PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 15:36:06.21 ID:Q+0Wp8fP0

P「ほんとなのかゆかり!」

ゆかり「はい……あれを見てください」

P「あ、あれは……!?」

みちる「パクパク」

法子「モグモグ」

P「みちるがドーナツ、法子がパンを食べている……!?」

ゆかり「おそらく……何かの拍子に人格が入れ替わってしまったものと……」

P「なんてこった……!」

みちる「パクパク」

法子「モグモグ」


2 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 15:37:19.87 ID:Q+0Wp8fP0

有香「おはようございます」ガチャ

P「有香か、いいところに来た」

有香「どうしたんですか?」

P「口で説明するより早いな……こいつを見てくれ」

みちる「パクパク」

法子「モグモグ」

有香「法子ちゃんがパンを……!?そしてみちるちゃんはドーナツ……これはまさか!」

P「ああ……どうやら中身が入れ替わっているようだ」

有香「やはり……!」

3 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 15:38:29.10 ID:Q+0Wp8fP0

P「有香もそう思うか……」

有香「間違いないと思います、なにせこの二人ですし……」

ゆかり「そうですね……私がリコーダーを吹いてるようなものですから……」

P「ゆかり」

ゆかり「はい」

P「さて、どうしたものか……」

有香「戻せるんですかね」

ゆかり「えっ、あの」

4 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 15:39:42.98 ID:Q+0Wp8fP0

P「なにか元に戻す方法はないだろうか」

有香「うーん……頭を打ったとかなら私がもう一度打撃を加えるんですけど……」

ゆかり「かかと落としですか?」

有香「残念ながら身長が足りないので……」

P「それ以前にアイドルにかかと落とししないで?」

ゆかり「フルートパンチでしたらどうでしょう」

P「ゆかり」

ゆかり「はい」

P「しかし困ったな……有香はどう思う?」

有香「うーん……」

ゆかり「えっ、あの、えっ」

5 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 15:54:10.64 ID:Q+0Wp8fP0

ゆかり「あ、一つ思いついたことがあるのですが」

P「なんだい?」

ゆかり「その……今似たような状況の映画がやってますよね、入れ替わってしまう」

P「やってるな」

ゆかり「その主題歌を私が吹いてみるというのは……?」

P「ゆかり」

ゆかり「はい」

P「…………」

ゆかり「…………」

P「冴えてるなそれ」

ゆかり「……//」

6 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 15:55:46.26 ID:Q+0Wp8fP0

P「ということでお前のフルートが頼りだ……頼んだぞ」

ゆかり「では……行きます!」

\ゼンゼンゼンセー/

P「いやあ、心に染み渡るような音色だなぁ」

有香「地味に即興で吹けるのすごいですね」

ゆかり「……ふぅ。終わりました」

P「よくやった!有香、二人はどうだ!?」

有香「それが……」

みちる「パクパク♪」

法子「モグモグ♪」

有香「こころなしかリズミカルに食べてます」

P「くそっ!失敗か!」

7 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 15:57:15.84 ID:Q+0Wp8fP0

有香「まあ無理ですよね」

P「まあな」

ゆかり「えっ」

P「しかしフルートで駄目ならもう……超能力でもなけりゃ無理じゃないか?」

裕子「超能力!呼びましたか!」

有香「そうですね……」

裕子「お困りでしたら!そう!このサイキッカーユッコにですね!」

ゆかり「まずは原因を探ってみる……というのはどうでしょう」

裕子「お任せ……あれ!?声届いてませんかこれ!?」

P「今日ゆかり冴えてる」

ゆかり「……//」

裕子「サイキック幽体離脱……?もしかしてサイキック幽体離脱をしてしまったのでは……!?」

P「してないよ」

裕子「急に触れてくる!」

8 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:02:31.53 ID:Q+0Wp8fP0

裕子「なるほど、二人が入れ替わってしまったと……」

P「ああ……正直お手上げだ」

ゆかり「どうして入れ替わってしまったんでしょう」

P「そうだな……裕子のサイキック以外の何かしらの理由があると思うんだが……」

有香「あらかじめサイキック発言を潰すスタイル」

裕子「あ、そういえば心当たりがありますよ!」

P「ほんとかユッコ!」

裕子「はい、今朝の話なんですけど……」

9 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:03:20.38 ID:Q+0Wp8fP0

法子『みちるちゃんおはよー!今日もドーナツ日和だね!』

みちる『おはよう法子ちゃん!寒くなってきましたしパンが美味しいですね!』

法子『うんうん!じゃあドーナツ食べよっか!』

みちる『あたしはパンを食べます!』

法子『モグモグ……あっ!これドーナツじゃない……ベーグルだ!』

みちる『あたしのもパンじゃなくてあんドーナツでした……』


裕子「……というのを見かけました!」

有香「これお二人は仲いいんですか……?」

P「めっちゃ仲良しだよ」

10 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:05:54.42 ID:Q+0Wp8fP0

P「まあ二人の仲は置いといて」

裕子「おっ、サイキック後回し」

P「おそらく……今朝のその出来事が原因だろうな」

ゆかり「と言うと……?」

P「法子はドーナツだと思ってパンを食べ、みちるはその逆をした……そこで脳が混乱をきたしてしまったわけだ」

ゆかり「はい」

P「つまり、パンとドーナツが混ざりあってしまった結果……二人の意識も混ざってしまったんだ!」

ゆかり「なるほど……!」

裕子「一理ありますね!」

有香「間違いないと思います!」

11 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:07:30.52 ID:Q+0Wp8fP0

P「そうと決まれば後は戻す方法だな!」

裕子「頭が混乱しているなら……みちるちゃんにパン、法子ちゃんにドーナツをあげてみるというのはどうでしょう!」

P「うーん、思いつかないな……」

裕子「あれ?また声届かなくなりました?」

ゆかり「でしたら……二人の食べているものを取り換えてみるなどは……」

P「それだ!」

裕子「言った!それ私今言いました!ユッコです!どうもエスパーユッコです!」

有香「無視に耐えかねて自己紹介を始めた……」

12 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:10:08.68 ID:Q+0Wp8fP0

P「よし!さっそく食べさせてみるか!」

みちる「パクパク」

法子「モグモグ」

P「じゃあとりあえずみちるの食べてるドーナツを取って……」グッ

みちる「パクパク」グッ

P「取っ……離さねえなこいつ……ほら!一回食べるのやめなさい!この!」グググ

みちる「パクパク」グググ

P「うおおおおおおおおおお」グググ

みちる「パクパク」グググ

P「くそっ!取れねえ!」

有香「弱すぎません……?」

みちる「パクパク」

13 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:11:43.56 ID:Q+0Wp8fP0

P「取れないから別の手段を考えよう」

有香「諦めるの早いですよ!」

P「そうだな……法子の方は流石に渡してくれるだろうし……な、法子」

法子「モグモグ」

P「……」グッ

法子「モグモグ」グッ

P「…………!」グググ

法子「モグモグ」グググ

P「……やっぱり別の手段を考えよう」

有香「弱すぎません!?」

14 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:12:49.26 ID:Q+0Wp8fP0

P「中学生の女子に負けるなんて思わなかった……」

裕子「これはもうサイキックで口に送り込むしかないのでは!」

P「もうそれでいいよ……」

裕子「あれ!?投げやり!」

有香「だいぶ心折れてますね」

ゆかり「あ、でも見てください皆さん!」

P「どうした?……こ、これは!?」

みちる「パク……」ションボリ

法子「モグ……」ションボリ

P「しょんぼりしてる!」

有香「無くなったんだ!ずっと食べてたから食べつくしちゃったんだ!」

裕子「今ですプロデューサー!」

P「よっしゃ!」

15 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:13:47.64 ID:Q+0Wp8fP0

P「ほら法子ドーナツだぞ!食え!」

みちる「……!」

法子「……!」

P「あっこらみちるは違うだろ!お前にもちゃんとやるから!ほら待て!おすわり!」

みちる「フゴ……」シュン

裕子「なんか犬のしつけみたいですね」

有香「たしかに」

ゆかり「可愛いですよね、わんちゃん」

16 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:14:22.52 ID:Q+0Wp8fP0

P「ということでみちるにパン、法子にドーナツを渡しました」

法子「パクパク」

みちる「モグモグ」

裕子「食べてますね」

有香「まあ普段はこうですからね」

P「何か変化あるか?」

ゆかり「今のところ特には……」

P「まあユッコ発案だしな……」

裕子「さっき無視したのに責任だけは負わせてくる!」

17 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:15:12.59 ID:Q+0Wp8fP0

P「うーん、駄目か……?」

有香「いえ!あれを見てください!」

法子「パクパクパクパク」

みちる「モグモグモグモグ」

P「なっ……食べるスピードが突然早くなった!」

有香「きっと本来の自分を取り戻しつつあるんです!」

裕子「なら、このまま食べ続ければ……!」

P「よし!ありったけのパンとドーナツを持ってくるんだ!」

ゆかり「はい!」

法子「パクパクパクパク」

みちる「モグモグモグモグ」

18 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:16:42.80 ID:Q+0Wp8fP0

P「……よし、なんとか満足してもらえたな」

法子「……」ケプゥ

みちる「……」ケプゥ

有香「思っていた5倍くらい食べましたね」

P「ああ……だがきっとこれで元に戻ったはず……!」

ゆかり「でも、どうやって確かめるんですか?」

P「簡単だ、法子にパンとドーナツを見せてドーナツを選んだらいつもの法子だ!みちるも同じくな!」

裕子「なるほど!」

有香「確実な方法ですね!」

ゆかり「間違いないです」

P「よし!じゃあ行くぞ……!」

19 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:17:26.47 ID:Q+0Wp8fP0

P「法子、このパンとドーナツどっちが食べたい?」サッ

法子「…………」

裕子「ごくり……」

法子「…………」スッ

ゆかり「ドーナツを選びました……!」

P「成功だ!みちるはどうだ?」

有香「もう食べてます」

みちる「モグモグ」

裕子「やりましたね!」

P「ああ!」

20 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:19:50.51 ID:Q+0Wp8fP0

P「いやあ一時はどうなることかと思ったけど元に戻ってよかったな」

有香「反対のものを食べてたときは焦りました」

P「あんなの誰だって焦るさハハハ」

有香「それもそうですね!」

ゆかり「うふふ」

P「ハハハ」

―――――――――――――――――――――――――――

P「……ということがあったんだけど」

幸子「知りませんし絶対入れ替わってませんよそれ!単に交換しただけですよ!なんか誰も触れてないですけど!戻った判断基準もまた曖昧ですし!というかみちるさんと法子さんはなぜ一言も喋ってないんですかね!?」

P「流石幸子、流れるようなツッコミだ……あ、もういいぞ」

幸子「……えっ、まさかそのためだけにボクを呼んだんですか」

P「オチ水幸子」

幸子「上手くないですよ!?」


~おわり~


21 : ◆xKvrHrf8KCut[saga] 2016/11/08 16:22:03.36 ID:Q+0Wp8fP0

はい!というわけで流行りの入れ替わりネタですね!映画はまだ見てません!
チームフラワーいいですよチームフラワー!掛け合いが楽しいです。今回掛け合いしてないですけど。というかなんもしてねえ……

そんなこんなで読んでいただきありがとうございました!僕はチームフラワーPに見つかる前に高跳びします!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478586965/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP