PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 03:58:36.91 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「なにしてんの?」

白猫「は?」

黒猫「だからなにしてんのって」

白猫「見たらわかるだろう?」

黒猫「あぁ、悪い。覗き見の最中だったか」

白猫「猫聞きの悪いことを言うな。僕は人間のメスには興味ない」

黒猫「その横のメス猫には興味あるんだな」

白猫「その通り!」


2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:00:06.91 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「あのメス猫が好きなのか?それともメス猫なら誰でもいいのか」

白猫「いやいや、さっきのは冗談。覗きとかしてないから」

黒猫「じゃあその細めた目は何なんだ」

白猫「これはほら、遠くを見る時ってよく目を細めちゃうだろ?」

黒猫「あぁ、遠くに居るメス猫を見る時とかね」

白猫「その通り!」


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:02:53.78 ID:C0xDSq+Y0

白猫「君こそ何故こんな木の上まで登ってきたんだい?…ハッ!まさかこの僕の美しさに見とれて…」

黒猫「違うわい」

白猫「照れなくてもいいんですよ。まぁ申し訳ないが返事はノーだけどね」

黒猫「照れてない。って言うか何の返事なんだ」

白猫「言わせんな恥ずかしい」

黒猫「お前は一体何の話をしてるんだ」



5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:06:45.33 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「お前、体中傷だらけだな。喧嘩でもしたのか?」

白猫「まさか。僕はいつだって紳士な猫だからね。喧嘩なんてしないよ」

黒猫「人間にやられたのか?」

白猫「違うわい」

黒猫「おい真似すんな。人間にやられたんだろう?」

白猫「違うわい」

黒猫「………」

白猫「…違うわい」


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:09:11.31 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「一緒に仕返しに行ってやろうか?」

白猫「へぇ?どんなことをするんだい?」

黒猫「そうだなぁ…喧嘩初心者は猫パンチってやつが多いんだけど、俺レベルのなると光速引っ掻きだな」

白猫「それって猫パンチのほうがすごいんじゃ…」

黒猫「いーや、お前はわかってないね。マジやべぇから。俺の光速引っ掻き」

白猫「そうか…そんなにすごいのか……へぇ…」

黒猫「どうせすごいなんで思ってないんだろ」

白猫「その通り!」

黒猫「………」

白猫「でもいいね。僕にもそんな技が使えたらよかったのかもしれないなぁ」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:12:08.10 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「じゃあ今から行こうぜ」

白猫「いや、気持ちだけ貰っておくよ」

黒猫「なんで」

白猫「だってそんなの人数だって覚えてないし。もちろん顔も」

黒猫「そんなにやられたのか?」

白猫「僕は元々体が弱くてね。威嚇すらまともに出来ないから格好の餌食だったんだろう」

黒猫「人間なんてクソくらえだな」

白猫「その通り」



9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:16:02.92 ID:C0xDSq+Y0

白猫「飼い猫なら、と考えていたんだよ」

黒猫「さっきの覗き見か?」

白猫「だから……まぁいい。でも、考えたことはないか?」

黒猫「どうだろう。いつもその日の飯の確保で頭がいっぱいだからな」

白猫「同じく」

黒猫「まぁ俺ら野良猫だからな」

白猫「飼われていた過去が無いだけ、まだいいのかもしれませんね」

黒猫「そうだな」

白猫「でも僕は最近、もし自分が飼い猫あったらって思うんです」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:20:36.77 ID:C0xDSq+Y0

白猫「温かい部屋とおいしいご飯と優しいご主人様」

黒猫「フン。人間に媚売るなんて俺は嫌だね」

白猫「僕も人間は苦手だよ。でも撫でられるのは嫌いじゃないだろ?」

黒猫「まぁ…嫌いではない」

白猫「雨や嵐の日に震えて眠ることも、熱いアスファルトの上を歩くこともない」

黒猫「俺らからすりゃ夢のような話だな」

白猫「その通り!」



18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:37:41.88 ID:C0xDSq+Y0

白猫「同じ猫なのに、どうしてこんなに違うのだろう?」

白猫「あの柔らかそうなベッドの上に寝そべる猫と僕と、どう違うのだろう?」

白猫「顔?毛並み?瞳の色?鳴き声?」

白猫「僕もあの猫のような姿なら、人間に愛されたのだろうか?」

白猫「叩かれるばかりじゃなくて、撫でてもらえたのだろうか?」

白猫「そんなことばかり考えてしまうんだよ」

黒猫「…くだらんな」

白猫「その通り!」


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:39:57.58 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「ん?向こうの木の上に灰色の猫が居るぞ」

白猫「あぁ、あの猫は神様とやらの使いだそうだ」

黒猫「なんだそれ」

白猫「僕を迎えにきたんだよ」

黒猫「なんだと?お前死んでるのか?」

白猫「らしいよ。昨日歩道橋の下で涼んでいたんだけど、いつの間にかね」

黒猫「あの猫はお前を連れて行くのか?」

白猫「天国へ連れて行ってくれるらしい。で、次に生まれ変わるなら何になりたいか決めろって」



20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:41:46.92 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「そうか。もう決めたのか?」

白猫「うん。さっきまで悩んでいたんだけどね。決めたよ」

黒猫「さっき?あの家を見てたのはそのせいか」

白猫「その通り!」


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:44:07.89 ID:C0xDSq+Y0

白猫「人間は嫌いだよ。逃げる力がない僕を殴ったり、叩いたりするし、変なもの食べさせられたりもした」

白猫「怖かった。すごく怖かった。鳴いたって誰も助けてくれなかった」

白猫「ずっとずっと孤独だった」

白猫「でも、少しだけど、優しい人間も居た」


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:47:58.13 ID:C0xDSq+Y0

白猫「ごめんね、ウチじゃ飼えないんだけどって、一度だけ優しく撫でてくれた」

白猫「僕は人間が憎くて憎くてたまらない。だけど、あの一度がどうしても忘れられないんだ」

黒猫「まさか」

白猫「その通り!」


白猫「僕は生まれ変わったら人間になろうと思う」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:50:32.08 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「全く理解できないな。せめて飼い猫になりたいとかにしろよ」

白猫「あはは。まぁまぁ。でもいいだろ?」

白猫「僕のような猫にも優しくしてくれるような人間が、一人ぐらい増えたって」

黒猫「……」

白猫「じゃあそろそろ行くよ」



24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:52:08.11 ID:C0xDSq+Y0

黒猫「ちょっと待て!やっぱり俺には理解できない!」

黒猫「何で人間なんかになりたがるんだ!人間なんか大嫌いだ!」

黒猫「人間なんて意地悪してくる奴ばっかだ!俺の事を汚いって、あっち行けって!」

黒猫「優しい奴なんか信用できない!俺は一人でも平気だ!」

黒猫「飼い猫を羨ましがったりもしない!」

黒猫「喚いたって嘆いたって、俺は俺でしかないのだから!」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:54:18.50 ID:C0xDSq+Y0

-----------------------------

男「何だ?歩道橋の下に黒い物体が……猫か?」

男「おい、お前どうしたんだよ。暑さにやられたのか?つか、生きてる?」

男「…いたっ!おい!引っ掻くなよ!わかった、わかったから!」

男「真っ黒だから余計に暑かったろうな…でも生きててよかった」

男「ん?お前肉球も切れてんじゃん。とにかく病院だな」

男「それにしても何で花なんか咥えてたんだよ。食ったって上手くねぇだろ?」

男「まぁでもあの白い花キレイだったし、元気になったらまた見つけに行こうな」

男「きっと黒いお前によく似合うよ」





(その通り!)


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:56:23.10 ID:C0xDSq+Y0

オナヌー終了
寝ます



27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:57:02.68 ID:eQUD7iVoO

俺妹かと


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 04:58:45.51 ID:C0xDSq+Y0

>>27
んん?俺妹?


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 05:00:09.14 ID:5Q94LEvE0

実は見てた



32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 05:04:48.91 ID:C0xDSq+Y0

>>29
実は見られていたのか
ありがとう

>>30
消化不良な感じが否めないよね
精進します

>>31
ただのオナヌーでした!すまん
いい夢見ろよ


30 : ◆Void00Vrcc [sage] 2010/08/31(火) 05:00:43.60 ID:fbG1l73z0

終わりかよ


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 05:04:48.91 ID:C0xDSq+Y0

>>29
実は見られていたのか
ありがとう

>>30
消化不良な感じが否めないよね
精進します

>>31
ただのオナヌーでした!すまん
いい夢見ろよ


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/08/31(火) 05:00:56.83 ID:eQUD7iVoO

俺の妹がこんなに~
ってラノベだよくそただのオナニーじゃねえか寝る


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 05:04:48.91 ID:C0xDSq+Y0

>>29
実は見られていたのか
ありがとう

>>30
消化不良な感じが否めないよね
精進します

>>31
ただのオナヌーでした!すまん
いい夢見ろよ


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2010/08/31(火) 05:04:57.74 ID:t2qak20+0

猫娘が可愛いと思いました


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 05:07:14.16 ID:C0xDSq+Y0

>>33
メス猫のことでしょうか
いや、僕の勘違いですね本当にありがとうございました


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 05:06:28.00 ID:C0xDSq+Y0

前にここで書いた時も散々だったけど、やっぱ2年も空くと駄目だなぁ
いい勉強になりますた


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2010/08/31(火) 05:18:28.77 ID:7xHmQBEBP

わりと感動した

まじで



元スレ:http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1283194716/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP