SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

北条加蓮「ちょっとした期待」

1 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/26 01:29:54.37 ID:IBJU+mMPo



―――事務所


がちゃり


加蓮「おはようございまーす」


P「お、加蓮か。おはよう」

加蓮「あ、プロデューサー。うん、おはよ。早いね、もうお仕事してるんだ」

P「まぁな。アイドルより遅く来たらカッコつかないだろ?」

加蓮「ふふ、確かに。いつもお疲れさま」

P「なんのなんの。――ん?」

加蓮「なぁに?」

P「加蓮……髪型変えたか?」


2 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/26 01:31:37.68 ID:IBJU+mMPo

加蓮「あ、気づいてくれた? うん、気分転換にね。どう、似合ってるかな?」

P「ああ、もちろん。……って、気分転換にしちゃ編み込みなんて手が込んでるな」

加蓮「そう? まぁ、女の子だし。色々試したいじゃない」

P「そういうもんか」

加蓮「うん、そういうもん。それに……」

P「それに?」

加蓮「プロデューサー、褒めてくれるかなって。……えへへ」

3 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/26 01:35:22.36 ID:IBJU+mMPo

P「…………」

加蓮「ちょ、ちょっと……なんか言ってよ、恥ずかしいじゃんっ」

P「いや……そういうこと言ってる加蓮がかわいいなぁと。髪型関係なく」

加蓮「う……!」

P「あっでも、もちろん髪型もいいぞ。うん、いつもより大人っぽい」

加蓮「お、大人……に、見える? ほんとっ?」

P「……あー、前言撤回。顔赤いし余裕もなさそうだし、大人には見えないな」

加蓮「そ、それはプロデューサーのせいでしょ! もう!」

4 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/26 01:40:43.85 ID:IBJU+mMPo

P「あはは、ごめんごめん」

加蓮「確かにプロデューサーからしたら私、まだ子供かもしれないけど……!」

加蓮「……隣に立ったら、似合う女にはなりたいよ」

P「似合うって……俺に?」

加蓮「ん……」コク

P「……そっか」

加蓮「うん。……なれる、かな」

5 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/26 01:42:10.75 ID:IBJU+mMPo

P「さぁ……どうかなぁ」

加蓮「どうかなって……酷くない?」

P「加蓮がトップアイドルになったら、そのときに分かるんじゃないか?」

加蓮「……!」

P「それまで、色んな加蓮を見せてくれ。色んな髪型、色んな服、色んな表情……」

加蓮「…………」

P「――そうだ、色んな夢も。一緒に叶えるって約束したもんな」

6 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/26 01:44:35.27 ID:IBJU+mMPo

加蓮「…………」

P「……加蓮? どした?」

加蓮「……ね、プロデューサー」

P「うん?」

加蓮「私、頑張る。いつか必ず……トップアイドルになる。貴方に相応しいアイドルに」

P「……うん」

加蓮「だから……私のこと、見ててね。今日みたいに、髪型を変えたことにすぐ気づくくらい……しっかりと」

7 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/26 01:45:58.51 ID:IBJU+mMPo

P「……あぁ、見てるよ。加蓮がだんだん大人になってくのを、ずっと側で」

加蓮「うん、よろしく。……私以外、見ちゃダメだからね?」

P「そりゃ無茶だ。うちの事務所、どれだけアイドルがいると思ってるんだよ」

加蓮「ふふ、じょーだん。ちょっとくらいは許してあげる」

P「ちょっとくらいって……あのなぁ」

8 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/26 01:47:44.93 ID:IBJU+mMPo

加蓮「ふふっ♪ 朝のこの時間くらい、プロデューサーを独占させてよ」

P「へいへい、分かった分かった」ポフポフ

加蓮「あぅ。……だから子供扱いやめてってば!」ペシ

P「はは、大人ならもっと余裕を持たないとな」

加蓮「う……よ、余裕だし。撫でられるくらい余裕――」

P「ほれほれ」ナデナデ

9 : ◆5F5enKB7wjS6[saga] 2015/09/26 01:49:27.06 ID:IBJU+mMPo

加蓮「ちょっ、待って待って! そんなにしたらせっかく編んだのに解けちゃうでしょ!」

P「うお、そりゃまずい……こんなに綺麗なのにな。悪かった、ごめん」

加蓮「もう……ばか。ばかプロデューサー」

P「そんなにばかばか言うなよ……さすがにヘコむ」

加蓮「ふふ、ごめんね――」



加蓮(次はどんな髪型にしよう? ……また、褒めてくれるかな♪)



おわり


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443198594/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント