SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

カツオ「き、きみは誰?」カツヲ「お前こそ誰やねん」

1 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:06:48 ID:sJ30JswWC

カツヲ「なんやお前、ワイとソックリやな!」

中島「すごいな磯野!本当にお前にソックリだぞ!」

カツオ「う、うん。あまりに似すぎてて怖いくらいだよ」

カツヲ「お前の方が若干ブサイクやけどな!」

カツオ「そ、そんなことないよ!」

カツヲ「冗談やがな!まぁエエわ、ワイ急いどるからもう行くで!ほな!」

4 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:08:49 ID:sJ30JswWC

カツオ「.....ということがあったんだよ」

フネ「世界には自分と似た人間が3人いるって言うからねぇ」

サザエ「でもどこの子かしら?見かけたことないわね」

ワカメ「旅行で東京に来てるんじゃないの?」

カツオ「うーん、そうかもしれないなぁ」

サザエ「そんなに似てるなら一度会ってみたいわね」

5 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:09:48 ID:sJ30JswWC

ガラガラッ

マスオ「ただいまー」

サザエ「あなた、おかえりなさい」

カツオ「おかえりー」

マスオ「あれ?カツオくん?」

カツオ「どうしたの?」

マスオ「いや、さっき駅前にいなかったかい?カツオくんと花沢さんが抱き合ってるように見えたんだけど...」

タラオ「カツオ兄ちゃん、花沢さんと付き合ってるデスかー?」

カツオ「そ、そんなわけないじゃないか!人違いだよ!」

8 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:10:53 ID:sJ30JswWC

サザエ「タラちゃんったら、付き合うだなんて言葉どこで覚えたのかしら」

タラオ「パパとママは毎晩突き合ってるデスー!」

マスオ「ええぇぇぇ!?」

フネ「あらあら、子どもにはバレないようにしないといけませんよ」

マスオ「(うるせぇなお前も毎晩でかい声で喘いでんだろうが)」

9 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:12:08 ID:sJ30JswWC

ワカメ「もしかしてマスオ兄さんが見たのって...」

カツオ「そうかもしれないな」

マスオ「どういうことだい?」

サザエ「カツオにソックリな少年がいるみたいなのよ」

マスオ「へぇー、じゃあ見間違いだったのかもしれないな」

カツオ「そうだよ!ぼくが花沢さんと抱き合うなんてありえないよ!」

マスオ「(確かに。あの芋女とそんなことするくらいなら死んだ方がマシだ)」

10 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:13:59 ID:sJ30JswWC

ガラガラッ

タラオ「おじいちゃんおかえりデスー」

波平「おぉただいまタラちゃん」

フネ「おかえりなさい。ちょうど晩ご飯ができたところですよ」

波平「そういえばさっきカツオが駅前でお年寄りの荷物を持ってあげとったが、あいつも優しい男になったもんだ。お、カツオもう帰ってきとったのか?」

カツオ「父さん、それぼくじゃないよ」

サザエ「カツオにソックリな少年がいるみたいなのよ」

波平「そうじゃったか」

マスオ「(こいつもカツオくんだと勘違いしたのか。ジジイと同じ間違いをするなんてぼくも落ちたもんだ)」

11 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:15:53 ID:sJ30JswWC

コケコッコー

サザエ「カツオ起きなさい!遅刻するわよ!」

カツオ「あと5分~...」

中島「磯野―!野球しようぜー!」

サザエ「ほらもう中島くんが迎えに来てるわよ!」

カツオ「起きるってー」

12 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:17:32 ID:sJ30JswWC

カツオ「まだ朝じゃないか。放課後やろうぜ」

中島「仕方ないなぁ。ところで、昨日会った磯野ソックリなヤツ、誰なんだろうな」

カツオ「さぁ?父さんやマスオ兄さんも見かけたらしいんだけど、どこの誰なのかはさっぱり分からないんだ」

花沢「磯野くん、おはよっ///」

カツオ「お、おはよう...。ピンクのワンピースなんて着て、今日はどうしたの?」

花沢「磯野くんが昨日買ってくれたんじゃない!」

カツオ「え?」

14 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:19:03 ID:sJ30JswWC

花沢「忘れたの?初めてのプレゼント、嬉しかったのに!サイテーね!」

カツオ「.....」

中島「まさか...」

カツオ「あぁ、アイツだろうな」

16 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:20:27 ID:sJ30JswWC

カオリ「あっ磯野くん///昨日は楽しかったわね、うふふ」

中島「!!」

カツオ「くそ!!カオリちゃんまで!!」

18 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:21:54 ID:sJ30JswWC

キーンコーンカーンコーン

先生「おはようございます。今日は皆さんに新しい仲間を紹介します」

カツオ「まさか!?」

カツヲ「まいどー!!」

花沢「え?」

カオリ「え?」

カツヲ「ワイの名前は磯野カツヲや、よろしくやで!」

中島「名前まで一緒かよ」

19 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:23:24 ID:sJ30JswWC

カツヲ「おぉ、お前ら同じクラスやったんか」

カツオ「おい!カオリちゃんに何をしたんだ!」

カツヲ「別に変なことは何もしてへんって。昨日駅前で見かけたんやけどな、可愛かったからカラオケ誘ってん。」

カオリ「磯野くんじゃなかったのね!カツヲさんとっても歌が上手だし優しいし、楽しかったわ!」

カツヲ「ワイも楽しかったで。カオリこそ最高の女やと思うわ。また遊び行こな!」

カオリ「うふふ/////」

カツオ「!!」

20 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:23:50 ID:sJ30JswWC

花沢「もしかして私にワンピース買ってくれたのも磯野くんじゃなくてカツヲさん?」

カツヲ「おぉ花子!ピンク似合っとるやんけ!べっぴんさんやで!」

花沢「あはははは/////」

カツオ「......」

22 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:25:27 ID:sJ30JswWC

キーンコーンカーンコーン

先生「ではこれで今日の授業は終わりです。気を付けて帰ってください」

中島「磯野ー!野球しようぜー!」

カツオ「よーし今日こそホームラン打つぞー」

中島「カオリちゃん達も見においでよ!」

カオリ「ごめんなさい。今日はピアノの練習があるの」

23 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:25:55 ID:sJ30JswWC

カツヲ「おっ野球するんか?ワイも混ぜてくれや」

カツオ「えーそれはちょっと...」

カツヲ「なんやケチやなぁ。エエやんか減るもんでもないし」

中島「まぁいいじゃないか磯野。ちょうど人数足りてないんだからさ」

カツヲ「サンキューやで!さすが中島っちやな!」

24 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:26:25 ID:sJ30JswWC

カツヲ「おーいカオリ!ワイらこれから野球やるねんけど、見に来るか?」

カオリ「イク/////」

中島「くそぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」

26 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:29:28 ID:sJ30JswWC

カキーン

中島「!!」

カツヲ「よっしゃー!またホームランやー!」

カオリ「カツヲさんかっこいい!」

カツオ「中島!ピッチャー交代だ!ぼくが投げる!」

27 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:29:54 ID:sJ30JswWC

ズバッ

カツヲ「おぉ、エエ感じのボール投げるやんけ!」

カツオ「打てるもんなら打ってみろ!」

カキーン

カオリ「キャーまたホームランよ/////」

カツオ「くそぉぉぉぉぉぉぉぉ」

28 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:30:43 ID:sJ30JswWC

カツヲ「いやぁーほんま楽しかったな。また一緒に野球やろな!」

中島「なんでそんなに野球上手いんだ?」

カツヲ「ワイ、親の転勤が多くてな。転校の度に新しい少年野球チームに入るんやけど、やっぱ新入りには皆キツく当たってくるねん」

29 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:31:13 ID:sJ30JswWC

カツヲ「そんな中で自分っていう存在を周りに認めさせるには、実力をつけるしか無いんや。毎朝毎晩バットを振って、誰よりも練習したで」

中島「努力家なんだな」

カツヲ「中島っちもなかなかのセンス持っとると思うで。あとは日々の練習あるのみや!」

中島「へへっ。ぼくも頑張ったらカツヲさんみたいになれるかな?」

カツヲ「当たり前や!中島っちやったらワイ以上になれるで!」

カツオ「(くそっ、みんなカツヲに惹かれていく…)」

31 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:32:03 ID:sJ30JswWC

ガラガラッ

カツオ「ただいまー...あれ、誰かお客さんかな?」

サザエ「うわぁーカツヲくん料理上手なのね!こんな美味しい鯛の煮付け初めてよ!」

カツヲ「そんなことあれへんやろー。ほんまお姉さん褒めるの上手やわー」

フネ「本当においしいですよ」

カツヲ「ほんまに?嬉しいわー!ワイこの家の子どもになって毎日料理作ってあげたいくらいや!」

ワカメ「そうしてほしいわ。お兄ちゃんと同じ容姿だけど、お兄ちゃんの何倍も素敵だもん」

32 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:34:08 ID:sJ30JswWC

カツオ「.....」

タラオ「カツオ兄ちゃんおかえりデスー」

サザエ「あらカツオおかえり。さっき魚屋さんでカツヲくんと出会ってね、カツオそっくりだから昨日の話の彼に違いないと思って家に招待したのよ!」

ワカメ「おいしい料理を作ってくれたの!あとで私の宿題も見てくれるんですって!あとよく分からないけど、イかせてくれるって///」

フネ「私はもう3回もイかされましたよ///」

34 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:39:13 ID:sJ30JswWC

タラオ「ぼくもイかせてほしいデスー」

カツオ「...帰れ」

カツヲ「なんやて?」

カツオ「帰れ!!」

フネ「何をそんなに怒ってるんですか」

サザエ「そうよ。あなた頭おかしいんじゃないの?」

ワカメ「お兄ちゃんが出ていけばいいじゃない」

35 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:41:38 ID:sJ30JswWC

ガラガラッ

波平「ただいまー」

マスオ「ただいまー」

カツオ「うぁぁぁぁぁぁ!!」ダダダッ

波平「どうしたんじゃ!」

サザエ「あらあら、出て行っちゃったわね」

波平「また何かスネとるんか。困ったもんじゃのー」

マスオ「(お前らがいつも苛めるからだろ。本当にこのキチガイ一家はどうにもならんな)」

37 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:43:11 ID:sJ30JswWC

カツオ「なんでアイツばっかり...」グスンッ

マスオ「カツオくん大丈夫かい?」

カツオ「マスオ兄さん!」

マスオ「あのカツヲって子に翻弄されてるようだね」

カツオ「そうなんだ。悪いヤツじゃないんだけど、ぼくの居場所が無くなるような気がして。」

マスオ「よく分かるよ。」

39 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:43:47 ID:sJ30JswWC

マスオ「実は今日、マスヲってやつが大阪から転勤してきて、いま同じ部署で働いてるんだ」

カツオ「え?」

マスオ「会社の中では皆マスヲさんマスヲさんって、もうぼくはアイツに居場所を奪われる寸前だよ」

カツオ「どうしたらいいんだろうね」

ノリスケ「良い方法があるよ」

マスオ「ノリスケくん!」

40 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:46:06 ID:sJ30JswWC

ノリスケ「偶然通りかかってね。二人の会話は聞かせてもらったよ」

カツオ「ノリスケおじさん、良い案って何?ぼくたち本当に困ってるんだ」

ノリスケ「プロの殺し屋を紹介するよ」

マスオ「ええぇぇぇ!?大丈夫なのかいぃぃ!?」

ノリスケ「あぁ。彼はまだ子どもなんだけどね。腕は一流だ」

41 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:47:18 ID:sJ30JswWC

マスオ「よし!頼むよノリスケくん!その殺し屋の子を紹介してくれ!」

ノリスケ「分かった。これが彼の電話番号だ」

カツオ「ありがとうノリスケおじさん!」

43 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:47:46 ID:sJ30JswWC

プルルルルル

???「もしもしデスー」

マスオ「あ、あの、二人依頼したいんですが...」

???「誰と誰デスかー?」

マスオ「カツヲってやつと、マスヲってやつです」

???「分かったデスー」

45 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/16 21:50:51 ID:ylyHCDFsw

ま、まさか…

46 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:52:09 ID:sJ30JswWC

マスオ「えーっと...費用はどれくらい準備すれば良いのでしょうか?」

???「ボクのお願いも聞いてくれたら、費用はナシで良いデスー」

マスオ「お願い?」

???「あとひとり、彼も始末させて欲しいデスー」

マスオ「いや、それは...」

47 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:53:54 ID:sJ30JswWC

???「ボクには家族がいないデス。天涯孤独デス。ボクも家族が欲しいデス。」

マスオ「いや、でもやっぱり...」

???「彼の代わりにボクが磯野家の家族になるデスー!」ガチャッ

カツオ「どうだった?」

マスオ「うん、まぁ、大丈夫だと思う...」

48 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:55:14 ID:sJ30JswWC

サザエ「カツヲくん最近見かけないわねー」

フネ「どうしたんでしょうね」

ワカメ「お兄ちゃん知らないの?」

カツオ「また転校したんじゃないかな」

カツオ「そんなことよりさ、今度みんなで野球の試合見に来てよ!ついに4番を任されたんだ!」

サザエ「良いわね!カツヲくんのことなんて忘れてカツオの試合に行きましょう!」

49 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:56:23 ID:sJ30JswWC

波平「そういえばマスオくんの会社の人がひとり行方不明になったと聞いたが本当かね?」

マスオ「いや、転勤しただけだと思いますよ!」

波平「そうじゃったか」

サザエ「最近会社の業績が良いみたいね。あなた頑張ってるのね!」

マスオ「あぁ!社内でも皆に頼りにされてるんだ!」

50 : ◆hHtIUhteZ6[] 2014/05/16 21:58:10 ID:sJ30JswWC

タラヲ「パパすごいデスー!自慢のパパデスー!」

サザエ「タラちゃん最近ちょっと雰囲気変わったかしら?」

タラヲ「そんなことないデスー!変わってないデスー!...パパどう思うデスかー?」

マスオ「う、うん!かかかかかかか、変わってないと思うよ!」




元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1400242008/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント