SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

コナン「くそっ! 無人島に漂流しちまうなんて!」

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:10:46.29 ID:oYLTMDxQ0.net

阿笠「まさか知り合いから貰った小型クルーザーを動かして海に出てみたら、故障して動かなくなってしまうとはのう」

灰原「おまけに突然嵐が来て、船の操縦ができないまま波に流されて……」

歩美「嵐が治まったらこの無人島に着いてたね……」

光彦「携帯電話は圏外で使えませんから……他の方法で助けを呼ぶしかありません……」

元太「助けが来るまでこの島で生活か……食いもんとか足りるか?」

コナン「お菓子やおにぎり、ペットボトルに入った水は少しあるけど……しばらくこの島で生活することを考えると明らかに足りない……」

阿笠「この島で水と食料を探す必要があるな……」

歩美「それと、このクルーザーの中だと全員が横になるには狭いし、できればどこか寝泊まりする場所も欲しいよね」

コナン「さて、じゃあ荷物を整理して島を探索しよう」

コナン「他の荷物は……タオルや水着……他に何か使えそうなものは……」

コナン「ん? >>5なんて持って来てたのか」

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:11:55.00 ID:lzfh947f0.net



10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:14:59.18 ID:oYLTMDxQ0.net

阿笠「ああ、そいつはクルーザーを動かすときにちょっと放置していたらいつの間にか乗り込んで寝ていた奴でな」

阿笠「随分ぐっすり眠っておったから、起こすのも何じゃと思ってのォ……」

阿笠「これも何かの縁かと思い、海に出る際連れて来たんじゃ」

>>5「Zzz……」

灰原「まだ寝てるわ……」

歩美「嵐があったっていうのに呑気な人だね」

元太「でもこれで食糧は随分量が増えたな!」

光彦「えっ」

コナン「確かに」

光彦「えっ」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:19:22.89 ID:oYLTMDxQ0.net

阿笠「そうじゃな、腹の辺りとか脂肪分が多そうで中々美味そうな奴じゃわい」

灰原「ロープか何か無いかしら? 縛っておきましょう」

阿笠「ああ、ロープなら確かこの辺りに……ほれ」

 グルグル ギシギシ グッ

歩美「あと騒がれるとうるさいから猿轡とかもしておいた方がいいんじゃない?」

コナン「よし、光彦の水着を切って広げて猿轡の代わりに使おう」

光彦「ちょっ」

 ビリビリ グッ

元太「よし! これで食糧はしばらく安心だな!」


 コナンたちは しぼうぶんのおおそうな しょくりょうを てにいれた! ▼

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:20:12.74 ID:lzfh947f0.net

……

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:25:05.25 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「とりあえずこいつはクルーザーに一時的に置いておこう」

阿笠「クルーザーも流されんようにロープで近くの岩場や木に固定して……っと」

コナン「次は……水だな」

コナン「水は人間が生きていく上で必要不可欠なものだ」

コナン「島のどこかに綺麗な泉か川でもあればいいんだが……」

阿笠「しかし全員で島を探すのは大変じゃし効率が悪いんじゃないか?」

阿笠「寝床探しや、後は火とかも起こしたいしのう」

灰原「そうね……じゃあグループを組んで仕事を分担しましょう」

コナン「じゃあ水を探す班、寝床を探す班、火を起こす班の三つに分かれて行動だ」

 水① 寝床② 火③

コナン>>25 阿笠>>26 灰原>>27 歩美>>28 元太>>29 光彦>>30

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:25:57.26 ID:sbx0E7GH0.net

3

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:26:11.65 ID:HtOaJkPX0.net



27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:26:55.38 ID:2zvKvvWs0.net

1

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:26:59.38 ID:rILJlngo0.net

4性処理

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:27:27.74 ID:4ZlLdHws0.net

8

30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:28:15.93 ID:rILJlngo0.net

5食料

31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:30:05.08 ID:VgMz4bsQ0.net

全員単独行動じゃねーか

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:30:17.20 ID:oYLTMDxQ0.net

灰原「水は私」

阿笠「寝床はワシが探す」

コナン「そして火起こしは俺がやろう」

歩美「歩美はみんなの性処理をすればいいんだぜ!」

元太「俺は鰻重を食うぜ!」

光彦「あの……僕はどうして突然ロープで縛られたんですか?」

コナン「灰原、島に危険な動物がいるかもしれない。俺の麻酔銃を貸しておくぜ」

灰原「あら、ありがとう」

光彦「あ、あの……」

34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:33:03.80 ID:1IGKa98h0.net

歩美がぶっ壊れた

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:34:25.30 ID:oYLTMDxQ0.net

灰原「クルーザーにあったポリタンクを抱えて水を探してはいるけれど……」

灰原「正直これって女の子の仕事じゃないわよね……」

灰原「まあ決まったものは仕方ないわ……」

灰原「帰り道を忘れないようにしつつ、水を探さないと……」

灰原「……あら?」

灰原「あそこに見えるのは……>>41?」

41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:36:47.75 ID:lzfh947f0.net

俺の死体

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:37:47.03 ID:EysevSqL0.net

ロープで縛ってあったはずなのに事件の臭いがするな

45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:38:49.62 ID:AL79Ke2z0.net

殺人事件になってきたな

46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:39:21.20 ID:oYLTMDxQ0.net

>>5「」

灰原「あ、あの脂肪分の多そうな食糧の死体!?」

灰原「そんな……彼はクルーザーに乗せていたはず……いつの間に」

灰原「でも待って……確か班分けをするときにクルーザーから離れたから……」

灰原「彼の姿はしばらく見てないことになるわね……」

灰原「ということはその間に猿か何かの野生動物がここに運んで殺したのかしら……?」

灰原「……考えられなくはないけれど、ちょっと無理があるかしら」

灰原「とりあえず……少し死体を調べてみましょう」

灰原「死因は……どうやら>>51のようね」

51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:40:58.75 ID:aVkFXor90.net

老衰

55 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:41:57.69 ID:4fAYNrVD0.net

じーちゃんだったのか

56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:42:17.21 ID:HtOaJkPX0.net

無理させちゃダメだよもう

62 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:47:54.67 ID:oYLTMDxQ0.net

灰原「死因は……どうやら老衰のようね」

灰原「見た目はまだ若い方だったみたいだけれど」

灰原「よく見るとシミや皺が多い……そこそこ高齢な人だったのね……」

灰原「……あ、近くに泉が……」

灰原「とりあえず、水を汲んで急いで引き返して、工藤君にこのことを連絡しましょう」



 少し前

阿笠「さあて、ワシは寝床を探さんとな」

阿笠「全員が横になれる広さがあって……雨風を凌げる場所……洞窟とかあれは楽なんじゃがな……」

阿笠「近くに洞窟が無ければ木材を調達して簡単な家でも作らんといかんか……」

阿笠「しかしその作業をするなら早く作り始めんと日が暮れてしまうな……」

阿笠「よし、早く辺りの捜索を済ませんと……」タタタ

阿笠「おや……あそこに>>67があるではないか」

67 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:49:10.26 ID:aVkFXor90.net

どこでもドア

69 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:51:45.43 ID:1MMi0dUc0.net

もう解決しちまったぞ

72 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:52:40.16 ID:oYLTMDxQ0.net

阿笠「このピンク色のドア! 間違いない! どこでもドアじゃあああああ!!!!!!!!」

阿笠「んほぉぉぉおおおおおおお!!!!!!! これさえあればすぐに帰れる!!!!!!!」

阿笠「みんなを呼んで早くこの島から脱出じゃぁぁぁあああああ!!!!!」

阿笠「おっと、待てよ……あれが本当にどこでもドアなのかどうかはまだわからんではないか」

阿笠「せっかくじゃから一回試してみようwwwwwwwwwww」

阿笠「よーし、帝丹高校の女子トイレへ行って女子高生の排泄の臭いをクンカクンカしてくるかのぉぉおおおおおおwwwwwwwww」

 ガチャ

阿笠「……」

 キィ……キィ……

阿笠「繋がらんではないかぁぁぁぁぁぬぉぉおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」

阿笠「壊れておるのか!? だったらただのピンク色のドアが放置してあるだけではないかぁぁぁあぁぁ!!!!!!!!」

阿笠「ぬぐぉぉおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!」

75 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:54:25.67 ID:aVkFXor90.net

キモすぎワロタ

76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:58:13.12 ID:oYLTMDxQ0.net

阿笠「……しかし壊れておるのか、それともそもそもどこでもドアじゃないただのドアなのかは知らんが」

阿笠「どうしてこんな所にドアが放置してあるんじゃ……?」

阿笠「ドア……ということは人工物じゃ。自然の力でこんなピンクのドアが作られるはずはない」

阿笠「こんな所にドアだけ捨てられているのも不自然じゃし……そもそも捨てられたにしては真新しい」

阿笠「ということは……」

阿笠「誰か人間が……しかもドアという概念のある文明力を持つ人間がこの島にいるということか!?」

阿笠「ならばその人が何らかの力を貸してくれるかもしれんのう!」

阿笠「おお、これは良い手がかりじゃ!」

阿笠「おっ、ついでに近くに寝床にし易そうな洞窟がある! 中もさほど汚くはない!」

阿笠「よーし、新一たちの所に戻って色々報告じゃ!」



 少し前

コナン「俺は火起こしか……割と面倒な仕事を任されちまったな……」

コナン「どうやって火を起こそう……とりあえず薪や枯葉みたいな火が付きそうなものは適当に集めたけど……」

コナン「……そうだ! >>81を使ってみよう!」

81 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 14:59:19.29 ID:NhJreVoS0.net

火遁の術

82 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:03:45.28 ID:AL79Ke2z0.net

なんだ木ノ葉隠れの里か

83 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:04:01.86 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「そもそも遁術というのは敵から逃走したり身を隠したりするために使われる忍術であるが」

コナン「近年のフィクション作品の影響で攻撃用の戦闘術と認識されることも多い」

コナン「火遁は本来火事などを起こして騒ぎに乗じて逃げることを言うが」

コナン「フィクション作品の多くでは火を吹く・操るなどの技術として扱われており」

コナン「実はハワイに親父で教わってるから後者の方の火遁の術なら使えるんだなこれが」HAHAHA

85 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:05:13.11 ID:1MMi0dUc0.net

ハワイと親父すげえ

86 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:09:12.86 ID:oYLTMDxQ0.net

 ボォゥ

コナン「よし、これで火は起こせた!」

コナン「遭難したときに水と食料の次に重要なのが火だ」

コナン「調理や灯り、暖房として使えるのはもちろん」

コナン「火を起こした際に出る煙が狼煙の役割を果たしてくれるし」

コナン「濁った水を綺麗にする際、燃やした木から作った炭を、砂や石、草などと一緒に使うことが多い」

灰原「工藤君!」

阿笠「新一!」

コナン「おう、二人とも、丁度火を起こし終わった所だが……随分慌ててどうしたんだ?」

灰原「それが……」

阿笠「それがの……」

89 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:15:48.55 ID:oYLTMDxQ0.net

 夜


 パチ パチ

コナン「夕方確認してきたが……確かに老衰で死んだ>>5だったな……」ムシャムシャ

阿笠「若く見えたがまさか老衰するほどの老人だったとはのう……」ムシャムシャ

歩美「随分眠ってる人だと思ったけど、お爺ちゃんとかお婆ちゃんって結構長く寝てる人多いもんね……そう考えると納得かも」ムシャムシャ

コナン「それにしても……どうして島の中に移動していたんだ……?」ムシャムシャ

灰原「やっぱり何か野生動物が動かしたのかしら?」ムシャムシャ

元太「博士が見つけたドアってのも気になるぜ……やっぱり人間がこの島にいるのかもしれねえ」ムシャムシャ

阿笠「明日は早く起きてみんなで島を探索するかの……」ムシャムシャ

コナン「ああ……>>5が死んじまったから腐る前にとっとと食おうと思って今焼いて食ってるけど」ムシャムシャ

コナン「やっぱり結構な量があるから明日の朝食にもなるしな」ムシャムシャ

阿笠「一部は干し肉にしようと思ってあっちで乾燥させておるよ」ムシャムシャ

歩美「そういえば光彦君はどうするの? ごはん」ムシャムシャ

コナン「そのうちあいつも喰う予定だが、あんまり早く餓死されるとまた腐る前の処理に困るからな……」ムシャムシャ

コナン「適当に食わしてしばらく生かしておいてやるか」ムシャムシャ

91 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:17:33.87 ID:2zvKvvWs0.net

光彦…

92 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:20:17.20 ID:oYLTMDxQ0.net

 夕食後

阿笠「んほぉぉぉおおおおおおおお歩美君のおまんこは気持ちいいのぉぉぉおおおおおおおおおお」




 翌日

阿笠「さあ、今日はさらなる島の探索じゃ」

コナン「目的は>>5がクルーザーから移動した謎の解明と……ドアを作った人間たちの発見だな」

灰原「狼煙を上げてSOSのマークも浜辺に書いておいたから……運が良ければ救助も来るかもしれないわ」

元太「干し肉と水も持ったし、早速行こうぜ!」

歩美「うん!」

93 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:23:46.12 ID:oYLTMDxQ0.net

阿笠「島の森の中を探索じゃ……はぐれないように気を付けるんじゃぞ……」

コナン「帰り道もしっかり覚えておかないとな……」

灰原「食べられる木の実やキノコがあればついでに食糧として収穫しておきましょう」

元太「どうやって食えるかどうか判断するんだ?」

コナン「光彦を縛った状態で引き摺ってきてるから光彦に試し食いさせりゃいい」

歩美「なるほど!」

阿笠「みんな! 静かに!」

灰原「どうしたの?」

阿笠「森の奥に何か見える……」

コナン「あれは……>>98か?」

98 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 2014/08/28 15:25:33.90 ID:aVkFXor90.net



101 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:26:05.88 ID:QLEPLWPv0.net

島に村か
盛り上がって参りました

105 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:30:55.58 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「木で作ったログハウスのような家に、畑のような場所……それが複数ある……」

灰原「わかりやすい村ね」

阿笠「それに、あの家をよく見てみるんじゃ」

コナン「……! ドアだ! しかも結構丁寧に作られてる立派なドアだぞ!」

灰原「着色もされているわね……花や木の実、貝殻とかから染料を作り出したのかしら」

歩美「ピンクのドアもあるよ……やっぱりここであのドアが作られてたんだね」

元太「きっと島の中に放置されてたのは失敗作のドアか何かだったんだろうな……」

阿笠「……村人らしき姿も見える。問題は言葉が通じるかどうかじゃが……」

コナン「バーロ……無人島とはいえ日本からちょっと流された場所にある島なんだ」

コナン「流石にまったく違う言語の住民なわけはねーよ」

阿笠「よし……覚悟を決めて話しかけに行こう!」

106 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:35:19.63 ID:oYLTMDxQ0.net

阿笠「す、すみませーん!」

村人1「!?」

村人2「ナダ、ダレダ?」

村人3「ヘナヤツラ、ミタコトナイ」

村人4「ファミチキクダサイ」

灰原「随分訛った言葉で聞こえるけど……十分通じるわね」

阿笠「あ、あのう……実は、船が流されて、ここまで漂流……流れ付いてしまっての」

元太「東京に戻りてえんだけど、どうにかならねーか?」

村人1「ナガサレ……? トキョ?」

村人2「ドコ?」

村人3「トリァエズコマッテルミタイ」

村人4「ファミチキクダサイ」

107 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:35:48.74 ID:yvdu8fJY0.net

村人4おまえらじゃねえか

108 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:37:37.37 ID:uwV3BmVe0.net

無人島にまで出店するファミマ

111 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:39:00.18 ID:1MMi0dUc0.net

ファミチキwwwww

112 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:39:59.26 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「伝わってる部分と伝わってない部分があるな……」

歩美「とりあえず歩美たちが困ってるってことはわかったみたいだけど……」

灰原「東京も知らないみたいだし……ホントにこの島のことしかわからないのかもしれないわ」

阿笠「ええと……そうじゃな、この島の外から……知らない人が来たりすることはないのか?」

阿笠「テレビの取材とかで……」

村人1「シラナイヒト……?」

村人2「>>117

117 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:42:02.20 ID:NhJreVoS0.net

ここで死んでもらうぞ

120 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:48:22.21 ID:oYLTMDxQ0.net

村人2「ココデシンデモラウゾ」

阿笠「えっ」

村人1「コノムラノジュウミンジャナイヤツ」

村人1「アレ、テニイレル、ダメ」

灰原「ま、まずいわ! 私たちを敵だと思ったみたいよ!」

村人2「シラナイヤツ、ミタコトナイヤツ、テキ」

村人3「アノロウジンモ、シロイイワカラツレテキテ、コロソウトシタ、デモモウシンデタ。ダカラステタ」

コナン「!」

コナン(あの老人……つまり>>5を白い岩……あのクルーザーから連れ出して殺そうとした!)

コナン(でももう死んでたから捨てた!)

コナン(>>5をクルーザーから運んだのはこいつらか!)

コナン(でも何故だ!? 何故そこまでして外部の人間を始末しようとする!? この島に何があるんだ!?)

コナン(いや……今はそんなことを考えているよりも、この窮地から脱することが重要だ!)

コナン「>>125を使って一旦逃げるぞ!」

121 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:48:51.46 ID:QLEPLWPv0.net

光彦

122 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:49:22.05 ID:APdEN1Qs0.net

光彦

123 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 2014/08/28 15:49:34.03 ID:iGbupkHu0.net

火遁の術

124 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:49:35.45 ID:EysevSqL0.net

>>121

125 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:49:38.95 ID:nJUvJ8a10.net

どこでもドア

129 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:53:23.67 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「博士! あのどこでもドアは持って来てるな!?」

阿笠「え!? あ、ああ、何か知らんが一応持って来た方がいいかと思って持って来たぞ!」

阿笠「まあそもそもどこでもドアというかただのピンクのドアだったようじゃがな!」

コナン「何でもいい! 頼むぜ! キック力増強シューズ!」キュィンキュィンキュィン

灰原「えっ」

コナン「いっけぇぇぇぇぇえええええ!!!」

 ズゴォン!

村人たち「ウガハァッ!?」

元太「すげぇ! ドアの大きさを利用してドアを蹴り飛ばして全員にヒットさせたぜ!」

コナン「よっしゃぁぁぁぁぁああああああああ!!!! 今のうちに逃げるぞ!」

歩美「う、うん!」

130 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:53:55.93 ID:QLEPLWPv0.net

力技www

131 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:54:33.94 ID:uwV3BmVe0.net

パワーで解決しやがったww

132 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 15:58:51.69 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「ハァハァ……なんとか洞窟まで逃げてこれたな……」

歩美「怖かったぁー」

元太「一体何なんだ?」

灰原「アレを手に入れるのはダメだ、とか言ってたわね……」

阿笠「ふむ……この島にはあの村人たちにとって大事な何かがあり」

阿笠「それをワシらに奪われると思ったんじゃろうな」

元太「アレって何だよ? もしかしてお宝か!?」

コナン「さぁな……大事にしてるんならきっと村人にとっちゃ宝物も同然なのかもしれねーけどよ……」

阿笠「それにしても、色々謎は解決したが……また謎が増えてしまったな」

コナン「ああ……」

灰原「今日は疲れたし……もう休んで明日また島の調査を続けましょう」

コナン「そうだな……」

133 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:00:22.40 ID:oYLTMDxQ0.net

 その夜

阿笠「んほぉぉぉおおおおおお歩美君の口まんこは最高じゃぁぁぁぁああああああああああああああ」



 翌日

阿笠「狼煙を上げてSOSを綺麗に書き直して……っと」

元太「もう無人島生活三日目か……」

歩美「救助、来ないね……」

灰原「来ないものは仕方がないわ。気長に待ちましょう」

コナン「さて……今日はどうするかな」

 今日の行動>>138

138 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:02:32.97 ID:yvdu8fJY0.net

光彦を村人に売り渡す

140 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:04:00.36 ID:XJdkhOY90.net

mじかよ光彦最低だな

141 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:05:02.30 ID:QLEPLWPv0.net

貴重な食料が

142 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:05:18.19 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「昨日……俺たちは逃げるために村人に攻撃してしまったが」

コナン「このままでは俺たちと敵として誤解されたままだと思うんだ」

灰原「そうね……もしかしたら今頃血眼になって私たちを探しているかもしれないわ」

歩美「怖いよぉ」

コナン「そこで提案なんだが……」



コナン「光彦を村人に売り渡すのはどうだろう」

光彦「えっ」

143 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:06:08.75 ID:1MMi0dUc0.net

食料を渡してしまうとは・・・・

144 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:06:52.97 ID:oYLTMDxQ0.net

元太「お、おい! 光彦は大事な食糧なんだぜ!」

コナン「だからこそさ……」

コナン「俺たちは食糧に困っているが、そんな大事な食糧を手渡してまで謝りに来ている」

コナン「だから昨日のことは許してくれって交渉しに行くんだ」

灰原「でも大丈夫かしら……見つかった瞬間襲い掛かられそうなもんだけど」

コナン「そんときゃ光彦を蹴り飛ばして逃げればいい」

歩美「なるほど!」

光彦「え、ちょ、あの……えっ?」

145 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:08:07.02 ID:1MMi0dUc0.net

天才だな

146 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:11:10.25 ID:oYLTMDxQ0.net

阿笠「着いたぞ! 機能の村じゃ!」

村人1「!」

村人2「キノウノヤツラ!」

村人3「マタキタゾ!」

村人4「ファミチキクダサイ!」

阿笠「待つんじゃ! ワシらの話を聞いてくれ!」

コナン「これをくれてやる!」

 ドサッ

村人1「!?」

阿笠「昨日のことは本当にすまなかった!」

阿笠「じゃが、ワシらは別に君たちに危害を加えるつもりはなかったし、君たちが大事にしているものを奪うつもりもない!」

阿笠「そして詫びの印としてこの食糧を君たちに与える!」

阿笠「ワシらは食糧に困っており、この食糧は大事な食糧なんじゃが……」

阿笠「大事なものじゃからこそ、詫びに相応しいと思っておる」

村人1「……」

147 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:13:21.35 ID:oYLTMDxQ0.net

村人1「チョト、マテ」

阿笠「?」

灰原「村の奥に行ってしまったわね……」

村人2「コレハ……モシヤ……」

村人3「イヤマサカ……」

村人4「ファミチキクダサイ……」

コナン「他の村人も驚いたような顔をしてお互いに相談しているな……」

コナン「これは一体……」

村人1「マタセタ」

阿笠「む? その隣の人は一体……」

村長「私はこの村の村長だ」

コナン「! 村長!?」

村長「君たちと話がしたい……来てくれるか」

151 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:18:53.09 ID:oYLTMDxQ0.net

 村長の家

村長「まずは、何やら昨日は村人が君たちと揉め事を起こしてしまったらしいな……すまなかった」

阿笠「い、いやいや、こちらこそドアを村人たちにぶつけてしまって……」

村長「ぶつけた? 何を言っている?」

村長「君たちは村人の魔を払ってくれたのだろう?」

コナン「えっ」

阿笠「えっ」

村長「……この村には、ある言い伝えがある」

152 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:24:56.19 ID:oYLTMDxQ0.net

 昔――この島に小さな村があった。

 その村には争いを好まぬ村人たちが住んでいたが、ある日、突然村人が友人を殺してしまった。

 すぐに村人を取り押さえたものの、村人は以前と違い、恐ろしく凶悪な性格になってしまっていた。

 村人は村の占い師に相談したところ、驚くべきことが判明した。

 この島に邪悪なる“魔”が棲み付き、魔が村人の心を悪に染めたのだ。


村長「その魔の名は……コヒツミ」

村長「魔はまたたくまに村に広がり……村人全員が凶悪な性格となり、毎日血が流れ、人が死んだ」

153 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:28:25.01 ID:XJdkhOY90.net

はいはい光彦みつh
なん・・・だと

156 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:30:01.19 ID:NhJreVoS0.net

マジかよ

157 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:31:32.53 ID:oYLTMDxQ0.net

 しかしある日。

 海の向こうから、一人の少年がやってきた。

 少年は桃色のドアを抱え、村にやってくると、

 次々と村人にそのドアを蹴り飛ばし、その衝撃で魔を払って行った。

 最終的に魔を島の中央へ追いやった少年は、

 島の地中深くに魔を埋め、復活しないよう封印した。


村長「これが我が村に伝わる言い伝えであり……」

村長「この言い伝えから、この村にはドアというものが存在する」

村長「このドアという存在は魔を払う効果があり、家の出入り口に使うことで邪悪なる物を追い払うのだ」

村長「また、島のどこかで転んで怪我などをしたらそこに魔があるとされ」

村長「そこにドア……特に桃色のドアが効果的でな、それを置くようにしてあるのだ」

コナン(なるほど……それで島の妙な位置にドアがあったんだな……)

158 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:33:10.30 ID:nqBoSXnM0.net

この短時間でここまで話を発展させるとは…

160 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:35:16.58 ID:oYLTMDxQ0.net

村長「そして、この村の住民以外の人間が封印した魔を手に入れ、悪用しようとするならば」

村長「その者を殺してでも止めよと言われており」

村長「昨日はそういった理由で村人たちが君たちを襲ったのだ」

灰原「私たちが……その魔を手に入れようと村にやって来たと思われたのね」

村長「うむ、だがどうやらそれはまったくの誤解だったようだ」

村長「君たちは襲い掛かる村人に桃色のドアを蹴り飛ばしぶつけた!」

村長「つまり、襲い掛かる村人は魔に取りつかれたのだと判断し」

村長「言い伝えの通りに魔を払おうとしたのだろう!?」

コナン「ええと……あの……その……」




コナン「はい」

村長「おお、やはり君たちはこの村の出身である、我々の祖先の末裔なのだな!」

コナン(ごめん違う)

163 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:38:13.79 ID:oYLTMDxQ0.net

村長「そうなのだな! でなければ桃色のドアを蹴り飛ばすなどという奇怪な行動に出るはずがない!」

コナン(ごめんね、奇怪な発想で本当にごめんね)

村長「それに君たちが捕えたこの少年」

 ドサッ

光彦「うぐっ」

村長「言い伝えに残された絵に描かれた魔、コヒツミの姿によく似ている……つまり!」

村長「こやつがこの島に生まれた新たな魔、つまり新たなコヒツミなのだな!?」

コナン「……」




コナン「はい」

阿笠「はい」

灰原「はい」

歩美「はい」

元太「はい」

光彦「ちょっ」

165 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:41:01.12 ID:iljL4ir10.net

この団結力

167 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:43:39.17 ID:oYLTMDxQ0.net

村長「村人たちよォォォォォ!!!!!!!!」

村長「この島に新たなコヒツミが生まれてしまった!!!!!!」

村長「だが安心すると良い!!!!!! 新たなコヒツミは我らが先祖の末裔である彼らが捕えた!」

村人たち「ウォォォォォ!!!!!!!」

村長「これより魔・コヒツミを封じるが、同じように島の中央に埋めては、既に埋めた魔が出てきてしまう恐れがある!!!!!!」

村長「よってこの新たなコヒツミの封印法を」

村長「彼らの言葉を参考に考えようと思う!!!!!!」

コナン「えっ」

村長「あなたたちは魔・コヒツミを捕えることができた」

村長「おそらく我々より言い伝えに詳しい、もしくは本能的に魔に対する対処法がわかっているのかもしれない」

コナン「そ、そう?」

村長「なので是非あなたたちの考えをお借りしたい!」

コナン「はぁ……」

村長「どうだ! まずは何をしたらいいと思う!?」

コナン「それじゃぁ……まず>>172しよう」

172 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:46:03.97 ID:/A+dzHm90.net

阿笠博士も脱ぐ

176 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:47:04.91 ID:c6q/z5V90.net

博士も脱ぐのか・・・

177 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:50:43.85 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「まず服を脱ぎます。博士が」

阿笠「んほぉぉぉぉおおおおおおおwwwwwww」\スッポンポーン/

村長「こ、これは一体!?」

コナン「裸になることで太陽の光を直接肌に多く浴びるんだ」

コナン「太陽の光は聖なる光の力を持ち、邪なる闇の力に対抗するのに最も適している」

コナン「だからああやってまず聖なる光を大量に体に蓄えるんだ」

村長「なるほど……では太陽の聖なる光を浴びた後は何を!?」

阿笠「決まっておろうwwwwwwww>>182じゃwwwwwwwwwww」

182 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:53:12.27 ID:agvAPys20.net

光彦で性処理

187 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:55:07.16 ID:c6q/z5V90.net

博士も性処理ばっかだなww

188 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:57:24.42 ID:oYLTMDxQ0.net

阿笠「んほぉぉおおおおおおおおお村人に見られながらのホモセックスはたまらんのぉぉぉおおおおおおおおwwwwwwwwwww」

光彦「いぎゃぁぁあああああ!!!!!!! 博士の陰茎が僕のお尻の中にぃぃぃいいいいいいいい!!!!!!!」

村長「これは性行為!? 一体何故!?」

コナン「太陽の光を浴び続けた博士の体には聖なる光の遺伝子が大量に作られている」

コナン「体内で作られた聖なる光の遺伝子は睾丸に溜まって行く」

コナン「だからああやって性行為することで精液と一緒に聖なる光の遺伝子をコヒツミの体内にぶち込むんだ」

阿笠「んほぉぉおおおおおおおおおおおおおおおおお」ドピュドピュドピュルルルン

光彦「ぁぁぁぁぁあああぁぁあああああああ!!!!!!!!!!! 僕のお尻の中に博士の精液がぁぁぁああああああ!!!!!」

村長「ふむふむ……次はどうするのだ?」

灰原「>>193しましょう」

193 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 16:59:02.90 ID:navHANme0.net

村民を生贄に

196 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:06:36.43 ID:oYLTMDxQ0.net

灰原「村民を生贄にしましょう」

村長「な!? 一体何故そんなことを!」

コナン「生贄に捧げた村民は死の世界へ行くんだが、その死の世界へ行く途中の道で立ち止まって貰う」

コナン「そして、後から殺され死の世界へ行くコヒツミを待ち構えるんだ」

コナン「死の世界へ行く途中の道へやってきたコヒツミとそこで戦い」

コナン「死の道の途中からコヒツミを叩き落とす」

コナン「するとコヒツミは『死』という概念から外れた別領域の世界へ消えてしまい」

コナン「転生し新たな魔になることもなくこの世の理から消滅する」

村長「なるほど! では村一番の戦士を生贄に捧げ……」

村長「死の世界へ続く道の戦士とする!」

村一番の戦士「わかりました!」

 \イッケニエー/

村長「村一番の戦士を生贄に捧げた! さあ次はコヒツミを殺そう!」

歩美「ううん、殺す前にコヒツミに>>201しなきゃ」

201 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:07:56.44 ID:OLvv2exF0.net

火炙り

203 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:11:01.44 ID:oYLTMDxQ0.net

 パチパチ パチ メラメラ

光彦「あ、熱い! 熱いいぃぃいいいぎゃぁぁああああああ!!!!!!」

村長「ふむ、これはわかるぞ」

村長「村一番の戦士を死の世界へ続く道の戦士として用意したが、相手は魔・コヒツミ……」

村長「ああやって火炙りにすることで、戦えない体にしてしまうのだな」

コナン「ああ……ほら、もっと手脚とかも炙った方が良いぞ」

村人1「ワカタ」

村人2「モットアブル」

 メラメラ ゴォォォ

光彦「うぎゃぁぁぁあああああ!!!!!」

阿笠「キンタマも炙ってやろうwwwwwwwwwwwwwwwwww」

光彦「うぐぉぉぁぁぁぁあぁあああああぁああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

元太「さあ、炙った後はトドメに殺すぞ! 殺し方は>>208だ!」

208 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:12:14.52 ID:MIgicPOti.net

テクノブレイク

212 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:14:55.71 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「コヒツミは自分が死の世界から外れようとも自分の子種を死の世界へ送り」

コナン「転生させて新たな魔にしようとするだろう!」

コナン「奴に今の時点で大量の射精をさせてそのままテクノブレイクで殺すことで」

コナン「奴の子種を死の世界に持ち込ませないようにするんだ!」

村長「なるほど! さあ村の男たちよ! コヒツミの陰茎を扱き精液を出させるのだ!」

村の男たち「ウォォォォォォォォォォ!!」

光彦「ひぃぃぃぃせめて女の人に……」

村人1「ウォォォォ!」シコシコシコ

光彦「うわぁぁあああああああああああ!!!!」ドピュドピュドプン

215 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[ ] 2014/08/28 17:16:45.10 ID:fIM1Ltm80.net

無理難題にも柔軟に対応する>>1
これは期待

219 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:21:09.35 ID:VgMz4bsQ0.net

辻褄の合わせ方に才能を感じる

220 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:24:09.21 ID:oYLTMDxQ0.net

村人2「ウォォォォォオオオオオ!」シコシコシコシコ

光彦「やめてください! やめ……ぁぁぁぁぁあああああ!!!!!!」ドピュルルル

阿笠「む? これは何じゃ?」

村長「これは『ションローの木』から採れる樹液だ。村では性行為の際に使われる」

村長「非常に心地よいぬるぬる感と勃起促進効果があるから使えると思ってな」

村人3「フォォォォオオオオ!」ヌルヌルシコシコ

光彦「んっふぅぅうううううううううううう」ドピュルルルルル

阿笠「じゃああれは何じゃ?」

村長「『メゼデフ』という動物の毛で作った筆だ。乳首を言い具合に刺激してくれる」

村長「あとさっきの樹液を使って肛門に刺し腸内を掻き回すととても気持ちいい」

村人4「ファミチキクダサイ!!!!!!!!!」

光彦「んほぉぉぉぉぉこいつ直接腸内にぃぃいいいいいいいいいいい」

222 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:25:54.98 ID:oYLTMDxQ0.net

 シコシコシコドピュゥ

光彦「んほぉぉぉおおおおおおおおおおお」

 シコシコシコドピュゥ

光彦「あへぇぇぇええええええええええええええええ」

 シコシコシコドピュルンドピュゥン

光彦「ぉぉおおおおおおぉおおおおおおおおおおおおおおお」

 シコシコシコシコビュッ

光彦「ぉ……」

 シコシコシコシコシコシコシコ

光彦「」

226 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:26:34.28 ID:l/5v86OG0.net

>光彦「んほぉぉぉぉぉこいつ直接腸内にぃぃいいいいいいいいいいい」

クソワロタwwww

228 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:28:17.33 ID:oYLTMDxQ0.net

コナン「心肺停止を確認」

阿笠「むぅ、ようやく死んだようじゃな」

灰原「辺りがイカ臭くて酷い臭いね」

歩美「臭いよぉ、気持ちわるいよぉ」

元太「オェェェェ」

村長「後始末は我々がしておこう」

阿笠「すまんな」

村長「いや……これでまたしばらく我が村は魔の影響を受けずに済む。ありがとう」

村長「そういえば……あなたたちの名を聞いていなかった。名を何というのだ」

コナン「……江戸川コナン。探偵さ」


 おわり

229 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:28:55.52 ID:u7iqHECo0.net

おつ

230 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:29:17.98 ID:l/5v86OG0.net

おつ!

231 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:29:21.88 ID:UwUmuKOG0.net

結局戻れてないじゃないか

232 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:29:24.16 ID:1MMi0dUc0.net

良い話だった乙

233 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:29:45.90 ID:iljL4ir10.net

光彦のせいで生贄にされた村人が不憫で仕方ない


234 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:37:05.28 ID:uwV3BmVe0.net

根本的な解決は何も出来てなくてワロタ


236 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 17:50:55.79 ID:c6q/z5V90.net

島から脱出はできたのだろうかw

238 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2014/08/28 18:10:40.04 ID:UqA+4n040.net

米花町に戻れないコナンたち


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1409202646/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント