PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/08 19:00:27.49 ID:RVzhTg5lo


暗い夜道を歩く、バイト帰りの青年。

その目の前に、突如男が現れた。
しわくちゃの上着を着ており、普通でない、というのは明らかだ。


「待ってたぜ……」

「お前は……!」



2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/08 19:03:30.09 ID:RVzhTg5lo


「てめえ、よくも俺の彼女を奪ってくれたな」

「何をいってるんだ。彼女はとっくに君とはもう別れる、と告げたじゃないか」

「うるせえ! おおかたてめえがあいつを脅したんだろ!
 俺と別れなきゃひどい目にあわしてやる、とかなんとかよ!」

「そんなことするもんか!」


口論が始まった。


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/08 19:06:27.41 ID:RVzhTg5lo


「あいつは俺の女だ! すぐに別れろ!」

「断る! 彼女は君の暴力や自己中心さに耐えかね、僕を選んでくれたんだ。
 それを逆恨みするなんて、筋違いもいいところだ!」

「なんだとぉ!?」


青年は気弱そうな外見に反して、理不尽には容易には屈しない、という気骨を持っていた。

追い詰めるはずが、正論と気迫で逆に追い詰められ、男はナイフを取り出した。


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/08 19:09:14.39 ID:RVzhTg5lo


ナイフの切っ先はブルブル震えている。


「さあ、別れろ!」

「そんなもの振りかざしても無駄だ。君こそ、いさぎよく彼女から手を引くことだ」


まるで相手にしない、という風に青年は踵を返した。


5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/08 19:13:02.89 ID:RVzhTg5lo


次の瞬間、青年の背中に刃が刺さっていた。
何度も何度も、刺しまくった。

やがて、暗がりでも分かるほどに血まみれになり、道路に倒れる青年を見て、男は我に返った。


「人を……殺しちまった……」


元々、男には刺すつもりはなかった。ナイフはあくまで脅しのために準備した道具だった。
「君の言うとおりにしよう」という言葉がもらえれば、それでよかった。

しかし、青年の毅然とした態度が、男を凶行に駆り立ててしまったのだ。


6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/08 19:18:03.61 ID:RVzhTg5lo


とんでもないことになった……と俺は思った。

どうしてこんなことになってしまったのか、俺には分からなかった。
本来なら、俺は逃げるべきではないのかもしれない。


しかし、周囲を見回すと、パトロール中の警官がこの一部始終を目撃していたことが分かった。

俺はすぐさまこの場から離れることを決意した。


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/08 19:21:31.07 ID:RVzhTg5lo


俺は止めていた自転車に乗り、明かりもつけずに慌てて走り出した。

全身に鳥肌が立っていた。



すると、

「待てーっ!!!」

事件を目撃していた警官が、必死の形相でペダルをこぎ、俺を追いかけてきた。


8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/08 19:23:46.93 ID:RVzhTg5lo


俺は逃げながら、幾度となく後ろを振り返る。

警官は変わらぬ必死さで、俺を追い続ける。


俺には理解できなかった。

なぜあの警官は、こんなにも俺を追い回すのかを。


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2017/01/08 19:26:30.31 ID:RVzhTg5lo


二台の自転車による追いかけっこはしばらく続いたが、
追跡は止みそうにないし、足が痛くなってきたので、ついに俺は自転車のブレーキをかけた。


警官は達成感をにじませた笑顔で俺に迫ってきた。

「よしよし、ようやく観念したか」


10 : ◆erenwZ6kWI[saga] 2017/01/08 19:31:44.78 ID:RVzhTg5lo


俺は当然の疑問を口にした。


「ちょっと待って下さい! 俺たちの目の前で殺人事件が起こったっていうのに、
 なんであんたは俺を追いかけてきたんですか?
 俺はあんたがいるから大丈夫だと思って、通報もせず、あそこから逃げたのに……」


この問いに対し警官はこう答えた。


「バカ野郎! 刃物持った殺人犯なんて危ない奴を追うより、
 自転車の無灯火運転を取り締まった方が、安全に手柄立てられるからに決まってんだろ!」





― 終 ―


12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage ] 2017/01/08 20:28:14.22 ID:nh98M+rW0

おもしろかった



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483869627/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP