SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
301位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

チョウチョウ「あちしダイエットする」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 12:23:19.97 ID:Jv6kkGRC0

カルイ「ふーん、まぁ好きにしな」

チョウジ「チョウチョウはまだ子供なんだから程々にしておくんだよ」ムシャムシャ

チョウチョウ「……なんかァ、全然ホンキにしてねーなって感じすんだけど!」パクパク

カルイ「そりゃ朝から牛丼おかわりしてる娘が言っても説得力がないし…」フー

チョウチョウ「ムカッ……あちしホンキだから!!」ガタッ

チョウジ「あ、チョウチョウ! まだご飯残って……行っちゃった……」

カルイ「ほっときなって…どうせ長つづきしないだろうし」

チョウジ「ん―――、でもやっぱり心配だし…………うん?」

タタタタタ

チョウチョウ「やっぱりもったい無いからこれだけは食べる事にする」パクパク

チョウジ「……」

カルイ「ね?」


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 12:34:24.40 ID:Jv6kkGRC0

チョウチョウ「あちしダイエットする事にした」モグモグ

サラダ「へー…うん、まあいいんじゃないかな……」

チョウチョウ「やっぱりィ、年頃の乙女としてはいつだってキレイでいたいし~~」モグモグ

サラダ「そ…そうだよねぇ…」

チョウチョウ「実はあちしもね……もう始めてるんだ」

サラダ「!! そうだったの!?」

チョウチョウ「も~~、しっかりしてよォサラダ! 今日はハンバーガー食べてないじゃん!」

サラダ「ご、ごめん…ちなみになんだけど、今食べてるポテトは…その……いいの?」

チョウチョウ「やだ、サラダったら~! ポテトは野菜じゃん! や・さ・い!」

サラダ「そっかぁ…野菜だからいいのかぁ……」

チョウチョウ「そうそう、野菜だからいいの!」



いのじん「……いいわけないだろデブ」ピコピコ

シカダイ「女ってダイエットとかめんどくせー事好きだよな」ピッピッピッ

ボルト「くっだらねー」ピピ

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 12:44:48.37 ID:Jv6kkGRC0

チョウチョウ「ってわけだからァ、そこのゲームしてる男子たちも協力よろしくゥ~~」

いのじん・シカダイ・ボルト「はぁ!?」

シカダイ「ふざけんな! なんでオレたちがんなめんどくせー事しなきゃいけねーんだ」

ボルト「そうだそうだ! オレなんて班もちげーんだぞ!」

チョウチョウ「別にいいじゃん。 それに班はちがうけどサラダは手伝ってくれるって言ってるしィ」

サラダ「え!?」

チョウチョウ「どうしたの?」

サラダ「な…なんでもない」

いのじん「でもさチョウチョウ…手伝うといってもボクたち男子にできる事なんてそうないんじゃないかな」

チョウチョウ「大丈夫! あちしにいい考えがあるから」

いのじん・シカダイ・ボルト「?」

サラダ「はぁ…」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 12:54:09.21 ID:Jv6kkGRC0

いのじん「えーっと、つまりボクたちの家のご飯を食べに行きたいから事前に親の許可を取って欲しいって事?」

チョウチョウ「そうそれ! 食生活を調査してー、あわよくば美容の秘訣とか聞いちゃおうってワケェ」ビシッ

シカダイ「このくだりわざわざ母ちゃんに説明すんのかよ……ガチでメンドクセーなぁ…」

チョウチョウ「シカダイのママやいのじんのママはよく知ってるから大丈夫だと思うけどォ…」チラ

ボルト「オレんちは……まぁ、母ちゃんに言えば了承してくれると思う…」

サラダ「うん、私の方も頼んでおくよ」

チョウチョウ「みんなありがとォ~!」

いのじん「じゃあ日取りの事だけど――」

チョウチョウ「善は急げって言うしィ、明日のお昼にでもよろしく~」

いのじん「え!! もしかして一日で全部の家まわる気なの!?」

チョウチョウ「11時にシカダイの家、12時にいのじんの家。 1時がボルトで2時がサラダの家ね」

シカダイ「オイ、やっぱこいつやせる気ねーぞ」

チョウチョウ「あ~、なんかバシッと一発でやせられる術とか聞けたらいいな~」

サラダ(ちょっと前のボルトと同じような事言ってる……)

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 13:05:56.66 ID:Jv6kkGRC0

シカダイ「げ、マジできた……」

チョウチョウ「シカダイのママおじゃましま―す」

テマリ「いらっしゃい、まぁあがんな」

   ・
   ・
   ・

いのじん「ママー、チョウチョウが来たよ」

イノ「いらっしゃいチョウチョウ、準備はできてるわよ」

チョウチョウ「いのじんのママ今日はよろしくゥ」

   ・
   ・
   ・

ヒマワリ「いらっしゃいませ!」

ヒナタ「いらっしゃい、チョウチョウちゃん」

チョウチョウ「おじゃましま~す。 七代目は?」

ボルト「この時間にいるわけねーだろ」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 13:14:39.96 ID:Jv6kkGRC0

チョウチョウ「おっす、サラダ! 今日はよろしくー」

サラダ「いらっしゃいチョウチョウ。 準備はできてるから入って」

チョウチョウ「サラダのママ今日はよろしくで~す」

サクラ「いらっしゃいチョウチョウ。 それじゃあさっそく料理運んじゃうからテーブルについてて」

チョウチョウ「お~、なんか見るからに体によさそ―なメニュ―…サラダんちっていつもこういうの食べてんの?」

サラダ「ううん、いつもはもお米も白いヤツ使ってる」

サクラ「せっかく来てくれたんだから専用のメニューも考えてみたの。 まずこれなんだけど――」



サクラ「って感じかな」

チョウチョウ「う~ん…効果は有りそうだけど、これを毎日じゃあちしのお腹が暴動おこしちゃいそォ」

サクラ「普段並んでいる品と一品変えるだけでも違ってくると思うわ。 後は食後に――」

チョウチョウ「お饅頭?」

サクラ「私が調合した特性の薬丸よ」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 13:24:52.88 ID:Jv6kkGRC0

チョウチョウ「あ、美味しい!」

サクラ「苦いのがイヤがる子も多いから最近の薬って味にも気を付けてるの」

サクラ「それでその丸薬なんだけど、~~が~~で~~してて~~を~~によって」ウンタラカンタラ

チョウチョウ「へ~」モグモグ

サラダ「…………ねぇママ、この丸薬って何個も食べていいものなの?」

サクラ「え? 一回につき一個だけど」

サラダ「チョウチョウ全部食べちゃったんだけど……」

サクラ「え~~~~~~~!!?」

チョウチョウ「ごちそうさま! ん~、なんだかお腹の調子も……調子も…………」プルプル

サラダ「ね、ねぇママ! チョウチョウ大丈夫なの!?」

サクラ「あの丸薬自体は胃や腸の働きを助けるだけだから……ただ食べ過ぎると……」

チョウチョウ「ゴメン! ちょっとトイレかりる!!」ダッ

サクラ「お腹壊しちゃうの」

サラダ「……」

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 13:34:09.93 ID:Jv6kkGRC0

サラダ『なんだかゴメンね…これ、ママが処方箋だって』

チョウチョウ「やっぱりあちしにはダイエットなんて向いてなかったのかなァ…あ、この薬もうまッ」

ナルト「お、チョウチョウじゃねぇか。 何やってんだこんなとこで」

チョウチョウ「七代目!」



ナルト「ふーん……でもそもそも、なんでいきなりダイエットなんてやろうと思ったんだ?」

チョウチョウ「七代目ってば分かってないな~、そういう事は乙女に聞いちゃダメっしょ!」

ナルト「え、そうなのか!? それはすまなかったってばよ……」

チョウチョウ「まーもうあちしには関係ないことだけどォ…こんなデブして乙女ってのもないわァ」

ナルト「そいつはちょっと違うんじゃねえか?」

チョウチョウ「?」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 13:44:13.52 ID:Jv6kkGRC0

ナルト「女の子でありたいって思う気持ちはチョウチョウも持ってんだろ? だったら十分乙女ってやつだってばよ」

チョウチョウ「でもあちし見た目だってかなりでけーし…」

ナルト「それでもオレたち大人から見ればまだまだ小せぇさ」

チョウチョウ「ご飯もメッチャ食べるしィ」

ナルト「おう! 元気がある証拠だな」

チョウチョウ「甘いもの好きだし、アンコ先生にもよく甘味処とか連れてってもらってる」

ナルト「それこそ女の子らしいって事じゃねぇか?」

チョウチョウ「…………」

ナルト「どうした、もうお終いか?」

チョウチョウ「あちし七代目が彼氏に欲しかった!」

ナルト「それはムリだ。 オレにはもう愛する奥さんがいるからな」ハハハ

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 13:54:09.21 ID:Jv6kkGRC0

チョウチョウ「あ、七代目の奥さんといえば今日お昼ごちそうしてもらったんだけど」

ナルト「ヒナタの料理うまかっただろ」

チョウチョウ「うんうん! なんか~食べる人の事しっかり考えてるって感じで~」グ―…

ナルト「ははは! よし、この続きは一楽でラーメン食いながらするとすっか」

チョウチョウ「ホント!? あちし大盛チャーシュー麺食べたい!」



ナルト「おっちゃん、特性ナルトラーメンと大盛チャーシュー麺一つずつ!」

一楽の店主「あいよ、特性ナルトラーメンと大盛チャーシューな」

ナルト「んでさぁんでさぁ、おっちゃん……今のオレってば影分身だから持ち合わせなくってさぁ」

ナルト「必ず払いに来るからツケといてくんない?」

一楽の店主「それはいいがナルト、お前他の影分身の分もツケまだ払いにきてねえが大丈夫なのか?」

ナルト「え゛!?」

一楽の店主「ほれ、今までのツケ代」

ナルト「!!」

チョウチョウ「ねー、チャーシュー麺まだァ」

一楽の店主「おう、スマンスマン……大盛チャーシューだ! それと特性ナルトラーメンな」

チョウチョウ「ん~、美味しい! あれ、七代目は食べないの? お~~い七代目ェ?」

ナルト「………………!!」タラタラタラ

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 14:04:29.59 ID:Jv6kkGRC0

サラダ「で、結局ダイエットやめたんだ」

チョウチョウ「うん、あちしはあちしだから別に無理しなくてもいいかな~って」パクパク

いのじん・シカダイ・ボルト(無理する以前に、お前は何もやってねーだろ!)

サラダ「そう言えば聞きそびれてたんだけど、なんでダイエットしようなんて思ったの?」

チョウチョウ「ん、ホレホレ」モグモグ

[木の葉’sCafe 恋人同士限定 特性デザート]

サラダ「あ! これ今話題になってるやつ!」

チョウチョウ「やっぱり~彼氏と行くならもうちょっとしぼっておいた方がいいと思ってェ」パクパク

サラダ「でも止めたんだよね?」

チョウチョウ「着飾ったあちしじゃなくて、そのままのあちしを好きになってくれる人と行くことにしたの」ズズー

サラダ「そっか…私は今のチョウチョウ好きだよ」ニッ

チョウチョウ「あんがと。 あちしもサラダの事好きっしょ」ゴクン

いのじん「そんな事に付き合わされたボクたちって……」

シカダイ「ホント女って」

ボルト「くっだらね―」



おまけ

ヒナタ「えっ、今月のおこづかい増やしてほしいって……何があったのナルトくん!? ナルトくん!?」



おしまい

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/21 14:13:56.04 ID:Jv6kkGRC0

先日のボルト「クソオヤジ~~」で暖かいコメいただいたのでそのお礼ss
前回の話に合わせて千年殺しでも覚えさせようかと思ったのですが、
似た様な流れになりそうなのと外伝が安く手に入ったのでメインキャラごと変えてみました
サラダもチョウチョウもいいキャラしてるけど、BORUTOじゃ出番外伝ほどなさそう…

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/07/21 14:19:34.67 ID:/kZ4NVXK0

乙です。
影分身が消えたら疲れとか記憶が伝達されるなら満腹感とかも?って一瞬考えたがそれだと体のダメージとかも伝達されんとおかしいわな、何人分食ったんだ影分身ナルト。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469071399/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント