SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

魔王「ん? 人間の小娘か…」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/03/30(金) 02:12:54.48 ID:u2wspNiR0

少女「こ、殺さないでください…」

魔王「ふん、我は魔王だぞ? 貴様のような情けない人間、いたずらに殺しても部下どもに呆れられるだけだ」

少女「そ、そうなんですか…?」

魔王「それより、貴様は何故そんなにボロボロなのだ? 我は暇だ、退屈しのぎにはなるかもしれん。言ってみろ」

少女「わ、私…近くの村の屋敷でお館様の小間使いをしているんですが…」

魔王「村の屋敷…ああ、あの魔物をペット同然に扱っている胸くそ悪い人間か…」

少女「お館様がペットを逃がしてしまい、小間使い全員を叩き出して、見つけるまで帰ってくるなと…」

魔王「ふむ。容姿も魂も醜いと思っていたが、同族にまで手を上げるか。我々魔族は同族を見捨てぬ、唾棄すべき者だな、そいつは」

魔王「そうだな…前々からあの男は目障りだった。ちょうどいい口実ができたか」

少女「えっ!? そ、そんな…何をするつもりですか!? 待ってください!」

魔王「貴様ごときが我に意見するのか? 構ってられんな。行くぞ部下」

部下「そう言うと思って既に村ごと焼き払っておきました」

魔王「おのれ…」



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333041174/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント