PickUp
スポンサード リンク
1 : 黒真珠になって千秋の耳を飾りたい[saga] 2014/07/07 23:07:39.81 ID:yeN3Np2no

アイドルマスターシンデレラガールズ 黒川千秋のSSです。

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404502223/
モバP「黒川千秋の充足」のおまけのような形になります。ご了承ください。


7 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/07 23:27:44.67 ID:yeN3Np2no

P「千秋、ちーあきー」

千秋「…なあに」

P「…なあ、まだ怒ってるのか?悪かったって」

千秋「…別に」

P「頼むよ許してくれよ…」

千秋「怒ってないって言ってるじゃない」

9 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/07 23:29:53.63 ID:yeN3Np2no

P「嘘付け絶対怒ってるぞ」

千秋「…知らない」

P「…んー」

千秋「……ふん」ツーン

P「……」ソーッ

千秋「……」パシッ


10 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/07 23:31:47.50 ID:yeN3Np2no

P「……」ムッ

千秋「……」フン

P「……」ガシッ

千秋「えっやっちょっ」

P「うらー」ワシワシ

千秋「やめて髪が乱れるから!」

P「知らんー」ワシワシ

11 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/07 23:33:11.75 ID:yeN3Np2no

千秋「もうー!」

P「悪かったってー」ワシワシ

千秋「ちょっと、乱暴にしないでってば…」

P「ごめんよー」ワシャワシャ

千秋「……やめなさい!」バシィ

P「」ピクピク

千秋「ふん」

12 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/07 23:35:25.48 ID:yeN3Np2no

P「」ムクリ

千秋「な、なによ…」タジ

P「」スッ

千秋「……?」

ガチャ、バタン

千秋「えっ……」

千秋「……」ストン

千秋「……そ、そのうち帰ってくるわよね」


13 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/07 23:38:36.80 ID:yeN3Np2no

~5分後~

千秋「……」イライラ

千秋「遅い」イライラ

~15分後~

千秋「……」ソワソワ

千秋「もう、どこまで行ったのかしら…」


14 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/07 23:39:11.34 ID:yeN3Np2no

~30分後~

千秋「……」ポツーン

千秋「…帰って、くるわよね」

~一時間後~

千秋「……」ズーン

千秋「……ぐすっ」


16 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/07 23:40:51.84 ID:yeN3Np2no

ガチャ

千秋「!!」バタバタ

P「ただいまー」

千秋「どこに行ってたのよ!」ダキッ

P「うおっと」

千秋「……」ギュッ

P(犬みたい、尻尾あったら千切れんばかりに振ってそう)

17 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/07 23:45:16.15 ID:yeN3Np2no

P(かわいい)

千秋「答えなさ…んむっ」

P「んー」

千秋「んっ…っ」

P「……」ギュー

千秋「……」ギュッ

~この先が見たい人はガチャを回してください~


24 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:45:44.57 ID:JduXrn0Ao

ドサッ

千秋「んっ…」

P「もう機嫌は直ったのか?」

千秋「別に、怒ってないって言ったじゃない…」

P「嘘付け」

千秋「嘘じゃない」

P「強情だな…」

千秋「あなたに、言われたくないわよ…」


25 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:46:10.17 ID:JduXrn0Ao

P「……」

千秋「……」

ちゅ

P「千秋…」

千秋「…こ、このくらいで許すとでも」

P「…そうか」


26 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:46:53.75 ID:JduXrn0Ao






しゅる

27 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:47:21.14 ID:JduXrn0Ao

P「聞き分けのない子には、少しお仕置きが必要だな」

千秋「え、ちょっと…」

P「ほら、手ぇ出して」

千秋「やだ、何するの…」

P「言っただろ?お仕置きだって」

千秋「だからって、こんな」

P「だめだ」

28 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:48:04.75 ID:JduXrn0Ao




ぎし 

29 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:48:44.67 ID:JduXrn0Ao

千秋「ちょっと、解いて…解きなさい」

P「……」

千秋「Pさん、ほ、本気?」

P「ああ」

千秋「やだ、目が怖いわよPさん…」

P「そういう千秋は随分と嬉しそうな目をしてるじゃないか」

千秋「そんなわけ…んぅ!」

にちゅ

30 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:49:11.29 ID:JduXrn0Ao

P「触られたわけでもないのにこれだけ濡らして、何がそんなわけないって?」

千秋「やだ、見せないで…」

P「……脱がすぞ」

千秋「だ、駄目、だめ」


31 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:49:42.86 ID:JduXrn0Ao




ぷち…ぷち



32 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:50:25.90 ID:JduXrn0Ao

P「随分綺麗な下着だな、さすがお嬢様だ」

千秋「いや、いやあ…」

P「そうだな、下着だけだと中途半端だもんな」

千秋「そ、そういう意味じゃない」

ぷち 

千秋「……うぅ」


33 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 07:51:42.78 ID:JduXrn0Ao

P「綺麗だ」

千秋「今褒められても、嬉しくないわ…」

じーっ

P「日頃からしっかり鍛えてるだけあるな、見てるだけでも飽きないよ」

千秋「せめて、するなら普通に…」

P「それじゃお仕置きにならないだろ?おかしなことを言うなあ千秋は」


34 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 08:12:12.27 ID:JduXrn0Ao

千秋「そんな…」

P「触るぞ」

さわ…なでなで

千秋「ちょっと、くすぐった…」

P「いいなあ、すべすべで柔らかくて、でもだらしない訳じゃない」

千秋「やっ、んっ」

35 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 08:14:00.54 ID:JduXrn0Ao

P「お腹も下品じゃない程度に肉がついてて、腹筋でガチガチって感じでもなく…」

つつーっ

千秋「ふっ…ふうっ」

P「腰から足にかけてのこの絶妙なライン…ほんと、いいカラダしてるよ千秋は」

千秋「ぁ…」

もにゅっ

千秋「やっ…」

36 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 08:15:06.21 ID:JduXrn0Ao

P「胸もかなりボリュームあるよな、結構着やせするみたいだけど」

もにゅもにゅ

千秋「ちから、つよい…わよ」

P「おっと、悪いな…つい夢中で」

くにっ

千秋「んあっ!」


37 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 08:16:38.60 ID:JduXrn0Ao

P「ちょっと触っただけで随分いい反応してるじゃないか」

くに…くに

千秋「だめ…そこ、ばっかり、だめ…」

P「こーら、逃げるな」

ぎゅ

千秋「いっ、痛っ」


38 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 08:22:51.52 ID:JduXrn0Ao

P「悪い悪い、じゃあ優しくな…」

千秋「…楽しそうね、Pさ…ひゃん!?」

P「ほらほら、あんまり大きい声出すと外まで聞こえるぞ?」

千秋「それは、Pさんが、あぅんっ」

P「俺がなんだって?」

千秋「い、意地悪…Pさんの意地悪…」

P「聞き捨てならないな、こんなに優しくしてるのに…」

千秋「もう、やだ、やだぁ…」

39 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 08:46:32.28 ID:JduXrn0Ao

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千秋(もう、どれくらいたったのかわからない)

P「どれだけ触ってても飽きないな…千秋のカラダは」

千秋(さっきから、ずうっと)

千秋(なんども、なんどもさわって)

千秋(でも、だいじなところには、いちども)

千秋(それが、ひどくもどかしい)

40 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 08:46:58.54 ID:JduXrn0Ao

P「……千秋」

千秋(いやらしいかお、してる…)

P「これは『お仕置き』だからな」

千秋(え…)

P「千秋がおねだりしてくるまでは、ずっとこのままだぞ?」

千秋(ああ…)


41 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 08:47:30.90 ID:JduXrn0Ao

千秋「……い」

P「…ん?」

千秋「…Pさんを、ちょうだい」

千秋(もう、どうにでもなればいい…)

P「…ちょっと物足りないけど、まあいいか」

ぐちゅ

千秋「あ、あっ!」

42 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 09:03:42.09 ID:JduXrn0Ao

P「物足りないのは、千秋も一緒みたいだしな?」

千秋「や、あ、ああ…」

P「いつもの気丈な千秋はどうした?随分だらしない顔してるぞ?」

ぐちゅぐちゅ

千秋「だって…だって…」

P「まあすっと焦らされたもんな、多少ヘンになっても仕方ないよ」


43 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 09:06:58.54 ID:JduXrn0Ao

千秋「しかたない…?」

P「だから、もっと可愛いところ見せてくれよ」

ぐり

千秋「っ!?」

P「千秋がいいのは、確かここだろ?」

千秋「だっ、だめ、そこはだめ、だめなの…!」

ぐりぐり

44 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/08 09:24:31.05 ID:JduXrn0Ao

P「駄目じゃないだろ?ほら、中がひくひくして、もう今にもイキそうになってる」

千秋「やあっ、やだぁっ、いや、いやぁっ!」

P「ほら、そろそろ…」

ぐりぃっ

千秋「~~~っ!!」ビクビク

P「指だけでちゃんとイけたじゃないか、えらいぞ千秋」ナデナデ

千秋「はっ、はぁっ、はーっ…」

P「まあ、まだ終わりじゃないけどな?」

51 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/18 10:57:55.43 ID:HMROGEpFo

千秋「え…?」

千秋(まだ…?そんな、わたし、もう…)

P「せっかくの『お仕置き』なんだ、千秋だけ楽しむのはなしだぞ?」

千秋(Pさん…すごく、たのしそうな、かお…)

P「…良い顔してるじゃないか、千秋」

千秋「うそ…うそよ…」


52 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/18 10:59:17.36 ID:HMROGEpFo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちゅ…じゅる

千秋「ん…」

P「ほら、しっかりくわえて」

千秋(手が…うまく、使えない)

千秋「ぷは、Pさ…」

P「だめだろ、途中でやめるのは」グイッ

千秋「んむっ!?」


53 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/18 10:59:44.58 ID:HMROGEpFo

じゅぷ、ぐちゅ

千秋(んっ、のど、つかえて、いきが)

P「そうそう、その調子」

千秋(Pさんのが、くちのなかも、のども、おくまで、いっぱい…)

千秋「んっ、んぐっ、んうっ」

P「苦しいか?じゃあちょっと休憩な」

千秋「…っはぁっ、はぁ…」

54 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/18 11:00:10.88 ID:HMROGEpFo

P「おーおー、顔が真っ赤だぞ千秋」

千秋「だ、だれのせいで…」

P「ごめんな」ナデ

千秋「んっ…もう」

千秋(ずるいわよ…この人は)

ちゅ

P「お?」

55 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/18 11:00:47.29 ID:HMROGEpFo

千秋「ん…」

じゅる、じゅ

P「…上手くなったもんだ」

千秋(誰がこうさせてると思ってるのかしら…まったく)

じゅ、じゅ、じゅ

P「くあっ」

千秋(…でも、こういうのは悪い気分じゃないかも知れないわね)

P「…千秋」

56 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/18 11:01:14.14 ID:HMROGEpFo

千秋(ん…もう)

P「いっ…くっ」

どくっ…

千秋「んっ」

どく、どく…

千秋(苦くて、熱い塊みたいなものが)

どく…


57 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/18 11:01:50.58 ID:HMROGEpFo

千秋(やっぱり、これは慣れないわね…)

千秋「ん…んく」

こく

P「…よくできました」

千秋「ん、けほ」

P「大丈夫か?」

千秋「…心配なら、手を離してくれてもよかったのよ?」

P「悪いな」

千秋(微塵もそうは思ってないくせに…)

58 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/18 11:02:16.71 ID:HMROGEpFo

P「…手、跡になってる」

しゅる

千秋「…満足かしら」

P「ちょっとおふざけが過ぎたかもな」

千秋「…そうね」

P「…千秋」

千秋「なあに?」

どさっ

千秋「きゃ…」

P「普通に、しようか」

千秋「…」コクリ

67 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 06:40:46.99 ID:yBzu3lcno

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぎしっ、ぎしっ

千秋「P…さん、もっと、ゆっくり…」

P「…悪い、余裕ない」

千秋「っ、も、もぉ…」

P「ごめん、なっ…」

ぎゅっ


68 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 06:44:00.70 ID:yBzu3lcno

P「ち、千秋?」

千秋「…おねがい」

P「…ああ」

千秋「て、にぎって…」

P「…こうか?」

千秋「ん…」

P「…っと」

69 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 06:44:28.14 ID:yBzu3lcno

ひょいっ

千秋「ひゃんっ!?」

P「ごめん、痛かったか?」

千秋「だ、大丈夫よ…」

P「ほら、こっちの方が千秋の顔がよく見える」

千秋「ちょ、ちょっと近いわよ…?」

P「ははっ」

70 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 06:49:10.84 ID:yBzu3lcno

千秋「な、なにがおかしいの?」

P「いや、ごめんごめん…こんなことしてるのに今更近いってのもなんだかなあ、って」

千秋「…言われてみればそうね」

P「…しばらくこのままでいようか」

千秋「えっ、このまま…?」

P「嫌か?」


71 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 06:50:29.55 ID:yBzu3lcno

千秋「いやじゃないけど…」

千秋(こんな、繋がったままなんて…)

P「こういうやり方もあるらしいって、前何かで読んでさ」

千秋「そ、そうなの…?」

P「ああ、そうらしい」

千秋「でも…んっ、ちょっと落ちつかないわ…」


72 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 06:51:00.23 ID:yBzu3lcno

P「…俺は結構好きかも」

千秋「…ぴ、Pさんがそう言うなら」

P「ありがとうな…んっ」

千秋「ん…」

千秋(いつもどおり、優しいキス)

千秋(これだけで、わたしはいつもおかしくされちゃうのよね…)


73 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 06:51:27.49 ID:yBzu3lcno

P「…千秋?」

千秋「ふぇ…?」

P「いや、ボーっとしてたからさ」

千秋「なんでも、ないわ…」

ぎゅ

P「…あったかいな」

千秋「…うん」

74 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 06:53:59.37 ID:yBzu3lcno

P「…千秋っていつも固い口調だけどさ」

千秋「そうかしら…?」

P「今のそれみたいにさ」

千秋「…特に、意識したことはないわ」

P「でも、たまにそれが崩れるよな?」

千秋「…そう?」

P「さっきの『うん』とか、普段の千秋だとあんまり言わないだろ?」


75 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 07:29:06.96 ID:yBzu3lcno

千秋「そうかもしれないわね…」

P「そういう時、ちょっとドキッとするんだよな」

千秋「な、何言ってるのよ」

P「そういう時の千秋の顔、なんと言うかいい感じに力が抜けてて俺は凄く好きだぞ」

千秋「と、唐突に何…?」

P「んー、なんとなくかな」

千秋「なんとなくって…」

76 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 07:58:20.74 ID:yBzu3lcno

P「なんというか、あんまり千秋にこういう事言ってなかったな、と思ってさ」

千秋「…そうね、そうかも知れないわ」

P「千秋は?」

千秋「えっ?」

P「俺が言ったんだから、今度は千秋の番だぞ?」

千秋「わ、わたし…?」

P「そう、千秋が俺のどんなところが好きか」


77 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 07:58:47.14 ID:yBzu3lcno

千秋「え、ええ…?」

千秋(い、いきなりそんな事言われても)

千秋(困ったわね…ありすぎて何から言えばいいのか)

千秋「……たくさん、あるわよ?」

P「全部聞かせてくれてもいいぞ?」

千秋「…そうね、Pさんの好きなところは」


78 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 07:59:13.04 ID:yBzu3lcno

P「ん?」

千秋「…その、目かしら」

P「目?」

千秋「…わたし、あまり喋るのは得意じゃないのだけれど」

P「そうか?」

千秋「色々考えちゃって、結局上手く言えないことがいっぱいあるのよ」

P「……」

79 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 07:59:44.09 ID:yBzu3lcno

千秋「すごくもどかしい気持ちになることもあるんだけど…」

P「…なんとなく、わかるかな」

千秋「あなたは待っててくれるわよね、わたしが言葉にするのを」

P「うーん…気にしたことないなあ」

千秋「その時のあなたの目が…とても優しいの」

P「優しい?」

千秋「そう、急かすわけでもない、優しい目」

80 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:00:11.03 ID:yBzu3lcno

P「…人からそんな事言われたのは初めてだよ」

千秋「ふふっ、じゃあわたしだけが知ってるPさんってことね」

P「…これ、思ってたより恥ずかしいな」

千秋「これでおあいこ、でしょ?」

P「…だな」

千秋「他には…」

P「ちょ、ちょっとタンマ、流石に照れくさい」

千秋「だーめ、全部聞いてくれるって約束でしょ?」

P「ま、参ったな…」

81 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:00:40.32 ID:yBzu3lcno

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千秋「それで、ね…」

P「ち、千秋?なんか息荒いぞ、大丈夫か?」

千秋「へいき、よ…」

千秋(なんだか、へんね…)

千秋(からだ、あつくて、とけてるみたいで)

千秋(Pさんとつながってるところだけ、はっきりわかる…)

82 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:01:14.50 ID:yBzu3lcno

P「ちょ、ちょっといったん抜くぞ?」

千秋「っ、だ、だめ」

ぎゅっ

P「千秋?」

千秋「このまま、このままがいいの…」

P「いやでも…」

千秋「…やめないで」


83 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:01:40.53 ID:yBzu3lcno

P「…っ」ゾク

千秋「Pさんと、つながってたいの…」

P「……っ!」

千秋「ひゃっ、んっ、んあっ!」

P「…千秋のそんな顔、初めて見たよ」

ぎしっ

千秋「や、Pさ…」


84 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:02:25.29 ID:yBzu3lcno

P「動くぞ?」

千秋「んっ、も、うごいて、あぁッ!」

ぐちゅっ、ぐちゅ

P「千秋、すご…」

千秋「あっ、うあっ、や、やぁっ、こんなの、だめえっ」

P「……っ!…くっ!」


85 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:03:12.95 ID:yBzu3lcno

千秋(やだ、やだやだやだ、なに、これ、こんなの)

千秋(しらない、わからない、いつものわたしじゃない)

千秋(もう、Pさんのことしか…)

P「千秋っ!」

ぐちゅんっ

千秋「ひっ…ひゃあああんっ!」

びくん、びく

86 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:03:41.21 ID:yBzu3lcno

千秋(ひばな、ちったみたいになって)

千秋(あたま、おかしくなっちゃう)

千秋(おかしく、されちゃう…!)

千秋「っ、はぁ、はぁ…」

P「…悪い、千秋」

千秋「ふぇ…?」

P「もう少し、動く…っ」


87 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:05:51.71 ID:yBzu3lcno

ずちゅ、ぬちゅ

千秋「もっと、するの…?」

P「ああっ…」

千秋(まだ、される…?)

千秋(Pさん…つらそう)

千秋(ううん、すごく…)

千秋「…いいわ、Pさん」

88 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:06:19.74 ID:yBzu3lcno

P「っ、千秋…?」

千秋「すきに、して?」

P「…千秋っ!」

ぎしいっ

ずっ、ずちゅ、ぐちゅっぐちゅっぐちゅっぐちゅっ

千秋「や、あ、あ、ああああああっ!」

千秋(おくまで、Pさんのがいったりきたり)


89 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:06:47.49 ID:yBzu3lcno

千秋(いつもより、らんぼうにされてるのに)

千秋(きもち…いい)

じゅぶ、ぐちゅ、ずちゅずちゅずちゅずちゅ

千秋(なか、こすられて、けずられてるみたい)

千秋(わたしのなか、どんどんカタチかわって)

千秋「Pさ、Pさんっ」


90 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:07:14.27 ID:yBzu3lcno

P「千秋…っ」

じゅぶじゅぶじゅぶ、ぐちゅ、にちゅ

千秋(もう、だめぇ…っ)

P「い、くっ…」

ごちゅんっ!

千秋(ぁ…)

91 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:07:41.52 ID:yBzu3lcno

千秋「うあっ、あっ、ひゃあああああっ!?」

びゅっ、びゅるるるる

千秋(き…たぁっ)

千秋(あついの、いっぱい…)

千秋「あっ、うあっ…」

びく、びく…


92 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:08:10.39 ID:yBzu3lcno

P「…っはぁっ、はぁー」

どく…どくんっ

千秋(まだ、きてる…)

千秋(Pさんので、わたしのなか、いっぱいになって…)

千秋「Pさ…んっ」

P「ん…」

千秋(ああ…)

千秋(…しあわせ)

93 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:08:37.66 ID:yBzu3lcno

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

千秋「…ん?」

P「…起きたか?」

千秋「Pさん…?わたし…」

P「疲れきって寝ちゃったみたいだな」ナデ…

千秋「そう…ごめんなさい」

P「いいよ、千秋の可愛い寝顔も見られて満足だ」

94 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:09:13.29 ID:yBzu3lcno

千秋「も、もう…」

P「シャワー、浴びるだろ?」

千秋「ええ…ああもう、どろどろじゃない」

P「悪い…俺もへとへとでさ」

千秋「…でも、悪くなかったかも」ボソッ

P「ん?」

千秋「なんでもないわ、ほらPさん」


95 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:09:41.75 ID:yBzu3lcno

P「ん、ああ」

千秋「もう、察しが悪いんだから」

ぎゅ

P「おっと」

千秋「最後まで、優しく面倒見てちょうだい?」

P「…かしこまりました、お嬢様」

ひょい

96 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:10:12.87 ID:yBzu3lcno

千秋「きゃ…もう、優しくって言ったじゃない」

P「そう言うなよ、俺もちょっと足にきてるんだ」

千秋「だらしない人ね…ふふ」

P「言ってろ、ほーら運ぶぞー」

千秋「お願いね?」

P「任せろ」


97 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:10:41.62 ID:yBzu3lcno

千秋(いつも優しくて頼もしい人だけど)

千秋(さすがにまだ、恥ずかしくて言えないわね)

P「千秋?」

千秋「なあに?」

P「…愛してるぞ」

98 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:11:08.70 ID:yBzu3lcno

千秋「……唐突なの、好きね」

P「不意打ちのほうが、千秋はいい顔するからな」

千秋「…ほんと、悪趣味」

P「で?」

千秋「…え?」

P「返事、聞いてないぞ?」

千秋「もう…」クス

99 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:11:35.47 ID:yBzu3lcno









千秋「もちろん、私も愛してるわよPさん」









100 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:15:30.86 ID:yBzu3lcno

くぅ~疲れましたw これにて完結です!

・・・いや、はい、ホントごめんなさい、最後まで追ってくれていただいた方、ありがとうございます。

それでは、取り急ぎHTML化の依頼を出してまいります。
読んでいただいて、ありがとうございました。

101 : ◆klx9zSJI.g[saga] 2014/07/26 08:25:45.88 ID:yBzu3lcno

実はこれが記念すべき10本目でした・・・。
以前の作品は

モバP「佐久間まゆの純心」

モバP「佐久間まゆの門限」

モバP「塩見周子の発散」

モバP「千川ちひろの放言」

モバP「佐久間まゆの献心」

モバP「高森藍子の同調」

モバP「塩見周子の休日」

モバP「村上巴の激情」

モバP「黒川千秋の充足」

になります。以前どこかで過去の作品を聞かれた覚えがありましたので、ここに。



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404742059/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP