PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 13:41:38.05 ID:Kywlu1d70

P「ハロウィンだし>>5にトリックオアトリートで強襲をしかけるぞ!!!!」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:11:08.70 ID:LWtgznxL0




6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:16:13.91 ID:Kywlu1d70

及川雫(16)
ttp://i.imgur.com/gyvkh9O.jpg


P「しーーずーーーーくーーーーー!!!」

雫「あれー、プロデューサー。おはようございますー」

P「トリック・オア・トリィィイイイイト!」

雫「とりっく……? えーっと、なんでしょー?」

P「イタズラか、お菓子か。選ぶんだ! さぁ!」

雫「お菓子が欲しいんですかー? でも私、お菓子なんて持ってませんよ?」

P「なら、イタズラだな」

雫「えぇー? それは困りますー……」

P「俺だって困るんだ……お菓子を持ってない雫が悪い!」

雫「そうなんですかー……じゃあ、イタズラってなにをするんですかー?」

P「イタズラの内容だと? そんなの決まっている……>>9だ!!!」


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:21:41.06 ID:pxxTjfGO0

ちちしばり


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:22:52.38 ID:H6afTvrw0




11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:26:50.68 ID:Kywlu1d70

P「ちちしぼりだぁぁぁああ! ひぃやっはぁああああ!!!」

雫「えぇー? でもこんなところじゃ無理だと思いますけどー」

P「うるせぇ! 車に乗りやがれぇっ!!」

雫「あーれー」

  ガチャッ  バタン  ブロロロロロロ……


P「へっへっへ、覚悟しろよ雫ゥ……」

雫「プロデューサーの目、狼みたいですー……」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:27:21.70 ID:Kywlu1d70

しばりじゃねぇか!

しばりじゃないか!!!!


ごめんね!!!!まちがえた!!!!


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:31:36.13 ID:Kywlu1d70

P「そうだ、雫ゥ……ひとつ訂正することがある……」

雫「なんですかー?」

P「しぼりじゃなくてしばりだ!」

雫「しばりですかー……なにをですかー?」

P「ちちをだ!」

雫「そうなんですかー」

P「そうなんですよー」

雫「……縛ってどうするんですかー?」

P「そんなこと俺が知るか!」

雫「えぇー?」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:36:17.01 ID:Kywlu1d70

――――

――

雫「あぁー、やめてくださーい!」

P「やめてと言われてやめるやつなんかいないんだ! 覚悟しろォ!」

雫「あーれー」

P「フッフッフ、縄が食い込んでるぞぉ……?」

雫「そ、そんなこと……」

P「いやらしいなぁ、そう思わないか雫ぅ……」

雫「いやですー、見たくありません……」

P「目をそらすんじゃない……お前の……」


P「お父さんが縛られているところからなぁ!!!」

父「ムゥン!」ビシィーン

雫「そんなー……」


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:38:07.06 ID:Kywlu1d70

P「どうだ、見事だろう」

父「ムー、ムゴムゴ」

雫「お父さん、痛くないの……?」

父「ムッ!」グッ

P「大丈夫だ。俺はプロデューサーだからな」

雫「そうなんですかー……」

P「……」

雫「……」

父「……ムグムグ」

P「あ、ご協力ありがとうございました」カポッ

父「いえいえ、いつも雫がお世話になってます」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:40:12.25 ID:ep9mbGY80

これぞ父縛り


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:44:11.38 ID:Kywlu1d70

父「雫からはいつも話を聞かせてもらってますよ。いつも楽しそうに話をしてて……」

雫「お、お父さーん!」

父「ハッハッハ、これは叶わんな。やめておこう」

P「それじゃあ家までお送りしますので」

父「大丈夫ですよ。帰りの電車はとってありますから」

P「そうなんですか? もう少しゆっくりしていっても……」

父「いいんです。娘の元気そうな姿も見れましたし、それに……」

P「?」

父「……2人の邪魔をするのもヤボでしょう?」

雫「もーっ、お父さんってば……」

P「いやはや、ハッハッハ」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:49:31.32 ID:Kywlu1d70

雫「すみません、プロデューサー……」

P「いやぁ、お父さんにはいろいろ言われちゃったよ」

雫「……」

P「……」

雫「あのー、プロデューサー?」

P「なんだ?」

雫「これからも、もーっと近くで見ててくださいねー?」

P「おう、もちろんだ!!」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:50:15.85 ID:Kywlu1d70

P「雫へのイタズラは大成功だな!!!」


P「次は>>30にトリックオアトリートだぜ!!!!」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 14:56:52.61 ID:ep9mbGY80

礼子さん


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:06:18.61 ID:Kywlu1d70

高橋礼子(31)
ttp://i.imgur.com/uw8KWR3.jpg


P「んるぇいっこさぁあああん!!」

礼子「あら、プロデューサーくん?」

P「トリィック・オア・トリィィット!!!!」

礼子「トリック……あぁ、そういえばハロウィンだったかしら」

P「そうですよ!! さぁさぁ!!」

礼子「うぅん、残念ながら持ってないわね……」

P「なら! イタズラしますね!」

礼子「まぁ怖い。何をする気なの?」

P「それは……>>40です!!!」


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:10:59.43 ID:ep9mbGY80

着エログラビア撮影


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:14:28.28 ID:Kywlu1d70

P「グラビアです!!!!」

礼子「……それってお仕事?」

P「個人的なものです!!!!!」

礼子「そう……ふふっ、どんなものなの?」

P「着エロがいいです!!」

礼子「……」

P「どうしました!」

礼子「うん、男の子だものね……」ナデナデ

P「わぁい撫でられた!」


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:17:37.10 ID:Kywlu1d70

P「礼子さんすごいです!!! 色気たっぷりです!!」

礼子「ふふ、ありがとう……」

P「あっ、脱がないで! そのまま!」

礼子「……こう?」

P「はい!!!! 最高です!!!!」

礼子「ふふ、綺麗に撮れてる?」

P「すごいですよ! すごくすごいですよ!!」

礼子「なら、よかった。満足かしら?」

P「はい!! ありがとうございます!!!」


46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:21:13.33 ID:Kywlu1d70

礼子「………」シュルッ…

P(半脱ぎ、濡れ透け、ほのかに見える肩、首筋――セクシーだ!)

礼子「……ところで、なんだけれど」

P「えっ、はい!」

礼子「トリックオアトリート?」

P「へっ?」

礼子「プロデューサーくんばっかりイタズラするんじゃ……不公平でしょう?」

P「れ、礼子さん近いです! 待ってください! タイム!!」

礼子「ほら、お菓子をくれなきゃ――」カプッ

P「うひぃっ!?」

礼子「イタズラしちゃうぞ?」

P「あ、あぁぁ……うわあああぁぁぁぁぁあ」

  アッー


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:23:36.58 ID:Kywlu1d70

P「貴方ならどうする……? 最高だった……」

P「………」

P「……グラビア写真は個人的に保存しておこう……うん……」



P「……次は>>53にトリックオアトリートしよう」

P「後、その前にお菓子買っておこう……」


53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:25:08.69 ID:XTu0Fucj0




54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:32:37.19 ID:Kywlu1d70

双葉杏(17)
ttp://i.imgur.com/k4gsoCr.jpg


杏「うへへ、やっぱりゴロゴロするのって最高だなぁ……」

P「最後のガラスをぶち破れー!」
 *                           *
  *  ( \/ /__    <./|   /| +     /\___
   + ..ヽ/ /P  /⌒ヽ  / .| / /     /    //
。     / /\/ ,ヘ  i   ̄ > \_/ * /____//
      し' \_/    i  />      ̄ ̄ ̄ ̄           ガッシャーンッ!
   +     i⌒ヽ  ./   ̄>__  + 。    ..|| |::
     /⌒ヽ i  i  \(    .|/  / /\  + .|| |::
 *  ..i    | /ヽ   ヽ  *∠__/   ̄ +  *..|| |::
     ヽ ヽ| |、 \_ノ  >   <>  *    || |::
  。    \|  )  ̄  ./V   *     。   .|| |::
____  .ノ ./⌒)∧ /  ..+_________||___
  。  / し'.ヽ ( .∨    /\________|__|
    //    し'  / /\ + ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

杏「なっ!?」

P「おはよう、杏!」

杏「いやいや、なにやってんの!?」

P「アンタに笑顔を持ってきた!」

杏「やかましいっ!」


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:36:03.08 ID:Kywlu1d70

杏「いったい何の用? 今日は杏、お休みだよ?」

P「そうだな、ちゃんと休みだ。偉いぞ杏」

杏「いや、うん……ガラス……」

P「大丈夫、弁償するから」

杏「家でダラダラできないじゃん……もー……」

P「それはさておき、トリックオアトリート!!」

杏「トリック……? あー」

P「さぁ、イタズラか、お菓子か! どうする!」

杏「……飴あげたくないし。イタズラとか好きにしていいから早く帰ってよ」

P「ほほう、言ったな? なら>>60してやるぜぇっ!!」


60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:41:14.00 ID:K5fa9ckUi

ぺろぺろ


61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:45:57.51 ID:Kywlu1d70

P「ぺろぺろしてやるぜぇっへぇ!」

杏「うわぁ……」

P「すごい、視線が冷たい」

杏「流石の杏もドン引きだよ……大丈夫? プロデューサー、仕事のし過ぎでおかしくなってない……?」

P「杏が優しい!!」

杏「私はいつだって優しいよ。うん、だからとりあえず休もう?」

P「それは断る!!!」

杏「うわぁ………」

P「なんかちょっとその目がクセになりそう!」

杏「あぁ、そう……」


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:51:40.12 ID:Kywlu1d70

P「というわけでだ」

杏「うん」

P「ペロペロさせてくださいッッ!!!」ズシャァッ!

杏「うわぁ綺麗な土下座」

P「大丈夫、先っちょだけだから! なっ?」

杏「杏としては通報するべきか入院を勧めるべきか悩んでるんだけど」

P「オフを……休暇をとってくるから………!!!」

杏「……そこまでしたいの?」

P「うん!!!!」

杏「はぁ……ちゃんと休みとってきてよ? まったくもう……」

P「わぁい!」


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:56:10.73 ID:Kywlu1d70

杏「……」

P「……ん、んん……」チュゥ…

杏「……プロデューサー、3巻とってー」

P「ん? んー……」ペロペロ…

杏「ありがと。開くからちょっと指拭いて」

P「あいよー」フキフキ…

杏「……美味しい?」ペラッ

P「うん。甘い気がする!!!」

杏「そっか、病気だねー」

P「えへへー!」

杏「……はい、左手ねー」スッ

P「わぁい!」ペロペロ


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 15:57:56.23 ID:XTu0Fucj0

幸せそうだな


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:00:49.56 ID:Kywlu1d70

杏「これ、ちゃんと休暇もらえるんだよね?」

P「ん、んー」ペロペロ

杏「うひっ!? ちょ、ちょっと待った。そこくすぐったい!」

P「……フフフ」ペロペロ…

杏「ちょ、ば、ばかぁっ! やめてっ!」

P「はい!」ピタッ

杏「あ、やめるんだ」

P「うん」

杏「……セクハラは大概にしようね、プロデューサー」

P「うん」

杏「杏だからまだセーフだけどさ、敏感な子にやったら逮捕だからね?」

P「はい」

杏「わかったんならいいや。はい」

P「わぁい!!」ペロペロ


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:01:37.91 ID:Kywlu1d70

P「たくさんペロペロした。美味しかった!!」

P「杏って体臭までどことなく甘い気がする!!! あと、ミルク臭的なものを!!」

P「……ガラスは弁償しました☆」


P「次は>>71だぁ! レッツイタズラ!!!! トリック! アンド!! トリック!!!」


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:06:47.84 ID:NAXBYQ+i0

楓さん


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:13:26.46 ID:Kywlu1d70

高垣楓(25)
ttp://i.imgur.com/57RWLPb.jpg


P「楓さーん!!」

楓「プロデューサー……おはようございます」

P「はい、おはようございます! まずは――」

楓「……」ナデナデ

P「……!?」

楓「あ、すみません……寝癖がついていて気になったので……」

P「あ、はい。なるほど……?」

楓「………」ナデナデ

P「……」

楓「……」ナデナデ

P「……ハッ!? 違う! トリックオアトリート!」

楓「トリートメント……? 確かスポンサーさんのをもらって……」

P「違います!」


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:16:48.94 ID:Kywlu1d70

楓「なるほど、イタズラされちゃうんですね」

P「はい。さぁイタズラをされたくなければお菓子を出しなさい!」

楓「……? イタズラ、しないんですか?」

P「いやそうじゃなくって。お菓子は……」

楓「持ってませんね」

P「あ、はい……そうですね」

楓「……?」ニコニコ

P「ペ、ペースは崩れましたけど……楓さん!」

楓「はい、なんでしょう?」

P「>>77しますよ!!」


77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:17:23.48 ID:LWtgznxL0

くすぐり


78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:27:47.21 ID:Kywlu1d70

P「くすぐります!!」

楓「くすぐり……ですか?」

P「はい! なんかもう、ずっと主導権を握られたままじゃ男がすたるってもんですよ!」

楓「そうなんですか……? 可愛らしくていいと思いますけど」

P「そのクールな顔を崩してやりますよ!」

楓「……あっ、少し待ってもらっていいですか?」

P「もちろん!」

楓「すぐに帰ってきますから……」

P「へっへっへ、心の準備ってことかな? ウッヒッヒ!」


79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:32:06.21 ID:Kywlu1d70

――――

――

楓「お待たせしました」

P「よーし、それじゃあくすぐりますね!」

楓「はい、どうぞ」

P「……とりあえずお腹周りを」スッ…

楓「んっ……」

P「こしょこしょーっと……」コチョ…

楓「ふ、ん……ふふっ……」

P「あ、意外と弱いんですね」コチョコチョ…

楓「そ、んふっ……ですか? ふ、くっ……ふふふ……」

P(楓さんの腰、細いなぁ……)


80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:43:27.78 ID:Kywlu1d70

P「そーれコチョコチョ」コチョコチョ

楓「ふ、ふふっ……ん、あは、ははっ、そこ、だめっ……くふ、あはぁっ!」

P「ここですか?」コチョコチョ

楓「あはは、ははっ、はぁっ、あはははははっ! ま、っ……く、ははっ」

P「待ちません。ほらほら」コチョコチョ

楓「あははははははははっ! あーっ、は、ぁっ……くる、しっ……!」

P「まだまだ!」コチョコチョコチョ…

楓「はぁっ、ああっ、はははははっ、ふ、ぅっは、はははあぁっ! あぁっ…………!」ガクッ

P「……え?」


82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:49:10.62 ID:Kywlu1d70

楓「………」

P「か、楓さん? 大丈夫ですか?」

楓「………」

P「く、くすぐっちゃいますよー? ほーら……」コチョコチョ

楓「………」

P「そ、そんな、楓さん!」ユサユサ

楓「ぷろ……でゅーさ……」

P「か、楓さん! しっかりしてください!」

楓「て……を………」グッ…

P「手、手ですか!? 握れば――」

楓「」ゴロンッ

P「うぎゃあああああああ!! 腕が取れたああああああああ!!!!!」


83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:52:17.87 ID:Kywlu1d70

P「うわあああああああ!!!」

P「わぁぁぁあぁあああああ!!!?」

楓「わーーーーー」

P「わぁぁああああああっ!?」

楓「わー♪」

P「か、かえっ、かえでさん!? 腕は……」

楓「手ですか? えっと……」ニョキッ

P「キェェアアアアアアハエタアアァァァァア!!!!」

楓「それ、オモチャですよ? 手は中に入れておいたんです」

P「なんだって! それは本当かい!?」

楓「はい。予備もありますよ?」ニョキニョキ

P「うわぁぁあああああああ!!?」


84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:56:53.90 ID:5FwU04er0

楓の替え手…


85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 16:56:55.53 ID:Kywlu1d70

P「まさか楓さんにイタズラされるなんて思わなかった」

P「これは痛み分けだな……」


P「……だが懲りたりなんかするもんか!!」

P「次は>>90だ!!!」


90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 17:02:19.40 ID:cXXBJEVN0

藍子


92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 17:11:17.75 ID:Kywlu1d70

高森藍子(16)
ttp://i.imgur.com/R1Ljpbz.jpg


P「あーいこ!」

藍子「あ、プロデューサーさん」

P「今日もお散歩かい? ご機嫌だな!!」

藍子「そうですね、プロデューサーさんもですか?」

P「いや、俺はイタズラをしにきたんだ!」

藍子「イタズラ……?」

P「そうだ藍子! トリックオアトリート!」

藍子「……あっ、そっか。ハロウィンでしたね♪」

P「そういうことだ!」

藍子「うーん……お菓子は……」ゴソゴソ…

P「……」

藍子「あれ? 確かチョコを……あれは出かけるときに木場さんに渡したんだっけ……」

P「……ハッ!? いかん藍子のペースに飲まれる! >>97してやるぞぉぃ!」


97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2013/10/31(木) 17:16:50.42 ID:v4kY4yCe0

二人羽織


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 17:21:43.32 ID:Kywlu1d70

藍子「すみません、プロデューサーさん。やっぱりお菓子ないみたいです……」

P「そうか……それなら……」シュンッ

藍子「えっ?」

P「後ろだ」ガバッ

藍子「きゃっ!?」

P「そしてここに大きい半纏を着る!!」

藍子「え、あのっ……」

P「二人羽織じゃあ!!!」

藍子「えぇー……?」


99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 17:28:04.79 ID:Kywlu1d70

藍子「えっと………」

P(あっ、すっごいいいにおいする)

藍子「あの、プロデューサーさん……?」

P「あ、うん」

藍子「………二人羽織って、具体的に何するんですか?」

P「そりゃあ……こうだな」

 デドーン!

藍子「お、おでん……」

P「さぁ食べろ藍子! 食べるんだ!!」

藍子「……わかり、ました。ちゃんと食べさせてくださいね……?」


100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 17:30:44.97 ID:Kywlu1d70

藍子「も、もう少し上です……」

P「こうか……?」

藍子「はい……ん、もうちょっと右……ゆっくり……」

P「おう……」

藍子「あつっ……」

P「す、すまん!」

藍子「大丈夫です、びっくりしちゃっただけですから……あーん……」

P「おう……いくぞ……?」

藍子「……ん。あ、美味しい」

P「そうか、よかった!」

藍子「はい、ありがとうございます!」


101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 17:33:55.37 ID:Kywlu1d70

藍子「………ところで」

P「どうした藍子?」

藍子「その、この体勢はやっぱり……恥ずかしいです……」

P「でもこれはほら、イタズラだし……」

藍子「それに、ご飯を食べるならいっしょに食べたいと思いませんか?」

P「え? あー……そう、だなぁ」

藍子「プロデューサーさん、出てきて隣に来てください」

P「おう、わかった……」ゴソゴソ…

藍子「はい。それじゃあ、食べましょう!」

P「い、いっただきまーす……あ。箸……」

藍子「……ダメですよ? 私が食べさせてもらったんだから今度は私が……はい、あーん」

P「あ、あーん……あ。うまい……」

藍子「ねっ♪ さ、まだまだありますしゆっくり食べましょう」

P「……そうだな。はいあーん」

藍子「えへ……あーん♪」


108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 17:53:23.15 ID:Kywlu1d70

P「藍子と食べるおでんは格別だな!!!」

P「イタズラのつもりが2時間経過してたのは焦ったが、どうってことはないぜ」

P「ふぅ、さて……」


P「次は>>111!! 君の瞳にトリックオアトリート!」


111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 17:56:11.73 ID:7v4dZtRC0

幸子


120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:01:57.20 ID:Kywlu1d70

輿水幸子(14)
ttp://i.imgur.com/bIQSFzI.jpg


幸子「ふふーん♪ 今日もボクはカワイイ♪」

幸子「オフだけど、会えたらきっとプロデューサーさんも喜ぶこと間違いなし!」

幸子「仕方ないので事務所に……」

   ドゴォーン!!

幸子「!?」ビクッ

P「さぁーちぃーこぉー……」

幸子「プ、プロデューサーさん……!? いったいどこから……」

P「……」スッ

幸子「う、うえ?」

P「そう……天からだ」

幸子「あ、はい」


122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:06:37.60 ID:Kywlu1d70

P「それはさておき、さちこォー……」

幸子「いや、大丈夫ですか……?」

P「うん、ピンピンしてる」

幸子「それならいいんですけれど……なんですか?」

P「おう、トリックオアトリート!」

幸子「あぁ、そういえば今日はハロウィンでしたね」

P「そうだ。さぁイタズラされたくなければお菓子をよこせ!」

幸子「まったく、まぁボクはそれぐらい……」

P「……イタズラしたなぁ」ボソッ

幸子「……」ピクッ

P「カワイイ幸子にイタズラしたいなぁ、すっごくしたいなー」ボソボソ…

幸子「……おやぁ? ボクとしたことがお菓子を忘れてしまったようです」

P「ははは、残念だったな幸子!」

幸子「えぇ、これじゃあイタズラされるしかないですね……いったい、何をするつもりなんですか?」

P「決まってるだろう……>>127だ!!!」


127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:10:53.25 ID:S1Pu91210

スカイダイビング


129 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:17:35.28 ID:Kywlu1d70

幸子「……なんですって?」

P「スカイダイビングだよ!!! さっちゃん!!!!」

幸子「なんでそうなるんですか! どこがイタズラなんですか!?」

P「俺の解釈ではスカイダイビングはイタズラの範疇です!!!」

幸子「どうかしてるんじゃないですかアナタは!」

P「そうかもしれない!」

幸子「もうっ、なんなんですか! ちょっと期待したボクがバカでした!」

P「バカ野郎ッ!」ダンッ!

幸子「!?」ビクッ

P「幸子のことをバカっていうんじゃねぇ!!!」

幸子「え、今『ばかやろう』って……」

P「……」

幸子「……」

P「まぁ、とにかく! 飛ぶぞ幸子!!」

幸子「あぁもう……わかりましたよ、ついていきますから……」


132 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:27:22.29 ID:Kywlu1d70

 バババババババ…

P「見ろよ幸子、人があんなに小さい!」

幸子「いや、人なんて見えませんよね?」

P「……ごめん適当言った」

幸子「まったくもう、仕方ない人ですね……」

P「それでだな、幸子」

  ギュッ…

幸子「ひゃぁっ!? な、なんですかプロデューサーさん! いくらボクがカワイイからってこんなところでなんて!」

P「いっしょに飛ぼうぜ!」

幸子「へ?」


135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:33:16.56 ID:Kywlu1d70

P「がんばってインストラクターの資格取ったんだ! これで俺は幸子と飛べる!」

幸子「……ボクといっしょに、プロデューサーさんが?」

P「あぁ! さぁ、いこう……ゲリラライブの会場は準備できている!!」

幸子「まったく……仕方ありませんね! ボクといっしょに飛べるなんて本当にプロデューサーさんはついてるんですからね?」

P「おう、光栄の極みだ!」

幸子「ふふん、わかってるならいいんです。それじゃあ――」

P「待たせたな……俺もようやく――」

  バサァッ…

P「飛べる」

幸子「ふふん、ちゃんとついてきてくださいよ?」


138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:36:02.68 ID:Kywlu1d70

P「そのあとスカイダイビングを結構するも突風にあおられ漂流」

P「運よく誰もいない島へと漂着し、2晩を幸子と共に過ごすことになる」

P「食料を探したり、体温を保つために温め合ったり……」

P「いろいろな思い出ができたが、イタズラとは関係ないから省略だ!!!」


P「そして俺は>>141へイタズラをしたいと思っている!!!!」


141 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:37:15.56 ID:i8QD6hxx0

智絵里


148 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:42:50.26 ID:Kywlu1d70

緒方智絵里(16)
ttp://i.imgur.com/40COjme.jpg


智絵里「……少し、時間が空いちゃった」

智絵里「どうしよう……?」

智絵里「……あっ、クローバー………こんなにいっぱい……」

智絵里「………久しぶりに、探そうかな……?」

智絵里「えっと……」

 ガサガサ…  ガサ…

智絵里「……あった、これ……」スッ

  ニョキッ

P「やぁ」

智絵里「……!?」


149 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:43:18.70 ID:hw+UdEmaO

2晩越えたらハロウィン終わっとるやないか!


150 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:45:22.53 ID:Kywlu1d70

P「ハッハッハ、智絵里ィー。四葉のクローバーかと思ったかい?」

P「俺だよ!!」

智絵里「え、えっ……?」

P「驚いただろう、これが噂のPクミンさ」

智絵里「だ、だいじょうぶですか……?」

P「うん? そうだな、今外に――」ググッ…

智絵里「は、はい」

P「……?」

智絵里「あの……」

P「……出れない」

智絵里「えぇっ……!?」


153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:49:15.16 ID:Kywlu1d70

P「ハッハッハ、こいつぁ参ったぜ」

智絵里「い、今出しますから……」ザクザク

P「智絵里は優しいなぁ」

智絵里「心配させないでください……!」

P「えへへー! そうだ、それはさておき!」

智絵里「……なんですか?」

P「トリックオアトリート!」

智絵里「とり……あれ? でも今日は……」

P「10月31日。ハロウィンだよ!」

智絵里「あ……そう、ですよね。なんだか3日ぐらい立ってる気がして……気のせいでした」

P「誰にだって勘違いはあるさ、気にするな!」

智絵里「ありがとう、ございます……?」

P「さて、お菓子は?」

智絵里「お、おかしは……ない、です……」

P「フッフッフ、仕方ないなぁ。それじゃあ俺は>>159させてもらうことにしよう!!」


159 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:52:03.07 ID:51h68UFA0

あすなろ抱きからの耳元で囁く


162 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 18:57:07.64 ID:Kywlu1d70

智絵里「ふぅ……」

P「ありがとう智絵里。外に出られたぞ!」

智絵里「えっと、萩原さんに穴の掘り方を教えてもらったからです……」

P「萩原……765プロのか! いやぁ、お礼を言っておかないとな」

智絵里「えへへ、プロデューサーさんがでられてよかったです……」

P「それはそれとしてイタズラをするぞ!」

智絵里「あっ……」

P「その内容は………」

智絵里「……は、はい」

P「………」

智絵里「……?」


163 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:00:29.53 ID:Kywlu1d70

P「智絵里、あっちのほうにコンビニがあるよな?」

智絵里「え? どこですか?」

P「ほら、そっち……」

智絵里「えっと……」クルッ

  ギュッ

智絵里「は、はぅっ……!?」

P「……智絵里」

智絵里「プ、プロデューサーさんっ……!? う、うしろから、なんで……」

P「これがイタズラだからだよ、智絵里……」

智絵里「は、ぅ、ぅぅ……は、はずかしいです……」

P「智絵里はかわいいなぁ……」

智絵里「うぅ………」


166 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:05:25.05 ID:Kywlu1d70

P「智絵里……」

智絵里「ぷろ、でゅーさ……」

P「……嫌か? それならやめるぞ」

智絵里「い、いや……じゃ、ないです。でも……」

P「でも?」

智絵里「……」

P「……智絵里?」

智絵里「やっぱり、放してください……」

P「お、おう」スッ…

智絵里「え、えいっ」ギュッ

P「!?」

智絵里「後ろから、だと……わたしが、ぎゅってできないから……ちょっと、寂しいです……」

P「ち、ちえっ……ちえりぃぃいいい!!!」

智絵里「……これ以上は、恥ずかしいから。めっ、です」コツンッ

P「うはぁぁああああゴホッゲホッうああああああああああああ!!!!」


168 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:08:47.53 ID:Kywlu1d70

P「救急車を呼ばれた」

P「ただ智絵里のチョップにときめき過ぎて心臓が止まりかかっただけなのに大げさだったな」

P「この通り、ピンピンしてるぞ!!」


P「元気さを証明する意味でも俺は>>173にイタズラをしかけるぜ!!」


173 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:11:38.67 ID:51h68UFA0

ちゃんみお


178 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:18:32.50 ID:Kywlu1d70

本田未央(15)
ttp://i.imgur.com/GHrqLZ4.jpg


未央「ちゃちゃちゃ♪ ちゃちゃちゃ♪ ちゃんみおちゃちゃちゃ♪」

未央「……うん! 迷走キャラは美羽ちゃんに任せよう!!」

未央「さーてと、今日もレッスン……」

             壁|P<ジー…

未央「なんで見てるの!?」

P「おっと、ばれたか」

未央「いやいやプロデューサー、丸出しだったよ!」

P「こらこらはしたないぞ。丸出しだなんて」

未央「どういう解釈してるのかなぁっ?」

P「HAHAHA」


179 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:22:19.29 ID:Kywlu1d70

P「まぁいいじゃないか。未央!」

未央「な、なに?」

P「トリックオアトリート!」

未央「え? あー……そっかぁ、ハロウィンね。んー、ガムならあったような……」ゴソゴソ

P「ガムはノーカン!」

未央「えー? じゃあ酢昆布」

P「酢昆布はお菓子じゃありませんー!」

未央「でも765プロの伊織ちゃんもよく食べてるって聞いたよ?」

P「マジで!?」

未央「うん。だからこれで……」

P「それはそれ、これはこれじゃー!」

未央「あーれー♪ あーもう仕方ないなぁ、付き合ってあげる。なにしたいの?」

P「さぁ、覚悟しろ未央! お前には>>184してやるぜぇっ!」


184 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:26:07.18 ID:KWXgfwUu0

衣装の裏表を逆にする


187 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:31:57.90 ID:Kywlu1d70

P「さぁ、衣装を着るんだ!」

未央「衣装? え、まぁいいけど……」

 ――  ――  ――  ――  ――  ――


未央「着替えたよー?」

P「よっしゃあ、喰らえ必殺衣装返し!」バァン!

未央「!?」

P「……フッ。決まったな」

未央「え、な、なにこれ……なんかやけに動きづらい……?」

P「服を見てみろ!」

未央「こ、これはっ……裏表と前後が逆になってる……!?」

P「フハハハ! これぞ妙技衣装返し!」

未央「あれ、必殺じゃなかったっけ?」

P「あ、そうそう必殺衣装返し!」


189 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:34:56.95 ID:Kywlu1d70

未央「……」

P「……」

未央「こう、衣装の感触がいつもと違って絶妙に気持ち悪いんだけど……」

P「そうだろうな」

未央「……戻していい?」

P「いや、せっかくヒットしたんだしそのままがいいなぁ」

未央「そっかぁ……んー……」

P「どうした?」

未央「いや、いいこと思いついた。しばらくこのままでいればいいんだよね?」

P「そうだな。何する気なんだ?」

未央「ちょっと出て来るねー!!」

  ガチャッ  バタン

P「服をそのままで外へ……? いったい何が……」

                               ギニャー!>

P「!?」


190 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:37:44.00 ID:Kywlu1d70

珠美「きゅぅ……」

P「ど、どうした! ……気絶している……!」

未央「あはは、大成功!」

P「うおぉっ!?」

未央「お面をつけて、前に歩いてる……と見せかけて後ろに歩く!」

P「なるほど、その状態を衣装にしたってことか!」

未央「関節が変な曲がり方してるように見えるし、結構怖いよねー♪ えへへー。ドッキリ大成功だよ、プロデューサーくん?」

P「やるじゃないかワトソンくん」

未央「他にも何人か驚かしてくるよー♪ プロデューサーも楽しもうねっ!」

P「おう!」


192 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:39:13.76 ID:Kywlu1d70

P「流石未央だ。テンション上がってきた!」

P「俺も負けじとトリックオアトリートするぞ!!!」


P「さぁ覚悟しろ、>>195!!!!」


195 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:40:54.94 ID:agMno2cG0

だりーな!


199 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:49:30.77 ID:Kywlu1d70

多田李衣菜(17)
ttp://i.imgur.com/ZQe8acR.jpg


李衣菜「フンフンフフーン……♪」

P「フレデリカー♪」

李衣菜「フフーフーフーフフー♪」

P「………」

李衣菜「ラララー♪ ララララーラーララー♪」

P「りいなー」

李衣菜「ルラララー♪ ラーラララ……ら?」

P「うん、おはよう。李衣菜」

李衣菜「プ、プロデューサー!? おはようございます!」

P「音楽に夢中なのはいいけど、ちょっと気づいて欲しかった」

李衣菜「えへへ、すみません……」


201 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 19:53:57.93 ID:Kywlu1d70

P「それはそうと、李衣菜!」

李衣菜「なんですか?」

P「トリックオアトリート!」

李衣菜「トリック……あぁ、そっか! 大丈夫ですよ私ちゃんと――」

P「まぁ李衣菜はロッカーだしな。お菓子を持ってるとは思えないけど」

李衣菜「……」ピクッ

P「だってそうだろう? イタズラだろうがなんだろうが、全部受け止める……ロックじゃないか!」

李衣菜「フ……フフフフ! バレたのならしかたありませんね!」

P「おぉ、そうか! 持ってないのか!」

李衣菜「えぇ。でも私はロックですからね! イタズラぐらいチョロいんです!」

P(本当にチョロいぞ、大丈夫か李衣菜!)

李衣菜「何か言いましたか?」

P「いや? それじゃあ俺は遠慮なくイタズラさせてもらう……>>204をな!!」


204 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2013/10/31(木) 19:55:24.13 ID:v4kY4yCe0

フリフリの衣装


208 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 20:00:23.07 ID:Kywlu1d70

P「……李衣菜」

李衣菜「なんですか? さぁ、ばっちこーい! このロックな私、多田李衣菜にはちょっとやそっとのイタズラじゃ動揺させることだってできませんよ!」

P「いい覚悟だ。動くなよ?」

李衣菜「へ? あ、はい……」

P「絶技――――装い衣!」

  ババババッ シュイーンッ!

李衣菜「きゃっ!? ちょ、ちょっと何を……なっ!?」

P「……今の一瞬で――」

李衣菜「服が……可愛いフリフリのものに……!?」

P「これが俺の絶技・装い衣だ……!」

李衣菜「な、なんだってー!」


210 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 20:04:33.56 ID:Kywlu1d70

李衣菜「というかなんですかこれぇっ!」

P「何をされても動揺しないって言ったからな。試させてもらったぞ!」

李衣菜「それは言いましたけど……でも……」

P「気に入らなかったか?」

李衣菜「……か、可愛い……正直、すっごく、う、うれ……いやっ!」ガバッ

P「うおっ!?」

李衣菜「私のロックはこうじゃありません! こんな服なんか!」

P「……」

李衣菜「服なんか……ふく、なんか……」

P「………」

李衣菜「い、衣装じゃないなら着てもいいかも……」

P「そうか。気に入ったならなによりだ」


212 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 20:07:26.82 ID:Kywlu1d70

李衣菜「もーっ、これイタズラなんですか?」

P「イタズラさ。その服は大事にしろよ!」

李衣菜「はーい!」

 タッタッタッタ……

李衣菜「……この服可愛いしたまに着る分にはいいよね?」

李衣菜「そうそう、ちょっと可愛いのを着たぐらいじゃ私のロックは揺るがないし!」

李衣菜「おっと、もうこんな時間! レッスンいかなきゃ!」

李衣菜「今日ははりきっていくぞー! うっひょー!」



P「いつ気づくかと思ってたんだが……気づかずじまいか」

P「……こっちの脱がせた服はちひろさんに渡しておこうか」


213 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 20:10:13.47 ID:Kywlu1d70

P「アイドルたちにイタズラをするのは楽しいなぁ……」

P「お菓子もいっぱいもらえたしな!」

P「よーし、明日からも頑張ろう!!!」



おわれ!!


219 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2013/10/31(木) 20:14:02.40 ID:ep9mbGY80

乙です!



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1383194498/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP