PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 17:23:43.13 ID:5LaE8vcCO

きらり「にょっわー! Pちゃんおはゆー☆」

P「おう、きらりおはっ……」

  ぎゅうぅぅっ……

きらり「にゅふふ……はぐはぐー☆ 元気ばくはーつ! 今日もいっしょにハピハピすぅー?」

P「……おー、元気だなー。俺も元気だぞー」

きらり「にょ? Pちゃんどしたー?」

P「なんでもない。ちょっとな……」

きらり「むむむーん? どゆこと?」

P「……元気がいいとは限らないんだよ、うん」

きらり「そーなの? でもPちゃんの元気がないときらりさびしいにぃ……」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 17:31:49.76 ID:5LaE8vcCO

P「あぁ、大丈夫。しばらくしたら普通に元気になるからさ」

きらり「そーお? じゃあもっともっと早く元気になるようにきらりんパワーちゅーにゅーすぅ? やっちゃう?」

P「大丈夫。今はそっとしといてくれればいいから……」

きらり「にょ……そっかー……」

P「ははは、心配しなくても平気だぞ? さぁ、仕事にいこう!」

きらり「りょーかい! ……Pちゃんどしたー?」

P「なにがかな?」

きらり「だっておじーちゃんみたいだにぃ? ぽんぽんいたいのー?」

P「これはほら……元気な証拠だから……」

きらり「むー? わかんなーい!」

P「わかんなくていいから、いこう……うん」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 17:39:01.44 ID:5LaE8vcCO

P「ふぅ……」


P(ダメだ。俺はもうダメだ……)

P(まるで小さい子供みたいに純粋に甘えてくるきらりが可愛い)

P(それはいい。アイドルとしても素晴らしい実力がある)

P(でも……あの身体でそんなことされたら……)

P(……スタンドアップマイヴァンガードだ)

P「……はぁ。いっそ嫌われれば楽に……」

P「……嫌われれば? それだ!」

P「触る側はよくても触られるのは嫌なんてのもよく聞くし!」

P「いっそ男の怖さでも教えてやろうか! ぐぇっへっへ」

P「……それはなしだな。うん」

P「さて、撮影が終わるし戻ろう」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 17:47:51.57 ID:5LaE8vcCO

P「きらり、お疲れ様!」

きらり「うきゃー! Pちゃんみてたー?」

P「あぁ。頑張ったな! えらいぞ」

きらり「うぇへへへー☆ 大成功でみんなもハピハピ? ばっちし!」

P「ばっちしさ! ほらきらり、えらいぞー」スッ…

  なでなで

きらり「にょっ……!?」

P(はっはー。頭を撫でてやったわー)

P(きらりより背が高い相手なんてそういないし撫でられていまい! 不意打ちだ!)

P(……自分より背が高い相手をなでるのは妙な感覚だな)


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 17:59:18.92 ID:5LaE8vcCO

P(さぁ、どうだ! 髪はそう触れさせたくない部分だろう!)

きらり「にょ……も、もーっ! いきなりなでなでされたらびっくりしちゃうのー! めっ!」

P「おっと、すまん。ついな! はっはっは」

P(そしてこのスカした態度。どうだきらり、幻滅しただろう!)

きらり「おかえしできらりもなでなでしてあげゆー☆」

P(なん……だと……!?)

きらり「わー、Pちゃんもふもふー! にゅふふ……きもちー?」

P「……うん、すごくいい……」

きらり「うぇへへへ、これでおあいこ! でもいきなりされたらうきゃーってなっちゃうからめーなの!」

P「……わかった、次から気をつけるよ」

きらり「するときはしたーいっていってくれたらきらりも準備オッケー! ってすぅから、ね?」

P「……ああ」


P(……頭を撫でるだけじゃダメか……)

P(むしろ撫でられ返されて向こうに武器を与えてしまった)


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 18:05:21.73 ID:BWB4jrTv0

http://i.imgur.com/Sw3JqAX.jpg
http://i.imgur.com/YiQADnQ.jpg
http://i.imgur.com/8LSpx43.jpg
諸星きらり(17)


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 18:13:46.41 ID:5LaE8vcCO

P(だがまだだ!)

P(俺の欲望はとどまることをしらないぜ!)

P(へっへっへ……覚悟しろよ、きらり……!)


きらり「Pちゃん?」

P「あ、あぁいや。なんでもないぞ。次の仕事にいこうか」

きらり「りょーかい☆ やったるにぃ!」

P「やる気十分だな、いい感じだ」

きらり「だってだって、Pちゃんといっしょだもーん! きらり、どきどきしちゃうのー!」

P「ははは、俺もきらりと一緒だと楽しいぞ」

きらり「にょ……ほんと? たのすぃー?」

P「ああ! 最高さ!」

きらり「……うぇへへへ、てれゆー」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 18:28:12.92 ID:5LaE8vcCO

P(仕事はサイン会か……)

P(……はっ、ひらめいた!)


P「きらり、次はサイン会だよな」

きらり「うんっ! みんながにこーってしてくれゆのー☆ だからきらりもハピハピすぅ!」

P「きらりはファンのみんなが大事か?」

きらり「うん! だぁーいすきだにぃ!」

P「じゃあもっと触れあう握手会の練習はどうだ?」

きらり「あくしゅ?」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 18:34:03.41 ID:5LaE8vcCO

P「そう、握手だ!」

きらり「ときどきサインといっしょにしてーって人もいるにぃ?」

P「いや、握手会は少し勝手が違うな」

きらり「そーなの?」

P「ああ。握手だけを続けるのは思っているよりもよっぽど大変なんだ」

きらり「むー、きらりよくわかんない……」

P「そうか。じゃあ練習しよう!」

きらり「れんしゅー? なにするの?」

P「それはな……こうさ!」

  ぐっ……

きらり「にょわっ……!?」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 18:42:54.28 ID:5LaE8vcCO

P(す、すごい……すべすべだ……!)

  すりすり……

きらり「にょ、にょ……」

P(しかも……思っていたよりも手が小さい……いや、細くて繊細だ……)

   すりすり……

きらり「も、もーっ! だめーっ!」

P「お、おっと……なんでダメなんだ?」

きらり「だって、そんなにすりすりしたら……むぇー!」

P「おいおい、それじゃあ握手会は無理だなぁ」

きらり「むーっ、なんでー?」

P「手を握るっていってもいろいろだからな。思いっきりつかんだり、さっきみたいに撫でさすったりする人もいるんだ」

きらり「……むー」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 18:53:09.52 ID:5LaE8vcCO

きらり「でもでも、ぎゅにゅーってしたらびっくりしちゃうにぃ……」

P「そう思っちゃううちはまだまださ。そんな風にいろいろと触られ続けると手もはれちゃうんだぞ」

きらり「うきゃ……ヤバーい! コワーい……」

P「だろう? なのになんだ、ちょっと触られたぐらいで騒いじゃダメさ」

きらり「むぇー! 今日のPちゃんきびしー!」

P「だが、きらりのことを考えていってるからな」

きらり「……うん、それはわかるけど……むー、あくしゅ……」

P「きらりがしたいならあとから練習時間をとってもいいぞ?」

きらり「ほんと?」

P「あぁ」

きらり「にゅふふ☆ Pちゃん、ありがとー! うっれしー!」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 18:59:48.57 ID:5LaE8vcCO

P(どうだ。相手のためと言って考えをおしつけたぞ)

P(……きらりがいい子すぎて素直に喜ばれたが仕方ない)

P(握手会の特訓と銘打って攻めてやるぜ! へっへっへ!)


きらり「Pちゃん?」

P「うわぁおっ!?」

きらり「にょわっ!? Pちゃんなになに? どーしちゃったの?」

P「あ……いや、すまん。考え事をな」

きらり「考え事? おなやみかにぃ?」

P「まぁ、そんな感じさ……おほん。特訓だったな」

きらり「そーだよ! どうやってすぅのー?」


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 19:07:02.15 ID:5LaE8vcCO

P「それはな……」

  ぐっ……

きらり「にょ……あくしゅ?」

P「あぁ、そして練習だ」

きらり「うんうん!」

P「次の人にスムーズにまわすためには別れ際に綺麗に放す必要がある」

きらり「はなすれんしゅーなの? むむむー、むつかしそう……」

P「相手が放してくれるように自然な言葉がだせるといいな」

きらり「わかった! きらりがんばるにぃ!」


P(へっへっへ、きらりのすべすべおててを満喫してやるぜ!)


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 19:26:32.00 ID:2C69E5ZU0

なんて極悪なんだ(棒


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 20:09:50.49 ID:A3DecbL80

きらりは可愛いなぁ!


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 21:30:28.78 ID:5LaE8vcCO

きらり「んと……きてくれてうれしいにぃ? またいっしょにハピハピすぅ?」

   すりすり

P「そうか、俺もうれしいなぁ。手を放さないよ」

きらり「にょ……むー。はなしてーっていうのはだめだから……」

    すりすり……

P「そうだな。ファンは大切にしなきゃな」

きらり「……むむっ! きらり、ひらめいちゃった! うぇへへへ……天才かもー☆」

P「へぇ、どうするんだ?」

    すりす…ぎゅうっ

きらり「きらりからぎゅー! あくしゅできらりんパワーちゅーにゅー!」

P「……!?」


59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 21:38:15.69 ID:5LaE8vcCO

   ぎゅう……

きらり「きらりん大逆転☆ ぎゅー!」

P(バカな……攻めているはずがこっちが攻められている……!?)

きらり「うぇへへへ……Pちゃんの手おっきー☆ なんだかドキドキしちゃーう!」

P「あ……あぁ。きらりの手は細くて強く握るとこわれちゃいそうだなぁ……」

きらり「だいじょーぶ! きらりは強い子なの! ……でもでも」

P「ははは……」

きらり「乙女だから……やさしくしてねっ☆」

P「」ブバッ

きらり「にょわっ!?」


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 21:47:07.30 ID:5LaE8vcCO

P(ふぅ……きらりの『手』……握手したとき……)

P(下品なんですが……その……『勃起』しちゃいましてね……)

P(……鼻血で血を流さなきゃ危ないところだった……)



P「……ん、あれ……?」

きらり「Pちゃん、おきた? だいじょぶ? お熱はないけど、心配だにぃ……」

P「あ、あぁ……すまん。心配かけたな……」

きらり「ほんとにだいじょぶ? むりしちゃめっ! だにぃ? きらりんパワーちゅーにゅーしすぎちゃったのかも……」

P「……いや、本当に大丈夫。ありがとうきらり」

きらり「でも、きらりPちゃんがぶーって鼻血だしちゃった時びっくりしちゃって……びょーきかもって……」

P「そういうのじゃないさ……ところで……」

きらり「にょ?」

P「……ひざまくら……だと……?」


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 21:54:28.34 ID:5LaE8vcCO

きらり「いやだった? Pちゃんがガクーンってなってたからどーしよーって思ってきらり考えたの……」

P「……いや、いい。最高にいい」

きらり「ほんと? うぇへへへ、うれすぃー☆」

P「……」

P(後頭部に感じるやわらかさ)

P(見上げる時にきらりの顔を隠すようにさえぎる胸)

P(……なるほどな、この挟まれた部分をきらりんトライアングルと名付けよう)

きらり「Pちゃんどしたー?」

P「あぁ……ちょっと幸せな気分になってたんだ」

きらり「むー? ハピハピ?」

P「あぁ、ハピハピさ。ありがとう、きらり」

きらり「どーいたしまして☆ ばっちし?」

P「あぁ、ばっちしだ」


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 22:00:38.77 ID:5LaE8vcCO

――――

――

P(昨日は結局きらりにひざまくらをしてもらった後は仕事も終わりで普通に帰らせるだけだった)

P(だが、今日はひとあじ違うぞ! もともとレッスンメインの予定だったしな)

P(愛でてやるぞきらり……そして嫌われる!)

P(男の怖さを教えてやるぞ!)


   ガチャーン☆

きらり「おはゆー☆ Pちゃんおっすおっす!」

P「おぉ。おはよう、きらり」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 22:08:51.22 ID:5LaE8vcCO

P「昨日はありがとうな」

きらり「いいの! きらりもね、Pちゃんにパワーちゅーにゅーしてもらっちゃったからおあいこなの!」

P「パワー注入か……俺はいつもきらりんパワーをもらってるからなぁ」

きらり「きらりももらってるの! きゅんきゅーんてして元気で……うぇへへへ、ヤバーい!」

P「俺だっていつも……って、やっぱりおあいこだな」

きらり「いっしょにどきどきしちゃうー? おあいこどうし! やっちゃう?」

P「どきどきか……それはあとで、な」

きらり「にょ……?あとで?」

P「あぁ、こっちの話だ……それじゃあ今日も元気いっぱいでレッスンにいこうか!」

きらり「きらりん☆」


70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 22:16:13.35 ID:5LaE8vcCO

P「……」

   キュッ タン キュキュッ…

きらり「いち、にぃさーんっ……にょ、しっぱい……」

P「焦らなくていいぞ。もう少しタメをもとう」

きらり「りょーかい! がんばゆー!」

    キュッ タン キュキュッ タン

P「よし、いいぞ!」

きらり「にゅふふ☆ まだまだやっちゃうにぃ!」

P「……」

P「…………」ニヤッ


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 22:25:37.21 ID:5LaE8vcCO

きらり「にゅふー、きゅーけー……」

P「おぉ、がんばったな」

きらり「Pちゃんがみてたからがんばっちゃったの……うぇへへへ、えらい? えらいー?」

P「あぁ、えらいよ。がんばったな」

きらり「きらりね、Pちゃんといっしょならなんでもできちゃうの! だからもっとほめてー☆」

P「えらいえらい……きらり」

きらり「むー? Pちゃんどした?」

P「……おりゃあ!」

   ぐいっ どさっ


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 22:35:00.32 ID:5LaE8vcCO

きらり「にょ……っ」

P「へっへっへ……」


P(きらりはでかいとはいえ女の子……そう、乙女!)

P(乙女なきらり。しかも不意をついたらこれぐらい当然だな)

P(どうだきらり。急に押し倒された気分は!)


きらり「……ぴ、Pちゃん? どーしたの……?」

P「……きらり。いつもいつも無防備に抱きついてくるお前が悪いんだ」

きらり「で、でも……」

P(……? 思ったより抵抗が弱い……?)


77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 22:43:08.59 ID:5LaE8vcCO

きらり「……だって、きらり……Pちゃんにぎゅーってすると元気いっぱいになれるから……」

P「……」

きらり「ごめんなさい……きらり、わるいこだったの……?」

P「……」

きらり「あのね、きらりね……こんなふうにされるのはじめてだから……怖いにぃ……」

P「……」

きらり「でもでも、Pちゃんにきらいっていわれるのはやなの……」

P「……」

きらり「……」

P「きらり……」

きらり「……Pちゃん、きらりのせいだよね? だって、Pちゃんはいっつも、とっても、グスッ……やさしくて……」

P「」


80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 22:53:26.30 ID:5LaE8vcCO

P「……」

きらり「Pちゃん、きらり、いいこに、するから……グスッ……いつもの……Pちゃんがいいにぃ……」

  スッ……

P「……」

きらり「P、ちゃ……?」

    スタスタスタ……

きらり「どう、したの……? どこいくの……?」


P「…………すぅ……はぁ……」

    ガァン!

P「うああぁぁ! 死ね! 1日前まで戻って死ねぇ!」

   ガァン! ガァン! ガァン!

きらり「に゙ょっ!? Pちゃんやめてー! ケガしちゃう!」

P「うわあああ! 俺のクズ野郎! ふざけんじゃねぇ!!」

    ガァン! ガァン! ガァン! ガァン! ガァン!

きらり「だめーっ! やめてー!」


83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 23:00:20.91 ID:5LaE8vcCO

きらり「めっ!」

P「……はい」

きらり「もーっ……痛い? だいじょぶ?」

P「これぐらいがなんだ。俺がきらりにしちゃったことに比べれば……」

きらり「きらり、びっくりしちゃったにぃ……Pちゃん、すっごくこわかったの……」

P「……すまん」

きらり「だからね、きらりが悪い子だったかもってはんせーしてね……」

P「………すまん」

きらり「Pちゃん、きらりのこときらい?」

P「大好きに決まってるだろう!」

きらり「にょっ!?」

P「あっ」


91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 23:11:14.92 ID:5LaE8vcCO

P「……いや、あの、違うんだ」

きらり「じゃあなんでこんなことしたの?」

P「それは……その……」

きらり「すっごーくこわかったにぃ」

P「……ごめんなさい」

きらり「なんで?」

P「……その……きらりがあまりにも無防備だったから、逆にこっちから攻めようと思って……」

きらり「ふむふむ」

P「……嫌われてもいいから男の怖さを教えるぜとか思ってて……」

きらり「……」


94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 23:20:51.65 ID:5LaE8vcCO

きらり「Pちゃんが悪い子だったなんてきらりよそうがーい……もー、むぇー!」

P「誠に申し訳ありませんでした」

きらり「今のきらりすっごーく怒ってるのー! ぷんぷん!」

P「平に、平に……」

きらり「Pちゃんはんせーしてぅ?」

P「はい、なんでもします……」

きらり「……じゃあ、ゆるしてあげるからこっちみてー?」

P「いったい何を……?」


100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 23:32:35.24 ID:5LaE8vcCO

きらり「じゃあ、いっちゃうよー!」

P(ビンタかな……いや、それでいい。最初から嫌われるつもりだったんだ……)

P(俺ってやつは……本当に……)


きらり「にょわっ!」

    ぎゅうぅぅっ……

きらり「にゅふふふ……☆」

P「は、へ……?」

きらり「あぁいうのは、めっだけど……きらりね、Pちゃんになら……」

P「……」

きらり「やっぱりないしょ! うきゃー!ヒミツうきゃー!」

P「…………」

きらり「Pちゃん?」

P「ちょっと待って、今立てない」ドクドク…

きらり「に゙ょ゙っ!?」


105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 23:40:19.28 ID:5LaE8vcCO

P「いたたた……」

きらり「もー、血がいっぱーい……」

P「……ごめんなさい」

きらり「あんまりおいたしちゃダメだにぃ?」

P「はい……」

きらり「あっ、そういえばもうひとつお願いがあるの! 聞いて聞いてー?」

P「あ、あぁ。なんでもいってくれ」

きらり「きらりね……世界征服したいの! いっしょに世界征服! やっちゃう? やっちゃうぅー?」

P「せ、せかっ……!?」


106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 23:46:46.11 ID:5LaE8vcCO

きらり「そーなの! 世界中のみんなときらりんパワーでハピハピしちゃうのー☆」

P「世界……ワールドクラスのアイドルなんてそれこそSランク……」

きらり「お願い、聞いてくれゆーって言ったにぃ?」

P「……わかった、全力でサポートするよ」

きらり「うんうん☆ Pちゃんときらりの世界征服大作戦だにぃ!」

P「俺も……?」

きらり「うんっ! ずっとずーっといっしょなの! や・く・そ・く☆」

P「は、ははは……あぁ、約束だな」


111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/26(火) 23:54:00.37 ID:5LaE8vcCO

きらり「それでね、世界征服しちゃったらー……」

P「……?」

きらり「うきゃー! やっぱりだめーっ! はっずかすぃー!」

P「おいおいきらり……」

きらり「あっ、Pちゃん! 最後にひとーつ!」

P「……あぁ、もうなんでも言ってくれ」

きらり「じゃあコッチコッチ!」

P「……?」

きらり「あのね……」


    ちゅっ


P「……へ?」

きらり「うきゃーっ! 今はここまで! もーだめーっ!」

P「……」

P「」ブバッ


112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/27(水) 00:00:56.18 ID:CcQvkkXxO

きらり「にょわっ!?」

P「」ドクドク…

きらり「Pちゃんがたいへーん! ヤバーい! どーしよ! どーしよー!?」

P「きら、り……」ドクドク…

きらり「Pちゃん! しっかりして!」

P「……」ニコッ

きらり「Pちゃぁあん!」


P(……あぁ、意識が遠のく……)

P(……きらり、もう泣かせないようにしなきゃな……)

P(……わかったことはひとつ)

P(きらりは……天使だ……)


おわり


113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/27(水) 00:01:52.72 ID:ozUuggC20

おっつし☆
きらりんマジ天使


114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/27(水) 00:02:17.47 ID:CcQvkkXxO

PCが規制でむしゃくしゃしてやった
寝落ちしてごめん
きらりかわいいよきらり

保守支援ありがとうございました


115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/27(水) 00:04:19.22 ID:P3i+l3lM0

きらりは可愛いなぁ!


116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/27(水) 00:05:34.97 ID:vQHUP4dBO

おっつおっつばっちし☆


121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/02/27(水) 00:29:42.76 ID:fnvqfSgG0

おつにょわー☆



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1361867023/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP