PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/28(日) 23:41:50.78 ID:iupgxueX0


キョン「そうか、挙式中に変なこと口走るんじゃないぞ」
ハルヒ「あんたもいくのよ!」
キョン「いや・・・俺は親戚じゃないから行くのはおかしいだろう」
ハルヒ「関係ないわ。式場に不思議があるかもしれないから団員は強制参加よ」
古泉「楽しそうですね」
みくる「私ウェディングドレスって憧れなんですよ~」
長門「・・・」
キョン「これは・・・参加の流れだな。そもそも招待状がないぞ、平気なのか」
ハルヒ「問題ないわ、私が手配しておくから。今週の日曜に駅前で集合よ!」



2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/28(日) 23:42:46.74 ID:iupgxueX0


-日曜-
キョン「待たせたな」
ハルヒ「まったくいつも・・・まぁおめでたい日だから今日は特別に許してあげる」
キョン「まだ約束の時間の15分前だがな、それに」
ハルヒ「なによ」
キョン「他のやつらもきてないぞ」
ハルヒ「みんな突然予定が出来たって、だから私たちだけで行くわよ」
キョン「・・・嫌な予感がする」
ハルヒ「なによそれ。とにかく行くわよ!あまり時間がないわ」



5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/28(日) 23:44:18.77 ID:iupgxueX0


ハルヒ「ここね」
キョン「ほう。割と立派なところでやるんだな」
ハルヒ「そうみたいね、ほらあっちに涼宮家って書いてるわ」
キョン「そうあせるな。新郎新婦は逃げたりしない」
ハルヒ「バカね、新郎新婦入場と私たちの入場が同時になったらどうするのよ」
キョン「それは・・・あまり想像したくない空気になるな」
ハルヒ「でしょ?だから早めに行ったほうがいいわ」
キョン「わかったよ・・・適当に座って入場まで待とう」



8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/28(日) 23:45:57.46 ID:iupgxueX0


ハルヒ「人が多くなってきたわね」
キョン「そろそろか?・・・お、牧師さんがきたな」
ハルヒ「始まるわ・・・なんか緊張してきちゃった」
キョン「なんでお前が緊張する、と言いたいところだが実は俺もだ」
ハルヒ「ふふ、不思議ね」
キョン「お前の目的は達成できたな」
牧師「ミナサン、御起立クダサイ」
キョン「始まる、おしゃべりはここまでだ」
ハルヒ「そうね・・・」



10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/28(日) 23:48:56.76 ID:iupgxueX0


キョン(俺もいつかああやって結婚するときがくるのか)
ハルヒ(綺麗・・・私もこんな風に好きな人と結婚式したい)
キョン(バージンロードを歩く親父さんの気持ちはやっぱり複雑なんだろうな)
牧師「賛美歌うんぬん~」
キョン「ハルヒ、お前賛美歌知ってるか?」
ハルヒ「知らないわよ。でもプログラムの裏に歌詞が載ってるから大丈夫」
キョン「ほんとだ。俺の美声でここを幸せいっぱいにしてやる」
ハルヒ「なによそれ」



14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/28(日) 23:51:46.71 ID:iupgxueX0


ハルヒ「あんた音痴だったのね」
キョン「(´・ω・`)」
ハルヒ「冗談よ。誓いが始まったわ」
キョン「あぁ・・・」
牧師「デハ誓イノ、キスヲ」
ハルヒ「素敵ね・・・」
キョン「あぁ・・・」
ハルヒ(本当に素敵)



16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/28(日) 23:54:26.61 ID:iupgxueX0


牧師「新郎新婦ノ退場デス」
ハルヒ「キョン、花びらもらった?」
キョン「あぁ、これを投げつければいいんだろ?」
ハルヒ「投げつけるって・・・祝福するのよ」
キョン「わかってるって。くるぞ・・・ソォイ!!!」
ハルヒ「それ!」
牧師「デハ最後ニ、ブーケトスデス」
ハルヒ「・・・」
キョン「行ってきていいぞ、ほしいんだろ?」
ハルヒ「んーん、いいの。今回は他の人に譲るわ」
キョン「そうか」
ハルヒ「うん・・・」



18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/28(日) 23:58:21.96 ID:iupgxueX0


キョン「ブーケ捕った人、嬉しそうだったな」
ハルヒ「そうね・・・」
キョン「やっぱりほしかったんだろ」
ハルヒ「ん、まぁね。でも今はいいの」
キョン「そうなのか?」
ハルヒ「えぇ、私は今十分幸せだから。これ以上幸せになって罰が当たるのも嫌だわ」
キョン「・・・そっか。」
ハルヒ「うん」



21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:01:00.93 ID:uPlrOp9F0


キョン「さて、披露宴まで1時間ほど時間が空いた」
ハルヒ「2階の喫茶店で飲み物が飲めるみたい。タダで」
キョン「そうなのか」
ハルヒ「えぇ、新郎新婦が払ってあるみたいよ」
キョン「なるほど、時間つぶしがてら行くか」
ハルヒ「そうね」
キョン「席がいっぱいだな・・・」
ハルヒ「ま、そうなるわよね・・・仕方がない。ちょっと外歩かない?」
キョン「やることないしな。行くか」



22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:04:13.82 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「それにしても素敵だったわね」
キョン「そうだな・・・俺もいつかああやって結婚するときがくるんだろうか」
ハルヒ「あはは、相手がいればねー」
キョン「重大な問題だな」
ハルヒ「・・・ねぇ、キョンはどんな人が好きなの?」
キョン「好きなタイプか?ありきたりだが好きになった人がタイプだ」
ハルヒ「普通ね」
キョン「いいだろ別に。お前はどうなんだよ」
ハルヒ「昔は宇宙人だ異世界人だ言ってたけど・・・今はキョンと同じ感じね」
キョン「普通じゃないか」
ハルヒ「うっさい!」



27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:10:15.30 ID:uPlrOp9F0


キョン「そろそろ時間だ。戻ろう」
ハルヒ「そうね、豪華な料理は出るのかしら」
キョン「お前は・・・いや、なんでもない」
ハルヒ「なによ」
キョン「なんでもないって」
ハルヒ「言いなさいよ」
キョン「・・・お前らしいなと思ってな」
ハルヒ「どういう意味よ・・・まぁいいわ。席隣にしといたから。」
キョン「はいよ」



29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:13:48.55 ID:uPlrOp9F0


-披露宴会場-
キョン「ど真ん中・・・」
ハルヒ「なによ、見やすくていいじゃない」
キョン「まぁ確かにそうだが・・・目立つな」
ハルヒ「みんな新郎新婦に注目してこっちなんか見ないわよ」
キョン「それもそうか。お、アナウンス」
ハルヒ「入場ね」
パパパパーンパパパパーンパパパパンパパパパンパパパパンパパパパパン
キョン・ハルヒ「あいらーびゅーふぉえーばー」
キョン「お前もか」
ハルヒ「キョンと発想が同じなんて屈辱だわ」



30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:17:17.65 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「何度見ても綺麗ね」
キョン「そうだな」
ハルヒ「でもこの後ちょっとつまらないわ。挨拶ばっかり」
キョン「仕方ないだろう。静かにしてよう」
ハルヒ「そうね。料理もきたしまったりしてようかな」
キョン「むしゃむしゃ」
ハルヒ「むしゃむしゃ」



31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:21:08.62 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「新郎新婦の愛の軌跡だって」
キョン「これは・・・恥ずかしい。見てるこっちが恥ずかしい」
ハルヒ「確かに・・・でも幸せだからできることよね」
キョン「俺は結婚したらSOS団の面々ばかりの軌跡になりそうだ」
ハルヒ「そのときは私が監修してあげるわ」
キョン「遠慮しとく。変な写真ばかりじゃ格好がつかない」
ハルヒ「かっこいい写真があればいいけどね」
キョン「(´・ω・`)」
ハルヒ「冗談だってば・・・」



33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:24:47.94 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「新婦からお母さんに手紙読むんだって」
キョン「ハルヒ、泣くんじゃないぞ」
ハルヒ「どっちかって言うと泣きそうなのはあんたよ」
キョン「はじまった」
---
キョン「くすん」
ハルヒ「くすん」
キョン「ええ話や・・・」
ハルヒ「ええ話ね・・・」



35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:29:40.19 ID:uPlrOp9F0


-帰り道-
ハルヒ「あー楽しかった。まさに幸せのおすそ分けをもらった気分だわ」
キョン「そうだな。新婦さんも綺麗だった」
ハルヒ「私も早く結婚したくなっちゃった」
キョン「結婚式に行くとそういう気分になるよな。俺もしたくなった」
ハルヒ「・・・キョンは好きな人いないの?こいつと結婚したいと思う人」
キョン「突然なんだよ・・・秘密だ」
ハルヒ「なによ教えなさいよ」
キョン「いるよ。でも誰かは絶対に言わない」



40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:33:58.02 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「へぇ、いるんだ」
キョン「なんだよ」
ハルヒ「別にー。でもちょっと意外かも」
キョン「なんで意外なんだ。好きな人くらい誰だっているだろう」
ハルヒ「でもあんたSOS団としかいないじゃない。好きな人がいるようには見えないわ」
キョン「お前が連れ回してるんだろうが・・・」
ハルヒ「うるさいわね」
キョン「でもそう見えても仕方ないか。俺自身ほんとに好きなのかよくわかってない」
ハルヒ「変なの」



42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:41:10.58 ID:uPlrOp9F0


キョン「ハルヒはどうなんだ?」
ハルヒ「なにがよ」
キョン「好きなやつとかいないのか?」
ハルヒ「キョンと同じよ」
キョン「俺よりよっぽど意外だ・・・いるのか」
ハルヒ「どういう意味よ。でもいるだけじゃなく好きかわからないところも一緒」
キョン「偶然だな」
ハルヒ「そ、偶然よ」



45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:44:35.05 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「SOS団の中で結婚する相手を選ぶなら誰がいい?」
キョン「そりゃ朝比奈さんだろうな。家庭的な感じがするし」
ハルヒ「萌えキャラだしねー」
キョン「それはあんまり関係ないけどな」
ハルヒ「私は?」
キョン「は?」
ハルヒ「私が結婚相手だったら嫌?」
キョン「嫌って・・・まぁ退屈はしなさそうだな」
ハルヒ「明るい家庭を築く自信があるわ」
キョン「騒がしいだけだと思うがな」



49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:50:24.72 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「私はね、結婚するならキョンみたいな人がいい」
キョン「言うことを聞くからな」
ハルヒ「それもあるけどキョンといると落ち着くから」
キョン「そいつはどうも」
ハルヒ「リアクションが薄いわね。もっと驚いてくれると思ってたわ」
キョン「十分驚いてるよ」
ハルヒ「そう。意外?」
キョン「かなりな」
ハルヒ「ふーん」



53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:54:18.08 ID:uPlrOp9F0


キョン「じゃあ俺はこっちだから。また明日学校でな」
ハルヒ「・・・ねぇキョン」
キョン「ん?」
ハルヒ「さっきの話なんだけど」
キョン「どの話だ?」
ハルヒ「好きなのかわからないって話」
キョン「おう」
ハルヒ「私の相手はキョンなの」



57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 00:58:41.85 ID:uPlrOp9F0


キョン「薄々は気付いてたが」
ハルヒ「やっぱりね」
キョン「それでも驚くもんは驚くぞ」
ハルヒ「キョンは?」
キョン「秘密って言っただろ」
ハルヒ「私も言ったんだから言いなさいよ」
キョン「そんな約束をした覚えはない」
ハルヒ「卑怯ね。男らしく言いなさい」
キョン「だーめ」



62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:03:43.13 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「私じゃ嫌?」
キョン「嫌ってことはないが・・・」
ハルヒ「なによ」
キョン「何がだよ」
ハルヒ「もういいわ。ちょっと話を聞きなさい」
キョン「あぁ」
ハルヒ「私はキョンがいないとつまらない。他に何をしててもつまらないわ」
キョン「あぁ」
ハルヒ「私が私自身と同じか私以上に大切なのはキョンだけなの」
キョン「あぁ」
ハルヒ「だからキョンには幸せになってほしいわ」
キョン「あぁ」



64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:06:23.25 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「でも私自身も幸せになりたい」
キョン「あぁ」
ハルヒ「だからずっと一緒にいなさい」
キョン「あぁ」
ハルヒ「・・・ちゃんと聞いてる?」
キョン「聞いてるよ。一緒にいることはできる。今だって一緒にいるだろ」
ハルヒ「だからそういうのじゃなくて」
キョン「恋人関係とかそういうのは無理だ」
ハルヒ「なんでよ」
キョン「俺が好きかもしれない人はハルヒじゃないからな」
ハルヒ「・・・そう」



71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:10:06.15 ID:FRshERncO


>>64
あぁ…



68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:08:52.22 ID:wgTzJFkL0


そうなのか・・・



73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:10:37.30 ID:uPlrOp9F0


キョン「俺はハルヒとは付き合えない」
ハルヒ「残念ね」
キョン「俺より好きになる人がいつか現れると思う」
ハルヒ「多分そうでしょうね。でも今の私はキョンが気になるのよ」
キョン「時間が解決するさ」
ハルヒ「時間が経っても今の私は変わらないわ。未来の私がどうなってるかなんて知らない」
キョン「駄々っ子みたいなこと言うな」
ハルヒ「あは、でも悲しいわけじゃないから心配しなくても平気」
キョン「そんなもんか」
ハルヒ「別に拒否されたからって嫌いになるようなもんじゃないわ」
キョン「そんなもんか」
ハルヒ「そうよ」



77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:13:20.26 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「でも私はキョンが幸せになるように願ってる」
キョン「じゃあ俺もハルヒが幸せになるように願ってやるよ」
ハルヒ「それはいいわ。キョンとずっと一緒にいれない私は不幸よ」
キョン「おいおい」
ハルヒ「でも自分より人の幸せを願えるなんて素敵な事だわ」
キョン「俺は嫌だぞ」
ハルヒ「そのために自分の不幸を願わなきゃいけないのは辛いわね」
キョン「おい」
ハルヒ「ちょっとした意地悪よ」
キョン「幸せになれるよ」
ハルヒ「じゃあずっと一緒にいてよ」
キョン「・・・」
ハルヒ「意地悪よ」



82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:15:34.56 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「じゃあ明日学校でね」
キョン「あぁ。気をつけて帰れよ」
ハルヒ「キョンもね。じゃあばいばい」
キョン「あぁ」
-明日古泉に謝らなきゃいけないな。とびきりでかい閉鎖空間を作りそうだ
でも俺にはハルヒの気持ちに答えられない。誰だって自分が可愛いさ
そんな可愛い自分より俺のことが好きだといってくれたことは素直に嬉しい
だがそのために自分が不幸になってもなんて変な話だ
幸せのために不幸になるなんて難しいだろうな-



87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:17:51.07 ID:uPlrOp9F0


-月曜、学校-
古泉「どうしたんですか?呼び出しなんて珍しいですね」
キョン「あぁ、ちょっと謝りたいことがあってな」
古泉「それは涼宮さんに関係することでしょうか?」
キョン「そうだ。昨日かなりの規模の閉鎖空間が出来ただろう。恐らく俺のせいだ」
古泉「閉鎖空間?最近は作られていませんよ」
キョン「なんだって?」
古泉「昨日なにがあったのかお聞きしてもよろしいでしょうか」
キョン「~~~」
古泉「なるほど・・・そんなことがあったのですか」
キョン「間違いなく閉鎖空間が出来るはずだと思ったんだがな・・・」
古泉「私にはわかりますよ。涼宮さんのお考えが」
キョン「聞こうじゃないか」



92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:20:14.17 ID:uPlrOp9F0


古泉「おそらく涼宮さんは諦めていたのでしょう」
キョン「諦めていた?」
古泉「えぇ、でなければ涼宮さんの希望であなたは100%涼宮さんを好きになっていたでしょうか

ら」
キョン「言われてみれば・・・」
古泉「あなたが涼宮さんを好きではないということは」
キョン「望んでいないかありえないから・・・か」
古泉「それでも伝えなければ自分が保てなかったのでしょう」
キョン「困ったもんだ」
古泉「そのようで」



95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:22:20.61 ID:uPlrOp9F0


キョン「俺の意思が操られてハルヒを好きになることはあるのか」
古泉「なんらかのキッカケで涼宮さんが望めばあるいは。ですがありえないでしょうね」
キョン「だろうな。それならとっくに好きになってるはずだ」
古泉「ですがあなたはかなり人が悪い」
キョン「どういう意味だ」
古泉「そのままの意味ですよ。そこまで思われているのに心配なのは涼宮さん以外の事なんですから」
キョン「・・・」
古泉「私としましてはずっと一緒にいたいと涼宮さんが願えば世界が壊されることがないのでいいんですけどね」
キョン「お前のほうがよっぽど人が悪いだろう」
古泉「まったく、そのようで」



96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:24:27.38 ID:uPlrOp9F0


-放課後部室-
キョン「長門だけか」
長門「・・・」
キョン「よっこらせ」
長門「涼宮ハルヒは死んだ」
キョン「・・・あ?」
長門「正確には別世界に行った、そしてこちらの世界では死んだことになっている」
キョン「まて、なにを言ってるんだ」
長門「事実」
キョン「最近の有機なんたらは冗談でも覚えたのか?」
長門「冗談ではない。事実」



100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:26:15.53 ID:uPlrOp9F0


古泉「おやお二人とも、どうなさったのですか?」
キョン「あぁ、長門がハルヒは死んだなんて冗談を」
古泉「事実ですよ、ちなみに朝比奈みくるは未来に戻りました」
キョン「・・・なに?」
古泉「昨日涼宮さんがあなたと別れてすぐに」
キョン「お前今日なにも言わなかったじゃないか」
古泉「聞かれませんでしたから」
キョン「ふざけるなよ」



104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:28:11.29 ID:uPlrOp9F0


古泉「だからあなたは人が悪いと言ったのです。涼宮さんの心配はしなかった」
キョン「・・・」
古泉「それをいなくなったら心配ですか?ふざけるなはこちらの台詞です」
キョン「・・・もういい」
古泉「そう、あなたの行動はそれが正解。涼宮さんの気持ちに答えられなかった・・・あなたはなにも気にする必要はない」
キョン「もういい!」
古泉「そしてそうでなくては困ります。変な行動をされては落ち着いた世界が再度乱れてしまう」
キョン「やめろ!」
古泉「では・・・私はバイトがありますので」
キョン「・・・」



109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:31:55.69 ID:uPlrOp9F0


キョン「・・・長門、俺が悪いのか?」
長門「悪いわけではない。あなたは自分の気持ちを正直に伝えた」
キョン「その結果がこれか?」
長門「そう」
キョン「救いがないな・・・」
長門「でも涼宮ハルヒは私達が一緒にいることを望んでいる」
キョン「だからこっちの世界はそのままってか?」
長門「そう」
キョン「ハルヒがいないぞ」
長門「涼宮ハルヒがそれを望んだ。あなたの幸せのために自分の不幸を選んだ」
キョン「・・・」
長門「それが涼宮ハルヒが昨日もらった幸せのおすそ分け」



111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:33:54.47 ID:uPlrOp9F0


-別世界-
ハルヒ「つまらない世界ね・・・」
ハルヒ「でもこれしかないわ。今の私にこれ以上の答えは出せない」
ハルヒ「きっと正解じゃないんでしょうね」
ハルヒ「それでもキョンが私以外の人と幸せそうにしてるのは見ていられそうにないわ」
ハルヒ「違う答えが見つかったとき新しいこと探そ」
ハルヒ「それまでどうか幸せにね。キョン」
END



116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:36:40.02 ID:VZPUxF2b0


え・・・?



113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:36:14.79 ID:uPlrOp9F0


>>57からアナザーストーリー
略してアナーリー。蛇足かもしれませんが・・・
鬱展開嫌いなんで幸せなやつも用意してました。にゅるん
でもハルヒはキョンの嫁氏ではないです。本当にごめんなさい大好き
そしてハルヒはキョンの嫁氏の空気を完全に受けているアナーリーです
パクリといわれてしまえばインスパイアと言い張ります。
大好き。ハルヒはキョンの嫁氏大好き。お尻貸してください。では・・・



120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:38:30.75 ID:+F/Zwbwm0


>>113
どんだけ大好きなんだよ



122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:39:24.13 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「むぅ」
キョン「はは、ふくれるな」
ハルヒ「・・・」
キョン「ハルヒ?」
ハルヒ「くすん」
キョン「お、おい・・・」
ハルヒ「すんすん」
キョン「・・・俺もハルヒのことだよ。気になるの」
ハルヒ「ほんと!?」
キョン「あぁ、あー・・・あぁ・・・」



124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:41:33.04 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「まだまだね。こんなのにひっかかるなんて」
キョン「ひっかかってやったんだよ」
ハルヒ「どうかしらね」
キョン「まったく・・・」
ハルヒ「へへーねぇちゅーしていい?」
キョン「だめ」
ハルヒ「なんでよ」
キョン「そういうのはちゃんと手順を踏んでだな・・・」
ハルヒ「いいじゃない。ね」
キョン「今日だけだぞ」
ハルヒ「やだー今日だけじゃやだー」



127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:44:38.34 ID:uPlrOp9F0


キョン「結婚してもこうやってくっついてられる夫婦がいいとか思うよな」
ハルヒ「そうね。相手がキョンだったらもっといい」
キョン「お前好きかわからないけどって言ってたのに猛烈アピールだな」
ハルヒ「もうれつ・・・でもちゅーして幸せだからそんな気分になったの」
キョン「聞いてて照れる」
ハルヒ「照れんなー」
キョン「俺も幸せだよ」
ハルヒ「・・・」
キョン「照れんなー」



128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:46:00.50 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「あーあ。もう今日が終わっちゃうわ」
キョン「明日学校だな。そろそろ帰るか」
ハルヒ「そうね。珍しく明日が楽しみだわ」
キョン「そうだな」
ハルヒ「家まで送っていきなさい」
キョン「わかったよ。あまえんぼだな」
ハルヒ「明日も楽しみだわ」
キョン「俺も甘えていいのか?」
ハルヒ「だめよ。キョンは私の言うこと聞く役目があるんだから」
キョン「・・・ま、いいか」



130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:47:40.03 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「手繋いで帰る」
キョン「え、ちょまて」
ハルヒ「わーねちょってした」
キョン「さっきのキスの緊張がまだ残ってるんだよ・・・」
ハルヒ「あは、またしてあげようか」
キョン「ねちょってするぞ」
ハルヒ「やだー」
キョン「ほら、おいてくぞ」
ハルヒ「あ、ねちょってしてていいから手繋いで帰る」
キョン「はいはい」



132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:49:30.66 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「今日は本当に幸せだったわ。おすそ分けもらいすぎたかしら」
キョン「かもな」
ハルヒ「明日から私たちがおすそ分けする側ね」
キョン「かもなー」
ハルヒ「じゃあまたね」
キョン「おう、また明日」
ハルヒ「・・・」
キョン「・・・」
ハルヒ「んー」
キョン「やれやれ」
ハルヒ「ん・・・じゃあほんとにまたね」
キョン「あぁまた」
---
キョン「あーああんなに手振って。もげそう」



133 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:51:06.36 ID:uPlrOp9F0


-月曜、学校-
古泉「これは困りました」
キョン「なにがだ。顔が近い」
古泉「バイトをクビになりました」
キョン「あ?なんだそれ」
古泉「涼宮さんの不安定な心が落ち着いたということです」
キョン「よかったじゃないか」
古泉「あなたと涼宮さんのイチャイチャを部室で毎日見ないといけません」
キョン「・・・知ってるのか」
古泉「それはもう。困りました」
キョン「・・・」



135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:52:44.90 ID:uPlrOp9F0


みくる「キョンくーん」
キョン「ん、すうぃーとえんじぇるが来た」
古泉「今あなたのエンジェルは涼宮さんでは?」
キョン「いいんだよ。彼女とアイドルは別腹だ」
古泉「それを涼宮さんに言ったらどうなるでしょうか」
キョン「やめておけ。世界中のアイドルがいなくなる」
古泉「ごもっとも」
みくる「何の話ですかー?」



136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:53:53.37 ID:uPlrOp9F0


-部室-
ハルヒ「今日はみんなに発表があるわ!」
キョン「ぶっ」
みくる「なんでしょう」
古泉「ふふ」
長門「・・・」
ハルヒ「新しい団員を紹介するわ!この場にはいないけどね」
キョン「は?」
ハルヒ「キョン!子供を作ってSOS団に入れましょう」
キョン「・・・笑うこともできん」
古泉「困ったものです」
みくる「ふえぇ」
長門「ピクッ」
END



139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 01:54:55.15 ID:LLMPdHwJ0


長門・・・



167 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 02:37:39.99 ID:uPlrOp9F0


その後
ハルヒ「キョーン、お弁当一緒に食べよ」
キョン「おう、部室行くか」
ハルヒ「うん」
キョン「変なことすんなよ」
ハルヒ「変なことされたい派だからしない」
キョン「・・・」
ハルヒ「ふふ、私の勝ち」
キョン「一生何もしない。絶対なにもしない」
ハルヒ「なんで?」
キョン「勝ち負けなら話は別だ。手も繋がないしキスもしない」
ハルヒ「やだ」
キョン「負けを認めるか?」
ハルヒ「認める。だから変なことしてね」
キョン「・・・また今度な」



168 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 02:46:22.36 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「キョーン、いいもの見つけた」
キョン「うわっボタン押して水の中のリングをぷわぷわさせて棒に挿すあれだ!」
ハルヒ「懐かしいでしょ、一緒にやろ」
キョン「じゃあハルヒ左ボタン担当で」
ハルヒ「うん」
キョン「あ、ちょいボタン押すの強いって」
ハルヒ「いやキョン邪魔」
キョン「俺のが入らないだろ!」
ハルヒ「あー全然ダメ」
キョン「貸せ!俺がやる!」
ハルヒ「あっ・・・むぅ」
キョン「ほっ・・・ほっ・・・」
ハルヒ「・・・キョンうまーい」
キョン「ふっ」
ハルヒ「すごー」



170 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 02:52:28.52 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「キョン温泉いこ」
キョン「ぶっまじか!」
ハルヒ「きたなっ!そんな驚くこと言ってないでしょ」
キョン「男としてカップル温泉に期待しないわけがないだろ」
ハルヒ「日帰りよ」
キョン「行かない」
ハルヒ「湯上りはるひー」
キョン「・・・」
ハルヒ「石鹸の香りはるひー」
キョン「・・・」
ハルヒ「髪の濡れたはるひー」
キョン「明後日なら空いてる」
ハルヒ「あんたってちょろいわね」



171 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 02:56:30.13 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「キョン海いこー」
キョン「おう、いつでもいいぞ」
ハルヒ「今週の土日お泊りでいこ」
キョン「ぶっ」
ハルヒ「きたないって!いいでしょ?」
キョン「俺もついに男になるときが・・・」
ハルヒ「ちゃんと準備してくれないとやだよ?」
キョン「まかせろ」
ハルヒ「ホテルの予約はできてるからね」
キョン「わかった」
ハルヒ「目が怖いわよ・・・」



173 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:00:18.88 ID:uPlrOp9F0


-海-
キョン「海だな」
ハルヒ「海ねー」
キョン「寒いな」
ハルヒ「さすがに時期が遅かったわね」
キョン「でも人のいない海ってのもいいな」
ハルヒ「うん、寒いからくっついていい?」
キョン「寒いからね」
ハルヒ「へへ」
キョン「ちょっと散歩するか。しんみり感がなんとも言えず好きだ」
ハルヒ「そうね。おもしろいものがあるかもしれないし」
---
ハルヒ「水族館はっけーん!」
キョン「おぉ、入ろう。ぜひ入ろう」
ハルヒ「ごーごー」



174 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:02:57.61 ID:uPlrOp9F0


キョン「ハルヒ、ドクターフィッシュ体験コーナーがある」
ハルヒ「なにそれ」
キョン「手の角膜だかを食べてくれる魚」
ハルヒ「え、痛いじゃん」
キョン「まぁ手をいれてみろ。気持ちいいらしい」
ハルヒ「キョンが先にやってみてよ」
キョン「レディーファーストだ」
ハルヒ「・・・びびってる?」
キョン「・・・びびってる」
ハルヒ「ださーい」
キョン「怖いじゃん!手食われるの怖い!」
ハルヒ「・・・本当にださい」



176 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:05:06.68 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「マンボウってキョンに似てるわね」
キョン「どういう意味だ」
ハルヒ「ぼーっとしてるとことか」
キョン「失礼なやつだ」
ハルヒ「私は何に似てる?」
キョン「んー・・・あれだな」
ハルヒ「うつぼ・・・」
キョン「涼宮うつぼ」
ハルヒ「いやー」
キョン「俺はうつぼ好きだけどな」
ハルヒ「それでもいやー」



178 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:08:32.31 ID:uPlrOp9F0


キョン「そろそろホテル戻るか」
ハルヒ「うん、けっこう歩いたしね」
キョン「一緒に風呂はいるか?」
ハルヒ「入る?いいよ?」
キョン「・・・戻ってから考える」
ハルヒ「えー一緒に入ろうよ」
キョン「理性が残ってたら考える」
ハルヒ「残ってなかったら入らないの?」
キョン「むしろ残ってたら入らないかな」
ハルヒ「えろっキョンえろっ」
キョン「俺えろー」



179 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:10:57.49 ID:uPlrOp9F0


キョン「けっこう広い風呂だな」
ハルヒ「ねー」
キョン「・・・」
ハルヒ「じろじろ見るな」
キョン「無理」
ハルヒ「えろ。キョンけっこう筋肉あるんだ」
キョン「無理」
ハルヒ「いや、ちょっと!くんなー!」
キョン「無理」
ハルヒ「ちょっとー!」
キョン「無理」



180 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:13:30.83 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「バカ!エロキョン!」
キョン「いやすまん。ぶっ飛んだ」
ハルヒ「いいからもうご飯食べよ」
キョン「おう。海の幸食べ放題だ」
ハルヒ「えびもーらい」
キョン「ああああああ俺のえび!」
ハルヒ「さっきの罰よ」
キョン「こっちのカニもあげる」
ハルヒ「・・・なんでよ」
キョン「前払い」
ハルヒ「エロキョン!しねー!」



182 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:16:29.37 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「テレビ終わったね」
キョン「そろそろ寝るか」
ハルヒ「ん、うん」
キョン「どうした?」
ハルヒ「キョンは緊張しないの?」
キョン「してる。いろいろ緊張してる」
ハルヒ「うぅ・・・」
キョン「冗談だよ。そんなあせることないから一緒にくっついて寝よう」
ハルヒ「ん・・・」
キョン「ほら、おいでおいで」
ハルヒ「ん。」モゾモゾ
キョン「めっちゃいいにおいする」
ハルヒ「ぶっ」



187 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:25:23.22 ID:uPlrOp9F0


ハルヒ「ほんとにしなくていいの?」
キョン「怖いんだろ?いいよゆっくりで」
ハルヒ「ほんとにほんと?」
キョン「ほんと」
ハルヒ「やっさしー」
キョン「まぁな。それにくっついてるだけでけっこう幸せだし」
ハルヒ「私も・・・じゃあもっと幸せにしてあげる」
キョン「ん?」
ハルヒ「いろんなとこにちゅーしてあげる」
キョン「え、まて」
ハルヒ「ちゅ・・・ちゅ・・・」
キョン「ばか。やめろ」
ハルヒ「ちゅ・・・いや?」
キョン「じゃなくて気持ちよくて理性が飛ぶ」
ハルヒ「がんばれ理性!ちゅ・・・」



202 : 1ですよ 2008/09/29(月) 04:19:42.34 ID:s66noh1MO


キョン「ハルヒ。もう無理かもしれない」
ハルヒ「ちゅ・・・ん、私も無理かも」
キョン「へ?」
ハルヒ「したくなった」モゾモゾ
キョン「なんだと。そしてもぐりすぎだ。どこにいく」
ハルヒ「うわ。かたー」
キョン「・・・」
ハルヒ「なんかぬるぬるしてる」
キョン「くっ・・・」
ハルヒ「なんか可愛い」
キョン「はぅ・・・ハルヒ・・・」
ハルヒ「もう理性飛んでいいよ」
キョン「すぐ飛ぶぞ・・・」
ハルヒ「あーん」
キョン「2秒で飛んだ」



205 : 1ですよ 2008/09/29(月) 04:23:24.68 ID:s66noh1MO


チュンチュン・・・
ハルヒ「しちゃったね」
キョン「あぁ」
ハルヒ「気持ちよかった?」
キョン「あぁ。そして可愛かった」
ハルヒ「へへ、なんかはずかしー」
キョン「照れるな」
ハルヒ「またしようね」
キョン「あぁ」
ハルヒ「ねぇキョン」
キョン「んー?」
ハルヒ「大好き」

おわりー
後は書き手さんがんばれー!



191 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:58:27.83 ID:/KCPQ9XN0


やべー。寝る前にこんなの見つけたらやべー。
>>1乙。ハルヒ超可愛い。

そんでさ、俺もなにか書かせてもらってもいいかなー?
>>1のせいで眠れなくなったからお返しに……



192 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 03:59:35.51 ID:+F/Zwbwm0


>>191
書くがいいさ。



194 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:05:41.21 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「親戚が結婚するの」
キョン「へぇ、おめでたいな」
ハルヒ「でしょ」

ハルヒ「だから結婚式行ってくるわ」
キョン「あぁ、粗相のないようにな」
ハルヒ「なによそれ」
キョン「いつもみたいにいらんことばっかするなってこと」
ハルヒ「ちょっと! なによそれ、まるであたしが常識ないみたいに!」
キョン「え? あるのか?」
ハルヒ「うるさい!」



195 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:09:27.16 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「そんなわけで、日曜はSOS団の集まりもなし」
キョン「集まるつもりだったのか……先に言え」

ハルヒ「で」
キョン「あ?」
ハルヒ「日曜日」
キョン「なんだよ」
ハルヒ「暇?」
キョン「暇」
ハルヒ「じゃあ丁度いいわね」
キョン「……よくないぞ、俺は行かない」
ハルヒ「バカね。連れて行くわけないでしょ」
キョン「お前な」
ハルヒ「迎えに来なさい」
キョン「……はっ?」



197 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:12:08.25 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「あたしの家族はそのまま二次会に行くわ」
キョン「そうだろうな。お前も行けよ」

ハルヒ「行かない」
キョン「なんでだよ」
ハルヒ「あぁいうの、好きじゃないのよ」
キョン「あのなぁ、そういうのは思ってても」
ハルヒ「結婚式はいいわよ? ただ、その後は最悪。飲んで騒いで」
キョン「好きだろ、そういうの」
ハルヒ「嫌いじゃないけど、知らない人ばっかりなのよ」
キョン「親交を深めて来い」
ハルヒ「……逢いたくない人が居るの」
キョン「?」



200 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:15:06.61 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「あたしのいとこなんだけどね」
キョン「あぁ」

ハルヒ「どーもあたしのこと、好きみたいなの」
キョン「物好きだな」
ガッ!
キョン「痛ぇ!」
ハルヒ「そういう集まりでいっつも近づいてきて、くだらない話ばっかりしてくるの」
キョン「無視してりゃいいじゃないか」
ハルヒ「できたらしてるわよ。だけどしつこくてしつこくて」
キョン「お前みたいだな。さすが従兄妹」
ガンッ!
キョン「痛いって!」




201 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:18:43.76 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「だから、あたしは予定があるって言って抜け出したいの」
キョン「で、俺の登場と」
ハルヒ「わかってるじゃないの」

キョン「普通に抜けてくりゃいいじゃないか」
ハルヒ「誰かが待ってないと抜け出せないわ。そんな祝いの席」
キョン「俺じゃなくても」
ハルヒ「あんたぐらいしか暇人思いつかないわ」
キョン「酷いことをさらっと……」
ハルヒ「いいじゃない」
キョン「条件がある」
ハルヒ「認めないわ」
キョン「いいから聞け」




203 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:22:18.09 ID:/KCPQ9XN0


キョン「結婚式ってことはだ、花嫁さんだ」
ハルヒ「そうね」

キョン「結婚する人って、可愛いか?」
ハルヒ「あたしの親戚よ?」
キョン「……まあいい。可愛いんだな」
ハルヒ「うん」
キョン「写真。ウェディングドレス着た写真をくれ」
ハルヒ「……変態」
キョン「なっ、バカにすんな。あぁいうのはだな、男の憧れなんだ」
ハルヒ「女の子の憧れに決まってるじゃない!」
キョン「いや、見るのがだぞ?」
ハルヒ「……あ、そっか。着るのを夢みてるのかと」
キョン「ふざけんな」





211 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:31:35.94 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「じゃあなに、花嫁さんの写真を撮ってこいって?」
キョン「おぅ」
ハルヒ「……無理じゃないけど……」

キョン「デジカメなら貸すぞ」
ハルヒ「うーん」
キョン「なんだよ」
ハルヒ「動機がねぇ……あたし、ちょっとひいちゃったかも」
キョン「いいよ別に。じゃあ行かないし」
ハルヒ「……わかったわよ」
キョン「よし」
ハルヒ「じゃあよろしくね。日曜に○○で」
キョン「あいよ」



215 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:36:38.81 ID:/KCPQ9XN0


キョン「……遅いなハルヒ」

キョン「……あ、出てきた」
ハルヒ「…」
キョン「こっちだ、こっち」チョイチョイ
ハルヒ「……!」
キョン「…」

ハルヒ「おまたせ」
キョン「おう」
ハルヒ「……歩いてきたの?」
キョン「自転車で来ればよかったか?」
ハルヒ「まあいいわ。行きましょ」
キョン「あ、おい。誰か手振ってるぞ」
ハルヒ「いいから! ほら行くわよ」
キョン「っと、待てよ」



218 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:39:39.80 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「…」テクテク
キョン「どうだった? 結婚式」

ハルヒ「ん……よかったわよ」
キョン「そうか」
ハルヒ「花嫁さんも綺麗だったし」
キョン「うん」
ハルヒ「料理も……ん」クラッ
キョン「! どうした、大丈夫か?」ガシッ
ハルヒ「……大丈夫。ちょっとお酒飲んじゃった」
キョン「お前な」
ハルヒ「どっか座れる所、ない? ……フラフラする」
キョン「え? あ、ちょっと待てよ」
ハルヒ「…」



219 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:41:23.29 ID:/KCPQ9XN0


キョン「ほら、水」
ハルヒ「大丈夫だってば」
キョン「いいから飲んどけ。顔、赤いぞ?」

キョン「まったく」
ハルヒ「なによ」
キョン「飲むなよ」
ハルヒ「そんなこと言われても」
キョン「大体、お前飲めるほうなのか?」
ハルヒ「……違うみたいね」
キョン「ほらみろ」
ハルヒ「仕方ないでしょ。飲めって言うから」
キョン「?」



221 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:44:32.26 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「ちょっとだけ、二次会参加したの」
キョン「そうなのか?」
ハルヒ「断るタイミングがつかめなかったのよ」

ハルヒ「でさ、あの……さっき手振ってた男、居たでしょ?」
キョン「あれが従兄妹か」
ハルヒ「えっ? なんでわかったの?」
キョン「お前が極端に嫌そうな顔してたから」
ハルヒ「……あいつに飲まされたの」
キョン「酷いやつだな」
ハルヒ「でしょ? 誰があんなやつなんか」
キョン「……ふらふらするか?」
ハルヒ「うん……だいぶ楽になってきた。ありがと」
キョン「ん」



222 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:48:34.70 ID:/KCPQ9XN0


キョン「大人っぽいな。今日のハルヒ」
ハルヒ「なに口説いてるのよ」
キョン「ふざけろ」

キョン「俺さぁ、結婚式なんか行った事ないよ」
ハルヒ「あたしも初めてだったわね」
キョン「よかったじゃん」
ハルヒ「もうしばらくはいいわね。疲れる」
キョン「酷いことを……まあ、そうぽんぽん皆結婚しないだろ」
ハルヒ「若い親戚が多いのよね」
キョン「そうなのか」
ハルヒ「その中にあたしも」
キョン「お前も結婚するのか」
ハルヒ「しないわよ!」
キョン「そんだけ元気ありゃ大丈夫だな。もう水いらないか?」
ハルヒ「……もうちょっと、ちょーだい」



223 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:52:31.14 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「寒いわね。上着、貸しなさいよ」
キョン「俺だって寒い」
ハルヒ「いいじゃない」
キョン「……ったく」

ハルヒ「はー……」
キョン「そんなに疲れたのか」
ハルヒ「ううん。そういうため息じゃないわ」
キョン「?」
ハルヒ「……あたしだって、女の子なの」
キョン「知らなかった」
ハルヒ「うるさいわね……ちょっと、憧れちゃった」
キョン「結婚式?」
ハルヒ「うん。やっぱりさ、綺麗で……幸せそうだった」
キョン「そうだろうな。今までの人生の中で、一番幸せな日だっただろうよ」



224 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 04:57:04.65 ID:/KCPQ9XN0


ハルヒ「あたしもさ、結婚式するのかな?」
キョン「さぁな。未来の旦那さんと、自分に聞け」
ハルヒ「…」

ハルヒ「写真、撮ってきたわよ」
キョン「あぁ、そんなの頼んでたな」
ハルヒ「え? これが目的じゃなかったの?」
キョン「酔っ払ってるお前みてると、こっちの方が面白いからさ」
ハルヒ「酔ってないわよ!」
キョン「皆そう言う」
ハルヒ「ほんとだってば。ほら、よっと」ピョン
キョン「……そんだけ動けりゃ、それもそうか」
ハルヒ「ねぇ、ちょっと歩きましょ」
キョン「ん」



248 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 13:56:34.26 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「……キョンはさ」
キョン「なんだよ」

ハルヒ「結婚式って、したい?」
キョン「どうだろうな」
ハルヒ「わからないの?」
キョン「その前の問題だ。結婚できるかどうか」
ハルヒ「……それもそうね。あんたに聞いたのがバカだったわ」
キョン「失礼だな。そういうハルヒはどうなんだよ」
ハルヒ「あたしはその気になれば、相手なんて幾らでもいるもん」
キョン「あぁそうですか」



249 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 13:59:37.98 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「好きな人とか、いないの?」
キョン「いないな」

ハルヒ「なによ即答?」
キョン「悪いかよ」
ハルヒ「気になる人とか」
キョン「うーん……朝比奈さん」
ハルヒ「本気?」
キョン「悪いのかよ」
ハルヒ「……別に」
キョン「だって、可愛いじゃないか」
ハルヒ「わかってるわよ」
キョン「お前はどうなんだよ」
ハルヒ「なにが?」
キョン「だから、好きな人」
ハルヒ「…」



250 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:02:11.53 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「気になる?」
キョン「別に。言いたくないならいいよ」
ハルヒ「聞きなさいよ」

ハルヒ「……いるわよ」
キョン「そうか。なんか意外だ」
ハルヒ「失礼ね」
キョン「だってほら、お前ってそういうの興味ないかと」
ハルヒ「ないわよ。ただ……一緒に……傍に居てほしいなって人は、いる」
キョン「だからそれは、好きってことじゃないのか?」
ハルヒ「わからないわ。だって、ただほんとにそれだけだもん」
キョン「……そういうもんだよ。好きってのは」
ハルヒ「そうかな?」
キョン「うん」



251 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:05:09.28 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「キョンはみくるちゃんのこと、どういうふうに好きなの?」
キョン「どういうふうって言われてもな……んー」
ハルヒ「答えてよ」
キョン「まあ待てって」

キョン「……どうだろう……可愛いとは、思うよ」
ハルヒ「それだけ?」
キョン「小さくて、守ってやりたいなぁってさ」
ハルヒ「…」
キョン「……でもそんなもんか」
ハルヒ「?」
キョン「本気で好きなのか? って聞かれると、そうじゃないかもしれないな」
ハルヒ「……そっか」



254 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:08:13.84 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「写真、見せてあげる」
キョン「おぅ。見せてくれ」

ハルヒ「座って」
キョン「?」
ハルヒ「よっと」
キョン「……近い」
ハルヒ「寒いの。黙ってて」
キョン「…」
ハルヒ「ほら」
キョン「おぉ、綺麗だな」
ハルヒ「でしょ? ほかにもね……」
キョン「いっぱい撮ってきたんだな」
ハルヒ「見たかったんでしょ?」
キョン「まぁ」
ハルヒ「なんか言うことあるでしょ」
キョン「サンキュ」
ハルヒ「よしよし」



255 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:11:29.44 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「ちょっと手ブレしてるわね」
キョン「素人だしな、仕方ないさ」
ハルヒ「……キスしてた。ほら」
キョン「そりゃするだろ……うん」

ハルヒ「でも、人前でキスなんてね」
キョン「しかしまあ、儀式だからな」
ハルヒ「キョンって、キスしたことある?」
キョン「……もちろん」
ハルヒ「嘘だ」
キョン「嘘じゃねーよ」
ハルヒ「いつ?」
キョン「そこまで教える必要はないな」
ハルヒ「ほら嘘」
キョン「なっ、じゃあお前はどうなんだよ」
ハルヒ「ないわよ?」
キョン「……そ、そうか」
ハルヒ「よかったわね。キョン、あたしより大人よ?」
キョン「そうだな」



257 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:16:28.05 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「あとね、衝撃の事実」
キョン「なに」
ハルヒ「花嫁さんのぽんぽん」
キョン「は?」

ハルヒ「お腹にね……赤ちゃん、いるんだって」
キョン「……わからないな」
ハルヒ「そうよね? あたしも聞くまで気がつかなかった」
キョン「できちゃった婚ってやつか」
ハルヒ「どうなのかしらね? 結婚するって決めてから赤ちゃんできたらしいから」
キョン「違うのか?」
ハルヒ「わかんない」
キョン「そうだな。俺もよくわかんないや」
ハルヒ「……子供」
キョン「なんだよ」
ハルヒ「したことある?」
キョン「なにを?」
ハルヒ「子供作るって言えば一つしかないじゃない? なんなら教えてあげよっか?」
キョン「お前な」
ハルヒ「で、あるの? ないの?」



259 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:25:10.57 ID:FiluR2ao0


キョン「ないよ」
ハルヒ「そう。あたしはあるわよ?」
キョン「え? や、嘘つけ」

ハルヒ「嘘じゃないわよ」
キョン「だって、キスもしたことないって言ったじゃないか」
ハルヒ「キスしなくたってできるわよ」
キョン「…」
ハルヒ「いまどきの女子高生、そのぐらい普通よ」
キョン「そ、そうか……うん」
ハルヒ「……ふふっ……なーに焦ってんのよ! 嘘に決まってるじゃない!」
キョン「なっ、あ、焦ってなんか」
ハルヒ「なんにも。なーんにもしたことない。恋人同士がするようなことはね?」
キョン「…」
ハルヒ「安心した?」
キョン「なんで俺が」
ハルヒ「したくせに」
キョン「してねーよ。どーでもいい」
ハルヒ「酷いわね」
キョン「…」



260 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:28:08.89 ID:FiluR2ao0


キョン「旦那さんも、カッコいいな」
ハルヒ「でしょ」
キョン「なんかいいなぁ。絵になる」
ハルヒ「そうね」

キョン「……これは?」
ハルヒ「あ、残ってたのその写真」
キョン「さっきの人だな」
ハルヒ「消して」
キョン「いいじゃないか。思い出だろ」
ハルヒ「撮りたくて撮ったわけじゃないわよ。消してよ」
キョン「……わかったよ」ピッ
ハルヒ「一緒に写真撮ろうって言うからさ」
キョン「本当に好かれてるんだな」
ハルヒ「いい迷惑だけどね」
キョン「まあ……お前がそう言うんなら、そうかもな」



262 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:33:02.22 ID:FiluR2ao0


キョン「そろそろ帰るぞ」
ハルヒ「まだいいわよ。もうちょっとウロウロしましょうよ」
キョン「疲れた」
ハルヒ「いいから、我慢しなさい」

ハルヒ「……なんかさ」
キョン「なに?」
ハルヒ「ちょっとだけぶっちゃけた話、しちゃったわね」
キョン「そうか?」
ハルヒ「うん。キスしたとかしてないとか……そういうの言ったの、あんたが初めて」
キョン「聞いてよかったのか?」
ハルヒ「別にいいじゃない」
キョン「まあ……そうだな」
ハルヒ「それにそういう話って、結構皆すると思うわ。若いんだし」
キョン「するな。言われるし、聞かされる」
ハルヒ「でしょ?」
キョン「だけどなんだ……お前と話すのはちょっと、思ってなかったかも」
ハルヒ「そうね。あたしもそう」



263 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:36:23.59 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「くだらないわ。そういう話」
キョン「…」

ハルヒ「誰がなにしようが、あたしには関係ないし」
キョン「そうだな。俺もそうだ」
ハルヒ「……だけど、みんなそういうの気にするわよね」
キョン「人は人だ。気になるやつは気になるんだよ」
ハルヒ「でもたぶん、一番気にしてるのって自分なんだと思うわ」
キョン「?」
ハルヒ「人より早いか遅いか……ちょっと先に居るのか、居ないのかって」
キョン「……そうかもな」
ハルヒ「くだらないわよね。そういうの」
キョン「…」



264 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 14:40:40.92 ID:FiluR2ao0


キョン「でもさ」
ハルヒ「なに?」
キョン「もし皆がさ、当たり前にしてることを自分がしてなかったら……嫌じゃないか?」
ハルヒ「いいじゃない。人と違うって凄くいいことじゃない?」
キョン「……お前に聞いたのが間違いか」

ハルヒ「普通の人なら気にするかもね」
キョン「お前は普通じゃないもんな」
ハルヒ「酷いわね」
キョン「だってそうだろ?」
ハルヒ「……あのさ、もうちょっとだけ……ぶっちゃけ話」
キョン「?」
ハルヒ「あたしも気になるの」
キョン「……あれ、そうなのか?」
ハルヒ「でもちょっと違うわね。あたしは、あたしの好きな人のことを気にしてる」
キョン「?」
ハルヒ「だから、その人がそういうのしてるのかどうかって」
キョン「あぁ、そうか。意外と普通だな」
ハルヒ「だからぶっちゃけって言ってるの。内緒にしときなさいよ」
キョン「わかったよ」



266 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 15:03:03.06 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「あたしは、好きな人の初めては全部……あたしであってほしい」
キョン「…」
ハルヒ「だからあたしも、本当に好きな人が現れるまでは、大切にとっておきたいの」
キョン「意外だな。お前……ハルヒがそんなこと考えてるなんて」

ハルヒ「今日だけ」
キョン「なにが?」
ハルヒ「幸せそうな人みてたら、そう思っただけ。今日だけなの」
キョン「……そうだな。今日だけ」
ハルヒ「明日になれば考え方も変わってるかも」
キョン「うん」
ハルヒ「だから、本当のこと教えてよ」
キョン「なに?」
ハルヒ「……キスしたこと、ないでしょ」
キョン「…」
ハルヒ「あたしの目を見て」
キョン「……ないよ。ごめん、嘘だ」
ハルヒ「そう。そうだと思った」
キョン「…」
ハルヒ「いいわよ。別に嘘ぐらい」



271 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 15:14:24.68 ID:FiluR2ao0


キョン「…」
ハルヒ「嘘なんてつかなくていいのに」
キョン「嘘じゃない。確かに俺は」
ハルヒ「?」
キョン「……なんでもない」

ハルヒ「キョンもあたしも、まだまだ子供ね」
キョン「そうだよ。まだ高校生だ」
ハルヒ「……キスの一つぐらいは終わらせてもいいと思うけどね?」
キョン「大切にとっておくんじゃないのか」
ハルヒ「好きな人とならいいの」
キョン「じゃあそうしろ」
ハルヒ「……あたしの好きな人は……」
キョン「俺もぶっちゃけるよ」
ハルヒ「え?」
キョン「好きな人、いるみたいだ」
ハルヒ「……なによ。みたいって」
キョン「こいつといれば楽しいだろうなって……そう思う子は、いるってことだ」
ハルヒ「……そっか」



272 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 15:17:55.52 ID:FiluR2ao0


キョン「うるさくて、自分勝手で」
ハルヒ「?」
キョン「空気は読まないわちょっとしたことで不機嫌になるわ」

キョン「かと思えば、他人に影響されやすくて」
キョン「ほんとは自分だってそうしたいのに、素直になれなくて」
キョン「その上……とてつもない力持っててさ」
ハルヒ「力?」
キョン「なんでも自分の思い通りにするんだ」
ハルヒ「なにそれ」
キョン「ハルヒはさ、その好きな人となら……キスできるか?」
ハルヒ「……できるわよ」
キョン「ほらやっぱり。なんでも思い通り」
ハルヒ「…」

ハルヒ「……ヘタクソ」
キョン「言っただろ。したことないんだから……許せ」
ハルヒ「いいわよ。あたしも……同じだもん」
キョン「うん」



273 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 15:22:41.44 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「…」
キョン「あのさ」
ハルヒ「喋らないで」
キョン「あ?」
ハルヒ「黙ってて。……恥ずかしいの」
キョン「……わかったよ」

ハルヒ「…」
キョン「…」
ハルヒ「あたしは」
キョン「ん」
ハルヒ「人には流されないわ」
キョン「……そうか」
ハルヒ「あたしはいつでも、あたしのしたいようにするの」
キョン「おぅ」
ハルヒ「キスしたいときに、したい人として……一緒に居たい人と、一緒に居る」
キョン「いいこどだ」
ハルヒ「だから、あんたもそうしなさいよ」
キョン「……できるかな?」
ハルヒ「するの。団長命令」
キョン「なら仕方ないな。わかった、そうするよ」
ハルヒ「約束して」
キョン「どうやって? なんだよ、腕広げて」
ハルヒ「バカ」
キョン「……はは、そうだな。俺はバカだよ」



276 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 15:26:26.58 ID:FiluR2ao0


ハルヒ「カメラ貸して」
キョン「ほら」

ハルヒ「セルフタイマーってどうやるの?」
キョン「さぁ、使ったことないからわからないな」
ハルヒ「もう、使えないわね」
キョン「バカだからな」
ハルヒ「うるさい」
キョン「ん」
ハルヒ「……じゃあいいわ。こっち寄って」
キョン「?」
ハルヒ「もっと」
キョン「窮屈だ」
ハルヒ「ちょっと我慢しなさいよ。ほら、カメラ見て?」
キョン「あいよ」
ハルヒ「笑いなさいよ」
キョン「お前もだ」
ハルヒ「にーっ」
キョン「……いい笑顔だな」



277 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 15:30:14.45 ID:FiluR2ao0


キョン「写真、現像して渡すよ」
ハルヒ「うん」

キョン「なぁ、俺も一枚貰っていいかな?」
ハルヒ「いいわよ」
キョン「一番可愛い、幸せな笑顔の写真」
ハルヒ「……大切にしなさいよ」
キョン「わかってるよ」
ハルヒ「あたしも、大切にするから」
キョン「そうだな」
ハルヒ「……ありがと」
キョン「さ、帰るぞ。家まで送ってやるよ」
ハルヒ「その前に……ご飯食べて帰るわよ!」グイッ
キョン「あーもー。わかったから腕を引っ張るな」
ハルヒ「ほら早く!」



278 : ハルヒはキョンの嫁 ◆UBgxfb/oXY 2008/09/29(月) 15:32:27.55 ID:FiluR2ao0


結婚式なんて行った事ねーや。
いやあの、脳内じゃハルヒとキョンが何度も結婚式挙げてるんすけどね。
ハルヒかわいい。

人様のスレにお邪魔してすいませんでした。
即興で考えたので、この辺でこんな感じでよろしくお願いします。

それじゃ、また。
ノシ



279 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 15:33:43.13 ID:TnZzMRcO0


ああ、あんただったのか




281 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 15:37:45.09 ID:LrfTst2jO


どうりで熱いわけだ



287 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 16:22:11.27 ID:w0t9VxcwO


まさかキョン嫁さんがきてたとは・・・

ハルヒだけじゃなく俺も何か幸せ!

幸せハルヒ大好き!
乙!



288 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2008/09/29(月) 16:33:31.36 ID:0T5JrXsu0


   *      *
  *     +  グッジョブ
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *




元スレ:http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1222612910/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP