SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

男「誰だこの美少女……まさか俺?」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 02:57:47.93 ID:dEJoyvp3O

男「zzz」

男「ん…朝か…」

男「今日は……たしかなんの予定もないな……もうちょいねるか……」


2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 03:00:14.14 ID:dEJoyvp3O

友「男ー!遊びに行こうぜ!」ドンドン

男「んだようるさいなぁ……この声は友か……無視しよう……」

友「中にいるのはわかっている!はやくでてこーい」

友「……」

友「ピッキングしてやる」


3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 03:03:21.94 ID:dEJoyvp3O

友「まあそんな技術はないわけだが」

友「はやく開けないとご近所にあることないこといいふらすぞー」

わかったわかったあけるからちょっとまて

友「サンキュ、あれ?お前そんなか細い声だっけ?」

しらん

男「ほらあけてやったぞ……俺はまだ寝る」

友「……」

友「……」

友「」

4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 03:05:44.77 ID:dEJoyvp3O

友「あ……あの……僕友っていいます!男のお姉さんですか?」

男「は?なにいってんの?」

友「以外とフレンドリーだった!お姉さん!僕とお茶でもいかがです!?」

男「お前だれと話してんの?」

5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 03:08:47.87 ID:dEJoyvp3O

友「僕お姉さんに一目惚れしました!どうか付き合って下さい!」

男「俺にお姉さんなんかいないぞ」

友「いや……僕がいってるのはですね」

男「お前なんだかおかしいぞ……ちょっと上がれ、俺は顔洗ってくるから」

友「は!はい!男は起こさなくてもいいです!」

男「はぁ?」

6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 03:12:48.49 ID:dEJoyvp3O

男「どうしたんだあいつ……」

男「顔あらったらお茶の一つでも出してやるか……」バシャバシャ

男「ん……?あれ?なにあの子可愛い……」

男「でも俺の家にこんな子いるわけがないし」

男「あの……どちらさま?」

男「おかしいな……喋ってるみたいなのに声がきこえん……」

男「というか俺の声こんな細かったか……?」

7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 03:14:02.22 ID:dEJoyvp3O

男「……」

男「……」

男「うわあああああああああ!」


8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 03:17:57.12 ID:dEJoyvp3O

友「お姉さん遅いなー……」

友「というかお姉さんじゃなくて妹だったかもしれない……ちっちゃかったし……」

友「でもお胸はでかかったなぁ……」

友「クールっぽい目つきにでかい胸……それで小さいと来たもんだ……」

友「ただ雰囲気がちょい大人びてたな、まるで男みたいだった……それのせいでお姉さんとまちがえたんだな」

9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 03:21:05.98 ID:dEJoyvp3O

男「うわああああああ!友おおおおお!」

友「うわ!どうしたの!?」

男「女に!女になってたんだああああ!」

友「は?君元から女でしょ?」

男「ちがうんだ!俺男なんだよ!」

友「またまた……新しい遊びか何か?見た目の割りに子供っぽいね」

男「ほんとだって!男だってば!」

10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 03:24:15.76 ID:dEJoyvp3O

友「そんなこといわれても……どう反応したらいい?」

男「なんで信じてくれないんだ……」

友「だって……ねぇ……」

男「じゃあどうしたら信じてくれるんだ?」


14 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 11:41:46.09 ID:dEJoyvp3O

友「うーん……」

男「」ソワソワ

友「うーむ」

男「」ソワソワ

友「……」チラッ

男「」ソワソワ


15 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 11:46:33.62 ID:dEJoyvp3O

友「じゃあ俺がお前と昨日買いに行ったエロゲのタイトルわかる?」

男「妹天国だろ?」

友「……」

友(なんでしってるんだ、しかも羞恥心のかけらもないじゃないか……)

友「ま……まあこれは昨日男から電話で聞いたのかもしれないから無効だね」

男「妹とこんな話するかよ……」

16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 11:52:05.25 ID:dEJoyvp3O

友「じゃあ最後、これは男以外には教えてないことだよ、それがわかったら信じてあげる」

男「なんだなんだ?なんでもこい」

友「俺の性癖……わかるかい?」

男「グロ好きリョナ好きロリコンスカトロ(小)悪堕ち寝取られ好きだろ?」

友「……」

友「なんか可愛い子の口からきくと興奮しちゃうね」

男「信じたか?」

友「ちょいあれだけど……まあ信じたよ」

男「やった!ありがとう友!」ギュ

友「あふん……お胸が……」

17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 11:58:08.00 ID:dEJoyvp3O

友「それで?なんで突然女になってたの?」ジーッ

男「よくわからないんだよ……起きたらこうなってて……」

友「うーむ……こまりますなぁ」ジーッ

男「免許証とかつかえなさそうだもんなぁ」

友「ほんとこまるよね」ジーッ

男「……さっきから胸ばっかみてんの気づいてんだからな」

友「はっ!すまん!」

18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 12:42:00.74 ID:dEJoyvp3O

友「しかしでかいよなそれ……」

男「なんか重いんだよこれ……バランスくずれちまう」

友「……」

友「ちょいさわっていい?」

男「いいよ、男同士だろ?」

友(今は男同士じゃねえだろ……)

19 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 12:47:29.69 ID:dEJoyvp3O

友「おお……」プニプニ

男「ん……」

友「めっちゃやわらけえな……本物か……」プニプニ

男「あたりまえだろ……んっ……」

友「しかしブラとか買ってこないといけないよな……一緒にいくか!」モミモミ

男「んぅ……そうだな……てかもういいでしょ?離せって」

20 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 14:11:37.91 ID:dEJoyvp3O

友「うむ……やみつきになりそうだ」

男「も……もうはなせ!」

友「うむ……」

友「あとでまた触らして?」

男「なんかいやだわ……」

22 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 15:28:22.01 ID:dEJoyvp3O

男「ほら……目玉焼きにトースト作ってやったぞ」

友「サンキュー、朝飯食ってなかっだからさ〜」

友「それよりエプロンして飯作ってる姿にめっちゃ萌えたんだが」

男「はいはい」

友「これから毎朝俺に味噌汁作ってくんない?」

男「俺朝は味噌汁飲まない派なんだ」

友「ちぇっ」

23 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 15:33:04.35 ID:dEJoyvp3O

友「それでこれからどうする?」モグモグ

男「どうしよう……もう一回寝たら治んないかな……」

友「さあ?まず服とか買いに行こうぜ」モグモグ

男「えー……」

友「俺が出してやるからさ、今みたいな色気のない格好なんてノーセンキューだぜ?」

男「なんかお前ノリノリじゃね?」

友「ごほっ……ごほっ……そんなことないぞ!ごほっ……」

男「おい大丈夫か?ほれ水」

友「すまん、死ぬかと思った……」

男「そんな大げさな……」

友「いや水を差し出してくるお前の可愛さに死にそうになった」

男「……」

24 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 15:37:03.34 ID:dEJoyvp3O

男「お前結構軟派なやつだったんだな」

友「ちがうちがう!俺は本当に好きなやつにしかこんな態度とらないよ!」

男「ええ……お前ホモかよぉ……」

友「いまのお前は女だから問題ない」

男「そうなのか」

25 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 15:43:35.51 ID:dEJoyvp3O

友「ふーごちそうさん」

男「お粗末様」

友「じゃあ早速いこうぜ!」

男「ちょっと食休みしたいんだが……」

友「いいからいいから!」ズルズル

男「おいやめろ!いくから!いくから引きずるな!」

男「というか今上下ジャージなんだぞ!」

友「お前他に女物の服もってんの?」

男「あ……ねえや」

26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 15:50:33.95 ID:dEJoyvp3O

友「街についたぞー!」

男「なんかジロジロみられてる……やっぱジャージだからか……」

友「……多分それだけじゃないけどな……なんかむかつくぜ……」

男「?」

27 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 15:55:52.22 ID:dEJoyvp3O

友「まずは下着だな」

男「服じゃなかったのか?」

友「服かっても下着が男ものとかだめでしょ」

男「うーん……どうせ見せないしいいだろ?」

友「俺が脱がす時興奮しないじゃないか」

男「おい」

28 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 16:10:31.24 ID:dEJoyvp3O



友「すいませーん!」

店員「はいはーい」

友「ちょっとこいつの下着を見繕ってほしいんですけど……」

男「お……おい!いきなり難易度高いぞ!」ボソッ

友「がんば!」

店員「そちらの可愛いお嬢さんですね、お任せください!」

男「と……友……どうしよどうしよ……」

友「がんば!」

29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 16:16:36.98 ID:dEJoyvp3O

店員「ブラジャーとかつけるのはじめてかな?」

男「え……あの……そうです……」

店員「あなた結構おっきいんだからちゃんとつけなきゃだめよ?将来大変になるんだから」

男「そ……そうなんですか?」

店員「そうよ〜、じゃあはかるからじっとしててね……」

男「ん……ひゃっ」

店員「ふむふむ……」

店員「Eカップね……」

男「はっ、はい!」

店員「じゃあ下着もセットでもってきてあげるから……ここでまっててね」

30 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 16:29:14.66 ID:dEJoyvp3O

店員「ありがとうございましたー」

男「うう……すごい羞恥プレイだった……」

友「なあなあどんなやつ買ったんだ?」

男「だれが教えるか!」

友「ちぇっ……」

友「じゃあ次は服だな」

31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 16:38:02.09 ID:dEJoyvp3O

友「このワンピース可愛くね!」

友「あっ!これもいいな!」

友「あとこれとこれと……」

友「これも買った!」

男「お……おい……そんな買って大丈夫なのか?」

友「へーきへーき!お前のためだし!」

男「あ……ありがと……」

32 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 16:45:55.92 ID:dEJoyvp3O

友「とりあえずこれを試着してきてくれ!」

男「お……おう……」

友「なんだったら一緒に入るか!?」

男「いや……こなくていい……」

33 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 17:18:09.39 ID:dEJoyvp3O

男「ど……どうだ……!」

友「ふぉー!!!かわええ!!!」

おいなんだなんだキチガイか!

ちょ……あのこすげーかわいくね!

まじだ!やばすぎ!

男「お……おい……周りがなんか騒がしいんだが……」

友「次!次これきてくれ!はやくはやく!」

男「お……おう」

34 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 18:39:35.65 ID:dEJoyvp3O

男「……」

友「やべええええ可愛いいぃぃぃ!」

男 モジモジ

なんだあれ……アイドルかなにかか?

俺……ちょっと声かけてこようかな……

やめとけやめとけ!彼氏持ちっぽいし

友「……」

友「よし!全部買っていこう!店員さんすいませーん」

35 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 18:43:16.92 ID:dEJoyvp3O

友「やべえ……お前すげーかわいい……」

男「恥ずかしいからあんまほめないでくれ……」

友「今すっげー鼻高いわ!こんな可愛い女連れて歩けるなんて……やっぱワンピースが一番似合うな!」

男「ありがとな……買ってもらっちゃって」

友「いいっていいって!俺とお前の仲じゃん?」

男「友……」

友「ちょっと見つめないで理性がとびそうだから」

43 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:11:37.42 ID:dEJoyvp3O

友「それより腹減ったな……男はどうだ?」

男「俺もお腹すいたな……牛丼とか食べたい」

友「……」

友「お前……牛丼屋はだめだろ……」

男「なんで?」

友「お前連れてったら俺周りの客に殺されちまうよ……」

男「?」

44 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:16:11.66 ID:dEJoyvp3O

男「じゃあラーメンでいいよ」

友「だぁーっ!わかってない!わかってないぞ男!」

友「そんな男臭いところにお前なんかつれてけないわ!」

男「ええ……別にいいじゃん……」

友「ファミレスだ、ファミレスにしよう、ちょうどそこにテニースがある」

男「テニースのコーンスープうまいよな」


45 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:19:56.27 ID:dEJoyvp3O

男「服かってもらっちゃったし、ここは俺がおごるよ」

友「だめだ!それは男がすたる!」

男「いや、でも俺払うよ、なんだかいたたまれないし」

友「俺に奢らせなかったらお前にキスするぞ」

男「……え?まじきもいんだけど……」

友「じゃあ俺の奢りな」

男「いや……でも……」

46 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:25:16.59 ID:dEJoyvp3O

友「で、なに食べるか決めたか?」

男「うん、いつも通りコーンスープとハンバーグにするよ」

友「じゃあ俺はサーロインステーキにしようかな……他何かいるか?」

男「いや……大丈夫」

友「じゃあ注文するぞー」

47 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:29:14.05 ID:dEJoyvp3O

友「おお!きたきたー!」

男「お前いつもそれだよな、俺ステーキはあんまり好きじゃないんだよなぁ」

友「俺はむしろハンバーグが食べれん……」

男「ハンバーグおいしいんだぞ!ほら!一口食ってみろって!」

友(え……これってあーん、ってやつじゃね?)

男「ほら!この体勢つらいんだから早く食べろよ」

友「あ……あーん」

男「うまいだろ?」

友「……味わかんねぇや……」

48 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:32:16.84 ID:dEJoyvp3O

友「じゃあ俺のステーキもくってみるか?」

男「いやいいよ……ステーキ苦手だし……」

友「お前用にちっちゃく切ってやったからくってみろって」

友「ほらあーん」

男「ん……」

友「うまいだろ?」

男「……うまくない……」


50 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:34:58.87 ID:dEJoyvp3O

くすくす

仲良いわねー

私も昔は旦那と……

あの娘可愛いな……

なんであんなさえない男が彼氏なんだ!

友「俺達恋人同士にみられてるらしいな」

友「今のお気持ちはどうですか男さん」

男「なんかすっげーはずかしい……」///

52 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:39:01.06 ID:dEJoyvp3O

男(……まだハンバーグ半分しか食べてないのにお腹いっぱいになってしまった)

男(おかしいな……いつもならこれくらい食べれてたんだが……)

友「ん?男、もうお腹いっぱいになったのか?」

男「いつもなら食べられるんだけどなぁ……なんでだろう……」

友「女になって胃袋縮まったんじゃね?身長もちっちゃくなってるし……」


53 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:41:52.94 ID:dEJoyvp3O

男「そうかもしれん……作ってくれた人に申し訳ないから頑張ってたべるけど」

友「女の子が無理しちゃいけないぞ!俺が食うわ」

男「え?でも食べかけだし……」

友「むしろ興奮する」

男「……どういう反応していいかわからん……」

友「その冷たい目最高」

54 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:45:50.90 ID:dEJoyvp3O

男「というかさりげなく女の子扱いするのやめてくれ……俺は男なんだからさ……」

友「見た目可愛い女の子だから自然とそういう態度になってしまうのである」

男「その……か……可愛いっていうのもやめてくれよ……首の後ろあたりがぞわぞわする」

友「照れてるんですねわかります」

男「照れてないっ!」

55 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:48:37.11 ID:dEJoyvp3O

男「飯まで奢ってもらっちゃって、今日は本当にありがとな、今度何かでお返しするから」

友「じゃあほっぺにキスして「友くんっ!大好き!」って言ってくれない?」

男「……」

友「その冷たい目、癖になりそう」

56 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:52:10.40 ID:dEJoyvp3O

友「というかお前、もう帰るつもりなの?」

男「だって服も買ったし……これ以上よるところあるか?」

友「甘いぞ男!」

友「俺は元々お前と遊ぶためにきたんだ!」

男「そういえばそうだったな……」

友「だからもっと遊ぼうよ男」

男「しょうがないな……」

57 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 19:58:05.17 ID:dEJoyvp3O

友「今日新作の格ゲーがでるって知ってたか?」

男「いや?」

友「ほら、お前の好きなあれだよあれ、今日はそれを一緒にやろうと思ってたんだよね」

男「おお!まじか!」

友「まじまじ、そこのゲーセンにあるからやっていこうぜ」

男「おー」

58 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 20:02:43.63 ID:dEJoyvp3O

友「ふふ!俺のこのキャラでボッコボコにしてやる!」

男「なんの、返り討ちだ」

友「くっ……やっぱ男強いな……勝ち目がねえ」

男「ふふん、俺に勝とうなんて100年ははやいぞ」

チャラ男「お?こんなゲーセンで可愛い子はっけーん」

チャラ男2「声かけてみっか、ヤれるかもしれんし」

59 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 20:06:06.53 ID:dEJoyvp3O

チャラ男「君?いま一人?」ポンッ

男「うひゃあっ!」

チャラ男2「ひゃあっ!だってさ!可愛いー!」

チャラ男「よかったらお茶でもしない?いいお店知ってるんだ」

チャラ男2「退屈はさせないからさ、ちょっと付き合ってよ」

男「え?いや……あの……」

60 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 20:10:36.02 ID:dEJoyvp3O

チャラ男「いいじゃんいいじゃん!さっいこうよ」

男「は……はなせっ……」

男(力込めてるのにびくともしない……!女ってこんなに筋力なかったのか……!)

男(ど……どうしよう……怖い……力でかなわないのがこんなに怖いなんて思わなかった……)


61 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 20:11:57.20 ID:dEJoyvp3O

友「おい」

チャラ男「ん?なんだこいつ」

チャラ男2「正義のヒーロー気取りか?いまさら流行んないぜ?」

友「あっ!後ろにお巡りさんが!」

チャラ男「なに!?」

チャラ男2「やばっ!」

友「逃げるぞ!」

男「あっ!友!」

62 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 20:15:38.32 ID:dEJoyvp3O

男「はあ……はあ……」

友「大丈夫か?」

男「っ……!すげー怖かった……」

男「女の身体って不便なんだな……本気で襲われたら……抵抗なんてできないよ……」

友「ごめんな……俺がついていながら」

男「いいよ、友のせいじゃないし」

友「すまん、今日はもう帰ろうか」

男「うん……」

63 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 20:22:27.20 ID:dEJoyvp3O

男「ありがとな……おくってくれて」

友「いいっていいって」

男「今日はありがとう友」

友「気にすんなって」

友「それより疲れたろ?早く部屋戻れって」

男「うん……」


65 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 20:31:03.92 ID:dEJoyvp3O

男「……なあ友」

友「ん?」

男「ちょっとこっちきてかがんでくれないか?」

友「おっけーおっけー」

男「……」チュ

友「……え?」

男「こ……これはあまりにもお前がしつこいから仕方なくなんだからな!勘違いしないでくれよ!?」

友「……」ポケーッ

男「じ……じゃあな!」

友「うん……じゃあね……」ポケーッ

67 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/14 20:34:13.36 ID:dEJoyvp3O

男「……」

男「……」///

男「うわぁぁやっちまったぁあああ」///

男「ほ……ほっぺにチューなんて……」

男「うわああああはずかしぃぃぃ!」

男「……」

男「寝よう……寝て忘れよう」

男「……」

男「zzz……」

69 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 2014/10/14 20:38:23.90 ID:Ts2tuNra0

TSっていいものですね

71 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/10/14 20:42:07.56 ID:COwbctnfo

TS好きとしては嬉しい限り
TSモノもっと増えろ

90 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 14:34:53.40 ID:FoItn+yr0

友「……」ポケーッ

友「……」ポケーッ

友「……はっ!」

友「男の唇……柔らかかったなぁ……」

友「」ドキドキ

91 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 14:37:21.99 ID:FoItn+yr0

男「……zzz」

男「ん……ふぁぁ……」

男「今何時だろ……?」

男「20時か……でもなんだか外が明るいような……」

男「朝じゃん……」

92 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 14:39:44.17 ID:FoItn+yr0

男「アナログ時計でみたからてっきり8時かとおもった……」

男「朝ごはんたべよう……」

おーい男ー!

おーいあけてー!

男「友か?」

93 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 14:44:30.83 ID:FoItn+yr0

友「おはよう男!寝起きも可愛いぜ!」

男「おはよう……お前朝早くくるのやめてくれよ……眠いわ……」

友「そこのスーパーで食材かってきたから朝ごはんつくってくんない?」

男「ちょうど作ろうと思ってたんだ、助かったよ友」

友「あ、あとこのハートのエプロン買ってきた!これつけて料理してくんない!?」

男「嫌に決まってんだろ……」


94 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 14:49:51.50 ID:FoItn+yr0

男「……」

友「やっぱり可愛い娘が台所に立つ姿はいいなぁ……」

男「だから可愛いっていうのやめろよ……」

男「というかシンクが使いづらい……」

友「ちっちゃくなったからなー、昔みたいにはやりづらいだろ」

男(あの上の食器が使いたいんだが……とれるかな……)

男「んっ……んっ……」

友「……」

友「これか?」

男「あっ、ありがとう友」

友(上目遣いキター!)

95 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 14:54:32.10 ID:FoItn+yr0

友「しかしお前ほんとちっちゃくなったよなぁ……」

友「男の時は170くらいだったろ?今どんくらいだ?」ポンポン

男「頭なでんのはやめろ……」

友「150くらいか?見た目そんなもんだぞ?」ポンポン

男「ちょ……やめろってば」

友「抱きしめていい?」

男「包丁刺すぞ」

96 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 15:00:34.19 ID:FoItn+yr0

男「ほら……できたぞ」

友「わーい!美少女手作りご飯だー!」

男「これリクエストのなめこの味噌汁な」

友「まて!男!」

男「?」

友「はい、あなたっていいながら味噌汁をわたしてくれ!」

男「……」

友「あふん、冷たい目……」

97 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 15:05:18.34 ID:FoItn+yr0

友「味噌汁おかわり!」

男「すまん……もうない」

友「うそでしょ……」

男「俺のでよかったらあげるぞ、まだ手をつけてないから」

友「むしろちょっと手をつけてくれると嬉しい」

男「……」

友「なめこを箸でつかんであーん、とかやってほしい」

男「きもい……」

友「俺Mの道にめざめそうだよ」

98 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 15:08:30.95 ID:FoItn+yr0

友「ごちそうさまー」

男「お粗末様でした」

友「あなた?おいしかったですか?って聞いてくんない?」

男「俺ちょっとシャワー浴びてくるね」

友「男がついにスルースキルを……」

友「ていうかシャワーって……え……?」


99 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 15:13:45.81 ID:FoItn+yr0

風呂

男「……」

男「やっぱり……今の俺は女なんだな……」

男(身長は友のいった通り150程度……神は胸までかかるくらいの長さ……ちょっときつそうな瞳……)

男(やっぱ美少女だよなぁ……でもこれ俺なんだよなぁ……)

男「あと胸がおもい……これはきついぞ……」

男「……」プニッ

男「んっ……」


100 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 15:24:09.99 ID:FoItn+yr0

男「下も……なくなってるんだよな……」

男「……」

男「見事なまでにツルツル……」

男「はぁ……俺のが消えてしまった……」

男「はぁ……」

101 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 15:32:49.61 ID:FoItn+yr0

友「……」ドキドキ

友「し……シャワーって……」ドキドキ

友「いや!男はそんなつもりは微塵もない!はず……」

友「しかしドキドキせずにはいられない……」

102 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 16:10:37.44 ID:FoItn+yr0

男「はぁ……髪をふくのがめんどくさい……」

男「でもちゃんとふかないと床にたれるし……」

男「いっそのこと短くしちゃうか……」

男「あ……着替え忘れた」


103 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 16:14:41.84 ID:FoItn+yr0

男「着替え着替え……」

友「おかえり男……!?」

男「ちょっと着替え忘れちゃって……」

友「わーばかばか!バスタオル一枚ででてくんな!着替えだろ!とってきてやるから戻れ!戻れ!」

男「お……おう……サンキュ」

友「……」ドキドキ

104 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 16:18:58.14 ID:FoItn+yr0

友「ま……まったくあいつは……」ドキドキ

友「もうすこし自分の見た目を自覚しろっての」ドキドキ

友「俺じゃなかったら襲われてるぞ……全く……」ドキドキ

友「……」

友「でも綺麗な肌だったな……」

友「邪な考えはやめろ!俺!あいつはそんな気持ちは微塵もない!」

友「……それはそれで悲しいな……」

105 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 16:52:57.96 ID:FoItn+yr0

男「なんなんだ友のやつ……あんなにあわてて……」

男「バスタオルで隠してるんだからあわてることないだろうに……」

男「どうしたんだ一体……」

106 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 17:20:08.71 ID:FoItn+yr0

友「どこに着替えあるんだ?」

友「あそこのタンスかな」

友「……」

友「男ものの下着といっしょに女ものがはいってる……」

友「せめて分けていれろよ……」

友「……くんくん」

107 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 17:23:35.96 ID:FoItn+yr0

友「はっ!俺は何を……」

友「いかんいかん!早くもっていかないとあいつ湯冷めしちゃう」

友「あとはブラジャーか……」

友「なんでブラジャーだけ別のとこいれてんだよ……」

友「ここかな……」

友「おお、あったあった」

友「……」

友「……」プニプニ

108 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 17:26:22.99 ID:FoItn+yr0

友「……」

友「これを……あいつがつけるのか……」

友「……」

友「だぁーっ!落ち着け俺!もやもやすんな俺!」

友「はやくもっていこう……落ち着かねえ……」

109 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 17:29:23.50 ID:FoItn+yr0

友「ほら男、着替えもってきたぞ」

男「サンキュー友」

友「だからバスタオルででてくんなっての!」

男「あ、悪い悪い」

友「ったく……」

友(俺が我慢出来なくなったらどうすんだよ……)

男「じゃあ着替えてくる」

110 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 17:32:31.26 ID:FoItn+yr0

男「おーい友ー」

友「どうしたー?」

男「ちょっと来てくれないか?」

友「……ちゃんと着替えたか?」

男「うん」

友「……入るぞ」

男「ブラジャーがとめられないんだけど」

友「……」

111 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 17:35:14.73 ID:FoItn+yr0

友「……」

男「これ後ろでとめるやつみたいなんだけどさ、手が届かなくてさ」

友「……」

男「だから止めてくれない?一人じゃどうしようもなくてさ」

友「……」パチッ

男「おお、サンキューサンキュー、助かった」

友「……」

男「おい?どうした?」

123 : ◆HMOp1F9XD.[] 2014/10/15 21:11:33.14 ID:FoItn+yr0

友「……」ギュッ

男「んなっ……!なんだよ友!」

友「なあ?お前俺を誘ってんの?」

男「いやっ!違う!離してくれ!」

友「……」ペロッ

男「うひゃあっ!」

友「男……」

男「や!やめろはなせってば」

124 : ◆HMOp1F9XD.[] 2014/10/15 21:20:36.77 ID:FoItn+yr0

男(くそ!どうしちまったんだこいつ!)

友「男……」ギュッ

男(こいつ……意外に筋肉あるんだな……)

友「男ぉ……」ギュッ

男(というかこの状態は非常にまずい!)

男(だんだんこいつの手が胸に近づいて来てる……!)

男「ん……ひゃんっ!」

男「い……いいかげんにしろ!」ドゴッ

友「おま……そこは……」ドサッ

男「はぁ……はぁ……」

125 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 21:33:35.52 ID:FoItn+yr0

男「はぁ……はぁ……」

男「な……なんなんだ一体……」

男(でも抱きしめられた時……嫌な感じじゃなかったな……)

男「い……いや……!なにいってんだ俺は!」

男「とりあえずこいつベッドに運ぼう……」

126 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/10/15 21:37:47.94 ID:FoItn+yr0

男「んくっ……くそ……」

男「こいつ重いなっ……!」

男「……いや、俺が非力になったのか……」

男「んしょ……んしょ……」

133 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/15 22:02:29.80 ID:FoItn+yr0

男「はぁ……重かった……」

友「あれ?男?」

男「運んだ意味がなかった……」

友「あっ……お……男……さっきはすまん」

男「いや……別にいいけどさ……」

友「下着姿のお前みたら興奮しちゃって……」

男「……冗談でもその発言はやめろ」

友「うん……ごめん……」

135 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/15 22:10:53.86 ID:FoItn+yr0

友「そ……それよりも男!お前に言うことがある!」

男「なんだよ改まって」

友「お前少し無防備すぎるぞ!男の前にバスタオルででてきたり!ブラジャーつけさせたり!」

友「他の男にそんなことしてみろ!大変なことになるぞ!」

男「え……でも友にしかしないぞ?」

友「……」

友「……」

137 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/15 22:14:45.68 ID:FoItn+yr0

友(さっき欲情してしまった自分が恥ずかしい……)

友(こんな純粋なこいつの気持ちを踏みにじるところだったのか)

友「すまん男……」

男「もういいよ、お茶でも飲むか?」

友「うん……」

162 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:15:39.40 ID:B9vVjpZg0

友「そういえば明日学校だなー、めんどくさいな……」

男「そうだなー、ん?学校?」

友「そうだよ学校……」

男「忘れてた……どうしよう……」

163 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:24:13.56 ID:B9vVjpZg0

男「ど……どうしようどうしよう」

友「落ち着け!大丈夫!大丈夫だから」

男「そんなこと言ったってさ……」

友「そうだ!おばさんだ!おばさんに相談しよう!」

男「でも母さん今出張だし……」

友「お前の危機ってしったらおばさんも何とかしてくれんだろ!電話だ電話!」

男「う……うん……」

164 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:27:43.00 ID:B9vVjpZg0

男「……」

男「あっもしもし母さん?」

母「あれ?男の電話よね?」

男「うん、そうだよ」

母「あらあら可愛い声!男の彼女さん?」

男「いや……ちがくて……」

友「かせ!男!」

男「う……うん」


165 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:30:26.45 ID:B9vVjpZg0

友「おばさん!男が大変なんだ!」

母「あら?友君久しぶり、さっきの娘は?」

友「あれが男なんだ!なんかあいつ女になったみたいで!」

母「……」

母「あははははは!なにいってるの、そんなことあるわけないじゃない」

友「本当なんだっておばさん!俺も最初は信じられなかったけどさ!」

母「……」

166 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:33:17.94 ID:B9vVjpZg0

母「ちょっと男にかわってくれる?」

友「おう!ほら男!」

男「かあさん?」

母「本当にあなた男なのね?」

男「うん……」

母「わかったわ」

男「え?信じてくれるの?」

母「息子の言うことを信じない親がいるものですか!いまから帰るからちょっとまってなさいよ!」

男「あ、ありがとうかあさん!」

167 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:36:23.68 ID:B9vVjpZg0

母「はぁ……はぁ……ただいま……」

男「かあさん!」

友「おつかれさまですおばさん!」

母「あら!あらあらあら!こんなにかわいくなっちゃって!」ギュッ

男「むぐっ」

母「私ずっと娘がほしかったのよ!ふふふ……」

男「むぐむぐむぐ……」

友「おばさん!男が窒息しそうだよ!」

母「あ……あらごめんなさい」

男「ぷはっ……はぁはぁ……」



169 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:42:14.98 ID:B9vVjpZg0

男「かあさんは……おどろかないの?」

母「おどろくもんですか!こんなにかわいい子が娘になるなんて!」

男「はぁ……」

友「おばさんおばさん!そんなことよりこいつの身分証とかその他いろいろとか問題が山積みなんだ!」

母「あら友君いたの?」

友「いたよ!」

母「大丈夫よ、わたしにまかせなさい」

170 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:47:00.12 ID:B9vVjpZg0

友「おばさん大丈夫かなぁ……」

男「よかった……かあさんが驚かなくて……」

友「ん?どうした男」

男「いやさ……こんな姿になっちゃったのにさ?皆は変わらずに俺に接してくれてるだろ?」

友「……そ……そうだな」

男「俺顔に出ないけど頭がぐちゃぐちゃになっちゃってるんだよ……トイレだってそう……お風呂だってそう……」

友「お……お風呂……」

男「でも最初に会ったのが友でよかった、お前のおかげで平静を保てたんだよ」ニコッ

友「お……おう……」///

男「なんでそっぽむくんだ?」

友「なんでもないからこっちみるな」///

171 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:50:57.45 ID:B9vVjpZg0

友(くそ……!冷静になれ俺!なんだこの胸のドキドキは!)チラッ

男「?」

友(やっぱかわいいなぁ……これで中身が男じゃなかったら……)

男「おいおい……どうしたんだよ?」

友「の……。覗き込んでくるなって!」

男「なんだよ……さみしいじゃんか……」

友「……」ドキドキ

172 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:55:21.07 ID:B9vVjpZg0

母「ごめんね待たせたかしら……」

友「うわああああああ!お!おばさん!」

男「???」

母(あらあら……)

母「ちょっと母さん出かけてくるわね、取りに行くものとかあるから」

友「は!はい!」

男「いてらー」

母「友くん?」ボソッ

友「はっはいっ!」

母「男のこと……よろしくね?」

友「はいっ!」

母「場合によっては嫁に出しちゃうってのもありね……」

友「ちょ……ちょっとおばさん!」

173 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 21:59:32.04 ID:B9vVjpZg0

男「かあさんいっちゃったな……」

友「ゆ……夕方には帰ってくるっていってたぞ!」

男「しってるよ……母さん言ってたじゃん」

友「そ……そうだったな……」

男「大丈夫か?顔赤いぞ?」

友「大丈夫だ……」

174 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 22:01:47.06 ID:B9vVjpZg0

男「なんだかんだいってもうお昼だな、おなかすいた……」

友「そ……そうだな……なあ男、ちょっと風呂場かりていいか?」

男「いいぞ」

友「すまん」



175 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 22:04:52.94 ID:B9vVjpZg0

風呂場

友「おちつけ俺……あいつは男……あいつは男……」

友「手は出さない……絶対に手を出しちゃいけない……」

友「あいつは男……あいつは男……」

友「よし!これで大丈夫だ!」

友「っていうか男のやつバスタオル出しっぱなしじゃないか……あいつ結構だらしないんだよな」

友「しかたない!しまっといてやるか」

友「よっと……」

友「……なんかいいにおいがする……」

友「……」クンクン

友「はっ!変態か俺はぁぁぁぁぁぁ!!!」

176 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 22:08:56.15 ID:B9vVjpZg0

男「おかえりー」

友「ただいま……」

男「なんかつかれてるなお前」

友「主にお前のせいでな……」

男「???」

友「はぁ……もういいや……昼飯かいにいくぞ」

男「おっ!やっとか!お腹すいて仕方なかったんだよ、はやくいくぞー」

友「おい……お前また上下ジャージでいくつもりか……」

男「うん、だって楽じゃん」

友「女の子なんだからお洒落しなさい!」

男「なんだお前……母ちゃんかよ……」

177 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 22:13:53.76 ID:B9vVjpZg0

男「買ってもらっといて悪いんだけどさ……あれ着たくないんだよ」

友「なんでだよ……せっかく買ったのに……」

男「だってなんかスースーするし……なんとなく恥ずかしいし……」

友「頼むよ男ぉ……可愛いお前がみたいんだよぉ……」

男「えー……きもい……」

友「何でもひとつ言うこと聞くからさ!頼むって!」

男「……まじか」

友「おう!男に二言はない!」

男「仕方ないな……じゃあちょっとまっててくれ」ヌギッ

友「わー!わー!だからここで脱ぐなって!」

179 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 22:16:19.46 ID:B9vVjpZg0

男「友ー」

友「着替えたか?」

男「うん、ちょっときて」

友「本当に着替えたのか?」

男「だから着替えたって、はやくきてよ」

友「はいるぞ」

男「背中のファスナーに手が届かない、あげてくれ」

友「……」

180 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 22:19:41.73 ID:B9vVjpZg0

友「お……お前さ!俺さっきいったよな!」

男「だから服きてるじゃん」

友「ファスナーから下着が見えてんだよ!」

男「だって届かないんだからしょうがないじゃんか」

友「っ……っ……」///

友「ほら!これでいいだろっ!」

男「助かったよ、ありがとう」ニコッ

友「っ~~~!!!」///

186 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:08:30.52 ID:B9vVjpZg0

友「こ……こほん……気をとりなして買い物に行こう……」

男「何食べたい?」

友「ん?弁当じゃないのか?」

男「俺弁当きらいなんだよね、添加物もりもりだし」

友「じゃあどうすんの?」

男「作るに決まってんだろ?」

友「まじか」

187 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:11:15.41 ID:B9vVjpZg0

男「なにがいいかなー」テクテク

友「ねえねえ、俺のリクエストとかきいてくれたりする?」テクテク

男「めんどくさくなければな」

友「いいの!?じゃあえーと……なにがいいかなぁ」

男「スーパーに着く前に決めてくれよ?」

友「おっけー!」

188 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:13:57.69 ID:B9vVjpZg0

友「うーん……うーん……」

男「あ、店着いた」

男「おい友、ついたぞ」ツンツン

友「うーん……肉じゃがか……カレーかな……」

男「じゃあカレーにしよう、楽だし」

友「何!?じゃあやっぱ肉じゃが!」

男「えー……」

友「肉じゃがね肉じゃが、肉じゃがにしよう」

男「はいはい……」

189 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:17:24.54 ID:B9vVjpZg0

友「お、じゃがいもあったぞ男、これでいいよな」

男「待て待て友」

友「ん?」

男「……」ジーッ

友「なにしてんだ?」

男「……これと……これと……これだな……」

友「どれも一緒じゃないの?」

男「甘いぞ友!野菜には鮮度とか色々あるんだよ!」

友「え……う……うん……ごめん」

男「分かればいいんだ」

おばちゃん(あの子……なかなかできるっ……!)

190 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:21:10.23 ID:B9vVjpZg0

男「ほかに何か食べたいものとかある?」

友「え?うーん……うーん……」

男「お前優柔不断だなぁ」

友「しょうがないだろ!折角のお前の手料理なんだから!」

男「声でけえよ……」

あらあら……

付き合いたてのカップルかしら?

若いっていいわねー

リア充しねっ

男「お……。お前のせいで注目されてるじゃないか……」///

友「す……すまん……」///

191 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:25:51.49 ID:B9vVjpZg0

友(しかしさっきの男の照れ顔はレアだったな……)

男「まったく友は……」

友(カメラがあったら絶対とってた)

男「なあなあ?にくじゃがだけでいいのか?」

友「はぁ……男はかわいいなぁ……」

男「はっ……?」

友「あっ……す……すまん!」

男「……」

男「別にいいぞ……」

友「あれ……冷たい目が来ない……」

男「ほら早く買い物しちゃおうぜ」


192 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:30:38.46 ID:B9vVjpZg0

店員「~~円になりまーす」

男「あっはい」

友「待て男、ここは俺が払う」

男「いや、これくらいは大丈夫だって、こないだのお礼もあるし」

友「いやでもこういうときは男が払うもんだってばあちゃんがいってたし」

男「俺も男だから問題ないだろ」

友「いやいやお前今女だから!めちゃめちゃ可愛い女だから!」

男「……」

男「でっ……でもさ……」

店員(こいつらいちゃつきやがってくっそうぜえ、でもこの娘は可愛いから許す)

友「いいから!店員さん!これでお願いします!」一万円

店員(しねよ……)

193 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:33:54.85 ID:B9vVjpZg0

男「何から何まで本当にごめんな友……」

友「いいっていいって、可愛いお前のためだし」

男「……」

男「なっ……なあ友」

友「ん?」

男「あのさ……あんまり可愛いっていうのやめてよ……」

男「なんだか胸のあたりが変な気持ちになるんだ」

友「すまん……気を付ける……」

友「でもついついでちゃうんだよ……お前が可愛いからさ……」

男「友」

友「あっ……すまん」


194 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:38:02.61 ID:B9vVjpZg0

男(なんなんだこの気持ちは……)

男(なぜか友に可愛いっていわれるとむずむずする……)

男(切ないような……嬉しいような……)

男(まさか……俺は友のことが好きとか……?)

男(……)

男(ないない……だって男同士だぞ?)

男(いくら今の体が女だからって……俺の心は男なんだ)

男(じゃあなんだろう……この気持ちは……)



196 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:41:25.43 ID:B9vVjpZg0

男(……)

男(あっ……わかったぞ!)

男(きっとこの気持ちは友情だ!俺は友に友情を感じてるんだ!)

男(なるほど……そうかんがえるとスッキリしてくるな……)

友「おーい男、家着いたぞ」

男(なんだ……俺は友情を感じていたのか……そうだよな……こいつはずっとそばにいてくれたし)

友「おーい男ー」ツンツン

男「うひゃぁあっ!」

友「何今の可愛い、もっかいやっていい?」

男「やめろ……肉じゃが作ってやらないぞ」

友「ごめんなさい」

198 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:44:06.04 ID:B9vVjpZg0

男「ただい……」

友「ちょっと待て男」

男「なんだよ?」

友「俺が後から入るから……おかえりなさいあなた、ってやって」

男「……」

友「そうそうその冷たい目が癖になる」



200 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:46:48.01 ID:B9vVjpZg0

男「じゃあ俺料理しちゃうから、これ冷蔵庫にしまっといて」

友「はいよー」

友「あ、男これこれ、忘れてるよ」

男「ん?」

友「俺が買ったハートのエプロン……つけて?」

男「……」

男「仕方ないな……」

友「え?いいの?」

男「お前にはいっぱい世話になったし……これくらいはお返ししないとな」

友「うひょぉぉぉぉぉぉおおお!」


203 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:50:33.84 ID:B9vVjpZg0

男「……」トントン

友「やっべー……やっべーよこれ」チョロチョロ

男「……」トントン

友「やっぱ可愛い娘にハートのエプロンは似合うなぁ……」

男「っ……!」///

男「痛っ……」

友「お!おい!大丈夫か男!」

男「大丈夫だって……ちょっと指先切っただけだから」

男「それよりも友!料理中に邪魔を……」

友「俺救急箱もってくる!」

男「はぁ……」

205 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:53:37.47 ID:B9vVjpZg0

友「男!救急箱ってどこにあるんだ!?」

男「それだったら俺の机の引き出しに」

友「うわぁああああ!!お前パンツこんなとこにおいとくなよ!」

男「あ……すまん」

友「くそっ……机の引き出しだな!」

男「そうそうそこの二段目の」

友「うわあああああああ!これ着替え用の箪笥だったあああああ!!」

男「うるさっ……」

207 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/17 23:58:46.97 ID:B9vVjpZg0

友「はぁ……はぁ……」

男「お前顔真っ赤だぞ」

友「なあ……頼むから下着だけはちゃんとしまっといてくれ……」

友「本当に頼む……まじでたのむから……」

男「わ……わかったよ……ごめんな」

友「わかればいいんだ……ほら、指出してみろ」

男「ん……」

友「ちょっとしみるぞ」

男「痛っ……」

友「よし……おっけ」

男「ありがとな、友」ニコッ

友「っ……」

210 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/18 00:05:05.64 ID:lmswTV5W0

友「ごめんな、俺が邪魔したせいで」

男「そうだぞお前のせいだぞ」

友「でもなんで急に指きったんだ?俺お前には触れてないはずだけど」

男「そ……それはだな……」

友「まあいいや、じゃあ俺できるまで座ってるわ」

男「そうしてくれ……」

212 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/18 00:07:32.38 ID:lmswTV5W0

友「……」ジーッ

男「……」トントン

友「……」ニヤニヤ

男「……」ジャー

友「……」ホッコリ

男「なあ」

友「んー?どうした?」

男「なんかやりづらい」

友「気にしたら負けだ」

男「……テレビでも見るか?」

友「いや……お前を見てるほうが楽しい」

男「うざ……」

215 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/18 00:12:27.63 ID:lmswTV5W0

男(しかしつかいづらいシンクだな……俺がちっちゃくなったせいだが)

友(ちょこちょこ動いてて可愛いなぁ……)

男(今度踏み台でも買ってくるか……)

友(こんな彼女がいたら毎日が幸せだろうなぁ……はっ!いかんいかん!あいつは男……あいつは男……)

男(この身長だと上のお皿が取れないんだよなぁ……ジャンプしたらとれそうかな……)ピョンピョン

友「なにぴょんぴょんしてるんだ?って男!危ない!」

男「ひゃっ!」

パリーン

216 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/18 00:16:18.47 ID:lmswTV5W0

友「あ……危なかった……」

男「と……友……」

友「大丈夫か男……」

男「……」

友(勢い余って押し倒したみたいな格好になっちまった……)

男「ちょ……お……重いぞ」

友「うわっ!すまん今どくから!」フニッ

男「んっ……」

友「うわわわわ!すまん悪気はない!!」

男「い……いいからどけって……」

友「今どく今どくから!」

友(めちゃめちゃ柔らかかった……)

217 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/18 00:24:25.81 ID:lmswTV5W0

男「助かった……ありがとう友」

友「あ……ああ」

男「やっぱりこの体は駄目だな……昔出来てたことができなくなってる……」

友「そ……そんなことないぞ!」

男「でもさ!」

友「大丈夫だ男……」ギュッ

男「あっ……友……」

友「おばさんが言ってたろ?おばさんの信頼できる病院で、お前を見てくれるって」

男「うん……」

友「そうしたら男に戻れるかもしれないじゃないか……それまで我慢だ、な?男」

男「うん……」

友「大丈夫だ、俺はお前を見捨てたりしない、病院にだってついてってやる」

男「うん……ありがとう……」

友「いいっていいって、それよりお腹すいたよ、早く肉じゃが作ってくれ」

男「おう!わかった!」

友「高いところにあるのをとるときは呼べよな」

218 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/18 00:28:37.59 ID:lmswTV5W0

男「できたぞー!特製肉じゃがだ!」

友「おお!うまそうだな!」

男「ふふん!今日は会心の出来だったんだぞ!」

男「ほら!一口食べてみろ!」

友(躊躇なくあーんしてくる男……天使か)

友「あ、あーん」モグモグ

男「どうだ!?うまいか!?」

友「う……うん……うまいぞ」

友(味分かんねぇや……)

219 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/18 00:30:18.17 ID:lmswTV5W0

男「どれどれ……じゃあ俺も……」パクッ

友(あ、間接キス……)

男「っ~~~~!!!」

男「うまいっ!」キラキラ

友(可愛いなぁ……)


220 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/18 00:32:53.24 ID:lmswTV5W0

男「なめこの味噌汁も作っといたぞ」

友「まじかよ!愛してる!」

男「っ……」

友「早く食べようぜ!」

男「お……おう」

友「いただきまーす」


221 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/18 00:37:06.44 ID:lmswTV5W0

友「ごちそうさまー」

男「おそまつさまでした」

友「いやー食った食った……うまかったぞ男」

男「これくらいならいつでもつくれるぞ」

友「いやー、こういう彼女ほしいわー……」

男「お前には無理だな」

友「な……なにをー!」

男「あははははは」

友「じゃあ男!付き合ってくれ!」

男「っ~~~!!」

男「そういうのやめろっていっただろっ!」バコッ

友「きゃひんっ!」

253 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 00:56:39.96 ID:RrzoOpm70

友「しかしおばさんはいつ帰ってくるのかね?」

男「俺……どうなるのかな……」

友「今更悩むなって、大丈夫大丈夫、俺がついてるだろ?」

男「うん……そうだよな……」

友「よしよし……」

ガチャ

母「ただいまー!色々と疲れたぁ!」

友「……」

男「あ、お帰り母さん」

母「あら?おじゃまだった?」

友「いえいえいえいえいえ!!!」

男「ん?」

母「若いっていいわねぇ……」


254 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:09:01.19 ID:RrzoOpm70

母「とりあえずいろいろやってきたわ」

母「学校にもお話はしてきたし……とりあえずあんたは元通り学校に通えるわよ?」

男「ほ……本当?」

母「ええ、でも制服の準備とか病院とかいろいろあるから、学校に通えるのは一週間後くらいかしら」

男「ありがとうかあさん」

母「とりあえず明日は学校に行って……制服の準備とかいろいろやってきてね」

母「あとは病院ね、いろいろ検査をしてもらうわ」

男「俺……男に戻れるかな……」

母「……それはわからないけど……」

友「だ!大丈夫だって男!俺がついてる!」

男「友……」

母「……戻れなくてもいいんじゃない?」

男「それは嫌だ」

255 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:14:08.89 ID:RrzoOpm70

母「じゃあ私はまだこれから回るところがあるから……」

母「たぶん今日は帰ってこれないわ、友君?男をよろしくね?」

男「なんで友に頼むんだよ……俺は一人でも大丈夫だぞ?」

母「だめよ、あんたは今女の子なんだから……何かあったら遅いのよ?」

男「でも心は男だぞ……なんにも起きないって」

母「……あんた自分の見た目わかってる?」

母「とにかくこれは決定事項です!友君にはとまってもらいなさい!」

友「ええーっ!!!!!」

男「えーっ……」

母「じゃあね!友君本当にゴメン!娘をよろしくね!」

友「は!はい!」

男「娘っていうなよ」

256 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:19:29.71 ID:RrzoOpm70

男「まったく母さんのやつ……」

友「ふ……ふつつかものですが……よろしくお願いします……」

男「ごめんな友、母さんのわがままにつきあわせて……」

友「い……いや……大丈夫だ……」

男「でもやっとこれで男に戻れる目途がついたな……こんな体ともおさらばだ!」

友(それはそれで若干さみしいんだが……)

男「よーし!なんだか気分が落ち着いてきた!友!ゲームしようぜ」

友「お……おう!」

257 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:24:16.05 ID:RrzoOpm70

友「くっ……このっ……!」

男「あまいぞ友!くらえっ!」

友「くっそー!またまけたっ!」

男「あはははは、お前弱いよなー」

友(お前が無防備なせいでやりにくいんだよ……!ちらちらと見える足とか……!)

男「お前10回負けたから罰ゲームな!」

友(うわわわわ!こっちよって来るな!胸元が!胸元が見えてるから!)


258 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:27:34.99 ID:RrzoOpm70

男「よし、友、腕出せ、しっぺしてやる」

友「ば……罰ゲームはしっぺか……お前のしっぺ痛いんだよなぁ……」

男「ふふふ……数少ない特技だからな!さあいくぞ!」

友「っ……!」

男「くらえっ!」ペチッ

友「……あれ?」

男「どうだ!きいただろ!」

友「お……おう……きいたぜ……」

友(全然痛くなかった……)

259 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:32:53.60 ID:RrzoOpm70

男「ふーっ……もうこんな時間か……」

友「もう6時か……腹減ったな……」

男「夕飯はどうする?」

友「ん?肉じゃが残ってなかったか?」

男「……お前全部たべちゃっただろ」

友「まじか……全然気づかなかった……」

男「一応夕飯にも食べられるようにいっぱい作っておいたんだけどな……」

友「え……すまん……」

男「いいよいいよ、うまそうに食べてくれてうれしかったしな」ニコッ

260 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:38:40.26 ID:RrzoOpm70

友「じゃあまた買いに行くか?」

男「いや……ちょっと待って……冷蔵庫になにかないかな……」ゴソゴソ

友(前かがみになっててパンツが見えそうなんだが……)

男「んー……卵と……ねぎと……んー……」

友(こういう時は覗きたくなってしまうのが男の本性だよな)

男「チャーハンくらいなら作れそうだな……友、チャーハンでいい……」

男「何してんの?」

友「い……いや……土下座の練習……」

男「ふーん」

261 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:45:01.63 ID:RrzoOpm70

男「じゃあ早速作るぞー」

友「おー」

男「あ、友は座っててくれ、お客さんだし」

友「うむ、俺は何の役にも立てないだろうしな」

男「その通りだ、むしろ邪魔だ」

友「え?ひどくない?」

男「あ、上のお皿とって」

友「へいへい」

262 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:50:28.89 ID:RrzoOpm70

男「♪~」ジャー

友(やはり何度見ても美少女が料理をしているのはいいなぁ……)

友(しかしハートのエプロンはつけてくれなかった……何故だ……)

男「♪~」

友(でもあの象さんのエプロンも中々可愛いな……)

友(というか可愛い子が着れば何でも可愛いんだよな)

男「♪~」

友「おーい、まだかー」

男「もうちょっとまってー」



264 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 01:56:50.96 ID:RrzoOpm70

男「できたぞ!特製チャーハンだ!」

友「お前特製ってつければ何でもいいと思ってないか?」

男「ぎくっ……ま……まあいいじゃないか……」

男「それよりほら!味見してみろ!」

友「お……おう……」

友(なぜこいつは普通にあーん、をやってきやがるんだ……!可愛いじゃないか……!)

男「どうだ!?」

友「うん……おいしいんじゃないかな」

男「ふふん!そうだろうそうだろう!」

友「……」///

265 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 02:00:23.64 ID:RrzoOpm70

男「じゃあ食べようぜ!」

友「そ……そうだな……」

男「いただきまーす」

友「いただきまーす」



266 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 02:08:13.36 ID:RrzoOpm70

男「……」

友「おい……男……大丈夫か?」

男「た……食べきれない……」

友「当たり前だろ……そんなちっちゃい体にその量ははいらんだろ……」

男「つい今までの癖で……」

男「冷凍して明日食べるか……」

友「まてまて、俺が食べる」

男「いや……でもほら……食べかけだぞ?いやだろ?」

友「折角のうまい料理なんだから冷めたらもったいないだろ?だから俺が食べるよ」

男「……」

男「お前優しいな……ありがとな……」

友(なんか抱きしめてやりたい……)

267 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 02:11:47.10 ID:RrzoOpm70

友「うっ……食べすぎたかも……」

男「ありがとな友、そこで休んでてくれ」

男「お風呂沸かしてくるから」

友「ああ……ありがとう……お風呂……?」

友「お……ふろ……?」

男「うんお風呂」

友「そ……そうかお風呂か!お風呂は大事だもんな!うん!」

男「お風呂入んないと気持ちわるいよな」


268 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 02:13:54.69 ID:RrzoOpm70

男「お風呂わいたぞー!」

友「お!おう!さんきゅ!」

男「友、お前先入れよ、お客さんだし」

友「そうか!わかったはいる!」

男「なんかテンションおかしくない?」

友「そ……そんなことはない!」

269 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 02:17:41.75 ID:RrzoOpm70

友「ふぅ……」チャプッ

友「お……おちつけ俺……たかが風呂程度でドキドキしてどうする……」

友「冷静に……冷静になるんだ……」

男「おーい友ー」

友「ひゃわっ!なんだ!?」

ガチャ

男「ちょっとシャンプー切らしてたからもってき……」

友「うわわわわ!お前入ってくんなよ!」

男「男同士だから問題ないだろうが」

友「お前はよくても俺はだめなの!」

男「わ……わかったよ……シャンプーここにおいておくから……」

友「は……はやくでてけよ!」

男「そんなに怒らなくてもいいじゃないか……」

270 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 02:20:22.34 ID:RrzoOpm70

男「なんだよ……友のやつ……」

男「さっきから若干態度がおかしくないか?」

男「なんか俺避けられてるような気がする……」

男「もしかしてなんかあいつに悪いことしたのかなぁ」

男「……」

男「思い当たる節がない……」

271 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/19 02:24:09.95 ID:RrzoOpm70

友「ま……まったく男のやつ……」

友「あ……あいつはもう少し警戒心を持つべきなんだよ!」

友「とつぜん風呂にまで入ってきやがって……」

友「俺じゃなかったら今頃襲われてるぞ……まったく……」

友「……」

友「あいつは女としての自覚が足りないんだよなぁ……」


285 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 21:51:55.72 ID:GRb67e+X0

友「……」

男「お、上がったか、湯加減どうだった?」

友「男……頼むから女としての意識を持ってくれ……」

男「いや、俺男だから」

友「……はぁ」

男「とりあえず俺も風呂入ってくる!」

友「おう……」

286 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 21:57:44.89 ID:GRb67e+X0

友(まずい……このままだと俺の理性が……)

友(い!いや!それはだめだ俺!)

友(あいつにそんな意志はないんだ……)

友(我慢しろ俺……)

287 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 21:59:44.86 ID:GRb67e+X0

男「ふーっ……いいお湯だったー」

友「おうお帰り……」

友「っておい!ちゃんと髪ふけって!」

男「いつもこんなもんだし平気平気」

友「ああもう!こっちこい!」

男「うわ、ちょっと……」

288 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 22:03:41.62 ID:GRb67e+X0

友「髪くらいちゃんとかわかせ!」ゴシゴシ

男「いいじゃん別に……」

友「ったく……」

男「……んっ」

友「……」ゴシゴシ

男「ふぁ……」

友「おい変な声出すなよ」

男「なんか……気持ちよくて……」ポーッ

友「うっ……」ドキッ

289 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 22:06:10.87 ID:GRb67e+X0

友(おちつけおちつけ俺)

友(なんかいい匂いがしてくらくらするけどおちつけ俺)

男「んあ……」トロン

友(あーもう可愛いなちくしょう!)

男「……」ポーッ



290 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 22:14:09.70 ID:GRb67e+X0

友「ほら、次ドライヤーな」

男「うん……」

友「まったく世話のかかる……」

友「しっかしサラサラだなお前の髪……」

友「絹糸みたいっていうの?そんな感じだ」

男「……」コックリコックリ

友(首……真っ白だな……)

友「……」ペロッ

男「いひゃあっ!」

友「うわ!すまん!ドライヤーのせいだ!」

男「せっかく眠りにおちそうだったのに……」

友「人にドライヤーしてもらっといて寝るなよ」

291 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 22:17:34.69 ID:GRb67e+X0

友(や……やばいやばい……おちつけ……!)

男「お前……ドライヤーうまいな……」

友「そ!そうか!それはよかった!」

友(無心になれ……無心に……)

男「うん……優しい感じだ……」

男「ふぁ……」コックリコックリ

友「も!もうちょっとで終わるからな!まってろ!」

男「……zzz」



292 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 22:20:13.22 ID:GRb67e+X0

友「よ……よし……おわったぞ……」

友(よく耐えた俺!ほめてやるぞ!)

男「……zzz」

友「男?」

友「寝てる……のんきなやつだな……」

友「仕方ねえ……ベッドまで運ぶか……」

友「よっと……」

友「こいつ……軽いな……」

293 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 22:22:09.41 ID:GRb67e+X0

友「よいしょ……」

男「んぅ……」

友「……」

友「お胸が……自己主張なさってる……」

友「……す……すこしならさわっても……」

友「いい……よな?」


294 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 22:25:01.50 ID:GRb67e+X0

友「……」フニッ

男「んぁっ……」

友「うわわわわ!すまん!」

男「zzz」

友「あ……あぶねえ……」

友「いや……やっぱりだめだこんなの……」

友「いくらムラムラしたからって……こんなことしちゃ……」

友「すまん男……」

友「……トイレいくか……」

295 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 22:27:02.65 ID:GRb67e+X0

友「ふう……また一歩真理に近づいた……」

男「zzz」

友「よし!今の男を見ても何も感じない!」

友「これで寝られるぜ……とりあえずベッドの近くに布団しくか……」

友「よっと……」

296 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/30 22:29:16.86 ID:GRb67e+X0

友「準備完了……さて寝よう」

男「友……」

友「はひぃっ!?なんだ!?」

男「俺の分の飯食うなよ……zzz」

友「な……なんだ寝言か……」

友「さっきのがばれたかと思ったぜ……」

友「……」

友「よし寝よう!今すぐ寝よう!いつ煩悩がよみがえるかわからん!」

友「おやすみ!」


305 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/31 22:59:26.21 ID:1F+ZChda0



友「……」

男「……zzz」

友「……ん?」

友「なぜこいつが目の前に」

男「ん……んふふ……」ギュッ

友「夢かな?目覚めろ俺!」

男「ふ……んん……」

友「あふん、お胸が……」

友「って夢じゃねえ!」

306 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/31 23:44:30.45 ID:1F+ZChda0

友「やばいやばい朝特有のアレが……」

友「しずまれ……しずまれ……」

男「友……zzz」

友「えっ……」ドキッ

男「ふにゃ……ん……」

友「なんだ寝言か……」

友「ってやばい!足が絡んできて……」

友「離せ男!大変!大変だから!」

男「んむ……友……?」

友「そうそうだからはなしてはやくやばい」

男「あっ、すまん」

男「いやあ俺昔から何かに抱き付く癖があってさ」

友「うんしってるはやくはなしておねがい」

307 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/31 23:49:29.51 ID:1F+ZChda0

男「おいどうした?なんかもじもじしてるぞ?」

友「いやあのこれはだな」

友「朝特有のアレっていうかなんてゆうか」

男「ああ朝立ちか」

友「あー!あー!あー!」

男「なんだよ」

友「今のお前の口からききたくない」

男「は?」

308 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/10/31 23:54:13.82 ID:1F+ZChda0

友「朝からどっと疲れた……」

男「朝立ちくらいだれだってあるだろ」

友「あー!やめてー!あー!」

男「お……おう」

友「はぁ……まったく……」

男「とりあえず朝ごはん作ってくる」

友「たのむわ……」

309 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/01 00:07:52.72 ID:47l2eH/30

友「お前今日学校いくんだよな」モグモグ

男「うん、制服のサイズ図るだけだけどな」ムグムグ

友「そのあとは病院だっけか?」

男「そうそう、男に戻れるかどうかの検査だな」

男「たぶん戻れると思うし……制服のサイズ図ったりとかいらないと思うんだが」

友「そ……そうか……」

友(今のこいつを見れるのもこれが最後かもな……ちょっと残念……)

男「やっともどれるのかー」

310 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/01 00:18:15.60 ID:47l2eH/30

学校

男「じゃあここでお別れだな」

友「おまえひとりで大丈夫か?なんなら俺も一緒に……」

男「大丈夫大丈夫、1時間くらいで終わるらしいからさ、書類やら何やらで」

友「いや、そのあと病院だろ?一人で大丈夫か?」

男「お前心配しすぎだって」

友「……やっぱだめだ、俺もついていく」

男「はぁ……友、お前ちょっとしつこいぞ」

友「あっ……すまん……」

男「……じゃあまたあとで……」

友「おう……」

311 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/01 00:28:06.71 ID:47l2eH/30

友「俺ちょっとしつこかったかなぁ……」

女「おはよ、友」

友「おはよ……」

女「あれ?なんか元気ないね?」

友「ちょっといろいろあってな……」

女「ふーん、それよりあんた今噂になってるよ?」

友「は?噂?」

女「うん、ほらあの子……」

おい!友のやつが美少女と歩いてたってホントか!

事実だったら制裁しなければ……

あいつとは童貞の契りをむすんだというのに

女「ほらね?」

友「」

319 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/07 23:26:28.00 ID:SJgWfUrA0

友「っはぁ……さんざんな目にあった……」

女「あはは、災難だったね友」

女「それより男はお休みみたいだけど……風邪か何か?」

友「あ、いや、その」

友(ここは内緒にしておいたほうがいいか……)

友「うんそうなんだ!風邪ひいたみたいでさ!」

女「ほむほむ、じゃあお見舞いとか行ってあげようかな……」

友「あー!大丈夫!俺行く!」

女「……あんただけじゃ心配だなぁ……」

友「それは俺に失礼だろ」

320 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/07 23:35:35.85 ID:SJgWfUrA0

女「でもあんた料理とかできないでしょ?」

女「寝込んでる男の役に立てるの?」

友「いや……だからその……」

女「……」ジーッ

女「なにかわたしに隠してるでしょ……」

友「かっ!隠してなんかないって!」

女「あやしいなぁ……」

友「……」

女「まっ、いいか、悪いことしてるような感じじゃないし」

女「でも楽しそうなことだったらわたしにも教えてよね」

友「すまん、女」

女「いいっていいって、ほら、もうすぐ授業始まるよ」

友「おう!いくか!」

321 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/07 23:39:24.57 ID:SJgWfUrA0

友「終わったかぁ……」

女「すぐお見舞いいくの?」

友「そうだな……心配だし」

女「やっぱりわたしもいこうか?夕飯とか作れる?」

友「心配すんなって、大丈夫大丈夫」

女「むう……ほんとかなぁ……」

友「俺ってとことん信用ねえのな」

女「そんなのあたりまえじゃん」

友「そうか……」ハァ

322 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/07 23:46:00.44 ID:SJgWfUrA0

友「帰る前に男に連絡入れとくか」prrrrr

男「もしもし?」

友「あ、男?今からおまえんち行くけど、何かいるものとかある?」

男「うーん……いるものねぇ……」

男「お前が何食べたいかにもよるしなぁ……」

友「今日はから揚げの気分かな」

男「揚げるのめんどくさい……出来合いの奴でいい?」

友「出来合いのはまずいじゃんか、お前が作ったのがいい」

男「はいはい……じゃあスーパーで待ち合わせな?今家だからすぐいく」

友「いや、迎えいくからまってろ、危ないし」

男「……そうだな……頼む」

友(あれ?珍しく反論してこないな)

友「じゃあすぐ帰るから待ってろ」

323 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/07 23:47:52.57 ID:SJgWfUrA0

友「ただいまー買い物行くぞー」

男「おかえりー行くぞー」



324 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/07 23:52:39.97 ID:SJgWfUrA0

スーパー

男「やっぱお前と歩いてると楽でいいな」

友「ん?どゆこと?」

男「一人で外歩いてるとさ、なんかみんな見てくるんだよ」

男「声かけてくる奴もいるしさ、結構めんどくさいんだよな」

友「……声かけてくるやつ……!?」

友「それで!どうしたんだそいつ!?」

男「適当にあしらってきたよ、やっぱり俺みたいなやつが歩いてると気持ち悪いのかなって思ってさ」

友(それは多分逆の意味だと思う、てか男に声かけたやつ殺したい)

男「でもお前と歩いてると若干視線を感じなくなるんだよな、ありがとう友」

友「おう」

友(それは多分妬みの視線が俺のもとに来てるからだと思う)

男「~♪」

友(でも男がかわいいから許す)

326 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/07 23:57:11.42 ID:SJgWfUrA0

男「じゃあから揚げをあげるぞー」

友「おー」

男「こちらに下味をつけておいたお肉があります」

友「いつつけたの?」

男「おまえから電話きたすぐあと」

友「ほう」

男「これに粉をつけてー」

男「揚げる!」

友「おー!」

男「シンクが高い!お前揚げて!」

友「え?無理」

男「俺が見てるから大丈夫だって、はいお箸」

友「……了解」

327 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 00:01:17.48 ID:fAwl1M/J0

男「中々きれいに揚がったじゃん」

友「へへ……そうだろそうだろ?」

男「じゃあほら、味見してみ」アーン

友「んむんむ……上手い!」

男「どれ……はむ……」

男「お、ほんとだ、うまい」

友(どうしようアーンに抵抗を持たなかった俺って……)

328 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 00:05:21.26 ID:fAwl1M/J0

友「それで検査はどうだった?」モグモグ

男「明日には結果がわかるらしいよ」

友「まじか、早いな」

男「一応母さんの紹介だしな、緊急ってことで早めにしてもらった」

友「ほーん、じゃあ明日には男に戻れるのかもしれないのか」

男「戻れるかもじゃなくて戻りたいんだけどな……」

友「可愛いお前とも今日でお別れかー」

男「……だからそれやめろって」

友「良いじゃん最後なんだしさ」

男「……まあ、な」

329 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 00:11:21.79 ID:fAwl1M/J0

男「風呂沸かしといたからさき入っていいぞ」

友「そうか、ありがとな」

男「お客さんだからな、ちゃんとお前の言う通り下着とかも片しといたから」

友「了解、あと風呂場に入ってくんなよ」

男「わかってるってうるさいなぁ……」

友(釘刺しておかないと何するかわかんないからな……)

330 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 00:20:00.91 ID:fAwl1M/J0

友「あがったぞー」

男「あはははは!なにそれおかしいだろ!」

友「お笑いなんか見てないで風呂入ってこいって」

男「お、早いな、じゃあ俺も入ってくるよ」

友「おー」

男「のぞくなよー」

友「ばっ!おまっ!」

男「冗談冗談、じゃあなー」

友「冗談じゃないぜ全く……」

331 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 00:21:47.84 ID:fAwl1M/J0

男「友ー!髪乾かしてー!」

友「げっ……またかよ……」

友「あれは軽く拷問なんだが……」

男「早くー!」

友「がんばれ俺」

332 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 00:25:47.18 ID:fAwl1M/J0

男「ふわぁー気持ちいいー」

友「……」

男「ほへぇ……はふぅ……」ポーッ

友「なあ男、明日男に戻れるのかもしれないんだよな?」

男「ほふー、そうだよー」

友「俺さ、男、お前のことさ……」

男「……ほへぇ……」

友「……」ギュッ

男「んあ?どうした?」

友「いや……なんでもない」

友「ちょっとだけこうしていたいんだけど……いい?」

男「なんだお前ホモかよ」

友「ホモでもいいから、いいか?」

男「え……う……うん」

333 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 00:28:00.27 ID:fAwl1M/J0

男「友……?どうしたんだ?」

友「……」

男「ん……ちょっと力強いって」

友「……」ギュッ

男「……よしよし」

友「……」ギュウウ

男「痛い痛い」

334 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 00:31:01.50 ID:fAwl1M/J0

友「ごめんな男」

男「いいっていいって、たまには甘えたくなることくらいある」

男「それより疲れたからもう寝ないか?」

友「おう……」

男「なんか元気なくない?」

友「なあ?男に戻れてもさ、俺たち友達だよな?」

男「なにってんだよ、友達じゃないだろ」

友「え?」

男「親友だろ俺たち」

友「え……あ……そ、そっか!」

男「なんでそんな嬉しそうなんだよ」

友「いや……それよりもう寝ようぜ」

男「うん」



335 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 00:33:59.09 ID:fAwl1M/J0

男「……zzz」

友「最近男を見てると……なんかもやもやするんだよな……」

友「この気持ちは……多分……」

友「いや……でもこいつは俺の親友で……元男で……」

友「それにこいつが元に戻った時に俺の気持ちは……」

友「今まで通り付き合えるんだろうか……俺は……」

友「考えてみれば俺……結構きわどいことしてたし……」

友「いかん……頭がぐちゃぐちゃだ……ねよう……」

友「お休み男……」

342 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 22:17:09.17 ID:fAwl1M/J0


きろ……ろ……

友「んあ……?」

男「起きろー朝だぞー」

友「ん……朝か……」

男「早く朝ごはん食べようぜ?今日のは自信作なんだ」

友「おう……ふぁぁ……」

343 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 22:35:42.21 ID:fAwl1M/J0


友「お前これから検査の結果聞きに行くんだよな?」

男「うん」

友「一人で大丈夫か?」

男「……」

友「男?」

男「欲を言えば一緒に来てほしい……けど……」

友「よし!じゃあ一緒に行くか!!」

男「いいのか?学校……」

友「お前のためだし大丈夫だ」

友「それにお前ひとりでいかせたら心配で授業が受けらんねえよ」

男「すまん……恩に着る」

友「いいっていいって」

344 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 22:47:47.99 ID:fAwl1M/J0


友「よし、じゃあいくか」

男「うん」

友「忘れ物ないか?ハンカチ持った?ちり紙持った?」

男「お前は母ちゃんか」

友「あ、あと髪いじらせてくれない?ツインテールとかにしたい」

男「それは嫌だ」

友「ちっ……似合いそうなのに……」

男「ほらちゃっちゃといこうよ」

友「おう……」

345 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 22:54:13.29 ID:fAwl1M/J0

バス

友(やっぱ周りから見られてんな……これは男一人で歩かせられないな)

男「な?なんかみられるんだよ、こんな男女気持ち悪いからなのかな」

友「……今度から遠出するときは俺をよべ、いいな?」

男「……うん」

友「あとおまえは気持ち悪くなんかない、二度とそんなこと言うなよ?」

男「うん、ありがと……」

友「……」ナデナデ

346 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 22:58:32.85 ID:fAwl1M/J0

病院

男「さて……男に戻れるかな」

友(……ついにか)

友(……なんか寂しいな……)

友「男、お前がどんなでも俺はお前のことが大好きだからな」

男「なんだよ急に」

友「いや……言っときたかっただけだ、気にしないでくれ」

男「俺もおまえ大好きだぞ、親友だからな」ニコッ

友「うっ……」ドキッ

友「さ……さあ行こうぜ」

男「おう!」

347 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:02:57.97 ID:fAwl1M/J0

医者「……男さん」

男「はっ、はい!」

医者「……」

男「俺、男に戻れますか?」

医者「う……む……」

友「どうなんですか?もったいぶらないで早く言ってくださいよ」

医者「うむ……」

男「……」

友「……」

348 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:06:58.30 ID:fAwl1M/J0

医者「結論から言おう……」

医者「君の体は完全に女になっている」

男「でも、戻れるんですよね?」

医者「……」

医者「不可能だ」

男「えっ……」

医者「君が元男だなんて信じられないよ、完全にこれは男の体ではない」

医者「君が望めば妊娠もできるだろうし……生理もくる」

男「え……」

349 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:11:24.49 ID:fAwl1M/J0

医者「そういうことだ、残念ながら男には戻れない」

医者「……まあ性転換手術はできるだろうが……元の体は女のままだ」

男「そん……な……」

友「……」

医者「力になれずすまない……なにしろ前例がないのでな……」

男「……」


350 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:13:39.17 ID:fAwl1M/J0


医者「頭を冷やす時間が必要だろう、今日はもう帰ったほうがいい」

男「……」

友「男……」

医者「すまないな……私にはどうしようもできない……」

男「……」ガタッ

友「男!」

友「すんません!失礼します!」

医者「……君が支えてやってくれ、今の彼……いや彼女か、とても不安定な状態だ」

友「はい!」



351 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:17:24.41 ID:fAwl1M/J0

中庭

男「……」

友「男!」

男「友……」

男「俺もう男に戻れないんだって……女なんだって……」

友「うん……」

男「妊娠もできるし、生理もくるんだって……」

友「うん……」

男「でも心は男なんだぜ!?なんだよこれ!」

友「……」

男「こんなやつ気持ち悪いよな……俺もういやだよ……」ポロポロ

友「男っ!」ギュッ

友「もう自分のこと気持ち悪いっていうなっていっただろ?」

友「それに俺はさっきいったよな、どんなお前でも大好きだって」

男「うん……」

352 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:20:55.20 ID:fAwl1M/J0

友「なあ男、このままでもいいじゃないか」

男「でも……俺は……」

友「お前が不安なら俺がずっとずっとそばにいてやるから」

友「俺たち親友じゃんか」ニコッ

男「っ……!!!」///

男(な……なんだ……今ドキッってした……)

友「ん?どうした?顔が真っ赤だぞ」

男「うぇっ!?」

353 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:27:45.43 ID:fAwl1M/J0

友「とりあえず今日は家に帰ろう、叔母さんにも相談したいし」ギュッ

男「う、うん……」///

男「あの……手……」

友「今のお前はふらふらしそうだからな、俺が捕まえといてやる」

男「そっ、そっか」

友「お前熱でもあるのか?また顔赤いけど」ピトッ

男「ひゃいっ!!」///

友「なんだよ急に……」

男「と……とにかく帰ろう!早く早く!」

男(なぜか友の顔がまともに見れない……なんでだ……)

354 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:33:50.77 ID:fAwl1M/J0



男「……」///

友「お前大丈夫か?横になるか?」

男「お……おう……ちょっと体調がすぐれないみたい……」

友「じゃあ布団敷いてきてやるから、まってろ」

男「すまん……」

友「大人しくしてろよー」

男「うん」



355 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:36:39.53 ID:fAwl1M/J0

男「そういえば……下着を部屋干ししてたな……」

男「……あっ!!!」

男「友!ちょっと!」

友「うわ!なんだよ!」

男「うあああああ!!みるなみるな!!!」

友「なんだよ急に!」

男「あわわわわ!!」ササッ

男「見てないよな……?」

友「み……みてないよ」

男「ほっ……よかった……」

友「男……?」

356 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:44:41.48 ID:fAwl1M/J0

友「男……っ!!」プイッ

男「?」

友「……そんな座り方したらパンツみえるぞ」///

男「!?!?!?」バッ

男「ううーっ」///

友「気をつけろよな……」///

357 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:46:24.29 ID:fAwl1M/J0

男「今日の俺だめだ……もうだめだ……」

男「布団ありがとう友……ちょっと寝る……」

友「お……おう」

男「おやすみ……」

友「おやすみ」ニコッ

男「///」

友「……?」

358 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:49:45.16 ID:fAwl1M/J0

友(なんか男の様子が変だ……)

友(いままで下着見られても平気そうな顔してたのに……)

友(はっ!まさか俺に惚れたとか!?)

友(……なわけないよなありえんありえん)

友(自分で言ってて恥ずかしくなってきた……馬鹿じゃん俺)

友(というか病院で言った言葉ってプロポーズみたいだよな……恥ずっ……)

友(俺がずっとそばにいるとか……痛い子じゃん俺、イタタタタ)

友(はぁ……)

359 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/08 23:52:41.39 ID:fAwl1M/J0

男(もう男に戻れないのか……)

男(でも友のいってくれた言葉で凄い救われたな……)

男(というかあれってプロポーズみたいじゃん)

男(あ……あれ?なんかすごく恥ずかしい……と嬉しい?)

男(くそ……病院の時からなんか変だ俺……)

男(寝たら治るよな……)

男(……友)

男「……zzz」

371 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/13 23:52:15.55 ID:8+wasP210

男「ふ……んん……」

男「ふわぁ……」

友「お、起きたか男」

男「ふぇ……友……?」

友「なんか様子がおかしかったからさ……心配でな……」

男「え……えと……ずっと見てたのか……?」

友「おう、やっぱお前可愛いよな、すっげードキドキしてたわ」

男「ばっ!ばっかじゃねえの!?あー!きもいきもい!」///

友「お……男?」

372 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:00:48.80 ID:Of6CVXNA0


男「……」つーん

友「おい……どうしたんだよ男……いきなり怒って……」

男「しらん!」

友「なんだよ……いつもならそんなことで怒んないのに……」

男「……」

男「なあ友、お前他の女にも可愛い可愛いっていってんのかよ」

友「いや?お前だけだぞ、他にはいったことないし」

男「あ……そ……そう……」

373 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:05:26.60 ID:Of6CVXNA0


男「それより!お腹すいただろ友!もう夕飯の時間だし!」

友「え?うん、空いてるけど……」

男「じゃあ買い物いこうぜ、何食べたい?」

友「圧倒的肉じゃが」

男「了解!」

友(あれ?機嫌治った?)

374 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:09:08.65 ID:Of6CVXNA0


男「……」

友「どうしたんだ男?ワンピースとジャージを手にもって……」

男「……どっち着ようかと思って……」

友「ワンピースだろ普通」

男「いや……でも……こんなに足だしてたら恥ずかしくないか……?」

友「なんだいまさら、この間なんて気にしないで着てたじゃないか……」

男「いや……そうなんだけどさ……でも……はしたなくないかな……」

友「何お前どうしちゃったの?やっぱ変だぞ?」

375 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:13:09.91 ID:Of6CVXNA0


友「もしかしてまだ熱でもあんのか?」ピトッ

男「~~~!?!?!?」ズザザザザッ

友「お……おい……」

男「近いって!顔近いって!」///

友「はぁ?」

男「っ~~~///」ブンブン

376 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:19:22.20 ID:Of6CVXNA0


男「と……とりあえず着替えるから……」

友「おう……」

男「……」

友「……」

男「……早く出て行けよ」

友「え!あ!そうか!ごめん」

男「ふんっ……」

友「あれぇ……なんか違和感……」

377 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:20:47.17 ID:Of6CVXNA0


友「さっきのやり取りにものすごい違和感を感じる……」

友「なんだろうこの……違和感……すっげぇもやもやする……」

友「うーむむむむ……」

友「あ、部屋に携帯わすれた」ガチャ

378 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:23:12.02 ID:Of6CVXNA0



男「はぇ……?」

友「すまんすまん携帯忘れてさ……まだ着替え始めてないよな……」

男「……」プルプル

友「あ……ご……ごめん……まだ着替えてないと思って……」

男「……」プルプル

男「でてけえええええええっ!!!!!」

友「うわあああああ!!!!ごめんなさいいいい!!!!!」

379 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:24:07.21 ID:Of6CVXNA0


男「はぁ……はぁ……友のやつ……」

男「人の着替えを覗きやがって……」

男「……」

男(あれ……?なんで俺は着替えを見られたくらいで恥ずかしがってるんだ?)

男(よくわかんない……けど……なんか友に見られたとき恥ずかしくなって……)

男(……なんでだろう)


381 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:26:21.06 ID:Of6CVXNA0


友(なんだか男とのやり取りにすごい違和感がある)

友(何かと言われれば……わかんないんだけど……)

友(のどに骨がつまったような……なんだかわからないけど……)

友「まさか!男のやつ俺に惚れてるのか!?」

そんなわけないだろ!ばか友!

友「あ、聞こえてた」

友(そうだよな……ありえないよな……あいつは男なんだし……)

友(こんな邪な気持ちは捨てなきゃだめだ!あいつのそばにいるためには!)

友(よし……がんばれ俺……変な気持ちは捨てろ……)



382 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:27:35.13 ID:Of6CVXNA0


男「とっ……友……」

友「おう……ワンピースにしたのか……」

男「あっ!あのさ!ちょっとみててくれ!」

友「?」

男「っ!!!」ピラッ

友「うおおおおおおああああああ!!!!ばかばかなにしてんだおとこのばか!」プイッ

男「……///」プルプル

友「おまっ!おま!スカートめくるとかおま!おまおまおま!!!」

男「っ~~~~!!!やっぱだめだ!」バタン

友「沈まれ!沈まれ俺の鼓動!」

383 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:30:34.44 ID:Of6CVXNA0


男「はぁーっ!はぁーっ!」

男(やっぱすげーはずかしい!なんだこれなんだこれ!)

男「ううーっっっ///」

男「今までは下着見られたくらいなんでもなかったのに……」

男「うあうあうあー!!!!」

男「なんなんだよこの気持ちはぁ!」


384 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:33:43.94 ID:Of6CVXNA0


ガチャ

男「……///」

友「……///」

友「……顔赤いぞ」

男「は?お前のほうが赤いし……」

友「えっ!?まじで!?」

男「///」

友「///」

385 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:35:05.30 ID:Of6CVXNA0


友「こ……こほん……よし!買い物行こう!」

男「う、うん」

友「元気ないぞ男!元気出せって!」

友「うまい肉じゃが作ってくれよ!」

男「お、おう!まかしとけ!」ニコッ

友「はうっ///」

387 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:37:41.30 ID:Of6CVXNA0


友「……」テクテク

男「……」テクテク

友「……」ピタッ

男「……」ピタッ

友「……なあ?」

男「なに」

友「なんでそんな距離空けてんの?」

男「え……いやこれはね……」

友「お前やっぱ様子がおかしいよ、俺たち親友だろ、なんでそんな遠く歩くんだよ」

男「いや……俺もわかんないんだけどさ……」

男(なんか友の隣歩いてるとドキドキして変なんだよ!)

388 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:38:49.12 ID:Of6CVXNA0


友「なあ男、俺はお前が大事なんだ」

友「そんな遠くにいたら何かあった時あぶないだろ?もっとこっちこいって」

男「え……あ……う……」

男「こんくらいでいい?」

友「もっと近く」

男「これくらい?」

友「もうちょい」

男「これくら……」

友「ああもうじれったいな!」グイッ

男「ふぇっ!?」

友「こっ……これでいいだろ……」ギュッ

男「うぇぇぇぇ!?手……手が……」

友「///」


390 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/14 00:39:54.30 ID:Of6CVXNA0


友「……///」

男「あうあうあう……」

友(なんかやりづらい……)

友(っていうかドキドキするな俺!男はそんなつもりはないんだから!)

男「うぁぁ……」プシュー

友(あーもう可愛いなぁこいつ!)

420 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/24 23:56:41.42 ID:NZEiKbAg0


男「……」

友「……」

男「あ、あのさ……」

友「なんだ?」

男「手、もう離してくれ」

男「俺大丈夫だから、友のそば離れないからさ」

友「お、おう……そうか」///

男「あ、いや!今のはそういう意味じゃなくて!近くを歩くってことだから!」

友「」///

421 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 00:08:21.29 ID:GBGKJ3Vq0


女「ちーっす友」

友「お、女か」

男「」ササッ

女「ん?そっちの可愛い子は彼女?」

友「あ、いや……彼女……じゃないけど……」

男(やばい友!俺どういう立場で女と接すればいいんだ!?)アイコンタクト

友(……どうしよう)

男(母さんからまだ学校のこと聞かされてないし……俺が男だって今ばれないほうがいいかな……)

友(と……とりあえず他人のふりしとけ)

男(それが無難か……)

女「……何見つめ合っちゃってんの?やっぱりあんたら恋人……」

男「違うから!」

422 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 00:12:15.90 ID:GBGKJ3Vq0


女「やっとこっち向いてくれたね、わたし女っていうんだ、よろしくね?」

男「あ……う、うん、よろしくお願いします……」

女「……」

女「なにこの子……声も可愛いんだけど……」

男「は?」

女「友!この子もらってもいい!?妹にしたいんだけど!」ギュッ

男「むぎゅ」

女「いやー!髪もサラサラじゃない!トリートメント何使ってるの!?」ワシャワシャ

友「おい、困ってるだろ、やめろって」

女「あんたの彼女にはもったいないね!わたしがもらってあげる!」

男「ぐぇ……ぐるじい……」

友「はいはいストップストップ」

423 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 00:25:34.33 ID:GBGKJ3Vq0


女「で?可愛い君の名前教えてくれない?」

男「名前?男だけど……」

友「あ……」

女「男?奇遇だね、私の知り合いにも男ってやつがいるのよ」

友(男ぉぉぉぉ!!!今の危なかったぞ!幸い女にもいる名前だからよかったものの!)

男(あ……やばいうっかりしてたよ……)

友(お前結構天然だよな……)

女「そうやってすぐ二人の世界作るのよくないと思いまーす」

424 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 00:29:15.50 ID:GBGKJ3Vq0


女「で、これからお二人さんはどこに行くつもりだったのかな?」

友「夕飯の買い出し」

女「ふむふむ……夕飯の買い出し……ん?」

女「夕飯の買い出し……だと?」

男「あの……そろそろ離してくれない?」

女「もうちょっとだけいい?」

男「えー……」

女「それより!夕飯の買い出しって言った!?」

友「そうだけど……」

女「……もう同棲してんの?」


425 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 00:34:45.89 ID:GBGKJ3Vq0


友「同棲っていうか……なんていうか……」

女「こんなけだものと可愛い子が一つ屋根の下で暮らしているなんて……」

女「男……気を付けてね?男は狼なんだからね?」

女「寝込みを襲われてエッチなこととかめっちゃしてくるんだからね?」

男「うぇ!?」///

友「誤解を招く発言はやめてくれ!」

友「大丈夫だって!絶対そんなことしないから!」

男「」///

女「やっべえなこれ、わたしおじゃまむしか」

426 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 00:35:27.76 ID:GBGKJ3Vq0


友「嵐のように来て嵐のように去って行ったなあいつ」

男「うん」

友(さっきまでの甘酸っぱい雰囲気が消えてしまった……いや、これでいいんだよな……これで)

男「あ……あのさ」

友「ん?」

男「えと……さ、あの……」

友「どうした?」

男「や、やっぱりいいや……」

友「……?」


427 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 00:42:08.76 ID:GBGKJ3Vq0


買い物中

男「♪~」

友(しかし買い物中は暇だよなぁ……食材の良し悪しなんてわかんないし)

男「お、これは中々……」

友(しかしこいつの家事スキルはすげえな……昔っから結構マメなやつだったけど)

男「ねえねえ友」

友「ん?」

男「あそこの棚のあれとってくれない?」

友「ん?おおこれか」

友「ほれ」

男「ありがと」ニコッ


428 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 00:48:16.19 ID:GBGKJ3Vq0


友「大丈夫だって、これくらい」

男「むう……俺にも荷物持たせてくれよ……どうみても重そうだぞ……」

友「心配するなって、これでも結構鍛えてんだからな」

男「むう……」

友「そんな心配そうな顔するなって」ナデナデ

男「っ!?」///

友「男……?」

男「い……いや、なんでもない」///

429 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 01:14:12.91 ID:GBGKJ3Vq0


ガチャ

男「ただいまー」

友「まー」

母「お帰りー」

男「あれ?母さん?」

母「ちょっと二人にお話があります」


430 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 01:25:45.17 ID:GBGKJ3Vq0


母「とりあえず学校の手続きは終わったわ」

母「制服も今日取りに行ってきたわ」

母「もし男に戻れるのなら必要ないものだったんだけど」

母「……だめだったんでしょう?」

男「うん……」

友「……」

母「まあ女になったからって死ぬわけじゃないし、結構楽しいわよ?」

男「……」

友「ちょっとおばさん……」

431 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 01:29:57.15 ID:GBGKJ3Vq0


母「あ、もうこんな時間……」

母「ごめんね、もうそろそろでないと……」

男「……」

母「ごめんね男、気の利いたこと言えなくて……」

母「私も結構動揺しちゃっててね……」

男「うん……」

母「でも性別なんて関係ない、あなたは大事な私の子供なんだから、それだけは忘れないでね」

男「うん……」

母「……」ギュッ


432 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 01:41:03.37 ID:GBGKJ3Vq0


母「さあさ!いつまでも湿っぽく行くのはやめましょう!」

母「で、友君?どうかしら、家の娘を嫁にしない!?」

男「はぁ!?」

友「うええ!?」

母「結構いい案だと思うんだけど……」

母「あんたたちいつも一緒にいたじゃない?相性もよさそうだし……」

友「ちょっとおばさん!」

男「もういいから仕事いけって!」グイグイ

母「ああん」




433 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 01:43:29.34 ID:GBGKJ3Vq0


男「か……母さんの言うことは気にしないでいいから……」

友「……」///

男「おい!何顔赤くしてんだよ!」

友「あいえ!?これは違うんだ……ちがうんだって」

友「っていうかお前だって顔真っ赤じゃねえか!」

男「嘘……だろ……」

友「……」///

男「……」///


434 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 01:46:46.36 ID:GBGKJ3Vq0


友(男が嫁……嫁……)

友(いやいかん!こんな邪な考え……)

友(嫁……嫁か……子供……)

友(ああもう!だめだって俺!)

男「ったくかあさんのやつ……」

友(顔赤くなってる男……嫁……)

友「男!」ガシッ

男「ひゃ……な、なに?」

友「ごめん……今日帰る……」

男「え」

友(このままここにいるのは危険だ……)

435 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/25 01:49:11.74 ID:GBGKJ3Vq0


友「じゃあ明日迎えに来るから!」

男「お……おう……」ショボン

友「うっ……」

友「明日早く来るから!そしたら一緒に学校いこうな!」

男「うむ……」ショボン

友「うぐ……」

友「すまん男!」ダダッ

男「あ……友……」

444 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:11:50.68 ID:XMskRoXH0

翌朝

ピンポーン

友「おーい、男ー!」

ガチャ

男「お、おはよう……」

友「どうした?てかまだ着替えてなかったのか」

男「うん……それがさ……重大な問題が起きたんだ」

友「ん?重大な問題?」

男「とりあえず入ってくれ……」

友「おじゃましまーす」


445 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:16:54.45 ID:XMskRoXH0


友「んで、重大な問題って何だ?」

男「あのさ……これなんだけど……」

友「制服だな、うちの制服可愛いよな」

男「うん、確かに可愛い、俺も昔はそう思ってた」

友「ん?」

男「でもさ、よくかんがえたらこれさ」

男「スカート短くない?」


446 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:23:23.02 ID:XMskRoXH0


友「そんなことないだろ?膝小僧まで隠れてるじゃないか」

男「い、いや!だってさ!こんな短かったら階段上るときとか風が吹いたときとかに見えちゃうぜ!?」

友「なんだよ今更、あのワンピースだってそうじゃんか」

男「あれは毎日着るものじゃないからいいの」

男「でも制服って言ったら毎日着るんだぜ!?」

男「こんな防御力の低そうな服毎日着れないよ……」

友(ちょっと前まで気にしなかったくせに)

男「どうしよう友……」ウルウル

友(だからそれは反則だっての!」

友「わ、わかった……とりあえずそれ着てこい」

男「え……でも……」

友「着なきゃ学校いけないだろ?お前だってそれじゃ困るだろ」

男「……うん」


447 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:27:24.06 ID:XMskRoXH0


男「友……」

友「ドアのとこから顔だけ出してどうした」

男「着た……」

男「スカートやっぱ短い……めっちゃすーすーする……」

友「……とりあえずでてこいよ」

男「うん……」

友「っ!!!」


448 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:39:48.98 ID:XMskRoXH0


男「や、やっぱり変かな……?」

男「……?なんで鼻おさえて上むいてんだ?」

友(あまりの衝撃に……鼻血がでるところだった……)

友「いや……なんでもないんだ、男、似合ってるよ」

男「……ありがと」

友(しかし予想以上に可愛いな……)

男「お弁当持って……ハンカチよし、ティッシュよし」

友(歩くたびに尻が揺れて……スカートもふわふわして……)

男「お財布も持ったし、携帯ももった」

友(これはしっかり俺が見張っておかないと変な虫がつきそう……)

男「準備できたぞ、いこ?」ニコッ

友「」

449 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:40:28.27 ID:XMskRoXH0


男「こうして通学路あるくのもなんだか久しぶりな感じがするなー♪」

友「実際はそんなにたってないんだけどな」

友「そういえば男、結局正体は明かすのか?明かさないのか?」

男「母さんはどっちでもいいって言ってたけど」

男「やっぱり俺は今まで通り、俺として通いたいんだ」

友「ふむ」

男「大学に入るときはわかんないけど、この学校では元の俺として通わせてもらえることにしてもらったんだ」

友「なるほどな……」

男「それに、今女として通う自信もないしさ……」

男「男だった時のことを否定されるみたいでさ……」

友「そうか……」ナデナデ

男「んなっ!なでるなよ!」

友「あ、すまんつい……」

男「ったく……」

男「……///」

450 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:43:13.19 ID:XMskRoXH0


友(しかし……)

男「~♪」

友(こいつは気付いているんだろうか……周りから見られていることに……)

友(そりゃあこんな可愛い子が歩いてたら俺もみる、っていうかガン見する……けど)

友(男がそういう目で見られるのは……なんとなーくいやだな……)

男「あ、猫だ」

友(やっぱりこいつにはもっと女としての自覚を……いや……)

友(今の男はまだ不安定な状態……あんまり要求するのも……)

男「にゃんにゃん、にゃーん」

友(やっぱりそれとなく俺がそばにいてなんとかするしか……いやでも俺も理性が……)

男「にゃ!あーあ、いっちゃった」

男「ん?どうした友」

友「……なんでもない」

451 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:47:08.62 ID:XMskRoXH0


女「はろー!友!」ギュッ

友「うおわっ!なんだなんだ!?」

女「わたしだよ、わ・た・し」

友「この固いあばら……おしつけられても固さしか感じない胸……お前……女か……」

男「むっ……」

女「それはちょっと酷くない?わたしだってちょっとはあるんだけど」

女「てかあれ!?男ちゃん!?」

男「おはよ……」

女「えー!?男ちゃんうちの学生だったの!?全然気づかなかった!」

友「いや……違うんだ女……」

友「とりあえず今日の朝のホームルームまでまってくれ」

女「ん?転校生ってこと?」

友「ちがうんだなーこれが」

友「男も自分の口で言いたいだろうし……俺からは内緒ってことで」

女「なんやそれ」

452 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:47:52.22 ID:XMskRoXH0


女「まあいいや!とりあえずわたしは用事があるのでお先に!」

女「お熱いお二人さんはゆっくりこいよー!じゃ!」ビューン

友「あいかわらず嵐のような奴だな……」

男「……」

友「あれ?ごきげんななめ?」

男「……お前さ、胸押し付けられたときみっともない顔してたぞ」

友「うぇ!?まじで……」

男「だらしない顔しちゃって……恥ずかしいったらありゃしない」

男「大体胸押し付けられたくらいでなんだよ、ふんっ……」

友(あっれー?なんで怒ってんだろ……)

男「胸くらいで動揺しやがって……大体友は……」ブツブツ

友(俺別に悪いことしてなくね?)


453 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:48:24.17 ID:XMskRoXH0


職員室前

友「さて、いったんここでお別れだな」

男「う、ううう、うん……」

友「大丈夫だって、ホームルーム終わったらすぐお前の席いくから」

男「わ……わわ、わわわかった……」ガクブル

友「落ち着けって……」

男「おち、おちちついてるよ!」

友「……落ち着いてないじゃん」

男「だって緊張するよ……」

454 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:48:58.40 ID:XMskRoXH0


友「よし……じゃあ深呼吸三回やってみろ」

男「え、なんで?」

友「いいから早く」

男「すーっ……はぁ……すーっ……はぁ……すーっ……はぁ……」

友「落ち着いたか?」

男「ちょっとだけ……」

友「……」ギュッ

男「ひゃっ!」

友「安心しろ……大丈夫だから……俺がついてる」

男「いや……あの手……離して……///」

友「いいか、心配しなくていい、大丈夫だ、な?」

男「う、うん……顔近い……」

友「俺だって恥ずかしいんだからな!だからしっかりしろ!」

男「わかった……///」

友「よ、よし……じゃあまた教室で」

友(俺顔赤くなってないかな!?めっちゃ恥ずかしい!)

男(がんばろう……)


455 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:49:42.78 ID:XMskRoXH0


ガラガラ

男「失礼します……」

ざわざわ

あれが男君……?可愛くなったわね……

うちの妻のほうがきれいだわい

はいはいのろけはいいですよ校長

……可愛いな

男(うわー……いろんな先生からみられてるよ……)

教師「ん?男か」

男「は、っはい先生!」

教師「驚いたな……こんな風になってるなんて……」

教師「あっはっは、つい間違いを犯しちゃいそうだよ」

男(あんた教師のくせになんてこといってんだよ……)

教師「まあいいか、とりあえず親御さんから話は聞いてる」

教師「とりあえずお前は突然女になった、ってことするから」

男「はい」

教師「みんな驚くだろうな……俺も驚いたもん」

男「あはは……」

456 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:50:45.07 ID:XMskRoXH0


友(あいつ……大丈夫かな……)

女「ねえねえ」

友(やっぱ俺もついてくべきだったかな……)

女「おいきけよ」

友「んあ?」

女「なんかクラスがざわついてんだけど……あんたが美少女連れて歩いてたって」

友「ああそのことか……それなら……」

モブ「おい友!今朝のかわいこちゃんはいったい誰なんだ!」

モブ2「紹介しろ!いや紹介してくださいお願いします!」

友「いや……だから……」

友ばっかりずるいぞ!

女さんも独り占めしやがって……!

これは一回殺しとかないとだめだな……

友「いや……!待てって!ちがうって!」

言い逃れか……もうやっちまえ!

おー!

ガラガラ

教師「おまえら席つかないと留年させるぞー」

ピシッ

教師「おい友、一人でふざけてる場合じゃないぞ」

友「え!?俺の周りに……あれぇ!?」

教師「ばかじゃねえのお前」

457 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/11/30 20:51:16.89 ID:XMskRoXH0


教師「えー、お前らが今話していた女の子だが」

教師「喜べ!うちのクラスに転入することになった!」

おおー!!!!

教師「いや……転入ってのはおかしいかな、もともといたやつだし」

え……?

あんな可愛い子いたか?

いや……いたらおかしいだろ……

友(大丈夫かな男……緊張で変なことになってなきゃいいが……」

教師「はいっていいぞー」

ガラガラ


475 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 19:22:35.15 ID:+af4U36c0

男「お……おれ……いやわた……わたわた……」

友(なんかすっごい緊張してるー!!!)

女(男ちゃんうちのクラスになったんだぁ♪)

教師「どうした?ちゃんと自己紹介しろー?」

男「わた……い、いや……男です!よろしくお願いします!」

男……?

そういえば男のやつ最近見ないよな

おんなじ名前かー男君と

男「い、いやちがうんだ……あの……その……」アワアワ

友「……」ガタッ

男「と、友……?」


476 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 19:30:00.11 ID:+af4U36c0


友「みんなきいてくれ!」

ザワザワ

なんだ友のやつ、早速ナンパか?

友くんのパートナーは男君だよ!はぁはぁ……

あいかわらずだな腐女子……

友「実は……こいつは……男なんだ!」

さっき自己紹介したじゃん……

あいつついにおかしくなったのか?

女「えっ……」

男「友……」

友「心配すんなって」

477 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 19:39:24.70 ID:+af4U36c0

友「実はここにいる男は、とある事情で女になったんだ!」

ザワザワ

え、まじ……

元男でもかわいいからいいよ

友「だからお前ら、優しくしてやってくれ……」

おおーっ!

可愛い子は正義!

と、とりあえずどんなパンツはいてるかだけ……

男「ひいっ!」

友「おいそこの、つつしめ」

478 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 19:41:53.91 ID:+af4U36c0


教師「えーお前らもいろいろ聞きたいだろうから……一時間目は自習でいいや」

教師「じゃあ俺はめんどくさいから職員室にいる、何かあったら呼んでくれ」

479 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 20:05:09.52 ID:+af4U36c0


モブ「まじで女になったの!?」

男「うん……」

モブ女「あたしより胸が大きい……」

男「あはは……」

モブ2「元男なんだしちょっとおっぱい触っていい?」

男「ひうっ」

友「はいはいおさわりは厳禁」

モブ2「ちっ」

男「あ、ありがとう友……」ニコッ

友「……おう///」

480 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 20:12:25.65 ID:+af4U36c0


周り「じーっ」

友「……///」

男「……?」

モブ女「ねえ友君って……」

モブ「もしかして男に惚れ……」

友「あー!まってまって!あー!」

男「?」

481 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 20:16:00.32 ID:+af4U36c0


友(なんとか質問攻めは終わったか……)

男「……」カキカキ

友(しかしなんだか授業に身が入らない……)

男「……」カキカキ

友(というか制服姿の男が可愛い……)

男「……あ、消しゴムが……」

モブ「お、おおお、男!ほら!」

男「おう、さんきゅ」ニコッ

モブ「はうっ……!」

友(あいつ男の手に触りやがって……気に食わん……)

男「?」カキカキ

友(可愛い)ほっこり

482 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 20:19:21.61 ID:+af4U36c0


友(そういえばいつもうるさい女だけど……今日は静かだな……)

友(あいつなにしてんだ……ろ……)チラッ

女「……」ぼけー

友(……なんだか死んだような顔をしている)

友(どうしたんだ?あいつ……)

女「なんで……男が……どうして……」ブツブツ

友(なんだか重症みたいだし……あとでちょっと話に行ってみるか)

女「……」ブツブツ

483 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 20:25:39.79 ID:+af4U36c0


休み時間

友「おい女」

女「はえ……」

友「なにみっともない顔してんだ……ちょっとついてこい」グイッ

女「ほへー……」

友「あーもう!とにかくこい!」グイグイ

女「ぬへー」

男「あ……友……」


484 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 20:37:27.27 ID:+af4U36c0


男「むう……友のやつめ……一体どこに……」

イケメン「ちょっといいかな?」

男「ん?なんだイケメンか、何の用?」

イケメン「君と少し話がしたいんだ、ついてきてくれないか?」

男「え……いや俺友のとこ行かなきゃいけないし」

イケメン「頼むよ男……すぐ終わるからさ」

男「えっ……うーん……」

男(まあすぐ終わるならいいか)

男「わかった、すぐに終わらせろよ」

イケメン「もちろん、さあいこうか」ギュッ

男「手を握るな気持ち悪い」

イケメン「えっ……」


485 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 20:53:12.18 ID:+af4U36c0


友「……それで、どうしたんだよ女」

女「だって……男が女で……今女の子なのは男で……」

友「なんだよお前、こないだは妹にしたいとか言ってたくせに」

女「ちがうんだよ友!私が言ってるのはそういうことじゃなくて!」

友「じゃあなんだよ……」

女「あのね……その……」

女「今更いうのもなんだけど……あのね……」

女「私ね?男が好きだったの……」

友「……あっ」

女「言いたいこと分かった?」

友「……すまん」


486 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 20:58:58.12 ID:+af4U36c0


女「……」

友「……」

友「……その……なんていうか……」

女「……」

女「あーあ!!!」

友「!?」ビクッ

女「あー私の初恋は終わりかー!!!!!」

友「おい女……」

女「あー!あー!あーああああ!!!!!」

女「……あーあ」

友「女……」

女「あー……う……ひっく……ひっく……」

友「うぇっ!?」

487 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 21:08:37.90 ID:+af4U36c0

女「うわぁぁぁぁぁん!!!!好きだったよぉー!!!!」ポロポロ

友「お……おい」オロオロ

女「わぁぁぁぁぁ!!!好きー!好きだったのー!!!!」ポロポロ

女「……えぐ、えぐっ……」

友「と、とりあえず落ち着け!」

女「ずずずっ……ずびびびびっ!」

友「うわ!きったねえな!ほらハンカチ!」

女「うぶぇぇぇぇぇ!!!ありがとう友ぉー!!!」ギュッ

友「うわ!汚ぇ!」

女「ずびびびび!!ずずずずずっ!!!」

友「……よしよし、ほら落ち着け」ギュッ

女「うぐぇぇぇーん!!!どもぉー!!!!」

488 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 21:10:38.48 ID:+af4U36c0

モブ「と……とんでもないところを見てしまった……」

モブ「とりあえず写真とっとこ……」


489 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 21:11:40.29 ID:+af4U36c0


女「よし決めた!」

友「うぇっ!?」ビクッ

女「生やしてくる!そしたらガンガン突く!」

友「まてまてまて」

女「そうと決まれば早速手術だ!家に帰ってお父さんに相談しなくちゃ!」ダダダッ

友「え……生やすってマジで?」


490 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/05 21:22:13.42 ID:+af4U36c0


友「あいつ……ほんとに帰りやがった……」ガラガラ

モブ「あれ?友君」

友「よお、あれ?男はいないの?」

モブ女「イケメン君に連れられて体育館裏に行ったよ」

モブ女2「いいよね……美男美女って……もう元男とかどうでもいいわぁ……」

腐女子「友×男本がかけなくなった……どうしてくれる!」ギリギリ

友「体育館裏……?」

モブ「あの雰囲気だと、多分告白じゃね?」

モブ女「イケメン君ずーっと男のこと見てたもんねー」

友「なっ!」ダダッ

モブ「おい友!どこいくんだ!」

498 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 22:37:17.19 ID:zlXqrbbQ0

友(男に告白だと……!)

友(なんてうらやま……けしからんことを!)

友(大体あいつはまだ女になったばっかりで!右も左もわかんないってのに!)

友(俺だって告白したい……いやだめだ!男を見守るって決めたんだ!)

友(どこぞの馬の骨とも知れない男なんかに渡してたまるか!)

友(男は……男は……)

友(男は俺が……!)

499 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 22:43:51.01 ID:zlXqrbbQ0


体育館裏

友「はぁっ……はぁっ……男……!」

友「え……顔近……おいイケメン!やめろ!」

友「う……そだろ……男……」

500 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 22:53:31.05 ID:zlXqrbbQ0

男「……おいイケメン、顔近い、気持ち悪い」

男「大体告白は断っただろうが……」

イケメン「……ごめん、君の可憐な髪の毛に花弁がついていたから……」

男「ううっ」ブルブル

男「気持ち悪……そういうのは女にやれよ……」

イケメン「何を言ってるんだ、君は立派な女の子だろ?」

男「……そうだけど……」

イケメン「告白の件……だめかな……?」

男「……すまん、そういう目で見れない」

イケメン「……そっかぁ」

イケメン「容姿には自信があったんだけど……仕方ないか……」

男「すまん……」

501 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 22:58:04.65 ID:zlXqrbbQ0


イケメン「仕方ないか……諦めるよ」

男「すまん……」

イケメン「いいよ、じゃあ今まで通り友達付き合いってことで」

男「……そうだな」

イケメン「それから恋に発展することもある?」

男「多分ないと思うぞ」

イケメン「……そんなにはっきり言われたの初めてだなぁ……」

イケメン「まあいいや、これからもよろしくね?レディ?」チュッ

男「おでこにキスとか……ううっ……寒気がする……気持ち悪っ……」プルプル

イケメン「……結構傷つくなこれ……」

イケメン「じゃ……じゃあね男ちゃん……」トボトボ

男「ちゃん付けで呼ぶな気持ち悪い」


502 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/12/07 23:00:48.32 ID:PitbHXqe0

イケメン、嫌いじゃないw

503 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 23:05:53.38 ID:zlXqrbbQ0

男「はぁ……まったく……」クルッ

男「あれ?友?」

友「……」

男「おーい友ー!何してんだ?」

友「……」

男「友?」

友「なぁ男……あいつとはどういう関係なんだ」

男「関係?友達だろ?」

友「友達同士でキスするのか?」

男(キスっておでこのことだよな?普通はしないだろうけど)

男「まあ普通はしないだろうな」

友「なん……っでそこまで冷静なんだよ!」

男「ひゃぁっ!」ビクッ

504 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 23:14:47.52 ID:zlXqrbbQ0

男(か……壁に押し付けられっ!?)

友「なあ男……なんであいつキスとしてたんだ?」グイッ

男(顔近っ///近いって///)

男「そ、それはあいつが勝手に(おでこにキス)してきて……」

友「じゃあなんで抵抗しなかったんだよ!(口に)キスするなんて恋人同士かよ!」

男「い、いや、あいつはそんなんじゃない……ひうっ!」

友「なんでだよ男!なんでなんだよ!」

男「と……友……」ビクビク

505 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 23:25:08.94 ID:zlXqrbbQ0


友「俺もする……」

男「ふぇっ!?」

男(か!顔近い顔近い顔近い!!!!)

男「やめ……友……」グイグイ

友「いいよな……?あいつともしたんだろ……?」

男(いやいやいや!お前明らかに口にするつもりだろ!)

男「待て待て待て!お前は誤解してる!おちつけ!」

友「男……」チュ

男「こ……こんなのおかしっ……んむうっ!?」

506 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 23:30:14.54 ID:zlXqrbbQ0


男「え……あ……あ……」

友「……」

男「い、今の……って……」///

友「……」

男「お……おい!友!」

友「……あいつともしてただろ」

男「!?」

男「こん……っなことするか!馬鹿!」

友「え……?」


508 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 23:33:30.47 ID:zlXqrbbQ0


友「だ!だってすげー顔近かったじゃねえか!してたんだろ!?」

男「してねえよ!あいつは髪の毛についたゴミをとってくれてただけだよ!」

友「……」

友「……」

友「え?」

男「大体あいつとなんかするわけないだろ!?好きでも何でもないんだから!」

友「そ、そうか」

男「何ニヤニヤしてんだよ!」


509 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 23:40:30.52 ID:zlXqrbbQ0


男(……口にキスなんかしやがって……友の奴……)

男(……でも嫌じゃなかったような……いや!そんなわけない!)

友「……男」

男(大体あいつは親友で、そんな気持ちは微塵も……)

友「男!」ギュッ

男「なぁっ!?き、急に抱きしめるな!」

友「……すまん、つい熱くなって」

男「///」ジタバタ

友「なんだかあいつにお前が奪われたみたいで、嫉妬しちまった」

男「し……ししし……嫉妬!?」

友「……俺おかしくなってるみたいだ、腕の中のお前が……なんか……」

男「ちょ……離せって……!」

510 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 23:45:21.07 ID:zlXqrbbQ0


友「なあ、もう一回してもいいか?」

男「もう一回!?」///

男(冗談じゃない!あんな恥ずかしいのをもう一回だって!?)

友「男……」

男「ひゃあっ!?よ、寄るな!触るな!」

男(こ、こいつ力強……!それにこんなに体おおきかったか!?)

男(なんかすごいドキドキするし!変な感じだし!)

友「いいよな?」

男「駄目っ!」ドンッ

友「うわっ……」

512 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 23:54:16.92 ID:zlXqrbbQ0


友「おい!男!どこいくんだ!?」

男(うううーっ!!!なんかもやもやする!)

男(なんだよこの気持ち!イケメンの時は何にも思わなかったのに!)

男(っていうか初めてだったのに!)

男(うわぁぁぁぁ!!もやもやする!)

男「友のバカヤロー!」ダダダッ

友「あ……」

513 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/07 23:55:31.06 ID:zlXqrbbQ0


友「……」

友「やっちまった……orz」


525 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 20:29:25.82 ID:fMS5/Mpp0

友「あああーっ!!!」

友「なんであんなことしちまったんだぁー!!!」

友「俺は男を見守るって決めたのに……」

友「イケメンのやつに言い寄られてるあいつを見たらなんだか……」

友「もやもやしたって言うか……頭が熱くなって」

友「ついあんなことを……」

友「キス……しちまった……」

526 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 20:41:02.36 ID:fMS5/Mpp0

友「男の唇……柔らかかったな……」

友「あの時の驚いた顔も可愛かったし……」

友「いい匂いもしたし……」

友「っ!!!」ブンブン

友「だめだ!こんなこと考えちゃ!」

友「……なんにせよ男に謝らないと!」

友「……許してくれるだろうか」

友「……」

527 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 20:41:41.84 ID:fMS5/Mpp0

男(くそ!くそくそくそ!)タタタッ

男(なんでドキドキするんだ!なんでもやもやするんだ!)タタタッ

男(なんなんだこの気持ちは!)タタタッ

女「あれ?男……って、きゃあ!」

男「うわ!女!?」ドカッ

528 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 20:56:04.91 ID:fMS5/Mpp0


男「あの……いや……」

女「……?」

女「まあいいや! わたし大事な用事があるから帰るね! 」

男「ちょ! ちょっと待って!」ギュッ

女「男?」

男「か、帰らないで……頼むから……」ウルウル

女「!?」

女「わかった……男のためなら……」

女(なにあの涙目上目遣い!?やばいでしょ……)

男「ありがと……助かる」ニコッ

女「これやば」

529 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:18:49.66 ID:fMS5/Mpp0


教室

女「それで? 何があったの?」

男「……」

女「黙ってちゃ分からないよ?わたしに話して見なさい?」

男「……あの……ね?」

男「あうう……///」

女「むう……埒が明かない」

女「誰かに嫌なことされたとか?」

男「……嫌なことじゃ……なかった……かも」

女「……友に何かされたとか?」

男「っ!!」ビクッ

男「///」

女(あーこれはキスか何かされたな……)

男「///」モジモジ

女(あーもうこれわたしのでる幕ないわ)

530 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:20:46.77 ID:fMS5/Mpp0

ガラガラ

友「男……いるか?」

男「!!!」ビクッ

女「ちょっと友、あんた男に……」

友「あれ、お前帰ったんじゃ……」

友「いや!それより男!ごめん!」土下座

女「土下座!?」

男「……」

友「本当にごめん!誤解であんなこと……」

男「……」///

友「……ごめん」

531 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:22:19.88 ID:fMS5/Mpp0

ガラガラ

教師「ほら授業やんぞー」

教師「おい友、席つけ」

友「今大事な用事が!」

教師「後にしろ」

友「……はい」

教師「えーそれではー」


532 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:28:44.58 ID:fMS5/Mpp0

教師「これがあれで――――」

友「くそ……」

友「男は……」チラッ

男「……!?」ぷいっ

友「はぁ……」

友(完全に嫌われたな……俺)

男(ドキドキして顔見れない……)

533 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:29:16.89 ID:fMS5/Mpp0

放課後

モブ男「男ーカラオケいこうぜ」

モブ女「男ちゃんは私たちと買い物にいくんですー」

モブ女「ね?男ちゃん」

男「いや……俺は……」

友「……」

友「男……」ガタッ

男「ぴっ!?」

男「……!!!」タタタッ

友「お、おい!」

女「何やってんだか……」

友「男……」


534 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:30:13.57 ID:fMS5/Mpp0

女「……」

友「……はぁ」

女「ねえ、追いかけなくていいの?」

友「追いかけたって……逃げられるだけだ……」

女「もし帰りに男がナンパされたらどうするの?」

友「……」ピクッ

女「もし男が事故にあったらどうするの?」

友「……いや……」

女「あーもう!」

女「早く追いかけなさいってば!」パシン

友「……わかった」タタタッ

女「はぁ……」

535 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:31:28.03 ID:fMS5/Mpp0

友(どんな顔して男に謝ればいいんだ……)タタタッ

友(さっきは……口も聞いてくれなかったし……)タタタッ

友「ってあれは……男?」

友「っ!? あいつまた絡まれてっ!!」タタタッ

536 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:34:18.24 ID:fMS5/Mpp0


「いやあ……助かりました」

男「いえいえ、困った時はお互い様ですから」

「本当に助かりました、まさか一緒に落し物を探してくれるなんて」

男「俺もたまにありますから、そういうこと」

男「でもいつも一緒に探してくれる奴がいて……いて……」

「どうしました?」

男「あ……いや、なんでもないです」

「ところで……あの……」

男「はい?」

「連絡先の交換とか……」

男「連絡先……?」

「あ、嫌ならいいんですけど!!」

男「いきなりいわれても……」

「そ……そうですよね……」

友「おい、男」グイッ

男「なっ、友!?」

友「いくぞ」

男「ちょっ!引っ張るな!」

537 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:34:54.15 ID:fMS5/Mpp0


男「痛っ……痛いって……」

友「あ……すまん……」

男「いいから離せよ……」

友「……男っ!」

男「ひゃっ!顔近い!」///

友「今日はごめん……本当にごめん」

男「……いいよ、もう」

友「いいのか……?」

男「……うん」

友「ありがとう……男……」ナデナデ

男「っ……なでるなって」///

友「あ……ごめん!つい癖で……」

友「こういうのもいけないんだよな……俺……」スッ

男「あっ……」


538 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:40:30.38 ID:fMS5/Mpp0

男「あ……頭撫でないのか?」

友「ああ、嫌なんだろ?今までごめんな」

男「あ……う、うん……」

友「男……?」

男「な、なんでもない!」

男「そ!それより友、今日はなに食べたい?作るぞ!?」

友「いや……いいよ」

男「え?」

友「今日は帰る、お前に迷惑かけたくないし」

男「迷惑なんかじゃ……」

友「また明日迎えに来る、また明日な、男」

男「そ、そうなんだ……」

友「……じゃ」タタタッ

男「あ……」


539 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:41:17.77 ID:fMS5/Mpp0

男「……」

男「よ、よーし!夕飯作るか!」

男「まずはネギを刻んで……」

男「刻んで……」

男「……カップラーメンでいいや」

540 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:46:37.31 ID:fMS5/Mpp0


男「……もぐもぐ」

男「……おいしくない」

男「……むぐむぐ」

男「……」

男「……ご馳走様」


541 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:47:47.17 ID:fMS5/Mpp0

男「友、風呂は……」

男「あ……そっかいないのか……」

男「……」

男「シャワーでいいや……」


542 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2014/12/12 21:49:05.62 ID:fMS5/Mpp0

男「さて……寝るか……」

男「友、お前は今日……」

男「あ……またやっちまった……」

男「……今日は一人で寝るのか」

男「……」

男「寝よう……」モゾモゾ

男「……」パチッ

男「……ちょっと寂しい……」

男「……すー、すー……」


553 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 15:35:44.46 ID:aQVITAAJ0




男「む……朝か……」パチッ

男「友、朝ごはんは……」

男「……あ」

男「そうか、昨日は泊まらなかったのか……」

男「最近いつも一緒だったからな……友」

男「あんなんでもいないと寂しい……もんだ」

男「朝の準備しよ」


554 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 15:36:42.71 ID:aQVITAAJ0


男「……」カチャカチャ

男「友ー!目玉焼きの焼き具合どうするー!」

男「いつもみたいに固めかー!?」クルッ

男「あっ……」

男「あー……もうやだ、またやっちゃった……」

男(んだよ友のやつ……目玉焼き二つ焼いちゃったじゃないか……)

男(ばーか)

555 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 15:38:02.12 ID:aQVITAAJ0

男「……」モグモグ

男「友、醤油……」

男「……」

男「あーもう!!! 何やってるんだおれの馬鹿!」

男「……やっぱりおいしくないな、一人だと」

男「なんだよ昨日の友の態度……」

男「なんかよそよそしかったし……いつもみたいに頭なでないし……」

男「ずっと一緒にいるっていったくせに……」ボソッ


556 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 15:38:36.34 ID:aQVITAAJ0

ピンポーン

友「おーい、迎えに来たぞ」

男「……」ガチャ

友「おはよう男」

男「……待ってて」バタン

友(なんかあいつ不機嫌だな……今日は何もしてないのに)

友(そうだ、あんまりあいつに触れるのもよくないんだよな……気を付けないと……)

友(今も無意識的に頭なでようとしちまったし……)

557 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 15:39:22.57 ID:aQVITAAJ0

男「……お待たせ」

友「おう」

男「ん……」

友「なんだ?手なんか出して」

男「え?あ……」

男「いつも手つなぐだろ?お前」

友「あー……」

友「男、今日から俺そういうのやめるよ」

男「えっ?」

友「よく考えたらお前女の子だもんな、今までなれなれしすぎた、すまん」

男「え……あっ……」

男「そうか……」シュン

558 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 15:41:38.00 ID:aQVITAAJ0


男「……」テクテク

友「……」テクテク

男「あ、友……」

友「どうした?」

男「いや……距離遠くない……か?」

友「……ごめんな」

男「いや、なんで謝るんだよ……」

友「すまん」

友(近いと意識しちまうんだよ!)

559 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 15:46:15.26 ID:aQVITAAJ0

学校

女「はよー」

男「おはよう……」

友「おお……」

女「?」


560 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 15:50:35.64 ID:aQVITAAJ0

女「ねえねえ友」ボソッ

友「なんだ?」

女「……ちょっときなさい」グイッ

友「あ……おい……」

男「あっ……」

男(俺には近づかないくせに……女には近づくのかよ……)

女「早く来なさいよ、大事な話なんだから」ボソッ

友「わかったから……引っ張んな……」

男「……ふん」

イケメン「あ、男ちゃんおはよう」

男「うざい」

イケメン「えっ」


561 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 15:52:20.21 ID:aQVITAAJ0


女「なにあの空気」

友「何って何が?」

女「なにがじゃないよ!くっらーい雰囲気かもしだしちゃってさ!」

友「……だって俺男に嫌われてるし」

女「は?」

友「昨日色々あってさ……もう男に顔向けできないよ」

女「……じゃあなんで今日一緒に登校してきたの?」

友「……だって男、俺がいないとすぐ他のやつに絡まれるし……」

女「……」

友「男が他の奴といるともやもやするし……だから一緒に入れるときは一緒にいないと……」

女「矛盾してない?」

563 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:11:07.60 ID:aQVITAAJ0

女「……なにがあったの?」

友「……男にキスした」

女(あーやっぱりか)

女「で?男はどうだったの?」

友「……速攻で逃げられた」

友「だから嫌われたんだよ、俺、最低なことしちまったし」

女「……もし男があんたのこと好きだったら?」

友「……そんなことありえないだろ」

友「だって逃げられたんだぜ……それに俺からキスされたって……気持ち悪いだけだろ」

女(どうすっかなぁーこれ)

565 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:12:45.83 ID:aQVITAAJ0


友「それで、今まであいつと手をつないだり、頭をなでたりしてたんだけどさ」

女「ふむふむ」

友「俺なんかにそんなことされるの気持ち悪いと思って」

女「ふむふ……む?」

友「だから今日はそういうことしないで、登校中も距離を開けて来た」

友「きらいな俺に近くに寄られるのは嫌だと思ったから……」

女(こいつ馬鹿だなぁ)

友「でもあいつはほっとけなくて……でも嫌われてて……」


566 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:13:55.54 ID:aQVITAAJ0


女「あー、男はあんたのこと好きだと思うよ?異性として」

友「ありえないだろ……逃げられたし」

女(あ、軽くトラウマなのね)

友「もうやだ……どうしたらいいんだ俺は……」

女「だから男はあんたのこと好きだって」

友「つまらない冗談はやめろ」

女(えぇー)

567 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:14:40.91 ID:aQVITAAJ0


女「まあいいや、大体わかった」

友「そうか……」

女(こりゃ前途多難だなぁ……どうせ相思相愛のくせに)

友「はぁ……男……」

女「とりあえず教室もどろっか?男も心配でしょ?」

友「……ああ、心配だ」

友「あいつすぐ絡まれるからな……可愛いし……」

女「私は?」

友「普通」

女「そうか」


568 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:15:20.22 ID:aQVITAAJ0


教室

友「……」ガラララ

男「~~」ペラペラ

イケメン「~~」ペラペラ

友「……」ギリッ

女「ちょっと、入れないんだけど」

友「あ、ああすまん……」

女「何見てんの?」

友「……」ギリッ

女(ん?あー……)

男「~~」

イケメン「~~」

女(あれか)

569 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:16:14.40 ID:aQVITAAJ0

友「……」ギリギリギリ

女(すっごい顔して睨んでる……)

友「顔近いんだよ男いやがってるだろだいたいあいつは遠慮がなさすぎんだよ俺の男俺の男を」ボソボソ

女(聞こえてる聞こえてる)

友「ちょっとあいつしめてくる」

女「やめときなって」

友「でも男が!」

女「大丈夫だって、私が見る限り男はイケメン君に興味ないから」

友「……ほんとか?」

女「イケメン君の方は男が好きみたいだけど」

友「なっ!?」

女(あ、やべ)

570 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:18:42.78 ID:aQVITAAJ0


友「おいイケメン!」

男「あ、友……」

イケメン「ん?どうしたの友?」

友「ちょっとこい!話がある!」

イケメン「何々?いま男ちゃんと話すので忙しい……」

友「うっせえいこう!」グイッ

イケメン「ちょ!ま!首締まってる!」ジタバタ

イケメン「男ちゃん愛してる!好き!だから待ってて!」

男「きっも」

女(こいつはひでぇ)


571 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:19:16.04 ID:aQVITAAJ0


体育館裏


イケメン「で、なにかな、こんなとこまで呼び出して」

イケメン「告白なら間に合ってるよ」

友「しねーよ死ね」

イケメン「あっははは、んで?用事は?」

友「お前……男が好きなのか?」

イケメン「うん、大好き愛してる」

友「……そうか」

イケメン「おまえも好きなんだろ?男ちゃんのこと」

友「俺が……好き?男を?」

イケメン「うん」


572 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:20:01.98 ID:aQVITAAJ0

イケメン「だってこんなとこまで呼び出してさ、そんなこと聞くってことは、つまりそういうことだろ?」

友「……」

イケメン「あれ?お前気づいてなかった感じ?」

友「俺は……男が好きなのか……?」

イケメン「いや俺に聞くなよ」

友「……」

イケメン「とにかく俺は男ちゃんが好き、絶対落とす、彼女にしたい」

イケメン「いいか?男ちゃんもらっても」

友「……だめだ」

イケメン「なんで?お前のもんじゃないだろ?」

友「……」

イケメン「いい加減認めろよ、好きだってさ」

友「俺は……男が好き……」

573 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:22:09.03 ID:aQVITAAJ0

イケメン「……お前今まで自分の気持ちに気付いてなかったのかよ」

友「好き……なんだ……俺は」

イケメン「まあ俺は譲る気ないから、これからも男ちゃんにアプローチかけるけど」

友「……でも俺は嫌われて……」

イケメン「お前はきらわれてないよ」

友「え……」

イケメン「このままだとフェアじゃないからな、教えてやる」

イケメン「俺と話すときの男ちゃん、お前の話しかしないぞ」

友「は……?」

イケメン「お前とスーパー行っただの、料理をおいしいって言ってもらえただの」

イケメン「一緒に食べるごはんがおいしいとか……とか……」

イケメン「あー!いらいらする!なんでお前にこんなはなししないといけないんだ!」

友「男が……」

574 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2014/12/31 17:22:49.45 ID:aQVITAAJ0


イケメン「それにさっきの男ちゃん、すねてたぞ」

イケメン「お前今朝冷たい態度とったろ」

友「いや……」

イケメン「いつもみたいに手をつないでくれないとか……頭をなでてくれないとか……」

イケメン「てかお前ら普段からそんなことしてんのかよ!うらやましいわ死ね!」

友「……」

イケメン「ちょっとにやけてんじゃねえよ!男ちゃんからそういう話聞くたびになんどお前を……」

イケメン「まあいいや!これで俺たちは対等だからな!?わかったか!?」

友「……ああ」にやにや

イケメン「にやけてんじゃねーよ死ね!」

友(男……俺は男が好き……)


609 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 22:45:56.72 ID:6ogajVmN0

教室

ガラガラ

友「男!」

男「ひゃっ……」ビクッ

男「と、友……?」

友「お、男!俺のこと好きって本当か!?」

男「なっ……!?」///

ざわざわ……

やっぱか……

正直お似合いだったしね

オドロイタオトコチャンカワイイフヒヒ

男「っ……///」パクパク

友「男!」ガシッ

男「あ……あわわわわ///」


610 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 22:51:13.13 ID:6ogajVmN0

ヒューヒュー

いいぞー友ー!

オトコチャンニマノテガ!

友を呪殺するでござる!

男「あっ……あ……///」

友「男……俺はお前が好きだ、今日自覚した」

友「お前は……俺の事……好きか?」

男「な……なっ……///」プシュー

友「男……」

男「っ……!」///

男「……!///」ガタッ

友「おい!男!」

611 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:01:22.30 ID:6ogajVmN0

モブ「……ふられたか」

モブ「ま、まあ……元気出せよ友」

オタク「男ちゃんは守られた」

女「……」

友「……えっ、俺ふられたの……?」

モブ「正直あおったりしてすまんかった」

モブ「でもまんざらでもなさそうだったけど……」

女「……」


612 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:11:09.85 ID:6ogajVmN0

友「……」ズーン

女「……ねえ友」

友「なんだよ……」ズーン

女「いや……こんな場所で告白とかそりゃふられるわ」

友「……」ズーン

女「もうちょっと場所とかムードを……」

友「……」ズーン

女(こいつ話聞いてないな)


613 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:11:48.73 ID:6ogajVmN0


女「あーもう!いいから追いかけなさいって!」

友「でも俺振られて……」

女「あれは照れ隠しで逃げただけ!」

女「大体こんな場所でいきなり告白とかそりゃにげられるわ!」

友「照れ隠し……?」

女「はぁ……見たでしょあの反応」

友「反応?」

女(だめだこいつ)


614 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:13:48.11 ID:6ogajVmN0

女「とにかくいいから追いかけて!それが男ってもんでしょ!」

友「……わかった」

女「大丈夫だから、もう一回ちゃんとあんたの気持ち、ぶつければ」

友「……おう」

女「ほら元気出して、そんな辛気臭い顔じゃまた振られるよ」

友「……おう!」タタッ

女「本当に世話の焼ける……」


615 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:14:13.46 ID:6ogajVmN0

男「はあっ!はあっ!」

男「な、なんだよいきなり友の奴!」

男「いきなり好き……とか……!」

男「……」

男(でも……嫌じゃなかったむしろ嬉し……)

男「ってなんだ俺!何考えてるんだ俺!」///

男「大体あいつはキスとかしてきて……!」

男「キス……とか……///」

男「あーもう!なんだよこの気持ち!」

616 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:15:38.82 ID:6ogajVmN0


イケメン「あれ?男ちゃん?」

男「……なんだイケメン」

イケメン「顔すっごく赤いけど……」

男「あ、ちょ……見るなって!」

イケメン「……それにすごくにやけてた」

男「にやけ……?」

男「……」サワサワ

イケメン「なにかあった?」

男「な、なんでもない!向こういってろ!」

イケメン「……友に告白されたの?」

男「っ!」///

イケメン(……そうか、男ちゃんこんなに嬉しそうに)

617 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:16:06.44 ID:6ogajVmN0

男「……友は、ずっと俺と一緒にいるって言ってくれて」

イケメン「うん」

男「それを聞いて俺は……嬉しかったんだ」

イケメン「うん」

男「……それにキスをされたとき、嬉しかった……んだと思う」

イケメン「……うん」

男「俺は……友が好き……?」

イケメン「……そうだね」

男「好き……そうか……この気持ちは……「好き」なんだ……」

イケメン「……うん」

イケメン(これは、辛いな、俺)

618 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:17:09.58 ID:6ogajVmN0

男「イケメン」

イケメン「ん、なにかな?」

男「ありがとう、俺は友の事が好きだ」ニコッ

イケメン「……!?」///

イケメン「男ちゃんが……俺に微笑んでくれた……」

男「お、おい、大げさだろ……」

イケメン「……ねえ、やっぱり俺とつきあって……」

男「それは無理」

イケメン「……」


619 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:17:35.34 ID:6ogajVmN0

「俺、友に好きって言わなきゃ」

イケメン「そっか……」

イケメン「がんばって、ね」

男「おう!」

イケメン「それと男ちゃん?」

男「ん?」

イケメン「俺は、君をあきらめないから」

男「いやあきらめろよ」

イケメン「……君はいつもクールだね」

男「ちょっと見直したと思ったらこれだよ」


620 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:18:04.56 ID:6ogajVmN0



友「男!」




621 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:19:07.27 ID:6ogajVmN0

男「友……?」

イケメン(おっと……俺は退散するしかないかな)

友「イケメン……また男と……!」

男「あ、ちがうんだ友!イケメンは!」

男「それより友……お前に話があるんだ、イケメンのおかげでやっと気持ちの整理ができた」

友「イケメン……?」

イケメン「……邪魔者は退散するよ」スタスタ

イケメン(頑張れ、男ちゃん)

622 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:19:35.42 ID:6ogajVmN0

男「友、お前に話がある」

友「俺も……お前に話があるんだ」

男「話って……さっきの……か?」

友「ああ、もう一度だけ言う、俺はお前が好きだ」

友「お前が他の男と話してるとイライラする、俺以外のやつと仲よくしてるとむかむかする」」

友「いつもいつもお前の姿を目で追っている俺がいる、姿が見えないと不安になる」

友「まだまだ言いたいことはたくさんある、けど……まとめると……」

友「俺はお前が好きだ、女の子として好きだ、ずっと一緒にいたい」

男「っ……///」

友「……何度もすまん、さっき振られたばっかりなのに」

友「でもこれだけは言いたかった、伝えたかった、俺がお前を好きな気持ちを」

友「だから、俺と付き合ってくれ!」

男「と……も……///」

友「……答えを、聞かせてくれないか?」

623 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:20:02.27 ID:6ogajVmN0

男「俺も……好きだ、お前の事」

友「えっ……」

男「親友としてじゃない、男として」

男「お前といると何もかもが楽しくて、キラキラしてて」

男「でもお前がいないと、楽しくなくて、ご飯もおいしくなくて……」

男「駄目だな……上手く言葉がでない……」

友「男……」

男「でもこれだけは言えるんだ」

男「俺は、お前の事が好き、だから」

男「えっと……ふ、不束者ですが……よ、ろしく///」

友「お……とこ……?いい、のか?」

男「……」///(コクリ)

友「男!」

男「な、き、急に抱きしめるな!」ジタバタ

624 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:20:58.05 ID:6ogajVmN0

友「もう一回……しないか?」

男「もう一回って……なにを……」

友「キス、だよ、お前と、ちゃんとしたいんだ」

男「なっ……///」

友「……だめ、だよな」

男「い、いいぞ……?」

友「いいのか……?」

男「っ!もうじれったいな!」チュッ

友「っ……!?///」

男「こ、これからよろしく……な、友」

友「男……///」

友「こほん!」

友「ああ、よろしくな男」

男「浮気したら、殺すから」

友「し、しねーよ!お前一筋だっての!」

男「……ふふっ」

男「じゃあ……戻るか、友?」

友「……ああ、戻ろう」

男「今日の夕飯はなにがいい?」

友「とりあえずなめこの味噌汁があればいいや」

男「お前ほんとそれ好きだな」

友「い、良いだろ別に!

男「わかったわかった、楽しみにしてろよ?」

友「……おう」

友「なあ男?」

男「ん?なんだ?」

友「好きだ」

男「……」

男「俺も、だよ」


625 : ◆HMOp1F9XD.[saga] 2015/02/23 23:21:28.11 ID:6ogajVmN0


これでおしまいです
読んでくれた方、本当にありがとうございました


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413223067/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント