PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:24:19.99 ID:XR2/aIl/r.net

卯月「がんばります!」

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:24:35.60 ID:TVLgHxqe0.net

AV女優

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:27:11.92 ID:PKTm0PBv0.net

これはひどい

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:29:10.29 ID:XR2/aIl/r.net

卯月「島村卯月、AV女優がんばります!」



監督「やぁ卯月ちゃん、アイドル辞めてAV女優になるんだって?」

卯月「はい! 今日からよろしくお願いします!」

監督「よし、それじゃあ早速やってもらおうかな」

卯月「初めてのAV撮影……お相手は誰なんでしょうか……」

監督「今日卯月ちゃんの相手をしてくれるのはこの人だよ」

>>9「よろしく」

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:30:05.96 ID:tIq0IUAw0.net

渋谷凛

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:34:09.41 ID:XR2/aIl/r.net

凛「やぁ卯月、卯月がAV堕ちしたって聞いて追いかけてきたよ」

卯月「わぁ! 凛ちゃん! 凛ちゃんもAV堕ちしたんですね!」

監督「追いかけて来てくれるなんて良い友達じゃないか。初めてだし、知った者同士の方が楽だろう?」

卯月「はい! 監督さんありがとうございます!」

凛「でも卯月……本当に良いの? 卯月はAVでキラキラできるの……?」

卯月「それは……」

卯月「>>16

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:36:56.11 ID:BpNnJtQy0.net

できらぁ!

17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:44:16.05 ID:XR2/aIl/r.net

卯月「できらぁ!」

監督「ほぅ、大した自信だね卯月ちゃん。それなら卯月ちゃんのキラキラセックスで皆を笑顔にして貰おうじゃないか」

卯月「え!? 私のキラキラセックスで皆を笑顔に!?」

監督「………?」

凛「卯月……わかったよ卯月。卯月がそこまで言うならもう私は止めないよ」

凛「見せてよ、卯月のキラキラセックスを」

卯月「はい! 島村卯月、キラキラセックスがんばります!」

監督「よし、それじゃあ今日のプレイ内容を説明するぞ」

監督「卯月ちゃん達は新人だからね、プレイ内容は>>19だ」

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:45:26.51 ID:YmUWaqcX0.net

露出

20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:50:47.93 ID:XR2/aIl/r.net

監督「露出プレイだ!」

凛「ちょっと待ってよ監督。まだカメラの前でするのにも慣れてないのに、いきなり露出なんて……」

監督「だから良いんじゃないか。何もかも初めての初々しさがウケるんだよ」

卯月「凛ちゃん! AV堕ちしたアイドルの扱いなんてこんなもんですよ!」

凛「卯月……。でも、それでも私達この間までアイドルだったんだよ? 私はともかく、卯月にこんな扱い許せないよ」

監督「何言っても無駄だよ。もう決まってるんだから。ほら、外に出るから早く準備して」

凛「ちょ、ちょっと待ってよ……!」

>>23「ちょっと待った!」

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 18:54:42.53 ID:3Xo59jN5d.net



26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:01:19.23 ID:XR2/aIl/r.net

俺「ちょっと待った!」

卯月「俺さん!」

監督「誰だお前は」

凛「俺……間に合ったんだ……!」

俺「ああ、凛。美城のババアに話をつけてきた。二人とも芸能界に復帰できるぞ」

卯月「本当ですか!?」

俺「ああ、だからAVになんて出る必要はないんだ!」

凛「俺……!」

俺「さぁ、事務所に帰ろう。皆が待ってる」

監督「待ちやがれ! そんな勝手なこと許されてたまるか! こっちはもう告知までしてるんだぞ!」

俺「やれやれ……」

監督「契約もしてたんだ! AV撮らねぇなら違約金を払うんだな!」

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:04:46.60 ID:XR2/aIl/r.net

俺「その契約書ってのはこれかい?」ピラッ

監督「な!? な、なんでテメェがそれを!?」

俺「探し物が得意なアイドルが知り合いにいてね」ビリビリ……

監督「あ、ああ……契約書が~……」

俺「さぁ、これで安心して事務所に帰れるぞ。行こう、二人とも」

卯月「はい!」

凛「ありがとう……俺……!」



ハッピーエンド

33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:11:16.29 ID:Czj4hwLc0.net

流石俺さん
ありがとう!

34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:14:15.34 ID:XR2/aIl/r.net

卯月「……という夢を見たんです」

みく「卯月ちゃんは何を言ってるにゃ……。だいたい俺っていう人は誰の事か全然わからないにゃ……」

卯月「でも、女の子なら憧れちゃいますよね。ピンチに誰かが駆け付けてくれるって素敵だと思いませんか?」

みく「それは分からなくもないけど……でもそのピンチの状況がAVってどうなの……」

>>37「二人とも何の話をしてるの?」

37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:14:53.81 ID:wgn7sftm0.net

美波

38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:18:57.92 ID:XR2/aIl/r.net

美波「二人とも何の話をしてるの?」

卯月「あ、美波さん!」

みく「卯月ちゃんがアイドルらしからぬ夢を見てた話にゃ」

美波「夢の話?」

卯月「美波さん。美波さんは変わった夢って見たことないですか?」

美波「変わった夢? そうね……」

美波「>>40した夢かしら」

40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:19:42.71 ID:JLeEYWDua.net

AVデビュー

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:24:07.78 ID:XR2/aIl/r.net

美波「AVデビューした夢かな」

みく「卯月ちゃんと同レベルにゃ……」

卯月「わぁ! 偶然ですね! 私もAVに出る夢だったんですよ!」

美波「あ、ううん違うの。私の場合はAVデビューっていうより、出番が来る直前に誰かに助けられたの」

みく「え」

卯月「ええ!? 私もなんですよ! AVが始まる直前に俺っていう人が現れて……」

美波「え? 卯月ちゃんも? 私を助けてくれたのも俺って人で……」

みく「え、なにこれ怖い」

>>47「どうしたの?」

47 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:25:58.92 ID:YmUWaqcX0.net

きらり

50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:29:44.32 ID:XR2/aIl/r.net

きらり「オッスオッス☆ みんな何の話してるにぃ?」

美波「きらりちゃん。それがね、卯月ちゃんと私が同じ夢を見てて……それで不思議だなって話をしてたの」

卯月「凄い偶然ですよね!」

みく「……一応聞くけど、きらりちゃんは何か変わった夢を見たことある?」

きらり「変わった夢~? ん~、きらりはねぇ~」

きらり「>>54

54 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:31:15.23 ID:YmUWaqcX0.net

他の人の夢を覗く夢

56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:36:41.70 ID:XR2/aIl/r.net

きらり「他の人の夢を覗いちゃう夢を見たよぉ?」

みく「夢の中で夢を覗くって……まぁ変わってると言えば変わってるにゃ……」

きらり「あ、それでねぇ~、きらり、夢の中で卯月ちゃんの夢も覗いてたんだよぉ?」

卯月「わぁ、私も夢ですか? 私、どんな夢を見てましたか?」

きらり「それがねぇ? うぇへへへ、卯月ちゃん、エッチな撮影に出る所を男の人に助けられる夢を見てたにぃ」

卯月「え」

みく「ちょ、ちょっと待つにゃ! 怖い怖い!」

美波「き、きらりちゃん……私の夢は覗いた?」

きらり「あ、美波ちゃんも卯月ちゃんと同じ夢だったよぉ~?」

みく「怖い! いったい何が起きてるにゃ!?」

57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:40:47.15 ID:XR2/aIl/r.net

みく「ちょ、ちょっと落ち着いて考えるにゃ……」

卯月「私と美波さんが同じ夢を見て」

美波「それをきらりちゃんが覗いていた?」

きらり「うえぇ?」

卯月「こ、これは偶然なんでしょうか?」

美波「もしかして何かが原因で私達の夢が繋がったり……」

みく「きらりちゃん、他の人の夢は覗いた?」

きらり「他の人? えっとね~」

きらり「>>59の夢を覗いたにぃ」

59 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:41:41.15 ID:jQYNEQFY0.net



61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:49:16.41 ID:XR2/aIl/r.net

きらり「俺っていう人の夢を覗いたよぉ?」

卯月「あ! その人!」

きらり「うきゅ?」

美波「その人、私達の夢に出てきた人なのよきらりちゃん」

みく「き、きらりちゃん、その人はどんな夢を見てたにゃ?」

きらり「う~ん、夢っていうよりはぁ~、きらりが覗いてたらすぐに気付いて振り向いてぇ……」

きらり「『覗くな』って言ってきらりに手を伸ばしてきた所で目が覚めたんだにぃ」

みく「怖いにゃ! もうダメにゃみくは帰るにゃ!」

卯月「でもみくちゃん、今帰って寝ると夢に俺さんが」

みく「やめるにゃ卯月ちゃん!」

美波「でも、本当に何なのかなこの夢。俺って人が共通してるんだけど……」

>>64「どうしたの?」

64 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:50:53.74 ID:htb0Ihak0.net

ウサミン

66 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 19:56:18.02 ID:XR2/aIl/r.net

菜々「皆さんどうしたんですか?」

卯月「菜々ちゃん! 菜々ちゃんなら何か知ってるかもしれません!」

菜々「え、え!? きゅ、急に何なんですか!?」

みく「ちょっと待つにゃ卯月ちゃん! その前に……」

美波「菜々ちゃん、最近変な夢を見なかった?」

菜々「変な夢ですか? い、いえ菜々は夢をあまり見ないので……」

きらり「それじゃあ、菜々ちゃん、俺っていう人、何か知ってゆ?」

菜々「へ? 俺さんですか?」

卯月「菜々ちゃん、知ってるんですか?」

菜々「え、ええ……俺さんっていうのは……」

菜々「>>69

69 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 20:02:22.46 ID:EUTfLhfg0.net

コブラ

70 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 20:11:52.38 ID:XR2/aIl/r.net

菜々「コブラさんじゃないですか」

卯月「コブラさん?」

美波「そんな人いたかな?」

きらり「きらり、そんな人知らないにぃ」

みく「だいたいコブラなんて変わった名前の人がいるわけないにゃ…」

「いるぜ! ここに一人な!」

菜々「は!? そのシルエットはまさか!?」

コブラ「ヒュ~。悪いなお嬢さん方。クリスタルボーイの奴が他人の夢を操る機械で悪さしてたもんで、大急ぎで悪夢に変えられたお嬢さん方を救うために俺も夢に飛び込んだってワケよ」

卯月「わぁ! そうだったんですか! ありがとうございますコブラさん!」

美波「ありがとうコブラさん。助かりました」

コブラ「なぁに、カワイコちゃんはベッドよりもステージの上で踊ってるのが似合ってると思ってね。お節介だったかな?」

菜々「いえいえ、悪夢ってのは精神的に良くないですからね」

みく「なんで皆これで納得してるの……」

71 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 20:14:33.77 ID:xzva2ZXY0.net

コブラじゃねーか!

74 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 20:20:49.16 ID:XR2/aIl/r.net

きらり「うきゅ? それじゃあ、きらりに『覗くな』って言ったのもコブラさん?」

コブラ「おっと、そいつは恐らく俺じゃなくてクリスタルボーイのやつだな。たまたま機械とシンクロしたきらりちゃんに覗かれたんで焦ったんだろう」

コブラ「さて、そろそろ奴にお灸を据えてやらなくちゃな。このサイコガンでな」

卯月「あ、もう行っちゃうんですか?」

美波「あの、せめて悪夢から救ってくれたお礼に何か……」

コブラ「くぅ~、嬉しいねぇ~。でもなお嬢さん方、俺の手はこの通り危険な代物よ。お嬢さん方とお茶するにはちょっと不釣り合いってもんさ」

コブラ「次のステージ楽しみしてるぜ! あばよ!」

卯月「……行っちゃいましたね」

美波「私達の知らない所で色々な事が起こっているのね……」

きらり「コブラちゃんならきっとクリスタルボーイに勝てるにぃ!」

菜々「ええ、私達はそれを信じてステージの上で踊るしかありません」

卯月「ありがとうございます……コブラさん……」





みく「こんなオチみくは認めないよ!」


終わり

76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 20:22:28.99 ID:htb0Ihak0.net

イイハナシダナー


79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 20:29:30.89 ID:Nc6oZxHN0.net

やはりコブラはいい男よな

80 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/31 22:35:57.89 ID:TifM6EtG0.net

ヒューッ!


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1477905859/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP