PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:18:13.14 ID:ZBKUyAmU0


キョン「…」
ハルヒ「……う、嘘よ! 今日がなんの日かわかってるでしょ?」
キョン「あぁ、そうか。今日はエイプリルフールか」
ハルヒ「まったく。ぼーっとしてるんじゃないわよ!」

キョン「残念だなぁ」
ハルヒ「えっ?」
キョン「本気にしちゃったじゃないか」
ハルヒ「!!」
キョン「嘘だけどな!」
ハルヒ「なっ!? わ、わかってるわよバカキョン!」
キョン「どうだかね」




8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:22:42.75 ID:ZBKUyAmU0


ハルヒ「残酷な日よね」
キョン「?」
ハルヒ「今日言ったことは全部嘘に聞こえるじゃない」
キョン「それを楽しむってもんじゃないのか」
ハルヒ「ほ、本音だって嘘に聞こえちゃうかもしれないでしょ!」
キョン「そうだな」

ハルヒ「……あ」
キョン「どうした?」
ハルヒ「逆に……嘘なら言い放題ってこと?」
キョン「そう捕らえてもおかしくは……ないか」
ハルヒ「……キョ、キョン好き! キョン大好き!」
キョン「なんだよ。それはもう聞いたぞ」
ハルヒ「いいじゃない! キョン好き好き!」
キョン「……?」



21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:27:06.74 ID:ZBKUyAmU0


キョン「ハルヒ」
ハルヒ「なに?」
キョン「にゃあ。って言ってみ」
ハルヒ「……なによ急に」
キョン「にゃあ。って言ったら、お前のやってほしいことなんでもしてやるよ」
ハルヒ「!」

キョン「…」
ハルヒ「……にゃー」
キョン「あ、言った」
ハルヒ「///いいっ、言ったからね! 今度は私の番よ! 私にキ――」
キョン「ほんとに言うとはなぁ。嘘だっつーの」
ハルヒ「あ……わ、わかってるわよ! バカ! もう知らない!」
キョン「あ、こらドコへ行くんだ」




42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:51:10.10 ID:ZBKUyAmU0


キョン「そこの植木に隠れてるヤツ、出て来い」
ハルヒ「…」

キョン「なんだよ。先に嘘つきだしたのはお前だろ」
ハルヒ「…」
キョン「……仕方ないな。じゃあほんとにひとつだけ言うこと聞いてやるから出て来い」
ハルヒ「……ホントに?」
キョン「嘘」
ハルヒ「!」
キョン「それも嘘。ホントだよ。出てこいって」
ハルヒ「…」
ガサガサ

ハルヒ「キスして」
キョン「はぁっ!?」



47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:54:20.13 ID:ZBKUyAmU0


ハルヒ「……言うこと聞くって言ったじゃない」
キョン「そ、そうだけどな」
ハルヒ「早く」
キョン「…」

ハルヒ「……///」
キョン「いいんだな? し、しろっていうから……するからな?」
ハルヒ「わ、わかってるわよ! 早くしなさいよ!」
キョン「…」
ハルヒ「……!!」

ハルヒ「ややっ! やっぱ嘘! バカキョン! なに本気にしてんのよ!」
キョン「!?」
ハルヒ「近すぎるわよ! は、離れなさいよっ!」
キョン「おまっ……そ、そうだよな! わかってるよ、本気なわけないだろ?」
ハルヒ「バ、バカ……もうっ///」




70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 13:17:38.87 ID:ZBKUyAmU0


ハルヒ「……じゃあね」
キョン「なんだ?」
ハルヒ「あの……手とか……」
キョン「手?」
ハルヒ「いやぎゅーって……!」
キョン「なにをブツブツ言ってるんだよ」
ハルヒ「わ、わかったわ! キョンが決めなさいよ!」
キョン「……はい?」

ハルヒ「だから、キョンがあたしに何してくれるか決めてよ!」
キョン「うーん、それでいいのか」
ハルヒ「うん」
キョン「じゃあ抱きしめてやるよ。ほらこいよ」
ハルヒ「!!!」
キョン「まあ嘘だけど――」
ギュウウウ
キョン「!」
ハルヒ「もううるさいうるさい! めんどくさいからこれでいいの!」
キョン「あたたっ! こ、こらハルヒ!」





73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 13:21:10.57 ID:ZBKUyAmU0


キョン「も、もういいだろ……離れろよ」
ハルヒ「! なに意識してんのよ! 冗談よ……バカ」
キョン「冗談で引っ付いてくるなよ。まったく」

ハルヒ「もう! 最悪よ今日は! 何でもかんでも嘘に聞こえるじゃない」
キョン「見極めが大事だな」
ハルヒ「あんたの言うことも全部嘘に聞こえる」
キョン「俺もそうだよ」
ハルヒ「…」
キョン「でも一個だけ、ホントのことがあるぞ」
ハルヒ「な、なによ」
キョン「……大好きだよ。ハルヒ」
ハルヒ「! だ、だまされないわよ! もうわかってるんだからね!」
キョン「いや、これは嘘じゃないぞ? 本気で大好きだ」
ハルヒ「えっ……ほ、ほんとに?」
キョン「おう」




76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 13:26:06.97 ID:ZBKUyAmU0


ハルヒ「……もういいってそういうのは!」
キョン「本気だって」
ハルヒ「う……し、信じないもん」

キョン「ハルヒ」
ハルヒ「なによ」
キョン「こっち向けって……ほら」
ハルヒ「ん……」
キョン「好きだ」
ハルヒ「……あ、あたしも好――」
キョン「嘘」
ドゴォ
キョン「はうっ!」
ハルヒ「~!! 死ね! キョンなんか死ね! バカ! もう知らない! 大好き!!」
キョン「みっ、みぞおち……っ」





82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 13:37:45.15 ID:ZBKUyAmU0


キョン「おいハルヒ、拗ねるなよ」
ハルヒ「拗ねてないわよ。怒ってるの」
キョン「同じ意味じゃないかそれ」

ハルヒ「もういい。キョンなんか大嫌い。どっか行ってよ」
キョン「あぁそうかい。じゃあもういいよ。サヨナラ」
ハルヒ「あ……」
キョン「SOS団も辞めるし、お前に二度と近づかないようにするよ。ごめんな?」
ハルヒ「! う、嘘よ! キョン大好き! どこにも行かないでよ!」
キョン「いやあの、これも嘘なんだが」
ハルヒ「!! ああっ、あたしも嘘だもん! キョンなんかホントのホントに嫌いなんだからっ!!」
キョン「じゃあサヨナラ」
ハルヒ「嘘だって! キョン大好き!」
キョン「…」(ハルヒは面白いなぁ……)




99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:08:27.33 ID:ZBKUyAmU0


ハルヒ「もういい! もうなんにも喋らないで」
キョン「…」
ハルヒ「紛らわしいのよ。今日はもう喋っちゃダメだからね!」
キョン「…」
ハルヒ「……キョン?」
キョン「…」
ハルヒ「な、なんとか言いなさいよ!」
キョン「…」

ハルヒ「こっち向きなさいよ!」
キョン「…」
ハルヒ「……う、嘘なの! キョン喋っていいからこっち向いてよぉ……」
キョン「呼んだ?」
ハルヒ「! ななっ、なんでもないわよ! あっち向いてなさいよ!」
キョン「忙しいなぁハルヒは」



103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:18:01.12 ID:ZBKUyAmU0


ハルヒ「もう疲れた……キョン、ジュース買ってきてよ」
キョン「なぜに俺が」
ハルヒ「誰の所為で疲れたと思ってるのよ!」
キョン「俺の所為か」

ハルヒ「早く。オレンジジュース」
キョン「仕方ないな。行ってやるよ」
ハルヒ「あ……うん。おねがい」
キョン「じゃあな」
ハルヒ「…」
バタン

ハルヒ「…」
ハルヒ「……じゃあな?」
ハルヒ「まさかキョン、そのまま帰る気じゃ……あ、カバン持ってってる!」
ハルヒ「~!! まっ、待ちなさいよキョン!」
キョン「呼んだか?」
ハルヒ「!!!」
キョン「ははっ、どうしたハルヒ? ん?」
ハルヒ「は、早くジュース買ってきなさいよバカキョン!!」




106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:23:59.53 ID:ZBKUyAmU0


キョン「ほらハルヒ。おまちかねのオレンジジュースだ」
ハルヒ「もぅ」
キョン「…」
ハルヒ「わ、渡しなさいよ!」
キョン「その前に言うことがあるだろうに」
ハルヒ「? あー、はいはい。どうもありがと」

キョン「そうじゃなくてだなぁ」
ハルヒ「な、なによ」
キョン「飲ませてキョン君。って言ったら俺が直々に飲ませてやるよ」
ハルヒ「……の、飲ませてよキョンく――」
キョン「ほんとに言いやがった」
ハルヒ「――っなんて言うわけないでしょ!//は、早く渡しなさいよバカ//」
キョン「はいはい」(可愛いなぁ……)



110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:30:08.37 ID:ZBKUyAmU0


ハルヒ「ったく……今日は疲れるわね」
キョン「あ」

ハルヒ「? なによ」
キョン「飲んだな」
ハルヒ「え? え?」
キョン「実はそのジュースの中には俺特性のホレ薬がだな」
ハルヒ「ぷはっ!!」
キョン「! ちょっ、ハルヒ」
ハルヒ「ななっ、なにっ、けほっ!」
キョン「あーあ、嘘だって。慌てんなよ」
ハルヒ「えほえほっ! もー! キョンのバッ、けほっ!」
キョン「やれやれ。ほらごめんよハルヒ」
ポンポン




112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:33:17.16 ID:ZBKUyAmU0


キョン「もう大丈夫か?」
ハルヒ「豪快に器官に入ったわよ……バカキョン」
キョン「騙され易い自分を恨めよ」

ハルヒ「…」
キョン「?」
ハルヒ「キョ、キョンの所為なんだからねっ」
キョン「なにがだよ。近い、放れろ」
ハルヒ「惚れ薬が効いてるのよっ!」
キョン「あんなの嘘に決まってるだろうが」
ハルヒ「わかってるわよ。……でもちょっとぐらい冗談に付き合いなさいよ」
キョン「…」

キョン「なぁハルヒ」
ハルヒ「なによ」
キョン「嘘だけどな。俺は好きだぞ、お前のコト」
ハルヒ「……あたしも嘘だけど、キョンのコト大好きだからね」
キョン「あぁ、嘘だってわかってるよ」
ハルヒ「大嘘だもん。キョン大好き!」




173 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 17:25:11.20 ID:eY4rLJ2R0


ガチャ
みくる「こんにちわ~」
ハルキョン「「!」」

みくる「あ……お邪魔でしたか?」
ハルヒ「!! は、離れなさいよバカキョン!」
キョン「なっ、こっちのセリフだ」
みくる「あららぁ」

キョン「それじゃ、ちょっと用事があるんでこの辺で」
ハルヒ「え……帰っちゃうの?」
キョン「あぁ」
ハルヒ「……ま、また明日ね!」
キョン「また明日な。愛してるぞハルヒ」
ハルヒ「!?」
キョン「嘘だっての」
ハルヒ「ー!! さ、さっさと帰れバカ!」
ガチャ

みくる「……愛してる?」
ハルヒ「ちち、違うの! エイプリルフールだから……勘違いしないでよねみくるちゃん!」




186 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 17:59:42.04 ID:eY4rLJ2R0


みくる「ほんとに私お邪魔じゃなかったですか?」
ハルヒ「全然。変に気を使わないでもいいわよ」
みくる「そうですか」

ハルヒ「…」
みくる「はい。お茶ですよ」
ハルヒ「うん。ありがとう」
みくる「キョン君に嘘ついたんですか?」
ハルヒ「もちろん。沢山嘘言ってあげたわ!」
みくる「ふふっ、そうですか」
ハルヒ「みくるちゃんも何か、嘘言ってみてよ?」
みくる「え? あ……うーん……そうですねぇ」

みくる「実は私、未来からやってきた未来人なんですよ?」




188 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:02:40.44 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「未来人!?」
みくる「ふふっ、嘘ですよ」
ハルヒ「あ、うん。そっか……なんか危うく信じてしまいそうだったわ」

みくる「涼宮さんは騙され易いですね」
ハルヒ「それはキョンにも言われた……そうなのかな?」
みくる「大人になってもそんな感じですよ」
ハルヒ「はい?」
みくる「未来人設定です」
ハルヒ「あぁ……ってなによ! 失礼じゃない!」
みくる「ふふっ。ごめんなさい」
ハルヒ「……でもどうなのかな……大人になっても私キョンと……」
みくる「えっ?」
ハルヒ「!! なっ、なんでもないわ! みくるちゃん、お茶おかわり!」
みくる「はぁい」




193 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:05:26.85 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「…」
みくる「…」

みくる「あの、涼宮さん」
ハルヒ「なに?」
みくる「ちょっと遊びましょうか」
ハルヒ「え? なにするの?」
みくる「エイプリルフールですから……嘘で遊びましょう」
ハルヒ「うんうん」

みくる「私は未来人ってことで、涼宮さんの質問に答えますよ」
ハルヒ「……私の未来を教えてくれるってことね!」
みくる「えぇ。あ、えっと……あくまでも嘘ですからね」
ハルヒ「わかってるわ! 面白そうだからやるわよ!」
みくる「はい。では質問どうぞ?」
ハルヒ「うん! えっとね……」



194 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:10:53.99 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「じゃあね、私の職業!」
みくる「涼宮さんはですね……」

ハルヒ「え?」
みくる「はい?」
ハルヒ「……主婦?」
みくる「はい」
ハルヒ「そ、それじゃ……けっ、結婚してるってこと!?」
みくる「そうですよ」
ハルヒ「!!」
みくる「あ……あの、これはその……「嘘」ですからね?」
ハルヒ「わわっ、わかってるわよ! 別に私も……うん」
みくる「気になりますか?」
ハルヒ「なにが?」
みくる「お相手です」
ハルヒ「!! べっ、別に気にしてなんか……誰?」
みくる「それはですね……ふふっ、今の涼宮さんでもわかるんじゃないでしょうか?」
ハルヒ「今あたし?……!! キョ……まさか!」
みくる「ふふっ、禁則事項です」




196 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:17:00.09 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「ぜぜっ、絶対にありえないわ! なんでキョンなんかと!」
みくる「? 私はキョン君だなんて言ってないですよ?」
ハルヒ「!!」

みくる「そうですか。今の涼宮さんの旦那さん候補は……キョン君なんですね」
ハルヒ「なっ!? ち、違うわよ! なんでキョンなんか!」
みくる「嘘ですか? あ、そうですね。今日はエイプリルフールですから……はい」
ハルヒ「あ……そうそう! 冗談よ。ただキョンとか一番ありえないから思ってみただけよ!」
みくる「はい」

ハルヒ「……でも」
みくる「なんですか」
ハルヒ「もしその……あ、相手がさ? キョンだとして……」
みくる「…」
ハルヒ「あ……あたし……幸せなのかな?」
みくる「はい。お互いにお似合いの夫婦さんですよ」
ハルヒ「////」モジモジ
みくる「…」(可愛いなぁ……)



200 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:22:13.09 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「どうせ嘘なら……あのさ?」
みくる「はい」

ハルヒ「それって、どっちが告白したのかな?」
みくる「んー……キョン君に見せかけて涼宮さんだったって聞きましたよ」
ハルヒ「聞いた?」
みくる「! あ、あの、そういう設定です」
ハルヒ「あぁ、そっか。……でもどういうコト?」
みくる「キョン君が告白したんですけど、涼宮さんがそう言わせたってニュアンスですね」
ハルヒ「よくわかんないなぁ」
みくる「思い出に残るプロポーズだったみたいですよ」
ハルヒ「!!」
みくる「?」

ハルヒ「プロ……いやあの、そうじゃなくてね?」
みくる「あ、そうですね。お二人は……お付き合いしている期間がなかったみたいですから」
ハルヒ「えっ?」
みくる「今のまま、大人になったってことです。……そ、そういう設定です」
ハルヒ「今のまま……! べ、別に今もなにも、キョンとはなにもないわよ!」




209 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:35:44.43 ID:eY4rLJ2R0


みくる「涼宮さんは、キョン君嫌いですか?」
ハルヒ「別に」
みくる「……今日は別に嘘ついてもいい日ですよ」
ハルヒ「…」

ハルヒ「そ、そうよね! 嘘ついたっていい日よね!」
みくる「はい。じゃあ……キョン君のコト、どう思いますか」
ハルヒ「えっと……あのね……」
みくる「はい」
ハルヒ「……好き。キョンのこと、好きなの」
みくる「…」(……キョン君に嫉妬しちゃうなぁ……いいなぁ)




216 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:43:59.14 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「キョンは私のこと、幸せにしてくれるかな?」
みくる「もちろんです。相変わらずブツブツいいながらですけどね」
ハルヒ「キョンも幸せ?」
みくる「はい」

ハルヒ「今日はね、キョンに好きって言ってみたんだ」
みくる「本当ですか?」
ハルヒ「もちろん。エイプリルフールだからね! もちろん嘘なんだけどね!」
みくる「くすくす。わかってますよ」
ハルヒ「そしたらキョンも好きだって。ふふっ///」
みくる「…」(幸せそうだなぁ……ちょっと意地悪してみよっかな)

みくる「でもそれって、嘘なんですよね」
ハルヒ「え?」
みくる「キョン君は涼宮さんに好きって言ったけど……嘘なんですよね」
ハルヒ「あ……う、うん……そう……なるわね」
みくる「!!」(あぁぁっ、ごめんなさい///でも可愛い///)
ハルヒ「嘘なのよね……で、でも私もその……冗談だし」
みくる「嘘じゃないですよ。キョン君は確かに涼宮さんのコト、大好きです」
ハルヒ「えっ?」
みくる「禁則事項です♪」




236 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:35:50.63 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「でもキョンが旦那さんかぁ……ふふっ、私も大変そうね!」
みくる「はい」
ハルヒ「私もなんであんなの好きになっちゃったのかなぁ」
みくる「? 嘘なんですよね?」
ハルヒ「! もちろん! 嘘よ嘘! ただ……なったとして!」
みくる「…」(自分でもよくわからなくなってるのかなぁ……可愛い……)

ハルヒ「子供はいるのかな?」
みくる「いますよ。元気な女の子が一人」
ハルヒ「可愛い?」
みくる「はい。お母さん似でとっても」
ハルヒ「//な、なんか嘘に聞こえないわよみくるちゃん//」
みくる「ふふっ、嘘ですよ? 私は未来人じゃないですよ?」






240 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:42:08.29 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「エイプリルフールっていいわね! 嘘沢山言えるわ!」
みくる「そうですね」

ハルヒ「キョンのこと……大好き」
みくる「はい」
ハルヒ「いつから好きになったのかわかんないけど……大好きだわ」
みくる「えぇ」
ハルヒ「みくるちゃんは、好きな人とかいないの?」
みくる「そうですね……私は涼宮さんが大嫌いです」
ハルヒ「え……」
みくる「……ふふっ、嘘ですよ? その反対です」
ハルヒ「あ、そっか! うん! 私もみくるちゃんだいっ嫌い!」
みくる「くすくす、はい。私も大嫌いです」

ガチャ
キョン「あ、まだ居たのか」
ハルヒ「! キョン! あんたんあんでだいっ嫌いなんだからね!」
キョン「はぁ?」
ハルヒ「!! あ、や……嘘! 逆! ……! ちが。違う! それも逆!!」
みくる「////」(はぁぁぁ……///)




246 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:48:05.00 ID:eY4rLJ2R0


みくる「帰ったんじゃなかったんですか?」
キョン「え? あぁ、まだ時間あったんで戻ってきました」
ハルヒ「ほら! ここ座りなさいよ!」

ハルヒ「はい! キョンお茶!」
キョン「? お、おう」
ハルヒ「♪」
キョン「なんだハルヒ、上機嫌だな」
ハルヒ「え? そ、そう? そんなことないわよ//」
キョン「人の顔みてにやけるなよ気持ち悪いなぁ」
ハルヒ「うるさいわね! キョンなんてだいっ嫌いなんだから!」
キョン「……よくわからんが子供みたいだな」
みくる「可愛いなぁ……」

みくる「さてと、そろそろ帰りますね」
ハルヒ「? もう帰るの?」
みくる「今日はちょっとおしゃべりさんでしたから」
キョン「?」
ハルヒ「……あ! まって!」
みくる「はい?」

ハルヒ「……未来のみくるちゃんの旦那さんって誰?」
みくる「それは……禁則事項です♪」




253 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:15:26.01 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「なんで帰ってきたの?」
キョン「別に。なんとなくさ」
ハルヒ「私が居たから帰って来てくれたんでしょ?」
キョン「そんなわけあるかい」
ハルヒ「ちょっとー。嘘でもいいから、そうだって言いなさいよ!」
キョン「……そうだよ。ハルヒが居るから戻ってきた」
ハルヒ「! バ、バカ! 知らないわよ!」
キョン「ってなんで俺がバカ呼ばわりされんといかんのだ」

ハルヒ「ふふっ」
キョン「さっきからずっとニマニマしやがって……なんなんだよ」
ハルヒ「べっつにー。みくるちゃんと話してただけよ」
キョン「何の話だ?」
ハルヒ「えっとね、みくるちゃんは未来人なのよ!」
キョン「ぶほっっ!!!???」
ハルヒ「! ちょ、ちょっと! 嘘に決まってるでしょ、もぉ汚いわね!」




255 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:24:18.49 ID:eY4rLJ2R0


キョン「……朝比奈さん……そんなコト言ってたのか」
ハルヒ「だって今日はエイプリルフールじゃない! 嘘ぐらいどうってことないわよ」

キョン「まあ……そうだな。嘘だよな」
ハルヒ「もちろん」
キョン「そうだハルヒ。朝比奈さんが未来人なら」
ハルヒ「うん?」
キョン「長門が宇宙人で、古泉が超能力者だな」
ハルヒ「あはは! なによそれー」
キョン「まあそういう嘘もありってことさ」
ハルヒ「なるほどねー。じゃあ私は?」
キョン「んー……暴れん坊で自分勝手な神様ってとこかな」
ハルヒ「なによそれ?」
キョン「さあね。そうだ、さっきコンビニでキャラメル買ってきたんだ。やるよ」
ハルヒ「あーん」
キョン「自分で食え」
ハルヒ「///嘘よ! なに焦ってるのよ!」
キョン「焦ってなんかないって」



258 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:35:20.65 ID:eY4rLJ2R0


ピリリリry
キョン「? 電話だ」
ハルヒ「?」

キョン「もしもし」
古泉『どうも僕です』
キョン「どうなんだその挨拶は」
古泉『今、涼宮さんの傍に居ますね?』
キョン「……居るな」
古泉『少し席を外してもらっていいですか?』
キョン「ちょっと待ってろ」

キョン「ハルヒ、ちょっと電話してくる」
ハルヒ「え? あ、うん」
ガチャ
長門「…」
キョン「! び、びっくりした……居るなら言えよ、長門」
長門「……今、来た」
キョン「そうか。ちょっと失礼」





260 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:38:19.22 ID:eY4rLJ2R0


キョン「で、なんだよ」
古泉『いやぁ、なんといいますか……』
キョン「?」

古泉『こっちが居様なぐらい静かなので、どうしたのかと』
キョン「え? どうしたって……特に」
古泉『涼宮さんに、なにかありましたか?』
キョン「いや、別に……あ」
古泉『?』
キョン「朝比奈さんとなにか話してたみたいだけど……それか」
古泉『朝比奈さんと? わかりませんが、とにかく静かです。落ち着きます』
キョン「いいじゃないか」
古泉『まあそうなんですけどね』
キョン「もう切っていいか?」
古泉『まあ、そう言わずに』
キョン「…」




261 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:42:12.24 ID:eY4rLJ2R0


古泉『今日は四月一日ですね』
キョン「あぁ、今日はずっとハルヒに嘘つかれてばっかりだ」
古泉『それはそれは』
キョン「なんだ? お前もなんか嘘でも言う気か?」
古泉『そうですねぇ……実は僕は、超能力者なんです』
キョン「知ってる。嘘じゃないだろそれ」

古泉『いけませんね。アドリブは難しいです』
キョン「アドリブというかなんというか」
古泉『ハルヒさんは何と?』
キョン「あ? ……いや、特に」
古泉『これも調査の一環です。教えてくれてもいいじゃないですか』
キョン「……俺が大嫌いなんだとさ」
古泉『嫌い……あぁ、なるほど。それはそれは……あははっ』
キョン「もう切るからな。なんだか気持ち悪くなってきた」
古泉『はい。それじゃ、そんな感じでよろしくお願いします』
キョン「どんな感じだよ」




263 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:44:14.03 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「あ」
長門「…」
ハルヒ「今日は遅かったのね」
長門「…」

ハルヒ「相変わらず無口ね」
長門「…」
ハルヒ「今日は何の日か、知ってる?」
長門「……四月一日」
ハルヒ「エイプリルフールよ」
長門「……?」
ハルヒ「知らないの?」

長門「…」
ハルヒ「ってわけ。わかった」
長門「……わからない」
ハルヒ「あれ?」
長門「…」
ハルヒ「……あぁ、嘘か。わかってんじゃないの」




264 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:52:52.15 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「――で、みくるちゃんが未来人で、古泉君が超能力者で」
長門「……宇宙人」
ハルヒ「そうそう」
長門「……そう。私は……宇宙人」
ハルヒ「わかってるわね」

長門「…」
ハルヒ「でも、どうなのかしら?」
長門「…」
ハルヒ「それじゃキョンだけが一般人よね」
長門「…」
ハルヒ「私とじゃ、釣り合わないかなぁ」
長門「……そう」
ハルヒ「え?」
長門「……嘘」
ハルヒ「?」




266 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:00:39.51 ID:eY4rLJ2R0


長門「…」
ハルヒ「そんなわけで私はキョンが大好きなの」
長門「……そう」

ハルヒ「……リアクション薄いわね」
長門「…」
ハルヒ「誰か好きな人とかいないの?」
長門「私?」
ハルヒ「うん」
長門「……該当しない」
ハルヒ「うーん……あ、嘘?」
長門「……そう」
ハルヒ「?該当しないが嘘? あってる? あれ? じゃあ」
ガチャ
キョン「まだ四月だってのに寒いなぁ」
ハルヒ「あ、お帰りキョン」
長門「……キョン」
ハルヒ「?」




270 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:15:22.49 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「誰からの電話だったのよ」
キョン「古泉だ」
ハルヒ「なぁんだ」
長門「…」

ハルヒ「暗くなってきたわね」
長門「…」
ハルヒ「……あと数時間で今日も終わりかぁ」
キョン「今のうちに沢山嘘ついとけよ」
ハルヒ「わかってるわよ! キョン大好き! 有希大嫌い!」
キョン「お前なぁ」
長門「……皆、嫌い」
ハルキョン「「えっ?」」
長門「…」

長門「…」ガタ
ハルヒ「? 帰るの?」
長門「……そう」
キョン「じゃあな」
長門「……嫌い」ボソッ

ハルヒ「…」
キョン「さてと……俺も帰るかな」



274 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:26:47.94 ID:eY4rLJ2R0


ハルヒ「もう帰るの?」
キョン「時計を見ろ。こんな時間だ」

ハルヒ「もうちょっとぐらいいいじゃない」
キョン「なにもすることがないだろ?」
ハルヒ「……大好き」
キョン「わかったって」
ハルヒ「こんな嘘つけるのも、あと少しなのよ?」
キョン「別に、いつでも言えばいいさ」
ハルヒ「えっ?」
キョン「? 嘘なんて今日だけに拘ったことじゃないだろ?」
ハルヒ「あ……そ、そうよね!」
キョン「まあ普段から好き好き言われても勘違いされてたまらんがな」
ハルヒ「……ふ、普段は言えないコトだってあるんだからね」
キョン「?」
ハルヒ「なんでもないわよ!」




275 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:28:52.55 ID:eY4rLJ2R0


キョン「鍵閉めるぞ」
ハルヒ「待ってよ」

キョン「ほら早く」
ハルヒ「…」
キョン「?」
ハルヒ「あと一回しか言わないからね!」
キョン「……はいよ」

ハルヒ「キョン! 大好きよ!」
キョン「あぁ、俺も大好きだよ」




277 : ハルヒかわいい ◆1MI4v.6Sm2 2008/04/01(火) 21:32:37.93 ID:eY4rLJ2R0


ハルにゃん可愛い。
調子に乗ってすげぇ長いこと書いた。こんなに書いたの初めてー。
あとハルにゃんとキョン君以外書いたのも久方ぶりだわ。変でも知らないわ。

そんじゃ、残り少ない時間で言えるだけの嘘を振り撒いてくゆ。
おまいら大嫌い。サヨナラ。



279 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:35:32.28 ID:sfb9cxj50


死ねよもう二度と書くなよAF的な意味で



286 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:48:18.08 ID:O2rFhF/u0


まったく、嘘をついていい日だからってみんな浮かれやがって。
騙したり騙されたりするハルヒたちが哀れに見えてくるじゃないか!

いいか、もうやるなよ!



157 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 16:33:15.85 ID:Uxc3/u7X0


教室のドアを開ける。
いつも騒がしい教室は、今日という日もあっていつも以上に騒がしい。
エイプリルフール。
そう。今日ばかりは嘘をついても許されるという、嘘なんて毎日溢れている世の中で非常にインパクトに欠ける記念日である。
「つまんないわね。」
どうやら我SOS団長も同じ考えらしく、開口一番そう言ってきた。
「まぁ、みんな何かしらお祭り騒ぎでもしたいんだろうよ。」
鞄を机の横に下げながら言う。
「あんな小さい嘘付いて何になるっていうのよ。」
「あんな?」
どうやらハルヒはエイプリルフールではなく、誰かがついた嘘に文句があるらしい。
「さっきね、廊下で女子が嘘をついてたの。でもね、その嘘がつまらないったら・・・」
「へぇ。どんな?」
「ただ、彼氏ができたって。・・・そんなのなんの得にもならないじゃない。」
「得って・・・別に得するために嘘をつくわけじゃなだろう。」
「・・・・そう。」
・・・・会話が途切れる。
・・・別に途切れてもかまわないのだが、ハルヒの不機嫌さのせいか妙に気まずい。
「・・・ま、まぁあれだな。好きな人の前でそんな嘘ついて反応を見るってのもありなんじゃないか?」
そうすれば相手の反応次第では得にもなるだろう。そして、今日はエイプリルフール。口実にはピッタリだ。
「ふぅん。」
・・・・また沈黙。
俺は「これ以上は深追いだな。」と諦め前を向こうとしたその時である。
「キョン、あたし彼氏できたの。」
・・・・今思えば明らかに嘘だとわかる嘘に、俺は引っかかってしまったのである。
続く。



159 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 16:47:27.33 ID:Uxc3/u7X0


「なっ!?マジかよ!?どこのどいつだ!!」
自分でも何故引っかかってしまったのかはわからない。
でも、そのときの自分はよほどあわてていたのだろう。
勢いよく振り返るとそこには目を点にして驚くハルヒがいた。
「・・・・・・・・。」
・・・・しまった。そう思っても時は戻らず、ただ気まずい時間だけがすぎていく・・・・。
「・・・・・・・・嘘よ。」
あぁ。わかっているさ!!・・・・今となってはな・・・・。
「・・・・ふふ。」
「笑うなよ。」
顔が熱い。しぶしぶと前を向き、顔をうずめる。
「キョ~ン♪」
「うるさい。黙れ。」
なぜこうも自分はこんな嘘に引っかかってしまったのか。
・・・・・・くそ・・・忌々しい。
「・・・・・嘘よ。」
「二度も言うな。わかってる。」
「私がSOS団をほっぽって彼氏なんてつくるわけないじゃない。」
・・・・もう答える気力もなく、俺は顔をうずめたままうなずく。
それからまた沈黙。そしてずいぶんとたった後に、
「でも・・・・・・・嘘もたまにはいいわね。」
ハルヒがつぶやいた。
「あとね、キョン。彼氏ってのは嘘だけど好きな人くらいならいるわよ。」
ハルヒが俺の背中に触れる。
「キョン、大好きよ。」
顔をあげてハルヒを見る。
「それも、嘘か?」
「・・・・・知らない。」
ハルヒは外を眺めながら、そう一言つぶやいた。



160 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 16:50:33.84 ID:Uxc3/u7X0


短く終わらせてすまん。
文字制限で削らせてもらった・・・・。
保守。



162 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 16:53:16.15 ID:FzVPEvW8O


>>160
すごく よかった



163 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 16:54:49.22 ID:y1fi2xIu0


>>160
ニヤニヤがとまらん



169 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 17:15:02.05 ID:Uxc3/u7X0


長門編。
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
沈黙。でも、不思議と気まずくはない。
そう、ここは文芸部室。そして俺以外この沈黙を作っているのが・・・
「・・・・・・・・・(ペラッ」
長門である。
もう一年も一緒にいるからか、不思議とこの静かな空間を気まずいと思うことはもう無くなっていた。
いや、むしろ
「心地いいな。」
「・・・・・・・何が?」
長門が顔を上げて俺を見る。
「わりぃ。邪魔したか?」
「・・・・・・。」
僅かに首が横に振られる。
「いや、なんかさ毎日うるさい奴らに囲まれているとこういう長門といる空間ってなんか心地いいなぁと思うんだよ。」
「・・・・・そう。」
そうつぶやいて長門はまた読書に戻る。・・・・心地いい。
・・・・・でもなんか物足りないな。
一年ずっと長門といるときはこんな感じである。
無表情でたたずむ有機性なんたらヒューマノイド。
今でこそ何を思っているかは少しではあるがわかるが、いかんせんリアクションが薄い。
・・・・・・・どうなるんだろう?
そう思ってしまった自分を誰が責めようか。好奇心とは恐ろしいものである。
「なぁ、長門。」
長門なら今日という日がどういう意味を持つかは知っているだろう。
「明日、二人で図書館行かないか?」
俺は人生で初めてといってもいい。大きな嘘をついた。
続く?保守代わりに。




175 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 17:34:09.24 ID:Uxc3/u7X0


それからハルヒの乱入で長門の返事は聞けなかった。
すぐに「今日は何の日でしょう?」と言うつもりがハルヒのせいで言えなかったが・・・
「まぁ、問題ないだろう。」
「何がですか?」
将棋の駒を眺めていた古泉が俺の目を見て言う。
「・・・・なんでもない。それよりも目をジッと見つめるな気色悪い。」
「おや、ひどいですね。目を見て話すのはある種のマナーでもあるんですよ。」
そんなの知らん。いや、むしろマナーというよりタブーだ。
「や、やめてください~」
「いいじゃないミクルちゃん!このレースクイーンのコスプレ、みくるちゃんなら絶対に似合うから!!」
「・・・・・・。(ペラッ」
いつもと変わらない風景。
そんな感じで今日の活動が終わろうとしていた。
俺はすっかりと長門についた嘘を忘れ、帰路についた。

夕飯を食べ終わってベットに入る。
最近ではそこで長門から借りた本を読むのが日課になっていた。
「・・・・・・。」
そして、本が一章を過ぎた辺り
「キョンく~ん電話だよ!!」
妹が部屋に入ってきた。



178 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 17:40:08.47 ID:Uxc3/u7X0


電話の相手は長門だった。
「どうした長門?」
「・・・・・明日。」
・・・・明日?
明日がどうかしたのか?
「・・・・・時間。」
・・・・昼間のことなどすっかり忘れた俺がその事を思い出すのはそれから少したってからだった。
「あ、あぁ!明日な!!」
あっぶねぇ。ってか長門は本気にしてるのか?
いやいや、これはもしかしたら長門の嘘かもしれない。
今日はエイプリルフール。いつだかの長門流のジョークと似たようなものではないか。
「そうだな・・・。駅前に10時でどうだ?」
ならばあえて引っかかってみせよう。こういうのもたまには悪くない。
「・・・・・わかった。」
そうそう。嘘ですって・・・・・・え?
「・・・・・・それじゃ。」
俺が何か言う間もなく、電話は途切れてしまった。



182 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 17:49:12.19 ID:Uxc3/u7X0


なんか見づらいから安価付ける。
あと、なぜか翌日は休日って話で。そこらへん気づかなかった・・・・。
>>169,175,178続き

・・・・・朝の9時。
集合時間の一時間前に起きた俺は早々に準備をし、自転車に乗って駅へと向かった。
「・・・・せっかくの代休がもったいない。」
いや、実際はそうは思っていない。
俺自身は別に長門のことが嫌いでもないし、せっかくの代休を家でゴロゴロしてるのもなんだか損しているような気もする。
だが、意気揚々と駅に向かうのは・・・・なんだか躊躇われるのでそんなセリフを口にしてしまうのだろう。
おまけに嘘のつもりで言った事で女子とデートすることになるなんてな。
・・・集合時間よりも10分早く着いた俺だが、そこにはもうすで長門がいた。
「すまん、待ったか?」
「大丈夫。」
相変わらずの調子で長門は言う。
「んじゃ行こうか。」
俺は図書館へと歩き出した。
なぜかいつもと違い、私服姿の長門と並びながら・・・・



189 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:03:13.38 ID:Uxc3/u7X0


>>182続き。
それからは前にいった時とかわらなかった。
長門は好きに本を読み、俺は少し気になった本を手にとり座る。
そしていつのまにか俺は眠りへとついていたのだった。

「・・・・・・・。(トントン」
なんだ・・・?
「・・・・・・・。(トントン」
薄い刺激で目を覚ます。
「・・・・・長門?」
起きると長門が俺の肩に手を当てていた。
「わるい。寝ちまったみたいだ。・・・・今何時だ?」
体を伸ばしながら聞く
「18時。」
「18・・・・・ってもう六時か!?」
ガバッと立ち上がる。
気づけば周りの人もいない。
「そんなに寝ちまったのか。・・・・ほっといてすまなかった長門・・・」
「大丈夫。」
・・・・・しかしバツが悪いな。自分から誘っておいてほおっておくのはなんだか悪い気もする。
「・・・・お詫びといっちゃなんだが長門、これから飯でも食わないか?おごるよ。」
「・・・・・・・わかった。」



195 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:15:35.73 ID:Uxc3/u7X0


>>189続き

それから俺たちはいつもSOS団が利用しているファーストフード店へと向かった。
図書館を出る途中、入り口付近の一番遠い席になぜか俺の隣にいたはずのおじさんがいたのだが、たぶんそこの方が目当ての本に近かったから移動したのだろう。
そして、俺と長門は注文を終え二回のテーブル席で食事することになった。
「・・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・・。」
沈黙。・・・・・いつもならいいんだが~周りがこういった場所では少し気まずくもある。
「いや~しかしよく寝たなぁ。長門は本とか読んでて疲れないのか?]
「大丈夫。」
「今日はどれくらい読んだんだ?」
「今日は・・・・あまり読んでない。」
「そうなのか?調子でも悪いのか?」
「大丈夫。」
・・・・・・続かない。というか長門は接続詞というものの存在を知らないのではないだろうか?
・・・・・・・・まぁ、いつもこんな感じだが・・・・。
「・・・・・しかし、びっくりしたな。」
会話が続かなく無理に話をしようとしたのがまずかったのか、
それともこの場の状況を理解してなかった自分が悪いのか、
「長門がまさか嘘にのってくるとは思わなかったな。」
・・・・長門の、ものすごく悲しそうな顔を見るまで俺は地雷を踏んだことに気づかなかった。



201 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:23:34.35 ID:Uxc3/u7X0


>>195続き

「あ・・・・れ?」
なにか自分はひどい勘違いをしているのではないか?
長門の瞬間、そのひどい勘違いがようやくわかった。
「嘘?」
いつもと変わらないように見える顔で、たしかに長門は悲しんでいた。
動きを止め、俺の目を見つめてくる。
その目が言いようの無い悲しみを伝えてくる。
「・・・・・い、いや!!嘘というか
「・・・・・。」
無言で席を立つ長門。
「ながと?」
「・・・・・。」
そして、俺はなにもできないまま長門は帰ってしまった。
俺はというと情けなくただ長門の背中を見つめることしかできなかった。



208 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:35:34.03 ID:Uxc3/u7X0


>>201続き

帰り道は足が重かった。
あの後、長門の後を追いかけたのだが結局会えずに長門の家に着いてしまった。
ロビーで何度か長門の部屋の番号を押そうとしたが、自分にはそんな勇気はでずノコノコと帰宅したのだ。
「怒らせちまったか・・・」
いや、違う。怒らせたというよりも悲しませてしまったのだろう。
あの時の長門の目はただ悲しみだけを伝えていた。
思えば、長門は私服だった。そして、俺が寝ている間ずっと横にいてくれていたような気がする。
「最低だな。俺・・・・。」
自転車をこぐ気にもなれず押して歩く。
その日は目をつむるとあの時の長門の顔を思い出して、一睡もできなかった。



211 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:38:26.57 ID:Uxc3/u7X0


>>208

翌日も気分は相変わらずだった。
少し眠れたと思ったら夢に長門がでてきた。
・・・・呪われたのかもしれん。
「まぁ・・・・文句は言えないなぁ。」
俺はいつもより早めに家を出た。
駅へと向けて。

あと少しだけど飯食ってくる。スマソ・・・・。



235 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:33:50.42 ID:Uxc3/u7X0


>>211続き

駅につき急いで用事を終えた俺は全力で自転車をこいだ。
向かった先は長門の家だった。
息を落ち着かせながら時計を見る。
・・・・・大丈夫だ。
きっとこの時間ならまだ家にいるに違いない。
・・・・・そうして1分ほどすると、長門が出てきた。
「長門。」
「・・・・・。」
一瞬、長門の目に拒絶の意思が見えた。
「・・・・大丈夫。」
そう言う顔も・・・どこか悲しそうだ。
「昨日は、ごめんな。」
俺はそう言いながらゆっくりと長門へと近づいた。
長門は顔を伏せ、それでも逃げないでいてくれた。



244 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:47:37.79 ID:Uxc3/u7X0


>>235続き

「長門・・・・」
そっと、腕を掴む。その瞬間、長門の腕が震える。
「きっかけは・・・嘘だったかもしれない。」
かもしれない・・・・というより嘘だった。
「でも、昨日俺は・・・・長門。お前といれて楽しかった。」
・・・・あぁ。この気持ちは嘘じゃない。
「・・・・・・・。」
長門が恐る恐るといった感じで顔を上げる。
「・・・・嘘をついたことは謝る。」
「物でつろうなんてつもりじゃないけど・・・・受け取ってほしい。」
そういって、長門の手に薄い紙切れを渡す。
「もう少し凝ったモノがあったらよかったんだけどな。それくらいしか見つからなかったんだ。」
長門はずっとそれを見つめていた。
「・・・・・良かったら、また一緒にいこう。」
そして、もう一枚の紙切れを見せる。
「俺とお揃い。・・・・またおもしろい本教えてくれよ。」
顔をあげてジッと俺を見つめる長門。
古泉の言うマナーとやらにあわせて、俺もジッと長門の目を見つめることにした。
・・・・とても長い時間だったかもしれない。とても短い時間だったのかもしれない。
長門は戸惑うように一瞬顔を伏せ、もう一度俺の目を見て笑ってくれた。



248 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:57:45.34 ID:Uxc3/u7X0


>>244続き
その後はいつもと変わらなかった。
長門も俺も何も話さずに、長門は俺の少し後ろを歩き・・・・
そうして二人で学校へ行った。
途中で谷口や国木田、ハルヒ達に会わなかったのは運が良かった。
いや、考えすぎかもしれないが長門がそうしてくれたのかもしれん。
そして長門をクラスまで送り、俺は自分のクラスへ向かった。
「キョン!!聞いて!!あのね!!」
クラスではいつもと変わらないハルヒ。
「お茶入れますね。」
部活でもいつもと変わらない朝比奈さん。
そんな中で、
「・・・・・。(ペラッ」
・・・・窓際でたたずむ少女。
彼女が見つめる本から少し顔をのぞかせる一枚の紙切れ。
「あれ?有希?これ買ったの?」
ハルヒが聞く。
「・・・・・・・・。」
わずかに首をふる少女。
「じゃあもらったの?かわいいわね。なんだか有希に似合ってる。」
「・・・・・・・。」
彼女はじっとそれを見つめ、
「・・・・・・うん。」
・・・・・そう頷いた。             /end



250 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:59:58.01 ID:uoXhdWWFO


>>248乙面白かったぞ



251 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:06:10.71 ID:CXuozm0+0


>>248
GJ!!
おもしろかったよ~




元スレ:http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1207019893/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP