SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

【アマガミ】6年後のクリスマスイブ

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/14 23:01:28.21 ID:hE9N6njo0

私は、遠い昔、ある一人の男の子の事が好きだった。

今まで誰も信じることのなかった私が唯一信じてもいいと思える人だった。

彼といると毎日が楽しくて、居場所のなかった私に居場所をくれた。

そして、待ちに待ったクリスマスイブ。

初めて好きになった人とする初めてのデート。

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/14 23:17:20.90 ID:hE9N6njo0

何もかも手に入れようとしたって都合よく手に入らないことくらい分かってる。

…つもりだった。

彼のいない今、私には何も残らない。

ただ胸に空いた、ぽっかりと大きな穴を除いては。

どうして?私のどこがダメだったのよ…


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/14 23:18:47.39 ID:hE9N6njo0

貴方の為なら何をされてもどんなことを言われても平気だった。

貴方がいなければ何も出来ない私に変えたのは貴方なんだからしっかり責任を取りなさいよね。

…こんなことを言ったって自分で自分を慰めてるだけに過ぎないことくらいわかってるはずなのにどうして、

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/14 23:19:50.83 ID:hE9N6njo0

どうして今になってこんなにあの人の事を考えてしまうのだろう。

それはきっと……

――今日がクリスマスイブだから――

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/14 23:32:59.63 ID:hE9N6njo0

絢辻「ふぅ…。いくら休みだからって寝すぎたわね。もう8時半じゃない。」 

そういっていつもより2時間も遅く目覚めてしまった。珍しく考え事をしていて遅くまで起きていたからだろう。彼は今何をしているのだろうか…

絢辻「っと、何バカなこと考えてるのよあたし」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 00:01:47.12 ID:01+145o50

絢辻「せっかくイブなんだし、自分へのプレゼントでも買いにいこうかしら」

私は、高校を卒業後、そのまま志望校へ進学し現在は就職して早いもので2年が経っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絢辻「さて着替えたことだし、しゅっぱーつ」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 00:37:29.78 ID:01+145o50

とは言っても欲しいものなんて目標もなくただ日々を過ごしている私に欲しいものなんてない。

どこへ行ったものか……。

とりあえず公園に散歩にでも行こう

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 09:39:50.80 ID:01+145o50

――丘の上公園――

絢辻「ここに来るのも6年振りね…」

そう、彼に連れてきてもらったこの公園。

この土地に就職したのも心のどこかで彼との思い出を忘れたくないから、とかあわよくば彼にもう一度会えるかもなんて淡い期待を寄せているからなんだろう。

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 17:25:44.56 ID:01+145o50

2009年のゲームだから自分当時9歳なんで存在すら知らないです・・・

需要あったら次スレほのぼの系で口直ししようと思ってるんですけど需要ありますかね?

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 20:07:17.61 ID:01+145o50

自分のことなのに確信がないなんて可笑しな話だなと我ながら思う。

だからなのかあそこに座っている男性までもが心なしか彼に見えてしま…

え……??

体が震えていた、二度と出会うことなんてないと思っていたから。

見間違えなんかじゃない、あれは間違いなく彼だ。

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 20:07:52.97 ID:01+145o50

でも私に話しかける資格はない。

…どうして?

来なかったのは彼の方、なのにどうしてそんなこと思ったのだろう。

…考えても答えは出そうにない。

そんなことよりも彼に振り向いてほしい。

私という存在に一瞬でもいいから気づいてほしい。

もう一度だけ、私の名前を呼んでほしい。

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 20:08:24.16 ID:01+145o50

橘「・・・・・・」

彼がこっちを向いて私と目が合った。

橘「あの……」

彼は私の事を覚えていてくれた。誰だってわかる、その後悔と困惑に満ちた目を見れば、誰だって。

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 20:08:49.84 ID:01+145o50

橘「絢辻さん…だよね?」

やっぱりね。

絢辻「もしかして、橘君?久しぶりね。」

相変わらず私は仮面を被って第一声を発した。

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 21:27:58.12 ID:01+145o50

橘「そうだね。元気だった?」

絢辻「それはもう元気よ。橘君は今どうしてこんなところに?」

橘「…もうそろそろトラウマに別れを告げてもいい頃かなって思ってさ」

絢辻「トラウマ?」

何のことだろう。私は必死に記憶を漁る。が、思い当たる節はない。

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 21:47:15.11 ID:01+145o50

橘「中3のクリスマスイブにね、憧れだったクラスの人をデートに誘ったんだ。」

橘「OKしてくれたときはそりゃもう嬉しかったよ。彼女の一人すらできたこともなかったしね。

橘「でも当日、彼女は来なかった。2時間待ってもね。」

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/15 21:55:56.30 ID:01+145o50

橘「その時は思ったさ、どうしてこんな目に合わなきゃいけないんだろうって」

橘「それから二年後、僕は同じ状況に陥った。」

橘「しかも被害者じゃなくて加害者の方になってしまった。」

橘「ひどく後悔したよあの時は、ううん、今でも。」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 14:42:33.02 ID:g87vDnzR0

;::::::::::l::::::::::::::|l::::::::::::::::::ト:::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::!l
l:::::::::l|:::::::::::::|ll:::::::::::::::::|!|:::::::::::|l:::::::::::::|!l:::::::::::::::::|l
|;;;;;;;;」|;;;;;;;;;;;l| |l::::::::::::::;| l!::::::::::ll|::::::::::::!|l:::::::::::::::::l!
 ,,>≧ミx.、 !L:::l:::::::ll lL:::::;;;|ll:::::::;;;;;l| |::::::::::::::::l!
'" /::::::(_j卞ミ        ,,斗=≦< !l:::::::::∧!     /\      
 ':::::{iiiiiii}::::|         〝/::riゝヘヾ, ll::::::::ノ:l!     
|:::::゙艸'::::;         |:::{iii}:::::! 》 リ::;;;イ:::ll     
⊂ヾニ二シ,.        弋辷_.ソ⊃ lr /::::::!l
     ̄´             `        !ノ:::::::::l|
 //////      ′   ////// /::::::::::::::!|
                        /:::ト:::::::::::l!
                         /:::::ヘ::::::::::||
                         ィ:::::::::i:::::::::::!l
\      (二ニ==ニ)      イ:::::::::::::ll::::::::::!|


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 14:55:03.40 ID:g87vDnzR0

彼の話を聞いていて私が思っていたことは一つだった。

どうしてその悲しみが分かっていながらその悲しみを私にも味合わせなきゃいけなかったのかと。どうして裏切ったのかと。

橘「実を言うと今日ここに来たのは絢辻さんが来る、そんな予感がしたからなんだよね」

絢辻「私が?」

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 14:55:31.48 ID:g87vDnzR0

橘「うん、そして自分のトラウマと過ちに決着をつけるなら今日しかないと思ったんだ」

橘「絢辻さん、本当にごめん。裏切られる苦しみを分かっていながら人を裏切ることがどれほどありえないことかあの頃の僕はわかっていなかった。」

やめて。

29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 14:56:13.53 ID:g87vDnzR0

橘「どれだけ謝っても許されないことはわかってる」

やめて。

橘「許してくれなくてもいいし謝ったところであの事がなかったことになるとは思っていない」

やめてってば。

橘「でも謝らせてほしい。本当に申し訳なかった。」

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 17:35:14.42 ID:g87vDnzR0

絢辻「…して?」

橘「え?」

絢辻「どうして、どうして謝るのよ…!!!!」

絢辻「別にあなたの事を恨んで生きてきたわけじゃないし謝ってほしいだなんて私は望んじゃいない」

絢辻「むしろあなたの顔を見なければ思い出すこともないし楽に生きてこれたわ」

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 17:35:45.07 ID:g87vDnzR0

橘「・・・・・・」

絢辻「でも……」

ダメ

絢辻「でもね……」

それ以上言ったら

絢辻「あなたに再び出会い、こうやって謝られたら」

また辛くなるだけ

絢辻「思い出しちゃったじゃない…あなたへの想いを」

絢辻「うっ…グスッ…ひぐっ……」

33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 17:37:31.97 ID:g87vDnzR0

橘「絢辻さん…」

絢辻「うわぁぁぁん…うっ…うっ…グスッ……」

それから私は彼の腕の中で泣き続けた。

あの日以来流すことのなかった涙を。

34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 17:44:23.72 ID:g87vDnzR0

絢辻「さてと、ごめんねいきなり感情的になっちゃって。」

橘「ううん。全然大丈夫だよ。こうして直接話も出来たことだし。」

橘「なにより絢辻さんに久しぶりに会えたからね。

そういうところは本当に変わってないのね。

37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 20:41:26.70 ID:g87vDnzR0

わーい

絢辻「あ、そうだ。橘君、この後少し時間あるかな?」

橘「えっ?」

絢辻「よかったら私の家寄って行かない?」

もう過去何てどうでも良くなっていた。彼と話せているこの現実だけでいい。

38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 20:42:09.88 ID:g87vDnzR0

そう思っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

絢辻「あれ、もう12時なんだ…そっか…」

結果から言うと、橘君が家に来ることはなかった。

39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 20:56:21.19 ID:g87vDnzR0

橘「うーん、ごめんね、行きたいのは山々なんだけど遠慮しとくよ。」

絢辻「えっ…ど、どうして?」

橘「そろそろ唯の出かける支度が出来た頃だし家に戻らないといけないんだ。」

唯?何を言っているのかまるで理解できない。

橘「あぁごめん、唯っていうのは僕の娘の事だよ。」

40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 20:56:50.35 ID:g87vDnzR0

その時、私の頭の中は思考を完全に停止して何も考えることが出来なくなっていた。

橘「大学在学中に、高校の時から付き合ってた逢と結婚してさ。あぁ、逢ってのは七咲の事で…」

今の気持ちをどう形容していいのかわからなかった。

橘「もう二歳になるんだけど可愛くってさ」

42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 21:09:05.65 ID:g87vDnzR0

橘「そんなわけでちょっと時間ないんだ、ごめんね」

少しでも期待してた自分が、舞い上がってた自分がどうしようもなく恥ずかしい。

絢辻「そう…なんだ。」

橘「ごめんね、連絡先交換しておく?」

絢辻「ううん、大丈夫。同じ町にいるならいつかまた、会えるだろうから。」

43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 21:12:58.34 ID:g87vDnzR0

橘「そっか。それじゃあ、またね。」

絢辻「うん、またね。」

彼が遠ざかっていく。心も身体もほんの少し近づいたと思ったらその何倍もの距離が開いてしまった。

やはり私に幸せになる権利はないのだろうか。

つくづく神を恨んだ。

44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 21:15:08.53 ID:g87vDnzR0

冷静に考えればわかったはずなのに、だから彼はあの日来なかったのだから。

確かに恨んで生きてきていないと言ったのは事実だ。

でも彼は私を裏切っておいて幸せな家庭を気づいている。

どうして私だけがこんなに不幸にならなければいけないのだろう。

45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 21:25:08.32 ID:g87vDnzR0

いくら考えても、答えが出ることは…なかった……。

あの頃の私だったら二人の仲をズタズタに引き裂いていたかもしれない。

だけど今は出来ない、二人の間には既に子供がいるのだから。

子供に罪はないのに。一瞬でもそんなことを考えてしまった。


46 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 21:30:57.65 ID:g87vDnzR0

今までいつかまたあの人に逢ってあの頃みたいに戻れると思ってたのかもしれない。

そんな幻想も今日で見事に打ち砕かれてしまった。

無残にも12月24日に。

ふと外を見ると雪が降っていた。

その雪は私の心の広がってしまった大きな穴に積もること無く朝まで降り続けた…。

47 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/16 21:39:07.25 ID:g87vDnzR0

とりあえずこのSSはこれで完結です。短い気もしますがゲームイベント振り返ってて思いついただけの突発ネタなんで許してください

需要があれば口直し的な感じでほのぼの系で書きたいなーと思ってるのでもしスレ建てたら誘導したいと思います


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502719233/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント