PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2016/02/18 18:30:20.14 ID:4hXLT9aAO

それでも町は廻っている×進撃の巨人 クロスSS





―亀井堂―


歩鳥「ねーちゃん、昔から気になってる事があるんだけどさ」

静「なんだ?」

歩鳥「この昔から置いてある丸い金属に四本足の変な顔ついた奴なに?」

静「あー、リドルの事?それね~私も困ってんだよ~~~使い道がわかんなくてさ~。今なら安くてお買い得のオススメ商品だよ」

歩鳥「使い道のわからんもんオススメ商品にすんのかよこの店は」

静「これ昔からずっと売れ残ってんのよね~」

歩鳥「うん、使い道わからんもんね」

静「でもさ~何か手放したくないんだよね、これ。なんでかはわからないけどさ」

歩鳥「へー?これが?そんなにいいものなのかなぁ…」ジー


静「…で、買うの?」

歩鳥「買わんわ!!」




1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/22 23:16:52 ID:DpECjkxc

エレン「ミカサのおっぱいが揉みたい」

ミカサ「わかった」

エレン「!?」

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/12/14 23:22:59.21 ID:XSqAzWJu0

ユミル「いやだよ」

アニ「いやだね」

ミカサ「トモダチ?」

サシャ「ええ!?」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/12/24 21:56:19.32 ID:r/ngIj9AO




ヒストリア「…」


エレン「…」ギュウウ



ヒストリア「…どうですか?エレンさん」

エレン「ああ。やっぱり変わんねぇな…何も思い出せねぇ」

ヒストリア「こんな年頃な女の子を掴まえて何回も手を握って収穫無しとはもう手を握りたいがためにわざとやってるんじゃないかと勘繰ってしまうよ」

エレン「訳わかんねぇ事言うなよ」

ヒストリア「ごめん」

エレン「…まあ、そうやって変なこと言って元気付けようとしてくれてるのだろうけど」

ヒストリア「おうよ」

エレン「…」

ヒストリア「…でも、なんか雰囲気変わったね」

エレン「え?」

ヒストリア「なんか雰囲気や表情が穏やかになったというか、余裕が出てきたというか…」

エレン「ああ…」

ヒストリア「教官に会いに行ったんだってね」

エレン「ああ。会って良かったよ…俺はどうしようもないことばっかり考えてた」

エレン「俺は特別じゃなかったとか何とか言ってたけど……みんな、生まれた時からそれぞれ特別な存在なんだよな」

ヒストリア「エレンらしくないこと言ってビックリ」

エレン「悪いか?」

ヒストリア「いえ、いいと思います」




1 : ◆uSEt4QqJNo[] 2015/12/25 21:30:08 ID:0f/2vn5E



ふっ、と吐いた息が白い。随分と寒くなってきた。リヴァイはそう感じ寒々とした外を見遣った。
もう年の瀬も近いこの時期、皆がうるさくなる。

今年も集まって飲むから絶対忘れるな。

面倒臭がってすっぽかすなよ。

あと○日後だからな。

本当にうるさい。お陰でここ数年、リヴァイは己の誕生日を忘れたことがない。いや、忘れさせてくれない。
感謝すべきなのだろう。祝ってくれる仲間がいることに。

だが如何せんうるさい。何日も前から毎日言われるのだ。リヴァイは辟易していた。
ここに来て始めの1、2回を逃げようとしたことが尾を引いているのかもしれない。

あんな昔のことなど引きずるな、と知らず舌打ちをした。

1 : ◆uSEt4QqJNo[] 2015/12/24 22:33:37 ID:0CShOAXc


*エレンが初めての壁外調査に行く前の話



――旧調査兵団本部――


エレン「地下で寝るってのは寒いな。また今日は一段と冷えるし眠りにくそうだ」ブルッ

エレン「でも仕方ねぇよなぁ」ハァー

ミカサ「めりーくりすます、エレン」ヌッ

エレン「ぬおぁぁぁ!!?」

ミカサ「……ああ、びっくりした」

エレン「びっくりしたのは俺だ!! 何して、いや、なんでここに!?」

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/12/05 22:29:09.93 ID:23hSaaip0

ハンジ「さぁ!お集まりのみなさん!長らくお待たせしました!これより第104期生による異種格闘技選手権大会を開催します!」

うおおおおおおおおおお!!!!!!!

ハンジ「実況は私、ハンジ・ゾエとキース教官でお送りします!」

キース「うむ。よろしく頼む」

ハンジ「それでは早速、選手たちの入場です!」


1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/12/06 23:14:49.10 ID:WRY64W/NO


ここに穴があります。

俺の目の前に。

間違いなく穴です、俺の目にはそう見えます。

巨人が入ってくるのに、ほどよい高さと幅に開けられています。


俺が覚えている限りでは、……5年前からあります、

そしていまも、俺の目の前にあります。

間違いなく、あります。

巨人が入ってくるのに、ほどよい高さと幅に開けられています。




1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/12/01 06:39:07.54 ID:c45X0O/AO


845 とある礼拝堂

ゴオオオオオオオ………

グリシャ「力は渡して貰うぞ!!」ザッ

フリーダ(どうする…どうすればこの状況を平和的に解決できる!!)

ロッド「フリーダ!巨人化だ!」

フリーダ「いきなり戦闘では何も解決しない、それは最後の手段よ!」

ロッド「ええい、なんの影響でそんなこと言うのだ!」

フリーダ(過去の世界の記憶の内の1つにあった漫画の1つ、ヴィ○ランドサガ…それの影響よ!悪かったわね!)

グリシャ「オオオオオオオ!!」

ロッド「まずい、奴は巨人化する気だ!フリーダ!!」

フロリアン「お姉ちゃーん!」

ウルクリン「フリーダ姉さん!」

フリーダ(私にも守るべき家族がいる…でも相手にも大事な家族がいるかも知れない)

初代王(あの侵入者は始末するべきだ…戦え)

フリーダ(黙れ初代王の亡霊が!)

フリーダ(ええい!!)

フリーダ「待って待って待って待って待って待って待ってええええええ!!!」ジタバタジタバタ

グリシャ「え、なに!?」ビクッ




1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/30 11:54:49 ID:QvKKgMJ6

ミカサ「なにが?」

エレン「精液」

ミカサ「精液…」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/22 11:29:28 ID:fBF839eM

アルミン「…なんで?」

ミカサ「私は知ってしまった」

アルミン「なにをさ?」

ミカサ「私には愛想がない」

アルミン「うー…ん」

ミカサ「はっきり言ってもらって構わない」

アルミン「確かに愛想たっぷりってわけじゃないかな。でも僕もエレンもそうだよ?」

ミカサ「だから同年代と生活するまで気が付かずにいた」

アルミン「…他の子と上手くいってないの?」

ミカサ「一部になぜか怯えられている」

アルミン「愛想がないから?」

ミカサ「サシャ曰く接しにくいらしい」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:33:28 ID:FmNS2xNw

今回は真面目にやります
NTR注意

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/15 08:06:35 ID:/xruv.I2

NTR注意

1 : ◆uSEt4QqJNo[] 2015/10/31 18:17:16 ID:sQ0EHOHo




ミカサ「……エレンはどこ?」

アルミン「ミカサ、早まるんじゃない!」

ジャン「ミカサ、落ち着け」

ライナー「悪いがここは通せないぞ」

ベルトルト「エレンはここにはいないよ」

ミカサ「……みんな」ユラリ

「「「「!?」」」」

ミカサ「トリック オア トリート?」


.

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/10/16 21:56:49 ID:hGvuTv5I

ミカサ「エレンのおちんちんが見たい」

エレン「」

ミカサ「見たい」

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/10/10 01:41:15.76 ID:EZARmEQpO


~845年シガンシナ区~


カルラ「いい? 太くて長いのを買ってくるのよ!」

エレン「うん! 母さんが泣いて喜ぶような太くて長いの買ってくるよ!」

カルラ「間違えるんじゃないのよ! ネギだからね! 『太くて長い』からってダイコン買ってきちゃだめよ!」

エレン「大丈夫だよ! 母さんが気絶するほど太くて長いネギ買ってくるよ!」



1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/06/12 23:11:43.63 ID:wwqdZYJAO

以前書いた、『コミュ障クリスタ』の外伝

訓練兵時代の短編を書いていきます。




1 : ◆uSEt4QqJNo[] 2015/06/21 20:33:58 ID:JIfgmdjw


*6月号69話までのネタバレ有り
特に69話が好きな人は見てはいけない
2巻と混ざってるようで2巻じゃない


次レスからネタバレ満載

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/05/19 22:42:17.99 ID:3nx7IF4R0

クリスタ「今いーい?」

ユミル「駄目、今ちょっとかったるい」

クリスタ「いつもそうじゃない」

クリスタ「前座るね」

ユミル「本読めないぞ」

クリスタ「うんごめんね」

ユミル「最近甘えてないか」ギュ

クリスタ「そんなことないよ」

クリスタ「どこか体の悪いところない?」

ユミル「ないよ」

クリスタ「良かったね」

1 : みお ◆skOdBilCbI[sage] 2015/05/19 12:31:49.20 ID:x/UhD5wAo


進撃の巨人

やっと地下室に辿り着いた調査兵団の前に立ちはだかる新たなる敵とは


注意

第69話までのネタバレが含まれてる

パクリネタと考察ネタを詰め込んでトンデモ展開に昇華した話

真面目な話ではありません

繰り返します、真面目な話ではありません

出てくる人

現調査兵団の生きてるキャラ




スポンサード リンク
zenback
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP