PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:09:26.26 ID:Cdd9U+tSo

小鳥「え? な、なんですかいきなり」

P「聞こえませんでしたか? ドッキリが悪趣味すぎてアイドルに嫌われたんですよ」

小鳥「いや、聞こえてましたけど……。っていうかドッキリって、いつの間にそんなことを」

P「ほんの最近の話です」

小鳥「そ、そうですか。でも一体、どれほどのドッキリをしたんですか?
   ここの子たちってみんな優しい子ばっかりですし、
   少々のことじゃプロデューサーさんを嫌いになったりはしないと思うんですけど」

P「俺もそう思います。それだけ俺のドッキリが悪趣味だったってことです」

小鳥「ええ……」


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:10:20.99 ID:Cdd9U+tSo

小鳥「ま、まあ取り敢えずわかりました。
   それで、誰にドッキリを仕掛けて嫌われちゃったんですか?」

P「やよいです」

小鳥「えっ、やよいちゃん!? やよいちゃんがプロデューサーさんを嫌いになるって、
   それこそ全然想像できないんですけど……。一体何をしたんです?」

P「簡単に言うと、泥棒呼ばわりしました」

小鳥「……はい?」

P「プリンを勝手に食べたとかそんなレベルじゃありませんよ。
 現金を盗んだガチの泥棒呼ばわりしました」

小鳥「ええ……」

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:10:50.53 ID:Cdd9U+tSo




事務所

やよい「おはようございまーす!」

P「おっ、やよい。おはよう!」

やよい「プロデューサー! えへへっ、おはようございまーす!」

P「あはは、やよいは朝から元気だなぁ。ま、ちょうど良かったよ。
 俺は今からレッスンルームに行く用事があってな。その間、留守番頼めるか?」

やよい「お留守番ですか? もちろんです、任せてください!」

P「うんうん、やよいは頼りになるなぁ。じゃ、行ってくる!」

やよい「はい! いってらっしゃーい!」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:11:23.49 ID:Cdd9U+tSo

数分後

P「ただいまーっと」

やよい「あっ、おかえりなさい、プロデューサー!」

P「ただいま、やよい。……ん? そのお茶はもしかして……」

やよい「えへへっ、はい! プロデューサーのです!」

P「やよいが入れてくれたのか? ありがとうな! ……って、あれ?」

やよい「? プロデューサー、どうかしましたか?」

P「……財布が無い……」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:11:55.85 ID:Cdd9U+tSo

やよい「えっ?」

P「その机の上に財布を置いてたはずなんだが……」

やよい「……? ここにですか?
    何もありませんでしたけど……も、もしかして、お財布なくしちゃったんですか!?
    大変です! 早く探さないと……!」

P「……」

やよい「プロデューサー! ぼーっとしてる場合じゃありません!
    早く探さないと、プロデューサーのお金が……」

P「どこにやったんだ?」

やよい「え……?」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:12:29.06 ID:Cdd9U+tSo

P「出しなさい、やよい。俺の財布をすぐに返すんだ」

やよい「え? え……? し、知らないです! 私、知らな……」

P「嘘をつくんじゃないッ!!」

やよい「ひっ……!?」

P「お前が盗ったんだろ!? ええ!?」

やよい「ち、違います! 私そんなことしません!」

P「じゃあ誰が盗ったんだ!? ここに居たのはお前だけだよなぁ!?
 お前しかありえないよなあ!? 違うかオイ!?」

やよい「ほ、本当に知りません! 私、プロデューサーのお財布なんて見てません!」

P「チッ……。場所を移すぞ、ついてこい」

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:13:26.51 ID:Cdd9U+tSo

別室

P「……やよい、貧乏が辛いのは分かる。でも人の金を盗むなんて最低のことだぞ。
 今なら親にも警察にも言わないでおいてやる。だから早く返せ。な?」

やよい「わ、私、何も知りません! 信じてください! 確かに家は貧乏ですけど、私……!」

P「そうは言っても、確かにお前が来るまでは置いてあったんだぞ?
 それがなんで無くなってんだよ? なあ? 説明できるか?」

やよい「で、でも、私、本当に……」

P「じゃあアレか? 俺が嘘ついてるってのか? ああ?」

やよい「そ、それは……でも……」

P「でもじゃ分かんねえんだよッ!!
 置いてあった財布が消えた理由を説明しろっつってんだよ!!」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:14:46.55 ID:Cdd9U+tSo

やよい「……ひっ、ぇうっ……えぐっ……」

P「泣けば許されると思ってんのか!? ええ!? 貧乏人がよォ!!」

やよい「わ゛……私゛じゃ……ひっく……ない゛です……!
    知ら゛な……ぇぐっ……知゛らな゛いです……!」

P「……チッ……! ああじゃあもういいよめんどくせぇ!
 やるよ大した額入ってなかったし! あーあ、これだから貧乏人は嫌なんだよなぁ!」

やよい「うえぇ……ぅええぇええええん! わぁああぁあああああん!!」

P「うるせぇな泣くんじゃねぇよ貧乏人のコソ泥が! オラ顔上げろ顔! 見ろよこれ!」

やよい「えぅ、ぇぐっ……?」

P「てってれーーーん! ドッキリでしたーーーーーーーwwwwwwww」

やよい「……え……?」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:15:32.22 ID:Cdd9U+tSo




小鳥「……」

P「そのあと、やよいは泣き止んで、一応許してはくれました。
 でも、最後に悲しそうな笑顔で呟くように言ったあの言葉が忘れられません。
 『貧乏って、そんなに悪いことなんですか?』……って」

小鳥「うわああああああああああ!! 何してくれてるんですか!?
   発想も悪趣味だし、途中の言葉も酷すぎますよ!」

P「それ以降、まだやよいとまともに会話してません」

小鳥「当たり前ですよ!」

P「ドッキリって言ったのになぁ……なんでだろうなぁ……」

小鳥「悪趣味だからでしょ!?」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:17:05.68 ID:Cdd9U+tSo

P「まあやよいはそんな感じなわけですが……
 どうも他のアイドルにも嫌われちゃったっぽいんですよね」

小鳥「え!? や、やよいちゃんだけじゃなかったんですか!?」

P「はい。あずささんにもドッキリ仕掛けてしまいました」

小鳥「あずささん!? あずささんに嫌われるっていうのも相当ですよね!?
  一体どんな悪趣味なドッキリを仕掛けたんですか!」

P「ちょっとした嘘をですね、ついてみたんです」

小鳥「絶対ちょっとした嘘じゃないでしょ!」

P「AV出演が決まったっていう……」

小鳥「最低じゃないですか!!」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:18:20.98 ID:Cdd9U+tSo




あずさ「あ、プロデューサーさん。お疲れ様です~」

P「お疲れ様です。今日は時間ぴったりですね、あずささん」

あずさ「はい♪ 今日は道に迷わずにここまで来られましたから。うふふっ」

P「そうですか、それは良かったです」

あずさ「それにしても、とってもドキドキします~……。
    プロデューサーさんったら、『私の今後を大きく左右する仕事』だなんて言うんですもの」

P「はい、その通りです。とは言っても緊張することはありませんよ。
 お伝えした通り、あずささんなら成功間違いなしの仕事ですから」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:18:50.55 ID:Cdd9U+tSo

あずさ「そう言っていただけるのは私も嬉しいんですが、それでもやっぱり……。
    あの、どんなお仕事なんですか? 私、精一杯がんばりますね!」

P「はい。では企画書をお渡ししますね。これです」

あずさ「ありがとうございます~。えーっと……。
    『業界激震! 超人気アイドルAVデビュー!』……え?」

P「……」

あずさ「あ、あの、プロデューサーさん。これ、本当に私の……?」

P「はい、そうですよ。あずささんのです」

あずさ「……な、何かの間違いじゃ……」

P「間違いじゃないですよ」

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:20:41.56 ID:Cdd9U+tSo

あずさ「じゃ、じゃあ、えっと……この、AVっていうのは……?
   え、AV機器とか、そういう……」

P「あずささん、もう分かってるでしょう? アダルトビデオ、エロビデオですよ」

あずさ「……そん、な……」

P「あずささんにはAVデビューしてもらうことになりましたから。よろしくお願いしますね」

あずさ「い……嫌です。私、そんなの、嫌です……!」

P「なに、不安に思うことはありませんよ。
 あずささんの体なら、間違いなく大物女優になれます。
 あなただって自覚してるでしょう?
 自分が男の劣情を刺激するいやらしい体をしてるって……」

あずさ「や、やめてください! と、とにかく私、こんなお仕事、絶対に嫌ですから……!」

P「! ちょっとあずささん、どこへ行くんですか?」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:21:08.75 ID:Cdd9U+tSo

あずさ「失礼させてもらいます……! このことは、社長さんに言って……」

 ガチャッ

男1「うぇーい! ちわっすー!」

あずさ「!? え……!?」

男2「おお! ホンモンの三浦あずさじゃん! すげー!」

男3「ってかデカくね? いや知ってたけどマジでかくね?」

あずさ「だ、誰ですか……!? プロデューサーさん、この人たちは……!?」

P「誰って、あずささんの相手をする男優さんですよ」

あずさ「っ……!」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:21:48.40 ID:Cdd9U+tSo

男1「ささ、あずさちゃん座って座って」

あずさ「ひっ……!? さ、触らないでください!」

男2「大丈夫だって、まだいやらしいとこは触んないからさ」

男3「いやマジでけぇわ……すげぇ……」

あずさ「や、やめてください! プロデューサーさん!
    お、お願いです! こんなの、私……!」

P「ん~……どうしても嫌ですか? だったら、やめにしてもいいんですけど……」

あずさ「! は、はい! お願いします、やめて……」

P「はあ……しょうがないなぁ。じゃあ貴音にするか。えーっと、貴音の番号は、っと……」

あずさ「!?」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:22:14.97 ID:Cdd9U+tSo

あずさ「ま……待ってください! た、貴音ちゃんに何をする気ですか!?」

P「何って、いちいち説明しないと分からないんですか?」

あずさ「……! や、やめてください! 待って、待ってください!」

P「あ……? 何ですか? 変更するならさっさとしないといけないんですけど?
 言っときますけど、自分もやめろ貴音もやめろってのは無しですよ?
 胸のでかいあずささんと貴音、どちらかは絶対AVデビューさせないといけないんですから」

あずさ「ぇ……あ……」

P「……もういいですか? じゃ、貴音に……」

あずさ「っ……わ、わかりました、わかりましたから……!」

P「はい? わかった? 何が?」

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:22:51.86 ID:Cdd9U+tSo

あずさ「わ……私が、します……。だ、だから……貴音ちゃんには、何もしないで……」

P「チッ……はなからそう言やいいんだよ。
 んじゃ、早速始めるけどいいですね? もう準備はできてるんで」

あずさ「……っ、う……ひぐっ……」

P「あーあー泣いちゃったよ……まいっか。泣きながらってのもリアリティあって。
 じゃあまずキスから始めるんで、目ぇ瞑ってください」

あずさ「っ……ぐすっ……」

P「……あ、やっぱり目ぇ開けてください」

あずさ「……?」

P「てってれーーーん! ドッキリでしたーーーーーーーwwwwwwww」

あずさ「……え……?」

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:24:35.19 ID:Cdd9U+tSo




P「そのあと、一応許してはくれましたけど、その時の悲しそうな顔と言葉は忘れられません。
 『プロデューサーさんは、そんなふうに見ないでくれてると思ってました』……って」

小鳥「なんなんですか!? っていうか演技がゲスすぎるんですけど!」

P「俳優さんのですか?」

小鳥「あなたもですよ!!」

P「まあ俳優さんたちは最初から乗り気じゃなかったし、
 あずささんが泣き始めた辺りからものすごく申し訳なさそうな顔してましたけどね。
 終わったあと滅茶苦茶謝ってました」

小鳥「まともな人たちじゃないですか! そんな人たちを巻き込まないでください!」

P「あずささん、俳優さんたちには優しく笑いかけてたのになぁ……。
 俺には目を合わせてくれなかったんだよなぁ……」

小鳥「当たり前ですよ!!」

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:25:02.87 ID:Cdd9U+tSo

小鳥「っていうかさっきから、ドッキリの内容以上に
   プロデューサーさんの演技のせいで嫌われてるような気がするんですけど!」

P「上手すぎて、ってことですか?」

小鳥「そうですけど褒めてませんからね!?」

P「いやでも、俺の演技関係なしにも嫌われてるんですよね。
 響の時は俺、別にああいう感じの演技はしてないはずですし」

小鳥「は……? ま、まだあるんですか!? 今度は響ちゃん!? 何したんですか!?」

P「はい。食った豚肉をブタ太に見せかけました」

小鳥「は!?」

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:25:44.41 ID:Cdd9U+tSo




P「よし、火もかなり安定してきてやっとバーベキューって感じになってきたな!」

響「うんうん! プロデューサー、火をつけるの上手でちょっと見直しちゃったぞ!」

P「あはは、そうか? よーし、続けてじゃんじゃん焼くからどんどん食べろよ響!」

響「ありがとう、プロデューサー!
 でもちょっと申し訳ない気もするぞ。準備とか全部任せちゃったし……」

P「そんなの気にするなって。今日はお前のライブ成功のお祝いなんだからな」

響「そっか……えへへっ。じゃあ、うんと楽しまなきゃだね!」

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:26:50.47 ID:Cdd9U+tSo

P「そうそう、楽しんでくれ! 肉もいっぱいあるしな!」

響「あははっ、確かにすごくいっぱいあるぞ。
 それにしても、随分豚肉が多いんだなー。美味しいからいいけどね!」

P「ああ、今日はいい豚肉を手に入れられたからな」

響「へー、そうなの? っていうかプロデューサーは食べないのか?
 さっきから焼いてばっかりで全然食べてないぞ」

P「いや、そんなことないぞ。
 ちゃんと食べてるから、気にせずたくさん食べてくれ。特に豚肉をな」

響「……? 変なプロデューサー。ま、でもそう言うなら遠慮せず食べちゃうぞ!」

P「ああたっぷり食え。おかわりもあるぞ……」

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:30:07.84 ID:Cdd9U+tSo




響宅

響「ただいまー。みんないい子にしてたかー?」

ハム蔵「ぢゅい! ぢゅぢゅ、ぢゅぢゅぢゅ!」

響「わっ! どうしたんだハム蔵。もしかして一緒に出かけたかったのか?
 でも今日は留守番だって何日も前からちゃんと……」

ハム蔵「ぢゅぢゅい! ぢゅぢゅいぢゅい!」

響「え、違うのか? じゃあ何を……」

いぬ美「ばうばう、ばう!」

響「え……? ブ、ブタ太が居ない? 昼寝から起きたら居なくなってた……?」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:31:09.24 ID:Cdd9U+tSo

響「――おーい、ブタ太ー! どこだー!
 ……ほ、本当だ。確かに家の中には居ないみたいだぞ……」

いぬ美「ばう! ばうばう!」

響「そ、そんなことないさー! 自分、最近は誰のご飯も盗み食いしてないぞ!
 でもここに居ないってことは出て行っちゃったってことだよね……?
 よし、じゃあ自分、探してくる! みんなはここで待って……」

 ピーンポーン

響「! もー、誰だ? こんな忙しい時に……って、宅配便?」

響(なんだろう? 別に何も注文してないと思うけど……。
 っと、いけないいけない。あんまり待たせちゃ迷惑だよね!)

響「はーい、今開けまーす!」

27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:32:01.16 ID:Cdd9U+tSo

響「――と、受け取ってはみたけど……。なんだこれ? ナマモノ?
 覚えはないけど宛先はウチになってるし……」

響(……何か、変な予感がするぞ。本当はブタ太を探しにいかなきゃいけないんだけど……。
 一応、中身を確認してから行こう)

響「えっと……え? 何これ……豚肉? しかもこんなにたくさん、なんで……。
 ……? なんだ、何か紙みたいなのが入って……。ッ!?」

響(嘘、え、なんで……なんで……?
 ブタ太の、写真……。それに、これ、昼間のバーベキューの……自分の写真……!?)

響「……じゃあ、これ、まさか……!
 ひ、昼間、自分が食べたのって……あ、あぁああ……!
 嫌あぁあああああああぁあああああああッ!!!!」

 ガチャッ!

P「てってれーーーん! ドッキリでしたーーーーーーーwwwwwwww」

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:32:53.60 ID:Cdd9U+tSo




小鳥「頭おかしいんじゃないですか!?」

P「やっぱそうですかね……」

小鳥「そうですよ! 超えちゃいけないライン考えてください!!」

P「まあ確かに、錯乱して泣き喚きながら嘔吐して失神した響を見た時は
 流石にやりすぎたと思いましたけど……」

小鳥「はあああああああ!? おおごとじゃないですか!
   響ちゃんは今どうしてるんですか!?」

P「病院で点滴を受けてます。もう目は覚ましてますよ。
 まあ、『最低』って一言言ったきり口をきいてもらえてませんけど」

小鳥「でしょうね!!」

30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:34:25.80 ID:Cdd9U+tSo

小鳥「なんでそんな犯罪者の発想ができるんですか!?
   しかも異様に手が込んでるし!」

P「だってドッキリって手が込んでないと面白くないじゃないですか……」

小鳥「面白くなってないじゃないですか!」

P「でも手が込んでるかどうかにかかわらず、やっぱり嫌われるんですよね。
 やよいの時なんかもそうでしたし、あとは千早も」

小鳥「!? 千早ちゃんまで!?」

P「はい、ちょっとした嘘をつきました」

小鳥「こ、今度は一体どんな……」

P「やよいが車に撥ねられ」

小鳥「ちょっと!!!!!!!」

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:35:08.00 ID:Cdd9U+tSo

P「なんですか音無さん。まだ全部言ってませんよ」

小鳥「言わなくてもいいですよ! 何考えてるんですか!」

P「そしたら千早、過呼吸起こして病院に運ばれました。
 今はもう治ってますけど、『優のこと、知ってるはずですよね』と言ったきり、
 目も合わせてくれず口もきいてくれません」

小鳥「殴られなかっただけマシですよ!」

P「やっぱりやよいじゃなくて千早のお母さんにしておいた方が良かったですかね?」

小鳥「……く……」

小鳥(屑ッ……!)

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:35:57.08 ID:Cdd9U+tSo

P「それで本題ですけど、俺はこれからどうすればいいでしょう?」

小鳥「改めて誠心誠意みんなに謝ったのちに事務所を辞めるしかないと思います!」

P「ええ……。でも俺、まだプロデュース続けたいんですけど……」

小鳥「どの面下げてそういうこと言えるんですか!?
   もういいです! 私、今から社長に言ってきますから!」

P「あっ、ちょっと待ってください。その前にこれを見てください」

小鳥「なんですか!? もうあなたの顔も見たくな……」

P「てってれーーーん! ドッキリでしたーーーーーーーwwwwwwww」

小鳥「……え……?」

33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:36:24.13 ID:Cdd9U+tSo

 ガチャッ!

やよい「うっうー! 大成功ですー! 大成功記念のー、ハイ、ターッチ!」

あずさ「いえい♪」

小鳥「! み、みんな!」

千早「ごめんなさい、音無さん。驚かせてしまって……」

響「いいんだぞ、千早。驚かせるのがドッキリなんだから!
 えへへっ、どうピヨ子、びっくりしたでしょ?」

小鳥「えっと、それじゃあさっきのプロデューサーさんの話は全部……?」

P「はい、全部ちょっとした嘘です」

34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:37:16.01 ID:Cdd9U+tSo

小鳥「も、もうっ! だから、全然ちょっとした嘘じゃないですよ!
   私、本当に怒ったんですからね!」

P「あはは、すみませんでした」

響「でもピヨ子も簡単に騙されすぎだぞ!
 プロデューサーが自分たちにあんなことするわけないでしょ!」

千早「そうです。やっていいことと悪いことの区別くらいはつけられるかと」

やよい「プロデューサーは、とーってもいい人ですから!」

あずさ「うふふっ、私たちみ~んな、プロデューサーさんのことが大好きですよ」

小鳥「そっか……そうですよね。ふふっ……。
   私も、プロデューサーさんのこと、大好きです!」


  Happy End !

35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:37:42.88 ID:Cdd9U+tSo




P「ってな感じで万事解決ってことになりませんかね!」

小鳥「なりませんから早く辞めてください」

P「あっはい」


  おしまい

36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/08/30 21:38:14.04 ID:Cdd9U+tSo

なにこれ

付き合ってくれた人ありがとう、お疲れ様でした


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504094965/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP