SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

【艦これ】響「恋し合い」

1 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:20:14.56 ID:+OSu9AIqo

<縁側>

提督「…」

提督「…」パラッ

響「あれ、司令官じゃないか」

提督「ん…ああなんだ響か、どうした?」


2 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:23:46.35 ID:+OSu9AIqo

響「最近暑くなってきただろう?だからと言って冷房をつけるほどじゃないから、ここに涼みに来たのさ」

提督「なるほど、ここは風通しがいいからな。いつも涼しい風を運んでくれる」

提督「ま、俺もその風の恩恵に与ろうとここにいるんだけどな」

響「なんだ、じゃあ私と同じだね…隣、いいかい?」

提督「ああ、どうぞ」

3 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:25:00.76 ID:+OSu9AIqo

響「ねえ、なにを読んでいるんだい?」

提督「親友からの手紙、最近結婚したとの内容だ」

響「へえ、めでたいね」

提督「ああ、めでたい話だ、出来ることなら親友に直接会って祝いの言葉でも贈りたいものだが…」

提督「俺がここを離れるわけにはいかないからな」

響「…会いたいかい?」

提督「親友に会いたくない奴なんていないさ…」

4 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:28:00.30 ID:+OSu9AIqo

響「…」

提督「…」

響「…ああ、それにしても結婚か、司令官にはその予定はあるのかい?」

提督「残念ながら当分は、そもそも相手がいない」

提督「結婚は一人では出来ないからな、まずは相手探しから始めにゃならん」

響「そうだね、ああそれなら…」

響「…」

提督「響?どうした?」

響「その…君は、えっと…」

響「恋、しているかい?」

5 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:30:14.39 ID:+OSu9AIqo

提督「恋?」

響「ああ、確かに結婚は一人では出来ないけど、恋は一人でも出来るだろう?」

響「相手を見つけるにも、まず恋をしないと始まらない。そういうものじゃないかい?」

提督「なるほど、まず俺がそのスタートラインに立っているかってことか」

響「まあ、そういうことだね」

提督「それにしても、恋か…う~ん」

響「…して、いないのかい?」

提督「…いや、うん」

提督「もしかしたら俺は、恋、しているのかもしれないな」

6 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:32:06.10 ID:+OSu9AIqo

響「…」

響「その、それは…誰に、なのかな…」

提督「それを教えるのは、少し恥ずかしいな」

響「そう、そうだよね…」

提督「…ちなみに、お前はさ、恋、しているのか?」

響「え、私?」

提督「ああ、俺はしていると教えたんだ。だったらお前も教えてくれよ」

7 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:32:57.26 ID:+OSu9AIqo

響「わ、私は…」

響「えっと、その…」

響「…」

響「…しているよ、恋」

提督「…そうか、因みにその恋のお相手は?」

響「言うのは、恥ずかしい…」

提督「ま、だよな」

響「…その」

提督「ん?」

8 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:34:19.23 ID:+OSu9AIqo

響「私よりも年上で、背が高くて」

響「いつもいろんな人の事を考えて、その分自分の事はあまり考えなくて」

響「いつも少しだけ気取った喋り方で、だけど話していると心地よくて」

響「少しの言葉だけでも、私の事を理解してくれて…」

響「私も、きっとその人のことを理解していて…」

響「そんな、そんな人、いつも私の"隣"にいてくれる人」

響「…だよ」

9 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:35:17.64 ID:+OSu9AIqo

提督「…そうか、そいつはきっと、響の事を強く想ってくれている人なんだな」

響「ねえ、私は話したよ、次は、君の番」

提督「…」ポリポリ

10 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:36:58.90 ID:+OSu9AIqo

提督「少し感情の起伏に乏しいけど、その癖熱血なところがあって」

提督「いつも俺の事、見透かしているように振る舞うけど、不意打ちにはめっぽう弱くてな」

提督「一緒にいると、特に会話が弾むわけじゃないが、妙に居心地がよくて…」

提督「きっと、そいつも、俺と同じことを想ってくれていて…」

提督「そんな、いつも俺の"隣"にいてくれる人だ」


11 : ◆VgLY1HQ3xE[saga] 2015/05/03 21:38:06.46 ID:+OSu9AIqo

響「…うん、その人も、きっと君の事を強く想ってくれているよ」

提督「ああ、そうだといいな」

響「そうだよ、きっと…ううん、絶対」

提督「そうか、それならすごく、嬉しいな」

響「…ねえ、一つ、聞いてもいいかい?」

提督「なんだ?」

12 : ◆VgLY1HQ3xE[saga] 2015/05/03 21:40:36.84 ID:+OSu9AIqo


響「"恋する"は、どうすれば"愛する"になるのかな」


13 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:42:10.29 ID:+OSu9AIqo

提督「"恋する"から"愛する"に、か…」

提督「そうだな、さっきも話したように、結婚、つまり"愛する"には相手が必要だ」

提督「相手を想うだけの恋とは違う、相手を想い、そして想われなくちゃならない」

提督「そのためには、自分の想いを伝える必要がある」

提督「だから、まず"恋する"人の手を握って…」

提督「"恋する"人への想いを、言葉にして伝えて…」

提督「そして、"恋する"人がその手を強く握り返してくれたら…」

提督「そうしたら、"恋する"から"愛する"になるんじゃないか」

14 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:42:42.06 ID:+OSu9AIqo

響「そうか…手を、握って、か…」

響「…」

15 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:43:44.99 ID:+OSu9AIqo

私は、自分の右手を見つめた

そのすぐ近くに、彼の手がある

私の手に比べて大きく、ごつごつとした、男の人の手

距離は10㎝にも満たないくらいではないだろうか

少し手を横に移動させれば、触れてしまう距離


16 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:44:24.22 ID:+OSu9AIqo

…確かめたい

私は、確かめたいんだ

だから、だから…

17 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:45:51.96 ID:+OSu9AIqo


ギュッ


18 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:46:18.81 ID:+OSu9AIqo

私は、彼の手を、握った

強く、強く…

提督「…!」

響「…」

19 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:47:02.03 ID:+OSu9AIqo

ああ、心臓が強く鼓動している

手が、震えている

顔が、まるで火のように熱い

響「…っ」

何も、言葉が出ない

言わないと、駄目なのに

伝えないと、駄目なのに

響「…」

提督「…」

20 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:47:45.66 ID:+OSu9AIqo


ギュッ


21 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:48:12.66 ID:+OSu9AIqo

響「…!」

え?

提督「…」

22 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:48:55.61 ID:+OSu9AIqo

私の手から、力を感じる

私の手が、強く握られている

私は、彼の顔に目を向けた

彼は、私の方を向いていなかったけど

少しだけ、顔を赤らめていた気がする

23 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:50:05.49 ID:+OSu9AIqo

ギュッ

また、私の手を強く握り返した

彼は、何一つ言葉を発しない

だけど、私の手を、握り返してくれている

「わかっているよ」と、言ってくれているように

ただただ、強く、握ってくれている

24 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:50:34.64 ID:+OSu9AIqo

響「…」

響(…うん)ニコッ

ああ、これが良い

これが、丁度良い

25 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:52:01.82 ID:+OSu9AIqo

今の私達には、これで充分

今はまだ、言葉にして伝えられないけれど

きっと、いつか、言葉にして伝えられると思うから

だから、まだ、"愛する"にならなくてもいい

いつか、ちゃんと想いを伝えられるまで

だから、それまでは、このままでいたいんだ

ああ、私は今、すごく、すごく…

26 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:53:21.50 ID:+OSu9AIqo





___恋してる





27 : ◆VgLY1HQ3xE[saga sage] 2015/05/03 21:53:56.62 ID:+OSu9AIqo

終わり。

じゃあの


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430655604/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント