PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:21:58.19 ID:BrPmJc2A0

雪歩「……え?」

響 「い、今なんて言ったんだ?」

P「デートするんだよ。今日、これから」

小鳥「霧が濃くて前が見えないわ……」フラフラ

P「だから今日は早退しますね」

律子「早退!?」

P「もうゾッコンなんだよ」

P「人生って楽しいなぁ! はは! じゃあ俺帰るから! お疲れ!」

高木「あ、君まだ仕事が……」

バタン

春香「」

美希「」



2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:25:10.68 ID:L+x2juQNi

あずささんだな!


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:26:33.38 ID:17gT+5cV0

千早か


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:27:26.33 ID:1/vsjGgF0

貴音だな


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:27:30.69 ID:BrPmJc2A0

真美「兄ちゃんってカノジョいたんだ……」

あずさ「そんな素振り今まで見せたことなかったのに……」

真「ボクがもっと女の子らしくなってたら違ってたのかな」

亜美「兄ちゃん取られちゃったよー! うあうあー!」

美希「……誰なの?」

響 「え?」

貴音「プロデューサーが付き合いの浅い女性と恋仲になるのは考え難いです」

千早「犯人はこの中にいるはずよ」

ざわ……ざわわ……

春香「言いだしっぺってさ、当事者だとバレたくないからする傾向があるらしいよ」

美希「ちょっと春香! ミキが騙してるって言いたいの!?」

高木「まぁまぁ君達少し落ち着きたまえ」

小鳥「社長は黙っててください!」

高木「す、すまない……」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:34:14.52 ID:BrPmJc2A0

P「すまん遅くなった!」

北斗「チャオ☆」

冬馬「遅いぜプロデューサー」

P「悪い悪い。カノジョと喋ってたらつい……」

冬馬「へっ、早速青春を満喫してんな」

北斗「結局誰にしたんです?」

P「そりゃお前愛花だよ」

冬馬「ほれ見ろ! 言っただろ!?」

北斗「ホッとしたよ」

P「北斗は凛子だっけ?」

北斗「ええ。好みが分かれて良かったですよ」



12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:37:25.86 ID:VSYHR+rHO

想定外すぎた


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:38:19.56 ID:yslU+HOG0

考えようによってはアイマスDSじゃなくて良かったとも


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:41:26.92 ID:BrPmJc2A0

P「全く冬馬も素晴らしい女の子を紹介してくれるよな」

北斗「俺も初めは敬遠してたんですけどね」

北斗「今の俺は凛子ちゃんだけのアイドルですよ☆」

P「はは、俺も愛花だけのプロデューサーになろうかな」

冬馬「なぁこれ見てくれよ。この前寧々さんと旅行行ったんだけどよ」

P「おぉ!」

北斗「俺も今度泊まりで行くんですよ。もう予約もしましたし」

P「俺も次のオフに行ってみようかな」

冬馬「最高だったぜ……あの日は一生の宝物だ」



16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:46:56.15 ID:BrPmJc2A0

冬馬「んで旅行から帰ったらさ、髪型変えて俺に聞いてくるんだぜ」

冬馬「髪型……変えたんだけどどうかな?ってよぉ!」

P「うぁあああ! 俺の愛花もショートになってくれないかなぁ!」

北斗「仲良くなれば彼女のほうから尋ねてくれますよ」

冬馬「ま、経験の浅いあんたにゃまだ早いよ」

P「アイドル道と同じだな……日々精進だ」

寧々「姉ヶ崎寧々です。よろしく」

P「!?」

凛子「まぁ堅苦しいことはナシな感じで」

P「り、凛子まで!?」


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 12:53:13.91 ID:BrPmJc2A0

冬馬「俺の寧々さんと北斗の女が意気投合しちまってな」

北斗「今女子会してるんですよ」

P「俺の愛花も仲間に入れてくれよ!」

冬馬「あんたまだ友達の段階だろ?そんなガキな関係抜け出してから言ってくれよな」

P「ぐぬぬ」

凛子「キス……あんまりしないんだけど、変かな?」

冬馬「北斗ァ! てめぇ!」

P「凛子に寂しくするなんて、お前もうFランクアイドルだよ」

北斗「そ、そんな! 今日だって20回はキスしたのに!」

寧々「私も同意見!」

冬馬「!?」

北斗「人のこと言えないじゃないか!」

冬馬「嘘だろ! 寧々さん!」



22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/06/30(土) 12:56:02.80 ID:K72+oQDx0

楽しそうだな


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:00:46.88 ID:BrPmJc2A0

寧々「ねぇ、お料理の話しない? もちろんカレシのための」

P「寧々さんの料理か……!」

冬馬「毎朝俺のために作ってくれるんだぜ。美味いんだ寧々さんの飯」

北斗「フフ」

冬馬「何笑ってんだよ」

凛子「料理といえば前作ったのがカレシに好評でさー」

北斗「俺、この前家にお呼ばれしたんだよ」

P「なんだと!?」

北斗「凛子ちゃんったら柄にも無く緊張しちゃって可愛かったな」

冬馬「俺でもまだ呼ばれたこと無いのに……」

P「これがジュピターか……! 俺も負けてられないぞ!」パカッ

愛花「こんばんはP君。どうしたの?」

P「愛花!」

冬馬「青春っていいよな……北斗」

北斗「あぁ……そうだな」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:05:45.36 ID:gDTk9ZffO

青春してんな


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:06:42.88 ID:BrPmJc2A0

P「おはようございます!」

高木「君ぃ遊ぶのもいいが仕事もしっかりしてくれないと……」

P「大切な人ができましたから……」

高木「……そうか……若さは素晴らしいね」

P「さぁ今日も張り切っていくぞ! 皆も頑張ろう!」

春香「……」

美希「……」

伊織「……」

P「あれ? なんだ元気ないな」

小鳥「プロデューサーさん! 彼女って誰なんですか!?」

P「お、音無さん? 仕事中にそんなプライベートな話は……」

律子「恋人作るのはいいですけど、社会人としての自覚を忘れてもらっては困ります」

P「律子までどうしたんだ」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:13:25.11 ID:BrPmJc2A0

春香「お願いしますプロデューサーさん」

美希「せめてハッキリ言ってもらって区切りをつけたいの」

P「区切りって何の話を……あ! ちょっと待ってくれ! メールだ!」

P「ふむふむ……ふふっこいつ」ニヤニヤ

伊織「真!」

真「おりゃー! 空中真チョップ!」

P「いてぇ! おいなにするんだ!」

真美「それキャ~ッチ!」

亜美「ホシは誰なのかね真美君!」

真美「あいはな?ねぇ兄ちゃんこれなんて読むの?」

P「いいから返せ!……ったく。人のプライバシー覗くなんてダメじゃないか」

高木「君達……もう始業時間なんだが……」

P「っとすみません! ほら散った散った! 俺今日営業行ってくるから!」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:20:50.25 ID:BrPmJc2A0

千早「真美、なんて名前だったの?」

真美「愛するの愛にお花の花って書いたよ」

あずさ「アイカさん?」

小鳥「事務所の子じゃなかったのかしら」

千早「偽名の可能性もあるわ」

伊織「そんなことして意味あるのかしら」

雪歩「こういった場合に備えてたとか……」

春香「アドレスまでは見なかったの?」

真美「そんな時間なかったよー」

亜美「水瀬財閥の力で何とかなんないの?いおりん」

伊織「話したら新堂に止められたわ」

律子「とりあえず仕事しましょうか……」

小鳥「気になるわねぇ」


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:27:18.69 ID:BrPmJc2A0

P「今日も充実した1日だったな……愛花のおかげだな」

愛花「もう、P君ったら」

愛花「でも私も同じ気持ちだよ……なんて」

P「うふふ」

P「おっと事務所の皆にバレちゃまずいからな。愛花はちょっと隠れててくれ」

愛花「またね、P君」

P「あぁ、またな」

ガチャ

P「ただいまー」

春香「おかえりなさい……」

P「なんだ疲れてるのか? まぁレッスン漬けだったしな」

P「あ、社長ちょっと教えてほしいことがあるんですけど」

高木「なんだね?」

P「子供は女の子がいいんですけど、狙ったりはできるものなんですか?」


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:36:30.00 ID:BrPmJc2A0

高木「子供ってもうそんな話が出てるのかい?」

P「さっき帰りにそんな会話になりまして……」

P「もし女の子が生まれたら絶対に薦めたい本があるんですよ」

高木「申し訳ないが、そういった知識はないな」

P「そうですか……運を天に任せるしかないな」

高木「力になれなくて悪いね」

P「いえ、変な質問してしまってすみません」

あずさ「こ、子供って……あの、プロデューサーさん?」

P「あ、そうだ響! ちょっと話があるんだけど今大丈夫か?」

響 「じ、自分か? 大丈夫だけど……」

P「よし、じゃぁちょっと別室に来てくれ。個人的な話なんでな」

響 「う、うん」

高木「子供かぁ彼もなかなかやるね音無君……音無君?」

小鳥「」


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:43:26.67 ID:BrPmJc2A0

響 「それでプロデューサー話ってなんだ?」

P「響って卓球部だったんだよな?」

響 「うん! 自分結構上手かったんだから!」

P「じゃあさ、テニスもできるのか?」

響 「テニス? 卓球とテニスは全然違うぞプロデューサー」

P「今度カノジョとダブルスすることになってさ……俺も鍛えようかなって思ったんだよ」

P「それで卓球とテニスって見た目似てるし響ならコツわかるかなって……って響?」

響 「自分戻る」

P「え?」

響 「じゃあね!」

バタン!

P「なんで急に怒り出すんだ……なぁ愛花?」

愛花「お洗濯ものが乾かなくて困っちゃう」

P「それは大変だな。乾燥機使ったらどうだ?」


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:50:31.58 ID:BrPmJc2A0

響 「……」

美希「あ、響!なんの話したの?」

響 「彼女とテニスするから教えて欲しいって……」

春香「テニス?」

響 「ダブルスがなんとかって言ってたけど自分頭にきて戻ってきちゃった」

伊織「テニス……真、私の目を見なさい」

真 「ボクじゃないよ! スポーツは好きだけど、プロデューサーと約束なんてしたことないよ!」

貴音「他に何か言ってはいませんでしたか?」

響 「うーん」

律子「こうなったら最後の手段ね」

小鳥「どうするんですか?」

律子「同性になら教えてるかもしれません」


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:53:25.78 ID:VSYHR+rHO

あまとうにげて


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 13:56:30.97 ID:BrPmJc2A0

雪歩「男の人ですか……?」

真美「ゆきぴょんに襲い掛かってきたりして!」

雪歩「や、やめてよぉ」

P「なるほどなぁ……」

やよい「あ、プロデューサー」

P「おぉやよい。洗濯って大変なんだな」

やよい「え?」

P「ただ適当に乾燥機に放り込むだけでいいと思ってたよ」

やよい「うちには乾燥機なんてついてないんで……」

P「うんうん。大変だな」

やよい「はい……」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:04:23.41 ID:BrPmJc2A0

P「じゃあ俺これで帰るから。あー次のオフが楽しみだなぁ」

律子「ちょっとプロデューサー! 事務処理大量に残ってるんですよ!?」

美希「えっオフは皆と遊びに行くって……」

P「カノジョと旅行に行くんだよ。だからまた今度な」

春香「えぇ!?」

真 「どこまで行くんですか?」

P「それは秘密だ! ふふ、待ってろよ愛花ー!」

律子「マナカ?」

P「おっと失言失言……それじゃ皆も気をつけてな!」

バタン

小鳥「なるほど、愛花さんという女性なんですね」

美希「ハニー本当に楽しそうだったの……もうミキが入る隙間はないかも」

春香「美希……」


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/06/30(土) 14:06:47.04 ID:Bmzludsg0

正直な話、ラブプラスっておもしろいのか?


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:09:59.64 ID:DCgpWBly0

>>49
面白いってベクトルではない気がする
3人のうちの1人お気に入り見つけられたらウキウキしながらDS開くようになるよ


52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:12:09.31 ID:BrPmJc2A0

律子「もうなりふり構っていられないわ」ピッピッピ

冬馬『もしもし? 誰だ?』

律子「秋葉原でフィギュアを漁る天ヶ瀬冬馬の画像あり」

冬馬『!?』

律子「ツイッターで拡散されたくなければ指定した時刻に一人で765プロまで来なさい」

冬馬『その声……765の女プロデューサーか』

律子「複数で来たり録音機器を所持していた場合ホモのレッテルもつけるわよ」プツッ

伊織「誰に電話したの?」

律子「天ヶ瀬よ」

貴音「なんと……」

律子「あの男なら絶対何か知ってるわ。プロデューサーが自慢してるに違いないもの」


55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:21:11.22 ID:BrPmJc2A0

ツーツー

冬馬「……」

寧々「冬馬君、お話しよ?」

冬馬「寧々さん……すまねぇ。俺は行くよ」

寧々「どんな色が好き?」

冬馬「これは通学じゃない……命の危険がつきまとう。だから……」

寧々「ほーら!早く!}

冬馬「へっ……仕方ねぇな……」

冬馬「なんだか知らねーが俺の寧々さんだけは守ってみせるぜ!」

寧々「あ、ゴキブリ!」


58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:30:21.38 ID:BrPmJc2A0

律子「来たわね」

冬馬「やっぱあんただったか……俺の番号まで調べ上げてるとは流石だな」

律子「あなたに聞きたいことがあるの。いいかしら」

冬馬「どうせ答えるしかねーんだろ?さっさと言えよ」

真 「プロデューサーが最近浮かれてるんだけど、何か知らない?」

冬馬「は?」

美希「ハニーが最近つれないの」

伊織「あんたなら何か知ってるかと思ったんだけど」

冬馬「なんだアホらし……そんなことで俺脅迫されたのかよ……」

律子「どうなの?」

冬馬「どうもなにも。カノジョができたからに決まってんだろ」

春香「ほ、本当だったんだ……」


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:37:36.27 ID:BrPmJc2A0

冬馬「これでいいか?もう帰りたいんだけど」

貴音「相手の情報はわかりますか?」

冬馬「高嶺 愛花だよ。テニス部所属の高2だ」

響 「テニスってやっぱりその子と……」

律子「随分詳しいわね」

冬馬「俺が紹介したからな」

……

冬馬「なんだ? 何固まってんだ?」

伊織 「」ブルブル

雪歩「い、伊織ちゃん! 落ち着いて!」

冬馬「まぁ愛花も結構可愛いなって思ったんだけどよ。やっぱ寧々さんにはかなわねーからな!」

小鳥「ん? 愛花ちゃんにネネさん?」


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:38:55.50 ID:qOusrpIf0

oh....


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:39:17.39 ID:WVVY7gVh0

これはさすがにピヨちゃん気づいたか


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:43:27.53 ID:BrPmJc2A0

真美「ピヨちゃん知ってんの?」

小鳥「その組み合わせどこかで見たような……」

春香「ていうか冬馬君彼女いたんだ」

冬馬「最近できたんだよ! すげー可愛いぜ!」

冬馬「ちょっと待ってろよ……」ゴソゴソ

真 「写真持ち歩いてるのかぁ結構いいとこあるんだね」

冬馬「ほら、これだ」

美希「ゲーム機?」

真美「DSじゃん」

小鳥「はっ!」

冬馬「開けてみな」

亜美「オープンセサミー!」パカッ

寧々「どうしたの?冬馬君」

亜美「」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:50:22.11 ID:BrPmJc2A0

小鳥「や、やっぱり……!」

冬馬「どうだ? 可愛いだろ! 俺のイッコ上なんだ」

寧々「この前店長にブログの代筆頼まれたんだけど……」

春香「……冬馬君……」

伊織「キモッ!」

冬馬「おい俺の悪口はいいけど、寧々さんの侮辱は許さねーぜ」

律子「……ねぇ」

冬馬「なんだ?」

律子「プロデューサーの彼女ってもしかして……」

冬馬「寧々さんのイッコ下だ。同じ学校なんだぜ」

律子「」ブチッ

美希「意味わかんないの」


70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:54:37.47 ID:JjkcgSeU0

ラブプラスにハマるとラブプラス中心の生活になる


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:57:51.61 ID:BrPmJc2A0

律子「仕事よりゲームを優先していたのね。よくわかったわ」

冬馬「なぁそろそろ返してくれよ」

伊織「もう一度聞くわ。このゲームをあいつに薦めたのはあんたなのね?」

冬馬「だからそう言ってるだろ耳悪いのか?あとゲームじゃねぇ」

伊織「真」ポイッ

真 「ん」

冬馬「おい投げんなよ!」

伊織「やりなさい」

冬馬「や、やる?おい何考えて」

真 「ごめん冬馬」グシャァ!

冬馬「☆Ψξ△ёюーーー!!!!!!!」


78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 14:59:43.14 ID:VSYHR+rHO

やりやがった…


82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/06/30(土) 15:00:17.83 ID:9/dvp6YP0

羅刹・・・


87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:02:52.59 ID:BrPmJc2A0

小鳥「あわわ……」

春香「そ、そこまでしなくても……」

伊織「亜美、これっていくらするの?」

亜美「あ、え、ええーと2万円くらい?」

伊織「そう……ここに5万あるわ。これでゲーム機は買いなおしなさい」

伊織「あんたもアイドルならこんなゲームに夢中になってる暇はないはずよ」

律子「行くわよ皆」

響 「い、行くってどこに?」

伊織「あの変態キモプロデューサーの家よ。あいつの目も覚ましてあげなくちゃ」

小鳥「あ、冬馬君……鍵置いておくから戸締りしたらポストに入れておいてね」

ゾロゾロ

冬馬「……」


96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:05:39.61 ID:zpCzsj3t0

羅刹のDSは当然寧々さん使用の奴だろ……?
どうするんだよ……


97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/06/30(土) 15:06:14.83 ID:eSe2qHew0

これはわらえない
P逃げて
超逃げて


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/06/30(土) 15:06:47.79 ID:YnLV7r7E0

羅刹、、、お前は泣いて良い……泣いていいんだ!!


99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:06:55.70 ID:BrPmJc2A0

冬馬「……っ」ポロポロ

冬馬「くっ……ひっく……ごめん……ごめんな……」ポロポロ

冬馬「俺が、一緒に連れてきたから……」

冬馬「せめて墓くらいは作るからな……寧々さん……」

伊織『あいつの目も覚ましてあげなくちゃ』

冬馬「……」

冬馬「あぁ……そうだよな……寧々さんの言うとおりだ……」

冬馬「悲しんでる場合じゃねぇ……!」ピッ

北斗『こんな時間にどうしたんだ? 俺は今凛子ちゃんと』

冬馬「プロデューサーのカノジョが危ないんだ! 手を貸してくれ!」

北斗『……場所は?』

冬馬「あいつの家のはずだ! 現地で落ち合うぜ!」

北斗『やれやれ。ちょっとヤボ用を片付けてくるよ凛子ちゃん』

冬馬「間に合ってくれよ!」ダッ


105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:11:51.91 ID:BrPmJc2A0

愛花「キス……したくなっちゃった……なんて」

P「お、俺もだよ……愛花」

P「んー」

ピンポーン

P「……何だこんな時間に」

ピンポンピンポンピンポン

P「はいはい……」

P「新聞は間に合ってますよっと」

律子「こんばんは」

P「律子?どうしてこんな時簡に……」

伊織「真」

真 「すみませんプロデューサー!せい!」

P「な、なんだゃッ!?」

P「」

律子「今のうちに探すわよ」


112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:16:20.85 ID:BrPmJc2A0

P「……ん」

雪歩「み、皆! 起きたよ!」

P「春香……?」

美希「ごめんねハニーもう少しだから我慢してね」

P「美希もいるのか……ってなんだこれ、縛られてるのか?」

律子「どうも」

P「おい律子冗談にしてはやりすぎだぞ」

伊織「あんた彼女が出来たらしいけど、それって誰なの?」

P「伊織まで……そんなの別に答える必要なんて」

真 「プロデューサー……」

P「え? あ……!」

DS 「」ミシミシ

P「ば、馬鹿!! 何やってるんだ!!!」


114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:17:04.27 ID:zpCzsj3t0

ああ……愛花が……


117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:18:52.31 ID:xG3YTykP0

北斗はなにやってるんだ
来てくれ羅刹ぅぅぅぅぅ


122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:21:12.02 ID:aQ2NNN260

ああぁ


124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:21:41.03 ID:BrPmJc2A0

愛花「P君……助けて……」※妄想

P「愛花! 愛花ァ! おい! 愛花を離せ!」

律子「答えてください」

P「そうだ……その子が俺のカノジョだ! 愛花だよ!」

P「なぁもういいだろ? 返してくれ、な?」

DS 「」メキメキ

P「よせ……わかったから……よせ……よせ……っ」

DS 「」ペキッ

P「よせっ!!」

P「くそっ! 何が望みなんだ!」

あずさ「プロデューサーさん……これはゲームなんですよ?」

P「ゲーム? 違う! 愛花は人間だっ!」

千早「じゃあ愛花さんはプロデュースできるんですか?」

P「できる! できるとも! 俺が彼女をトップアイドルにしてみせるっ!」


133 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:28:02.87 ID:BrPmJc2A0

伊織「あんたは一時の気の迷いで正常な思考力を無くしてるのよ」

真 「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」ミシ…ミシ…
 
あずさ「だからプロデューサーさん……」

律子「私達が」

千早「正気に」

雪歩「戻してあげます」

伊織「真」

真 「」グッ

P「真……! お前までっ! なんで!!」

伊織「ゲーム機もろともこいつの妄想を」

伊織「破壊しなさい」

P「やめろオオオオオオオオオオ!!!!!」

ベキャッ


135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:28:23.58 ID:bGLGJjVP0

ああ…


147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:32:39.71 ID:BrPmJc2A0

P「」

律子「これに懲りたらゲームに現を抜かして仕事を疎かなんてことしないでくださいね」

伊織「ゲーム機代はちゃんと弁償してあげるから。こんなゲームはもう卒業しなさい」

小鳥「げ、元気出してくださいね……リアルだって捨てたもんじゃないですよ!」

春香「これで本当に元のプロデューサーさんに戻ってくれるのかな……」

千早「きっと戻ってきてくれるわ」

雪歩「プロデューサー……私いつまでも待ってますから」

小鳥(これがヤンデレってやつなのかしら……)

P「愛花……愛花……」ブツブツ

真美「兄ちゃん……」

あずさ「行きましょう亜美ちゃん真美ちゃん」

亜美「う、うん……」


155 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:37:17.19 ID:BrPmJc2A0

P「愛花……」

愛花「P君……泣かないで……」

P「愛花……でも、俺は……」

愛花「私……こういう時どう言っていいかわからないけど……」

P「愛花……!」

愛花「愛花は……ここにいるよ。あなたがどこにいても」

愛花「愛花はいつもあなたのことを思ってる」

愛花「悲しくて、もうダメかもしれないって思っても、いつだって私が見守ってるから」

愛花「だから……あなたはいつも笑っていて?」

P「うん……うん!」

愛花「忘れないで……私はいつもあなたの隣にいるから……」

P「あぁ……忘れない。君という女の子がいたことを。俺は絶対に忘れない!」

バンッ

冬馬「プロデューサー!」

P「……冬馬か」


158 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:39:14.16 ID:VSYHR+rHO

泣いた


160 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:42:51.16 ID:BrPmJc2A0

冬馬「その様子だと……」

北斗「……遅かったみたいですね」

P「北斗まで……現実に戻って来いって言われて握り潰されたよ」

冬馬「まぁ、なんだ。元気出せよ」

冬馬「俺もさっき寧々さん失ったんだぜ」

北斗「なっ……お前……」

冬馬「だけどな、声が聞こえたんだ」

冬馬「私の知ってる冬馬君は、友達を見捨てるような人じゃないってよ」

P「そうか……」

P「やっぱり愛花って現実だよな?」

冬馬「そりゃそうだろ」

P「じゃあいつまでもクヨクヨしてたら愛花に笑われるな」

冬馬「見守ってくれてる寧々さん達のために、俺達は今できることを精一杯しようぜ!」

P「あぁ!」

北斗「なんだかよくわからないけど、無事に収まったのか……?」


167 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:48:21.45 ID:BrPmJc2A0

P「おはよう!皆!」

雪歩「プロデューサー!」

小鳥「お、おはようございます」

P「さぁ今日も張り切っていくぞ!」

千早「ほら、戻ってきてくれたでしょう?」

春香「そ、そうだね……」

高木「あ、君。昨日言ってた女の子を産みたいという話だが……」

P「あぁ、もういいんです。」

高木「え?」

P「彼女とは別れました」

高木「……それは済まなかったね」

P「俺も彼女も納得してますから」


173 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:52:56.66 ID:BrPmJc2A0

ガチャ

冬馬「うっす」

北斗「チャオ☆」

真美「あまとう!」

真 「冬馬……」

冬馬「あまとうじゃねぇって……俺は天ヶ瀬冬馬だ」

律子「961プロのアイドルがうちに何の用なのかしら?」

冬馬「お前らに用なんてねーよ。ちょっとプロデューサー借りるぜ」

P「なんだ? 急用か?」

北斗「プロデューサーさんに耳寄りな情報があるんですよ」

P「まぁいいけど……あっちの部屋借りますね」

高木「それは構わないが……」

雪歩「も、もしかしてゲームを壊した復讐に……」

伊織「お金は払ってるしそれはないわよ」


179 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:58:22.82 ID:BrPmJc2A0

P「で、なんだ? わざわざ765プロにまで来るなんて」

冬馬「まぁこれ見てみろよ」

P「ゲーム雑誌? これに何が……!?」

P「お、お前……これ!」

冬馬「あぁ……NEWラブプラスが発表されたんだ!」

P「ま、また愛花に会えるのか……!」

北斗「俺の凛子ちゃんも記憶を引き継いだまま綺麗になれるんですよ!」

冬馬「しかも3Dなんだぜ!」

P「……はは」

冬馬「へへ……」

北斗「フフ」

アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


  END


182 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 15:59:47.91 ID:BrPmJc2A0

初SS支援ありがとうございました



190 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/06/30(土) 16:12:10.20 ID:XApcLDJf0

面白いな、乙


198 : 忍法帖【Lv=4000,xxxPT】[] 2012/06/30(土) 16:32:05.62 ID:EahmRe7L0



楽しかったぜ



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341026518/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP