PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:32:18.41 ID:3uv3ojMy0

シリーズ整理
第1作 【モバマス時代劇】本田未央「憎悪剣 辻車」
第2作 【モバマス時代劇】木村夏樹「美城剣法帖」_
第3作【モバマス時代劇】一ノ瀬志希「及川藩御家騒動」 
第4作【モバマス時代劇】桐生つかさ「杉のれん」 ここ

読み切り 
【デレマス時代劇】速水奏「狂愛剣 鬼蛭」
【デレマス時代劇】市原仁奈「友情剣 下弦の月」


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:34:33.57 ID:3uv3ojMy0

「おのれ本田未央!
 
 貴様、どの面下げて美城に帰って来た!」

怒声を張り上げるのは、

柳生新陰流、道場師範代の北条加蓮。

声こそ上げぬものの、

相手を殺気を孕んだ視線で見つめるのが、

かつて馬廻役だった神谷奈緒。

彼女達は、旧千川派の人間で

かつ渋谷凛の盲目な信奉者だった。

そしてこの2人が相対しているのは、災いの元凶であった。

「ちょっと昔馴染みに会いたくて」

本田未央は、大樹の前で肩をすくめた。

「えいやッ!」

北条は未央に斬りかかった。

未央はがっちりと攻撃を受け止め、

さらに背後に回った神谷を

後ろ蹴りで跳ね飛ばした。

「やめといたら? 命の無駄だよ」

「死ぬのはお前だ!」



3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:37:15.75 ID:3uv3ojMy0

北条はがりがりがりと、刃で未央に迫った。

「はあ…」

未央は一寸ため息をついて、

全身のばねをつかって刀身を下げた。

その勢いで、北条は地面まで押し付けられる。

未央と北条では、膂力に差がありすぎた。

「続ける?」

「まだまだ、これから!」

 北条は未央の腹に蹴りを入れて、彼女を後退させた。

 跳ね飛ばされていた神谷も立ち上がり、

 再び未央を取り囲む形になった。

 今度は、神谷が上段で未央におどりかかった。

剣術の腕前がうかがえる、完璧な振り下ろし。

その威力は束ねた薪を両断するという。

だが、未央の斬り払いはそれを上回る。

がっきと音を立てて、奈緒の太刀がへし折られた。

「なんの、まだまだ!」

奈緒は太刀を捨て、脇差を抜いた。

賞賛すべき判断力である。

しかしそれさえも、未央は破壊した。

「弾かれずに柄を握ってたところは、褒めてあげるよ」


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:40:22.42 ID:3uv3ojMy0

神谷は呆然とへたり込んだ。

北条も一瞬呆気にとられたが、

臆さずに斬り込んだ。

容赦無く、未央の頭部を狙う連撃。

しかしそれゆえ、攻めが単調になっていた。

未央は北条の剣を危なげなく受け、即座に斬り返す。

北条の右手が、ぼとりと地面に落ちた。

「もう一回言ってみなよ

“まだまだこれからだ”って」

「貴様ァ!」

北条は残った左手で、未央に殴りかかった。

凄まじい闘気の持ち主である。

だが、あまりに力量の差がありすぎる。

未央は刀を中段で、北条の拳に滑り込ませた。

魚が2枚に下されるように左腕が裂け、そのまま刃は

北条の首を両断した。

その風景を見ていた神谷は、泡を吹いて失神してしまった。

「はあ…なんで弱いくせに、命張るかな…」

女の髪でできた編み紐を弄りながら、

未央はゆっくりと、大樹に腰かけた。


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:41:56.81 ID:3uv3ojMy0

かつての美城藩では、血を血で洗う派閥争いがあった。

家老2名が死亡、同心はほぼ壊滅、

有力だった武家の跡継ぎも、多くが命を落とした。

町人に対する被害も甚大であった。

この事態を幕府が看過するはずもなく、

藩は改易処分が下された。

名前こそ残ったものの、美城は幕府の預地になったのである。

だが、この地に残る怨念か因果か。

美城ではさらなる対立が生じていた。

桐生屋と財前屋。

ともに、全国に名が響き渡る大商家である。

両者は表の客に笑顔をふりまくなかで、

裏では熾烈な闘争を繰り広げていた


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:45:05.99 ID:3uv3ojMy0

顧客の奪い合い、人材の引き抜きは日常茶飯事。

剣客を雇い、互いに命を狙い合うことさえもあった。

この両家が美城で争うことになったのは、

材木の卸売りであった。

幕領地となった美城では、その名前にふさわしい

新たな城郭が建設されることになっていた。

その規模は通常のものよりもはるかに大きく、

大量の材木、とりわけ杉が必要になった。

両家の衝突は必至であった。


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:47:32.72 ID:3uv3ojMy0

夜。

桐生つかさは屋敷でくつろいでいた。

旧木場家。かつては木場城と呼ばれ、

重厚な警備で名が知られた場所であった。

しかし木場家は派閥闘争のなか崩壊、

当主の木場は命を落とした。

つまるところ大量の人死が出たのであるが、

桐生はどこ吹く風、その屋敷を拠点にしていた。

使えるものは無駄なく使う。桐生家の家訓である。

屋敷の外では、町人らが徒党を組んで喚いていた。

「美城藩を潰すな!」

「藩主は美城様ただ1人!!」



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:48:50.79 ID:3uv3ojMy0

積極的な郷愁。

夥しい死傷者を出した後でさえ、

町人達はかつての美城を守るつもりだった。

「あやつらは何を騒いでいるのでしょうか。

 桐生や幕府が、やつらを搾取するわけでもあるまいのに」

 桐生の家来の1人が尋ねた。

 再興のために多くの雇用が生まれている。

 桐生屋も買付や土地代などで、

 大量の金子を美城に落としている。

 何が不満であるのか。

「あははは! 

 お前、商売人として半人前だな!」

 桐生は笑った。

 商家の長としてふさわしい、威厳のある笑い声であった。

「一番口やかましいのは、金を払わないやつなんだよ」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:50:02.01 ID:3uv3ojMy0

 この時の桐生には余裕があった。

 材木の卸では桐生屋に1日の長がある。

 北山、吉野、会津で土地を丸ごと買い上げ、

 長い目で杉の生育を行ってきた。

 各地から、せこせこ材木を買い付ける財前屋とは格がちがう。

 数隻船を出すだけで、大量の杉を美城に集めることが出来るのだ。

 桐生は騒ぎを肴にしながら、酒を煽った。


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:52:10.25 ID:3uv3ojMy0

 しかし桐生つかさの余裕は、数日後崩れ去った。

 杉を運んでいた廻船が、海上で沈没してしまったという。

 財前屋の仕業だ。桐生は舌打ちした。

 桐生屋は安全な輸送を行うために精緻な気候観測を行い、
 
 巨額を投じて海図を引いている。

 しかも今回は京と会津から、別々の航路は用いている。

 それで全隻沈没したというのだから、人為が働いていることは間違いない。

 どうするか。桐生は悩んだ。

 哨戒船をつけて、新しく杉を運んでくることはできる。

 しかし急がねば、財前屋に先を越される。

 卸の早さは、商人の沽券に関わる問題なのだ。 

 いや、それよりもまず自分の身を守らねばなるまい。

 海上で杉を奪うならまだしも、船ごと沈没させるような相手だ。

 屋敷1つを取り囲んで、桐生を殺害することぐらいやってのけるだろう。

 すぐにでも、護衛を雇う必要がある。

 
 


13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:54:29.34 ID:3uv3ojMy0

 翌日昼。

「ははーん。金持ちってのは、気苦労が多くて大変だな。

 ほんと、貧乏に生まれてよかったぜ」

 自ら警護を選ぶためにやってきた桐生を、木村夏樹は笑った。

 桐生は、なぜか悪い気分にはならなかった。

「お前うちで働くか?」

「やだね。

 人の下で働くのは、もううんざりだ」
 
 木村は手をひらひら振って、桐生の誘いを退けた。

 その振る舞いにさえ、かえって好感がもてる。

 木村は人を惹きつける、不思議な魅力があった。

 桐生が現在いるのは、『木村屋』という小さな商屋だった。

 家禄と職を失った者達が集まってはじめた、

 比較的あたらしい商屋だという。



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:56:17.92 ID:3uv3ojMy0

 だが、巷では凄腕の剣豪を
 
 何人も抱えていることで有名だった。

「大人数を正面から相手できるやつは何人かいるんだが…」

 木村は3人の名前を挙げた。

「杏はめんどくさがるし、きらりは殺しには向かないしな…。
 
 だりーは断るだろうし」

「金に遑はつけないぞ」

 桐生は家来にむかって顎をむけた。

 家来達が頷いて、木村の前にどっさりと麻袋を置いた。

「500両入ってる。これでも駄目か?」

「あーあー、やだやだ金持ちは。

 このままじゃ、アタシが命を狙われるようになるじゃないか」

 木村はぐちぐち言いながらも麻袋を受け取った。

「まあ。こんだけあれば人数は集まるだろ

 アタシらの所帯は金に困ってるやつばっかだしな」

 アタシも含めて。木村はにししと笑った。

 嫌味のない、良い笑顔だった。



15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:57:42.34 ID:3uv3ojMy0

「して、桐生様。杉の方はどうされますか」

屋敷に戻ると、家来の1人が尋ねた。
 
「うん」

桐生は難しげな表情をして頷いた。

杉はまた集まる。問題は、財前屋の方をどうするかだ。

見境なく船を撃沈するくらいだから、

むこうも切羽詰まっているのには間違いない。

「いっそのこと、陸路と海路をすべて封鎖しますか」

他の家来が提案した。

桐生屋の財産をもってすれば可能である。

「馬鹿! 帳尻が合わなくなるだろうが!!

 沽券を守るたって、限度ってもんがあるんだ」

桐生は部下を叱った。

商人としての矜持と、現実的な経営感覚。

桐生家の長には、それが不可欠である。

「桐生様、美城の杉を使われてはいかがですか」

また、他の家来が提案した。

町のはずれに小さな雑木林があり、

そこには樹齢数百の杉の大樹が生えている。

それを斬り倒せば、当面の時間稼ぎにはなるだろう。


16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:58:24.53 ID:3uv3ojMy0

「いや…」

桐生は珍しく、自信なさげに首を振った。

あの杉には手を出してはいけない。

桐生の直感がそう言っていた。

神が宿るだの、領民達から祀られているだの、

桐生はそういったことは気にしない。

しかし商人としての選別眼が、あの杉を拒んでいた。

「…財前の出方を見る。
 
 決めるのはそれからだ」

 桐生にしては、消極的な態度であった。

 もはや打つ手なしか。家来達は肩を落とした。


17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 17:59:45.34 ID:3uv3ojMy0

後日、木村屋から使いが来た。

身丈は4尺6寸。

はじめ皆は、童女が迷い込んだものと見間違えた。

「双葉杏と申します。

桐生様に直々にお話があり、伺いました。」

彼女は深々と頭を下げた。

ものぐさという木村の評に反して、

非常に礼儀正しい態度であった。

桐生は双葉を、自室に通した。

「お前が護衛か?

 随分頼りがいのある嬢ちゃんじゃねーの」

「ははは…申し訳ありませぬが、

私めの要件は別に御座ります」

桐生の皮肉をうまくかわしながら、双葉は話に移った。


18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2017/05/31 18:01:51.05 ID:3uv3ojMy0

「杉の原木を大陸から仕入れております」

その話は桐生にとって興味深いものだった。

だが同時に、疑わしいものだった。

なぜ桐生屋と財前屋が睨み合っている時期に、

この女が話を持ってきたのか。

それに大陸からの杉の輸入など聞いたこともない。

「…実物を見ないことには、なんとも言えない」

 桐生がそう言うと、双葉は自身の屋敷に彼女を招いた。

 木村屋は貧乏所帯と聞いたが、妙に立派な屋敷だった。

 だが、庭に原木がごろごろ転がっていたので、

 景観が台無しになっていた。

 桐生は目利きができる者に、原木を調べさせた。

「…たしかに杉ですな。それも、かなり上等な杉です」
 
 桐生は、ちらりと双葉の方を見た。

 さきほど迄の、慎ましい表情が一変していた。 

「杏が良心的な値段で売ってあげるよ」

 もちろんそれが言葉通りのはずがなく、

 桐生屋は法外な金子を支払う羽目になった。


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 18:03:50.01 ID:3uv3ojMy0


木村屋の杉によって、桐生屋は時間を稼ぐことができた。

しかし額が額ゆえに、手形での支払いをすることになった。

「悪どい商売しやがって」

 そう言いながらも、桐生は木村夏樹に手形を渡した。

 桐生の表情は笑っていた。

「悪どいのは杏ひとりだぜ?

 他は身も心も澄み渡った、綺麗な人間だ」

 アタシも含めて。木村はまた、にししと笑った。



20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 18:05:19.19 ID:3uv3ojMy0


 桐生が家来達と木村屋から出ると、

 長髪の女が外に立っていた。

 その女も家来のような人間達を連れていた。

「どうも、ご機嫌いかがかしら?

 桐生“殿”」

 財前時子。財前屋の家長で、

 嗜虐心の強い激情家として有名である。

 その彼女が、既に爆発寸前という表情を浮かべていた。

「どーも、財前屋さん。

 商売の方はうまく行ってる?」

「はっ、わざとらしい笑顔ね。

 財前屋の杉を奪っておいて!!」

 財前は激昂した。しかし、桐生達の方にはわけがわからない。

「そちらが桐生の船を沈めたのではないか!」

 桐生の家来が言い返した。
 
「お前達が先に仕掛けたのではないか!」

 財前の家来がまた言い返す。

 こうなると収拾がつかず、桐生屋と財前屋の両者は

 木村屋の前で大騒ぎになった。

 それがようやく収まった頃には、桐生と財前含め全員が、

 生傷だらけになっていた。

 大暴れしたことで少し血が抜けたのか、

 財前は落ち着いた顔で、桐生に別れを告げた。

「それじゃあまた…ご機嫌よう」

 声には、抑えがたい敵意が込もっていた。


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 18:06:26.23 ID:3uv3ojMy0

「言いがかりつけてきやがって…」

 桐生はぼろぼろの襟を直して、屋敷に戻ろうとした。

 すると、今度は商屋の中から財前の怒鳴り声が聞こえた。

 本当に悪どい奴らだ。

 桐生は木村屋の前から立ち去った。


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 18:08:14.71 ID:3uv3ojMy0

「本っ当に忌々しい!!」

 財前時子は屋敷に戻ると

 高価な壺なり、茶器なりを

 庭先に投げては打ち壊してしまった。

 集めていた材木は奪われた。

 復讐のために集めた海図に、法外な金額を要求された。

 そして、町外れの杉の大樹は斬り倒せなかった。

 妙な女が大樹を守っていたのだ。

 財前はその女を始末するために、大枚をはたいて、

 何名もの剣客を雇った。

 だが、全員歯が立たなかった。

 生き残った人間は口もきけない様子で、

 情報は詳しく聞き出せない。

 財前屋にとっては、まったくの災難続きであった。



23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 18:09:33.35 ID:3uv3ojMy0

まとまった金が入ったので、

木村夏樹は店を閉めて町へ繰り出した。

無論、男達を口説くためである。

美しい男は天下の回し者。

商人となった彼女は、

以前よりも熱心に“職務”に取り組んでいた。

そんな木村に、声をかける女がいた。

「どうしてお前はいつもいつも、私の仕事を邪魔するんだ?」

木村夏樹はからからと笑った。

良い、笑顔だった。



24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/05/31 18:10:19.10 ID:3uv3ojMy0

おしまい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496219538/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP