうじゃん」

少女「まあ私は奴隷なので」

男「俺は君に奴隷じゃなくて友達になって欲しいのさ」

少女「そんなことでいいのですか?」

13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:23:20.61 ID:pWjZ8no50.net

少女「まあそれがご主人様のご命令とならば」

男「・・・命令じゃないんだけどな」

少女「さて何を買いましょうか」

男「とりあえず肉だろ?それから」



少女「たくさん買われましたね」

男「いやー2人で食べきれるかな」

少女「すみません私のために」

男「いいんだそんなこと気にするな」

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:27:42.24 ID:pWjZ8no50.net

少女「・・・私は奴隷として買っていただいたのが男さんが初めてなので他はあまりわかりませんが」

男「ん?」

少女「普通は女性の場合は貴族の方達に買われ性奴隷として生きていくのが普通ですし男性の場合は肉体労働を強いられます」

男「そうなんだ」

少女「・・・男さんはそのようなことは?」

男「たしかに君は美少女だけど別に俺はそんなことしたくて買ったわけじゃないさ」

男「いやまあ少しは邪な気持ちがあったことは認めるよ」

少女「・・・そうですか」

少女「・・・ありがとうございます」ボソッ

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:29:22.97 ID:pWjZ8no50.net

男「ま、そんなことはさておき食べようか」

少女「本当にご主人様と一緒に食べてもよろしいのでしょうか」

男「当たり前さ」

少女「・・・それでは遠慮なく・・・いただきます!!」

男「いただきます」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:31:09.35 ID:pWjZ8no50.net



少女「お、おいしかったです」

男「お粗末様です」

少女「ご主人様料理もお上手とか完璧人間ですね」

男「・・・俺は完璧でもなんでもない」

少女「?」

男「あぁごめんなんでもないよ」

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:34:20.81 ID:pWjZ8no50.net

少女「すごく高そうな剣ですねこれ」

男「・・・これはちょっと特別なんだ」

少女「・・・そうなんですか」

ガチャッ

「いたぞあいつだ!」「悪魔の生まれ変わりだ!」「殺せ!」「女もいるぞ」「なかなか上玉だな」「持って帰ってみんなで輪姦そうぜ」

男「少女その剣をよこせ!」

少女「・・・へ?へ?」

男「・・・はやく!!」

少女「・・・は、はい!」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:36:20.05 ID:pWjZ8no50.net

男は剣を抜き次々と刺客達の首を落としていく

男「少女ここを出るぞ走れ」

少女「・・・は、はい!」

タッタッタ



男「ここまで来れば大丈夫だろう」

少女「・・・あの今のは一体・・・」

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:39:31.52 ID:pWjZ8no50.net

男「俺は命を狙われている」

少女「・・・どうしてですか!ご主人様が命を狙われるような方だとは思いません」

男「・・・ありがとう」

男「・・・俺さ実は勇者なんだよ」

少女「へ?」

男「魔王を倒してこの世界を救ったはずだった」

男「けれど世界は魔王を倒すほどの化け物を生かしておくべきではないと思ったんだろうな後はわかるだろ?」

少女「・・・じゃあこの剣は」

男「・・・ぁぁロトの聖剣だ」

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:39:54.08 ID:eAd8Ah7S0.net

ドラクエだったか

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:41:06.11 ID:pWjZ8no50.net

男「先代の勇者達は魔王を倒した後消息不明だよな」

男「なぜだかわかるか?」

少女「・・・いえ」

男「みんな人間に殺されたのさ」

少女「・・・」

30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:43:49.56 ID:pWjZ8no50.net

少女「ご主人様は人間達が憎いのですか?」

男「・・・どうなんだろうな」

男「俺は人間に命を狙われてから沢山の人を殺してきた」

男「俺には生きる価値もないかもしれないけど俺はなにか意味があると思うんだ」

男「おれが生きてることも俺が勇者として魔王を倒したことも」

男「だから俺は生きるたとえどんなに命を犠牲にしてもな」

少女「・・・」

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:45:52.33 ID:pWjZ8no50.net

男「それに俺が君を買ったのは友達が欲しかっただけではない」

少女「え?」

男「・・・君、固有魔法が使えるだろう」

少女「!?なぜそのことを!」

男「調べればわかる君が賢者の村出身だということもね」

少女「・・・」

34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:48:45.51 ID:pWjZ8no50.net

男「賢者の村人は全ての魔法を使えるという」

男「なかでも固有魔法は生まれつき持っているもので人それぞれちがう」

男「まあ俺は君がどんな固有魔法を持っているのか想像はつかないけどね」

少女「・・・私は未来に絶望してましたこの世界に絶望していました」

少女「ですがご主人様は私を救って来れました」

少女「ご主人様のためなら私はどこまでもついていきます」

男「・・・ありがとう」

少女「・・・ほら涙を拭いてください」つハンカチ

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:51:14.72 ID:pWjZ8no50.net

男「魔王を倒したら世界は救われると思っていた」

男「でも全然そんなことはなかった」

男「強大な敵がいなくなったらこんどは人間同士で戦争」

男「戦争戦争戦争」

男「もう頭おかしいよな」

少女「・・・」

38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:53:21.35 ID:pWjZ8no50.net

男「俺が倒した魔王はこう言っていたよ」

男「世界を一つにしたら戦はなくなる」

男「そのためには戦争しか取り柄のない人間は邪魔だから皆殺しだ」

少女「・・・それは」

男「世界を一つにすると戦はなくなる」

男「これは所詮戯言に過ぎない」

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:55:54.73 ID:pWjZ8no50.net

男「世界を一つの国にしたとしてもその国の中で誰が王になるか争う誰が権力を手に入れるかで争うまるで変わらない」

少女「・・・」

男「いっそこの世界をぶっ壊してしまえばいいんじゃないかと思ったこともある」

少女「!?」

男「でもそれじゃあ魔王よりも醜い」

男「俺は何をすればいい?俺は生きていいのか?」

少女「・・・ご主人様は寂しい人間です」

40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 09:58:36.90 ID:pWjZ8no50.net

少女「沢山のことを1人で抱えているけれど本当は抱え切れるほど強くはない」

少女「ですからご主人様には救いが欲しかった」

少女「ですから私を買ったんですよね?友達として仲間として一緒に生きて欲しかったから」

少女「私はご主人様に出会う前から死んでいたと言っても過言ではありません」

少女「全てに絶望し人を恨み魔封じの鎖がなかったら全ての人間を殺してやりたいと思った」

少女「でもご主人様にあって変わりました」

41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:00:42.72 ID:pWjZ8no50.net

少女「私はご主人に救われました」

少女「ですので次は私がご主人様を救います」

少女「・・・ご主人様のご命令とあらばどんな命令でも実行しましょう」

男「・・・ありがとうでも君には命令なんてしないさ」

男「だって友達だからね」

少女「・・・はぁ」

42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:01:35.22 ID:pWjZ8no50.net

おしり

43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:01:56.03 ID:AfSsrAYXa.net

まだ本気出せるだろう?

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:02:28.29 ID:AfSsrAYXa.net

諦めたらそこで人生終了だよ?

49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:07:18.07 ID:zlY4y0HEd.net

(´・ω・`)はよ

51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:09:55.04 ID:pWjZ8no50.net

(´・ω・`)本当はハロワ行ってくるだけだおスレ残ってたら続き書くお

54 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:13:51.68 ID:HVq91D/UH.net

( ^ω^)ハロワガンガレお

58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:30:11.50 ID:HVq91D/UH.net

魔王を倒した勇者もまた人外問題
戦争は無くならない問題
侵略者に人間たちも動物を殺していると指摘されると反論できない問題

だれかこれに答えを出してくれ

59 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:40:32.90 ID:AfSsrAYXa.net

魔王を倒した勇者っていうのはたしかに化け物じみてるけどでも見た目は人間だし心も人間だ
ただ力がある人間なんだ

60 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:43:35.22 ID:HVq91D/UH.net

だが個人が持つ過剰な力はその人の機嫌を損ねると死にかねないという状況を作りだす
だから生存本能で驚異を排除しようとするんだよ

62 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 10:50:50.68 ID:HVq91D/UH.net

仮に対象が神や聖人のような別次元の思考を持っていたり、感情が無く悪のみを断罪する絶対的規律のようなモノならば人間は思考を放棄するから安全になる
同じ人間であり感情を想像できるからこそ危険

71 : 保守ありがとう[] 2017/10/05 12:35:20.27 ID:pWjZ8no50.net

男「とりあえずこれから次の街に向かおう」

少女「そうですね居場所がバレてしまったわけですし」

男「とりあえずあの馬車を借りようか」

少女「何から何まですみません」

男「いいさ気にするな」

72 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 12:37:54.87 ID:pWjZ8no50.net

~馬車にて~

男「次の街はここから国境を渡らないといけない」

少女「兵士の目が気になりますね」

男「そうだな変装してうまくごまかせたらいいんだが」

少女「私はあまり顔バレしてないでしょうしフードかぶるだけでよさそうですけど」

男「俺は厳しいな」

73 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 12:40:35.43 ID:pWjZ8no50.net

少女「変化魔法使えません?」

男「俺は雷魔法と転移魔法しか使えないんだ」

少女「むむむ」

少女「魔法書みたいなのがあれば覚えられますが」

男「そんなものを買う暇はないな」

男「しかしすごいな魔法書を読むだけで魔法を覚えられるのか?」

少女「そうですね基本的に呪文を見たり聞いたりするだけでその魔法を使えます」

男「さすが賢者の村だな」

74 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 12:41:57.43 ID:pWjZ8no50.net

男「まあこの際仕方がないおれもフード被ってごまかすよ」

少女「誤魔化しきれますかね」

男「いざというときは・・・ね?」

少女「・・・はい」

75 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 12:45:12.41 ID:pWjZ8no50.net

~国境~

兵士a「この先通るのであれば身分証明をしてください」

男「はっはっは私は奴隷商人でねこの奴隷を売りに行くのだよ」

兵士a「はいはいわかりましたから身分証明をどうぞ」

男(身分証明ってなんだよ)

兵士a「はいこの台に手を置いてくださいそうするとあなたが登録した魔力で身分証明となります」

男「なるほど」

少女「・・・」

76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 12:48:45.63 ID:pWjZ8no50.net

男(速攻でバレちまうからぶっ飛ばすか)

男「あ、ドラゴン!」

兵士a「なに!?」

男「高等雷撃魔法」

ズシャーン

男の放った雷撃が兵士aに直撃

兵士aは倒れた

77 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 12:50:22.20 ID:pWjZ8no50.net

兵士b「何事だ」

少女「・・・高等炎撃連帯魔法」

グオオオオオオォ

少女の放った炎撃魔法が兵士達を燃やし尽くす

勇者「・・・すごいな」

少女「急ぎましょう」

78 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 12:52:36.23 ID:pWjZ8no50.net

~馬車~

男「・・・うまくまいたか」

少女「流石です」

男「そちらこそ」

少女「さてとりあえずどうしましょう」

男「もうすぐ街に着く」

少女「どんな街なんでしょう」

男「港町だそうだ」

少女「お魚!」

男「ははっ」

79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 12:54:43.58 ID:pWjZ8no50.net

少女「とりあえずこれがらどうするか考えましょう」

男「まあとりあえずは兵士達から逃れて都合よく自分達の味方を増やせればいいんだけど」

少女「そんな上手くいきませんよね」

男「ま、とりあえずは人助けやら小さいことの積み重ねだ」

少女「はい!」

80 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 12:57:43.45 ID:pWjZ8no50.net

~港町~

男「さてギルドに寄ろうか」

少女「はい!」

受付「こんにちは!」

受付「初めての方ですねそれでは登録をお願いします」

男「えっと名前は男で職業は・・・戦士で年齢は19と」

少女(やっぱり若いですね私とあまり変わらない)

少女「私は・・・と名前は少女で職業は・・・魔法使い年齢は14と」

81 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 13:00:41.05 ID:pWjZ8no50.net



男「さて登録も終わったしクエストでも受けよう」

少女「はい!」

少女「ていうかご主人様いつから魔王を倒す旅に出たんですか?」

男「16の誕生日」

少女「うわー私とあまり変わらない!」

男「まあ歴代の勇者だって16から旅に出る者も多いからね」

少女「たしかにそうですね~」

少女「ということは3年で魔王を倒したんですか?」

男「そういうことになるな」

82 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 13:05:52.90 ID:pWjZ8no50.net

男「お?これなんていいんじゃないか?」

少女「えっと・・・未確認生物の確認・・・できたら討伐・・・ですか」

男「そうだな魔物だと思うんだけどな」

少女「でも未確認生物ですからねこれまで発見されてない魔物なんかいるのでしょうか」

男「・・・どうだろうね魔物の上位種魔族とかだと未確認でもおかしくない」

少女「まあたしかにあなたが倒してきた魔族はほとんどが未確認生物でしたからね」

男「ああ」

少女「まあ魔王を倒したご主人様なら余裕ですよ」

83 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 13:08:58.23 ID:pWjZ8no50.net

男「・・・それがそうともいかない」

男「いいかい?魔物達は3種類の種に大まかに分類されているってことは知っているよね?」

少女「はい」

男「一つは魔物」

男「まあスライムとかいっかくうさぎとかその辺の雑魚だ」

男「次に魔族」

男「これは主に魔王軍の幹部とかの魔物とかとは比べものにならないほどの力を持っている者達だ」

84 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 13:10:44.06 ID:pWjZ8no50.net

男「そして最後に魔王族」

男「これは俺が倒した魔王だけだと思っていたが実は他にもいるらしい」

少女「そ、そうなんですか?」

男「あぁそうだ俺が倒した魔王が言ってた」

少女「とんでもないことをほざきますね」

85 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 13:12:55.21 ID:pWjZ8no50.net

少女「まあつまりはこの依頼が魔族であり魔王軍に所属する幹部クラスのやつとなるとこの魔王も黙ってないと」

男「そういうこと」

少女「恐ろしい話ですね」

男「まああくまで仮定だ」

男「他の魔王族が俺が倒したやつみたいに軍を率いていないという可能性もある」

男「まあとりあえずはその依頼をこなしてみよう」

86 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/10/05 13:13:50.99 ID:pWjZ8no50.net

ごめん一回帰っただけだからまた出る
またスレ残ってたら書いてく


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1507162498/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント