PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 17:39:18.90 ID:+iUO4CTw0

ピッポ ピッポ ピッポ ポーン

某日 ―ライブ会場―

小鳥『皆様、本日は765プロ主催の定例ライブにご来場頂き誠にありがとうございました。本日のライブは終了いたしましたが、これより特別プログラムとして“第2回上田ファン王決定戦”を行います。』

観客「うおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

小鳥『それではここで本日のゲスト、くりぃむしちゅーさんにご入場していただきます。皆様、大きな拍手をお願いします。』

パチパチパチ!!

上田「どーも!くりぃむしちゅーです!」

有田「ど~も~!」

観客「うおおおおおおおおおお!!!!」



3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 17:41:57.10 ID:+iUO4CTw0

上田「いや、凄い歓声だね~」

有田「そうですね。今日は僕らのラジオでやった企画を行うわけなんですけど、みんな僕たちのANNは聴いてくれてるんですかね?」

上田「どうだろうな~聴いてるっていう人はどれくらいいるのかね~?」

有田「おお、じゃあ訊いてみましょうか。」

上田「おお。」

有田「え~この中に僕たちのラジオを聴いてる、または聴いていないっていう人は手を挙げて下さい。」

上田「みんな挙げるだろ!」

観客「おおおおおおおおおおおおお!!!!」


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 17:44:25.64 ID:+iUO4CTw0

―スタジオ―

有田「いや~実はこの間さ、新発売されたTENGAを使ってたのよ。」

上田「何の話だ?!なあ、触れろ触れろ!この間やったイベントに触れろ!」

有田「いや、もう終わったことですから…」

上田「いやいや、『終わったことですから…』じゃねえよ!今イベントのテープ流れてたんだから、それに触れろよ!」

有田「実は今日『シルシルミシル』で…」

上田「だからおかしいだろ?!いや~この間765プロのイベント行ってきましたよ~っていう話から入れ。なんだいきなりTENGAの話って?何の繋がりもないわ!」



5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 17:48:33.53 ID:+iUO4CTw0

有田「いや、そうかもしれないけど…今更なにを話すんですか?」

上田「いろいろあるだろうが!イベント楽しかったね。だとかよ~」

有田「上田さん、それは一番やっちゃいけないんです。」

上田「なんでだよ?」

有田「っていうのも、行ってない人が凄い羨ましがるから。」

上田「いや、だから行ってない人にもその時の臨場感を伝えるのが今回の役目じゃんか。」

有田「あのね、誕生会とかの気持ちをよ~く思い出して?」

上田「なに?」



7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 17:53:04.97 ID:+iUO4CTw0

有田「誕生会に誘われてないわけ、上田さんは、みんなに嫌われてるから。」

上田「うん。」

有田「誘われなかったとしよう、例えば…あ、別に例えばじゃないか。」

上田「いや、そこは例えにしとけ!」

有田「それで、土曜日に誕生会を開きましょうって言って集めるよ。それで休み明けの月曜日、学校でみんなが『誕生会超面白かったね!!』って言ってたらどれだけへこみます?」

上田「いや、でもそれとは状況が全然違うじゃんか。今回のは、今度の765プロのライブでイベントやるよって前々からリスナーには告知してたんだから。『行きたいな~でも行けなかった。ねえどうだった?』って聞きたくなるのは当然だろ。」

有田「いや、ここだけの話ですけど、正直個人的に誘わなかったリスナーもいます。」

上田「そんなことは知ったこっちゃねえよ!それが誰かは知らんけど、誘ったのと誘われなかったのは違うからな。みんな聞きたいんだよ。」



8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 17:57:37.82 ID:+iUO4CTw0

有田「ん~じゃあわかりましたよ。まあ、上田さんの顔を立てるわけじゃないけど…」

上田「違うよ、お前は俺に理論で負けたんだよ。」

有田「いや~しかし本当にありがたいイベントでしたね~何千人っていう人が来て凄く盛り上がりましたし。」

上田「なあ、凄かったな~まあ765プロのファンの方もたくさんいたからな~でも盛り上がったね~」

有田「まあ内容の方もね、後で音源を流しますから、それでどんな風だったかっていうのがわかると思いますよ。」

上田「うん、なるほど。じゃあ触れざるをえないじゃねえか!なにお前はそれを亡きものにしようとしてたんだ。」

有田「…参ったね」

上田「参るな参るな!」



9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:01:34.32 ID:+iUO4CTw0

有田「え~まあ、改めて今週からこのラジオを聴き始めた方にもわかるように説明いたしますと…上田さん。」

上田「え~実は先日この番組に765プロの三浦あずさちゃんが来た時にオファーをもらいして、なんと765プロのライブでこの番組の企画を是非ともやりたいとの声をいただきました。」

有田「そうなんです。で、その企画というのが…上田さん。」

上田「まあ、以前この番組でもやった“上田ファン王決定戦”を765プロのアイドル達と今一度開催することになりました。」

有田「え~“上田ファン王決定戦”っていうのはその名の通り、上田さんのファンのトップを決める大会です。アーティストで言えば、長渕、ミスチル、なんでもいいですけど好きだったら、この曲なんでしょう?で、ぱっと答えられたり、歌えますよね。」

上田「うん、まあね。」



10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:06:10.79 ID:+iUO4CTw0

有田「それと同じですよ。“上田ファン王決定戦”では、上田さんの十八番、例えツッコミに対する知識を競ってもらいます。」

上田「うん、まあ今更言っても遅いけど俺許可出してないからね?」

有田「え~ちなみに今回出場していただいた選手は、響ちゃん、真くん、美希ちゃん、春香ちゃん、伊織ちゃん、あずささん、そして匿名希望のRN“カリカリくん”の7名です。」

上田「へ~”カリカリくん”も出たんだ。」

有田「そうなんですよ。え~“カリカリくん”っていうのは、前回の大会で準優勝した正体不明の…あ、いいや、上田さんです。」

上田「おい、ばらすのかよ?!」

有田「ちょっと説明するのが面倒だったんで…」

上田「いや、そこをちゃんと説明してくれないとリスナーも意味がわからないだろうが!ん?なんで上田は“カリカリくん”で出てるんだ?ってなるだろ?!」



11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:11:07.87 ID:+iUO4CTw0

有田「分かりましたからカリカリしないでくださいよ…え~実は前回優勝者のRN“だいすけ”が今回どうしても出場できないということだったので、繰り上げで前回準優勝した“カリカリくん”こと上田さんが今回出ることになったわけですね。」

上田「ホントおかしな話だよな、自分で出した言葉を自分で答えるんだから…」

有田「ただ、前回もそうでしたけど、”上田晋也”で出るのは恥ずかしいということなので、名前を変えて出てます。あと、今回も優勝者には賞品があるんですよね?」

上田「そうだね。え~優勝者には…好きな俺の例えツッコミをプリントしたTシャツ、こんなんいらないだろうが…え~あと、この番組の出場権をあげました。まあ、出場権がないと出られないほどの番組じゃないんだけどな~」

有田「まあ、気になる優勝者は来週この番組に来てくれるみたいですね。」

上田「え、そうなの?」

有田「はい、さっき僕のところに連絡が来ましたよ。上田さんの方にはこなかったんですか?」



12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:16:14.15 ID:+iUO4CTw0

上田「来てないね~俺嫌われてんのかな?」

有田「たぶんそうでしょうね。」

上田「いや、おかしくない?“上田ファン王決定戦”の優勝者なのに俺のこと嫌いってどういうことだよ?野菜嫌いの八百屋じゃねえんだからよ~」

有田「うん…まあ、上田さんのブッコミは置いといて…」

上田「ガハッ!!!!!」

有田「え~会場に来ていた方はその優勝者が誰かわかると思いますけど、来ていないという方は、音源を聴きながら、誰が優勝して今日出てくるのかっていうのを予想すると面白いかもしれませんね。」

上田「そうだね。まあ、時間も押してるしそろそろ流すか。」

有田「はい。それでは、どうぞ!」



14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:24:20.46 ID:+iUO4CTw0

―ライブ会場―

有田「…はい、え~上田さんはお腹が痛いということで席を外していますけど、あまり時間がないので早速始めたいと思います。それでは参加者を紹介していきましょうか。まずはエントリーNO.1出てこいや!!」

プシュー

響「はいさーい!自分、我那覇響だぞ!」

有田「響ちゃんね。響ちゃんはこの番組は聴いてくれてるの?」

響「もちろん!自分、沖縄に居た頃はあまり電波が入らなくて毎週むず痒い思いしてたからな。上京して聴けるようになってからは毎週聴いてるぞ!」

有田「おお、ありがたいですね~ちなみに上田さんの例えツッコミのなかで好きなものはなんですか?」

響「『11月の“冷やし中華始めました”くらい遅いよ!』だぞ。」

有田「なるほど~では最後に、答えがわかった時の上田フレーズを決めて欲しいんだけど何がいいかな?」

響「う~ん…じゃあ、『ぺろ~ん』でいいや。」



16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:29:20.38 ID:+iUO4CTw0

有田「わかりました~では次の参加者へ行きましょう。エントリーNO.2出てこいや!!」

プシュー

真「こんばんはー!!菊池真です!!」

有田「おお、真くんね~真くんは上田さんの例えツッコミのなかで好きなのはあるのかな?」

真「好きな例えつっこみは『伊勢丹の1階か!』ですね!よろしくお願いします!」

有田「なるほどね。じゃあ答えがわかった時のフレーズを決めて欲しいんだけど?」

真「『どっか~ん!』でお願いします!」

有田「『どっか~ん!』と…え~では次ね。エントリーNO.3出てこいや!!」

プシュー

春香「こんばんは!天海春香です!!」

有田「春香ちゃんね…え~それでは春香ちゃんの好きな例えツッコミを教えてください。」

春香「はい!好きな例えつっこみは『猪木対国際軍団じゃないんですから』です。今日は優勝できるように頑張ります!」




17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:34:23.17 ID:+iUO4CTw0

春香「はい!『先行ってっからな!』で、お願いします!」

有田「また懐かしいのを選びましたね~はい、ではエントリーNO.4出てこいや!!」

プシュー

美希「こんばんは、美希なの!」

有田「はい、こんばんは~美希ちゃんは好きな例えツッコミは?」

美希「えっとね~好きな例えつっこみは『浅草から雷おこしがなくなるぐらいあり得ないよ!』なの…あふぅ、ミキ眠いけどラジオに出るために頑張っちゃうの!」

有田「そっか~頑張ってね。美希ちゃんは答えがわかった時のフレーズって決まってる?」

美希「うん、決まってるよ~『今日まで~』でいいの。」

有田「美希ちゃんは『今日まで~』っと…さあ、残すところあと3人ですね。では、エントリーNO.5出てこいや!!」

プシュー

伊織「こんばんは~水瀬伊織で~す。」

有田「はい、こんばんは。それでは伊織ちゃんの、上田さんの例えツッコミのなかで好きなものを教えてください。」

伊織「好きな例えつっこみは『かぐや姫くらい身勝手だよ!』で~す。今日は有田さんに会えて光栄です~。よろしくお願いしますね~。」



18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:39:19.26 ID:+iUO4CTw0

有田「お、ありがとう。伊織ちゃんは可愛いね~もう答えがわかった時のフレーズって決まってるのかな?」

伊織「はい!『かまわんよ~』でお願いしま~す。」

有田「オッケーで~す。それではラストスパート行きましょう。エントリーNO.6出てこいや!!」

プシュー

あずさ「こんばんは~三浦あずさです~」

有田「いや~先日は我々の番組に来ていただいてありがとうございました。それに今日はこんなイベントに招待していただいて…」

あずさ「いえいえ、こちらこそ来ていただいてありがとうございます~」

有田「え~あずささんは上田さんの例えツッコミでは何が好きですか?」

あずさ「好きな例えツッコミは『両方に口内炎ができたぐらい気になるよ!』ですね~うふ、今日はよろしくお願いしますね~」

有田「はい、よろしくお願いします。ちなみにあずささんの答えがわかった時の上田フレーズっていうのは?」

あずさ「『あったかくして寝ろよ~』にしようかしら~」

有田「なるほど~ありがとうございます。え~それではいよいよ最後、エントリーNO.7出てこいや!!」



20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:45:20.02 ID:+iUO4CTw0

プシュー

上田「あ、どうもこんばんは。」

有田「おお、“カリカリくん”久しぶり!」

上田「お久しぶりです。」

有田「今日は久々の出番だけど大丈夫?優勝できそう?」

上田「頑張ります!」

有田「じゃあ“カリカリくん”、上田さんの好きな例えツッコミはなに?」

上田「『幼稚園児が里見浩太朗に会った時ぐらいピンと来ないよ!』ですね。」

有田「おお、なるほどね~じゃあ最後に答えがわかった時の上田フレーズを教えてもらいましょうか。」

上田「じゃあ『ゴミだゴミだ!』でお願いします。」

有田「わかりました~さあ!それでは全員揃ったところで始めますよ~!いいですか、早押しですからね?手を挙げるんじゃないんですよ。自分が決めた上田フレーズを叫んで下さいね。」

一同「「「「「「「はい!」」」」」」」



21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 18:50:12.09 ID:+iUO4CTw0

有田「まず予選を行いますが、先に二問正解したら勝ち抜けで次の決勝戦に進めます。決勝戦に進むことができるのは、三人だけですからね。」

有田「それでは、第1問!『大忙しの状況や、激しく動き続けているものに対して…』」

\どっか~ん!/

有田「『どっか~ん!』ってことは真くん!」

真「大雨の時のワイパーか!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!え~、『大忙しの状況や、激しく動き続けているものに対して上田さんがよく使う、車のある部分を用いた例えつっこみと言えば何?』答えは『大雨の時のワイパーか!』で御座います。先ずは真くんが一歩リード!」

真「へへ~!やーりぃ!」



23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:00:06.46 ID:+iUO4CTw0

有田「さあ、続けて第2問!『速いというものに対して上田さんがよく使う、ある有名ゲームソフトを用いた…』

\ぺろ~ん/

有田「『ぺろ~ん』ってことは響!」

響「レベル200のテトリスか!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!『速いというものに対して上田さんがよく使う、ある有名ゲームソフトを用いた例えつっこみと言えば何?』答えは『レベル200のテトリスか!』ですね。お見事!」

響「よ~し、このまま一気に勝ち抜けるぞ!」



25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:05:38.84 ID:9DTlmxVwi

アイドル達がすげーっていうか>>1がすげーよwww


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:08:27.83 ID:+iUO4CTw0

有田「さあ第3問!『あまりにも深い事情がある時などに上田さんが使う、地形を…』」

\先行ってっからな!/

有田「『先行ってっからな!』ってことは春香ちゃん!」

春香「マリアナ海溝よりも深いよ!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!『あまりにも深い事情がある時などに上田さんが使う、地形を用いた例えつっこみと言えば何?』答えは『マリアナ海溝よりも深いよ』ですね。お見事です。」



27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:12:49.53 ID:+iUO4CTw0

有田「それでは第4問!『本来最後に出るべきものが一番最初…』」

\今日まで~/

有田「『今日まで~』ってことは、美希ちゃん!」

美希「一回表から大魔神佐々木投入か!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!『本来最後に出るべきものが一番最初に出てくることに対して、野球選手を用いた例えツッコミといえば何?』答えは『一回表から大魔神佐々木投入か!』です。美希ちゃん今のでよくわかったね?」

美希「これくらい簡単なの!次の問題も正解して決勝戦に一番乗りなの!」



28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:14:30.68 ID:oxfcj9UoP

この>>1は何者なんだ


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:18:53.34 ID:+iUO4CTw0

有田「おお、じゃあ頑張ってね。それでは第5問!『遅いことや少しずつしか進まないことに…』」

\今日まで~/

有田「『今日まで~』ってことは、美希ちゃん!」

美希「1月3日の中央高速か!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!『遅いことや少しずつしか進まないことに対して、ある時期の交通状況を用いた例えツッコミと言えば何?』正解は『1月3日の中央高速か!』ですね。え~なんと美希ちゃんが2問正解したので、一番に決勝進出決定です!」

美希「やったー!」

あずさ「あらあら~」

伊織「まずいわね…」



31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:25:46.08 ID:+iUO4CTw0

有田「さあ、早くも決勝進出者が出ました。残る枠はあと2枠!これに続くのは一体誰なのか!第6問!『絶対にあり得ないという状況に…』」

\かまわんよ~/
\ぺろ~ん/

有田「ん~…今のはどっちかな…じゃあ、響ちゃん!」

響「韓国からキムチが無くなるくらいあり得ないよ!」

ブッブー

響「ええ?!」

\かまわんよ~/

有田「はい、伊織ちゃん!」

伊織「やった!えっと、センターへのファールフライくらいありえないよ!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!『絶対にあり得ないという状況に対する、野球を用いた例えツッコミは何?』答えは『センターへのファールフライくらいありえないよ』ですね。」

響「うがー!そっちかー!」



33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:32:51.17 ID:+iUO4CTw0

有田「まあ響ちゃんの言った例えツッコミも実際にあるんで、一概にも不正解とは言えないんですけどね~それでは第7問!『何度も何度も振り返る…』」

\あったかくして寝ろよ~/

有田「『あったかくして寝ろよ~』ってことは、あずささん!」

あずさ「うふふ、初めてのブラジャー装着か~!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!『何度も何度も振り返る人に対して、下着を用いた例えツッコミと言えば何?』という問題で、答えは『初めてのブラジャー装着か』です。さすがあずささん!」

あずさ「うふふ、ありがとうございます~」



34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:37:08.19 ID:+iUO4CTw0

有田「さあ、現在“カリカリくん”を除いた5名全員がリーチです。“カリカリくん”はここから巻き返せるんでしょうか?!第8問目!『心の狭い人間に対してや、器の小さい人間に対して…』」

\どっか~ん!/

有田「『どっか~ん』ってことは真くん!さあ、正解を出して決勝進出なるか!」

真「台湾の料理か!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!『心の狭い人間に対してや、器の小さい人間に対して、ある国の食文化を用いた例えツッコミは何?』答えは『台湾の料理か!』です。というわけで、真くんも決勝進出!」

真「へへっ!や~りぃ!」

春香「残る枠はあと1つ…!」

響「ここは負けられないぞ…」

上田「(あれ?俺空気じゃね?)」



35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:42:19.14 ID:+iUO4CTw0

有田「さあ、残る枠はあと1つです!第9問!『予想に反して意外なものが出てきたときに対する、上田さんが比較的よく使うそば屋…』」

\先行ってっからな!/
\ぺろ~ん/
\かまわんよ~/
\あったかくして寝ろよ~/

有田「…う~ん、これは誰だろうな…?」

\先行ってっからな!先行ってっからな!先行ってっからな!先行ってっからな!/

有田「…じゃあ春香ちゃん!」

春香「やった!えっと、そば屋にビーフストロガノフがあるくらい意外だよ!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!『予想に反して意外なものが出てきたときに対する、上田さんが比較的よく使うそば屋さんというフレーズを用いた例えツッコミは何?』答えは『そば屋にビーフストロガノフがあるくらい意外だよ!』ですね。ということで、春香ちゃん決勝進出!」



37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:47:44.04 ID:+iUO4CTw0

春香「ありがとうございます!!」

響「ず、ずるいぞ春香!」

伊織「そうよ!あんな上田フレーズをゴリ押しするなんて反則よ!」

春香「のワの」

有田「え~まあ、色々と不満があるとは思いますが…決勝戦は、美希ちゃん、真くん、そして春香ちゃんの3名で行います!!」

観客「うおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」



38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:52:23.68 ID:+iUO4CTw0

―スタジオ―

有田「いや~改めて聴いても凄いですね~」

上田「そうだな~」

有田「まあ、今聴いてて思いましたけど、上田さん1問も答えてないじゃないですか。」

上田「そうなんだよな~っていうかさ、あの子達がおかしいんだって。問題読んでる途中でもう答えが出てきてるんだもん。俺なんて答えを聞いてからようやくわかる程度なんだから。」

有田「う~ん…それだったら上田さんの代わりに違う誰かを出したほうがよかったかもしれないですね。」

上田「そうだな~じゃあこのまま決勝戦も聴くか。」

有田「決勝戦はさらに凄いですからね!!」



39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 19:57:06.15 ID:+iUO4CTw0

―ライブ会場―

有田「さあ、それでは…お、上田さんがトイレから戻ってきましたね…上田さん何やってるんですか!もう予選は終わっちゃいましたよ!」

上田「あ、そうなの?いや悪い悪い、ここから近くの歩道橋までだいぶ距離あってさ~」

有田「なんで野糞してるんですか?!会場にトイレあるでしょ?!」

上田「まあそうなんだけどさ、やっぱり俺といったら野糞だろ?」

有田「いや、知りませんよ!」

上田「まあ野糞は置いといてさ…で、誰が残ったのよ?」

有田「置いとけないですけど…まあいいか。決勝進出したのはこちらにいる、美希ちゃん、真くん、春香ちゃんの3人ですよ。」

上田「へ~まああんまり頑張って欲しくはないけど頑張ってよ~」

美希・真・春香「「「はい(なの)!」」」



41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:04:57.25 ID:+iUO4CTw0

有田「ん~じゃあ上田さんも来たことだし、決勝戦の前に3人に上田さんの好きなところを言ってもらおうかな。」

上田「お、いいね~」

有田「じゃあ…美希ちゃんから訊いていこうかな。美希ちゃんは上田さんのどんなところが好きなのかな?」

美希「そうだね~ミキ的には、例えツッコミを言った後のしたり顔がとってもセクシーだって思うな!」

上田「おい!お前絶対馬鹿にしてるだろ?!」

有田「そんなことはないですよ!セクシーだって言ってるんですから!ねえ美希ちゃん?」

美希「うん!ねえ上田…さん、ミキ、生のしたり顔が見てみたいな~!」

上田「そんなこと言われてもやるわけねえだろうが!」

美希「ねえ上田…さん、生のしたり顔を見せてもらうわけにはいかないか?」



42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:09:10.25 ID:+iUO4CTw0

上田「…」※したり顔

美希「wwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

上田「お前やっぱりバカにしてるだろ!!」

有田「そんなことはないですよ!ファンなんですから!」

上田「いいや!どうせこいつは俺のこと馬鹿にしてんだよ!」

有田「上田さん、落ち着いてください。はい、深呼吸して~」

上田「す~は~す~は~……」

有田「落ち着きましたか?」

上田「はい!」

有田「え~それでは次は真くんに訊いてみましょう。真くんは上田さんのどんなところが好きなのかな?」



44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:14:22.51 ID:+iUO4CTw0

真「そうですね~僕は、普段はボケない上田さんがたまにボケた後の少し恥ずかしそうな顔が好きですね。」

上田「おい!てめえも馬鹿にしてんだろ?!」

有田「馬鹿にしてませんよ!真くんは照れた上田さんの顔が好きなんですから!そうでしょ?」

真「はい!硬派の上田さんが照れた顔なんて滅多に見れませんからね!思わずキュンとしちゃいますよ!」

有田「ほら、こう言ってくれてるじゃないですか。」

上田「う~ん…いや、嬉しいんだけどよ…なんだろう、なんか馬鹿にされてるようで純粋に喜べないんだよな…」

有田「真くんも上田さんの恥ずかしそうな顔を生で見てみたい?」

真「え?いいんですか?!お願いします!」

有田「それでは上田さん、お願いします!」



45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:19:30.15 ID:+iUO4CTw0

上田「いや、やらんよ!何を勝手に俺がやる感じにしてんだ?!」

有田「いや、頼みますよファンがこう言ってるんだから…」

上田「嫌だよ!なんで俺がわざわざボケてさらに照れなきゃいけねえんだ?!もういいからさっさと決勝戦やろうぜ!」

真「上田さん…なんかキングコングバンディ対アントニオ猪木のボディスラム・マッチみたいになってっけどよ~!」

上田「まずはユーミンのナンバーから~1,2,3,4!ねえユーミン、ワオ!こっち向いて!ガハッ!!」

観客「…」シーン

上田「…///」

有田「…うん、じゃあ次春香ちゃんに聴いてみようか。」

上田「触れんかい!!!」バシッ



46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:24:12.41 ID:+iUO4CTw0

有田「痛っ!!何するんですか?!」

上田「ボケたんだから触れろや!こちとら大怪我してんだよ!!」

有田「はあ…どうだった真くん?」

真「は、はいwwwwww凄くwwwwwwカッコ良かったですwwwwwwwww」

上田「お前絶対バカにしてるだろ!!」

有田「そんなことありませんって…さあ、それでは最後の春香ちゃんに訊いてみましょう。春香ちゃんは上田さんのどんなところに魅力を感じるのかな?」



48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:30:33.18 ID:+iUO4CTw0

春香「そうですね~やっぱり、有田さんの見え見えのボケに乗った後に全力でツッコミを入れて、これでもかってしたり顔をするところですね。」

上田「だから!お前らやっぱりバカにしてんな!よし、俺はお前らがファンだとは一切信じないからな!!」

有田「いや~誰も例えツッコミの上手さとか言わないんだねwwwwwwww」

上田「だからこいつら俺のファンじゃねえんだよ!俺のことバカにしてるだけなんだよ!」

有田「いやいや、そんなことないよね~春香ちゃん?」

春香「はい!私、上田さんの大ファンですから!」

上田「嘘ばっかり言うんじゃねえよ!!このバカ面共が!!」




49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:35:18.70 ID:+iUO4CTw0

有田「上田さん!アイドルに向かって何てこと言ってるんですか?!」

上田「いや、こいつら頭はいいかもしれねえけど面がバカなんだよ!ったくホントにクソみてえな面しやがってよ~!!全員まとめて顔にクソぶっかけてやろうか?!」

有田「上田さん、落ち着いて!」

上田「これが落ち着いてられますかぁ!?」

有田「もう…カリカリしないでくださいよ…」

上田「ん~まあ、カリカリしたのは悪かったよ…」

有田「まあ、みんなが上田さんのファンだってことがわかったところで、いよいよ決勝戦です!」

上田「俺は一切信じないけどな!」



51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:41:20.55 ID:+iUO4CTw0

有田「決勝戦は先に3問正解した人が優勝です!優勝した方には、好きな上田さんの例えツッコミがプリントされたTシャツと、我々のラジオへの出演権が授与されますから、頑張ってくださいね。」

美希「ミキ、絶対に負けないの!」

真「ANNに出るんだ…!!」

春香「夢のANN…!!」

有田「さあ、それでは決勝戦第1問!ANNからの問題です。『RN“オカズがご飯”と聞き、その二度手間っぷりに対して上田さんが言った…』」

\どっか~ん!/

有田「『どっか~ん!』ってことは、真くん!!」

真「ライス定食か!」

有田「正解!!『RN“オカズがご飯”と聞き、その二度手間っぷりに対して上田さんが言った例えツッコミは何?』正解は『ライス定食か!』です。」

上田「は~凄いな~」

真「よし!まず1つ!」



52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:45:53.34 ID:+iUO4CTw0

有田「さあ続けて第2問!『同じものやことを何度も重ねることに対し…』」

\先行ってっからな!/

上田「おお、速いな。」

有田「『先行ってっからな!』ってことは春香ちゃん!」

春香「ミルフィーユか!」

有田「正解!『同じものやことを何度も重ねることに対して上田さんがよく使う、デザートを用いた例えツッコミと言えば何?』答えは『ミルフィーユか!』ですね。ちなみに上田さん、これの使用例っていうのは?」

上田「う~ん、そうだね…お前嘘つきすぎだろ!ミルフィーユか!って感じかな。」

観客「うおおおおおおおおおお!!!」

有田「いや~やっぱり本家は違いますね。」

上田「うん、いや、あのさ~小っ恥ずかしいから俺に振るの止めてくれない?」



53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:51:04.54 ID:+iUO4CTw0

有田「さあ、上田さんの例えツッコミが決まったところで第3問!」

上田「無視すんなよ。」

有田「ANNからの出題です。『“いや、参ったね”のコーナーで、テノール編とバス編の両方を募集したにも関わらず、有田がバス編ばかりを紹介したことに対して上田さんが言った…』」

\どっか~ん!/

有田「『どっか~ん!』てことは、真くん!」

真「バスバスバスって、新宿のロータリーか!」

有田「正解!『“いや、参ったね”のコーナーで、テノール編とバス編の両方を募集したにも関わらず、有田がバス編ばかりを紹介したことに対して上田さんが言った例えツッコミと言えば何?』答えは『バスバスバスって、新宿のロータリーか!』ですね。

有田「さあここで、真くんがリーチでございます!」

真「よし!勝てるぞ!」

美希「まずいの…」

春香「ちょっと厳しいかも…」




54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 20:56:19.99 ID:+iUO4CTw0

有田「このまま真くんが逃げ切るのか?!第4問!『あまりにもしつこい人や状況に対して…』」

\先行ってっからな!/

有田「『先行ってっからな!』ってことは、春香ちゃん!」

春香「エイリアン2か!」

有田「正解!『あまりにしつこいことや人に対して上田さんが使う、ある有名な映画を用いた例えツッコミと言えば何?』正解は『エイリアン2か!』ですね。お見事!さあ、ここで春香ちゃんもリーチ!」

真「くそ~やるな春香!」

春香「よ~し、このまま勝っちゃうよ~!」

有田「え~今のところ真くんと春香ちゃんがリーチです!なんと予選で1抜けした美希ちゃんが未だ0点!ここからの逆転は厳しいか?!」

上田「ここまで追い込まれたらキツいでしょ~2ストライクで出てきた代打よりも追い込まれちゃってるからね~」

有田「あ、すみません上田さん。今そういうの募集してないんで…」

上田「あ、そうなの?」



55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:00:50.80 ID:Ad6dYY+k0

>>1すげえな


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:04:11.39 ID:+iUO4CTw0

美希「…ねえ、上田…さん。」

上田「ん?なに美希ちゃん?」

美希「もしミキが今の状態から優勝したら、ラジオで上田…さんに、ハンパねえ質問いっぱいしてもいいかな?」

上田「ん~…まあいいよ。」

真・春香「?!」

美希「ホント!?」

上田「美希ちゃんがもし優勝できたらね?(まあ、この状態から優勝なんてできないだろうしな。)」

美希「…ミキ、本気で頑張っちゃうの!!」カッ!!

上田「(あれ、なんか悪寒が…)」



57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:09:11.70 ID:+iUO4CTw0

有田「さあ、上田さんと美希ちゃんの約束が決まったところで第5問!!『何を言っているのかがわからない…』」

\今日まで~/

有田「『今日まで~』ってことは美希ちゃん!!」

美希「カンボジアのニュースか!」

有田「正解!『何を言っているのかがわからない人に対して上田さんが使う、ある国を用いた例えツッコミと言えば何?』答えは『カンボジアのニュースか!』です。さあ、ここでようやく美希ちゃんが1点ゲット!」

真「くっ…!」

春香「でもまだ流れはこっち…!!」

美希「まだまだ行くの!!」



58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:14:18.95 ID:+iUO4CTw0

有田「さあここで美希ちゃんが追いつくのか!?第6問!!『ある状況がよく続く時に…』」

\今日まで~/

有田「『今日まで~』ってことは、美希ちゃん!!さあ、ここで正解すればリーチ!」

美希「やまびこ打線か!」

ピンポンピンポーン!!

有田「正解!『ある状況がよく続く時に上田さんが使う、野球を用いた例えツッコミと言えば何?』答えは『やまびこ打線か!』ですね。さあ、なんとここで3人ともリーチ!」

真「…大丈夫、絶対勝てる…!!」

春香「…ちょっとまずいかも…」

美希「次で決めてやるの!!」

上田「(あれ、これ美希ちゃん勝っちゃうんじゃね?)」



59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:19:20.36 ID:+iUO4CTw0

有田「さあ、泣いても笑ってもこれが最後の問題です!!最終問題!!『ややこしいものや…』」

\今日まで~/

真「えっ?!」

春香「嘘?!」

上田「速いな?!」

有田「『きょうまで~』ってことは…美希ちゃん!!正解すれば優勝です!!」

美希「ベーコンレタスエッグつくねライスバーガーか!!」

有田「…正解!!」

ピンポンピンポーン!!

美希「やった~!!」

有田「え~『ややこしいものや複雑な状況に対して上田さんが使う、あるファーストフードを用いた例えツッコミといえば何?』正解は『ベーコンレタスエッグつくねライスバーガーか!』ですね。」

有田「と、いうわけで…“第2回上田ファン王決定戦”優勝者は、星井美希ちゃんです!!」

観客「うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!」



62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:27:52.81 ID:+iUO4CTw0

―スタジオ―

有田「いや~美希ちゃんの追い上げは今聴いても凄かったですね~」

上田「そうだな~俺正直言うとさ、真くんと春香ちゃんがリーチした時点でもう美希ちゃんに優勝の目はないなって思ってたのよ。」

有田「いや、あの場面だったらみんな思うでしょう。」

上田「でもさ、俺が美希ちゃんと約束したじゃんか。その時さ、美希ちゃんの雰囲気が一気に変わったんだよな~で、その後の大逆転だろ?やっぱあの子は凄いわ。千早ちゃんが天才って評してただけあるよ。」

有田「うん。まあ、いろいろ褒めまくってますけど…上田さん、美希ちゃんとの約束は反故にしませんからね。来週美希ちゃんが来た時にはちゃんと『パネェ質問』やらせますから。」

上田「う~ん…まあ、仕方ないわな。そういう約束しちゃったんだし…」



64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:32:33.79 ID:+iUO4CTw0

有田「あら。珍しいですね、約束したとはいえ上田さんが『パネェ質問』を受け入れるなんて。」

上田「いや、約束を破るのはなあ…漢気が無いって思われるのも嫌だしさ~」

有田「おお、さすが上田さんですね~じゃあ募集かけてもらってもいいですか。」

上田「嫌だよ!って言いたいところだけど…まあ、今回は読んでやるわ。え~〒100‐8439 ニッポン放送、くりぃむしちゅーのANN。件名に『ハンパねぇ質問』と書いて送ってこい。ハガキが紹介された奴にはガネックをプレゼント!」

上田「じゃあここらで一曲行っちゃう~なんつってさ…え~それでは“第2回上田ファン王決定戦”を見事優勝した美希ちゃんの曲をかけようかな…星井美希、『relations』」



65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:37:32.12 ID:+iUO4CTw0

5分後

上田「よっしゃ!じゃあこのコーナー行こか~!ツッコミ道場!!」

有田「あ、メールが…」

上田「いえ、あの有田さん…久しぶりにそれやるの止めてくれませんかね…恥ずかしくてたまらないんですけど…」

有田「いや、大事なメールが来たんですよ。」

上田「あぁ…そうなの?」

有田「え~RN“売れてる方”」

『なあ有田、空って青いんだな。』

有田「という…」

上田「関係ねえだろうがよ!!どこに大事な要素があったよ?!」

有田「いや~やっぱり空が青意外だと違和感が凄いですからね。そういうことを再確認できたっていう点で言うと、今のメールは大事ですよ。」

上田「別に今確認する事じゃねえだろうがよ!!」



66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:42:23.67 ID:+iUO4CTw0

有田「いやいや、そんなことはないですよ。じゃあ、改めてコーナーに行きましょうか。上田さん、タイトルコールをお願いします。」

上田「ったく、頼むぜ…ツッコミ道場!!」

有田「ん?あ、またメールですね…」

上田「おい!いい加減にしろよ、この豚顔面!!」

有田「いや、これは本当に緊急のメールですから。」

上田「…本当だろうな…?」

有田「え~RN“売れない方”」

『ねえ哲平、長時間寝ないと眠くなるんだね』

有田「という…」

上田「だから今読むようなメールじゃねえだろうが!!どこが緊急なんだよ!?」



67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 21:47:33.45 ID:+iUO4CTw0

上田「ツッコミ道場と言わせろ!!」

ギャー!!(BGM:Ram Jam 『Black Betty』)

上田「え~このコーナーは毎回上田チームと有田チームに分かれて、テーマまつわる人や物に対して例えツッコミを入れ、出来を競い合うコーナーです。」

上田「勝負は5ラウンド制で3ラウンド取ったチームの勝利。1ラウンドごとに、ディレクターのプリンセスちんこう、AD生江、ミキサーの偽豚女の3人に勝敗を判定をしていただきます。」

有田「お、罰ゲーム決まったみたいですね。」

上田「へ~、そいつはすげえや。」

有田「上田チームが5連敗した場合は、上田さんが新人童貞リスナー765人と童貞界のトップを目指してプロデュースする“童貞M@STER”」

上田「ガハッ!!なんだよ“童貞M@STER”ってwwwwwwww?っていうかなんで童貞じゃなきゃいけねえんだよwwwwww?」



68 : >>67ミスった[] 2012/04/03(火) 21:48:54.27 ID:+iUO4CTw0

有田「ん~まあ、なんというか……例えてガッテン!!」

上田「ツッコミ道場と言わせろ!!」

ギャー!!(BGM:Ram Jam 『Black Betty』)

上田「え~このコーナーは毎回上田チームと有田チームに分かれて、テーマまつわる人や物に対して例えツッコミを入れ、出来を競い合うコーナーです。」

上田「勝負は5ラウンド制で3ラウンド取ったチームの勝利。1ラウンドごとに、ディレクターのプリンセスちんこう、AD生江、ミキサーの偽豚女の3人に勝敗を判定をしていただきます。」

有田「お、罰ゲーム決まったみたいですね。」

上田「へ~、そいつはすげえや。」

有田「上田チームが5連敗した場合は、上田さんが新人童貞リスナー765人と童貞界のトップを目指してプロデュースする“童貞M@STER”」

上田「ガハッ!!なんだよ“童貞M@STER”ってwwwwwww?っていうかなんで童貞じゃなきゃいけねえんだよwwwwww?」


有田「お、罰ゲーム決まったみたいですね。」

上田「へ~、そいつはすげえや。」

有田「上田チームが5連敗した場合は、上田さんが新人童貞リスナー765人と童貞界のトップを目指してプロデュースする“童貞M@STER”」

上田「ガハッ!!なんだよ“童貞M@STER”ってwwwwwww?っていうかなんで童貞じゃなきゃいけねえんだよwwwwww?」



70 : >>68 またしてもポカした…下の4行は見なかったことに…[] 2012/04/03(火) 21:55:10.43 ID:+iUO4CTw0

有田「なんでですかね?そもそも”新人童貞”の定義がよくわかりませんけど…え~そして有田チームが負けた場合は、如月千早ちゃんと結婚すると…」

上田「いや、だからお前のは罰ゲームでもなんでもないだろうが!」

有田「でも結婚式とかって費用が色々掛かりますからね…これはかなりキツイですよ。」

上田「キツい事あるか!キツいのは千早ちゃんただ一人だよ!!っていうかお前今週負けたら5連敗なんだから、いい加減ちゃんとした罰ゲーム決めないとな~」

有田「いや、だから罰ゲームは“千早ちゃんと結婚”に決まりましたから。」

上田「認められるか!!…え~まあ罰ゲームはさておき、今週のテーマが『アイドル事務所対決』ということで上田チームが、今最も勢いのある『765プロ』、一方の有田チームが、ジュピターが離れたことで今後が心配な『961プロ』です。」

有田「じゃあジャンケンしましょうか。」

有田・上田「ジャンケン!」

有田「チョキ!」
上田「グー!」



71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:00:36.65 ID:+iUO4CTw0

有田「くそ~まずジャンケンで流れをつかみたかったんですけどね…」

上田「よし!じゃあ俺後攻ね。有田チーム先攻で第一ラウンド!」

カーン!

有田「まあ最初はこれですかね…え~っとRN“ガチホモ”」

上田「ガハッ!!!」

有田「ん…?ああ、“ガチホモ”」

上田「いいよ2回言わなくて!」


いい年のくせに「ジュピターの天ヶ瀬冬馬と結婚したい!」と言っている、僕の姉に一ツッコミ。

『そんなこと言ってるから婚期が遅れるんだよ!もっと現実を見ろよババア!!』


有田「という…」

上田「いや、だから1ラウンド目からおかしいじゃんか?“例えてガッテン”なんだからちゃんと例えろよ!なんだよ僕の姉に一ツッコミってよ!ただの日常のひとコマじゃねえか!」

有田「しょうがないじゃないですか、例えツッコミをしているハガキが無かったんですから…」



72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:05:16.77 ID:+iUO4CTw0

上田「ダメダメ。あ~これはもう減点だな…それでは後攻上田チーム、RN“リトルバード”」


今や老若男女から絶大な人気を博し、バラエティからドラマ、はたまたミュージカルとザ・ワイドな幅の広さで活躍をしている765プロのアイドルたちに一ツッコミ。

『草野仁の胸板か!』


上田「ね。これが例えツッコミですよ。」

有田「あ~、『幅の広さ』っていうから『マエケンのアナル』が出てくるかと思ったら、ちゃんとしたツッコミが出てきましたね~」

上田「そりゃそうですよ、っていうか『マエケンのアナル』に関してはリスナーが言っているだけであって、例えツッコミではないからな?…それでは判定をどうぞ!」

プリンセスちんこう「有田」

偽豚女「有田」

生江「有田」

上田「いや、だからお前らおかしいだろ?!“例えてガッテン”だって言ってんだろうが!」

有田「まあまあ、これが大衆の意見ですから…」



74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:13:08.25 ID:+iUO4CTw0

上田「くっそ~絶対あいつら有田チームに贔屓してやがるな…それでは1-0で第2ラウンド!」

カーン!

有田「RN“これはアホ毛ですか?いいえ、凶器です”」

上田「どんなRNだよ…」


私『はあ…やることなくて暇だし、ラジオでも聴こうかな。』ピッ

冬馬『…“ジュピターのANN”では、ラジオの前のお前らからのメール、ハガキを受付中だ!宛先は…翔太!』

翔太『任せて!…あ、そうだ冬馬くん、宛先を読む前にちょっと訊きたいことがあるんだけど。』

冬馬『今じゃなくてもいいだろ?早く宛先読んでくれよ。』

翔太『いや、読むよ。読むけどその前に冬馬くんが初めてセッ○スした時のシチュエーションを教えてよ。』

冬馬『なんでだよ?!宛先どうこうとか関係ないだろ?!』

翔太『いいじゃん減るもんじゃないんだし。ねえ、教えてよ~』

冬馬『あ~もういい!宛先はkuroi.shi-ne@allnightnippon.comだ。また、番組のHPでは俺たちの特製待受け画像がダウンロードできるぞ!それじゃあHPのURLを…北斗!』



75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:17:36.63 ID:+iUO4CTw0

北斗『チャオ☆HPは…ところで冬馬、ちょっと訊きたいことがあるんだが…』

冬馬『だから今聞かなくてもいいだろ!さっさとURLを言えって!』

北斗『言うよ。言うけどその前に、冬馬が初めてセック○した時の体位を教えてくれないか?』

冬馬『真顔で何言ってんだ?!』

北斗『いいだろ冬馬?俺たちの仲じゃないか。それとも冬馬お前…童貞なのか?』

冬馬『あ~もううるせえ!HPはwww.allnight…』

翔太『言わないってことは…』

北斗『童貞なんだ…』

翔太・北斗『ギャーハハハハハハ!!!!ギャーハハハハハハ!!!!』

冬馬『童貞じゃねえって言ってんだろ!』

翔太『本当は?』

冬馬『…童貞だよ。』

こんな、アイドルの爆弾発言も飛び出す“ジュピターのANN”を聴いていた藤岡弘が一ツッコミ。

藤岡弘、『いや~はっはっは…彼は童貞の鑑だね~』




76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:22:25.62 ID:+iUO4CTw0

上田「いや、だからツッコミじゃねえって!最後のは藤岡さんの感想じゃねえか?!いいか?これは例えツッコミを…」

有田「上田さん、シャーラッパーでお願いします。」

上田「はい!…え~後攻上田チーム、RN“ローソンの回し者”」


所属アイドルたちがテレビで見ない日は無いほど様々な分野で活躍しているのにも関わらず、未だにオンボロ事務所である765プロに一ツッコミ。

『石油王なのに六畳一間か!』


上田「いいか?これは“例えツッコミ”の上手さを競うんだからな!お前らそこんところをきちんと理解しろよ?それでは判定どうぞ!」

プリンセスちんこう「上田」

偽豚女「有田」

ゴミ眼鏡「上田」

上田「よし!」

有田「くっそ~追いつかれたか~」



77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:28:22.53 ID:+iUO4CTw0

上田「っていうか偽豚女が有田にしか札を挙げないんだよな…では、1-1で第3ラウンド!」

カーン!

有田「じゃあどれにしようかな……RN“豆タンク”」


961プロから離れたジュピターは活動を続けるために新しい事務所を探していた。

冬馬『さて、どこの事務所で活動をするかな…765プロはライバルだし…こだまプロはなんかいけ好かないしな…どうしたもんかな…』

ポンポン

冬馬『ん?誰だ?』

黒瀬『ちょっとよかですか?』

上田「ガハッ!!!」

冬馬『え、おっさん誰だ?』

黒瀬『僕は黒瀬だもんね。ところで君は“ジュピター”の天ヶ瀬冬馬くんだね?』

冬馬『ああ、そうだけど…』




78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:32:56.01 ID:+iUO4CTw0

黒瀬『良かったら僕の事務所に移籍しないかい?』

冬馬『え?おっさん事務所持ってるのか?!なんて事務所だ?』

黒瀬『7092(なおくに)プロだもんね。』

上田「7092プロwwwwwwwwくだらねえwwwwwwww」

冬馬『7092プロ…?聞いたことないな。』

黒瀬『最近できたんだもんね。良かったら見ていくかい?』

冬馬『…いや、遠慮しておくぜ。おっさんどこか胡散臭いk』

黒瀬『なんか?』

冬馬『…だからこの話はなかったk』

黒瀬『なんか?』

冬馬『いや、だから移籍は…』

黒瀬『なんか?!』

冬馬『…はい、わかりました…7092プロに移籍します…』

翌日、“ジュピター”が7092プロに移籍したというニュースを聞いた黒井社長が一ツッコミ。

黒井社長『ナンセンス!』



80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:39:21.08 ID:+iUO4CTw0

上田「は~、黒瀬も事務所持ってたんだな~」

有田「そうみたいですね。」

上田「っていうか7092プロwwwwwwwwwwwいや~くっだらね~な…後攻上田チーム、RN“便所飯”悲しいなお前のRN…」


765プロにて

社長『いよいよ明日は我が765プロ始まって以来の大舞台でのライブだ!諸君、明日は今までの活動の集大成をファンたちに見せてくれたまえ!』

アイドルたち『はい!』

社長『それでは私からは以上だ。他に誰か話があれば…』

黒瀬『ちょっとよかですか?』

有田「あれ!?」

社長『おお、それでは黒瀬先生の方から一言お願いします。』

黒瀬『え~、君たち、今日まで辛いレッスンや仕事をよく乗り越えて来たね。でも、見たところ君たちは学生だね。…うん、学生だ。学生だったらアイドルなんてやってないで帰って勉強しろ!』



81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:43:08.33 ID:+iUO4CTw0

千早『ちょっと、なんなんですかあなた?!いきなり出て来るなり帰って勉強しろって!それに私たちは明日大事なライブを控えているんd』

黒瀬『なんか?』

千早『…いや、だから明日は大事なライブg』

黒瀬『なんか?』

千早『…いや、だからライb』

黒瀬『なんか?!』

千早『…わかりました、帰って勉強します…すみませんでした…』

黒瀬『え~僕からは以上!』

こんな黒瀬と千早ちゃんのやり取りを見ていた上田が一ツッコミ。

上田『黒瀬も飛ばしてはくれてんのね~』



82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 22:47:23.13 ID:+iUO4CTw0

有田「おお!まさかの黒瀬対決ですね!」

上田「黒瀬はどこにでもいるのな~っていうか今更だけど今聴いてるリスナーは、黒瀬とかそこら辺は知ってんのか?」

有田「どうなんですかね?まあ、知らない人のために少し説明すると、黒瀬っていうのは僕らの母校の済々黌高校で、ラグビー部の顧問だった先生のことです。」

上田「いや~しかしほんと初めて聴く人に不親切なラジオだよな~さあ、それでは判定をどうぞ!」

春香「上田」

偽豚女「上田」

生江「上田」

上田「よっしゃ!上田チームリーチ!」

有田「え!マジで?!うわ~ここで勝たないとな…どうしよう…」



84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:03:21.35 ID:Jl4B77zs0

上田「それでは1-2、上田チームリーチで第4ラウンド!」

カーン!

有田「…よし、こっちだな…RN“サイバスター”」

私『…ふ~ん、“ジュピター”違う事務所で復帰したんだ…まあどうでもいっか。勉強でもしようかなっと…ん?カバンの中に見慣れないノートが…なにこれ…「チン毛ノート」?いやいや、「デスノート」なら知ってるけど「チン毛ノート」って…』パラパラ…

私『え~っとなになに…「このノートに名前を書かれたものはチン毛をむしり取られる」?なにこれ、バッカみたい。勉強する気も無くなっちゃったし、テレビでも見ようっと。』ピッ

タモリ『え~それでは準備が出来たようなので歌っていただきましょう。今週見事売上1位を記録した“ジュピター”の「恋を始めよう」です。』

私『あ、“ジュピター”だ。…こいつで試してみるか。』

上田「ガハっ!!!」

私『天ヶ瀬冬馬…っと。どうかな…』



85 : さるくらってました…こんなウンコチンコスレですが支援していただければ幸いです[] 2012/04/03(火) 23:08:59.31 ID:Jl4B77zs0

冬馬『行こう!さあ行こう!!どんな今日でも~♪』

私『何も起きないな…やっぱり偽物か~』

\ガタガタガタ…/

私『ん?』

スタッフ『ちょ、竹内アナ!ステージに上がるのは止めてください!!なんで冬馬君のズボンを下ろしてるんですか?!チン毛をむしり取らないでください!』

竹内アナ『わ、私だって好きでむしり取ってるんじゃないんです!手が勝手に…!!』

ブチブチッ!!

冬馬『て、てめえ何俺のチン毛抜いてんだ!!』

上田「ブハハハハハハハ!!!ブハハハハハハハ!!」

私『ち…チン毛ノート…本物だ…!!』

冬馬『止めろ!離しやがれ!!』

こんなパニック状態のステージを見ていた、司会のタモリが一ツッコミ。

タモリ『一旦CMで~す。』




86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:14:20.20 ID:Jl4B77zs0

上田「タモリさんは冷静だな~wwwwwwwwwwwwww」

有田「さっきのネタもそうでしたけど、どうして冬馬君ばっかりこうネタにされるんですかね?」

上田「なんでだろうね~なんかそういう独特の空気があるんじゃないか?」

有田「さっきのネタの中では童貞だって言われてましたけど…実際はどうなんですかね?」

上田「いや~あれだけイケメンなんだから世の女性がほっとかないだろ~まあ、もしあれで童貞だったら俺は冬馬君と飲みに行きたいね~よし、じゃあ後攻上田チーム行こうか。もう5ラウンド目行く前にここで決めちゃうからね…RN“閣下天下”」

ピッポ ピッポ ピッポ ポーン

千早『…参ったわね。』

春香『高田文夫か?!』

千早『いや、本当に参ってるのよ…はあ…』

春香『あ、そうなの?珍しいね、千早ちゃんがそんなにへこむなんて。』

千早『あ~参った…本当に参ったわ~』

春香『うん、まあ、本当に参ってたらそんなに参った参った言わないと思うけど…一体どうしたの?』



87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:19:54.17 ID:Jl4B77zs0

千早「実はね、昨日実家の母親から電話があったのよ。」

春香「え、千早ちゃんのお母さんから?どんな内容だったの?」

千早「それが、この間のニューイヤーライブのDVDを視たっていう内容だったんだけどね…それで『お前の歌は人前で歌うような代物じゃない』って言われちゃって…」

春香「ええ?!我が親が?」

千早「ええ…それに『お前はダンスが下手くそだし、顔に至っても下の上なんだからアイドルなんて辞めてしまえ!』と…」

春香「アハハハハハハハハハハハハハ!!!!!!」

千早「『そう春香に伝えとけ!』って…」

春香「って私のことかい!!」

こんな鉄板ネタも繰り出す『はるちはのANN』を聴いていた関根勤が一ツッコミ。

関根勤「いや~彼女たちはプロ意識が高いね~」



88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:25:01.24 ID:Jl4B77zs0

有田「おお、まさか僕らの営業ネタをやってくれるなんてね~」

上田「まあ、そういう時代みたいね。」

有田「気になったんですけど、千早ちゃんはツッコミじゃなくてボケなんですね。」

上田「俺も千早ちゃんはツッコミだと思ったんだけどね~ボケも結構いけるみたいよ。」

有田「いいですね~今度ゲストに呼んで実際にやってもらいましょうよ。」

上田「あ~それ面白いかもな~『って私のことかい!!』って春香ちゃんがツッコむんだろ?見てみたいね~」

有田「可能性としては十分ありますからね。」

上田「そうだな~え~それでは第4ラウンドの判定どうぞ!!」

プリンセスチンコー「有田」

偽豚女「有田」

生江「上田」

有田「よし!なんとかファイナルまで持って行けた!」



89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:30:57.82 ID:Jl4B77zs0

上田「うわ~マジかよ~ここで決めておきたかったのに…それでは2-2でファイナルラウンド!!」

カーン!

有田「よし、最後はこれで勝負します!RN“常に太陽拳”」


私『最近のテレビは面白い番組がないな~ジュピターの番組も終わっちゃったし…ん?なにこれ…“リキドラマスター”?ちょっと面白そうだから見てみようかな…』

司会者『素晴らしき長州の世界、クイズ!リキドラマ!今週はアイドル長州ドラマによくあるベタなシーンからの問題です。』

上田「いや、そもそも長州のドラマ自体がないんだけどな?」

デケデケデーレーレレーデレレレレレレダーン

リキポイント1.OPは必ず『パワーホール』

上田「いや、知らねえよwwwwwwwww」

―421(新日)プロ―

ガチャ

長州『おはようございます。今日もお仕事頑張りましょうね。』

リキポイント2.主人公の服装は黒パンツに白シューズ

上田「wwwwwwwwwww」




90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:36:19.33 ID:Jl4B77zs0

猪木P『元気ですかー!!!!元気があれば何でもできる!元気があればトップアイドルにもなれるというわけで…ハッハッハッハ…バカヤロ―!!!!』

リキポイント3.プロデューサーはめちゃくちゃ熱血漢

長州『プロデューサーさん。今日は何をするんですか?』

猪木P『え~今日はオーディションがあるから、そこに行って来い!』

長州『わかりました。じゃあ行ってきます。』

猪木P『出てけ!!』

上田「ガハッ!!!!」

長州『ふう…ようやくオーディション会場に着きましたよ…』

リキポイント4.オーディション会場はいつも後楽園ホール

上田「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

??『また会ったな、長州!!』

長州『あん?お前は…!!』



93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:43:53.72 ID:Jl4B77zs0

藤波『今日のオーディションも僕が勝つからね!』

リキポイント5.ライバルは大抵藤波

上田「だからその大抵を知らねえよwwwwwwwwwwww」

長州『なにコラ!タココラ!いいか藤波、よく聞けよ!俺は今日はお前に負けないからな!いいか。今日はな、俺がお前の○▲☆〓▽だ!!』

リキポイント6.肝心なところが聞き取れない

上田「いや、そこは撮り直せよwwwwwwwwww」

こんなハチャメチャな展開で繰り広げられるリキドラマを見ていた長渕剛が一ツッコミ。

長渕剛『へへっ、こりゃ来週も楽しみだぜ!』


上田「いや長渕さんは言わねえよ!なんで楽しみにしてんだ?!」

有田「う~ん、でも長州が主演のドラマ見てみたくないですか?」




94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:48:36.72 ID:ZCkGcG+/0

毎回毎回クオリティがたけぇな



95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:52:13.31 ID:Jl4B77zs0

上田「そうだな~まあ、もしあったら毎週見るだろうな~よし、じゃあ俺はこいつで勝負するか…え~RN“B‐72”」


ライブ後、控室にて

春香『お疲れ様です!プロデューサーさん!』

P『お疲れさまじゃねえよ、このゴミリボン!お前今日のライブでもこけやがったじゃねえか。周りのみんながサポートしてくれたからよかったもののお前一人だけだったらライブが失敗してたかもしれないんだぞ?プロとして失格だよ。アイドルなんて辞めちまえ!』

春香『うう…失敗したことについては謝ります…でも、アイドルを辞めることはできません!このままだと私、単なるなにもできないゴミリボンで終わっちゃいます…』

P『謝ったって許さねえよゴミリボン!お前みたいなゴミはアイドル辞めちまえ!』

春香『プロデューサーさん、もういい加減許して下さい!今度から私、自分の思った通りまっすぐに仕事しますから!』

P『あん?本気かい、ゴミリボン?』



96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/03(火) 23:57:09.74 ID:Jl4B77zs0

春香『本気です、プロデューサーさん!もう765プロに入ってから何カ月、私がなにもできないゴミだって言われ続けてると思ってるんですか?!私だっていい加減きちんとした形でソロデビューしたいです!』

P『だったらぶち破れよ!なんで俺にやらせんだ!お前!』

春香『じゃあデビューさせて下さいよ!私を…!ソロデビューさせて下さいよ!!』

P『俺は前から言ってる。誰にも遠慮することはねえって!アイドルはステージの上が闘いなんだからよ!先輩も後輩も、売れっ子だからとかも関係ねえ!!』

春香『でもこれが今の765プロの流れじゃないですか!竜宮小町を前面に売り出して他のアイドルは竜宮小町のおまけっていうのが…!!765プロの!!』

P『じゃあ力でやれよ!力で!!』

春香『やりますよ!』

P『やれんのかお前、本当に!』バシッ!!

春香『ヴぁい!!』バシッ!!

殴り合うプロデューサーと春香。その後いきなり春香が鋏を持ちだし、唯一の特徴と言える自分のリボンを切り始めた。

P『おい春香、待て!待て!!待て!!!お前なにリボン切ってんだ?!』

春香『す、すみません…私、人を殴ったのなんて初めてだったんでパニックになっちゃいました…私、これからもゴミリボンでいいです。さあ、事務所に戻っておやつでも食べましょう!』

こんな“飛龍革命”ならぬ、“はるプロ革命”を偶然隣で見ていた岡本夏生が一ツッコミ。

岡本夏生『ちょっとあんたたち、ガチンコすぎるわよ!!』



97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:00:57.20 ID:5BC5AV3e0

有田「wwwwwwwwwwwwwww」

上田「…というね。」

有田「…いや、最初の1,2やり取りを聴いてただけで、あ~猪木と藤波みたいだな~って思ってたのよ。」

上田「ああ、そう。」

有田「だから途中で鳥肌がぶわ~!!ってなっちゃって!!」

上田「なんでちょっと感動してんだ?」

有田「だからね…いや、これに負けるんだったら僕は本望ですよ。」

上田「さあ、それではいよいよ判定です!有田チームが罰ゲームとなってしまうのか?!それでは判定、どうぞ!!」

プリンセスちんこう「上田」

偽豚女「有田」

生江「上田」



99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:06:41.52 ID:5BC5AV3e0

上田「よっしゃー!上田チームの勝ち~!!」

有田「うわ~負けた~!!」

テッテレー!!

上田「というわけで上田チームが5連敗したので、罰ゲーム決定~!!」

テッテレー!!

有田「くそ~やっぱりこっちのネタにしておけば良かったかな…」

上田「おお、何?どんなネタよ?」

有田「あ、読んでいいですか?」

上田「こっちも最後に読むかどうかで悩んだネタがあるから、場外乱闘的にやろうや。」

有田「わかりました。え~っとこの場合は僕が先攻になるんですか?」

上田「そうだな、じゃあ有田チーム先攻で場外乱闘!!」

カーン!



100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:12:15.85 ID:5BC5AV3e0

>>99 ミスった
×上田「というわけで上田チームが5連敗したので、罰ゲーム決定~!!」
○上田「というわけで有田チームが5連敗したので、罰ゲーム決定~!!」


有田「RN“サイボーグじゃないクロちゃん”」

俺『あ~あ、なんか面白いことないかな~…ん?「ジュピター解散ライブ」…?なんだこれ?そこの公園でやってるみたいだからちょっと行ってみるか。』

―公園の舞台にて―

冬馬『…というわけで、本日をもって俺たち“ジュピター”は解散することになりました。みなさん、今まで応援していただき本当にありがとうございました!!』

ファン1『冬馬く~ん!!辞めないで~!!』

北斗『まあ、しんみりしてお別れするのは俺達のガラじゃないし、いつもみたいにワイワイやってお別れしようか。』

ファン2『北斗く~ん!!ダブルピースして~!!』

翔太『そうだね。思い返せば事務所移動したり…いろいろ大変なこともあったけど…まあ、でも…楽し…かったよね…』

ファン3『翔太く~ん!!一人パイルドライバーやって~!!』

冬馬『じゃあ最期はこの曲でお別れだ!!“Alice or Guilty”!!』

こうして最期のステージを終えた“ジュピター”は舞台を降りて帰ろうとする。しかし、諦めきれないファンたちは“ジュピター”の後をぞろぞろと群れをなしてついてくる。
その様子に気づいた冬馬が一ツッコミ。

冬馬『みんなぞろぞろ付いてきてっけどさ~これロッキーの撮影じゃないのよ~!』



102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:18:15.54 ID:5BC5AV3e0

有田「…というね。」

上田「まさか冬馬君の口から“ロッキーの撮影”って単語が出るとはな~」

有田「じゃあ、次は上田さんの方ですね。」

上田「おお、じゃあ行くぞ。え~RN“リトルバード”」


ある日、765プロにて天海春香のリボンが盗まれるという事件が勃発した。

春香『誰が私のリボンを盗んだの?!』

千早『ちょっと春香、まだ盗まれたと決まったわけじゃ…』

春香『ううん、絶対盗まれたんだよ!だって私、レッスンに行くまでリボン付けてたもんげ!』

亜美『はるるん!事件ならこの美少女探偵、双海亜美と…』

真美『双海真美にお任せあれ!』

千早『またややこしいのが…』

亜美『恐らく犯人はリボンをつけている人だと思うYO!!』

春香『え?なんで?』

真美『きっとはるるんとリボンキャラが被ってたから、はるるんのリボンを盗むことでキャラを殺そうとしたんじゃないかな→』



103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:22:43.47 ID:5BC5AV3e0

春香『ぐぬぬ…この事務所で私以外のリボンキャラと言ったら…響しかいないよ!』

響『ええ?!自分じゃないぞ!っていうかそもそもリボンキャラじゃないし…!』

春香『言い訳は見苦しいよ、響!さあ、早く私のリボンを返して!』

響『だから自分じゃないってば…』

今まさに犯人に仕立て上げられそうになっている響に、あの人が一ツッコミ。

な先『犯人はお前じゃないよお前じゃ、俺だよ俺!』


有田「wwwwwwwwな先が犯人だったんですね。』

上田「そうみたいね。まあ、恐らくここのスタッフも含めてみんな“な先”を知らないだろうと思ったから外したわけなんだけどさ。」

有田「なるほど、じゃあ負けは決まってますけど、一応判定してもらいましょうか。」

上田「そうだな。それでは判定どうぞ!!」

プリンセスちんこう「有田」

偽豚女「有田」

生江「上田」



104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:27:37.21 ID:5BC5AV3e0

有田「うわ~!!こっちにしておけば良かった~!!」

上田「あっぶね~!!ナイス俺!」

有田「くっそ~」

上田「まあ、いくら悔やんでも負けは負けだからな。ちゃんと罰ゲームは受けてもらうぞ…とはいっても何やるかはまだ決まってないんだけどな。」

有田「いや、だから“千早ちゃんと結婚”ですってば。」

上田「だから認められねえっての!!」

有田「はあ…で、次回のお題はどうするんですか?」

上田「あ~来週は美希ちゃんが来るからな。たぶんできないだろうけど…まあ、一応募集だけはしておくか。」

有田「そうしましょうか。」



105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:32:24.23 ID:5BC5AV3e0

上田「え~次回は『すっかり春ですね対決』ということで、上田チームが『お花見』ね。で、対する有田チームが…え~っと、うん、『仏』」

有田「いやいや、ちょっと待ってくださいよ!なんですか『仏』って?お題と全然関係ないじゃないですか!」

上田「なんだようるさいな~わかったよ、じゃあ有田チームのお題は『豆』!え~お題にまつわる例え…」

有田「いや、だから違うでしょ?!ちゃんとやってくださいよ!」

上田「お前はわがままだな~じゃあこうしよう、有田チームのお題は『おふくろさん』!」

有田「…上田さん、あれから何年経ってると思ってるんですか?もう2012年ですよ?!みんなもう『おふくろさん騒動』とか覚えてないですから!」

上田「ちっ…うるせえな~わかったよ、『すっかり春ですね対決』有田チームのお題は『春の七草』!!」

有田「え?それ本当のやつですか?」

上田「うん。ほら見てみ、書いてあるだろ?」

有田「本当だ…あ、これだったら俺来週のテーマ『仏』の方がいいわ。」

上田「wwwwwwwwwえ~じゃあ上田チームが『お花見』、有田チームが『仏』ね。勝ったチームにはガネックをプレゼント~!!あと何かいい罰ゲームがあれば送ってきてくれ~!!」



106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:37:25.34 ID:5BC5AV3e0

上田「エンディング~!!」

―BGM:銀杏BOYS 『夢で逢えたら』―

上田「え~というわけで有田の罰ゲーム案がいろいろ届いてますよ。」

有田「そうなんですか?」

上田「え~これはRN“女装癖の自転車”」

『来週は美希ちゃんがゲストとして来るということなので有田さんの罰ゲームは、昔上田さんがやっていたという、下半身を露出した状態でラジオをやるというのはいかがでしょうか?』

有田「いやいや、これはダメでしょう!いつもの放送ならまだ可能性はありますけど、アイドルの前ではできませんよ!最悪捕まりますからね!」

上田「いや、でも案外いけるんじゃないか?」

有田「いけるわけないでしょう?!上田さん、常識で考えてくださいよ?」

上田「あのな、言っとくけどお前が常識を語る資格は一切ないからな?…あ、これもいいかもしれないな。RN“ティン!コが勃った”、はい、お前今すぐRN変えろよ!」

『おい上田、有田の罰ゲームは以前上田がやったみたいに、低周波マッサージを着けた状態で二時間お送りするっていうのはどうだ?』

上田「あ~これなんていいでしょう?」

有田「いや、以前も言ったと思いますけど、僕本当にビリビリ系の罰ゲームダメなんですよ…だからそれだけは勘弁してもらえないですかね?」

上田「ん~でも以前俺もこの罰ゲーム受けたからね~」



107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:42:30.60 ID:5BC5AV3e0

有田「本当にお願いします!それ以外にしてください!」

上田「駄目です。はい、罰ゲーム決定~!!」

テッテレー

有田「…」

上田「というわけで有田の罰ゲームは、『低周波マッサージをつけた状態で2時間ラジオ』に決定しました。え~まあ次回は星井美希ちゃんがゲストに来るということなので、そちらと合わせて豪華2本立てでお送りしたいと思います!!」

有田「…」

上田「さあ、といったところで今週はお別れです。有田さん、最後に何か言いたいことはありますか?」

有田「…いや、参ったね…」

上田「あ~こりゃ本気のやつだな。え~この後は斎藤安弘さんのANNエバーグリーンです。今週は上田晋也と…」

有田「実は私、有田哲平が喋ってたんです!」

上田「あったかくして寝ろよ~」

有田「僕からは以上!」



108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:48:40.52 ID:5BC5AV3e0

後日談 ―765プロ―

ガチャ

千早「おはようございます。」

やよい「あ、千早さん!おはようございまーす!」

千早「おはよう、高槻さん。今日も可愛いわね。」

やよい「うっうー!ありがとうございますー!」ガルーン

千早「ふふ。(はぁ…はぁ…高槻さん可愛すぎる…持ち帰りたいわ…)」

やよい「あ、そう言えば千早さん。」

千早「ん、なあに?」

やよい「千早さんって、くりぃむしちゅーの有田さんと結婚するんですか?」

千早「…え?あの、高槻さん、それは一体誰が言ってたのかしら?」

やよい「さっきそこで亜美と真美が言ってたんですけど…」

亜美「うわ→!!ダメだよやよいっち→!!」



109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:57:21.42 ID:AOVXLgtY0

千早「…」

真美「い、いや…あのね千早お姉ちゃん、これは昨日のラj…」

千早「亜美、真美…」

亜美・真美「は、はい!!!」

千早「嘘をついたら駄目ってお母さんに言われなかった?」ニコッ

真美「ご、ごごごごめんなさい…」

亜美「す、すすすすみませんでした…命だけは…」

千早「高槻さん、悪いけれど少し事務所の外に行ってもらってもいいかしら?」

やよい「わ、わかりましたー!」バタン

千早「さて…じゃあ一体どうしてそんなくだらない嘘をついたのか、きちんと教えてもらえるかしら…?」ゴゴゴゴ…

亜美・真美「」



111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 00:59:36.67 ID:AOVXLgtY0

30分後

美希「おっはよーございま~すなの~」

真「あ、おはよう美希!」

美希「真クン、おはようなの!!…ねえ、千早さんどうしたの?」

千早「…!…!…!」

真「さあ?どうせまたあの2人が千早にイタズラしたんじゃないかな。」

美希「ふ~ん…あ!そうだ、真クン!ミキね、来週用のパネェ質問を考えるの手伝って欲しいの!」

真「え、いいの!?や~りぃ!…っていうかそれだったらみんなに手伝ってもらったほうがいっぱいできるんじゃないかな?」

美希「あ!それもそうだね!真クン凄いの!じゃあミキ、みんなにお願いしてくるの!千早さ~ん…!!」タッタッタッ…

真「ああ?!美希!!今は…」

\ナノー!!!!/

真「……え~っと…『スポーツをやっていれば偉いという風潮がありますが、それがなんぼのもんですか?』っと…」


終劇



112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 01:06:09.69 ID:WYS9R+d+O


これで4作目であってる?


113 : >>112 あってますよ[] 2012/04/04(水) 01:09:18.03 ID:AOVXLgtY0

というわけで今回のオ○ニーはこれで終了です。
今回も前回までと同じく、くりぃむANNを聴いていない方には全く面白くない内容でお送りしました。
また気が乗れば次も書きたいと思います。
僕からは以上!


116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 01:15:30.18 ID:WYS9R+d+O

>>113ありがとう
次も楽しみに待ってる


115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 01:15:18.99 ID:hUgXSguzO

夏の終わりが>>1をさらっていく~♪

ラジオの再現率マジぱねえよ、次は美希ということでさらなる期待と乙を>>1


117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/04/04(水) 01:16:09.26 ID:F+/VLkxy0

おー、先行ってっかんな!!



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1333442358/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP