SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

鳳翔「名前を呼んでください」

2 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:27:32.61 ID:BIcuJp9d0

5


鳳翔「……提督のお子さんですか?」


???「ああ。今日一日相手をしてくれないか」


鳳翔「私が、ですか?」


???「お前なら適任だろ?」


鳳翔「分かりました」


鳳翔「初めまして。私は鳳翔といいます」


「ほーしょー?」


鳳翔「はい」


「ほーしょー!あそぼー!」


鳳翔「ふふっ、そうですね。何をして遊びましょうか………」


3 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:28:51.33 ID:BIcuJp9d0

15


「…………………」


「…………鳳翔さん」


鳳翔「…………はい」


「…………父の最期は、どうでしたか?」


鳳翔「………ご自身が囮となって、私達を逃がしてくださいました。立派な、司令官でした。」


「…………そうですか」


鳳翔「すみません、私達が不甲斐ないばかりに………」


「…………父は最高の部下達を持ったと常々自慢していました。あの父が自慢するような部下を責めることなんて出来ませんよ」


「………それに、辛いのはお互い様でしょうから…………」


鳳翔「……………ありがとう、ございます」


4 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:30:30.09 ID:BIcuJp9d0

25


「今日からこの鎮守府に着任する―――です。よろしくお願いします」


鳳翔「存じていますよ」ニコッ


「はははっ、そうですね」


鳳翔「……もうあなたが上官なのですから、敬語じゃなくてもいいんですよ?」


「いえ、鳳翔さんには昔からお世話になっていますから」


鳳翔「……それじゃあ、私が年寄みたいじゃないですか」ムスッ


「え。いえ、そんなつもりは………」


鳳翔「分かっています。少しからかっただけですよ♪」


「……………意地悪ですね」


鳳翔「さて、なんのことでしょう?」ニコッ


「ははっ」


鳳翔「ふふっ」


「鳳翔さん」


鳳翔「はい」


「これからも、よろしくお願いします」


鳳翔「はい」ニコッ


5 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:32:02.12 ID:BIcuJp9d0

35


「鳳翔さ――――」


鳳翔「………今は二人きりですよ」


「…………ほ、鳳翔」


鳳翔「全く……そろそろ慣れてくださいよ」


「つい昔の癖で………」


鳳翔「もう夫婦なんですからねっ!」


「はい……すみません………」


鳳翔「しっかりしてくださいよ?」


「は――――じゃないな。分かってるよ。鳳翔」


鳳翔「合格です、あなた♪」


「………照れるな」


鳳翔「何回も呼べば慣れますよ」


「そういうものか?」


鳳翔「はい」



6 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:33:15.00 ID:BIcuJp9d0

「じゃあ………鳳翔」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「…………これ何回続ければいいんだ?」


鳳翔「私の気が済むまで、です」ニコッ


「…………その笑顔には敵わないな」


7 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:34:07.77 ID:BIcuJp9d0

45


鳳翔「私を解体してください」


「何を言ってるんだ」


鳳翔「………このままあなただけが老いていくのを見たくないんです」


「………………出来ない」


鳳翔「何故ですか!?」


「………………艦娘は解体すると、本来の年齢に戻るんだ」


鳳翔「……………私が解体されたら、死ぬ………と?」


「ああ………………」


鳳翔「そう………ですか……………」


「だから」


鳳翔「………?」



8 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:34:52.92 ID:BIcuJp9d0






「だから、今のうちにやれることをしよう」
「色々な場所に行って、色々な物を見て、色々な事を聞いて、色々な思い出を作ろう」
「いつまでも互いが忘れないように。いつかまた巡り会えるように」





鳳翔「………………はい」


「鳳翔」


鳳翔「………………はい」ポロポロ


「お前には泣いてる顔は合わないな。笑ってくれ」


鳳翔「………はいっ」ニコッ


9 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:35:42.28 ID:BIcuJp9d0

55


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「次の休みはどこに行こうか?」


鳳翔「ふふっ、元帥が休みのことばかり考えていていいんですか?」


「む。それは、旅行の本を持ちながら言う言葉か?」


鳳翔「ふふっ、私達同罪ですね」


「ああ、そうだな。同罪だ」


10 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:36:26.40 ID:BIcuJp9d0

鳳翔「それで、どこへ行きます?」


「鳳翔の行きたいところへ」


鳳翔「毎回それじゃないですか」


「俺は鳳翔がいれば、どこでも楽しめるからな」


鳳翔「それは私もですよ」


「そうか」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「俺達は似たもの同士だな」


鳳翔「似たもの同士ですね」


11 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:37:14.53 ID:BIcuJp9d0

65


鳳翔「海軍を辞めるんですね」


「もう歳だからな」


鳳翔「あなたがそれを言ったら、私はどうなるんですか」


「鳳翔ももうお婆さんだな」


鳳翔「……そこは、『若いまま』って言うべきですよ」


「そうか?」


鳳翔「はい」


「じゃあ、鳳翔はいつまでも若いままだな」


鳳翔「じゃあってなんですか」ムスッ


「駄目か?」


鳳翔「駄目ですね」


12 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:38:42.68 ID:BIcuJp9d0



「………嫌いになったか?」


鳳翔「いいえ」


「そうか」


鳳翔「はい」


「鳳翔」


鳳翔「はい」


「…………いつまでも、こんな老いぼれに付き合わなくてもいいんだぞ?」


鳳翔「あら。私の中では、あなたはまだ子供のままですよ」ニコッ


「……………そうか」


鳳翔「はい」


「やはり、その笑顔には敵わない」


鳳翔「そうですか?」


「ああ」


13 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:39:19.49 ID:BIcuJp9d0

75


「鳳翔」


鳳翔「あら?まだ、朝ごはんは出来てないですよ?」


「ああ、偶には手伝おうと思ってな」


鳳翔「珍しいですね」


「そうか?」


鳳翔「はい」


「………さすがの手際だな」


鳳翔「何十年もやってきましたから」




14 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:40:09.36 ID:BIcuJp9d0

「………鳳翔」


鳳翔「はい」


「すまなかった」


鳳翔「どうしたんですか?」


「もっと手伝えば良かったな」


鳳翔「そうですか?」


「ああ。いつも食べるだけだからな」


鳳翔「あなたはご飯を美味しく食べてくれればいいんですよ」


「そうか?」


鳳翔「はい」


「鳳翔の作るものは何でも美味しいから、楽な仕事だな」


鳳翔「あなたのために作るから、美味しくなるんです」


「食べるだけで美味しくなるなら、一緒に作ればもっと美味しくなるな」


鳳翔「………そうですね」


「ああ」


15 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:40:46.06 ID:BIcuJp9d0






85






16 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:41:18.68 ID:BIcuJp9d0






「鳳翔」





鳳翔「はい」





「いるか?」





鳳翔「はい」







17 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:41:48.05 ID:BIcuJp9d0






「鳳翔」





鳳翔「はい」





「手を、握ってくれないか」





鳳翔「はい」







18 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:42:17.98 ID:BIcuJp9d0






「鳳翔」





鳳翔「はい」





「ここに、いるか?」





鳳翔「はい」







19 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:42:49.32 ID:BIcuJp9d0






「鳳翔」





鳳翔「はい」





「今まで、ありがとう」





鳳翔「はい」







20 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:43:16.43 ID:BIcuJp9d0






「鳳翔」





鳳翔「はい」





「笑って、いるか?」





鳳翔「はい」







21 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:43:55.59 ID:BIcuJp9d0











「鳳翔」










鳳翔「はい」












22 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:44:29.21 ID:BIcuJp9d0













「鳳翔」












鳳翔「はい」














23 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:45:05.10 ID:BIcuJp9d0
















「鳳、翔」















鳳翔「はい」

















24 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:46:02.77 ID:BIcuJp9d0





















「鳳………翔………………」




















鳳翔「はい」






















25 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:46:37.55 ID:BIcuJp9d0











鳳翔「はい」












26 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:47:06.81 ID:BIcuJp9d0











鳳翔「はい」











27 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:47:45.53 ID:BIcuJp9d0











鳳翔「私は、ここにいます」











28 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:48:31.04 ID:BIcuJp9d0











鳳翔「何度でも、返事をします」











29 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:49:04.69 ID:BIcuJp9d0
















鳳翔「だから、何度でも呼んでください」
















31 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:49:41.25 ID:BIcuJp9d0





















鳳翔「名前を、呼んでください………」





















32 : ◆i9QjiD6PFk[saga] 2015/03/22 23:50:12.31 ID:BIcuJp9d0











鳳翔「名前を呼んでください」




元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427034412/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント