SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

女「……」狐「……>>3」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 21:54:40.13 ID:NYYUw98SO


狐「…………」

女「zzz……」スゥスゥ

狐「…………」

狐(…………これはどういう状況だ)

狐(気づけば女性の部屋にいた)

狐(つまりどういう事だ)

狐(……、………>>3でもしよう……)




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 21:55:52.52 ID:MqEqegbYo

ラジオ体操

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 22:04:38.96 ID:NYYUw98SO


狐(ラジオ体操をしよう、体を動かしながら考えればスッキリ……)

狐(…………ラジオ体操できる体じゃないな)

狐(……できるか、変化?)

狐「」ドロン

狐男「できたな」

狐男(容姿は>>6といった感じだな)


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 22:06:28.26 ID:5+Jo508Fo

言われてみればイケメンに見えなくもない

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 22:11:06.64 ID:n1wYGV6xo

今度は長生きできるといいな…

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 22:11:52.36 ID:NYYUw98SO


狐男(ふむ……二枚目に見えない事もないな)

狐男(男としては中々いいんじゃないか?)

女「んんぅ……」ゴシゴシ

狐男「」ビクッ

女「え……だ、誰……っ?」ビクビク

狐男「あ、いや」

女「もしかして>>11さん……?」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 22:15:29.67 ID:/c0oWs69o

産業大臣

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 22:22:51.72 ID:NYYUw98SO


女「もしかして産業大臣さんっ!?」アタフタ

狐男(何をどう勘違いすればそうなる……)

女「わ、私ちゃんとお仕事してますし税金も払ってますっ!」アタフタ

女「あ、でも最近体調不良でお仕事休みがち……で、でもでもっ!」

狐男(……落ち着きがないな、身の上話をされても困るのだが)

狐男(だいたい何故産業大臣なんだ)

狐男「……>>14だ」

女「え……?」キョトン


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 22:24:01.78 ID:PjOkDqCXo

生き別れのお前の兄

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 22:31:30.56 ID:NYYUw98SO


狐男「私はお前の生き別れた兄だ、産業大臣ではない」

女「そんな……うそ……お兄、ちゃん……?」

狐男(嘘だよ)

女「……!」ダキッ

狐男「…………」ナデナデ

狐男(落ち着いたみたいだがどうする、収拾つかなくなったぞ)

狐男(まず狐耳生やした兄なんてメルヘンな奴が存在するか)

女「お兄ちゃん……っ!」ギュウウ

狐男(どうするんだ、これ……)

女「お兄ちゃん……>>18、しよっ!」

狐男(そうきたか)

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 22:33:23.03 ID:GuU3PF8AO

兄妹喧嘩

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 22:38:19.23 ID:NYYUw98SO


狐男「兄妹喧嘩、ね」

狐男(一人っ子はみんなそれを言う)

狐男「と言っても喧嘩の理由が無きゃ、ね……」

女「あ、そうだよね……うーん……」ウムム

狐男(喧嘩したいから理由を探すって凄く野蛮なこと言ってる)

女「じゃあ理由は>>21ねっ!」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 22:41:48.00 ID:oTqunZw8O

楽しみにしてたプリンを食べられた

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 22:51:11.43 ID:NYYUw98SO


狐男(在り来たりだな)

狐男「うん、わかった」

女「やった! それじゃあいくよ……」

女「オイ屑、テメー勝手にアタシのプリン喰ったろ」

狐男「待って、それなんか違う」

女「ハァ? 何キショい事言ってんだよキメェな」ゲシッ

狐男「ぐふっ、ち、ちょっと待っ」

女「オラッ! 金払え、よっ!」ゲシゲシ

狐男「ぐっ……」

狐男(なんだこれ、カオス過ぎるぞ)

狐男(くそ、>>24するしかないか……!)

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 22:52:56.15 ID:NDYKmfPAO

手作りのプリンを作る

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 22:56:04.85 ID:mrCIat8ko

わろた

27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 23:04:28.35 ID:NYYUw98SO


狐男「わ、わかった、プリン作るから許してくれっ!」

女「チッ、早くしろよ!」ゲシィ

狐男「ぐっ……あ、ああ」



――――10分後


狐男(間違えて茶碗蒸しを作ってしまったがまあいいか)

狐男「ほら、悪かった」

女「チッ、クソが」モグモグ

女「…………っ!」カラ-ン

狐男「どうした?」

女「テ、テメェ……アタシが茶碗蒸しアレルギーなの、知って……」バタリ

狐男「えっ」

女「アガ……ガガ……!」ジタバタ

狐男「えっ…………えっ」

女「……お、兄…ちゃ………」ブクブク

狐男「…………」

女「」ピクピク

狐男「そうきたか」



She dead...

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 23:04:57.14 ID:n6ELXaJVo

えぇ…

29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 23:05:12.69 ID:NYYUw98SO



x3→x2 ピッ



30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 23:09:01.84 ID:NYYUw98SO



狐「…………」

女「zzz……」スゥスゥ

狐(……茶碗蒸しアレルギーってなんだ)

狐(しかも死ぬほどか)

狐(…………)

狐(こんな簡単に死ぬとは…………何か思い出しそうだ)

女「ん……」スゥスゥ

狐(事前に>>32しておこう)


32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 23:09:48.25 ID:Rqpr6O2q0

尻を慣らして

33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 23:17:09.52 ID:NYYUw98SO


狐(尻を慣らしておこう)

狐(この姿だと不便だな)ドロン

狐男(まずは脱がし……)

女「…………」スゥスゥ

狐男(潤滑油を塗って)ヌリヌリ

女「ん……」ヌメヌメ

狐男(浣腸は……いいか、手始めに>>を入れよう)ズブ

女「あ……っ!」ビクン

39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 23:26:32.36 ID:C+EVsRA7O



40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 23:32:01.25 ID:NYYUw98SO


狐男「ふむ」ズブ

女「ん……くぅ……」

狐男(人差し指を入れられてまだ起きないとは)

狐男(キツいな、経験なしか)グチョグチョ

女「ぁ……ぁぁ……!」ピクン

狐男(根本までっ)ズブリ

女「あ゛……っ!」ビクン

狐男(……大分慣れてきたか)グチョグチョ

狐男(次は>>42だな)


42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 23:33:22.90 ID:Rqpr6O2q0

尻尾

43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 23:40:18.66 ID:NYYUw98SO


狐男「次はこの尻尾(狐ver)を」カチッ

尻尾「Hello」ウィンウィン

狐男「一気に」ズブブ

女「あ゛あ゛っ!!」ビクンビクン

女「っ……ぁ……な、なに……あなただれ、なんでわたっ……ぁ……っ!!」ウィンウィン

狐男「やっと起きたか、似合ってるぞ」

女「あ゛っ……な、なにを……っ……あぁっ!!」ウィンウィン

狐男「さて、ここいらで>>45といこう」


45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 23:42:04.12 ID:mjCWj1fiO

ひたすら焦らす

46 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 23:50:43.10 ID:NYYUw98SO


狐男(背筋や腰回り、胸や秘処に指を滑らす)ツ-

女「ぁ……くぅ……ん…………っ!」ビクッビクッ

狐男(強くは揉みはしない、ただなぞる様にするだけだ)ツ-

女「ふぅ……く、ふっ……!」ウィンウィン

狐男(絶頂を迎えそうになれば尻尾も止める)カチッ

女「あぁ……なんでぇ……」モジモジ

女「あはぁ ……>>48っ!!」


48 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 23:52:18.34 ID:YjrqveHdO

はやく

49 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/14 23:56:17.63 ID:NYYUw98SO



狐男「……はやく、なんだ?」

女「…っ……あ、ぅ……」モジモジ

狐男「はやく、とだけ言われても何を早くすればいいのかわからないからな」

狐男「また同じ事を続けるだけだ」

女「ぁ……ゃだ………>>51……はやく>>51っ!!」



51 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/14 23:59:46.19 ID:4Svn9hyeO

10000倍濃度媚薬

53 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 00:08:08.56 ID:cSrE/iISO



狐男「…………」カチャカチャ

注射器「」キラン

女「ぁあ……はやくぅ……」モジモジ

狐男「…………」プシュ

女「あ゛っあ゛っ――イクっイっちゃうぅぅーーっっ!!!」プッシャ-

女「あっあっあっ」ビクンビクン

女「」ビクンビクン


狐男「……逝ったな、うん、知ってた」

狐男「そうなると思ってた」

狐男「それと――」

狐男(――容易にエロは書かせんよ?)



She dead...

54 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 00:09:07.31 ID:cSrE/iISO



x2→x1 ピッ



56 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 00:16:27.93 ID:cSrE/iISO



狐「…………」

女「…………」スゥスゥ

狐(あれも腹上死、になるのか?)

狐(気持ち良く逝けたのだから幸せだったのだろうか)

狐(親は泣くが)

狐(………>>58



58 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 00:17:50.56 ID:1n5FGLiTO

だんだんノってきた

59 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 00:23:50.77 ID:cSrE/iISO



狐(……段々愉しくなってきた)

狐(彼女には悪いが次はどんな死に方をするのか気になって仕方がない)ワクワク

女「ぅ……ん……」スゥスゥ

狐(……そう言えば都市伝説でベッドの下にストーカーとか斧を持った男とかがあったな)チラッ

>>61「…………」ジ-

狐「…………」


狐( い た !)ウキウキ


>>61「……>>63


61 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 00:24:45.64 ID:veLI+VfDo

たぬき

63 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 00:25:03.45 ID:vgNVm8lGO

猟師

66 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 00:35:39.39 ID:cSrE/iISO



狸「猟師さんだよ、オマエを狩るなァ!!」ブン

狐「なにっ!?」バッ

狸「よォ……前々スレぶりだなァ……!」ジャキン

狐(何を言っているんだコイツは)

狸「泥舟で沈められた事、忘れるものかァ!」ブンッ

狐「くっ……何を言ってるんだお前はっ!」

狸「ククク……ずっと機会を疑っていたんだ、キサマを殺すこの時をなァ!!」

狐「ぐ、万事休すかっ……」

狸「さァ、このアヴェンジャー・ラクーンの手にかかって死になァッ!!」ブンッ

狐「こうなったら最終手段、>>68

68 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 00:36:46.07 ID:nPbm/KqU0

女を盾にする!

69 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 00:43:59.42 ID:cSrE/iISO



狐「この世界で死ぬのは俺ではないッ! この女だァーッ!」バッ

女「うっ!?」グサッ

狸「チィ、リセットのトリガーを引いたか……」ザクッ

女「か……は………っあ…………」ビクンビクン

狸「まあいい、オレは何度だろうと現れる、キサマが存在し続ける限りなあァ!」

狐「…………」

狸「クハハハハハッッ!!!」ゲラゲラ



She dead...


70 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 00:44:52.17 ID:cSrE/iISO



x1→x0 ピッ



71 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 00:45:32.03 ID:KoH39Era0

外道!圧倒的外道!

72 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 00:50:35.74 ID:cSrE/iISO



狐「…………」

女「ん……ふ………」スゥスゥ

狐(厄介な奴だった)

狐(アヴェンジャー・ラクーン……一体何者なんだ……)ゴクリ

女「ん……あ、れ……?」ゴシゴシ

狐(な、なんだってー!)

女「あれ……ワン、ちゃん……?」ポケ-

女「んー、>>74


74 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 00:52:11.31 ID:3GwmDAZuO

昔助けてくれたきつねに似てる…

75 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 01:04:13.18 ID:cSrE/iISO


女「昔助けてくれた狐に似てる……」ナデナデ

狐(……そんな童話の様な事もあるんだな)

女「何処から入ってきたんだろう」

狐(それは此方も知りたい)

>>77「WRYYY…ッ!!!」ドアバ-ン

女「ひぅ!? あ……あの時の……なんで……っ!」ビクビク

狐(…………)

77 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 01:08:16.66 ID:veLI+VfDo

おじいさん

78 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 01:18:44.19 ID:cSrE/iISO



「うひ、うひ、うひひぃ……!」

ドアを破って入ってきた老人の眼は血走り、口からは涎が留まりなく流れ出る。その手には既に赤く濡れた包丁を握り締めていた。

「ああ……いや……いやぁぁっ!!」

思い出したくない、過去の傷が息を吹き返したのか覚束無い足取りで部屋の隅に逃げて縮こまる女。
頭を抱え、恐れるように震える様は目も当てられないほどに痛々しい。

「…………」

今までこの女の死に姿を多くを見てきたが、それはどれも笑い種になるような物ばかりであった。


79 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 01:31:47.17 ID:cSrE/iISO


しかしどうだ、現状は、この様は。自分は出来た人間、いや出来た狐ではないがこれは見過ごせるものではない。

「あえああは、うぇ?」

自分の前に憚ったモノを見て不思議そうに首を傾げる老人。その仕草はまるで色も判らぬ赤ん坊の様で、狂気を感じさせるには十分だった。

「…………!」

ぐるる、と狐は牙を剥き唸る。散々死の結末に追いやった分際ではあるが、この結末だけは気に入らない、胸糞悪い。

「――――気に入らんな」

一吼えした狐が煙に包まれたかと思うと、晴れた場所に長めの黒髪を襟首で結った長身の男が立っていた。

80 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 01:55:52.85 ID:cSrE/iISO


「キサマは癪に触る」

「えああ!!!!」

逆上し、矢鱈目鱈に包丁を振り回す老人。これでは近づけば刀傷が絶えない事だろう、だからと言って近づけない訳でもない。

「――――チッ」

腕に包丁の刃がめり込み、間欠泉の様に血が吹き出る。

「ぐふぇああッ!!?」

骨に包丁の刃がめり込んだのを利用し引き寄せて包丁を奪い、下顎を全力で殴り上げる。
老人は吹き飛び、家具の中に倒れ込む。

「――――おい、此方だ!」

外から男の声が聞こえる。

81 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 02:09:39.01 ID:cSrE/iISO


恐らくは警察。来た時から包丁に血を滴らせていたので、既に誰かを刺していたのだろう。

「チッ」

腕に刺さった包丁を捨てる。少し血を流しすぎただろうか。老人は痙攣して倒れている事だしもう心配はなさそうだ。


―――――


「くそ、大人しくしろっ!!」

「あ゛ああぁぁぁああ!!!!」

暫くしない内に老人は大勢の警官に取り抑えられた。しかし、散らかった部屋に黒髪の男の姿はない。

「あ、あのっ!」

恐怖から這い出て正気を取り戻した女は警察に保護され、毛布を羽織っていた。

「被害者の……安心してください、もう大丈夫ですよ」

「それよりこの子が……お願いしますっ、助けてくださいっ!!」

女の腕の中では黒い毛並みでもわかる程に大量の血を流した黒狐が息も絶え絶えになっていた。

「っ……わかりました、おいっ、車出せ!!」

「お願いっ……死なないで……っ!」




―――――
――――
―――
――

………………

82 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 02:18:52.75 ID:cSrE/iISO


――――

「~♪」

昼の陽光が射し込む部屋でソファーに座り、テレビを見る女。ドアの改修も済み、部屋も元通りだ。

「…………」

そんな上機嫌で鼻唄なんかを歌う女の膝の上では包帯を巻いた黒い狐が丸まっていた。

「もう危ないことしないでね?」

言い聞かせる様に黒狐の頭を撫でると、気持ちよさそうに目を細めて喉を鳴らす。

(…………そろそろか?)

女が蒟蒻ゼリーに手を伸ばしたのを見ると、予感がした。

83 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 02:26:41.77 ID:cSrE/iISO



「うっ……喉が……っ!」


「いき…っ……できなっ………っ!」



「…………………」



呆気なく死んでしまった女に狐は腹を抱えて笑っていた。



84 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 02:29:06.37 ID:cSrE/iISO

狐は狸に勝つ。だがそれはすべての始まりにすぎなかった。

運命から逃げるオトコ。キツネの傲慢は、自分が彼を救おうと決心させる。

  第弐話見
     知
     ら
     ぬ、天井


この次も、サービス、サービスゥ!


85 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/11/15 02:31:39.06 ID:cSrE/iISO


>>1先生の次回作にご期待ください!

(エロを書いてなるものか……っ!)



86 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 02:34:30.21 ID:P9cSDn5HO

乙←コレは狐尾なんだからね!

87 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 02:50:16.31 ID:lWPL1gShO

おつおつ
報われねぇな女

88 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 09:22:27.51 ID:u78s5rnoo

毎度唐突なガチの地の文で笑ってしまう

89 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/15 11:58:12.80 ID:QN3ghRDOO

急な地の文ワロタwwww



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447505679/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント