SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

男「泉に斧落とした」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 14:58:37.95 ID:MeFerNmn0

泉の精霊「あなたが落としたのは金の斧ですか?銀の斧ですか?小野妹子ですか?」

男「鉄の斧です」

泉「あなたは正直ですね。小野妹子をあげましょう」

妹子「こんにちは」

男「だれこれ」


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:01:45.09 ID:MeFerNmn0

男「この肌の色は……どこの国だ?チャイニーズか?」

妹子「いえ、私は日本から来ました」

男「日本……ああ、ジパングか。黄金の国の」

妹子「黄金の国では無いと思いますが」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:04:57.25 ID:MeFerNmn0

男「っていうか俺斧無くなったんだけど」

妹子「私がいるじゃないですか」

男「おまえじゃ木は切れんだろ」

妹子「やってみなきゃ分かりませんよ」

男「じゃあやってみろよ」

妹子「無理です」

男「うん。わかってた」


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:07:05.38 ID:MeFerNmn0

男「そうだ、お前を泉に入れれば斧が出てくるんじゃないか」

妹子「私に死ねと言うんですか」

男「うん」

妹子「わかりました」

男「いいのかよ」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:10:55.16 ID:MeFerNmn0

ばしゃっ

泉「あなたが落としたのは、じゃがいもですか?さつまいもですか?妹ですか?」

男「小野の方じゃなくて妹子の方かよ」

男「ところで俺は妹はいないんですが」

泉「ご安心を。義理の妹です」

男「妹をお願いします」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:13:11.90 ID:MeFerNmn0

泉「あなたは欲望に正直ですね。義理の妹をあげましょう」

妹「こんにちは」

男「妹!」

妹「お兄ちゃん!」

男「妹!」

妹「お兄ちゃん!」

男「妹!」

妹「お兄ちゃん!」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:14:46.96 ID:MeFerNmn0

男「妹」

妹「何」

男「犯らせろ」

妹「いいよ///」

男「いいのか」

妹「うん///」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:16:59.29 ID:MeFerNmn0

男「まずは胸」モミモミ

妹「やんっ///」

男「さあ脱げ」

妹「うん///」

男「もう濡れ濡れじゃないか」

妹「やだっ///」


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:19:00.90 ID:MeFerNmn0

男「じゃあ早速」

妹「うん///」

男「挿れるぞ」

妹子「来て…///」

男「」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:20:54.58 ID:MeFerNmn0

男「何なんだこれは」

妹子「茶番です」

男「茶番なら仕方無いな」

妹子「で、どうするんですか」

男「もう時間だし帰る」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:22:44.55 ID:MeFerNmn0

男「ただいま」

妹子「おじゃまします」

父「おかえり。…君は誰だね?」

妹子「斧です」

父「斧か」

妹子「斧なんです」


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:26:00.19 ID:MeFerNmn0

父「おい斧」

妹子「私は斧ですが、妹子という名がありますので」

父「そうか。妹子、どうやって人型に?」

妹子「精霊の導きで」

父「精霊か」

妹子「精霊です」

父「精霊なら仕方無いな」


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:27:33.55 ID:zi+t+g/s0

なんとも言えないカオス


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:28:20.31 ID:MeFerNmn0

男「おい妹子」

妹子「何ですか?」

男「お前って腹減るのか」

妹子「減るに決まってるじゃないですか」

男「そうか。いや、本当に斧なのかと思って」

妹子「そうですか」

男「そうなんだ」


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:32:00.63 ID:MeFerNmn0

妹子「一応私は義理の妹という設定ですよ。お兄ちゃん」

男「やめろ」

妹子「あの姿になることも可能ですが」

男「マジで」

妹子「しかし三分で戻ります」

男「マジで」

妹子「だから本番は無しです」

男「マジで」


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:35:59.51 ID:MeFerNmn0

妹子「これが夕食ですか。質素ですね」

男「そうか」

父「失礼な、私が心を込めて作った料理だぞ」

妹子「そうですか。食材は何ですか」

父「私の胸毛と○○毛だ」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:38:38.50 ID:MeFerNmn0

翌日

父「今日は私も行こう」

妹子「そうですか」

男「斧無いけど」

父「あるだろうここに」

男「いやそれは」

父「よいしょ…どりゃ!」

妹子「痛い」


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:40:32.49 ID:MeFerNmn0

父「」ごすっ ごすっ

妹子「痛っ 痛っ」

男「切れてる?」

父「切れてる」

妹子「痛っ 痛っ」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:44:05.69 ID:MeFerNmn0

妹子「やめて下さい」

父「何を言う、お前は斧だろう」

妹子「この分からずやめ。こうなったら真の力を解放するしか無いようですね」

男「何をする気だ」

妹子「現れろ聖徳太子」

太子「和を以て尊しと為す」

男「だれだそれは」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:47:49.83 ID:MeFerNmn0

妹子「この方はなんと、一度に十人もの話を同時に聞くことができるのです」

父「何だと」

太子「本当だ」

父「じゃあ試してもらおうじゃないか。とは言ってもここは三人しかいない」

男「泉の精霊を呼ぼう。これで四人だ」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:51:02.91 ID:MeFerNmn0

父「あとは…」

男「泉の精霊に頼んで精霊を呼んできてもらおう」ぽちゃっ

泉「あなたが落としたのは金の手袋ですか?金の玉が入った袋ですか?」

男「それはどうでもいいから精霊呼んで」

泉「えー」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:54:13.95 ID:MeFerNmn0

泉「まあいいですよ。いでよ精」

父「待て!」

泉「何ですか?ちょっとイラッときましたよ」

父「なんて別嬪さんなんだ。私と結婚して下さい」

泉「えー」

男「マジか」


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 15:58:39.24 ID:MeFerNmn0

父「妻に逃げられて早七年、男手一つで息子を育ててきたが、今が再婚の時!お願いします!」

泉「えー…今はとりあえず精霊呼ばせて下さい」

父「はい」

泉「では改めて…いでよ精霊たちー!」

森「はい」

川「はい」

海「はい」

空「はい」

火「はい」

屁「はい」

風「はい」


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:01:52.36 ID:MeFerNmn0

妹子「なんて錚々たる顔ぶれ」

男「すごいな泉」

泉「すごいのよ」

太子「でも一人多いな」

男「11人だ」

泉「仕方無いわね…空」

空「僕!?」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:06:00.18 ID:MeFerNmn0

泉「泉と空って一番遠いから」

空「いや、僕より絶対場違いな奴がいるじゃないですか!ほら!あそこ!火と風の間!」

屁「……?」

空「屁って!おかしいでしょここで屁って!火と風の間に屁って危険すぎ!大体…」

泉「空」

空「なんですか?」

泉「あんた、テンションが場違いなのよ」

空「!?」


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:10:04.52 ID:MeFerNmn0

屁「あの…空さん…」

空「何?」

屁「その…すいません場違いで…あのっ…私…」

空「なんだよ!はっきり言えよ!」

屁「ひゃうっ!す、すみません空さん…やっぱり私に空さんは…釣り会うわけ…無いですよね…」


37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:14:23.35 ID:MeFerNmn0

空「え?釣り会う…?」

屁「す、すいません生意気言って……私、空さんにいつも憧れてたんです。大きくって、何者も包み込めそうな空さんを見てるだけで、安心するんです」

空「屁…」

屁「…ふふっ、最後に思いが伝えられてよかったです。さようなら皆さん…」

空「待てよ!」

屁「!!」


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:18:29.36 ID:MeFerNmn0

空「その…いや、僕も言い過ぎた。別にどっか行って欲しいわけじゃないよ」

屁「空さん…」

空「みんながお前を煙たがるなら、僕が全て受け止めてあげる!」

屁「空さん…!」

泉「はいはーい。しゅーりょー。二人ともどっか行っていーよ」

男「この世界感に合わない」


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:25:12.84 ID:MeFerNmn0

泉「ってなわけで新たに精霊を一人呼びました」

大地「どーも」

妹子「ではもう忘れてるかもしれない十人同時に聞くやつをやります」

太子「いつでもどうぞ」

全員「女「泉「遣「金「森「魚「魚「燃「風「地


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:29:32.16 ID:MeFerNmn0

太子「えー…女…の中の昴…」

男「なにそれ」

太子「泉の精霊が食べたい」

父「あながち間違ってもない」

太子「遣隋使…燃えろ」

妹子「私に燃えろと言うんですか!」




44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:36:14.39 ID:MeFerNmn0

太子「金の…結婚したい」

泉「金婚式?」

太子「森が…無くなるといいな」

森「んなわけないでしょう」

太子「魚を綺麗に」

川「ああ…うん」

太子「魚を犯りたい」

海「魚姦!?」

太子「燃えろよ…最高!」

火「うん」

太子「風のですか?」

風「どういうことなの」

太子「地震を…食べたい」

地「食うの!?」


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:38:38.83 ID:MeFerNmn0

男「色々混ざってる」

太子「何故だ」

妹子「何故だ」

父「私の負けだ…」

男「何故だ」

父「私のはあながち間違いでもなかったからだ」

川「魚食べたい」

海「魚食べたい」


46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:43:12.01 ID:MeFerNmn0

父「だから泉の精霊、私と結婚してくれないか」

泉「えー、私好きな男いますし」

父「誰」

泉「川君です」

父「お前か」

川「僕…恋人がいるんです」

泉「がーん」

父「誰だ」

川「海君///」

海「はっはっは」

泉「ががーん」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:47:09.06 ID:MeFerNmn0

泉「そんな…」

男「ドンマイ」

泉「川君がホモだったなんて…」

太子「元気を出せお嬢さん」

妹子「太子…」

太子「厚く三宝を敬え、というだろう」

泉「何それ」


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:49:33.43 ID:MeFerNmn0

太子「三宝とは」

泉「とは」

太子「一、私。二、私。三、私」

泉「はあ」

太子「そういうことだ」

泉「どういうことだ」


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:52:53.76 ID:MeFerNmn0

男「そういえば妹子って泉が出したよな」

泉「そうだった」

妹子「そうでした」

男「で、太子は妹子が出した」

妹子「そうですね」

太子「そうだ」

男「間接的に泉が太子出したってことに…」

太子「!!」

妹子「!!」

泉「!!」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 16:55:57.66 ID:MeFerNmn0

父「まあそんなことはどうでもいい」

泉「はい」

父「で、結婚の件は…」

泉「まだ諦めて無かったんですか」

父「無論」

泉「そっちの方がどうでもいい」

父「よくない」


53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:02:13.89 ID:MeFerNmn0

男「そういえばここっていつのどこの国なんだ」

妹子「ジパングとか言ってたから中世ですね」

父「国はもう適当でいいんじゃないか」

泉「末尾の数字で決めましょう。1フランス2イギリス3プロイセン4オーストリア5ポーランド6ザクセン7イタリア8ロシア9スウェーデン0デンマーク」


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:06:33.20 ID:MeFerNmn0

男「ってことでここはスウェーデン」

妹子「まあ国がわかっても特に何も変わらないんですけど」

泉「そういえばさっきから精霊が放置プレイ」

男「忘れてた。精霊ー」

森「みんな帰りました」

泉「あ、そう。森は?」

森「ここも森なんで」

泉「確かに」


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:11:29.02 ID:MeFerNmn0

父「そういえばこの後私と結婚して泉の精霊がいなくなったら泉はどうなるんだ」

泉「あくまで結婚するんですか」

父「ああ」

泉「川辺りが兼任してくれるんじゃないんですかね」

男「ああ、あの泉の片思いの」

妹子「ああ、あのホモの」

泉「黙れ」


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:17:18.71 ID:MeFerNmn0

男「当初の目的を忘れていた」

父「私の再婚」

男「じゃなくて、木を伐りに来たんだった」

森「ふざけるな。アタシの前で木を伐るとか許さないぞ」

男「ごめんなさい」

妹子「さっきから気になってたんですけど、泉さんって精霊の中のトップなんですか?」

泉「そうです。空も海も大地も、私には逆らえません」

男「予想以上に泉が凄かった」


58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:20:24.82 ID:MeFerNmn0

父「そんな方と結婚できるなんて私は幸せ者だ」

泉「確定事項?」

父「確定事項」

森「泉さんがいなくなったらアタシが兼任しますよ」

泉「何でまた」

森「川にはさせたくないからです」


59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:24:00.40 ID:MeFerNmn0

森「川の野郎、アタシをその気にさせといて、実は海が好きってカミングアウトしてきたんです。そのときにアタシの心は折れました」

男「泉と一緒じゃん」

泉「そういうわけならいいわよ。まあいなくならないけどね」

父「というのは嘘」

泉「というのは嘘」


60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:26:47.71 ID:MeFerNmn0

男「あ、そうだ、折角こうして話せてるんだし、斧頂戴」

妹子「私がいるじゃないですか」

男「また打ちつけられていいのか」

妹子「いやです」

泉「斧ねえ…」

男「できれば金の」


61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:29:38.05 ID:MeFerNmn0

父「こら男!図々しいぞ!」

男「あんたに言われたくない」

泉「別にいいけど、そのオヤジをつれて帰るのが条件です」

父「金の斧などいらん!」

男「というのは嘘」


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:32:41.56 ID:4L4juzeR0

泉におちんちん落としたら良品と替えてもらえるんじゃね?


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/07/08(金) 17:40:10.23 ID:tinGG4Y40

>>62
頭いいなお前


68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:42:25.94 ID:kQEPdQmJ0

>>62
俺ら自身が落っこちればイケメンになるかもしれないぜ


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:33:44.71 ID:MeFerNmn0

火「やあ」

男「火の精霊?今ごろどうした」

火「読み返してみたらオレの科白一番少ないんすよ」

泉「確かに」

妹子「まあ地や風とどんぐりの背比べですけど」

火「じゃっ」

男「それだけかよ」


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:37:11.89 ID:MeFerNmn0

妹子「大変です。太子が息してません」

男「さっきから空気だったからな」

泉「どれどれ…………死んでる」

男「マジで」

父「マジで」

妹子「マジで」

男「いやお前それでいいの」

妹子「どうせもう死んでますから」


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:40:59.68 ID:MeFerNmn0

男「えっそれってどういう…」

妹子「そういうことです」

泉「彼はここにいちゃいけない人なんです」

父「つまり…」

妹子「はい、もう帰ります。さようなら皆さん。楽しかったです」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:44:53.64 ID:MeFerNmn0

あれから父がごねまくって俺は泉の精霊に鉄の斧をもらい、父は泉の精霊を嫁にもらった。
泉は森の精霊が守っている。


泉「今日あかちゃん生まれるわよ」

男「早いな」

泉「精霊だから」

男「弟?妹?」

泉「妹よ」

男「やった」


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:47:24.80 ID:MeFerNmn0

泉「ぐうっ…生まれる…」ズルン

妹「おぎゃー」

男「おお妹よ」

妹子「おぎゃー」

男「 なにこれ」

妹子「茶番です」

男「茶番か」

妹子「はい」


終わり


72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:47:59.22 ID:MxNIv7CT0

落ちワロタwwww


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:48:33.09 ID:RfAH2iui0

なにこれ


74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:53:02.28 ID:MeFerNmn0

まあつまりこの世の物には全て精霊が宿っているから物を大切にしよう!って事です。多分。
支援してくれた人、ありがとうございました。


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:53:35.08 ID:FLui0foX0

良かったぜ


76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 17:57:48.41 ID:WnGgQCii0

泉かわゆす


78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 18:12:14.80 ID:kQEPdQmJ0

意味ワカンネ

けど面白かったぜ


80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/07/08(金) 18:23:40.39 ID:fWjZzaOWi

ギャグ漫画日和のにおいがする



元スレ:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1310104717/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント