PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 00:38:46.38 ID:2WC4nf+F0.net

セフィ『○×星の王太子がナナをぜひお嫁さんにって』

ナナ「え、そ、でも・・・き急にそんなこと言われても困るよ母上っ」

セフィ『まぁそうよね。でもとりあえず一度お食事でも、ってことだから、とにかく一回会ってみたら?』

セフィ『意外といいひとかもしれないし・・・それにナナもそろそろそういうことを考えていかなきゃいけない歳だしね』

ナナ「で、でもっ・・・あたしは・・・」

セフィ『・・・それとも今、好きな殿方でもいるのかしら?』チラッ

ナナ「いいいいいないいないいないよそんなの///」ブンブンブン

セフィ『なら、この話進めといてもいいかしらね?』

ナナ「好きなって、私がそんな・・・っ、だれがあんな奴・・・///」ブツブツ

セフィ『ナナ?』

ナナ「ふぁい!!」ビクッ

セフィ『じゃあそういうことでお返事書いておくわ。また日取りが決まったら連絡するわね。それじゃ』プツン

ナナ「な、うん。は、あれ? 母上? 母上ー!?」

モニター『』

ナナ(た、たいへんなことになっちゃった・・・!)

4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 00:40:28.48 ID:2WC4nf+F0.net

メア「へぇー、そんなことがあったんだぁ。王族っていうのもタイヘンなんだねぇ~」

ナナ「うん・・・・・・はぁー、どうしよ」

メア「キャンセルってわけにはいかないの?」

ナナ「それが母上がせっかちでさ・・・もう返事書いて電子メールで送っちゃったって言うんだよ」

ナナ「デビルーク王家の公式な返事ってことになるから取り消しは出来ないって」

メア「あちゃー・・・」

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 00:41:36.10 ID:2WC4nf+F0.net

ナナ「とりあえず一回会うしかないみたい・・・はぁ」

メア「・・・・・・でもいいの? ナナちゃん?」

ナナ「な、なにが・・・」

メア「だってナナちゃんはリトせんぱいのこtナナ「わぁー!///わぁー!!///なななに言ってんだメア教室でヘンなこと言うなぁっ!///」

ギャーギャーワーワー

ヤミ「・・・相変わらずプリンセス・ナナは騒がしいですね」

ガラッ

校長「ヤーミちゃん!今日もわしtテブラッ!?」ドッコォ バリーン キラン

7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 00:42:52.66 ID:2WC4nf+F0.net

~家・夕食~

ララ「それでリサがねぇ~」

リト「ははっ、籾丘も相変わらずだなぁ」

美柑「籾丘さんってあの金髪の人だっけ? 海のとき結構際どいカッコしてたよねー」

リト「籾丘はいつもああなんだよ」

モモ「リトさん的にはああいった服装の女の子ってどうなんでしょうか♪」

リト「な、なに言ってんだよ///」

美柑「あ、赤くなった」

競犬「まぁう♪」

リト「あ、セリーヌご飯こぼしてるゾー」

美柑「露骨に話題そらした~」キヒヒ

リト「うるせっ///」

ナナ「はぁー・・・」

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 00:44:24.38 ID:2WC4nf+F0.net

リト「? ナナ?」

ナナ「はぇ!? な、なに・・・?」

リト「どうした? 今日はやけに静かだけど」

ナナ「べ、べつに・・・なんでもないっ///」プイ

美柑(あの日かな・・・?)

ララ「あー実はナナ今度ね・・・」

ナナ「どわぁー!!/// ち、ちょっと待って姉上っ!!///」ガタタンッ

ララ「わあっ!?」

リト「ど、どうした!?」

モモ「はしたないわよナナ」

ナナ「い、いいからっ!/// 姉上ちょっとこっち来てっ! モモもっ!」

ララ「う、うん」

リト「・・・?」

美柑(やけに慌ててるな・・・もしかしてキタの初めてなのかも。ナナさん幼児体型だしな・・・)

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 00:46:16.47 ID:2WC4nf+F0.net

~廊下~

ララ「んもぉ~なんなのナナ~?」

モモ「食事中に席を立つなんて、きちんとした教育を受けたレディーのすべきことじゃないわよ?」

ナナ「わ、わかってるって!」

モモ「まったく・・・・・・それで? なんの話なの?」

ナナ「うん・・・あ、あのさ、あの・・・あたしの・・・お、お、おお見合いの話なんだけどさ・・・っ」

ララ「あーそれをさっき言おうとしてたんだよ~」

ナナ「う、うん。それさ・・・リ、リトにだけは言わないでほしいんだよ」

11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 00:48:38.62 ID:2WC4nf+F0.net

ララ「??? お見合いの話を?」

ナナ「い、いや、特に理由はないんだけどさっ/// ホラ、あんまり言いふらされると、やっぱり、恥ずかしいって言うかナンテウカ・・・///」

モモ「ふーん、へぇ~、ホー・・・」ニヤニヤ

ナナ「な、なんだよ・・・」

モモ「リトさんに だ・け・は・って所がナナにとってはいちばん重要なんじゃないかしら?」

ナナ「~~~!!??///」

14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 00:52:35.35 ID:2WC4nf+F0.net

ララ「あーそうだね。どうしてリトだけなの?」

モモ「なんででしょうね~?」ニヤニヤ

ナナ「ち、違うって!!!!///」

ララ「ち、ちがうって・・・なにが?」

ナナ「あ、いや・・・ほら、アイツに話すと、なんかいろいろ言いふらしそうだし・・・っ」

ララ「リトはそんなことしないよー」

モモ「ねー♪」

ナナ「と、とにかく!リトにだけは知られたくないんだって! ねぇおねがい姉上ぇ~」ウルウル

ララ「うーん? まぁナナがイヤなら言わないけど・・・」

ナナ「ありがと姉上ーっ!・・・・・・モモもいいなッ!?」ギロッ

モモ「はいはい」ニヤニヤ

ナナ「そのニヤニヤ笑いをやめろッ!」

モモ「はいはい」ニヤニヤ

ナナ「早く顔面に伝えろッ!」

モモ「はい♪」ニヤン

ナナ「ったく・・・」

ララ「・・・・・・」

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 00:57:05.21 ID:2WC4nf+F0.net

~夕食後~

ナナ「はぁ~大丈夫かなぁ・・・・・・姉上は・・・まぁ黙っててくれるだろうけど、モモはご飯中ずっっっとニヤついてたし・・・」

ナナ「あぁー!もおぉぉぉ心配だあぁぁぁ」ガリガリガリ

ナナ(あ、あれ、でもあたし・・・なんでリトには知られたくないんだろ・・・)

ナナ(・・・?)

ナナ(わかんないや・・・けど、なんかイヤなんだよな)

ナナ(あたしがお見合いするってこと、リトには・・・リトだけには知られたくない・・・)

ナナ(うーん・・・)


美柑「ナナさん!」

ナナ「!?」ビクッ

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:01:01.24 ID:2WC4nf+F0.net

ナナ「え、あっ・・・・・・なんだ美柑か」

美柑「・・・」

ナナ「? 美柑? どうし・・・」

美柑「あの・・・これっ!」バッ

ナナ「な、なにこれ」カササッッ

美柑「使い方わかんなかったらいつでも聞いてねっ」

ナナ「え? いや・・・いったい何の・・・」

美柑「だいじょうぶ!全然恥ずかしいことじゃないんだから! 最初は不安だけどすぐ慣れるよ」

ナナ「え~っと・・・?」

美柑「それじゃ、おやすみ」タタタッ

ナナ「あ、うん」

ガチャッ バタン


ナナ「・・・」カサッ

はだおもい『敏感肌にもやさしい♪』

ナナ(なにこれ・・・?)

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:04:50.69 ID:2WC4nf+F0.net

~○×星~

侍従長「王太子、デビルークからの返信が届きました」

王太子「おお!待ち焦がれたぞ!それで、王妃セフィはなんと?」

侍従長「顔合わせの件、御受け致すとのことでした」

王太子「そうかそうか!ふっくっくっく」

侍従長「しかし、なぜ彼女を?」

王太子「愚問だな。我々は強国とはいえ、先の銀河大戦の敗戦国側にいたのだ。
    
    大戦の覇者、デビルーク王家と縁続きになる利点をわからんお前ではなかろうに」

侍従長「はぁ、それは・・・・・・しかしギトにはもっと年頃の長女がいたと記憶しておりますが」

王太子「なによりも欲しいのは彼女の能力だ」

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:09:14.99 ID:2WC4nf+F0.net

侍従長「能力・・・と、いいますと?」

王太子「聞くところによると、デビルーク第二王女、ナナ・アスタ・デビルークには動物と話をする力があるということだ」

侍従長「なるほど・・・ようやく見えてきましたよ」ニヤッ

王太子「我々の星には強力な宇宙生物が跋扈している。これらをみな従えることが出来たなら・・・・・・」

侍従長「・・・我々が戦勝国に返り咲くことも夢ではない、ということですね?」

王太子「そういうことだ! が、他にもまだある」

侍従長「ほう?」

王太子「私は生粋の貧乳好きなのだ! 母親譲りの美貌と、この慎ましい胸・・・・・・正直辛抱たまらん!」

侍従長「...oh ..fuck'n pedophile...(糞ペド野郎)」

王太子「なにか言ったか!?」

侍従長「屁です」

王太子「そうか。ふっくっく、会うのが楽しみだ、ナナ・アスタ・デビルーク。わが救国の花嫁よ」

20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:12:24.24 ID:2WC4nf+F0.net

~お見合い当日~

ナナ「は、母上~、ホントにこんな服でいくの?」

セフィ「あらどうして? とってもきれいよナナ」

ナナ「だ、だってこのドレス・・・・・・い、いろいろ見えすぎだよぉ///」フリフリ

セフィ「あなた地球ではいつも布の少ない服着てるじゃない」

ナナ「で、でもぉ・・・うわっ、せ、背中とか丸見え・・・///」

セフィ「太ももが隠れていれば作法には適ってるわ・・・さぁいつまでもブツブツ言ってないで支度なさいな」

ナナ「うぅ・・・」

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:15:55.70 ID:2WC4nf+F0.net

ナナ「・・・ねぇ母上」

セフィ「なあに?」

ナナ「どんな人・・・? その、今日会う○×星の王太子のことだけど・・・」

セフィ「そうね・・・若くて、礼儀作法を身につけた紳士だって聞いてるわ。ウワサだとなかなかの美丈夫だって話ね。知的で健康で武術の心得もあるらしいわよ」

ナナ「そ、そうなんだ(リトのやつとは大違いだ・・・)」

セフィ「ナナ?」

ナナ「・・・・・・どっかダメなところってないの?」

セフィ「? ダメな所?」

ナナ「い、いや・・・なんでもないっ」

セフィ「そう・・・?」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:19:06.55 ID:2WC4nf+F0.net

セフィ「はい、これで準備はいいわね。

    ・・・それじゃあザスティン、ナナのことよろしくね」

ザス「はい!いってらっしゃいませ、セフィ様!」

ナナ「ええー!!? 母上ついてきてくれないの!?」

セフィ「ごめんなさいね。私もこれから他星人との会談で忙しくって・・・宮廷作法でわからないことがあったらザスティンに聞くといいわ」

ナナ「そんなぁ~」ションボリ

ザス「私が付いていますから大丈夫ですよ!」キリッ

ナナ「頼りねぇ・・・・・・っていうかお前作法とかわかんのかよ」

ザス「おまかせください! 実は私、次回投稿予定のマンガのためにちょっとその辺を勉強しておりまして・・・」

ナナ「お前そんなことばっかやってるから肝心なときにゼンゼン役に立たないんだぞ! こないだの九条センパイの時だって・・・」

ザス「ああー!! ナ、ナナ様それは・・・っ」

セフィ「・・・? なんの話かしら?」

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:22:13.54 ID:2WC4nf+F0.net

ナナ「こいつあたし達が魔剣ブラディクスに襲われるとき、なーんにもしないでその辺ブラついてたんだよ! おまけに事件が終わってからノコノコ出てきたりしてさ」

セフィ「ふ~ん?・・・・・・・・・・・・・・・・・・それは初耳だわね」ゴゴゴゴゴ

ザス「あ・・・あぁ・・・」

ナナ「ホントたいへんだったんだよ! あたしなんかリトがいなかったら死んでるとこだったんだから」

セフィ「・・・どうやらこの件についてはザスティンと話し合う必要があるようね?」ギラッ

ザス「も、申し訳ございませえええん!!!!」ドゲザァッ

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:25:12.41 ID:2WC4nf+F0.net

セフィ「とりあえず時間が押してるから今日は追及しないけど・・・」

ザス(ほっ)

セフィ「・・・また後でね?ザスティン?」

ザス「はひ・・・」ガクガクブルブル

セフィ「まったく・・・・・・リトさんには後日またあらためてお礼を言わないとね」

ナナ(・・・そうだよ、リトはカッコよくもないし頭も悪いし礼儀なんてこれっぽっちもわかってないヤツだけど)

ナナ(あいつだってやるときはやるヤツなんだ)

ナナ(・・・・・・ってあれ? なんでリトと比べてるんだろ、あたし・・・)

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:30:19.45 ID:2WC4nf+F0.net

~同刻・学校(1年B組)~

V・M・C「「「 モーモ♪モーモ♪うーるーわーしーの~~♪ 」」」

モモ(うざい・・・)

メア「あははっ、相変わらずすごいね~」

ヤミ「な、なんなんですかアレは・・・」ゾワゾワ

メア「ヤミお姉ちゃん知らないんだ? あれモモちゃんのファンクラブだよ」

ヤミ「ふぁんくらぶ・・・」

V・M・C「「「 うーるーわーしーの~~♪ 」」」

モモ(うざい・・・)

ヤミ「(ブルッ)そ、そういえば今日はプリンセスナナが見えませんね」

メア「あー・・・ナナちゃんは今日ねえ・・・」

リト「」キョロキョロ

メア「あっ!リトせんぱいだっ」

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:35:15.29 ID:2WC4nf+F0.net

リト「あれ、いないのかな・・・」キョロキョロ

メア「せーんぱい♪」ダキッ

リト「わっ! な、なんだメアか・・・」

メア「1年の教室でなにしてるのー?」

リト「えーっと、実はナナに・・・」

ヤミ「!」(ゆ、結城リト・・・!)

リト「あっ」


.。o0 http://i.imgur.com/M5KXZnY.jpg 0o。.


ヤミ・リト「「//////」」カーッ

メア「あ、そっか・・・プクク」

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:41:10.81 ID:2WC4nf+F0.net

モモ「リトさん!!」ガタッ

中島「むっ、出たな結城リト!まさか貴様またモモ様に・・・っ」

モモ「ちょっとごめんあそばせ♪」ドゴォ

杉村「中島ァーーッ!!」

モモ「こんな所でどうしたんですかリトさん♪」ルンッ

リト「あ、モモ。実は・・・・・・」



中島「・・・杉村。オレ今どうなってる?」

杉村「・・・壁に頭からめり込んで足首だけ見えてる状態だな」

中島「そうか・・・・・・モモ様にお気に召して頂けそうな格好か?」

杉村「そのままずっと出てこなければ多分な」

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:45:45.03 ID:2WC4nf+F0.net

リト「実は今日飼育委員が休みでさ。俺が変わりにニワトリ小屋の掃除引き受けたんだけど・・・」

メア「せんぱい相変わらずやさしい♪ ご褒美にわたしのことペロペロしていいよ?」

男子「「「!?」」」ビクッ

リト「い、いや、いいって///」

男子「「「!!??」」」ビビクゥッ

モモ「もぅ、リトさんの話が進まないでしょ、メアさん」

メア「ちぇー」

男子(((バカな・・・・・・ペロペロチャンスを拒否・・・だと・・・?)))ザワ..ザワ...

30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:50:35.71 ID:2WC4nf+F0.net

リト「それでオレが鳥小屋の掃除することになったんだけど・・・オレ、あそこのニワトリにすげえ嫌われてるんだよな・・・」

モモ「まぁ、ニワトリに?」

ヤミ「・・・(コホン)まったく、ニワトリにまで嫌われてるだなんて、あなたはホントにどうしようもないですねっ!/// どうせまた不埒なまねをしたんでしょう!?///」ススス プイッ

メア(ぷっ、ヤミおねえちゃん顔真っ赤・・・さりげなく会話に入ってきたつもりなのかな♪)

リト「あ、いやっ、しあにってそんあこと///」

メア(リトせんぱいも意識してるのかな・・・? ガンバレおねえちゃん♪)

モモ(なにこの空気・・・)

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:55:10.58 ID:2WC4nf+F0.net

モモ「でもなんでそんなことに?」

リト「ああ。去年のクリスマスにさ、美柑に頼まれて七面鳥買いにいくことになったんだけど・・・」

モモ「ああ、あのクリスマス会はにぎやかで楽しかったですね♪」

メア「なにそれズルい!」

リト「今年はメアも誘うよ・・・。で、その七面鳥のチラシが風で飛んでっちゃってさ、よりにもよってニワトリ小屋の網に張り付いちゃったんだよな」

モモ「わぁ・・・」

ヤミ「そ、それはニワトリにとってもさぞストレスだったでしょうねっ!///」プイッ

リト「う、うん/// それ以来、オレがニワトリ小屋に近づくとギャーギャー騒ぎ出すようになっちゃったってわけ」

メア「ああ、それで動物と話せるナナちゃんに頼んでニワトリさんの誤解を解いてもらおうってわけだねっ」

リト「うん」

34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 01:58:28.97 ID:2WC4nf+F0.net

リト「それでナナは?」

メア「ナナちゃんなら今日はお見合いの日だからお休みだよ?」

リト「なんだ今日はお見合いか。じゃあしょうがないな」

ヤミ「いないのはそういうわけだったんですね」

リト・ヤミ「・・・」



リト・ヤミ「「 O M I A I ! ? 」」

メア(わぁ、息ぴったし♪)

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 02:02:20.56 ID:2WC4nf+F0.net

メア「っていうかせんぱい知らなかったの?」

リト「い、いや初耳・・・モモは知ってたのか?」

モモ「はいモチロン♪」

ヤミ「OMIAI・・・たしか、結婚予定の男女が、お互いの趣味を聞きあって料亭の庭を歩いて最後は若い二人だけで・・・っ///」カーッ

リト「け、結婚!?」

メア「あ、いやまだそこまでは話進んでないみたい。とりあえず顔見せだけだって」

リト「そ、そうなんだ・・・」

モモ(はて・・・なにか忘れてるような・・・)

モモ(まぁいっか♪)



~同刻・○×星~

ナナ「あぅ~・・・モモのやつ、ちゃんと黙っててくれるかな・・・」

ザス「あ、ナナ様、○×星の迎えの者が来ましたよ」

37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 02:05:28.06 ID:2WC4nf+F0.net

侍従長「これはこれは、お待ちしておりました、ナナ・アスタ・デビルーク様」ペコリ

ナナ「こ、こんにちは」ペコ

侍従長「いやぁ、聞きしに勝るお美しさですな! ささ、ここは地球より寒冷な星なので、お風邪を召さないうちに宮殿にご案内しましょう」

ナナ「ど、どうも」


ザスティン「・・・お久しぶりですな、侍従長殿」

侍従長「・・・」

38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 02:09:24.39 ID:2WC4nf+F0.net

侍従長「おやぁ・・・? これは失礼。存在感が薄くて視界に入りませんでしたよ・・・・・・ご無沙汰ですな、ザスティン卿。

    デ ビ ル ー ク 最強の剣士とこうして再び出会えるとは光栄の至りです」

ザスティン「(ピクッ)どうも・・・あなたがまだ生きていたとは驚きですな。

      当時会ったときは、まさか大戦を生きて切り抜けられるほどの腕前をお持ちとは思えませんでしたので」

侍従長「(ピピクッ)・・・ご自分の剣の腕に対する驕りが過ぎるようですな・・・・・・

    こちらこそ、あなたはまだどこかの辺境の森でも彷徨っているものと思っていましたよ・・・
    
    なんせ、貴公の方向音痴ぶりは銀河中に轟いておりますからな」

ザスティン「・・・なんだと?」

侍従長「・・・なにか?」

ザスティン・侍従長「~~~!!!!」バチバチバチバチ

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 02:14:20.14 ID:2WC4nf+F0.net

ナナ「はっくしょん!!」ブルッ

侍従長「・・・おっと。これは失礼いたしました。ささ、どうぞ中へ。ザスティン卿もどうぞ」

ザス「・・・恐縮です」

ナナ「ありがとう」

侍従長「」スタスタスタ


ナナ(お、おい、お前あの人と知り合いなのか?)ヒソヒソ

ザス(ええまぁ・・・戦場で何度か顔を合わせたことがありまして・・・まったく、いけ好かないヤツですよ)ヒソヒソ

ナナ(た、戦ったのか?)ヒッソ

ザス(いえ、直接対決したことはありません。ヤツは陰湿な戦術に長けた男でしてね・・・・・・私からの挑戦を避けて汚い罠に嵌めてきたのです)ヒソヒソ

ザス(おかげで私は1ヶ月もゲロス星の森の中を迷わされました・・・・・・

   まぁお返しに森から脱出してすぐヤツの部隊を半分に減らして兵糧を余らせてやりましたがね)ヒソカ

ナナ(・・・ゴクッ)

40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 02:18:00.39 ID:2WC4nf+F0.net

~宮殿・謁見の間~

侍従長「失礼ですがこの扉の前でお待ちください。用意が出来ましたら伝令係がお呼びいたしますので」

ナナ「は、はいっ」

侍従長「それでは・・・」ギィィ バタン


しーん


ナナ(う、うわ・・・どうしよ・・・緊張してきちゃった・・・っ)ドキドキソワソワ

ザス「おどおどしてはなりませんナナ様。相手に安く見られますぞ」

ナナ「だ、だって・・・っ」

41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 02:21:35.52 ID:2WC4nf+F0.net

ザス「大体このお見合いの話、私は気に入りませんな。実は私はセフィ様にも反対申し上げていたのです」

ナナ「どうして?」

ザス「○×星人は今でこそ同盟を結んで友人面をしていますが、奴らは到底信用できる者たちではありません。戦場で戦った私にはそれがよくわかるのです」

ナナ(それはお前が迷子にさせられたからじゃ・・・?)

ザス「まったく、こんな星の王太子と結ばれるくらいなら、いっそララ様と一緒にリト殿に娶って頂いた方がよほど・・・」

ナナ「な、なんでそこでリトが出て来るんだよっ!///」


\ パンパパパー! パパパパンパパパー(ファンファーレ) /


ナナ「!?」ビクッ

ザス「用意が出来たみたいですね」

43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 02:27:52.87 ID:2WC4nf+F0.net

伝令係「皆さまご静粛に! これより謹んで、最も高貴にして重要な御客人のご来訪を、感謝とともに皆様にお知らせいたします!!」

ざわ・・ざわ・・・

ナナ(ななな、なにこれなにこれ! こ、こんなに大袈裟にやるなんて聞いてないよぉ~!!///)ウルウル


伝令係「デビルーク星第二王女様、ナナ・アスタ・デビルーク姫殿下の、 お な ~ り ~ ! ! 」


\ パンッパパー! パパパー(↓)パパパー(↑)パーパパパパパー!パーパパパパー!パッパッパッパパパァーッ! /


ギイイイイィィィ

ワアアアァァァァァァ パチパチパチパチ

ナナ「~~~//////」

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 02:30:41.73 ID:2WC4nf+F0.net

この後いろいろあったが、ナナはなんとかお見合いを切り抜けリトと結婚した
子供は5人生まれた

~HAPPY END~

47 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/10/15 02:34:23.40 ID:EyuWnmaN0.net

リト結局何にもしないのかよwww


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1476459526/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP