PickUp
スポンサード リンク
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/05(土) 23:50:12.56 ID:YCe+/R/x0

>>1
シャル「一夏~!」

一夏「......」

シャル「ねぇ、今日のお昼空いてるかな?久々に一夏と食事したいな~って思ったんだけど...どうかな?」

一夏「......」

シャル「......一夏...?」

一夏「あっ!箒!今から飯なんてどうだ?」

箒「なっ...一夏から食事のお誘い!...じゃなかった...い、良いだろう、丁度お腹が空いていたところだったんだ」

一夏「よし!じゃあ行くか!」

箒「ああ!」

バタン......

シャル「一夏......」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/05(土) 23:59:46.54 ID:YCe+/R/x0

>>1サンクス
廊下にて
シャル(一夏...どうしちゃったんだろう...?)

シャル(なんだか私を無視してたような気がするけど...)

シャル(い、いや、そんなことない!一夏はそんなことしない!疑ってどうするの!多分、何か事情があったんだ!だから僕と話しづらかったんだ!うん、そうに決まってる!...ってあれ、一夏とセシリア...?」



13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 00:06:35.86 ID:AKSQ3RwY0

シャル「何喋ってるんだろ...って、盗み聞きはいけないよ!うん、そんな無粋な真似できるわけ...」

シャル「...ちょっとだけなら...いいよね?」コソコソ

一夏「すまんがセシリア、今日の放課後ISの特訓に付き合ってくれるか?」

シャル(えっ!?今日は私と約束してたはずなのに...どうして...一夏...?」

セシリア「えっ!?私とですか!!本当に本当ですか!」

一夏「ああ、もしかして...嫌か?」

セシリア「いえ、とんでもない!私でよければ付き合ってさしあげますわ♪」

一夏「そうか、助かる...」

シャル「ちょっと!!!」




20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 00:13:18.37 ID:AKSQ3RwY0

>>7あっスマン、素でミスった
これからは気をつける

セシリア「えっ、シャルロットさん?いきなり大きい声を出してどうしたのですか?」

シャル「あ、ごめん...ちょっと話聞いちゃったんだけどさ...ねぇ、一夏、今日は僕と訓練するはずだったのにどうして、セシリアを誘うのさ」

一夏「...」

セシリア「一夏さん、それはホントなんですか?」

シャル「一夏、答えてよ」

一夏「あっ、もうこんな時間だ、セシリア、はやく教室に向かうぞ!」

セシリア「えっ!?で、でも...」

一夏「いいから!早くいくぞ!」タッタッタタ

セシリア「は...はい...シャルロットさんも急いでくださいまし」タッタッタ

シャル「......一夏...どうして...」




23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 00:27:29.75 ID:AKSQ3RwY0

放課後
シャル「......」

ラウラ「どうした、授業中ずっと浮かない顔をしていたが...」

シャル「...なんでもないよ」ガタッ

ラウラ「大丈夫...か?」

シャル「うん、先に部屋に帰るね...ラウ..」

一夏「よし!セシリア!一緒に行こうぜ!」

シャル「」ビクッ

セシリア「はぁい♪一夏さん♪」

箒「おい!お前たち!2人でくっ付いて何処に行こうというのだ!」

一夏「何処って...ただのISの特訓だよ」

箒「そうか...ならば私も同行しよう...いいよな、一夏?」

シャル「.........どうして...」


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 00:31:17.16 ID:AKSQ3RwY0

一夏「ああ、いいぜ...だったら箒も一緒にいk

セシリア「一夏さん!今日は私『だけ』と一緒に訓練するのではないのですか!」

一夏「えっ!?けど...」

箒「1人よりも2人のほうが色々と身につくと思うのだがぁ?というか、第四世代の専用機を所持している私のほうが一夏のいい訓練相手になると思うがなぁ?」

セシリア「ムム...けど、最初に誘われたのは私ですわよぉ!勝手に割り込んできて!」

一夏「お、お前ら落ち着けって...」
ギャーギャー

シャル「......どうして...」

シャル「...最初に約束したのは...僕なのに...」

ラウラ「シャルロット...」

シャル「...一夏の...バカァ...」ガラ...パタン...


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 00:32:24.09 ID:2fiyI4xA0

全身の筋肉が一気に硬直した
今なら許してやるからやめろ


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 00:35:09.66 ID:AKSQ3RwY0



シャル「......」ムクリ

ラウラ「...ムニャムニャ...」

シャル「...海......」テクテク...パタン...

ラウラ「......シャルロット...」



36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 00:46:53.50 ID:AKSQ3RwY0

そういや学園の近くに海なんてあったけか?

シャル「......」
ザァァ...ザァァ...

シャル(……約束...)
―2日前―
シャル「一夏!」

一夏「なんだ?」

シャル「2日後、私と一緒にISの特訓してくれるかな?」

一夏「あぁ!もちろんだ!シャルの説明は分かりやすいし、的確に指示してくれるし、あの3馬鹿とは大違いだからなぁ」

シャル「そんなこと言っちゃ悪いよ、皆だって一夏に強くなってほしいから、一生懸命になりすぎて空回りしてるだけなんだよ」

一夏「まぁ、そうだよな...皆が居たから俺はこの学園でやってこれたんだしな、ホント、皆に感謝だな」

シャル「......ぼ、僕もね、いいい、一夏が居てくれたから...やってこれたんだよ...一夏が居なかったら今頃どうなってたか分からないし...だ、だから...今まで本当にありがとう...一夏」

一夏「うっ///そんな恥ずかしいこと言うなよ...」

シャル「えへへへ///ゴメンネ///」

アー!イチカ、カオアカーイ、ナッ、オマエコソー!! アハハハハハハハ
………

シャル「もう、あんなやり取りもできないのかな…」


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 00:53:03.50 ID:AKSQ3RwY0

あーーまた間違えたぁぁぁぁ!!!マジすまん!

シャル「グス...一夏ぁぁぁぁ...」グス

シャル「一夏と喋れなくて...辛いよぉぉ...一夏が僕を見てくれないよぉぉぉ」ヒグッ

シャル「もう、こんなの僕、やだよぉぉぉぉ......一夏ぁぁぁ...」グスッ

シャル「いちかぁぁぁぁ!ああぁぁ!うぐっひっぐうぐ...うあああぁぁぁ!!うぐっ...」ポロポロ

シャル「うあああああああああああああああああ」

物陰
ラウラ「...シャルロット......」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:01:40.39 ID:AKSQ3RwY0

泣くシーンムズイ...
翌日
シャル「い、一夏、おはよ...う...」

一夏「.........」

シャル「む、無言のおはよう...か、それも画期的でおもしろい...ね?あっ、そ、そうだ!昨日の特訓どうだった?あの2人だったから喧嘩ばかりで特訓どころじゃなかったでしょ!や、やっぱりここは僕の出番じゃ...」

一夏「.........」

シャル「ない......かな...」
タッタッタタ

モブ「あっ!一夏く~ん!今日のISの授業、一夏君に色々教えてもらいたいけど、いいかな?」

一夏「ああ、別にいいぜ」

シャル「...」ズキ

モブ2「あっ!じゃあ私も!」
モブ3「私もー私もー」

シャル「......じゃ、じゃあ、ぼ、僕は先にクラスに行っておくね、一夏?」

一夏「おい、押すなって!ちょ、そこは駄目だってぇ!」

シャル「聞いてない...か...それを返事として受け取っておくね...ハハ」タッタタ




55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:11:01.36 ID:AKSQ3RwY0

手がイテェ...慣れないことすると辛いなぁ
ISの授業中...
千冬「それでは、これから専用機同士の戦闘を行う、それでは織斑、デュノア、前に出ろ」

シャル「えっ!?」

一夏「.........」

千冬「どうした?早く出て来いお前たち」

シャル「は、はい分かりましt

一夏「織斑先生」スク

千冬「どうした?何か言いたいことがあるのか?」

一夏「ああ、一つだけ」

千冬「ああ、いいだろう、言ってみろ」

一夏「他の奴と対戦させてくれ」



シャル「...えっ」


58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:17:41.26 ID:AKSQ3RwY0

シャル「ど、どうして...」

千冬「何故だ?理由を言え」

一夏「只の授業でも俺はISで戦うのなら本気でやりたいんだ、だから、あいつの第2世代では俺の本気が出せない、やるんだったら第3世代以降の専用機持ちと戦わせてくれ」

千冬「......ふん、デュノア、お前はそれでいいのか?」

シャル「ええ、結構です...」

千冬「...分かった、なら、ラウラ・ボーデヴィッヒ、前に出ろ」

ラウラ「...はい」

一夏「...」


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:23:35.84 ID:AKSQ3RwY0

戦闘中...
ラウラ「見苦しい言い訳だな、一夏」

一夏「......」

ラウラ「IS自体のステータスで力量が決まるのではない、そう教えてくれたのはお前と、シャルロットだったはずだ」

一夏「......」

ラウラ「なのに、どうしてそんな矛盾したことまで言ってお前はシャルロットを避けようとする?」

一夏「......」

ラウラ「答えろ!!!」

一夏「黙れ」ヒュン!

ラウラ「っ!!!」

一夏「舌...噛むぞ」ブンッ

ラウラ「しまっ...
ドガァァァァァァァァァァン


74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:42:13.31 ID:AKSQ3RwY0

>>65えっマジで?俺原作読んで無いからなぁ

モブ1「なんか二人で喋ってるけど...」
モブ2「しかも片方は叫んでるし...」
モブ3「痴話喧嘩かなぁ~」

シャル「......」

一夏「...だから?」

ラウラ「...は?」

一夏「あいつが泣いてたからって何だよ、それがどうした」

ラウラ「.........」

一夏「夜泣こうが昼泣こうが、俺には大して興味もないね」

ラウラ「な、、、い、一夏...」

一夏「それに、」


一夏「お前の言う、『あいつ』って誰だのことだよ?よかったら教えてくれないか?」

ラウラ「お前ェェェェ...」

一夏「それに俺はお前の嫁だろう?邪魔なハエが寄ってこなくなると考えればお前も得すると思うんだが」

ラウラ「一夏...見損なったぞ...」


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:31:08.13 ID:AKSQ3RwY0

ラウラ「く、糞っ...」ヒュウウウウン...ISカイジョ

一夏「喋ることだけに頭を使ってたからだ、ISの戦闘中に」

ラウラ「く...」

一夏「お前ともあろう奴が戦闘以外に現をぬかしてんじゃねぇよ」

ラウラ「......泣いて...いたぞ...」

一夏「.........」

ラウラ「お前があいつを無視する、お前があいつと目を合わさない、お前が極端にあいつを避けた」
ラウラ「だから、あいつは昨日の夜1人で泣いていたんだぞ!!!」

一夏「.........」

ラウラ「どうしてだ!なぜあいつを苦しめる!そんなことをしてどうなるというんだ!一夏ァァァァァ!!!」

一夏「.........」




69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:32:27.48 ID:c0I5JyjeO

シャルあまり好きじゃないのに胸が苦しいのは何でなんだぜ


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:37:49.09 ID:6baI+Wiu0

>>69
それは好きなんだぜ


79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:52:25.08 ID:AKSQ3RwY0

自分でも何書いてるのかもわかんねぇような気がしてきた...
千冬「...これで授業終了だ、解散」

一夏「ほら、立てるか?」

ラウラ「」パシッ

一夏「なっ!」

ラウラ「気安く手を差し伸べるな、後、お前はもう私の嫁ではない」

一夏「......」

ラウラ「即座に消えろっ!下衆!」

一夏「......ああ、分かったよ」テクテク

ラウラ「...行ったか...」

シャル「......ラウ...」

ラウラ「………」ジッ...
シャル「なっ、何?」

ラウラ「私だけはお前の味方だぞ、シャルロット」

シャル「えっ...?」

ラウラ「......さ、行くぞ、授業に遅れる!」
シャル「う、うん...」


84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:56:00.12 ID:AKSQ3RwY0

放課後...

一夏「ハハ...俺って最悪だな...」

一夏「けど後...一週間後...」

一夏「どうにかしよう...」


91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 01:59:44.57 ID:AKSQ3RwY0

>>82すまん

一夏「どうにかして、今の状況を保たねぇと...」

一夏「どうにかして...」

―――――――
屋上
シャル「.........」

シャル「...お母さん......」

プルルルルル

シャル「!?」

シャル「は、はい!?」ピッ


シャル「え、お父さん?」



97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 02:15:27.75 ID:AKSQ3RwY0

シャル「ど、どうしたの、急に...」
シャル「え、本国に戻って来い...まさか、」
シャル「バレ...ちゃったんだ...」
シャル「で、でも、この学園に居る限り、お父さんは手出しが...」
シャル(!!!)

シャル(「......ぼ、僕もね、いいい、一夏が居てくれたから...やってこれたんだよ...一夏が居なかったら今頃どうなってたか分からないし...だ、だから...今まで本当にありがとう...一夏」)
シャル(一夏が僕を見てくれないなら、僕はココにいる理由なんて...)


シャル「...分かった、お父さん...帰るよ......」
シャル「...うん......うん...どんな罰だって受けるよ...」
シャル「だから...さ、」グスッ


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 02:17:53.69 ID:AKSQ3RwY0

シャル「後、一週間だけ待ってくれるかな...」グスッ
シャル「やりたい事だってまだあるし...さ、だから...」グスッヒグ
シャル「えっ、うん、分かったよ...うん、また一週間後にね」ピッ

シャル「...お母さん......」

シャル「私ね、この学園で友達がいっぱい出来たよ」
シャル「最初は嘘ついてたのに優しく接してくれた...誰も咎めなかった...」
シャル「すごく...うれしかった...」グスッヒッグ

シャル「それにね、好きな人が...出来たんだ...」ヒッグ
シャル「私を庇ってくれて、私を助けてくれて、そして、私に存在価値を与えてくれた人...」グスッ

シャル「...好き...ううん......愛しています......」グスッ

シャル「だけど、もう、お別れ...」
シャル「だから、人生で最初で最後の告白をしようと思うんだ...」
シャル「もう、結果は分かってるけど......」
シャル「だけど、見守ってて...お母さん...
シャル「私、頑張るから...」

シャル「お願い...」


100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 02:20:01.53 ID:QbO+h8QY0

なんて胸が苦しいスレだ


106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 02:46:01.25 ID:AKSQ3RwY0

なんか休憩したら考えたのが吹っ飛んだわ...こんな幼稚な文章でよければお付き合いください
それでは再開しま~す
シャル「い~ちか!おはよぉ!!!」バン!

一夏「.........」スタスタ

シャル(背中を叩いても反応ナシか...ま、こんなんで反応するわけないか...)
シャル(なら、過剰に振舞って一夏に反応してもらおう!)
シャル「あぁー!そういえば後一週間で夏休みだねぇ!一夏は何処か行ったりするの!」

一夏「.........」スタスタ
シャル「僕はねぇ、皆と出かけて、海に行ったり、山に行ったり、買い物にだっていったり...したいなぁ~って、思ってるんだ!」

一夏「.........」スタスタ
シャル「...でも、ね...多分、それも出来ないの...」ポロ...
シャル(やっぱり...無理...か)
一夏「.........」ス...タスタ
シャル(あれ、なんでだろう、涙なんて...)

シャル「だって、僕...はもう...本国行...きは確定...してるんだ...だか...ら...もう...この学園に居られるのも...後、一週間...」ヒッグ
シャル(口が...勝手に...)
一夏「.........」ス...タ...

シャル「それにね...本当に...一番したいのは...」グスッ
シャル(なんで......こんなこと...)

シャル「1日でもいいから、一夏と遊びたいんだ」
シャル(言っちゃうの...私!)

一夏「...ッ......」


108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 02:51:43.14 ID:AKSQ3RwY0

シャル「ご、ごめんね...いきなり泣いちゃったりして...ハ、ハハハ...ぼ、僕、先に行くね...」タッタタタ

一夏「.........ッショウ」
一夏「......くしょう」
一夏「畜生!!!」ドンッ!!!

一夏(こんなのに何の意味があるんだ…)

シャル「もう、どうして泣いちゃうの...」グスッヒグ
シャル「僕の...泣き虫...」グス

シャル(涙で同情誘うなんて...)

一夏・シャル(ホントに...)


一夏・シャル(最低だよ...)


111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 03:04:17.13 ID:AKSQ3RwY0

シャルと約束をした後日...
――――――
購買部
一夏「ん?なんだこれ?」
『乙女の心を掴め!好きな女の子を虜にする方法100!』

一夏「コレ...男の俺ぐらいしか買う奴いないじゃん...」
購買部の女の子「ニヤニヤ」

一夏「なっ///」
購買部の女の子「キミにも1人や2人ぐらい気になる人は居るだろう?」

一夏「うぐ///」
一夏(シャ...ルル...って駄目だ!シャルルは只の友達であってそんな感情は...あーーーもう!)
購買部の女の子「フフフ、いい反応だよね...そうだ、この本置いててもあなたぐらいしか買わないんだし、半額でいいよ」

一夏「もう、買うことになってるし...」

チーン...
購買部の女の子「お買い上げありがとうございましたー」
一夏「はぁ...」

購買部の女の子「あっ、最後に...」
一夏「んっ?」
購買部の女の子「頑張ってね♪お・と・こ・の・子♪」
一夏「~~~///」


114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 03:14:19.08 ID:AKSQ3RwY0

読み返すとなんてショボイ文章だ...文才なさすぎだろ俺...

自室

一夏「えぇーっと、『自分と相手の互いの気持ちを知ることが出来る方法』...」

一夏「なっ、何ィィィィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!」

一夏「そんなことがあるのか...」ゴクン

一夏「...よし、ページを開くぞ...」ペラ

一夏「...なになに、『相手を無視する』」

一夏「.........は?」


115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 03:21:45.76 ID:AKSQ3RwY0

一夏「......そんなことできるわけ...」

一夏「...えぇっと...『期限を設けて相手を無視しながら生活をする、そして日が経てば経つほど相手が過剰な反応をすれば、脈アリです」

一夏「...そして、『自分も相手を無視して生活すると、相手が嫌なほど気になります、そして、自分がどれだけ相手が大切かを知ります、ですが...」

一夏「『あまり気にしなければ大して好きな娘ではない、ということになります...』」

一夏「『これでお互いの気持ちを知りましょう!成功すれば2人には幸せなハッピーエンドが!』」

一夏「......成程...」


118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 03:28:40.48 ID:AKSQ3RwY0

授業中...屋上

一夏「はぁ...こんなことになるなんてな...それに...」
(だって、僕...はもう...本国行...きは確定...してるんだ...だか...ら...もう...この学園に居られるのも...後、一週間...)

一夏「まさか、シャルが本国に...帰る...」

一夏「糞っ...糞っ...」

一夏「クソォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!」



千冬「授業をサボってまで何をしてるのかと思ったら...野獣の様に叫んでるとはな...」

一夏「ち、千冬姉ぇ?」


119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 03:35:41.07 ID:AKSQ3RwY0

後、少しで完結ですよ~
千冬「学校では織斑先生と...まぁ、いい...それにしても貴様は山田先生の授業をサボってまで、この屋上で何を嘆いていたのだ?」

一夏「そ、それは...」

事情説明中...

一夏「って、いうことなんだ...」

千冬「そういうことか...だいたい分かった、よし、特別に解決策を貴様にやろう」

一夏「えっ!ホントなのか!千冬姉ぇ!」

千冬「あぁ、教えてやろう、それはな...」

一夏「...ゴクリ......」




千冬「お前が死ぬことだ」


123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 03:38:40.06 ID:AKSQ3RwY0

一夏「.........えっ...」アセダラダラ

千冬「おっと、こんなところに真剣があるな」

一夏「......な、なんで、そんな都合よく...」アセダラダラ

千冬「よし、死ね♪」ニコ





一夏「ギョェェェェェェェェェェェ!!!」




124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/03/06(日) 03:39:23.39 ID:17YmKa5bO

一夏はあほだあほだと思っていたが、ここまで頭が足りなかったとは


126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 03:44:02.76 ID:AKSQ3RwY0

一夏「ハァハァ...まさか、気絶までさせられるとは...」

千冬「何を言っているたわけ、殺さないでくれただけありがたいと思え」

一夏「ハァ...ハァ...千冬姉ぇ...」

千冬「なんだ?」

一夏「俺は...どう...すれば...」

千冬「もう、自分の中で答えは出てるはずだぞ」

一夏「ハッ...その通りだよ...流石千冬姉ぇだ...」

千冬「詰まらんことを聞くな...
早く...




行け」
一夏「ああ!」




128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 03:49:27.83 ID:AKSQ3RwY0

一夏「あっ!そうだった千冬姉ぇ!」

千冬「?何だ?」

一夏「ホントにありがとな!」

千冬「!」

一夏「今までもこんな情けない愚弟を助けてくれて...ありがとな」

千冬「......フン...早く行け、間に合わなくなっても知らんぞ」

一夏「ああ!ありがと!いってくる!」ダッシュ

千冬「ホント...どうして...お前みたいな大馬鹿が私の弟なんだろうな...」




千冬「.........ホントに、どうして弟なんだろうな...」ツー


132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:03:48.80 ID:AKSQ3RwY0

一夏(シャル!)
(2日後、私と一緒にISの特訓してくれるかな?)
一夏(ああ、お前といられるなら補習だって一緒に受けてやる!)

(ねぇ、今日のお昼空いてるかな?久々に一夏と食事したいな~って思ったんだけど...どうかな?)
一夏(もし、箒の上手すぎるからあげ、セシリアの殺人サンドイッチ、鈴の酢豚が出たとしても、俺は、お前と一緒に食べる学食の飯を選ぶさ!)

(......ぼ、僕もね、いいい、一夏が居てくれたから...やってこれたんだよ...一夏が居なかったら今頃どうなってたか分からないし...だ、だから...今まで本当にありがとう...一夏)
一夏(俺はもう、お前が居ないと耐え切れない体になってるらしい、ほら、もう息だって切れてるのに走るペースが落ちないんだぜ、いままでの無視生活が嘘の様だな、ホント)

(えへへへ///ゴメンネ///)
(い~ちか!おはよぉ!!!)
一夏(シャル...シャル...)

(それにね...本当に...一番したいのは...)
一夏(シャル...シャル...シャル...)

(1日でもいいから、一夏と遊びたいんだ)
一夏「シャルゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!!!!!」


136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:10:37.24 ID:AKSQ3RwY0

シャル「!」

ラウラ「どうしたシャルロット?」

シャル「いや、何でも無いよ...」

ラウラ「ホントに行くのか...」

シャル「......うん、もう荷物も送っちゃったしね...」

ラウラ「.........」

シャル「.........」

ラウラ「今までありがとうな、シャルロット・デュノア」スッ

シャル「うん、ありがとね、ラウラ・ボーデヴィッヒ」ギュ...

ダキッ...!

ラウラ「行くなァァァァァ!シャルロットォォォォォ!」ボロボロ

シャル「うん、うん、ごめんね...ラウ...」ポロ

ラウラ「うわぁぁぁっぁぁっぁぁぁぁぁぁ」ボロボロボロ

シャル(僕も覚悟を決めないとね)




139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:14:06.73 ID:AKSQ3RwY0

シャル「」スタスタスタ

一夏「」スタスタスタ


シャル・一夏「」ピタ




シャル「......一夏...」




一夏「.........」




シャル「一夏...今から言うことだけは無視しないでしっかり聞いて」

一夏「.........」

シャル「お願い...」


145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:20:58.60 ID:AKSQ3RwY0

シャル「覚えてる?もう、結構前のことだけどさ...僕は男の子として転入してきた」

一夏「.........」

シャル「けど、そのあと、すぐに僕が女だって一夏にバレちゃったね...へへっ...」

シャル「けど、一夏は私を庇ってくれた...本当はあなたの情報収集のためだけに入れられたスパイの様なモノなのに...」

一夏「.........」

シャル「私はそれが嬉しかった...いままで生きてて一番嬉しかった...そして、気付いたら、いつも目はあなただけを追ってたの...」

シャル「私はその行為、そして、その時のあなたを想っている心がとても心地よかった...」

一夏「.........」

シャル「それも一夏がくれたモノなんだよ...」

シャル「だから、私は一夏にこの気持ちを言葉で返すよ...」

一夏「.........」

シャル「一夏...僕は...ううん、私、シャルロット・デュノアは...


151 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:26:25.28 ID:AKSQ3RwY0

一夏「.........」

シャル「.........ゴメンネ...」

シャル「こんなこと、嫌いな人から言われても迷惑だよね...」

シャル「だから僕も行くね...一...

一夏「待てよ...」

シャル「一夏が...私に向かって喋ってくれた...どうして...」ポロポロ

一夏「俺にも言わせてくれ...」

シャル「.........」ポロポロ




一夏「シャル!」


153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:33:09.24 ID:AKSQ3RwY0

一夏「今まで俺がお前を無視してたのは、只の遊びだったんだ...」

シャル「あ...遊び...?」ボロボロ

一夏「あぁ...只の遊びだ...お前の気持ちを計るだけの......遊びだったんだ...」

シャル「そ...そんな...」ボロボロ

一夏「ホントにごめん...だけど、一つ...この馬鹿みたいな遊びで気付いたことがあるんだ...」

シャル「.........」ボロボロ


155 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:35:17.14 ID:AKSQ3RwY0









シャル「シャルロット・デュノアを世界...いや、宇宙一、愛しています」













157 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:36:10.04 ID:K66OrhTh0

おい


158 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:36:44.48 ID:UdurOsOlO

まさかの自画自賛


159 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:37:13.93 ID:7aOzfSOk0

くっそ吹いたwww


160 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:37:19.25 ID:AKSQ3RwY0









一夏「シャルロット・デュノアを世界...いや、宇宙一、愛しています」
















164 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/03/06(日) 04:39:20.71 ID:TfC1kTMa0

やばい 最近1ヶ月で一番笑った


165 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:39:22.39 ID:AKSQ3RwY0

↑修正
くっそwwwww俺も見た途端度肝抜かしたわwwww
久々の徹夜はキツイなww



166 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:39:59.94 ID:1OMXHck4O

そこ一番大事なとこじゃねーかwww


167 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:40:29.60 ID:QgovH8MC0

くそワロタwwwwwwwww


168 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:40:46.78 ID:7aOzfSOk0

しかも修正もおっせえwwwwwwしっかりしろwwwwwww


174 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/03/06(日) 04:47:56.11 ID:TfC1kTMa0

まとめる時はミスも一緒に纏めてね


172 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:45:06.90 ID:AKSQ3RwY0

シャル「......ふぇ...」
一夏「.........」

シャル「い、今、愛してるって...言った...?」

一夏「あ、ああ、言った、言ったさ...」

シャル「嘘......ねぇ、もう一回言って...」

一夏「あ、あぁ!もうこうなったらヤケだ!」

一夏「俺はお前を世界一愛してる!」

シャル「うん...」ポロ...

一夏「俺はお前を宇宙一愛してる!」

シャル「うん」ポロポロ

一夏「俺はお前を銀河系で一番愛してる!」

シャル「うん!」ポロポロポロ

一夏「お前と何かを比べるまでもねぇぇぇぇぇ!とにかく、俺は!」

一夏「お前を、愛してるぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!!」

シャル「うん、僕もだよぉ!いちかぁぁぁぁ!」ボロボロ

...ダキッ


175 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:50:12.68 ID:AKSQ3RwY0

シャル「いちかぁぁっぁぁいぢがぁぁぁぁぁ!!!!!!」グス..ボロ..ヒッグ

一夏「シャル...シャルウウウウウウウウウウ!!!!!」ギュッ!!!

シャル「わだじもいぢかがいじばんづぎだよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!あいじてるよぉぉぉぉぉ!!!」ボロボロッグス、ヒッグ

一夏「ああ、分かってるよ、シャル」

シャル「もう、むじなんてしないでーー!!!いじがとはなれだぐないよぉぉぉぉ!!!」ボロボロボロボロ

一夏「ああ、もう、離れない一生だ、だから、シャル...」

シャル「?何?いじかぁ...」グスッヒグ




176 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:51:05.28 ID:r4Fic63P0

おれはでっかいでっかい赤い字でのせてくれよ


177 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/03/06(日) 04:51:37.92 ID:MaDhDe8l0

俺は黄色でお願いします


185 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 04:58:34.77 ID:AKSQ3RwY0

シャル「......ホント?...」グスッ

一夏「ああ」

シャル「ホントのホント?」

一夏「ああ、お前をここまで悲しませたんだ、責任は取らないとな...ってもう、泣き止んだな」

シャル「け、けど一夏はまだ結婚できないよ...それに僕は本国に帰らなきゃいけないし...」

一夏「まぁ、まだ出来ないけど、後、数年だろスグだ!それに、明日、帰るんだろ?だったら俺も行ってお前の父さんに挨拶に言ってやる!」

シャル「一夏ぁ...」

一夏「俺らの隔たりなんてものはもうねぇ!だから、」クスリユビ アゲル

一夏「もう一回言うぞ...」

シャル「.........」

一夏「俺と結婚してくれ」ユビワ トオス

シャル「...はい」ニコッ!!!


192 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 05:12:11.38 ID:AKSQ3RwY0

―――――5年後―――――
???「一春(カズハル)ーーー!!!ご飯出来たよぉ!!!」

一春「にゅ!ダダダダダダダダダァァァァ!!!」ドシン

???「痛っ!!まだ2歳なのに...体当たりでここまでの威力を誇るとは...」

???「フフッ...あなたばかりが私を一人占めするからじゃないかな?」

???「フン、譲る気は無いね、シャルは俺のモノだからな!」

シャル「もう、物扱いしないでよ、一夏のばぁか♪また泣いちゃうぞ♪」

一夏「また無視するぞ♪」

シャル「一夏のいじわる~」ポカポカ

一春「ダァァァァァァ!!!」ポカポカ

一夏「痛いよ、お前たち...」
これが今の俺たちの日常...あのしょうもない雑誌があったからこそ、こんな日常を手にいれられたのかもしれない...
だから、あの雑誌には感謝もしてるし、呪ってもいる...ま、俺が悪かったんだけどさ...
だから、もう、二度と自分の大切なものは無視しない...そして、絶対に離さない...
まぁ、結論を言うなら
「シャルを無視し続けたらどうなるか」
結果は
「一生、無視できないものが二つもできちまったってことだ」





196 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/03/06(日) 05:16:24.66 ID:TfC1kTMa0

つまりシャルが俺の嫁だってことが証明されたな


まとめ用


197 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 05:16:37.87 ID:AKSQ3RwY0

お前ら、こんな駄文に付き合ってくれてありがとう
代行してくれた>>1もありがとう
正直、まともなssはこれがはじめてだったけど、本当にありがとう!

じゃ、またね!


198 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 05:16:49.12 ID:7aOzfSOk0



これはシャルが一夏を無視して懲らしめないといかんな


201 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 05:25:09.05 ID:NHHUbavoO

>>198
その発想はなかった



199 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 05:20:07.80 ID:ObjT3GUp0

乙。
ハッピーエンドでよかったよ。


202 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 05:25:37.78 ID:HYvKzlOf0

まさか>>1に笑いの神がこのタイミングで降りてくるとは思わなかった


210 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 06:58:59.02 ID:2fiyI4xA0

「シャルを無視し続けたらどうなるか」
結果は
「一生、無視できないものが二つもできちまったってことだ」

なかなかナイスな終わり方だな
ラウラがすっごく不憫だけど


213 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/06(日) 09:09:09.23 ID:9DdwFalb0

にゅっぷ愛してる


194 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/03/06(日) 05:15:45.57 ID:16CP/zDO0

綺麗にまとめたな

あ、締めは俺でお願いします



元スレ:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1299336461/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP