SSまとめサイトですの。2ちゃんねる、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれたSSをまとめますの。

検索フォーム

プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスカウンター

逆アクセスランキング

おすすめリンク

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
509位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
52位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR
0 コメント

ミカサ「サシャが放屁した音です」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 18:57:49 ID:xA6.0mT.


キース「また貴様か…
少しは慎みを覚「待って下さい教官!」」

サシャ「私は放屁などしていません!」

エレン「?」

サシャ「したのはウンコです!!」

一同「!!??」



2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 19:04:25 ID:xA6.0mT.


※キャラ崩壊注意

クリスタ「コッ カホッ オゴポッ!?」ビシャシャ

ユミル「うわっ クリスタが吐いた!」

ライナー「救護班を呼べー!」

ジャン「何考えてやがんだあの糞女……!」



3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 19:04:30 ID:orFJev2U


脱糞とは…



4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 19:10:02 ID:xA6.0mT.


ドドドドドドドド

キース「貴様…漏らしたのか…
何故だ…何故今…
…糞を漏らした?」

サシャ「… …普通にしてしまっては元も子もないので…
今漏らす(ry」

キース「…!? イヤ…分からないな
何故(ry」

サシャ「…? それは…
『何故人は(ry」



5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 19:14:25 ID:xA6.0mT.


サシャ「……?」

キース「……」

サシャ「あ!」

キース「!」

サシャ「……」チッ


ベチャ


サシャ「半分…どうぞ…」

キース「は…」

キース「半…分…?」ニチャア

キース「」チラッ

サシャ「……」フ-ッ



10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 19:32:51 ID:xA6.0mT.


ワ-キャ-
イヤ-
ナニモスルコトノデキナイヒトニハ(ry




ジャン「……クソッタレ」



11 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 19:38:25 ID:xA6.0mT.


ジャン「(突然降って湧いた惨状に皆混乱しているが)」

ジャン「(こんな修羅場の中でも俺だけは酷く冷静だ)」

ジャン「(俺には今何をすべきかが分かる)」

ジャン「(今俺のすべき事は……!)」


ドバババババババ


マルコ「うわああああ!!
ジャンも漏らしたああああ!!!」



13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 19:50:48 ID:xA6.0mT.


アニ「オロロロロロ」ビシャシャシャシャ

ベルトルト「うわああああ アニもつられて貰ってしまったああああ」

キース「……アッカーマンよ
貴様 この落とし前をどう付けるつもりだ……?」

ミカサ「えっ」



15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 19:56:33 ID:xA6.0mT.


オロロロロ
ウワァ- ダズガジカンサデハイタ-

タスケテ!
フランツガイキヲシテナイノ!!

ワ-ワ-

コニー「あぁ… もういいや…」

コニー「どうでもいい…」

――
――――
――――――――








――――――――
――――
――

サシャ「……と これが2人の馴れ初めですかね」

女の子「ふーん」



17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 19:59:42 ID:xA6.0mT.


サシャ「こうやって2人は仲良くなったんですよ」

女の子「何だかよく分かんないや」

サシャ「あなたも好きな人ができれば分かるようになりますよ」

女の子「そんなものなのかなあ」



18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 20:03:45 ID:xA6.0mT.


サシャ「!!」

サシャ「ぐああああ」ガクッ

女の子「ど どうしたの!?」

サシャ「あの…お腹…!! 痛いんで…」

サシャ「大人の人…呼んできてもらって…いいですか!?」

女の子「わ 分かった!」ダッ



21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 20:07:23 ID:xA6.0mT.


タッタッタッ

ハアッ……!ハアッ……!

ジャン「サシャッ……!」




―あの騒動から数年後俺とサシャは結婚した
そして今日新しい家族が誕生する



22 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 20:14:58 ID:xA6.0mT.


バタ-ン!

ジャン「か 家内は…!」

ナース「現在分娩を執り行っています
落ち着いて下さい」

ジャン「でも……でも!」

ナース「しっかりして下さい!
あなたはこれから父親になるんですよ!」

ジャン「っ!!……分かりました……」




後で聞いた所に依ると
あの奇行は素の自分を表に出せないストレスが積もり積もった結果起こってしまったものらしい
そして結果的に自分を孤立させない様にしてくれた俺の事を心底信頼する様になったという



23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 20:22:39 ID:xA6.0mT.


―分娩室前


カチッ…カチッ…


ジャン「……何が俺には今 何をすべきかが分かる、だ」

ジャン「大切な人が苦しんでいる時に俺は……!」




心が軽くなったのか
サシャはその後成績を飛躍的に伸ばし
結果俺達は2人揃って憲兵団へと入団した
だがあの騒動は他の訓練兵団にも広く知れ渡ってしまっていたらしく
俺達は入団早々「スカ夫婦」という不名誉極まりない称号を賜った



24 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 20:31:08 ID:xA6.0mT.


……オギャ-!オギャ-!

ジャン「っ!」バッ

ガチャ

赤ちゃん「オギャー!オギャー!」

ジャン「あ……あぁ……!」

医者「おめでとうございます!
元気な女の子ですよ!」

ジャン「あ…あああ
有り難うございます!!!」

赤ん坊「オギャー!オギャー!」




酷いイジメにでも遭うのではないかと警戒していたが
意外にも周りは何事も無かったかの様に接してくれた
臭い物に蓋とはこの様な事を言うのだろうか?



25 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 20:39:56 ID:xA6.0mT.


ガラガラ

ジャン「サ……サシャッ!」

サシャ「あ……ジャン……」

ジャン「大丈夫かサシャ!」

サシャ「大丈夫ですよ
狩猟民族をナメないで下さい」クスッ




ミカサは虚偽申告の罪でアイアンクローを極められながら営倉行きを告げられた
その際のミカサの顔が余りにも凄惨で俺の100年の恋も冷めてしまった
エレンとアルミンはその裁定に納得が行かず教官を提訴
第一審の判決を不服とし現在は高裁で争っている真っ最中らしい



26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 20:49:41 ID:xA6.0mT.


―病室

赤子「スゥースゥー」

サシャ「さっきまであんなに泣いていたのに
今はグッスリ寝ていますね」

ジャン「髪の色はサシャに似ているな」

サシャ「目元はジャンっぽい気がしますね
女の子なのに大丈夫なんでしょうか」

ジャン「おい喧嘩売ってんのかコラ」

サシャ「フフッ」




クリスタはあの後天に召されて名実共に本物の天使と相成った
ユミルは暫くの間悲しみに暮れていたが
突如聖天使クリスタを偶像とした宗教団体を設立
信者が大量に入信しボロ儲けしているらしい
マルコは何か顔右半分をかじられていたが今日も元気に生きている



27 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 20:58:50 ID:xA6.0mT.


サシャ「それにしても
やっぱり赤ちゃんは可愛いですね」

ジャン「そりゃあな
それもお前が腹を痛めて産んだ子だからな」

サシャ「あの時は死ぬかと思いましたけど
これだけ可愛いんなら後10人は欲しいですね!!」

ジャン「おいおい勘弁してくれよ……」




アニはあの後体調を崩した
ライナーとベルトルトが付きっきりで看病していたが
そのせいで訓練に参加出来ず後日3人揃って開拓地行きとなってしまった
コニーは思考を放棄した
バカ夫婦については知ったこっちゃない
恐らく今もハンナが心臓マッサージを続けている事だろう



28 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 21:05:38 ID:xA6.0mT.


ジャン「ハハハ」

サシャ「フフフ」

ジャン「……」グスッ

サシャ「えっ どうしたんですかジャン!?」

ジャン「……嫌な 俺は何て果報者何だろうって思ってな
幸せを噛み締めていたらガラにも無く泣いちまった」ズズッ

サシャ「……駄目ですねえジャンは
こんな簡単な事も分からないんですか
……嬉しい時は笑えば良いんですよ」ニコッ

ジャン「……あぁ そうだな」ニカッ



29 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 21:09:07 ID:xA6.0mT.


―あんな事件を2人で乗り越えたんだ
そしてこれからは2人だけじゃない
きっと俺達はやっていける




「なあ サシャ」

「ねえ ジャン」




「「ありがとう」」



30 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 21:09:45 ID:xA6.0mT.


終わり



33 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 21:21:34 ID:zPgTQmQI



なんて素晴らしいスレなんだろう



34 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 21:25:48 ID:P9UwIpBo


素晴らしいハッピーエンドやな、うん



39 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/08/29(木) 23:16:25 ID:Yxy/NkG.


面白かった!おつ




元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1377770269/
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント