PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 06:54:53.47 ID:jFkcNVtt0

はい


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 07:01:40.21 ID:gU6VBcGw0

はいじゃないが


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 10:50:47.37 ID:cjAocBrpO

ニャル子「真尋さんっ…朝から激しすぎますぅ…んぁあっ!!////」

真尋「おい変態」

ニャル子「え、言葉攻めですかあ、も、ああんっ!////」

真尋「変な声出すんならやめるぞ?」

ニャル子「ら、らってれひゃうんれすぅ、ん、気持ち、良すぎて、っうぅん!!/////」

真尋「」

ニャル子「ハァハァ……」

真尋「」

ニャル子「あれ、真尋さん?」

真尋「やーめた」

ニャル子「そんな、約束と違うじゃないですかぁ…」

真尋「お前が悪い」

ニャル子「そんなぁ……続き、もっとお願いします、ね?」

真尋「断る」


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 10:53:33.16 ID:cjAocBrpO

ニャル子「いくらでも揉んでやる、って、あの熱くてラヴい言葉はウソだったんですか?」

真尋「いや、確かに言ったけど、」

ニャル子「ですよね!ほら早く、早く!」ギュ

真尋「あーもう、わかったよ、わかったから抱き付くな!」

ニャル子「真尋さん真尋さん真尋さん、好き好き好き好き、大好き大好き大好き、だあーい好きですっ!」

真尋「な…っ!まったく…」

ニャル子「あの、」

真尋「なんだよ」

ニャル子「キス、しても良いですよ?」

真尋「だ、誰がそんな、するわけないだろ!」

ニャル子「いけず」

真尋「良いからそこ座れよほら」

ニャル子「はぁい」

真尋「ん、それじゃあ」モミモミ

ニャル子「……あっ……んくぅ……っ////」


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 10:54:35.39 ID:cjAocBrpO

真尋「それやめろってば」

ニャル子「だから、んっ、出ちゃうんです、ん、てばぁ…やっ////」

真尋「はあ、仕方ないなあもう」

ニャル子「は、い、…んんぅっ!」

真尋「気持ちいいか?」

ニャル子「ええ、そりゃもう、あっ…」

真尋「邪神でも肩は凝るんだな」

ニャル子「失礼な、私だって人並みに、肩くらい…くふぅ////」

真尋「はい、終わり」

ニャル子「ハァハァ……もっと、もっとして欲しいです」

真尋「もう終わり」

ニャル子「ぬぅ…あ、じゃあ次は膝枕ですね!約束ですもんね」

真尋「そ、そうだな」



終わり


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 11:19:50.24 ID:kQE0+OLe0

いいからとっとと書きやがってください


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 12:16:37.69 ID:FFREQCOz0

はやくしろ!間に合わなくなってもしらんぞー!


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 13:40:55.66 ID:cjAocBrpO

真尋「じゃあ膝枕な」

ニャル子「はい♪」

真尋「」

ニャル子「」

真尋「どうした?早く来いよ」

ニャル子「え、あ、私がして貰えるんですか!」

真尋「そのつもりだけど」

ニャル子「…あ、あの、嬉しいんですけど、やっぱりちょっと恥ずかしいというか、」

真尋「そうか!そうだよな!良いぞ無しにしよう膝枕なんて最初から無かったんだよ、うん、じゃ、またな」

ニャル子「ちょーっと待ったあっ!」ガシッ

真尋「なんだよまだ何かあるのか」

ニャル子「あります、ありまくりですよ、あると思います(キリッ」

真尋「なんだよ」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 13:41:58.63 ID:cjAocBrpO

ニャル子「私が真尋さんに膝枕するというのはどうでしょう」

真尋「何で?」

ニャル子「私がそうしたいからです」

真尋「そうか、理由も分かりやすいし良い意見だな、却下」

ニャル子「えー何でですか膝枕するって約束してくれたじゃないですかーひどいですよやだやだやだー」

真尋「やめろ暴れるな落ち着けよ」

ニャル子「これが落ち着いてられるかってんですよ!さ、真尋さん、早く、ほら」

真尋「どうしても、か?」

ニャル子「どうしても、です」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 13:43:11.24 ID:cjAocBrpO

真尋「…はぁ、わかったよ、はい」

ニャル子「はうぅ…」

真尋「今度はなんだ」

ニャル子「いえ、あの、幸せ過ぎて死んじゃいそうです…っ////」

真尋「いちいち大袈裟なんだよお前は」

ニャル子「そんな事ないです、って、や、真尋さん、どこ触ってんですかぁ、もう♪」

真尋「何もしてないんだけど」

ニャル子「あっ、真尋さんの声がっ、直接体に響いて、ハァハァ…」

真尋「なあもうこれやめていいか?」

ニャル子「え、ダメですよまだダメです!ここからが本番ですよ!」

真尋「え?」


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 13:44:42.35 ID:cjAocBrpO

ニャル子「行きますよ真尋さん、覚悟して下さいね…!」ナデナデ

真尋「な、ちょ、なんだよやめろよ…」

ニャル子「嫌ですか?」ナデナデ

真尋「そういう事じゃなくて、だな」

ニャル子「どういう事です?」

真尋「それは……」

ニャル子「」ナデナデ

真尋「……知らん、勝手にしろよもう……」

ニャル子「はいっ♪」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 13:46:16.61 ID:cjAocBrpO

真尋「……」

ニャル子「真尋さん真尋さん、可愛いですね」

ニャル子「ニャル子は今とっても幸せです」

ニャル子「真尋さんはどうですか?」

ニャル子「真尋さん?」

ニャル子「後で私も膝枕して下さいね」

真尋「……」

ニャル子「どうしたんですか?」

真尋「……すーすー………」

ニャル子「あ、寝ちゃったんですか」

ニャル子「寝顔も可愛いですねぇ」

ニャル子「……」ナデナデ






31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 13:57:31.09 ID:u9khhk1k0

おい


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 14:36:45.38 ID:1MfSjtuU0

まだいける


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 16:10:47.40 ID:cjAocBrpO

ニャル子「あ、お目覚めですか真尋さん」

真尋「んぅ、寝ちゃってたのか、ごめん」

ニャル子「いいですよそんなの、え?ニャル子のフトモモが気持ち良すぎて癖になりそうだ好きだ結婚してくれですって?やんもう真尋さんたら、勿論おっけーですよぉ」

真尋「さ、もういいだろ、膝枕おしまいな」

ニャル子「ガン無視ですか、そして次は私がして貰う番ですよ?」

真尋「そっか、じゃあほら」

ニャル子「ですよねーやっぱりダメですよねー…って、お?…お…!」

真尋「なんだよ、さっさとやってパッと終わらせるぞ」

ニャル子「あ、はい」


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 16:15:02.22 ID:cjAocBrpO

ニャル子「あれ、なんだか真尋さんが優しい……おかしい、いやおかしくないですし大歓迎ですが変です……」ブツブツ

真尋「どうしたんだよ早くしろよ」

ニャル子「あ、はい、すみません、それでは……う…っ」

真尋「ん?」

ニャル子「あのぉ、」

真尋「なんだよ早く言えよ」

ニャル子「恥ずかしい、です、、」

真尋「え?」

ニャル子「……好きな男子に膝枕して貰えるなんて混沌にとって最高の幸せですがやっぱりちょっぴり恥ずかしくて
それに真尋さんがいつもより優しいから私の事好きになってくれたのかなあなんて思っちゃうともうドキドキが止まらないったらありゃしなくてニャル子さんトキメキ過ぎてマジ最高です!」

真尋「じゃあ」

ニャル子「やめませんやりますよ当たり前じゃないですか!」

真尋「うん」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 16:16:17.57 ID:cjAocBrpO

ニャル子「…でもやっぱり照れてしまって、…私ヘタレですよね、えへへ……」

真尋「ったくもう、ほら」グイ

ニャル子「ふぇ…!?」

真尋「恥ずかしいか?」ナデナデ

ニャル子「はいぃ…////」

真尋「僕もさっきされた時は恥ずかしかった」

ニャル子「え、そうだったんですか」

真尋「でも何だか安心したりもした」

ニャル子「あ、私もです」

真尋「それからもう少し普段からニャル子に優しくても良いかな、って思った」

ニャル子「それって、」


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 16:17:28.80 ID:cjAocBrpO

真尋「酷い事して嫌われたら嫌だなって、今はそばに居てくれるけどいつか居なくなったりしたら困るなって、ずっと一緒に居て欲しいなって思った」

ニャル子「真尋さん!」

真尋「なんだよ」

ニャル子「私達結婚しましたのでご報告しときますね!」

真尋「誰とだよ」

ニャル子「私と真尋さんがです」

真尋「いつだよ」

ニャル子「今です」

真尋「あっそ、勝手にしろよ」

ニャル子「はいこれ、ここにサインお願いしますね」

真尋「何これ」


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 16:19:45.76 ID:cjAocBrpO

ニャル子「婚姻届けでしょうが」

真尋「えーと、」

ニャル子「母子手帳を貰ってきたので後で子作りしましょうね!」

真尋「いやその理屈は」

ニャル子「真尋さん!」

真尋「なに」

ニャル子「好きです付き合って下さい私を恋人にして下さい!」

真尋「うん、よろしく」

ニャル子「……っ!!!!」

真尋「なに?」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 16:22:38.87 ID:cjAocBrpO

ニャル子「まっひろすゎーんっ!好きです愛してます大好きです!」ダキツキ

真尋「あーはいはい、よしよし」ナデナデ

ニャル子「うにゃあ…////」

ニャル子「真尋さん」

真尋「ん」

ニャル子「もう一回結婚して下さい」

真尋「一回もしてないから……でも、いつかな」

ニャル子「はいっ♪」ニヘラ


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 16:24:41.23 ID:cjAocBrpO

ニャル子「真尋さん」

真尋「ん」

ニャル子「後で子作りしましょう」

真尋「うん、結婚したらな」

ニャル子「えへへ…////」

ニャル子「真尋さん」

真尋「ん」

ニャル子「今からデートしましょう」

真尋「うん、いいぞ」

ニャル子「どこに行きましょうか!」

真尋「ニャル子が行きたい所」

ニャル子「はい♪」



END


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/11/21(水) 16:27:18.35 ID:IFnTbe1/I


素晴らしかった
できればクー子とのラブラブも読んでみたいがな



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353448493/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP