PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 04:23:23.44 ID:6qiZksfs0

部室

京太郎「こんちはーってあれ?」

京太郎「誰もいないのか…?咲は掃除当番とか言ってたが」

京太郎「うーん、みんな掃除当番なんだろうか」

京太郎「うーん」

京太郎「まあ待ってるか」

京太郎「ふああ……昨日夜更かしして野菜喰ってたから眠いな」

京太郎「みんな来るまで寝てるか……ぐう」

ZZZ……ZZZ……

京太郎「ん、あれ……?」

京太郎「いかんいかん、立ったまま寝てた……ん?」

京太郎「なんだこの異物感……うんこみたいな……」

京太郎「……あ、やべ、おもグソしてしまった」

京太郎「おもグソしてしまった」


2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 04:28:10.37 ID:6qiZksfs0

京太郎「あっちゃあー……なんだろうなこの何ともならないかんじ」

京太郎「つーか一歩も動けないな」

京太郎「ブリーフに食物繊維たっぷりのうんこ詰まってんだもんな」

京太郎「どうしようもねえよ」

※おもグソとはおもらし(大)のことである

京太郎「はやくなんとかしないとみんな来ちゃうな」

京太郎「あー……いつまでも掃除当番しててくんねえかなー……」

京太郎「なんなら掃除されちまいてえよ」

京太郎「死にてー……」


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 04:32:44.09 ID:6qiZksfs0

京太郎(優希「うわっ、犬がおもグソしてるじぇ!うははははは!駄犬にもほどがあるじぇ!エンガチョ!エンガチョ!」)

京太郎(和「あらあら須賀くんおもグソですか、え、おもグソですか、ほほほほほっ」)

京太郎(久「ぷっ!あはははは、ちょっとやだ、おもグソって!おもしろすぎよ!言いふらしちゃっていいかしら!?」)

京太郎(まこ「おまっ、何歳じゃ、がはははっ!腸年齢何歳じゃ!がははははっ!」)

京太郎(咲「京ちゃん大丈夫……?お腹痛いなら保健室行こ?」)

京太郎(咲「あ、大丈夫、片付けは後でわたしやっとくから……」)

京太郎(咲「ううん、気にしないで……」)

京太郎(咲「あ、あのね……笑わないで聞いてほしいんだけど……わたし……京ちゃんのために介護士目指そうと思うの」)

京太郎(咲「あ、あはは、バカだよn……え?」)

京太郎(咲「お、応援してくれるの……?」)

京太郎(咲「ありがとう……京ちゃん……」ぽろっ)

京太郎「……」

京太郎「うんこくさっ……」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 04:38:21.65 ID:6qiZksfs0

京太郎「咲に介護されるのもいいかもとは思ったけど、他のは完全に現実逃避だったな」

京太郎「笑ったり茶化したり、してくれるはずがねえよ」

京太郎「絶対お通夜みたいな空気になるよ」

京太郎「須賀くん…………みたいなかんじになるよ」

京太郎「つーか優希とかきっと泣くよな」

京太郎「なんで泣くのかも分からないくらい混乱して泣くよな」

京太郎「俺みたいに」

京太郎「あーどうしよ」

京太郎「ハギヨシさん俺のうんこ喰ってくれよー」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 04:46:05.54 ID:6qiZksfs0

京太郎「徳川家康も戦場でおもグソしたらしい」

京太郎「そして自戒のためにおもグソ姿の自分を絵師に描かせたそうな」

京太郎「かわいそうなのは絵師だよな」

京太郎「おもグソ将軍描くために絵のスキル磨いたわけじゃねえっつの」

京太郎「絶対陰口言ってたよ」

京太郎「うんこ(大)将軍とか言ってたよ」

京太郎「征夷大将軍と掛けてな」

京太郎「……」

京太郎「自戒かあ」

京太郎「ツイッターに書いとこう」

京太郎「『おもグソした』っと」

京太郎「……」

京太郎「なうとか使う気も起きなかったな」

京太郎「あ……これ部のアカウントだった」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 04:53:01.89 ID:6qiZksfs0

京太郎「……」

京太郎「うっ……ううっ、ひっぐ……」

京太郎「うあ、くっ……う、おえっ……」

京太郎「おええええっ、ぼえっ……おえええええええっ」

京太郎「はっ……はあっ……」

京太郎「ううう……」

京太郎「うああああ……」

京太郎「うっうっ……ううっ……」

京太郎「……」

京太郎「おえっ……」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 04:59:23.88 ID:6qiZksfs0

咲「こんにちはー」

京太郎「……」

咲「え、京ちゃん……?」

京太郎「……咲」

咲「泣いて、るの……?」

京太郎「……」

咲「あ、じゃなくて、これっ……!」

咲「大丈夫!?京ちゃん!?」

京太郎「ごめん……ほんとごめん……」

咲「な、泣かないでよう!い、いま雑巾とか持ってくるから!」

京太郎「ごめん……咲、ごめん……」

咲「ああもう、泣かないでってば!」


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:00:31.46 ID:gd9ROGCL0

優しくされると涙止まらなくなるよね


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:04:31.64 ID:6qiZksfs0

咲「落ち着いた?」

京太郎「ああ……」

咲「そっか……うん」

京太郎「……」

咲「あの、ほんとに救急車呼ばなくて大丈夫?ノロウイルスとかじゃ……」

京太郎「大丈夫……俺、ノロかかったことあるから分かるんだ……これは違う」

咲「……よかった」

京太郎「……」

咲「ほんとに、よかったよ」

京太郎「……ありがとな」

咲「え……?」

京太郎「その……ぜんぶ、片付けてくれて」

咲「……」

京太郎「つーかごめん」

咲「ううん……今日わたし、掃除当番だから」にこっ


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:08:30.29 ID:6qiZksfs0

京太郎「なあ……変なこと言うようだけどさ」

咲「なあに?」

京太郎「咲って、介護士とか向いてるかもな」

咲「え?」

京太郎「あ、いやほんと変な意味じゃなくて、あ、あのほら……優しいしさ」

咲「……」

京太郎「その……俺も年くったら、咲みたいな人に介護されたいっつーか……」

咲「あ……ありがとう」

京太郎「……ごめん」

咲「ううん」

京太郎「……」

咲「……でも無理だよ」

京太郎「……」

咲「誰にでもできるわけじゃないもん……こういうこと」

京太郎「え……?」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:12:08.19 ID:6qiZksfs0

咲「あ」

京太郎「咲……今の」

咲「な、なしっ!」

京太郎「え、お、おう」

咲「今のなしっ!わすれてっ!!」

京太郎「……」

咲「……忘れて」

京太郎「……わかった」

咲「ご……ごめんね」

京太郎「いや、謝ることじゃねーよ……」

咲「う、うん……」

京太郎「……」

咲「……」


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:16:14.71 ID:6qiZksfs0

優希「こんちはだじぇー」

和「遅れてすいません」

優希「犬ー、わたしがいない間もいい子にしてたかー?」

京太郎「おう、いい子にさせてもらってましたよ」

優希「そーかそーか、それは結構だじぇ!」

咲「なにかあったの?」

和「ええ、トイレ掃除の刑を受けてまして」

京太郎「お、そりゃまたなんで?」

和「優希が……」

優希「のどちゃんとキャッチボールしてたらガラス割っちゃったんだじぇ」

和「急にボールを投げてくるのはキャッチボールとは言いません」

京太郎「とんだワイルドピッチだな」

優希「お?うまいこと言うなー犬、ほめてやるじぇ!」

京太郎「へっ、そりゃどーも」


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:21:58.73 ID:6qiZksfs0

優希「ん、なんかにおうな」

和「あ、部長と染谷先輩は今日来られないそうです」

咲「そうなの?」

和「ええ、なんでも生徒総会の準備とその手伝いだとか」

京太郎「部長も大変だなー」

優希「そんじゃあ4人で打つじぇ!」

咲「そうだね」

京太郎「今日は負けねーぞ」

優希「無理だじぇ!今日もボッコボコにしてやるじぇ!」

優希「ちびらないように気を付けることだなっ!」

京太郎「ふっ、その言葉、そっくりそのまま返してやるよ……!」

優希「言うようになっ……ん?やっぱりなんかにおうな?」

和「じゃあわたしが仮親やりますね」

咲「うん」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:26:48.44 ID:6qiZksfs0

和「ロン」

優希「やられたー!!」

京太郎「おいおいボッコボコはどうした?」

優希「ぐぬぬぬぬぬ……なんかにおうな」

咲「京ちゃんが2位って珍しいね」

京太郎「ま、俺も伊達に麻雀部やってるわけじゃないってことだな」

優希「もう一回!もう一回やるじぇ!」

京太郎「ふー、しょうがねえなあ」

優希「うあー!むかつくじぇー!!ぼこぼこのぴーぴーにしてやるじぇ!!」

京太郎「やってみな」

優希「うがああー!!」

咲「ほ、ほら、仲良く仲良く」

優希「うーん、なんかにおうな」

和「じゃあ1位のわたしが仮親を」

咲「うん」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:28:35.84 ID:fDDLAjJa0

急に人が変わったような優希の発言やめろ!怖いだろ!


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:31:09.10 ID:6qiZksfs0

帰り道

優希「今日はクソみたいな日だったじぇー」

和「もう、きたないですよゆーき」

咲「あはは」

和「それにしても……今日は絶好調でしたね、須賀くん」

京太郎「え?ああ、まあな」

優希「まぐれだじぇ!」

京太郎「それも実力のうちってな」

優希「なにをー!明日はほんとにぼっこんぼっこんのぎったんぎったんにしてやるじぇ!」

京太郎「はっはっは、相手になってやろう」

和「じゃあ、わたしたちはこっちなので」

咲「うん、またあしたね」

優希「じゃあなー」

京太郎「気を付けて帰れよ」

優希「おーう」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:33:22.16 ID:fDDLAjJa0

http://i.imgur.com/zTZoTrk.jpg
おもグソを知った時の表情


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:35:05.09 ID:6qiZksfs0

京太郎「……行ったな」

咲「……うん」

京太郎「……俺らも行くか」

咲「……うん」

京太郎「……」

咲「……」

京太郎「あ……あのさ」

咲「な、なあに?」

京太郎「……今日、ありがとな」

咲「……」

京太郎「助かったよ、ほんと」

咲「……」

咲「うん」にこっ


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:40:22.79 ID:6qiZksfs0

咲「そ、それにしてもさ!」

京太郎「ん?」

咲「すごかったね、今日の京ちゃん!」

京太郎「え、えっと……?」

咲「……あ」

咲「ち、ちがうよ!その、え、えっと……汚物的な話じゃなくてね!」

京太郎「お、おう」

咲「その……麻雀、ずっと上位だったから」

京太郎「ああー」

咲「引きもよかったみたいだし……ええと、上手くなったんだなあ、って」

京太郎「ははっ、上手くなんかなってねーよ」

咲「え?でも……」

京太郎「いやほんと、今日のはそんなんじゃなくて……」

京太郎「ウンがついてただけ」


カン


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:40:59.89 ID:fDDLAjJa0

うーんこのオチ


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/09/05(木) 05:49:10.54 ID:gd9ROGCL0





元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378322603/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP