PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆uYNNmHkuwIgM[saga sage] 2017/11/05 23:59:52.16 ID:GbqYNGk70


ドラマの撮影向かう車の中、考え事をしながら窓の外を眺める。ぐるぐると回る景色を見てると、ぐるぐる頭も回るかなと思ったけど、全然そんなことなかった。

運転席のお兄ちゃんを見る。鼻歌なんて歌ってごきげんだ。桃子はこんなに頭がもやもやしてるのに、ほんとに呑気なんだから。


考えてたのは、さっきのレッスンのこと。次のライブでは、765プロのアイドルでペアを作って新曲を歌うみたい。

今日は初めてのレッスンで、ペアの相手の瑞希さんと一緒に仮歌を聞いて、ダンスを見せてもらって、ステージのテーマみたいなものを考えた。

瑞希さんはずーっとポーカーフェイスで、表情があんまり変わらない。雪歩さんとか、ロコさんとか、千鶴さんとは違うタイプ。

みんなは思ってることが顔にでるから、何を考えてるかわかりやすい。でも、瑞希さんはあんまりわかんない。あと、あんまりお喋りするタイプでもないし、やっぱり瑞希さんが何考えてるかよくわかんなかった。

とりあえず桃子はお仕事があるから、あんまりお話しできずにバタバタと出て行っちゃった。桃子上手くペアのお仕事できるかなぁ?



車が信号で止まって、ぐるぐる回してた頭を一回お休みさせる。もう一回お兄ちゃんを見ると、まだごきげんに鼻歌を歌ってた。

それを見てるとやっぱりむーっとする。いいもん、お兄ちゃんなんて頼りにしてないから!桃子絶対にペアのお仕事成功させる!

にょきにょきって角を出した不安をぎゅっと押しつぶす。桃子は絶対に、こんな不安に負けないんだもん!

 


1 : ◆KakafR9KkQ[saga sage] 2017/11/05 21:05:37.73 ID:V1m7BoVa0

独自解釈&捏造設定です。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/11/04 20:48:46.36 ID:g5zxWJBDo

静香「何言ってるのよ翼……」

翼「だからぁ! 未来が歌詞通りになっちゃったんだってば~!」

静香「いや、言ってる意味が全然わからないんだけど。
   未来って、765プロ劇場の未来でいいのよね? 春日未来のことよね?」

翼「そう、その未来! その未来が歌詞通りになっちゃったんだって!」

静香「だからどういう……順を追って説明しなさいよ」

翼「えっとね、今みんな、劇場の公演に向けてレッスンしてるでしょ?
 それで、『乙女ストーム!』のみんなで集まってレッスンしてた時――」



2 : ◆TDuorh6/aM[saga] 2017/11/04 16:39:44.81 ID:jWBVa7DyO


志保「……は?」

茜「あれ?違ったの?」

志保「……っはー……」

茜「すっごーくイラっとくるやれやれ顔だね!広大な心を持つ茜ちゃんじゃなかったら雑誌の角だったよ!」

静香「……え、志保ってプロデューサーの事が好きだったの?」

志保「言ってないんだけど」

茜「いや言わなくても分かるでしょいつものしほりん見てれば」

静香「そ、そうよね!丸わかりだったわ!志保ってば昔からプロデューサーの事が大好きだったわよね!!」

志保「いや静香と会ってまだ一年経ってないと思うのだけど」

茜「で、しほりん告白はしないの?」

志保「……ふっ……なんで私が告白しなきゃいけないの?」

茜「出たーこう言うパターン知ってるよ茜ちゃん!」

静香「え、志保本当にプロデューサーの事が」

茜「もがみんはちょっと黙ってよーね?」



1 : ◆C2VTzcV58A[saga] 2017/11/04 12:41:45.23 ID:EgLUYznMO

志保「はじめは、頼りなさそうな人だと思っていました。なんだか覇気が感じられなくて、本当にこの人と一緒にいて大丈夫なのかって」

志保「でも、時間が経つにつれて、あなたの優しさを知って……一緒にいると、安心できるようになって」

志保「そして、気づいたんです。私の気持ちに」

志保「あなたを……愛しています」

P「………」

P「残念ながら、俺は君の気持ちに応えることができない」

志保「……どうしてですか」

P「なぜ俺が、君の想いを受け入れることができないのか。その答えはただひとつ」


P「俺が……世界で一番のロリコンだからだァ! ヴェァーハハハハッ!!」

志保「あなたが……ロリコン……? 嘘よ……私を騙そうとしている……」

P「ッヘーイ」

志保「うわああああああ!!」






志保「ありがとうございます。演技の練習に付き合っていただいて」

P「それはいいんだけど、なかなかエキサイトな台本だな。これ」

志保「愛する人がロリコンだった女性の物語……男女の想いのすれ違いがテーマですね」

P「悲劇だなあ」

志保「悲劇を悲劇らしく表現できるよう、演技を磨いていかないと……」





1 : ◆uYNNmHkuwIgM[saga sage] 2017/10/31 22:22:06.27 ID:sIBhOQZK0


元ネタ
『singin' in the darling(終わりのテーマ)/青木佑磨』
『嘘/学園祭学園』
『ココロがかえる場所/LTP12』
『茜ちゃんメーカー エピローグ』




1 : ◆5AkoLefT7E[saga] 2017/10/30 23:22:45.12 ID:d6iWUB+L0


~楽屋~



天海春香「も、桃子ちゃん……」

松田亜利沙「そ、そんなことないですよ!」

周防桃子「ウソだっ!」

ガチャ

横山奈緒「おはようさん~! 今日の収録、頑張ろ……あれ? どしたん?」

桃子「……奈緒さんもグルなんでしょ」

奈緒「へ?」

福田のり子「さっきからずっとこの調子で……」

桃子「今までは我慢してたけど、もう限界だよ!」

春香「も、桃子ちゃん……」




1 : ◆kiHkJAZmtqg7[saga] 2017/10/29 23:04:04.65 ID:s1IKgLXf0

地の文系、ミリマスssです。名前だけのキャラにちょっと言及してます。


1 : ◆Xz5sQ/W/66[saga] 2017/10/27 22:36:07.46 ID:23i0x2er0

===

百合子「ん?」

エミリー「えっ」

貴音「はて……?」

紬「あ……こほん!」

紬「ビーフ……ストロ……ガノフ……よし!」

紬「ビッ、ビーフストロガノフ!!」ピンポーン!

※ビーフストロガノフ(beef stroganoff)
ロシア発祥、牛、牛を使う煮込み料理。ついでに味は、美味である。


2 : ◆TDuorh6/aM[saga] 2017/10/26 18:02:35.68 ID:cV24eOOb0




志保「あなたがプロデューサーさんですか…? ふ~ん……なんだか頼りない感じ」

P「まぁそういうなって。頼れるかどうかは、頼ってから決めてくれ」

志保「いえ、私は自分の力でトップアイドルになるつもりなので、そんなに張り切らなくてもいいですよ」

P「それならなおさら張り切らないとな。自分の力でトップアイドルになれる子のプロデューサーになれるなんて、光栄な事この上ない」

志保「……はぁ。迷惑をかけることはないと思いますが、よろしくお願いします」

P「いやおいおい、自己紹介なんだから名前くらいはたのむよ」

志保「あ、名前ですか? 北沢志保、14歳です」

P「なるほど。よろしく、志保」

志保「志保って……ほぼ初対面なのに、随分と馴れ馴れしいんですね」

P「あれ?やだった?なら北沢さんにするけど」

志保「いえ……別に。好きに呼べばいいじゃないですか」

P「んじゃ志保で。改めてよろしくな」




1 : ◆Xz5sQ/W/66[saga] 2017/10/25 21:54:48.94 ID:8N2uv+mG0

===

瞬間、時間が止まったと言ってしまってもいいと思う。

場所は例によって例の如くの我らが765プロ劇場。
その第二企画室の場において、星梨花が口にしたこの一言が発端だ。

「つまり、ファンの人たちを勃起させればいいんですね?」

まさかと耳を疑った。でも残念ながら現実だ。
その証拠にさっきまではあれだけ騒がしかったハズの室内が、今は水を打ったようにシンと静まり返っている。

とはいえ、それも無理からぬことだろう。

なぜなら「クレシェンドブルー」の新曲お披露目イベントの段取り確認の最中に、
天使のような女の子が、無垢な少女が"勃起"という、卑猥な単語を突然口にしたのだから。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/10/24 19:50:25.13 ID:hw4NAdqwo

未来「好きです」

静香「好きです」

翼「好きです」



紬「好きです」

歌織「好きです」

美奈子「好き好き」


2 : ◆TDuorh6/aM[saga] 2017/10/24 17:20:49.37 ID:od22j9xFO


麗花「ぱんぱかぱーん!茜ちゃん、おめでとう!」


茜「え、なになに?茜ちゃんの誕生日一ヶ月十日前祝いかな?かなかな?!」


星梨花「茜さん凄いです。誕生日どころかその一ヶ月以上前まで祝ってもらえる気でいるなんて!」


茜「星梨花ちゃーん、誕生日どころかは酷いんじゃないかにゃあ……」


麗花「私たちのユニット結成0周年記念だよ!」


茜「ユニット?クレシェンドブルーじゃなくて?ってゆーか0周年?」


星梨花「私たち三人のユニットです!」


麗花「早速お祝いに街頭選挙の結果を見せるね!」


茜「街頭選挙?!インタビューじゃなくて?!ごめん待ってほんと待って。茜ちゃんは一から説明を要求する!」


麗花「0周年記念だよ?」


茜「じゃあもう0から説明でいいよ!」



1 : ◆C2VTzcV58A[saga] 2017/10/22 10:30:52.98 ID:tEwgfojCO

志保「はい?」

P「え?」

志保「すみません、よく聞こえなかったんですけど。今、私の名前を呼びませんでしたか」

P「いや。だから、志保好きって」

志保「はあ。ありがとうございます」

P「うん」

志保「………」

P「………」

P「リアクション終わり?」

志保「終わりですけど。なにかまずかったですか」

P「いや……反応が薄いなと思って」

志保「別に、驚くことでもないですし。プロデューサーさんが私を気に入ってくれていることは、ずっと前からわかっていることですから」

P「それはそうかもしれないけど……ほら。もっとこう、な?」

志保「はあ………よくわかりませんけど。プロデューサーさん」

P「うん?」

志保「好きです」

P「おう、ありがとう」

志保「さっきのプロデューサーさんの言葉、そっくりそのままお返ししてもいいですか」

P「志保が俺を気に入ってくれていることは、ずっと前からわかっていることだからな」

志保「その言い方鼻につきますね」

P「そういう志保は鼻にケチャップがついてるぞ」

志保「え? どこですか」

P「ほら、もうちょっと右の……俺が拭こうか?」

志保「大丈夫です。自分で拭けますから」

P「そうか。それはそうとして、今日の弁当もうまいぞ。いつもありがとう」

志保「自分のや弟のぶんを作るついでですから。プロデューサーさん、食のバランス悪そうですし」

P「気をつけます」

志保「プロデューサーさんが体調を崩すと、みんな困るんですから」

P「志保もか?」

志保「当たり前じゃないですか」

P「……そうか。なんだかうれしいな」

志保「なら、ありがたがって食べてください」

P「もちろん」







1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/10/21 00:58:42.04 ID:y2wSW8Jko

 司会者さんが私の名前を呼ぶ。舞台袖でもはっきりと聞こえてくる歓声。
 マイクを受け取る手は少しだけ震えていた。私はそれを包み隠すように両手でそっとマイクを持ち上げる。

「お~っほっほっほ!」

 高らかに笑いながらステージへと上がっていくと歓声は一段と大きくなった。熱気に一瞬飲み込まれかける。
 けれど最前列で手を振る友人たちを見つけ、少し落ち着きを取り戻した。
 観客に手を振りながら進んでいきステージの中央に到着した私は一度会場を見回した。
 こんなにも大勢の人たちに応援されている。興奮が全身を電流となって駆け巡っていった。
 呼吸を整える。よし、大丈夫。

「ふふっ。みなさま、応援ありがとうございます。
 わたくし、二階堂千鶴は、セレブの名にかけて、ミスコンテストで優勝することを誓いますわ!」


1 : ◆Xz5sQ/W/66[saga] 2017/10/17 20:22:34.19 ID:g3TGHoLO0

===
ぴっ、ぴっ、ポーン! ……時刻は正午となりました。

本日のお天気は曇りのち晴れ、気温もだいぶ低くなって、本格的な冬が来るのを感じ始める今日この頃。
日毎に増してく肌寒さに、そろそろコートやジャンパーなんかが恋しくなっちゃう季節じゃない?

と、言うワケでやって来ました帝櫻デパート! おまけに買い物帰りのその途中、見つけちゃいました顔見知り。
フードコートの隅の席で、寂しくコーヒーなんか飲んでたんだ。

でねでね? 顔を出しちゃった。
イタズラ心がむくむくと。

こっちに気づいてないみたいだったからこっそり後ろから忍び寄って……。

「じゃじゃーんっ! ねぇねぇねぇねぇ何してるの? 偶然遭遇茜ちゃんだよー!!」

声をかけたらパチクリされて、慌てた様子で「静かに!」のジェスチャー。
んにゃ? なんだか多少のワケ有りみたい。ついでに面白そうな予感もね!

そういうの、茜ちゃんピンと来ちゃうんです。
だってこういう些細な予感、なんとなく気づけちゃう私だから!


1 : ◆0NR3cF8wDM[saga] 2017/10/19 21:34:07.21 ID:XSG7c8ON0



・前日


コンコンコン

千早「失礼します」

P「ああ、千早、忙しいのにわざわざ来てもらって悪いな」

千早「いえ、プロデューサーに比べれば私なんて全然。……プロデューサーこそ、ちゃんと休養をとっていますか?」

P「うわ、ヤブヘビ」

千早「もう。いつも言っていますけれど、ちゃんとご自分の心配もしてくださいよ?」

P「はは、分かってるよ。ありがとな、千早」

千早「はぁ……本当に分かってますか? まぁ、今日のところはいいです。それで、お話があるとのことですけれど」





1 : ◆uYNNmHkuwIgM[saga sage] 2017/10/15 23:10:25.80 ID:S4p6m+xt0


このみ「さーて、今日はお姉さん飲んじゃうわよー」

莉緒「やだー、このみ姉さんかっこいいーさすが!」

風花「私も今日はとことん飲みたいです!」

歌織「あの、明日も仕事ですし、ほどほどに...」

 


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2017/10/14 09:49:43.31 ID:Io/5ggjL0

翼「美希先輩! わたしが増えましたよー!」

美希「朝からなんなのなの……」

翼「美希先輩!」

翼「この子が恋レスを歌ってた頃の無邪気なわたしです」

美希「うぜーの」

翼「美希先輩……」

翼「この子がアイルを歌ってた時のシリアスモードのわたしです」

美希「違いがわかんねーの」

翼「美希ちゃん!」

翼「この子がミリシタ時空のゆとりキャラのわたしです」

美希「アンチスレ立てておくね」

machico「まちこでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇす」

翼「この子が美希先輩と一緒にマリオネットを歌ったわたしです」

美希「こいつだけ明らかにおかしいなの!」

machico「ふどおかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん」


1 : ◆z80pHM8khRJd[saga] 2017/10/12 23:29:27.82 ID:O/zKLGYq0

静香「おはようございます」

P「よーし! みらしずつばじゃんけんの続きやるぞ」

静香「……?」

未来「わーい!」

翼「がんばるのですー」

静香「何で2人とも乗り気なの!?」


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP