PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:27:47.12 ID:fAM6NxZd0

ペパロニ「どうしたんすかドゥーチェ?熱いうちに食べないと美味しくないっすよー」

カルパッチョ「?」

アンチョビ「いや、少し思い出していた」

カルパッチョ「何を思い出していたんですか?」

ペパロニ「このカレーパン、ウチの特製っすよー」もぐもぐ

アンチョビ「……」

カルパッチョ「ドゥーチェがそんなふうに寂しく笑うなんて、一体何があったんですか?」

ペパロニ「?」もぐもぐ


2 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:29:32.31 ID:fAM6NxZd0

アンチョビ「!なぁに、大した話じゃない。幼稚園の頃、弁当にカレーパンが入っていただけだ」

ペパロニ「おおっ!ドゥーチェの幼稚園の話聞きたいっす!!」

カルパッチョ「お弁当に…カレーパンですか??」

アンチョビ「ああ…うちはあまり裕福じゃないのは知ってるだろ?」

アンチョビ「だから私がちっちゃい頃から、両親も稼ぐのに精一杯でな」

アンチョビ「私のお弁当はいつも、惣菜売り場の安売りおにぎりか、半額シールのついた調理パンだったんだ」

ペパロニ「へ、へぇ……」

カルパッチョ「……」

3 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:32:50.07 ID:fAM6NxZd0

アンチョビ「…お昼になるとみんなは手作りのお弁当を鞄から引っ張ってきて」

アンチョビ「綺麗なナフキンと自慢のお弁当を机に並べて、みんなとおかずを交換したりして、お昼を楽しんでいた」

アンチョビ「…私は母のお下がりの、ボロボロのピンクの鞄から毎日ビニールに包まれたおにぎりやパンを出しては封を切りそれを食べていた」

アンチョビ「それまで仲良く遊んでいた子たちも、お昼になった途端ぷっつりと糸が切れるみたいにあっち行くんだ」

アンチョビ「当時の私は何も感じなかったけどな。今日は何が入ってるかなーって鞄を漁るので手一杯だったし」

アンチョビ「周りと違うなんて思ったことも自覚したことすらなかったし、それが嫌だとも思わなかった」

4 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:33:34.02 ID:fAM6NxZd0

アンチョビ「……でも毎日毎日同じパンやおにぎりだと飽きるんだ。好きな具だったらいいけど、周回すると、さすがにな」

ペパロニ「……」

アンチョビ「そんなあるとき給食の日があった」

カルパッチョ「イベントとかで……ありますね…そういう日」

アンチョビ「うん。でそれがカレーだったんだよ」

アンチョビ「それが美味しくてなぁ。帰ってお母さんに話したんだ」

アンチョビ「当時は家のお金なんて考えないだろ?幼稚園児だしさ。それでお母さんにカレーがいいカレーが食べたいってねだっちゃって」

カルパッチョ「……」

5 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:36:29.30 ID:fAM6NxZd0

アンチョビ「そしたら次の日、カレーパンが入ってた」

アンチョビ「相変わらず半額シールが貼ってあったけどな」

アンチョビ「私はそれが嬉しくて嬉しくてたまらなかった」

アンチョビ「どんな好物の物より、あれが一番美味かったと思う。お母さんがどこからか、手に入れて願いを叶えてくれたパンだ」

アンチョビ「嬉しかったんだ…私は…」

カルパッチョ「……」

ペパロニ「……」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/09/29 17:37:32.81 ID:97LspH4/O

http://i.imgur.com/Bk3xyxV.jpg

7 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:38:11.97 ID:fAM6NxZd0

アンチョビ「まっ!カレーパンを見るとその時のことを思い出してちょ~っぴりセンチメンタルな気分になるってことだ!」

アンチョビ「私のくだらない幼少時代の話さ!さぁ食うか!ちょっと冷めちゃった」

ペパロニ「う…」

ペパロニ「うわぁぁぁ!!そんな過去があったなんてぇぇえ」

アンチョビ「お、おいなんだ急に…」

ペパロニ「健気っす!!ドゥーチェ可哀想っす!!」

アンチョビ「可哀想ってなんだ!私は私で幸せだったんだよ!ほっとけ!」

8 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:40:47.61 ID:fAM6NxZd0

ペパロニ「うぅぅ…当時のドゥーチェに昼飯作ってあげたいっす!」ぐすぐす

アンチョビ「う…あのなぁ…。ああは言ったけども、私は別に辛くもないし晩飯はちゃんと家で作った飯あったんだぞ」

アンチョビ「そりゃあ確かに仕事帰りの母親が半額シールのお弁当買って帰ってくることの方が多かったかもしれないけど…」

アンチョビ「小学校になれば私がご飯作ってたし心も体も健康だったんだよ!」

ペパロニ「うぅぅ…ドゥーチェこれあげるっす…」ぐすぐす

アンチョビ「これお前の食べかけだろうが!!」

アンチョビ「というか同情するな!!そんな反応されると今更惨めになっちゃうだろ!!?」

9 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:42:37.78 ID:fAM6NxZd0

カルパッチョ「ドゥーチェ…」

アンチョビ「うん…?」

カルパッチョ「大丈夫ですよ…」ぎゅー

アンチョビ「お前もか!離せ!私は大丈夫だから!!」

カルパッチョ「あぁドゥーチェ…」

アンチョビ「全くもう……」

10 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:43:03.70 ID:fAM6NxZd0

ペパロニ「貧乏だから…ウチに来たんスね…」

アンチョビ「ス・カ・ウ・トだ!!」

アンチョビ「ま……おかげで料理に強いアンツィオでも、こうしてやっていけてるし」

アンチョビ「感謝しているさ…」もぐもぐ

ペパロニ「うぅ、ぐすぐす」もぐもぐ

カルパッチョ「ドゥーチェ…ぐすん」もぐもぐ

アンチョビ「はぁ……もぐもぐ」

11 : ◆o3qhmpCK4I[saga] 2016/09/29 17:43:57.21 ID:fAM6NxZd0

アンチョビ「…ん」

アンチョビ「このカレーパン、美味いな」




おしまい。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475137666/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP