PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:07:30.75 ID:DtrrcJZJo


P「お疲れ様」

時子「疲れてないわ」

P「息切れてるぞ」

時子「人と豚とでは呼吸の頻度が違うの」

P「…それだとお前が豚にならないか?」

時子「アァン?」

P「どーどー」

時子「私を宥めるな」

P「ほら。お疲れ様。水、飲むだろ」

時子「飲む」



・ときこさまー
http://i.imgur.com/bJC8kAF.jpg
http://i.imgur.com/GpuGGtn.jpg



2 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:09:09.85 ID:DtrrcJZJo


P「今日のレッスンはどうだった?」

時子「べつに。いつも通りよ」

P「そっか」

時子「腕が重くてあがらないわ」

P「…それは…?」

時子「安心して?貴方のぶんはとってあるから」クックッ

P「な、なにを?」


3 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:10:51.21 ID:DtrrcJZJo


時子「ん」

P「ん?…ああ。うん」

時子「礼には及ばないわ」

P「いや俺が手を貸してやったんだが」

時子「私が手を握らせてやったのよ?」

P「…どうもアリガトウゴザイマス」

時子「だから礼には及ばないと言ってるわ豚」

P(口調のわりに機嫌は良さそうだな)


4 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:12:08.90 ID:DtrrcJZJo



ギュ


P(…ん?)

時子「…」

時子「ほら、行くわよ。アナタがトロトロしていて替え玉無料の時間を逸したら鞭打ちでは済まないわ!」

P「あ、ああ。いやべつに替え玉くらいはいくらでも頼んでくれていいが…」

時子「ハン。豚に真珠というのよ?どうせ貴方の身銭に期待はしないわ」

P「それ使い方おかしくないか?」

時子「アァン?この私に豚に関する知識の高説を垂れる気?」

P「自信の持ち方もおかしくないか?」

時子「いいから早く行くの!」ビシッ

P(機嫌が良さそうなのは気のせいか!)イッテェ!


5 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:13:53.21 ID:DtrrcJZJo









時子「大盛り」

P「残すなよ」

時子「だれに口を利いてるのかしら?」

P「いやべつにお前大食い自慢じゃないだろ…。俺も大盛りで」

時子「残すんじゃないわよ」

P「残さねえよ。というかいちいち突っかかるなよ子どもか」

時子「アァアン?」

(仲のいいカップルだなー)ゴチュウモンイジョウデー?


6 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:17:28.09 ID:DtrrcJZJo


時子「待ちなさい」

時子「貴方、今日は豚にまみれて無様に通勤したのかしら?」

P「電車な。そうだけど」

時子「ならビールも寄越しなさい。瓶で。グラスは二つよ」

<カシコマリマシター

P「…ビールとか飲むんだな」

時子「悪い?」

P「べつに悪くはないけど…」

時子「たまにはね」

時子「喜ぶがいいわ!この私が貴方の口に直接手酌で注いで労をねぎらってやろうというのだから」

P「拷問だろそれ」


7 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:18:23.00 ID:DtrrcJZJo


時子「ほら、持ちなさい」

P「あ、ああ。本当に注いでくれるんだな…悪い」

時子「ちゃんと拝んで三回まわしてから口にするのよ」カチン

P「なんでだよ」

時子「アーハッハッハ!ほら泡が立ったわ!!零れないよう無様に啜りなさい!」トプトプトプ

P「ラーメン屋だとテンション高いなぁ時子様…おっとと」ズ…

時子「どぉ、おいしい?」ニコ

P「…」

P「うん。おいしいよ」

時子「そう。よかったわね」


8 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:19:22.18 ID:DtrrcJZJo


時子「では私のグラスにも注ぎなさいな。零したりしたら分かってるわね」

P「気をつけます」トプトプ

時子「貴方が零したぶんはあとできちんと舐めとるのよ」

P「時子様は理不尽だなぁ」

時子「褒められるとてれるわ」

P「褒めてはないかなー」


9 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:20:42.56 ID:DtrrcJZJo


P「よし」

時子「アン?」

P「せっかくだし。乾杯しよう」スッ

P「俺はもう口付けちゃったけど」

時子「……」


10 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:22:27.61 ID:DtrrcJZJo


時子「ハン」

時子「乾杯?くだらないわね」スッ

P(言いつつグラスを出してくれるんだな)

P「…はは。いやまあ、その――んぐ!?」

時子「勘違いしないで?」


11 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:24:05.07 ID:DtrrcJZJo


P「む、ぐ……ぶあっ…。…と、きこ…お前」

時子「私が主人で、貴方は下僕なの。対等に杯を当てようなんておこがましいわ」

時子「アハハハッその代わり私が飲ませてあげるから安心して?」

P「……」ボタボタ…

P(…変わらないな…こいつ)

時子「おかわりが欲しい?」

P「……とりあえずは、いいかな…」

時子「そう。残念」

時子「それにしても遅いわね。なにをトロトロと作っているのかしら」

P「いやできてはいるみたいなんだけど俺たちのやり取りを見てほらバイトさん怯えてるから…す、すいませーん持って来てもらって大丈夫です…」


12 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:25:58.24 ID:DtrrcJZJo








<アリアッシター


P(ラーメン屋でビールを飲んだのなんて久しぶりだった。あんな飲み方をしたのは初めてだった)

時子「…」

P「…」

P「おい時子」

時子「なに豚」

P「肩貸すか」

時子「一々指示を仰ぐから豚から進歩しないのよ」

P「悪かったな。よ」

時子「うぷ……もう少しそっと運びなさい…」

P「はいはい」


13 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:29:15.08 ID:DtrrcJZJo


P「酔うんだな。お前」

時子「だれが酔うのではなく魅力に酔わせる側よ」

P「言ってないよ?」


14 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:31:08.27 ID:DtrrcJZJo


P「普段飲まないのか?」

時子「こういうときにはね」

P「こういうとき」

時子「…」ンプ…

P「ん?」

時子「水…」

P「お、おう。待てまだ我慢しろよ。とりあえず、そこのベンチにまで頑張れ」

時子「がんばる」

P(頑張るって。可愛いな)


15 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:31:59.40 ID:DtrrcJZJo


時子「……」ハー…

P「ほら。水」

時子「…ん」

P「怒ってないから謝らなくていいぞ」

時子「怒ってても謝らないわ」

P「あぁそう」


16 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:32:51.50 ID:DtrrcJZJo


時子「……」コクコク

P「…あー。えっと…」

P「そういえば、時子こそなにか怒ってたのか?」

時子「アン?」

P(怖ぇよ)

P「…いや、いくらお前でも無理にビールを流し込んで来たりはしないよな、って…」

時子「…」

時子「クク、クククッ……アハハッ……。豚にも…そのくらい考える脳はあるのね」

P「うん」


17 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:33:57.53 ID:DtrrcJZJo


P「気になってはいたんだ」

時子「答え合わせね。なにが?」

P「うん。指輪のことかなって。昨日まではしてなかったし、さっきも音が鳴るようにわざと瓶を――が!?」

時子「正解。フン、いざ豚に当てられると不愉快ね」ゴリゴリ

P「あ、がが」


18 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:35:45.74 ID:DtrrcJZJo


時子「どうせ意味までは知らないのでしょう?」

P「?」アガ…

時子「……」スッ…

時子「…右手の中指に付けるのは、効果的に結果を出したいときに、というまじないよ。無論それだけではないけれど」

P「けほっ…そ、そうなのか……」

時子「ええ」


19 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:36:46.54 ID:DtrrcJZJo


時子「まあ」スッ…

時子「こんなもの、私には不要だけれど。貴方には必要でしょう?」

P「え?」

時子「結果を出さないとプロデューサーは続けられないものね」

時子「この私が力を貸してやっているのに、いつまでも無様な姿でいるのは許さないわ」

時子「私の隣に立って恥のない評価を受けるくらいに、早くなりなさい」ポイ

P「わ、とと」

時子「それはくれてやるわ。貴方が付けてなさい」

P「い、いいのか?」

時子「返事は豚語で『はい』だけよ」

P「…ぶひ」


20 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:37:16.36 ID:DtrrcJZJo


時子「構わないわ」

時子「ちゃんと…『ここに私が付けていたこと』を、貴方に見せたから。ね?」

P「?あ、ああ。じゃあ俺も同じように」

時子「貴方は左手の親指にでも付けるといいわ」

P「??それはそれでなにか意味があるのか?」

時子「人に聞くまえに自分で調べようとは思わないの?」

P「……ぶひぶひ」


21 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:38:28.10 ID:DtrrcJZJo


P「じゃあ…えっと」

P「ありがとう。もらうな。それから、頑張るよ」

時子「ええ。頑張りなさい。私のためにね」

P「うん」

P「……酔いはもう醒めたのか?」

時子「だから酔うのは貴方の方だと言ってうぷ」

P(調子にのって喋りすぎだ)

P(…変わってないけど、ちゃんと変わろうとして…少しずつ変わって来てるんだな)


22 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:39:35.78 ID:DtrrcJZJo








P「…」カチカチ

P(……左手親指の意味…ふーん。目標を実現させたい人に、か…なるほど)

P(……右手中指はどうなんだ…と、…)

P「………こいっ…?」

ガチャ

時子「…?」

時子「なに気持ち悪い顔してる豚」

P「えっ、あ、い、いや…なんでも…お、お疲れ様」

時子「ご苦労」

P(尊大な返しだ)

時子「ん…」

P「?」

時子「ふふっ。ちゃんと付けているのね。褒めてやるわ」ニコ

P(ぐ、可愛い…)

時子「??…鼻息が荒いわねキモチワルイ……餌の時間はまだよ?」

P「もらったことなんてねえよやめろ」


23 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:40:37.74 ID:DtrrcJZJo


時子「これからもちゃんと付けてなさい」

P「分かってるよ」

時子「それから、ちゃんと私がどこに付けていたかも、覚えてなさい」

P「分かってる」

時子「そう。ならいいわ」

P「ああ。分かってるよ。安心しろ」

時子「……うん」

時子「…くくっ礼には及ばないわ!」

P「ああそれ照れ隠しなんだな意味分かんねえよ。はいはい」


24 : ◆HL2fUAyECQ[saga] 2014/05/14 21:41:05.51 ID:DtrrcJZJo

以上です

ちなみに特訓前の時子様がされている「右手中指」の指輪に、ある意味があるということからの妄想は私ではなくべつの方のネタです
使っていいよーということで使わせて頂きましたアリシャス

言葉ではうまく気持ちを伝えられなくてべつの方法をとる時子様カワイイ!!みたいな!!
お読み頂きどうもです


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400069240/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP