PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2013/12/21 22:13:22.17 ID:43bE1lumo

―――事務所


P「…………」カタカタ…


P「……ふー」ギシッ

P「うぐぐ……」ノビー

P「いだだだ」ゴキゴキ


P「はぁ……」




泰葉「……Pさん?」ヒョコッ


2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:17:20.94 ID:43bE1lumo

P「ん? あぁ、泰葉。お疲れ」

泰葉「はい。お疲れさまです、Pさん」ペコリ

泰葉「あの、どうしました? ため息なんて……」

P「ちょっと肩がなー。デスクワークしすぎたかな」

P「ま、このとおり平気へい、き……いててて」

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:19:07.04 ID:43bE1lumo

泰葉「……あんまり良くないみたいですね」クス

P「あ、あはは」

泰葉「ふふ……あ、そうだ。ではこうしましょう」

P「なんだ?」


泰葉「――Pさん。私で良ければ、肩、揉みますよ」

7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:23:53.46 ID:43bE1lumo

―――


たん  とん

  ぽこ  ぽこ


P「ん、お、ぉふ……!」

泰葉「んしょ」モミモミ…


P「おぅ、ぅぅうあああ、……あっあぁん」

泰葉「ちょっと、変な声出さないでください……えい」

ぐりっ!

P「うごぅ!? いだっ、いだいいだい泰葉いたいっ!」

8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:26:36.85 ID:43bE1lumo

泰葉「ふぅ。まさかここまで硬いとは思いませんでした」ポコ ポコ

P「俺も予想外だよ……気持ちいいよ泰葉」

泰葉「よかった。でも、あまり根を詰めないようにしてくださいね?」モミモミ

P「了解です、岡崎先輩」

泰葉「ふふ、よろしい。……もう一度ぐぐっといきますね」

P「ん、頼む」

泰葉「では」

ぐぐ……ぐりぐり

P「あ、ああぁああ……あぁっあぁん♪」

泰葉「ですから声」ペシ

P「あいた」

9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:29:54.18 ID:43bE1lumo

泰葉「まったくもう」

P「反省してます」

泰葉「反省してもダメです。許しません」タン トン

P「えー。どうしたら許してくれる?」

泰葉「そうですね……うーん」ポコ ポコ


泰葉「また、こうして肩たたきさせてくれれば。それで許します」

P「……ふふ。こっちからお願いしたいくらいだ。泰葉、また頼むよ」

泰葉「はい、Pさん」


たん  とん

  ぽこ  ぽこ……



10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:32:47.38 ID:43bE1lumo

泰葉「――ん、だいぶ柔らかくなりましたね。どうです?」

P「おぉ……おおお! 肩が軽い!」グルングルン

P「ありがとな泰葉、調子抜群だ」

泰葉「どういたしまして。……あは、Pさんが喜んでくれてよかった……♪」

P「これでまた仕事が捗るぞー!」

泰葉「……む。捗っちゃヤです。いつか肩壊しちゃう」プクー

P「その前に、泰葉が揉んでくれるから大丈夫だよ。そう膨れるなって」プニ

泰葉「ぃにゅ。……もう、やめてくださいっ」

11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:35:40.83 ID:43bE1lumo

P「ははは、泰葉は可愛いなぁ」ナデナデ

泰葉「し、知りません……Pさんのばか」プイ

P「ふふ……なぁ、泰葉」

泰葉「なんです」ジトー

P「なんだか、年相応な顔するようになったな」

泰葉「……誰かさんのせいですね、きっと。自分でも子供っぽくなったって思います」

P「もちろんいい意味で、な?」

泰葉「そうだといいですけど」クス…

12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:38:30.16 ID:43bE1lumo

泰葉「――あ、そろそろレッスン行かなきゃ」

P「ん。頑張ってきな」

泰葉「はい。Pさんはくれぐれも無理しないように」

P「はいはい、分かってるよー」

泰葉「…………」プク

P「ほいっ」プニー

泰葉「んゅ。ふふ、それじゃ――」



泰葉「いってきますね♪」ニコッ




13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:39:01.56 ID:43bE1lumo

泰葉編おわり

16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:49:38.66 ID:43bE1lumo

―――


がちゃり

加蓮「おはよーございますっ」


P「おう、おはよう加蓮。早いな」

加蓮「あ、Pさんおはよ。ふふ、お仕事の時間までPさんとお喋りしようかなって」

P「俺とか? 資料に目を通しながらでいいなら、構わないぞ」

加蓮「うん、ありがと。って、あれ?」

18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:52:36.99 ID:43bE1lumo

P「うん? どうした?」

加蓮「Pさん、目真っ赤だけど……大丈夫? 疲れてたり……」

P「あー……心配するな、うん」

加蓮「そう? 分かった」




加蓮「なんて言うと思った? ん?」グイッ

P「やっぱりダメだったかー、あっはっは」

20 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:56:54.57 ID:43bE1lumo

加蓮「あっはっは、じゃないよもう!」プンスカ

加蓮「いつも疲れたらしっかり休めって言ってるのPさんでしょ!」

P「まぁまぁそんなに怒るなって」

加蓮「怒るよ! ほら、ちゃんと見せてっ」

P「ちょ、加蓮近い――」


加蓮「あぁもうクマもすごいし……」ジッ

P「あの」

加蓮「よし、マッサージして血行よく……じっとしててね」グニグニ

P「ちょっと……」

加蓮「あっ、そうだちょっと待ってて。いいこと思いついたっ」タタタッ



P「……忙しいなぁ」ポツン

23 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 22:59:56.04 ID:43bE1lumo

―――


加蓮「お待たせPさん」

P「おかえり。給湯室でなにしてたんだ?」

加蓮「ふふ、これ作ってたの」スッ


蒸しタオル「ほかほか」


P「タオル? なんか湯気出てるけど」

加蓮「そそ、蒸しタオル。水気絞ってレンジでチン! ってね」

24 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 23:05:38.46 ID:43bE1lumo

P「へぇ……」

加蓮「はい、そういうことだから上向いて。目に乗せて血行促進~」

P「えっと、俺仕事が」

加蓮「拒否権なーし」グイ

P「あぁっ」

ぽふ

P「ぁぁああ…………あったかいぃぃ……」

加蓮「ふふん♪」

26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 23:08:23.55 ID:43bE1lumo

P「おおう…………これは……なかなか……!」

加蓮「どう? 疲れ取れるでしょ」

P「目にじんわりきて……最高だぁ……ぁぁああああ……」ダラーン

加蓮「おじさんみたいだよ、Pさんたら」クスクス

P「この際なんでもいい……けど」

加蓮「けど?」


P「仕事……」

加蓮「んもう。まだそんなこと言う」ムスー

27 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 23:11:42.29 ID:43bE1lumo

加蓮「私がお仕事行くまで見張ってるからね?」

P「加蓮は心配性すぎるんだよ……」

加蓮「Pさんにだけは言われたくない」

P「うぐ」

加蓮「……私だって心配なんだから」

加蓮「泰葉に聞いたよ。肩こりすごかったって」

P「…………」

加蓮「もっと自分を大切にしてね。私たちを大切に思うくらい、自分も」

28 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 23:15:12.54 ID:43bE1lumo

P「……うん、そうだな。ありがとう、加蓮」

加蓮「いえいえ。……さてと、お仕事の準備しなきゃ」

P「あ、手伝うよ」

加蓮「ダメ。せめてタオル冷めるまでじっとしてなよ?」

P「……はい」

加蓮「うんうん、素直が一番。ってことで――」


ちゅっ


加蓮「……ん。いってくるね、Pさん♪」

P「っ、んなっ……!?」

29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 23:18:43.87 ID:43bE1lumo

P「か、かっ加蓮!?」バッ

加蓮「んー? なぁにPさん?」

P「い、今ほっぺたに……!」

加蓮「さぁ、知らなーい。私にはなにも見えなかったヨー」

P「こら加蓮、待て!」

加蓮「ふふふっ! 蒸しタオルの代金ってことで!」



加蓮「じゃあね、いってきまーすっ♪」




30 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 23:20:19.17 ID:43bE1lumo

加蓮編おわり
ちょっとアイドルと戯れてくるのん

31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[sage] 2013/12/21 23:24:33.94 ID:lrmjZoLy0

待ってる

35 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 23:50:45.60 ID:43bE1lumo

―――


P「……なぁ、李衣菜?」

李衣菜「はい?」


P「どうして俺は李衣菜に膝枕されてるんだろう?」

李衣菜「ふむ。では答えましょう。理由そのいち」

P「何個もあるのか……」

李衣菜「Pさんがソファーでぐったりしていたので」

P「あ、ああ……たまたま疲れてたんだよ、たまたま」

李衣菜「…………」ジトッ

P「うぅ」

37 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 23:53:58.12 ID:43bE1lumo

李衣菜「はぁ……理由そのに。泰葉や加蓮がすっごく心配してましたから」


李衣菜「いろいろ聞きましたよ? 肩こりが酷いやら目が真っ赤やら」

P「面目ない……」

李衣菜「そう思うなら、死んだように寝たりしないでほしいですけど」

P「わ、悪い」

李衣菜「びっくりしたんですからね? ホントに死んじゃったのかと……」

P「……泣かせちゃったな。ごめん」

李衣菜「もういいですよ、生きてますし。えへへ」

38 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/21 23:57:16.96 ID:43bE1lumo

李衣菜「それから、理由そのさん」

P「まだあるのね……」

李衣菜「私も、Pさんになにかしてあげたいなーって思ってたんですよ」

李衣菜「お世話になりっぱなしなのはロックじゃないですから!」フンス

P「いやそれはよく分からんけど」

李衣菜「……ま、冗談はともかく。日頃のお礼くらいさせてください」

39 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:00:06.54 ID:UuGQrWKmo

P「そう、か?」

李衣菜「そうです。今日はゆっくり休んで、元気になってくださいね」ナデナデ

P「ん……な、なんか恥ずかしいな」

李衣菜「なに言ってるんですか、いつもPさんがやってることでしょ?」ポフポフ

P「そりゃそうだけど……やるのとやられるのとじゃ違うなぁ」

李衣菜「私は撫でられるのも好きですよー、へへへ」

40 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:03:39.76 ID:UuGQrWKmo

P「……素直だな、李衣菜は」

李衣菜「ふふ。自分に正直でいろ、ってPさんに言われましたから」

P「そんなことも言ったっけ。まだ李衣菜が駆け出しの頃か……懐かしい」

李衣菜「今度はアリーナでLIVEかぁ……わくわくしますね!」

P「緊張とかしてないか? 不安とか」

李衣菜「平気ですよ。隣に泰葉も加蓮もいるし……ファンのみんなが勇気づけてくれる」


李衣菜「それになにより、Pさんが見てくれてるから。ねっ」ニコッ

P「そっか。……そうだな」

41 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:06:09.06 ID:UuGQrWKmo

李衣菜「この前衣装合わせもしたし、俄然やる気湧いてきましたよ!」

P「お、気に入ったか。あれ、俺もちょっと口出しさせてもらったんだ」

李衣菜「そうだったんですか? へへ、ならPさんもステージに立ってるってことですよね」

李衣菜「一緒にLIVE、成功させましょうっ!」

P「おう! ってことで……」

李衣菜「?」

P「仕事再開しないと。よっこらしょ」ムクッ

42 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:09:57.89 ID:UuGQrWKmo

李衣菜「あっ、ダメですよ!」グイッ!

P「のわっ!?」ヨロッ

李衣菜「んもう、じっとしててくださいっ」

P「も、もう充分休んだってば!」

李衣菜「いーえ。せめてお昼寝くらいしてもらいますからね」

P「お昼寝って……李衣菜も足痺れるだろ?」

43 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:15:20.81 ID:UuGQrWKmo

李衣菜「はいはい、そんなこといいから目を瞑ってくださーい」

P「聞いてくれよ……」

李衣菜「アイドルの膝枕で眠れるなんて普通じゃ出来ませんよ? 役得ですね♪」

P「そうですね……はぁ、分かったよ。寝ればいいんだろ、寝れば」

李衣菜「えへへ。いいこいいこ」ナデナデ

P「そ、それはやめてくれっ」

44 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:17:57.60 ID:UuGQrWKmo

李衣菜「あ、子守唄歌いましょうか!」

P「ん……じゃ、頼むよ。李衣菜の歌声、好きだからさ」

李衣菜「あ。Pさんも素直になった」クス

P「ふふ、だな……」

李衣菜「ふふふ♪ こほん、それでは……。――♪」


♪――

♪♪―――♪



45 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:21:23.05 ID:UuGQrWKmo

李衣菜「――♪」


P(……はぁ……いい心地だなぁ)

P(李衣菜もこんな優しい声が出せるんだな……次はこの方針で――)

P(はっ! いかんいかん、せっかく李衣菜が歌ってくれてるのに)

P(ちゃんと……ねむ、って)

P(ね、む……)


P「…………Zzz」スヤァ

李衣菜「―――♪ ……あ、寝ちゃったかな?」



李衣菜「Pさん、ゆっくり休んでくださいね♪」




46 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:29:08.22 ID:UuGQrWKmo

李衣菜編おわり

48 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:33:53.60 ID:UuGQrWKmo

―――LIVE会場


P「――みんな。そろそろLIVE始まるけど、準備はいいか?」


李衣菜「はい、バッチリですよ!」

加蓮「ふふっ、早く歌いたくてうずうずしてるよ」

P「よしよし、大丈夫そうだな。泰葉はどうだ?」

泰葉「ええ、私も準備できてます。だけど……」

P「だけど?」

泰葉「ちひろさんが……」


ちひろ「みみみみみんなっががが、頑張っててててて」ガタガタガタガタ



49 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:38:45.81 ID:UuGQrWKmo

P「ちょ、なんでちひろさんが一番緊張してんですか!」

ちひろ「あわわわわだってだってだてだって!」

ちひろ「あり、ありありアリーナですよアリーナ! おっきいんですよすごく!」

P「んなこと分かってますよ……俺だって多少は緊張してますけど」

P「この娘たちを見てください。心配ごとなんてひとつもないですよ」


P「……そうだろ? 泰葉、加蓮、李衣菜」

50 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:41:01.31 ID:UuGQrWKmo

泰葉「ふふ♪ ちひろさん、しっかり私たちの姿、見ててくださいね」

加蓮「ファンの声援、ちひろさんにも聞かせてあげる!」

李衣菜「私たちの歌とダンスで、体も心も熱くなってください!」


ちひろ「…………!!」


P「……どうです、ちひろさん。3人の顔見たら、不安もなにも吹っ飛んだでしょ?」

ちひろ「……は、はい――はいっ!」

51 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:43:57.93 ID:UuGQrWKmo

ちひろ「よ、よぉし……! もう平気です! 私ここでっ、みんなのステージ見てます!」

ちひろ「そうですよね、私が不安がっちゃ、失礼ですもんねっ!」クワッ

ちひろ「さぁ! LIVE楽しみますよー!」フンス


P「……逆に興奮しだした」

李衣菜「あはは♪ プロデューサーも楽しんでくださいね?」

P「あぁ。ちひろさんと一緒にここで見てるよ」

52 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:47:55.87 ID:UuGQrWKmo

加蓮「……ね、プロデューサー?」

P「ん?」

加蓮「私たちをここまで連れてきてくれて、ありがとね」

P「ど、どした急に。改まって言うことでもないだろ?」

泰葉「急じゃないですよ。ずっと感謝しなきゃ、って思ってたんです」

加蓮「うん。いつも遅くまでお仕事、お疲れさま」

P「お、おう……なんだかむず痒いなぁ」

53 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:50:04.34 ID:UuGQrWKmo

李衣菜「今日のLIVEは、ファンのみんなへの感謝と――」

泰葉「私たちを一番に愛してくれてる、プロデューサーへ贈ります」

加蓮「だから、今日のこと……ずーっと覚えていてね?」

P「……あぁ、ああ! 絶対忘れないよ、絶対!」

P「……みんな。悔いのないように、全力で楽しんでこい!」



「「「はいっ!!」」」




54 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:53:38.15 ID:UuGQrWKmo

―――


李衣菜『みんな楽しんでるーっ!?』


加蓮『しっかりついてきてね!』


泰葉『さぁ、もっともっと盛り上がりましょう!』


わぁぁぁぁぁぁあああああ…………!!



P「いい笑顔だな、3人とも……」

ちひろ「ですね……キラキラしてて素敵です」

P「なんだか感慨深いですよ、本当に……」

55 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:55:48.45 ID:UuGQrWKmo

ちひろ「でも、随分と無理をされてたようですけど……」

P「いやぁ、そんなことないと思いますよ?」

ちひろ「もう……なにかあってからじゃ遅いんですよ?」

ちひろ「お疲れでしたら、しっかりと休んでくださいね」

P「分かってますよ」

P「あの娘たちのためにも、無茶なんてしません。なにより、俺にとって――」



P「あの娘たちの煌めく笑顔、輝いてる姿が……最高の特効薬ですから!」




『『『ありがとーーーっ!!』』』




おわり

56 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2013/12/22 00:57:08.63 ID:UuGQrWKmo

というお話だったのさ
やっぱり好きなアイドルで書くと楽しいね

57 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2013/12/22 01:01:25.85 ID:8osYHBrDO

乙乙
良かった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387631602/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP