PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 19:27:14.61 ID:Pj3JjJHl0

男「どうもー」

女「よろしくお願いしまーす」

男「俺たち幼馴染2人で漫才やってるわけですけれども」

女「誰かに噂されたら恥ずかしいし、本当はやりたくないんだけどね」

男「見ての通り俺にぞっこんの相方でーす」

女「なんでそうなるのよっ!」

男「いやー、それにしても最近教育の現場が揺れていますね」

女「どうしたのよ突然、下手な話題転換ね」


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 19:29:03.96 ID:Pj3JjJHl0

男「スポーツ有名校で体罰を苦にした自殺があったじゃないですか」

女「悲しい事件だよね」

男「まぁ俺も体罰被害者として、この事件には憤りを隠せないね」

女「あんた体罰なんて受けてたっけ?」

男「毎日舞台の上で『いい加減にしなさい』『バカなの?』とか言われてバシバシ叩かれ・・・」

女「それはツッコミっていうのよ!」

男「やってるほうはツッコミって思っていても!」

女「何よ急に・・・」

男「やられている方から見たら暴力かもしれないじゃないか!」


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 19:32:41.83 ID:Pj3JjJHl0

女「まぁ私のツッコミは別として、加害者に加害意識がないってのはよくあるわよね」

男「いじめもそうだけど、社会全体の意識から少しずつ変えていかないとさ」

女「何よ、急に胸張って真面目なことを言いだして」

男「あ、女は胸張っても胸とおなかが平行だから意味ないよね」

女「うるさい!てかあんたが無意識に言葉の暴力で私を傷つけているじゃないの!」

男「面白い漫才をするために悪口は必要」

女「体罰をしていた問題の顧問も同じようなこと言ってたわよ!」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 19:37:17.19 ID:Pj3JjJHl0

男「ほら、俺の言葉には裏に愛があるじゃん」

女「体罰をする側は決まってそういうのよ!」

男「好きだよ、女」

女「こんなタイミングで愛を示されても嬉しくないわよ!」

男「えっ?じゃあ違うタイミングなら嬉しいの?」

女「べ、別にそんな・・・私は嬉しくなんか・・・」

男「こういう一人一人に合わせた心のケアが、今生徒たちに必要なのではないでしょうか」

女「余計傷ついたわよ!男なんてもう嫌い!」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 19:41:10.40 ID:Pj3JjJHl0

男「まぁこのように好きな女の子のハートも鷲掴み、教育者の鑑のような俺ですが」

女「どこがよ、エロ変態」

男「もう1件、許せない教育者がいた事件があるんですよ」

女「私はあんたの一連の行動が許せないわよ」

男「70万円損をするからといって、定年直前の1月に生徒の卒業を見ずに辞める先生です」

女「え?無視?少しはフォローちょうだいよ!」

男「俺なら70万円損をするからって、教師を辞めたりはしないですね」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 19:45:14.25 ID:Pj3JjJHl0

女「あんたにそんな正義感があったなんてね」

男「小中学生の女の子が成長していくのを毎日眺めていられる、これはお金に変えられない価値が」

女「やっぱりあんた、絶対教育者なっちゃだめだわ」

男「でも労働者としてみたら、先生の行動はある意味正しいわけですよ」

女「あんた私のツッコミをさっきから意図的に無視してない?」

男「処女膜から声を出してくれれば答えますよ」

女「ド変態!」

男「もっと言って!」

女「・・・言ったら負けよ、私・・・」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 19:49:20.51 ID:Pj3JjJHl0

男「このように労働者として先生を見ると、こう罵ってもらえるご褒美がもらえないのに
  無償で働くということは使用者の搾取を許すということにつながるわけです」

女「そのつなげ方は無理やりすぎない?」

男「愛するお前に罵ってもらいたいという気持ちは本当だぜ」

女「うっさい変態」

男「こうやって女から変態!と言ってもらわなきゃ僕が漫才をできないのと同じように」

女「あんたと現場の先生や公務員を比べること自体おこがましいわ」

男「公務員の皆さんも生活の糧のために、お金のために働いている点は否定できないんです!」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 19:53:16.82 ID:Pj3JjJHl0

女「あんたのは生活の糧じゃなくて妄想の糧でしょ!」

男「こうして労働者が条件切り下げを『やりがい』とか『義務』って言葉で
  どんどん受け入れると、労働者が奴隷となっていくんですね」

女「まぁ、それはそうだけどね」

男「俺はキミの奴隷になりたい!」

女「その一言が余計なのよ!」

男「こんなこと言ってますけど、プライベートでは彼女が俺のトリコです」

女「な、何を根も葉もないことを言ってるのよ!私はあんたなんて別に・・・」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 19:57:14.39 ID:Pj3JjJHl0

男「そんなこと言って、昨日も俺のために手作りのお弁当を・・・」

女「あーー!あーーー!!うるさいうるさい!教育問題の話をしなさい!!!」

男「いやいや、制限時間までまだちょっとありますが俺はこの辺で」

女「なんでよ、時間いっぱいまで漫才やりきろうよ」

男「今漫才をやめたらギャラが700円ほど上積みされるんだ」

女「いい加減にしなさい!」

男・女「どうも、ありがとうございましたー」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 20:01:17.23 ID:Pj3JjJHl0

男「どうもー。1日2本ということでね」

女「また出てきちゃいましたー」

男「いやー、俺たちのラブラブっぷりは上限を知りませんけども」

女「何よ、私たちはただの幼馴染でしょ」

男「幼馴染のままでいいのかい?」

女「お、幼馴染じゃなかったら、じゃあ・・・どういう関係になるのよ・・・」

男「日米関係と日中関係が自民党政権になることで変化しそうですね」

女「え?そんな強引な持っていき方?私の気持ちはどうなるのよ・・・」


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 20:05:33.89 ID:Pj3JjJHl0

男「基本的には安倍首相は親米と言われていて、中国包囲網が形成されそうな感じですよね」

女「中国とは領土問題もあるからね」

男「俺もキミの尖閣諸島に上陸したいな」

女「わけわかんないわよ!」

男「キミの体という海を泳いでいたら、2つの柔らかな島が・・・」

女「のっけから変態!何私の胸を想像してんのよ!」

男「だが、島の海抜は低すぎて見つからなかった」

女「うるさい!私だって一応ちゃんと出っ張ってるんだからねっ!」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 20:10:02.99 ID:Pj3JjJHl0

男「アベノミクスみたいに、まずは2%アップを目標に・・・」

女「去年から2%くらいは成長したわよ!」

男「大胆な豊胸政策、機能的な下着政策、女性ホルモンを喚起する成長戦略でしたっけ?」

女「無理やりアベノミクスを絡めないでよ!恥ずかしいじゃない!」

男「でもアベノミクスへの期待から、内閣発足前から経済効果にプラス影響があるからさ」

女「日経平均株価も10000円超えに回復したのは嬉しいわね」

男「女の中で、俺の株は今どれくらいなのかな?」

女「えっ・・・。べ、別に嫌いじゃないわよ。だからって・・・その・・・」


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 20:14:04.34 ID:Pj3JjJHl0

男「OKが出ました!今夜女にオスプレイ上陸させまーす!」

女「何がOKよ!オスプレイには別にHな意味とかないんだからね!」

男「またまたー。昨日寝る前に布団でもぞもぞ俺のこと考えながら・・・」

女「何で知ってるのよ!・・・って私そんなことしてない!してないから!」

男「俺の米軍はいつでも有事に備えて基地に駐屯していますよ」

女「もういやっ!男なんて嫌い!」

男「こんな感じで『日本未来の党』の小沢・嘉田両氏はケンカ別れしました」

女「そんなわけないでしょっ!」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 20:18:09.74 ID:Pj3JjJHl0

男「でももうあの選挙から1か月ですよ」

女「私たちはまだ未成年だから、選挙に行けなかったんだよね」

男「今回の選挙、前回民主党が政権をとった選挙に比べてかなり投票率が落ちたんだよね」

女「前回民主党に期待したけど、何も変わらなかった・むしろ悪くなったということで失望したのかも」

男「萌えアニメもすごい話題になってて1話みたら期待外れで・・・ってことあるよね」

女「私はそんなアニメ見ないわよ!」

男「そういう女は小さいころおジャ魔女どれみになるのが夢でしたー」

女「唐突に人の過去をさらさないでよ!恥ずかしいじゃない!」


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 20:22:14.05 ID:Pj3JjJHl0

男「未だにおジャ魔女どれみの変身グッズを着ている女の写真は宝物です」

女「まだそんなの持ってたの!気持ち悪いから返すか捨てて!」

男「今俺が女に嫌われかけているのも、民主党のせいかな」

女「それは絶対に違う!」

男「でもまぁ、今後の政権が民主党の失敗を繰り返さないようにすることは大切だよね」

女「また急に真面目になったわね」

男「ということで俺、民主党が政権とった時に掲げてたマニフェストを読んでみようと思うんだ」

女「あー、ちょっと忘れてるところもあるからね」


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 20:26:11.77 ID:Pj3JjJHl0

男「月額2万6000円の子ども手当」

女「マニフェストの目玉の1つね」

男「結果、月額1万3000円で支給されましたがすぐ廃止、児童手当が復活」

女「まぁ、一応実施したといえば実施したわね」

男「ガソリン税・自動車重量税の廃止」

女「これは全然できなかったわね」

男「消費税増税は議論しません」

女「どの口が言うのよって感じね」

男「俺に女のお宝写真を支給」

女「そんなマニフェストなかったわよ!」


37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 20:30:32.74 ID:Pj3JjJHl0

男「この公約だけは実施されましたけどね」

女「あんた盗撮したでしょ!」

男「もちろん、ちゃんと必要な写真と使えない写真に仕分けを・・・」

女「何に必要な写真よ!変態!」

男「写真を撮る財源は簡単に捻出できたけど、他は財源の問題を全く無視した公約だね」

女「ムダを省けば財源はあるって言ってたような気もするけど」

男「女だって無駄な脂肪を胸に集めるなんてできないし、そんなの無理な相談だよね」

女「もう私の体型をネタにするのはやめてよバカッ!」


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/01/29(火) 20:34:07.14 ID:Pj3JjJHl0

男「まぁ民主党批判だけじゃなく、これからの自民党政権も厳しい目で見ていかないといけないよな」

女「それは私も同感ね」

男「景気がよくなったら、俺たちも将来結婚に踏み切りやすくなるからね」

女「そ、それって・・・男・・・。私で・・・いいの?」

男「あー引っかかった~!こういう人が耳触りのいいマニフェストを信じてしまうので要注意です」

女「な、何よそれ!もう知らない!」

男「どうもありがとうございましたー」

女「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!許さないんだから!」

おしまい


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2013/01/29(火) 20:34:47.32 ID:15irdcZk0

おつ



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359455234/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP