PickUp
スポンサード リンク
1 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:04:33 ID:Bo8kEZCYx

サトシ「シトロン…シトロン…」シコシコ

サトシ「シトロン…ぅっ!」ドピュ!

サトシ「はぁはぁ…シトロンの奴…俺をこんな気持ちにさせるなんて…
なんとしてもシトロンゲットだぜ!」

2 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:05:04 ID:Bo8kEZCYx

ユリーカ「サトシ!何してるの?」

サトシ「わぁぁ!なんだよ?」

▼しまった…まだ棒を閉まっていない……

セレナ「もう少しでご飯よ」

▼おなってた事はばれていないらしい…

3 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:05:23 ID:Bo8kEZCYx

シトロン「どうぞ!」

ユリーカ「わあ、美味しそう!」

セレナ「すぅごい!」

▼俺は口を大きく開け、パスタをほうばった
この料理をシトロンが作ったと思うと興奮が絶頂になった
食事中、俺は何回もイッタ

4 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:05:45 ID:Bo8kEZCYx

▼やはり、シトロンが作ると何よりも美味い

シトロン「サトシ…?
ボーっとしてますけど?」

サトシ「ああ、ゴメン
ご馳走様!」

▼シトロンは俺の気持ちには気付きてくれていない
なんと言う事だろうか…

6 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:06:16 ID:Bo8kEZCYx

サトシ「俺は食後の特訓にいくかなぁ~」

セレナ「そう、頑張って!」

▼そう言って野外でシコるのが俺の日課だ
バトルにも集中出来なくなった…シトロンのせいだぞ

7 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:06:42 ID:Bo8kEZCYx

▼四時間ぐらいたった
だろうか…?野宿している
テントの方向から明かりが消えている
もう遅い時間のようだ
続きはテントの中ですることにした

8 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:07:02 ID:Bo8kEZCYx

▼テントに戻ると
シトロンをおかずにしながら、三発抜いた

ピカチュウにもばれずに上手くやれてる俺はプロと言えるだろう

ピカチュウ「ピカピィ…………ZZZZZZZ」

▼ピカチュウは気持ち良さそうに眠っている
大事な相棒だが、俺の視界にはシトロンしかいない

9 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:07:22 ID:Bo8kEZCYx

▼そして朝を迎えた
皆はすでに起き始めているようだ

サトシ「んん……
ピカチュウ!おはよう!」

ピカチュウ「ピカピ!」

▼テントの外からは眩しいぐらいの朝日がさしこんでいる

10 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:07:39 ID:Bo8kEZCYx

▼テントからでると何やら美味しそうな匂いが…

セレナ「サトシ!おはよう
マカロン作ったのよ!」

▼マカロンは好きだが
勿論、こんなものが欲しいわけがない

11 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:07:56 ID:Bo8kEZCYx

サトシ「あ、ありがとう」

▼最近は、シトロンの料理で無いと全く美味く感じない

セレナ「どう?」

▼不味いなんていえるはずがない

サトシ「…うん、美味しい」

セレナ「良かった」

12 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:08:19 ID:Bo8kEZCYx

シトロン「朝食ですよ!」

▼この声を聞いた瞬間、興奮が抑えられなくなるのは日常茶飯事
言うまでもなくテンションが上がる

サトシ「いただきます!」

▼シトロンの作った料理に興奮して朝から何度もイッタ

13 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:08:37 ID:Bo8kEZCYx

サトシ「美味い飯もたべたことだし、特訓だ!」

ピカチュウ「ピカピ!」

▼たまには…特訓をしなければ…表向きはポケモンリーグを目指すポケモントレーナーなのだから
………………………………………………………………

14 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:09:00 ID:Bo8kEZCYx

▼そして…特訓を終えたわけだが…
今日は何故か特訓に集中できた…だが、今、頭の中はシトロンでいっぱいだ

セレナ「サトシ、ボーっとしてるけど…?」

サトシ「はっ…!ゴメンゴメン」

ユリーカ「サトシなんだか
最近可笑しいよ?」

サトシ「そうかな…ははははっ…」

16 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:09:46 ID:Bo8kEZCYx

▼常にシトロンの事ばかりを考え、ボーっとしてしまう
いっそ、今夜シトロンのテントに侵入し、シトロンを襲う事に決めた…!
俺はやると決めたら、やり通す男だ…!

サトシ「よぉぉぉぉぉし!!!!!」

セレナ「いきなり何よ?
大声だして…サトシ」

17 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:10:16 ID:Bo8kEZCYx

その夜
▼辺りは静まり返っている
皆はもうすでに眠っているようだ
隣にいるピカチュウもぐっすり、眠っている

ピカチュウ「ピカピィ…ZZZZ…」

▼実行に移す時がきた!

18 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:10:32 ID:Bo8kEZCYx

▼シトロンのテントへと
俺は獣の如く飛び込んだ!!

ズザァァァ

▼しまった!大きな音をたててしまった

シトロン「すぅ…すぅ…ZZZZZZ」

▼どうやら、セーフだったようだ

19 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:10:51 ID:Bo8kEZCYx

▼まずは…シトロンに接触…
暗くてテントの中が見え
ない……リスクはあるが
手探りで…
はっ!何かに当たった

ハリマロン「りぃーまぁ………?」

▼ハリマロン…!?
シトロンの奴ハリマロンをモンスターボールにいれてなかったのか?

21 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:12:09 ID:Bo8kEZCYx

▼ハリマロンが騒ぎだしたら、大変だ……
ハリマロンが寝ぼけているうちにどこかへ連れて行こう…

22 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:12:26 ID:Bo8kEZCYx

▼ハリマロンの事が羨ましくなってきた

ハリマロン「りぃーまぁ………」

▼まだ寝ぼけてやがる

ハリマロン「りぃーまぁ……」

▼ハリマロンがいなければ今日の計画は成功していたはず

▼ハリマロンを消してやる

23 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:12:46 ID:Bo8kEZCYx

▼川の流れる音が聞こえてくる

大きな岩を見つけた
そして、俺はその岩にハリマロンを叩きつけた!

ハリマロン「ぎぃぃぃぎ」

ハリマロン「」

▼ハリマロンが頭から血を流している…頭蓋骨が砕けてしまったようだ

24 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:13:07 ID:Bo8kEZCYx

▼ハリマロンは冷たくなった

サトシ「うぶぶぶぶ…」

▼思わず声が漏れた
邪魔なハリマロンを消した喜びからだ

▼シトロンを襲えると思うと、興奮してきた

▼俺はその場で3発抜いた

25 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:13:32 ID:Bo8kEZCYx

▼そろそろ、テントに戻る事にした…

▼少し、疲れた…今日はここまでにして襲うのは明日にしよう

▼そして、俺はテントに戻った

26 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:15:01 ID:Bo8kEZCYx

翌朝

シトロン「ハリマロンが…」

セレナ「どうしたの!?
シトロン!」

シトロン「ハリマロンがいないんです!」

ユリーカ「また、誰かの家にお邪魔してるんじゃ…」

シトロン「そうかな…
だったら、早く探しにいかないと!!」

セレナ「私達も探すわ!」

27 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:15:18 ID:Bo8kEZCYx

サトシ「俺も探すよ!」

シトロン「ありがとうございます」

サトシ「俺は向こう側を探すよ!」

シトロン「はい…」

▼俺は茂みに隠れ全員が見えなくなるのを確認した

▼俺はシトロンの焦る顔を思い出すと興奮が絶頂になった…そして、五発抜いた

28 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:15:36 ID:Bo8kEZCYx

▼あの顔をいつまでもみていたかった…
ハリマロンの遺体は隠さず放置してある
見つかるのも時間の問題だ
どうしようか…
…………………!
そうだ…ホルビーを消して
見つからない所へ隠せばいい

29 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:16:44 ID:Bo8kEZCYx

▼そうすればシトロンの困った顔を見ていられる!
▼テントの周辺にだれもいなくなったのを確認し、
俺はテントから
ホルビーの入ったモンスターボールを手に取った

サトシ「うひひひ」

▼思わず声が漏れた

30 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:17:02 ID:Bo8kEZCYx

▼川の流れる音が聞こえてくる
どうやら、昨日と同じ場所に来たようだ
周りには誰もいない

サトシ「ホルビー!君に決めた!」

ホルビー「ホッビィ!」

31 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:17:21 ID:Bo8kEZCYx

▼そして、ホルビーの首を掴み川に沈めた

ホルビー「ぐびびび…」

▼ホルビーは苦しみもがいている

ホルビー「」

▼地面タイプのせいでもあるのか…ホルビーは1分ほどで動かなくなった

32 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:17:38 ID:Bo8kEZCYx

▼ハリマロンの時のような失敗はしない
この川の先には滝がある
うまく流せることを祈ろう

▼ホルビーを川に流した

34 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:19:23 ID:Bo8kEZCYx

シトロン「うわぁぁぁ」

セレナ「どうしたの?」

シトロン「ハリマロンが……」

ユリーカ「酷い…」

▼俺が消したハリマロンに気付いたらしい

ユリーカ「お兄ちゃん!あれ!ホルビーじゃない?」

▼何だと!?

35 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:19:42 ID:Bo8kEZCYx

▼誤算だった
ゴツゴツした岩に挟まり
ホルビーは流されていなかった

シトロン「えっ………」
バタッ

セレナ「シトロン…?
大丈夫…!?」

36 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:20:03 ID:Bo8kEZCYx

▼シトロンはショックで倒れてしまったようだ

セレナ「シトロン…大丈夫…?」

シトロン「う…」

▼看病しているわけだが
邪魔がいなければ、シトロンを襲うチャンスである

38 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:21:41 ID:Bo8kEZCYx

サトシ「2人とも疲れてるだろ?
少し寝たらどうだ?」

セレナ「そう…?」

ユリーカ「大丈夫…?」

サトシ「ああ!」

ユリーカ「じゃあ…おやすみ…」

39 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:23:26 ID:Bo8kEZCYx

▼とうとう2人きりに…///////

サトシ「うぉぉぉぉ」
ビリリリリリリ

▼シトロンの服を引き裂いた

40 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:25:17 ID:Bo8kEZCYx

シトロン「いやぁぁぁぁぁぁ」

サトシ「シトロン…シトロン…」

シトロン「サトシ…!何を!」

サトシ「ハァハァハァ」ボロンッ

41 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:27:14 ID:Bo8kEZCYx

サトシ「さあ!シトロン!
お前の童貞から処女まで全てをゲットだぜ!」

シトロン「え…」

サトシ「ん?」

シトロン「僕、童貞じゃないですよ?」

サトシ「はぁ?」

42 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:28:20 ID:Bo8kEZCYx

サトシ「何何?聞こえない…聞こえない…」

シトロン「だから、僕、童貞じゃないですよ」

サトシ「…」

44 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:31:52 ID:Bo8kEZCYx

サトシ「いつ卒業した?
何時何分何秒?地球が何回回った時?」

シトロン「アリー姫って覚えてます?」

サトシ「ああ、だからなんだ!?」

45 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:34:27 ID:Bo8kEZCYx

シトロン「あの時にバッチリ
卒業しましたよ…」

サトシ「ええ!?」

サトシ「シトロン、あの時嫌がってただろ?」


47 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:37:29 ID:Bo8kEZCYx

シトロン「逆レイプですよ」

▼この瞬間俺の中で何かが切れた


その夜、とある城の王女が姿を消したという…

48 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:41:35 ID:Bo8kEZCYx

終わり

49 : 名無しさん@おーぷん[] 2014/05/25 00:42:55 ID:RGpSciUh5

終わり!?

アリー姫とシトロンの絡みはよ


元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1400943873/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP