PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 20:16:57.68 ID:PekVyqZn0

春香「どうしたの、そんなに慌てて」

美希「これ見て!真ん中の二人!」

http://uploda.cc/img/img514d8e5688efd.jpg


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 20:31:41.27 ID:PekVyqZn0

春香「わー・・・」

千早「ちゃっかりしてるわね、律子」

美希「って、あれ?春香と千早さんだけ?」

美希「律子とハニーは?」

千早「プロデューサーなら出かけてるわ。すぐに戻るそうよ」

春香「律子さんは竜宮のレッスンに行ってるよ。予定より長くやってるみたいだけど…」

ガチャ

律子「お疲れ様でーす」


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 20:40:48.96 ID:PekVyqZn0

美希「律子!」

律子「『律子さん』」

美希「律子、さん!これはどういうこと?」

律子「何よ、いきなり」

亜美「ミキミキ、おっはよー!何かあったの?」

伊織「ちょっと、こっちはレッスンが終わったところなのよ?休ませなさいよ」

美希「これを見て!」

律子「! げっ…」

あずさ「あらあら…」

亜美「亜美にも見ーせーてーっと…うわーお」

伊織「…律子、やるじゃない」

律子「…違うのよ」


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 20:41:49.25 ID:PxNymutH0

やるじゃない。


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 21:03:28.04 ID:PekVyqZn0

千早「ふふ、律子もこんな顔をするのね」

律子「千早まで…私が笑ってたらそんなにおかしい?」

亜美「だってさー、亜美たち竜宮で結構一緒にいるっしょ?」

伊織「それでも、律子のこーんないい笑顔は見たことないわね」

あずさ「うふふ、律子さんも隅に置けませんねえ」

美希「律子、さんはなんでハニーと手、繋いでるの?」

律子「…さあ、何だったかしら?」

千早「覚えてないの?」


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 21:46:06.63 ID:PekVyqZn0

律子「特別な理由があったわけじゃないし、流れで繋いだだけじゃないかしら?いちいち覚えてないわよ」

春香「特別な理由もなしに手を繋ぐなんて…」

美希「律子、さんに抜け駆けされるなんて…」

律子「なに馬鹿なこと言ってるの。考えすぎよ、考えすぎ」

美希「じゃあじゃあ!なんでこんなに嬉しそうなの?」

律子「嬉しそうって…あのね」

律子「…多分、久しぶりの撮影だったし、私も舞い上がっちゃっただけじゃないかしら」


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 21:51:19.99 ID:PekVyqZn0

春香「うーん、冷静な律子さんらしくないような…」

伊織「あら、これでも結構上がり症なのよ?以前あずさの代わりにステージに出たときなんか…」

律子「伊織ー、この後特別レッスン入れる?」

伊織「…ごめん、なんでもないわ」

あずさ「まあまあ。撮影だから表情に気を遣っただけかもしれないでしょ?」

律子「そう。仕事である以上はしっかりやる!」

律子「それ以上の理由はないわ」

亜美「本当にぃ~?それにしては幸せそうな表情ですなあ」

律子「今日の亜美の分のレッスンは終わってなかったような…」

亜美「…うんうん、自然な笑顔だよねー、さっすが律っちゃん!」


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:05:13.43 ID:PekVyqZn0

春香「それだけじゃないような気がするんだけど…」

美希「むー…怪しい…」

美希「ハニーにも聞いてみてもいい?」

律子「どーぞ、ご自由に」

千早「すぐ戻るって言ってたし、そろそろ帰ってきても…」

ガチャ

P「ただいまー」


52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:12:43.65 ID:PekVyqZn0

千早「噂をすれば、ね。おかえりなさい、プロデューサー」

あずさ「お疲れ様です、プロデューサーさん」

亜美「タイミングばっちりだよー、兄ちゃん!」

P「? 何のタイミングだ?」

美希「ハニー、これっ!どういうことなの!?」


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:28:38.09 ID:PekVyqZn0

P「ん? …ああ、あのときのか。みんなよく撮れてるよなあ」

美希「そうじゃなくて、手!」

P「手?」

美希「この手はどういうことなの!?」

P「痴漢の現行犯を捕まえたみたいに言わないでくれ」

春香「律子さんと手をつないでるじゃないですか!」

P「ああ、そっちか」


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:33:31.00 ID:PekVyqZn0

P「…うん、問題ないんじゃないか?クレームとかもきてないし」

春香「そうじゃなくて…」

美希「じゃあ!ハニーは律子、さんのことどう思ってるの?」

律子「! ちょっと美希…!」

亜美「おおっとミキミキ、直球!」

P「どうって…」

美希「…」

春香「…」

律子「…」

P「好きだぞ?大切に思ってる」

全員「!!??」


60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:41:42.04 ID:PekVyqZn0

春香「そ、それってどういう…!」

伊織「ちょっと、そういう話を事務所で言っていいの!?」

あずさ「あらあら、プロデューサーさんは大胆ですねー」

P「もちろん、みんなのことも大好きだ。一緒に働く大切な仲間だからな」

千早「…でしょうね」

亜美「チキンな兄ちゃんに一人を選ぶなんてのはムリだったのかもねー」

律子「だから言ったじゃない」


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:43:34.35 ID:PekVyqZn0

美希「そうじゃないの!ミキは、ミキのこと特別に想って欲しいの!」

千早「それは単なる願望…」

P「特別って…あ、そうだ」

P「特別といえば美希。食べたいって言ってた期間限定のイチゴババロア、買ってきたぞ」

美希「え、本当?」

P「おう。以前にも増して輝いている美希へのご褒美だ。どーぞ」

美希「わあ、ありがとう、ハニー!」

美希「ハニー、覚えててくれたんだ…」

亜美(ごまかされてるよ、ミキミキ…)


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:45:21.30 ID:PekVyqZn0

春香「じゃ、じゃあプロデューサーさん!私のことは…」

P「春香、舞台お疲れ様。最終公演、見にいけなくて悪かったな」

春香「あ、いえ…」

P「評判、すごくいいぞ。プロデューサーとしても鼻が高いよ。何より、俺個人としても嬉しい」

春香「プロデューサー…あ、ありがとうございます!」

春香「…よーし、新しい台本のチェックを…」

千早(はぐらかされてるわよ、春香)


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:47:04.75 ID:PekVyqZn0

P「みんなにもお土産買って来たぞー」

あずさ「あら、すみません。こんなにたくさん」

春香「あ、じゃあ、私お茶淹れますね」

伊織「私はオレンジジュースもらえるかしら?」

千早「春香、私も手伝うわ」

亜美「やっぱ疲れたときには甘いものだよねー」

美希「ハニーが買ってくれたのだから、一口だけだよ?」

ワイワイガヤガヤ

P「律子はいいのか?」

律子「…はあ」

P「律子?」

律子「…プロデューサー、後で話がありますからね」


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:50:09.92 ID:PekVyqZn0

P「まさかあの場面が使われてたとはな」

律子「チェックしたつもりだったんですけどね」

律子「でも、美希にあんな質問をされるとは思いませんでしたよ」

P「理由はどうあれ、すごくいい笑顔だったからな」

律子「そうですか?…って、あれに関してはあなたのせいですよ!」

P「え、俺?」


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:52:38.49 ID:PekVyqZn0

律子「衣装に着替えて会うなり、その…あんな歯の浮くようなことを言うから…」

P「俺、何か言ったっけ?」

律子「…覚えてないんですか?」

P「えーっと…」

律子「…もういいです」

律子「それから!あの紛らわしい告白もわざとでしょう?」


68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 22:57:59.71 ID:PekVyqZn0

P「はは、ばれたか」

律子「あからさますぎますからね」

P「律子の慌てる姿が見たくて、つい」

律子「こっちの気も知らないで…」

P「実際、そろそろ教えてもいいと思うし」

P「もう付き合い始めて半年になるんだから」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:01:00.49 ID:PekVyqZn0

律子「よくないです。今伝えたら彼女たちのモチベーションに関わります」

P「モチベーション、か……」

律子「? 何か言いたげですね」

P「みんなに黙っている理由って、それだけ?」

P「別の理由はない?」

律子「当たり前でしょう?」

律子「…他に何があるっていうんですか」


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:04:56.87 ID:PekVyqZn0

P「いや、『冷やかされたら恥ずかしいから』って思っているんじゃないのかなと」

律子「……」

P「もしくは『恥ずかしくて言い出せずにタイミング逃した』とか」

律子「…まさか。そんな女々しくないですよ、私は」

律子「それに、報告の時期に関しては私が決めるって言ったじゃないですか」

P「そうだったな」

律子「あと、半年じゃありません。今日で七ヶ月と一週間です」


72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:07:35.85 ID:PekVyqZn0

P「そんなになるか…あ、そうだ、これを見てくれ」

律子「? 何ですか、これ」

P「旅館のパンフレット」

律子「それは分かりますけど」

P「ほら、このまま順調にいけば交際一周年も近いだろ?」

律子「それまで交際が続いてればいいですけどね」

P「そこで旅行でもどうかなと」

律子「大袈裟ですねえ。一年くらいで」

P「もしかして…旅行、嫌か?」

律子「まあ、嫌かどうかは別として……そのことを考えるには早くないですか?」

P「実はもう予約してある」

律子「それはさすがに急ぎ過ぎです」


74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:11:46.90 ID:PekVyqZn0

P「やっぱり、勇み足だったかなあ」

P「…静かで、二人だけでのんびりできる場所だって聞いたんだけど…」

P「ここは一旦キャンセルして…」

律子「ちょ、ちょっと待ってください」

P「?」

律子「…まあ、わざわざキャンセルすることもないんじゃないですか?」

律子「交際が続いていたら行けばいいですし。続いてたら、ですけど」

P「…」

律子「…なんですか。そんなニヤニヤして」


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:15:38.75 ID:PekVyqZn0

P「いや別に。そうだな、また後で考えるか」

律子「そうしましょう。…はい、できましたよ」

P「お、今日はロールキャベツか。うまそうだな」

P「この調子で明日も作ってくれないかなー…」

律子「そんなこと言っても無駄ですよ」

律子「一緒に住み始めるとき、交代で食事を作るって約束したじゃないですか」

P「分かってるよ。…それじゃあ」

P・律子「いただきま-す」




終わる


76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:17:16.23 ID:7TTiuEdK0

おつ


78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:20:12.49 ID:rCPA2iNAO

同棲までしてたのかよ


90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:39:00.85 ID:PekVyqZn0

P「あっ」

律子「どうかしました?」

P「あの撮影の日、律子に何て言ったか思い出した」

律子「思い出してくれましたか。あんな長々と恥ずかしい台詞、もう口にしないでくださいよ?」

P「気をつけるよ。ただ、分かってくれよ。あれはお世辞じゃなくて正直な感想だ」

律子「…はいはい。もういいですってば」

P「あの日の律子は本当に…」

律子「だから口にしないでと…!」

P「こう言ったんだよな。確か…」

律子「も、もうやめてください!分かりました!分かりましたから!」

律子「認めます!あなたから褒めてもらえて嬉しかったです!すごく嬉しかったです!」

律子「だからもうそれ以上はぁ…」


終わる


91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:44:30.62 ID:E6f+3b5pO

>>90
おい肝心の台詞


93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/03/23(土) 23:49:29.13 ID:oIWqGNku0

            ,.. -‐===.. 、., -‐...、
 .          /  ´: :  ̄: ` 、}/,..≦、`ヽ
 .        / /.:: : : : : : : : :`´: : : : ヽ
         / .:/ .::.: : : : : : : : : : : : : : : : ∧
         |. ; .: : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: ハ
          i: :! :: : : : : ; : : : : /ハ: :i:: : : : !:: :}    …わかりました この話はやめましょう
         ',:i| :|: : : ::/.: : : :// :!ハ: : : : i: リ
  _.ィ!     |! 〉:i゙ー=-==//  ノ、リ__:/     ハイ!! やめやめ   乙
 . ∨.:、   __/:.,| :|、 r'爪..メ    ,ィモ;、,`/ `
 .  `'ー<:;i:_マ .:,l-!.:| `(゙¨´ ‐、_,. -‐=メ'./  /:ァ
         ̄  ::| 、  ー‐ '゙ ノ ー -‐/':}=;彡'´
           ',i  >.   _ _    ノ ̄¨
    n/7./7   '/゙<.丶. _ .. ;≦7      iヽiヽn
    |! |///7.、‐''. 、  ` 弌='' }ー .     | ! | |/~7
   i~| | | ,' ' . ヽ il i il 、|,. くヘ il .>.、 nl l .||/
   | | | | l { j`i  l} l | |p }. ii ll ,,ヽ ハ ||ー---{
   | '" ̄ ̄iノ .l ,ィ. il l i li .!: ii ll ∨i l.| | ゝ   ',
   l   γ /l: il: ll l ! l} o;: ll ll :ハ:l,リ ヘ  ヽ   }
   }     /. i || li i }i l} i:i li ll li::〈  ヘ     ノ
   ∧   /ll | i| }} } }} lid|:| || }}リ.:l i /   /



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1364037417/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP