SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

ガヴ「…どうしてこうなった…」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:33:23.10 ID:kpOLNZD/0.net



?「起きてください!」

ガヴ「もうちょっとだけ…って、誰だ…お前…」

?「自分の顔も忘れたんですか?」

ガヴ「どういう意味だ…」



ガヴ「…まさかお前私か?」

?「はい!お誕生日おめでとうございます!」

ガヴ「うわああああ!」

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:36:07.32 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「つまり、朝起きてたらこうなってたと…」

天ガヴ「そうですよ?」

駄ガヴ「うーん、信じがたい事実だな」

天ガヴ「私もですよ」


天ガヴ「ところでそろそろ学校行かなきゃいけないんじゃないですか?」

駄ガヴ「それならネトゲのイベントがあるから…」

天ガヴ「>>15

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 2017/04/20 16:36:17.83 ID:PXtu8bCRp.net

わかる
白いゴミと黒いブスはいらない

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:37:49.14 ID:kpOLNZD/0.net

天ガヴ「 わかる
白いゴミと黒いブスはいらない 」

駄ガヴ「何の話だ…まあいいや…お前が学校行っといてよ…私には違いないんだから…」

天ガヴ「でも…」

駄ガヴ「いいからいいから」

天ガヴ「それじゃあいってきますね…」

17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:39:29.63 ID:kpOLNZD/0.net

天ガヴ「(はぁ…一人での登校よりも二人での登校の方が楽しそうなのに…)」

>>20「おはよう、ガヴ」

20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:40:53.87 ID:LDYpzlT6p.net

ほヴィーネ

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:44:00.15 ID:kpOLNZD/0.net

ヴィーネ「おはよう、ガヴ」

天使ガヴ「おはようございます。月乃瀬さん。」

ヴィーネ「あら?いつもと違うわね、ガヴ…またお姉さんでも来てるの?」

天使ガヴ「実は…>>25

1 正直に話す
2 やっぱり言えない
3 察してください

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 2017/04/20 16:49:00.26 ID:RCDfkJG0d.net

3

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:51:45.26 ID:kpOLNZD/0.net

天使ガヴ「ごめんなさい…言えません…察してください…」ダッ

ヴィーネ「あ、ガヴ…」


サターニャ「そんなことがあったの…」

ヴィーネ「うん、ガヴ、一体どうしちゃったんだろう…」

サターニャ「きっとこの大悪魔サタニキア様に恐れをなしたのよ!」

ヴィーネ「いや、それはないでしょ」

ラフィ「話は聞かせてもらいました!」

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:53:44.37 ID:kpOLNZD/0.net

ラフィ「要するにガヴちゃんの様子がおかしいから事情を知りたい、元気付けたいというわけですねー」ニコニコ

ヴィーネ「まあそうね…」

ラフィ「ならいい考えがありますよー前から企画していたアレも…」

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:55:56.00 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「おいおい嘘だろ、なんでこんなところでサーバー落ちるんだよ…運営の陰謀か…?」

天使ガヴ「ただいま帰りました」

駄ガヴ「おうおかえりー」

天使ガヴ「いい加減ネトゲやめたらどうですか?朝からずっとじゃ体に悪いですよ…」

駄ガヴ「私の勝手だろ…」

天使ガヴ「…」

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 16:59:54.45 ID:kpOLNZD/0.net

ピンポーン
天使ガヴ「あれ?お客さんですかね…ちょっと出てきますね」

天使ガヴ「はーい…」


ラフィ「お誕生日おめでとうございますーガヴちゃん」ニコニコ

天使ガヴ「ラフィでしたか…ありがとうございます…」

ラフィ「ガヴちゃんの様子がおかしいときいて、これはおもしr…もとい、確認しなくては…と思いましてー」

30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:02:25.88 ID:kpOLNZD/0.net

天使ガヴ「はあ…ラフィらしいといえばラフィらしい行動ですね…」

ラフィ「玄関先でこんなに長々と会話するのはガヴちゃんも疲れるでしょうー?中に上がってもいいですかー?」ニコニコ

天使ガヴ「今はちょっと…」

ラフィ「とかいいながら勝手に入っちゃいまぁすー」ニコニコ

天使ガヴ「え、ちょっと…待って…」


ラフィ「!」

31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:05:49.63 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「あ、ラフィか…あれ?玄関先で私にあわなかったか?」

ラフィ「あいましたよー」ニコニコ

駄ガヴ「で用事はなんなんだ?」

ラフィ「(記憶は共有してないんですねー面白いですねー)ちょっと様子がおかしいみたいでしたからー心配になってー」ニコニコ

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:06:51.13 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「全然心配してたって顔じゃねえぞ…」

ラフィ「そうですかぁーそうですかー」

駄ガヴ「…」

天使ガヴ「私のことも忘れないでくださいよ…」

33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:09:02.93 ID:kpOLNZD/0.net

ラフィ「つまり、朝起きたら二人になってたっていうことですねー…これは傑作…」プクク

駄ガヴ「こっちにとっては大問題だけどな」

天使ガヴ「そうですよ!」

ラフィ「(面白い!)」っーー!!!

35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:14:35.98 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「でもまあ、そのおかげでネトゲやって学校行かなくても済んでたんだけどな…」

天使ガヴ「そうなんですよ!自分とはいえ、流石に呆れてしまいましたよ…」

ラフィ「(これはこれで面白いですが、次の段階に移らないと計画に支障が出ますねー)ところでガヴちゃん!」

天使ガヴ・駄ガヴ「え?」

ラフィ「(両方反応するのも面白いですねー)これを飲んでください…」

駄ガヴ「いやだよ…得体の知れないものは飲みたくない…」

天使ガヴ「あやしさ満点ですが、ラフィの頼みなら仕方ありません…」

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:17:28.11 ID:kpOLNZD/0.net

天使ガヴ「ゴクゴクゴクゴク…プハァ」

天使ガヴ「」バタリ

ラフィ「さあ、駄目なガヴちゃんも…」

駄ガヴ「いやどう考えてもヤバい奴だろこれ即効性のそういう奴だろ…?」

スッ
ラフィ「飲んでくださいー」ニコニコ

駄ガヴ「ちょ、おま…無理矢理…」ゴクゴクゴクゴク…

バタッ

ラフィ「第一段階クリアです!」

37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:20:17.10 ID:kpOLNZD/0.net

ラフィ「持ってきましたよー」

ヴィーネ「持ってきたって言い方は…いや、確かに持ってきてるわね…」

サターニャ「なんで私がガヴの誕生日なんか祝わなくちゃいけないのよ!」

ヴィーネ「そう言わないの…サターニャだって誕生日祝ってもらったら嬉しいでしょ?」

サターニャ「大悪魔サタニキア様の誕生日なんて祝われて当然なのよ!こんな駄目天使の誕生日とは格が違うわ!」

ヴィーネ「ああもう…めんどくさい…」

ラフィ「(これはこれで面白いですねー)」ニコニコ

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:22:50.19 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「…ん?ここは…おいおい、真っ暗だぞ!?なんだ…確か、ラフィに…」アセアセ

天使ガヴ「クウクウ…」スヤスヤ

駄ガヴ「もう一人の私はねてるし…」


パッ
パンパンパーン

みんな「お誕生日おめでとうガヴ(ちゃん)リール!」

駄ガヴ「え?」

40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:25:12.10 ID:kpOLNZD/0.net

サターニャ「このサターニャ様が祝ってあげるんだから感謝しなさい!」フンッ

ヴィーネ「実は前から準備してたの…」

ラフィ「親友のガヴちゃんのお誕生日ですからー(面白そうでしたからー)」ニコニコ

駄ガヴ「あ、ありがとう…」

天使ガヴ「ありがとうございます、みなさん!」

駄ガヴ「いつ起きた…」

41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:29:38.76 ID:kpOLNZD/0.net

みんなが用意してくれた料理は美味しく、とても楽しいパーティーだった
しかし、やはりそんな楽しい時間は早く終わってしまうもの…

駄ガヴ「じゃあ、私達はそろそろ帰るわ」

天使ガヴ「ありがとうございました…みなさん」

ヴィーネ「ああ、またね、ガヴ」

サターニャ「もう帰っちゃうの?」


ラフィ「ガヴちゃん、ちょっと話いいですか?」ゴニョゴニョ

駄ガヴ「え?私か?あっちの私じゃなくて?」

ラフィ「駄目なガヴちゃんに話があるんですよ」

駄ガヴ「その呼び方はやめてほしいが、いいぞ」

42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:34:12.98 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「で、話ってなんだ…」

ラフィ「あっちのガヴちゃんについてなんですが…」

駄ガヴ「あいつがどうかしたのか?」

ラフィ「実はさっき生体反応スカウターでみたところ…」

駄ガヴ「一体いつ計ったんだ…」

ラフィ「反応がまるでなかったんですよ…0でもなく、存在しない」

駄ガヴ「どういうことだ?」

ラフィ「そしてガヴちゃん、あなたのカウントは常に一定の量が減少し続けていました…」

駄ガヴ「…」

43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:36:24.58 ID:kpOLNZD/0.net

ラフィ「そうなんです…あのガヴちゃんは、ガヴちゃんが産み出した集団幻覚…しかも生体エネルギーを使って作り続けられている…」

ガヴ「…」

ラフィ「このままだとどうなるかわかりますよね?」

ガヴ「私が死ぬ…」

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:39:15.74 ID:kpOLNZD/0.net

ラフィ「そうです…私はガヴちゃんに生きててほしいんです…(面白いのがみれなくなるのは残念ですが)ガヴちゃんがあの幻覚ガヴちゃんに正面から向き合わない限り、ガヴちゃんの命は確実に…」



駄ガヴ「…ただいま」

天使ガヴ「おかえりなさい、遅かったですね…お風呂わいてますから一緒に入りましょう?」

45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:44:05.28 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「ああ…じゃあ入ろうかな…」

天使ガヴ「嬉しいです!」パァァ

駄ガヴ「(自分だけど、結構可愛いな…でもこいつは…くそっ)」



天使ガヴ「ふふふーん…二人でお風呂って楽しいですね…!」ニコニコ

駄ガヴ「ああ、そうだな…(こいつが幻覚なのか…この風呂も本当は空っぽなのか…?でも、温かみもある…これが幻覚だなんて私には信じられない…でも…)」

天使ガヴ「…あんまり楽しくなさそうですね…私、なにか嫌なことしちゃいましたか…?」

駄ガヴ「いや、そんなことないぞ…ごめんな」ナデナデ

天使ガヴ「エヘヘ…自分に撫でられるなんて不思議な気分です…でもとっても嬉しいですよ!」

46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:47:14.85 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「そろそろあがるか?」

天使ガヴ「そうですね…じゃあ10数えたらあがりましょう…!」

駄ガヴ「おう…」



天使ガヴ「背中流しっこしましょう?」

駄ガヴ「え…なんで?」

天使ガヴ「だって、あなた、いつも痛いからって羽根の付け根の辺り洗わないじゃないですか…私が洗ってあげますよ…」

駄ガヴ「ええ、いいよ…」

天使ガヴ「駄目です!やらせてくれなくても、勝手にやります!」

48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:49:32.61 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「え…」

天使ガヴ「ほら、羽根見せて」

駄ガヴ「…仕方ないか」バサッ

天使ガヴ「よいしょっとここら辺ですよね…」ゴシゴシ

駄ガヴ「ひゃん…」///

天使ガヴ「あら、可愛い声出すんですね…もっとやってあげますよぉ…?」

駄ガヴ「勘弁してくれえー(でも少し嬉しい気も…)」

49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:52:12.75 ID:kpOLNZD/0.net

天使ガヴ「ふぅ…これで布団がひけますね…」

駄ガヴ「ちかれたー」フゥ…

天使ガヴ「じゃあ布団をひいて…」ヒキヒキ

駄ガヴ「一つだけか…」

天使ガヴ「私同士だからいいじゃないですか…嫌でしたか…?」

駄ガヴ「そんなことはないが…」

天使ガヴ「それなら良かったです!一緒に寝ましょう!ほらここに…」ポンポン

駄ガヴ「ああ…」

51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:54:40.82 ID:kpOLNZD/0.net

天使ガヴ「じゃあ電気消しますね…」ピッ

駄ガヴ「おやすみ…」

天使ガヴ「おやすみなさい…と、その前に手を繋いでもいいですか?いつも一人だから寂しかったんですよ…あなたも同じだと思いますけど…」

駄ガヴ「おう、いいぞ…」

52 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:57:29.36 ID:kpOLNZD/0.net

天使ガヴ「エヘヘ…」ギュッ

駄ガヴ「(可愛い奴だな…こいつが本当に幻覚なのか…このままじゃ私が死ぬ…でも、向き合ってしまったらこいつは…)」


ラフィ「…ガヴちゃんのことが心配で様子見に来たら案の定…でしたね…私が口出ししていいことではないような気もしますし、最後まで見守ってあげますよ…」

53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 17:59:30.49 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「(やっぱり駄目だ…こいつだけ犠牲にして生き残るなんて生きてる気になれない…そんな人生なんていらない…ここまで私のことを思ってくれる奴だ…私が守ってあげないと…)」


ラフィ「結論が出てしまったようですね…」

55 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 18:02:04.79 ID:kpOLNZD/0.net

翌朝
駄ガヴ「ふわぁ…」

天使ガヴ「おはようございます、私!」

駄ガヴ「おはよう…」

天使ガヴ「朝ご飯できてますよ!」

駄ガヴ「ありがとう…」

天使ガヴ「いえいえ…」

駄ガヴ「あ、そうだ…お前に言わなくちゃいけないことがあったんだ…」

天使ガヴ「なんですか?」

56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/04/20 18:03:26.25 ID:kpOLNZD/0.net

駄ガヴ「好きだぞ、私…」//

天ガヴ「えっ…」///

天使ガヴ「私も大好きです!」///

駄ガヴ「今日から学校も行かなくていいから…いっぱい仲良くしような…!」

天使ガヴ「はい!」

おわり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1492673603/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント