PickUp
スポンサード リンク
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:31:31.88 ID:3uv3ojMy0

世界を繰り返して、出会いを繰り返して、別れを繰り返して・・・。

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:32:14.05 ID:3uv3ojMy0

4月の終わり。

花が少し残る葉桜を見つめながら、

まゆは公園で立ち尽くしていました。

モデルのお仕事、そこそこのお金。

10代の女の子としては、十分なまゆの人生。

だけど何処かむなしくて、さびしい。

お勉強は満点が取れるまで繰り返して、

運動も競争に勝てるまで繰り返して、

一番になれるまで、まゆは世界を繰り返しました。

とんでもない〝ずる 〟をしてきました。

でも・・・まゆは後悔をなくす代わりに、

納得も満足もできなくなってしまいました。

もっと良い人生、もっとしあわせな10代、

それが今じゃないどこかにある気がして・・・。



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:33:32.36 ID:3uv3ojMy0

まゆの幸福。まゆの知らない、温かな明日。

まゆはそれを追い続けて、尻尾をくわえた犬のように、

その場をぐるぐる回り続けるのでしょうか。

永遠に。

そう考えると、身体がひやっと冷たくなります。

今日は、なにか温かいものでも食べよう。

桜が散り尽くした公園から出ようとすると、

人の視線を感じました。

男の人。

くたびれたスーツを着て、困ったような、

申し訳ないような顔をしてる。


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:34:25.57 ID:3uv3ojMy0

まゆは久しぶりに、まゆが知らない人に会いました。

明日も昨日も繰り返していると、

まゆにとっては“見知らぬ”人はいなくなっていくのに。

彼は片手に雑誌を持っていました。

よく見ると、まゆが表紙に写っています。

ひょっとして、ストーカーさん?

でも、面倒になったら〝戻れば〟いいか。

そんな考えで、まゆはその男の人に話しかけました。

「…まゆに何か御用ですかぁ?」

男の人は、びくりと肩を震わせました。

年上の男の人だけど、なんだか可愛い仕草でした。


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:35:48.03 ID:3uv3ojMy0

「さっ、佐久間さん!」

「はい」

男の人は、少し上擦った声をあげました。

顔は赤くなって、足はかすかに震えています。

もしかして、 告白 ?

こんな経験も何度もしていますから、特に恥ずかしい、

うれしい、という気持ちにはなりません。

「まゆ・・・さん」

男の人は、もじもじとして言葉がつづきません。

そういえば、この人は休日の昼に、何をしている人なのでしょう。

就活、というほど若くもなさそうだけれど・・・。

「えっと、その・・・・佐久間まゆさん」

「はい。まゆに惚れましたかぁ?」

少しじれったくなって、まゆは男の人に聞きました。

すると、男の人は分かりやすく動揺しました。

「いや! その惚れたっていうか、

その・・・いや確かに惚れた。

うん、惚れた。俺は君に惚れた! 一目惚れだ!!」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:36:35.31 ID:3uv3ojMy0

緊張して縮こまっていたかと思えば、

急に大胆なことを言う。不思議な男の人。

でも、まゆはこの人とは付き合えません。

運命なんて信じていませんでしから。

胸はドキドキしないし、顔も熱くならない。

だから、交際はお断りしよう。

そう考えていたまゆに、男の人は言いました。

「佐久間まゆ。君は、アイドルになるべきだ!!」

「・・・・・はい?」

これが、プロデューサーさんとの〝初めての〟出会いでした。



8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:37:34.75 ID:3uv3ojMy0

アイドル。

キラキラ輝いて、見る者全てを魅了する存在。

みんなを笑顔にする、魔法使いのような存在

でも、それは表面上で、

実際には熾烈な競争の世界に生きている。

苦しいレッスンをこなして、オーディションを受けて、

またレッスンをこなして、他のアイドル候補生の羨望と

怨嗟の視線を浴びながら、舞台に立つ。

でもまゆは、プロデューサーさんの

スカウトを受け入れました。

 まゆはやり直せますし、

人生に劇的な変化が欲しかったから。

レッスンは、やはり苦しいものでした。

やり直すと身体の状態はリセットされてしまうから、

まゆは久しぶりに、普通の女の子として過ごしました。


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:38:45.02 ID:3uv3ojMy0

でも普通の少女では、アイドルにはなれませんでした。

初めてのオーディションの結果は散々でした。

歌の歌詞は間違え、ダンスではつまずき、

最後はとうとう涙ぐんで、審査員に呆れられました。 

やり直そう。久しぶりに。

まゆは完璧なアイドルを目指しています。

だから、この時間はもういらない。

でも、 オーディションの前日に戻ろうとするまゆを、

プロデューサーさんの声が止めました。

「まゆ!」

「プロデューサーさぁん」

自分でもびっくりするくらい、悲しい声がでました。

「まゆ。よく頑張ったな」

プロデューサーさんは、まゆのことを褒めてくれました。

「でも、まゆは失敗しちゃいました」

だから、この時間のまゆはいらない。

「プロデューサーさん・・・ごめんなさい」

“今度”はもっと頑張りますから。



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:39:48.43 ID:3uv3ojMy0

でも、プロデューサーさんは私を引き止めました。

いえ、引き止めてくれたんです。


「俺は絶対に成功するアイドルをスカウトしたんじゃない。

失敗するし転んだりもする。

〝だから〟応援せずにはいられない。

俺があの日見つけたのは、そんな女の子だ」

この時、まゆは恋に落ちました。

そして、時間を巻き戻すことをやめました。

プロデューサーさんの言葉を、なかったことにしたくなかったから。

私は以前よりも、ずっと懸命にレッスンを積みました。

プロデューサーさんの期待に応えたい。

そう強く願いました。


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:42:26.84 ID:3uv3ojMy0

念願のアイドルデビューの後は、私は夢見心地で毎日を過ごしました。

お仕事は楽しい。

他のアイドルの子達もみんないい子ばかり。

ああでも一番うれしいのは、

プロデューサーさんがそばにいること。

過去と今しかなかったまゆの明日に、

こんな幸福が待っていたなんて。

ここはまゆにとって最高の10代ではないのかもしれません。

でもずっと、ずっとこんな毎日と明日がくればいい。

本当に、そう思いました。


だけれど、“ずる”の代償は、その明日の中に待ち構えていました。


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:43:47.33 ID:3uv3ojMy0

ある日、まゆはプロデューサーさんと

一緒に外を歩いていました。

「プロデューサーさんの血液型って、B型ですか?」

「そうだよ」

「まゆもB型、運命ですね…」

運命。ちょっと気恥ずかしい。

こんな言葉を簡単に使えるようになりました。

「いや、でも俺はRh-だから」

プロデューサーさんは顔を赤くして、そうはぐらかしました。

「まゆもマイナスです」

そう言ってまゆがにっこりすると、

プロデューサーはぷいと顔をそらしました。

こんな他愛のない会話もすべて愛おしかった。

でも、突然終わりがきました。

まゆとプロデューサーさんが、人混みの中で

スクランブル交差点を歩いていると、

人がこちらへ吹き飛んできました。

重トラックが、交差点で暴走していたのです。

飲酒運転。それを、私は後から知りました。

「まゆ、あぶない!!」

プロデューサーさんは私を庇って、トラックに轢かれました。

即死でした。



13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:45:39.85 ID:3uv3ojMy0

 
「いやぁぁああああ!!」

まゆは叫び声を上げて、あの公園に戻りました。

3年前。プロデューサーさんと会う前に。

まゆは公園から飛び出しました。

こんな苦しい思いをするくらいなら、出会わなければよかった。

アイドルになんて、ならなければよかった!!

プロデューサーさんに会いたい。そんな気持ちを押し殺して、

まゆは公園から離れました。

そして駅のホームのベンチで、静かに泣きました。

プロデューサーさん。プロデューサーさん。

なんども名前を読んで。

「すみません、どうかしたんですか?」

ある男の人がまゆに話しかけてきました。

その人はハンカチを差し出して、まゆが写る雑誌を持っていました。

「…あなたの血液型は、なんですか?」

まゆはその人に尋ねました。

「え?」

その人は驚いていました。当たり前ですね。

さっきまで泣いていな女の子が、急に血液型を尋ねてきたら。

「まゆはB型です」

「あっ! え!?」

その人は雑誌と私を見比べて、また驚いていました。

でも、やっぱり変に律儀なところがあって、まゆの質問に応えてくれました。

「俺もB型だけど…」

そう、あなたの血液型は。

「「Rh-(マイナス)」」

プロデューサーさんは、呆然としてまゆを見ました。

「運命ですね…」

そう言葉にすると、また涙が、ぽろぽろと出てきました。


14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:46:53.72 ID:3uv3ojMy0

プロデューサーさんを助けないと。

 まゆはまたアイドルになって、プロデューサーさんを守ろうとしました。

 でも、三年後の4月25にまた、プロデューサーさんは死んでしまいました。

 まゆのストーカーに路上で刺されてしまったのです。

 私はまた戻って、今度はプロデューサーさんの手を引いて

東京から仙台に向かいました。

トップアイドルと敏腕プロデューサーの駆け落ち。

テレビや雑誌では、大騒ぎになっていました。
 

どこか安全な場所へ。どこか。

 そう思いながら、駅のホームにいると、

 プロデューサーさんの姿が突然消えました。

 そして、新幹線がものすごいスピードで通り過ぎて、

 ホームが血だらけになりました。

「ず、ずるいぞぉ。

 さ、さ、佐久間チャンを独り占めしようなんて、」

 Pさんは、まゆのファンによって線路に突き落とされました。



15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:48:29.19 ID:3uv3ojMy0

まゆと出会ったプロデューサーさんは死んでしまいます。

この運命は、まゆがどんな努力をしても

変えることはできませんでした。

でも繰り返しが増えるたびにまゆは理解しました。

プロデューサーさんは、まゆのせいで死んでいる。

まゆを庇って、まゆのファンに殺されて。

4月25日。

この日、部屋から全く出なければ、

まゆとプロデューサーさんが出会うことはありません。

まゆとプロデューサーさんは見知らぬ二人のまま。

まゆはマンションのドアの前に立ち尽くして、

ようやく4月26日を迎えたとき、ぺたりと座り込みました。

もう涙さえ枯れていました。

出会いはなくなりました。そして、別れさえも。

もうすぐ5月なのに、すごく寒くて、まゆは毛布にくるまって眠りました。

そうして、プロデューサーさんのことを忘れようと努力しながら、

3年間を過ごしました。

ほかのアイドルと一緒でもいい。生きてさえ、いてくれれば。


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:50:00.25 ID:3uv3ojMy0

そして4月25日の夕方、テレビをつけました。

いつもと変わらない、つまらなく、

ひどく寂しい毎日のはずでした。

「今日の昼頃…渋谷の交差点で…」

まゆははっと顔を上げました。

ニュースキャスターの声が、残酷なくらい無機質でした。

「男女4人が死亡。

 男性1人が重体となって…」

重体。プロデューサーさんは辛うじて生きていました。

「臓器の提供が…男性は…」

まゆはマンションを飛び出しました。

アイドルじゃなくなったまゆでも、魔法を起こすために。

プロデューサーさんと出会わないまま、

プロデューサーさんのそばで、明日をむかえるために。



 


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 21:51:48.42 ID:3uv3ojMy0

おしまい。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496233857/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP