PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/09/17 19:03:04.19 ID:Q2Yv3+Sp0


初春「佐天さん、能力が使えるようになったって本当ですか?」


佐天「ん~まぁね」


初春「おめでとうございます!どんな能力なんですか?」


佐天「う~ん……今まで手に入れた能力……色んなことができる能力みたい」


初春「そうなんですか……あ、からあげにレモンかけていいですか?」


佐天「いいよ」


初春「じゃあかけますね……ってあれ?」


佐天「どうしたの?」


初春「腕が石みたいに固まっちゃってます……どうなって?」


佐天(『からあげにレモンをかけさせない能力』……)


1 : ◆3rfPz4lVbmKs[] 2017/08/31 22:58:56.58 ID:7Tj7yoad0



・8/31通行止め記念日SS。

・ほんのり昔>>1が書いた、

打ち止め「あそぼ!」一方「しょォがねェな」

の幕間っぽい話。


・なんでも許せる人向け。





1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/24 22:45:25.76 ID:Fg1bvv560

鈴音「おにぃ ....いつまでだらだらとオタニート生活続けてんの...]


鑑「んー?いや、俺YD病だから。」

鈴音「.....わい、でぃー?」

鑑「そう、自分のやりたい事しか出来ない病、略してYD病。ポテトモグモグ)」

鈴音「....]ヴウン!」

鑑「おい、俺の宝物のフィギュアハートマン軍曹に傷をつけるな!俺の宝物なんだ!」

鈴音「だったらいい加減、どっかに勤めなさい! 友達に「鈴音のお兄さん、昔凄かったよねー。今何してるの?」
って聞かれて「警備員だよ、自宅のw]って笑いながらごまかすのも気まずい雰囲気になってるんだからね!」

後これは一年間という期限付き!終わったらお兄が欲しいアニメのブルーレイでも何でも買ってあげるから!」

鑑「マジ!?よっしゃああああ!ガンソのブルーレイ買えるううううう!行きます行きます!んで、何処?」


鈴音「あー、えーと...ココ。」

~千葉駅~ 

鑑「ここが千葉駅か...前に俺妹の観光に来た時以来だなあ...あー、家でネトゲとかプログ更新してー..えーと総武高校は此処か..]



1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/08/22 21:21:20.17 ID:0akRQJmV0.net

比企谷「…」

雪ノ下「…」ペラッ

由比ヶ浜「やっはろー」ガラッ

雪ノ下「こんにちは」

比企谷「うっす」

由比ヶ浜「うー」

雪ノ下「珍しいわね由比ヶ浜さんマスクなんかして」

由比ヶ浜「花粉症がひどくてさーもう最悪…」ズビッ

雪ノ下「そう…目も真っ赤ね…」

由比ヶ浜「目薬も差してるんだけどあんま効果なくて…ヘックチッ!!」

比企谷「…」ギュッ

由比ヶ浜「……」

雪ノ下「……」

雪ノ下「…比企谷くん?なんで由比ヶ浜さんに抱きついているのかしら?」

由比ヶ浜「ひひひひひヒヒッキー!!?///」

比企谷「……ッ!!??」

比企谷「すすすすすすまんっ!!///」サッ

雪ノ下「…比企谷くん短いお付き合いだったわね面会には行ってあげるわ」

比企谷「おい待ってくれまだ俺は社会的に死にたくない」

雪ノ下「塀の中にいる人はみんなそう言うのよ」

比企谷「違うんだ気づいたら体が勝手に動いて…由比ヶ浜に抱きつくつもりなんかこれっぽっちもなかったんだって!」

由比ヶ浜「ななななにそれ!それもそれで…ヘックチッ!!」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/19 10:41:20.31 ID:T/F2E+WP0


八幡「別に嫌いじゃあないが」

由比ヶ浜「ほ、ほんと!?ヒッキー///」

八幡(なんで顔が真っ赤なんですかねこの子は)

八幡「ってか、嫌いな奴なんているのか?俺は聞いたことないが」

由比ヶ浜「そ、そうなんだ・・・・」

由比ヶ浜(やっぱ好きなんだ///)

由比ヶ浜「やっぱり男の子はそうなのかな?」

八幡「まあ、男は大体好きだろうな。嫌いな奴はまずいないと思う。特に、男子高校生なんて飢えてるといってもいいぐらいだからな」

由比ヶ浜(う、飢えてる///)



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/16 15:33:43.39 ID:CZ3E5ga70



材木座「ふえっ!?」

いろは「ですから、手つないでもいいですか?」

材木座「えっ? なっ、て、てて手って、手? この手…?」

いろは「その手以外にどの手があるんですか」

材木座「ハムッ、す、すまない…」

いろは「それでー、いいんですか? ダメなんですか?」

材木座「だ、駄目というか…………どうして我と…?」

いろは「理由は聞かないでください」

材木座「えっ、そ、そう……」





1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/07 23:06:54.16 ID:m60a5kLz0

俺ガイルssです。

これは八幡と雪乃の未来のifストーリーになります。

※このssに出てくる二人が童○と処○です。


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/08/07 19:36:12.52 ID:Au1ELDWL0

『この夏新発売!○○の○○味!』



八幡(夏の夜。テレビからアイスのCMが流れる。それを小町が食い入るように見ていた)

小町「・・・」

八幡「・・・」

小町「えっ、買ってきてくれるの?」

八幡「何も言うとらんがな」

八幡(しかし、可愛い妹にねだられたら、絶対に断れないのが千葉のお兄ちゃんというもの。俺は俺の重い腰を上げた)スック



1 : ◆y7//w4A.QY[] 2017/08/03 01:19:06.21 ID:E7dKsAj+0

【学食】

セシリア「え、えぇっ⁉︎」ガタッ

一夏「……? どうしたんだ?」

セシリア「今なんとおっしゃいまして⁉︎」

一夏「いや、[ピザ]は嫌いだって」

お相撲さん(TV)「どすこーい! どすこいどすこーい!」

一夏「見てみろよ。あれ。暑苦しいったらありゃしないよな」

セシリア「そ、そうだったんですの。テレビに映ってらっしゃる力士の方の」

一夏「女の子だって太ってるのは嫌だけどさ」

セシリア「……!」ガタッ

一夏「おわっ⁉︎ さっきからどうしたんだ? 様子が変だぞ!」

セシリア「い、一夏さんっ! 女子に軽はずみな体重の話は厳禁ですわ!」

一夏「いや、でもセシリアはそんな心配」

シャルロット「なんの話?」ヒョイ

一夏「ああ、なんだ。シャルも昼飯か」

シャルロット「うん。ボクもご一緒させてもらっていいかな、えへへ……セシリア、どうしたの? 座ったら?」

セシリア「けっこうです! ちょっと、その、食欲がありませんので失礼します!」ガチャン コツコツ

シャルロット「え、まだ半分も食べてなかったのに……一夏、セシリアになんか言った?」

一夏「いや、思い当たる節はなにも」

シャルロット「ほんとかなぁ」

一夏「なんだよ。テレビを見ながら、[ピザ]は嫌いだって言っただけだって」

シャルロット「はぁ……。いちかぁ……女の子の前でそんなこと言っちゃだめだよぉ~」

一夏「どうしてだめなんだ?」

シャルロット「体重は気にするからね。それで? 一夏は痩せてる子がいいの?」もぐもぐ

一夏「あぁ、[ピザ]は嫌だな。でも、シャルも――」

シャルロット「ごちそうさま」カチャ

一夏「お、おい。まだちょっとしか」

シャルロット「な、なんだか今日はお腹いっぱいになっちゃってさぁ~」

一夏「体調でも悪いのか?」

シャルロット「心配してくれるの……?」

一夏「ああ、もちろんだ」

シャルロット「え、そ、それって、どして……?」

一夏「もちろん! シャルは大切な仲間だからな!」

シャルロット「な、仲間……。そ、そうだよね……あは、あはは……」ショボン

一夏「悩みがあったらなんでも聞くからさ!」ポン

シャルロット「ありがとう」

一夏「それで、体調は本当に平気なのか?」

シャルロット「うん。大丈夫。問題なのは、恋する病、なんちゃって」

一夏「……?」

シャルロット「もぉ! どうして聞いてほしいときに聞こえてないんだよぉ!」バンッ

一夏「おわぁっ⁉︎」


1 : ◆WpEgOxXb5Y[sage saga] 2017/08/03 15:08:22.10 ID:EjL7S2SM0

これは蛇神事件のその後に起きた出来事である。


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/07/28 23:41:24.85 ID:9VLSDRYx0




~上条宅~



???上条「ふー…ただいまー…」 ガチャ






????「「「「「「「おめでとぉおおおおッ!!!」」」」」」」<※パァァンン! ????


上条「どぅぅああああ!!!?」ビクッ! ??





1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/07/27 13:24:43.76 ID:aDbJZUbB0



・上食…と上琴


・☆を倒して1年後


・インさんはイギリスに帰った


・歌ネタを取り入れた、夏の恋物語です


・OKならどうぞ!




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/07/20 13:23:25.17 ID:XZ5wqjxTO



~7/20、上条宅~


インデックス「…あっ。」

上条「んー?どうした?」

インデックス「…何でもないかも」

上条「あからさまに何かに気づいた声出して『何でもない』はないだろ」

インデックス「そんな事よりとうま、私おなか空いちゃったかも」

上条「…インデックスさんや?さっき食べたばかりでしょ?」



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/07/04 15:39:19.97 ID:wMgoCoXZ0

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498117073/ 賢者の石

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498631510/ 秘密の部屋 の続きだゾ

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2017/07/11 00:00:55.44 ID:S+mcxkf/0.net

ホグワーツ城廊下


マルフォイ「今日こそお前に勝ってみせるぞポッター!」

ハリー「またかいマルフォイ…もう何度目だい?」

ロン「なんだって、また二人の決闘が始まるのかい?ハーマイオニーを急いで呼んでこないと!」タッタッタ

ハリー「(仕方ない、あの呪文でも試してみるか)挑んできたんだから文句を言わないでよ?先手必勝、セクタムセンプラ!」

マルフォイ「あひんっ」ビリビリッ

ハリー「えっ?」

ロン「ん?なんの音だ…い!?」クルッ
ロン「(なんだいありゃ、ハリーがマルフォイの服を剥いだ!?なんてこったいまさかハリーがゲイだったなんて…)」

マルフォイ「父上にも見られたことがないのに…責任を取って貰うぞポッター…///」


的なですね

1 : ◆kh6j.ZZqSk[sage saga] 2017/07/01 20:05:02.80 ID:4JutK+cUo

 私の名前は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん。

 ただのセールスマンじゃございません。

 私の扱う商品は『心』。人間のココロでございます。

 この世は老いも若きも男も女も心の寂しい人ばかり。そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

 いいえ、お金は一銭も頂きません……お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

 さて、今日のお客様は――。


静「なっ………そんな! ちょっと待って………っっ!!」

静「はぁ……またフラれた…………」


<平塚 静(ひらつか しずか) 30代 女 高校教師>


「色眼鏡」

 ホーッホッホッホッホッホ……


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/08/27 11:10:43.47 ID:Ksn2qx+F0

・帝春


・時系列は新約15巻以降


・初投稿なので文は稚拙


・キャラ崩壊とめちゃくちゃなオリ設定、オリキャラ


・それでもOKならどうぞ??



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/06/22 16:37:53.58 ID:hmu+sZiK0

ハグリッド「おまえさんが怖いと思ったとき、助けてほしいと思ったとき何か不思議なことがおこりゃせんだか?」

ハグリッド「そうとも、しんのすけ・・お前さんは魔法使いだ。」

しんのすけ「え~ どうせならオラもえPよりアクション仮面の方がよかったゾ」

ひろし・みさえ「気にするのはそこじゃないだろ」

ひろし「大体魔法だなんていきなり言われても信じられねえよ。何か証拠を見せてくれよ」

ハグリッド「ほんとはつかっちゃなんねぇんだが、この際仕方ない。」

ハグリッドは杖をひろしの靴に向けて唱えた 「スコージファイ 清めよ」

野原一家「!!」

みさえ「嘘でしょ・・ あんなにしつこかった臭いが消えてるわ・・」

しんのすけ「魔法ってスゴイゾ!!」

ひまわり「パパの靴下の方もお願いしたいわ」

ひろし「ちょっと、悔しい。」




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/06/25 00:16:47.41 ID:7HbGxjMr0

キョン「古泉が何故ホモ臭いのか真剣に考察してみようと思う」

古泉「これはまた面白そうな話題ではありますが、一つだけ言わせてください」

キョン「なんだ古泉、居たのか」

古泉「えぇ、先程からずっと。僭越ながら申しますと、僕は貴方以外からその様な扱いを受けた事が無いのですが」

キョン「そうか?」

古泉「教室では女性方から黄色い歓声を浴びますし、街に出れば声を掛けられて大変なのです」

キョン「俺には婦女子の黄色い歓声ではなく、腐女子のドス黒い嬌声に聴こえるがな」

古泉「それは流石に捻くれ過ぎでしょう」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2017/06/22 04:05:37.43 ID:uKo32jjg0

イムヤがいろはすに入れ替わったら、と言うだけの短編です。
ギャグ書きたかったのに何故かシリアス寄りに…


スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP