PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 21:48:53.23 ID:qzBs8UjN0

忌村「いけない……こんな遅くになっちゃった……」

忌村「薬の材料が切れたからって……少し遠出しすぎたかな……」



「見える……見えるべ……」



忌村「え……?」

占い師「そこのオメー! 俺にはオメーの悪い未来が見えるべ!」

忌村「えっ……? えっ……?」

占い師「こりゃ対処方はあれだな、今の生活を見直すしかねーな」

占い師「だがさすがに急に言われても無理な話だよな。そこでこのセミナーに入ればオメーの生活もあら不思議!」

占い師「あっという間に昔の自分とはオサラバってわけよ! なーに、料金はちとかかるが今なら分割払いで……」

占い師「……ってありゃ? いなくなってるべ……。かーっ! また客逃しちまった!」





忌村「はぁ……はぁ……」

忌村「思わず逃げてきちゃったけど……。宗教の誘いか何か……?」


2 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 21:54:20.20 ID:qzBs8UjN0

忌村「……………………」

忌村「今の生活を見直せ、か……」

忌村「そりゃあ私もこんな性格だし……何考えてるか分からないとか言われたりするし……」

忌村「でも、もっと人の役に立ちたいし……」

忌村「悪い未来とか関係なく、頑張ってみようかな……」

忌村「あ、でも……明るくとか、積極的とか……私にはよく分かんない……」

忌村「……そうだ」

3 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 22:00:32.86 ID:qzBs8UjN0

流流歌「はぁ? 積極的ィ?」

忌村「う、うん……。流流歌って、そういう性格だし……」

流流歌「そんなこと言われてもねー。テキトーに生きてればこれくらいなれるんじゃないの?」

流流歌「てゆーか、アンタそれを知って実行できるの?」

忌村「そ、そこは大丈夫……。私には薬があるから……」

流流歌「ふーん。ま、それなら普段の私を真似したら? さんざ近くで見てきたんだし何とかなるでしょ」

忌村「真似……。うん、きっと、それなら……」

流流歌「精々頑張ってねー。あ、頼んでたかゆみ止めの薬もらってくね」



十六夜「……おいちい」パクパク

4 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 22:06:25.20 ID:qzBs8UjN0

翌日


流流歌「静子ちゃーん。頼んでた滋養強壮作用のある薬なんだけど」



忌村「あ! 流流歌! いらっしゃ~い☆」



流流歌「誰!?」

忌村「誰ってひど~い☆ 忌村静子ちゃんだよっ☆」

流流歌「なにコイツうざい」

流流歌「つーか何これ? 何がどーなってんの?」

忌村「それがねそれがねっ! 流流歌の性格に似せるように調合して薬を飲んだんだけど……」

忌村「副作用が強すぎてこんな性格になっちゃった☆ てへっ☆」

流流歌「『てへっ☆』じゃねぇよ! マジでうざいな!」

忌村「流流歌の言う通り~、アクが強すぎてこれじゃ人前に出られないな~って思ってたの」

忌村「どうしよっか☆」

流流歌「知らねえよ! 一日中引きこもってろ!」

忌村「しょうがないから今日はそうするね☆ 明日はちゃんとした薬作るから☆」

流流歌「これ見て期待しろって言う方が無理でしょ……」



十六夜「……おいちい」ムシャムシャ

5 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 22:14:31.67 ID:qzBs8UjN0

翌日


流流歌「静子ちゃーん。頼んでた枯れた花を元に戻す薬なんだけど」



忌村「ああそれならここから奥の棚にある一番下の段の右から二番目にある薬がそれだから勝手にもっていっていいからちなみにその薬はここからバスで2時間歩いて1時間半の山奥にしか生えてない珍しい植物を使用していて他の植物にはない成分を含んでいるから薬にするにはうってつけなのでも取りに行くまでに時間がかかるのが難点かな何でも超高校級の植物学者が作ったものであの山でしか育たないから」



流流歌「ストップ! ストップ!!」

流流歌「え? 何? アンタそんなキャラだっけ? 饒舌でペラペラ喋るキャラだっけ?」

忌村「これは私が調合した薬の成果なんだけどおかげでぶつ切りでぼそぼそした喋り方から一転ここまで饒舌に喋れるようになったのこれで今まで説明できなかった部分まで薬の詳しいところを聞かせてあげられるしぼそぼそ喋って聞き取れないなんてこともなくなるんじゃないかなって思ってたんだけど逆に早口過ぎて何言ってるか分からないんじゃって自分でも思ってるの正直最初に喋った部分すらもう覚えてな」

流流歌「もういいよ! そんなペラペラ喋られてもうざいだけだって!」

忌村「やっぱりダメよねこんな性格じゃ気味悪いだけよねもっと明るくて積極的な性格を目指してたんだけどでも諦めないから明日はきっと」

流流歌「帰る!!」



十六夜「……おいちい」モグモグ

6 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 22:19:33.40 ID:qzBs8UjN0

翌日


流流歌「静子ちゃーん。頼んでた一瞬で痛みの取れる薬なんだけど」



忌村「ふふ……。あ、流流歌……。うふふふふ……」



流流歌「うわ。今日はいつもより4割増しで不気味だよ」

忌村「ぶ、不気味だなんて……。私はただ、愛想よく笑ってるだけなのに……ふふふふふ……」

流流歌「それが不気味だっつってんの。今度はどんな薬飲んだわけ?」

忌村「愛想よく笑うために……常に笑顔でいる薬……ふふ、うふふふ……!」

忌村「これで少しは……周りの印象も良くなる、かな……ふふふ……」

流流歌「いや完全に不審者だよ。マスク付けて不気味な笑顔で近づかれたら誰もが逃げるよフツー」

忌村「」ガーン

流流歌「もっと笑顔の練習したら? せめて鏡見るとかさ」

忌村「うふふ……。悲しいのに、なぜか笑っちゃう……ふふ……」

流流歌「だめだこりゃ」



十六夜「……おいちい」サクサク

7 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 22:26:03.49 ID:qzBs8UjN0

翌日


流流歌「静子ちゃーん。頼んでた自白剤なんだけど」



忌村「はぁ……はぁ……。んっ……流流歌ぁ……」



流流歌「目の前の人物が息を荒げながら頬を赤らめて興奮してる時私はどんな反応をすればいいの」

忌村「そんな……警戒しないで……。襲ったり……しないから……」

流流歌「襲うという単語が日常的に出て来る時点で警戒せざるを得ないんだけど」

忌村「大丈夫……ちょっと欲情してるだけ……だから……」

流流歌「いやダメだからね!? また薬!? また薬なの!?」

忌村「そう……正解……。そんな賢い流流歌のことが……私……」

流流歌「うわ聞きたくない! キモイよ! こっち来ないで!」

忌村「ぁ……そんなこと言われると……気持ちよく……」

流流歌「ヨイちゃん、帰ろう! ここはもうダメ!」



十六夜「……おいちい」ガブガブ

8 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 22:36:37.38 ID:qzBs8UjN0

翌日


流流歌「静子ちゃーん。頼んでた希望が湧いてくる薬なんだけど」



忌村「流流歌……。それなら、ここに……」



流流歌「あれ? 今日は普通なんだ」

忌村「薬は……飲んだよ……。効果が……まだ出ないのかな……?」

流流歌「まあいいや。それより静子ちゃんさあ、いつになったら流流歌のお菓子食べてくれるの?」

流流歌「ほら、連日薬ばっかり飲んでるし。たまには甘いものでも、ね?」

忌村「何度も言ってるけど……甘いものは駄目だって……」

流流歌「もう! 流流歌のお菓子が食べられないなんて人生損してるよ? 超高校級のお菓子職人なんだよ?」

忌村「残念だとは思ってるの……残念だとは……」

忌村「……ク、ククク……」



忌村「あっはははははは!」



流流歌「!?」

忌村「超高校級のお菓子職人が作るお菓子が食べられないなんて……なんて絶望的なの……!」

忌村「でもこの絶望を乗り越えればきっと……希望が見えてくるはずだから……!」

流流歌「また変になった! しかもなんかドチャクソ腹立つ!」

忌村「流流歌……あなたの希望はそんなものじゃないでしょ……? もっと……もっと私に希望を見せて……!」

流流歌「ていうかこの性格社交性関係なくない?」



十六夜「……おいちい」パリポリ

9 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 22:42:43.64 ID:qzBs8UjN0

忌村「……結局、ろくな成果が得られなかった」

流流歌「まあ十数年生きて築いた性格を急に変えろってのもね」

流流歌「無理なら現状維持でいいんじゃない? やっぱりアンタの性格変わるのって違和感しかないし」

忌村「それでも……少しだけ……何かを変えてみたいの……」

流流歌「うーん……。じゃああれ! 見た目変えたら?」

忌村「見た目……?」

流流歌「そそ。静子ちゃんももっと見た目とか強く意識したら? そうすれば周りからの印象も変わるんじゃない」

流流歌「特にこのバカでかいマスク! なんか別のに変えた方がいいと思うんだけど」

忌村「……そうね、見た目を変えれば中身もきっと……」

流流歌「ま、今度は薬に頼らないし失敗はしないでしょ」



十六夜「……おいちい」ペロリ

10 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 22:48:38.62 ID:qzBs8UjN0

翌日


流流歌「静子ちゃーん。頼んでた世界の半分を……ってあれ? いない?」



「流流歌……? ちょっと待ってて……」



流流歌「あ、奥の方にいたんだ。頼んでた薬なんだけど……」



忌村(E:牛頭マスク)「はい、これ……薬……」



流流歌「ぎゃああああぁぁっ!! 何!? 何そのカッコ!?」

忌村「あ、これ……? 流流歌の言う通り見た目を意識してみて……」

忌村「まずは、マスクを別のに変えてみようかなって」

流流歌「……………………」






流流歌「意味がちがああああああああああうっ!!」





十六夜「……おいちい」ゲプッ

終わり

11 : ◆6zDpBnlluo[saga] 2016/08/21 22:50:57.15 ID:qzBs8UjN0

流流歌ってダンガンロンパじゃ珍しく名前呼びの方がしっくりくるキャラだよね
他には仁さんくらい?


HTML化してきます


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471783732/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
390位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP