PickUp
スポンサード リンク
8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 13:20:58.32 ID:OZDqnTICO

―木の葉の里―

「綱手よ、九尾の子が大蛇丸と共に行動してたというのは本当か?」

綱手「・・・はい。確かに大蛇丸と一緒にいました」

「・・・そうか」

綱手「・・・」

「・・・自来也。お主は九尾の人柱力失踪の件をどう見る」

自来也「ワシは暁の仕業だと睨んでおる」

「暁だと?」

自来也「ワシがサスケと共に綱手の行方を追ってた時に暁の奴らと接触してのう。その中にはナルトの姿もあった」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 13:31:07.23 ID:OZDqnTICO

「・・・何故、九尾の人柱力が暁と共に行動してるのだ」

自来也「それはワシにもよく分からんのう。ただ、一つ言えることがあるとすれば・・・」

「・・・」

自来也「早いことナルトを連れ戻さないと手遅れになるということかのう」

綱手「・・・手遅れ?それは一体どういう意味だ」

自来也「それはまだ何とも言えんが、暁の奴らの手に九尾の力が渡ればロクなことにならん。今はまだナルトが九尾の器になってるから大丈夫だが、それとていつまでも続くか分からんのう」




13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 13:42:32.99 ID:OZDqnTICO

「・・・綱手」

綱手「・・・分かっています。直ちに小隊を結成してナルトの捕縛に向かわせます」

「それが叶わなかったら・・・」

綱手「・・・九尾の器ごと・・・始末します」

「うむ・・・それでいい」

バタン

自来也「・・・」

綱手「・・・何か言いたそうだな、自来也」

自来也「別になんでもないのう。はてさて、それじゃあワシは取材のほうに戻るとするかのぉ」タンッ

綱手「・・・はぁ」



15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 13:54:32.82 ID:OZDqnTICO

―慰霊碑の前―

ナルト「・・・」

ナルト(別に・・・心残りがあるわけではないってばよ。イタチに付いてったことに後悔もない。ただ、もしかしたら・・・別の世界では・・・このオレが・・・木の葉の英雄になってたかもしれない)

ナルト(いや・・・やめよう。もしかしたら・・・なんてのはないってばよ。これはオレが選択した道。オレは・・・木の葉を許せない。だから)

「・・・動くな」チャキ

ナルト「・・・何のようだってばよ」

ナルト「畑・・・カカシ」

カカシ「それはこちらの台詞でしょうが」チャキ


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 14:03:14.80 ID:OZDqnTICO

カカシ「あらま・・・今日は一人なのね」

ナルト「・・・」スゥー

カカシ「!?」

バシャン

カカシ「これは・・・水分身!?」

ナルト「・・・五代目火影からオレの捕縛の任務でも下った?」

カカシ「・・・」キッ

ナルト「でも・・・それは無理だってばよ。木の葉の連中にオレは捕まえられない」

カカシ「ナメられてるね、どうも」バババババ

カカシ「・・・大人をあんまりナメるなよ」バチバチバチバチバチバチ

カカシ「雷切!!」バチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチバチ




17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 14:06:45.73 ID:OZDqnTICO

ナルト(写輪眼!)キィィン

ナルト「・・・」バババババ

カカシ「!?」

ナルト「その術・・・いただくってばよ」バチバチバチバチバチバチ

ナルト「千鳥!!」

カカシ「させるか!!」タンッ

ナルト「行くってばよ!」タンッ

ヒュウウウウ―――ズガァアアアン!!!




20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 14:11:55.92 ID:OZDqnTICO

―数時間後。木の葉の森―

ナルト「くっ・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」ドスッ

ナルト「・・・何とか。逃げ切れたってばよ・・・」

ナルト「それにしても・・・疲れた・・・少し・・・休むか。このままじゃ・・・」ガクッ

ナルト「・・・すぅ・・・すぅ・・・すぅ・・・」

…………………
……………
………


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 14:20:00.08 ID:OZDqnTICO

―木の葉病院―

カカシ「はぁ・・・写輪眼を使いすぎたね、どうも。体が動かないや」

綱手「はぁ・・・まったく、お前は」

綱手「それで? ナルトはどっちの方に向かったんだい?」

カカシ「方角からして――――」

…………………
……………
………

綱手「そうか、分かった。直ちに小隊を編成して、ナルトの捕縛に向かわせる」

綱手「カカシ、とにかく今は休め」

カカシ「・・・はい」



23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 14:26:19.90 ID:OZDqnTICO

―数時間後―

コンコン

綱手「おう、来たか。入れ」

ガチャ

「失礼します」

綱手「先ずは中忍昇格おめでとう、シカマル」

シカマル「どうもっす。それで、用とはなんでしょうか」

綱手「中忍早々悪いが、お前に任務を言い渡す」

シカマル「任務?」

綱手「Aランク任務だ。覚悟して望むように」

シカマル「え?ちょっ、待ってください!なんなんすか、任務って」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 14:35:41.23 ID:OZDqnTICO

綱手「任務内容は―――うずまきナルトの捕縛だ」

シカマル「ナルト!?ナルトってあの・・・何年か前に行方不明になった。見つかったんすか!それに捕縛ってどういう」

綱手「詳しいことはこの資料を見ろ。お前なら一分あれば大体のことは把握できるだろう」バサッ

シカマル「・・・」ぺらぺらぺら

シカマル「―――とりあえず任務の内容は分かりました。ですが、小隊のメンバーは中忍と上忍のみで構成してください」

綱手「それは無理だ」



31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 14:44:49.49 ID:OZDqnTICO

シカマル「何故です」

綱手「お前も知っての通り、大蛇丸の木の葉崩しの影響で今は人手不足なんだ。だから―――」

…………………
……………
………

シカマル「分かりました。ならせめて小隊のメンバーはこちらで決めさせてください」

綱手「ああ、分かった。頼んだぞ、シカマル」

………………
…………
……


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 14:46:24.56 ID:E0zWHOJP0

ここで奪還編になるのか
うまいなー


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 14:55:16.94 ID:OZDqnTICO

―翌日―

シカマル「とりあえず・・・メンバーは集まったけど」

サスケ「・・・」

サスケ(うずまき・・・ナルト)

ネジ「・・・」

ネジ(ふん、落ちこぼれの捕縛か)

チョウジ「・・・」バクバク

チョウジ(ポテチはやっぱりうすしおだよね)

キバ「ひゃっほぉお!!行くぜぇ、赤丸!」

赤丸「ワンワン」

シカマル「はぁ・・・」

シカマル(このメンバーで本当に大丈夫か)

―シカマルの宣誓省略―


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 15:06:30.95 ID:OZDqnTICO

―その頃―

ナルト「・・・!」ピクッ

ナルト「ふぁああ・・・」チラッ

ナルト「・・・追っ手か」スクッ

ナルト「・・・一・・二・・・三・・・四・・・五・・・六?」

ナルト「五、六人・・・いや・・・五人に動物一匹か」

ナルト「・・・いや・・・違うってばよ・・・あと・・・二人・・・きたってばよ」

ヒュン

ゲンマ「お前・・・何者だ」スタッ

「・・・」スタッ




36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 15:15:00.62 ID:OZDqnTICO

ナルト「・・・名乗るほどのもんでもないってばよ」

ゲンマ「そうかい。なら、捕まえてから聞くことにする」タンッ

「・・・」タンッ

ナルト「・・・」タンッ

………………
…………
……

ゲンマ「くっ・・・」ガクッ

「・・・」バタリ

ナルト「・・・それじゃあそろそろ行くってばよ」タンッ

ゲンマ「待・・・て・・・」バタ

…………………
……………
………



39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 15:25:12.17 ID:OZDqnTICO

ナルト「・・・ん? なんだってばよ・・・また一人・・・五人小隊の後ろを追ってきてるってばよ」タンッ

ゼツ「どうしたんだい、ナルト」にょきにょき

ナルト「うわっ! だから何度も言うけど人の体に張り付くのはやめろってばよ」タンッ

ゼツ「・・・後ろのはボクが片付けておいてあげようか?」

ナルト「いや・・・その必要はないってばよ」カリッ

バババババ!

ナルト「口寄せの術!」キーン

ボフン

大蛇「シャアアアアア―――」

ナルト「行けってばよ」

…………………
……………
………



40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 15:28:10.73 ID:vJw+ksDi0

ナルト優秀杉だろww


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 15:30:59.85 ID:OZDqnTICO

キバ「ん?」クンクン

赤丸「キャウッ!」

キバ「全員、止まれ!」

シカマル「!?」スタッ

サスケ「・・・どうした」スタッ

チョウジ「・・・」スタッ

ネジ「・・・」スタッ

キバ「なにか・・・くる」

シュルシュルシュルシュル―――

大蛇「―――」ギョロリ

全員「「「「「!?」」」」」

大蛇「シャアアアアア!!!」

ドスゥウウウン!




44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 15:39:09.39 ID:OZDqnTICO

……………………
………………
…………

大蛇「―――シャアアアアア」

ドスゥウウウン!

サスケ「くっ!」タンッ

ネジ「シカマル! どうする!」タンッ

シカマル「・・・」タンッ

キバ「こんなところで全滅かよ! シャレになんねぇぞ」タンッ

チョウジ「・・・」タンッ

チョウジ「皆は・・・先に行って」スタッ

シカマル「!?」




48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 16:10:35.07 ID:Xw24rLblO

これマンダじゃないよな?


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 16:18:10.12 ID:OZDqnTICO

>>48
死の森で大蛇丸が使った蛇
マンダではない



それから済まぬ
今からちょろっと用事があるんだ
19時頃には戻ってこれるけどそれまでは保守お願いします
本当に済まぬ・・・


90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 19:19:13.44 ID:OZDqnTICO

シカマル「・・・分かった。皆、行くぞ」タンッ

チョウジ「ありがとう・・・シカマル。必ず・・・追い付く」

…………………
……………
………

キバ「おい、シカマル!お前、本当によかったのかよ」タンッ

シカマル「大丈夫だ。アイツはいつも食い意地を張ってるように見えるが―――頼りになるやるだ。オレが保障する」タンッ

キバ「・・・そうだな」

―――――――
―――――
―――



95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 19:35:53.12 ID:OZDqnTICO

ナルト「・・・!」ピクッ

ナルト「・・・へぇ。大蛇の足止めに仲間を囮に・・・流石は木の葉の忍だってばよ」タンッ

ゼツ「ちなみに・・・その追っ手の中にはうちはサスケもいるよぉ」

ナルト「・・・うちはサスケ。イタチの弟・・・」タンッ

ナルト(・・・どこまで見極められているか・・・確かめてやるってばよ・・・)バッ

ナルト「影分身の術!」タンッ

ボフン!

ナルト×4「「「「行くぞ」」」」タンッ

ナルト分身体は後方に向かっていく

ナルト「これで他の奴らの足止めにはなるってばよ」タンッ


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 19:48:03.93 ID:OZDqnTICO

…………………
……………
………

キバ「全員、止まれ!」クンクン

スタッ!スタッ!スタッ!スタッ!

キバ「このニオイは・・・」

ヒュン

キバ「なっ!」

サスケ「ナルト」バッ

ナルト「・・・」バババババ

サスケ「っ!?」

サスケ(写輪眼)キィィン

ナルト「風遁」スゥー

シカマル「皆、気をつけろ!なにかく―――」

ナルト「大突破!!」フゥー

ブゥオオオオ―――――オオオ――ズシャアアアア――


99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 19:53:31.52 ID:JFAtJ+qj0

いっつも当然のように使ってるから何とも思わないけど、一人が兵力を千まで増やせる影分身って相当やばいよな


102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 19:56:05.81 ID:OZDqnTICO

………………………
…………………
……………

ナルト「・・・久しぶりだってばよ・・・」スタッ

ネジ「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

ネジ(何とか・・・間に合った)

ネジ「久しぶり・・・? お前に会ったことなんて―――」

ナルト「ああ―――そういえばあの時は変化の術を使ってたんだった」

ネジ「……?」

ナルト「これなら覚えてるかな、変化!」ボフン

ネジ「なっ!」

雨隠れの忍N「・・・思い出した?」

ネジ「・・・」ビキビキビキ

N「・・・気が早いってばよ」

ネジ「うるさい!」タンッ


106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 20:05:55.00 ID:OZDqnTICO

………………………
…………………
……………

ナルト「・・・」スタッ

シカマル「久しぶりだなぁ、ナルト」

ナルト「・・・誰だってばよ」

シカマル「やっぱり覚えてないか・・・」

シカマル(あの時、同い年の間では疑問に思っていたのは・・・オレだけだったからな・・・)

シカマル(だが・・・今はそんなことよりも・・・)

シカマル「・・・ナルト。悪いが、里まで一緒にきてもらおう」タンッ

ナルト「ふん、断るってばよ!」タンッ




109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 20:12:00.02 ID:OZDqnTICO

………………………
…………………
……………

ナルト「・・・」スタッ

キバ「・・・」クンクン

赤丸「きゃうん」ビクビク

キバ「やっぱりか・・・」

キバ「おい、ナルト!」

ナルト「なんだってばよ」

キバ「お前・・・中忍試験に参加してただろ!それも―――雨隠れの忍に変化して」

ナルト「流石は犬塚一族だってばよ。変化!」ボフン

キバ「!?」

N「この姿でまた瞬殺やるってばよ」タンッ

キバ「クッソ!」タンッ


111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 20:24:01.82 ID:OZDqnTICO

………………………
…………………
……………

ナルト「・・・久しぶりだってばよ、サスケェ」スタッ

サスケ「そこをどけ、偽物野郎。・・・オレは本物のうずまきナルトに用がある」キッ

ナルト「ふーん、何故これが偽物だと思うんだってばよ」

サスケ「写輪眼を・・・うちはを・・・そして何よりも・・・オレをナメるなよ、ナルトォ」カッ

ナルト「・・・別に侮ってるわけではないってばよ。ただ・・・今のお前にはコレで十分だと判断しただけだってばよ」

サスケ「それが・・・ナメてるつってんだよッ!ナルトォ!」タンッ




112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 20:27:33.52 ID:NhXCrRK/0

サスケェ・・・


119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 20:45:05.81 ID:OZDqnTICO

………………………
…………………
……………

N「お前は弱いってばよ、ネジ。力も心も―――だから全てが中途半端になる」

ネジ「なにが……言いたいんだ……」

N「何故、なにもかもを諦めてる」

ネジ「黙れ・・・」

N「日向の運命? そんなのは取るに足らないことだってばよ」

ネジ「黙れ・・・黙れ・・・黙れ・・・」

N「呪印を解呪したいのならば死ねばいいだけだってばよ」

ネジ「黙れ!」タンッ

N「運命を変える努力をしない奴が運命を語るなんて・・・滑稽だってばよ」タンッ




121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 20:47:26.43 ID:6GANuo2I0

そういやサスケはネジ改心させてないのか


124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 20:51:11.44 ID:OZDqnTICO

………………………
…………………
……………

シカマル「―――影真似の術、成功」

ナルト「!?」

ナルト(体が・・・動かない・・・)

ナルト「くっ・・・」

ナルト(仕方ない・・・)カッ

シカマル「!?」パチッ

ナルト「・・・完全にやられたってばよ。目を閉じられたら・・・幻術は使えない」

シカマル「・・・」




128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 20:59:06.14 ID:OZDqnTICO

………………………
…………………
……………

―木陰―

キバ「くっ・・・・・・」ドサッ

キバ「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

キバ「あれが・・・本当にあのナルトかよ・・・」

赤丸「キューー」

キバ「・・・大丈夫か・・・赤丸」

キバ「クソッ!」

キバ(このままじゃ確実に・・・どうすれば)




131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 21:09:33.97 ID:OZDqnTICO

………………………
…………………
……………

ナルト「・・・こっちだってばよ」タンッ

サスケ「ちっ!」タンッ

ヒュン、ガキィイン

サスケ(このままじゃ・・・)

「サスケ君!そこをどいてください!」タタタン

ナルト「!?」

「木の葉・旋風!」ヒュン

ズシン

ナルト「・・・くっ」タンッ

ナルト(今のは危なかったってばよ。危うく影分身が消されるところだった)

スタッ

サスケ「・・・お前は」

リー「木の葉の気高き青き野獣、ロック・リー」



134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 21:14:59.96 ID:Kb6nX4EI0

珍獣きた


135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 21:18:29.74 ID:OZDqnTICO

リー「サスケ君、加勢しにきました!」グッ、ニコッ、キラァン

リー(ああ、ガイ先生!今のボク・・・輝いてます)

サスケ「何をしにきた・・・お前はまだ・・・」

リー「いえッ!! 大丈夫です、サスケ君! ですから協力してナルト君を捕らえますよぉ!!!」ゴッ

ナルト(・・・暑苦しいってばよ)




137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 21:25:01.22 ID:OZDqnTICO

リー「―――って、サスケ君!! どこ行くんですか!」

サスケ「そいつの相手は任せる。オレは・・・本体のところに行く」タタタタタタ

ナルト「・・・」

リー「良いんですか、あのまま通して」

ナルト「別に良いってばよ」

リー「そうですか。では、ボクのお相手をお願いします!!」シュン

ナルト「・・・」

ナルト(・・・結構速いってばよ)




143 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 21:45:16.52 ID:OZDqnTICO

………………………
…………………
……………

N「くっ―――これは―――」

ネジ「お前は・・・オレの八卦の領域内にいる―――」

N「!?」

ネジ「柔拳法・八卦六十四掌」

ネジ「はァ!!」タンッ

ズドドドド―――

―――――――
―――――
―――

ボフン

ネジ「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」バタ

ネジ(まさか・・・影分身だったとは・・・な)ガクッ




149 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/10/01(月) 21:57:01.15 ID:OZDqnTICO

………………………
……………………
…………………

ナルト「・・・」タンッ

ゼツ「どうやらまた追っ手が増えたみたいだねぇ」

ナルト「・・・三人・・・四人・・・」

ゼツ「正確には五人だよ、ナルト。今、木の葉の里から畑カカシが出てきたみたい」

ナルト「・・・相変わらず無駄に凄い能力だってばよ」

ゼツ「褒めても何も出ないよ、ナルト」

ナルト「・・・」スタッ

ゼツ「んー、どうしたんだい、ナルト。こんなところで立ち止まっ―――ああ、そういうことかぁ」

ナルト「・・・」



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349064626/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP