PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 12:43:14.16 ID:U46kq2EN0

サラダ「ボルト……アンタっていつもくだらない事ばっか言ってるよね」ハァ

ボルト「くだらなくなんてねえってばさ!」

サラダ「だいたい勝ちたいって、そもそもなにで勝つのよ」

ボルト「そ、それは……えーっと……」

サラダ「いつもの鬼ごっこは『今日は~分だったってばさ!』とか言ってる段階でまず勝負になってないし」

ボルト「うっ」グサッ←

サラダ「影分身だって七代目は里中走り回ってる位の数だけど……ボルトはいくつ分身できるんだっけ?」

ボルト「…………4人だってばさ」グサッグサッ←←

サラダ「人望も里中から慕われてる火影様に対してアンタはただのイタズラ小僧ってレベルだし」

ボルト「ううぅっ」グサッグサッグサッ←←←

サラダ「背も小さし口は悪いしすぐ諦めるし……ホントいいとこないわねアンタ」

ボルト「オイ、最後ただの悪口になってんぞォ!!」


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 12:58:37.53 ID:U46kq2EN0

ボルト「くっそー、なんかバシッと一発で相手を倒せる術とかねぇのかよ~~!」

サラダ「そんな術あるわけ―――」

ミツキ「あるかもしれないよ」

ボルト「ミツキ!」

サラダ「……いつからいたのよ」

ミツキ「今しがた。面白そうな話をしていたから邪魔しちゃ悪いと思ってね」

ボルト「んなことよりミツキ! さっきのあるかもって言ってたヤツ!」

ミツキ「『バシッと一発で相手を倒せる術』のこと?」

ボルト「そう、それ!」

ミツキ「なんでも相手の意表をつくことに特化させた術だとかで」

ボルト「ふんふん」

ミツキ「その威力は、三代目火影様や先の忍界大戦で復活した大筒木カグヤさえ圧倒したとかなんとか」

ボルト「す、すげェ」

サラダ「なにその術……そんなすごそうなの私たちに扱えるわけないじゃん」

ミツキ「ところがこの術自体は七代目が僕たちと同じ時期に開発したと言われていてね……つまり」

ボルト「オレたちでも十分会得できる可能性はあるってことか……」ニヤ

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 13:10:30.55 ID:U46kq2EN0

ボルト「それで、いったいどんな術なんだってばさ!」

ミツキ「それが残念なことに術の詳細については分かっていないんだ」

ボルト「んだよそのオチィ!!」

サラダ「まあそんな危険な術間違いなく禁術指定されてるでしょうし、誰も知らなくても無理ないわね」

木ノ葉丸「ヨ! しっかり集まってるな」

サラダ「木ノ葉丸先生!」

木ノ葉丸「それじゃあ早速今日の忍務についてだが―――」

ボルト「なあ! なあ! 木ノ葉丸先生なら何かしってるんじゃねえか?」

サラダ「止めなってボルト! 忍務前なんだよ!!」

木ノ葉丸「? いったい何の話だコレ」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 13:20:22.36 ID:U46kq2EN0

ボルト「―――ってぇわけなんだってばさ」

木ノ葉丸「…………」

サラダ「先生なにか知りませんか?」

木ノ葉丸「……えーっとだな」

ミツキ「………」ジー

木ノ葉丸「アァ、話ヲ聞イテイル内ニコンナ時間ニ! オ前タチ急グゾ!」

サラダ「なにあれ」

ボルト「めちゃめちゃ怪しいってばさ」

ミツキ「決まりだね、木ノ葉丸先生は『知っている』」

木ノ葉丸(マズイ…マズイぞ!!)

木ノ葉丸(いくら七代目に教育一任されているからって、『あの術』は教えられないだろ!)

木ノ葉丸(螺旋丸のやり方聞きに来たとかならバッチリ指導もできたのに……)

木ノ葉丸(ナルトの兄ちゃん……オレはいったいどうすればいいんだコレェ!!!!)

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 13:26:19.83 ID:U46kq2EN0

ボルト「木ノ葉丸先生!」

木ノ葉丸「サラダそっち行ったぞ!」

   ・
   ・
   ・

ボルト「木ノ葉丸先生!!」

木ノ葉丸「よし、ミツキ後方からうまく回り込め」

   ・
   ・
   ・

ボルト「木ノ葉丸先生ってば!!!」

木ノ葉丸「ええぃ、しつこいぞボルト!!」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 13:30:35.93 ID:U46kq2EN0

ボルト「じゃあいい加減どんな術なのか教えてくれってばさ!」

サラダ「先生、私も知りたいです」

ミツキ「僕も興味あるかな」

木ノ葉丸「…………ハァ、わかった。ただし説明するのは術の大本の部分だけだ」

ボルト「どういうことだってばさ」

木ノ葉丸「そもそもお……ゴホン、この術は特別な事は何もしていない、ただの変化の術なんだ」

ボルト・サラダ「えぇ!?」

ミツキ「ただの変化の術でどうやって相手を倒すんですか?」

木ノ葉丸「そのあたりは実際に体験してみた方が早いな……変化の術!!」

ボン!

ミツキ「!」

サラダ「あ!」

ボルト「げ!」

ナルト(偽)「ふふ」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 13:38:50.74 ID:U46kq2EN0

ナルト(偽)「ボルト!」

ボルト「ひ!」ビクッ

ナルト(偽)「まったく、お前はいっつもいっつも悪戯ばっかりしやがって……!」

ボルト「い、いきなり父ちゃんに変化するなんて卑怯だぞ木ノ葉丸先生ェ!」

ボン!

木ノ葉丸「ははは、すまなかったなボルト! だが今のがこの術のキモなんだぞ」

ミツキ「つまり相手の苦手なものに変化する……ということでしょうか?」

木ノ葉丸「その通り! さらにここから七代目は誰もが意表をつかれる姿を考えだした」

木ノ葉丸「その姿を研鑚し磨きあげたのが、お前たちの言っていた術の正体というわけだ」

サラダ「やっぱり七代目ってすごい……!」

ボルト「へへ、クソオヤジのくせにとんでもねえってばさ」

木ノ葉丸(ま、間違ったことは言ってないぞコレ)ドキドキ

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 13:48:32.75 ID:U46kq2EN0

ボルト「じゃあさ、じゃあさ、何に変化したのかも教えてくれよ!」

木ノ葉丸「ダメだ」

ボルト「なんでだってばさ!」

木ノ葉丸「ダメなものはダメだ!」

ミツキ「もしかして何か言えないようなものに変化したんじゃ」ボソ

木ノ葉丸「!」ギクッ

木ノ葉丸「こ、この術は術者の経験が変化後の姿にリアリティを生む!」

木ノ葉丸「人から教わるのでなく、対象(お姉さん)を自分で探し出し、見つめ、感じ取る」

木ノ葉丸「そうすることで本物の術へ昇華していくんだぞコレ!!」

サラダ「木ノ葉丸先生もそうやって七代目に教わったんですか?」

木ノ葉丸「ななな、なんで教わったって思うんだコレ!?」

ボルト「だって術の内容めっちゃ詳しいし」

サラダ「うん」

木ノ葉丸「こ、子供の頃の話だ……コレ」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 13:54:29.80 ID:U46kq2EN0

ナルト「よし、じゃあお前たちの忍務はこれで終わりだな」

ボルト・サラダ・ミツキ「ジ―――」

ナルト「み、みんなしてなんなんだってばよ」

ボルト「なんでもねえってばさ」ヘヘ

サラダ「それでは私たちはこれで失礼します」ペコ

木ノ葉丸「オレは七代目に用事があるからみんなはこのまま解散してくれ」

ミツキ「わかりました。それではお先に失礼します」



パタン



ナルト「で、わざわざ残って話ってなんなんだ木ノ葉丸?」

木ノ葉丸「実は『あの術』がボルトたちに……」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 14:01:14.73 ID:U46kq2EN0

サラダ「やっぱり七代目ってすごい人だったのね!」

ボルト「ただの変化の術だろ? それならオレにだってできるってばさ」

サラダ「あら? じゃあもうアンタは七代目倒すことだってできるわよね?」

ボルト「そ、それは……」

サラダ「明日の忍務での報告、楽しみにしてるわよ」

ボルト「サラダのやつ……ぜってぇ無理って思ってやがる」

ミツキ「でも実際どうするつもりなんだい?」

ボルト「そうなんだよなぁ……オレが化けて父ちゃんに意表をつける姿ってなんだろ」

ミツキ「………………そうだ、こんなのはどうだい?」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 14:10:26.25 ID:U46kq2EN0

木ノ葉丸『肝心な部分は伏せましたが、何かしらのアクションを起すのは確実です』

木ノ葉丸『時が経ち公の場所で仕掛けられる前に一対一の時間を作った方が賢明かと』

ナルト(って、木ノ葉丸は言ってたけど実際どうなんだろうな)

九喇嘛(さあな、だがお前のガキだ……万が一には備えておくことだ)

ナルト(ビビらせんなよ九喇嘛…よし、じゃあ入るってばよ)

ナルト「ただいまー」

ボルト「待っていたぜ、クソオヤジ!」バン!

ナルト「……ボルト!」

ボルト「その顔……木ノ葉丸先生から話をきいてたな」

ナルト「まあな、それで結局何に変化することにしたんだ?」

ボルト「くらえ!!」



ミツキ『やはり七代目の意表をつくには身近な異性なんかが一番だと思うんだ』

ミツキ『それでいてボルト自身よく知っている人物となると……』

ミツキ『あー、でもそのままの姿だとあまりビックリしてもらえないかもね』

ボルト『うーん、じゃあこんなのはどうだ?』



ヒナタ(裸)「お色気の術!」

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 14:19:39.25 ID:U46kq2EN0

ナルト「…………」

ヒナタ(裸)「どうだ! 木ノ葉丸先生から聞いた話をもとにオレが考案した新術!!」

ヒナタ(裸)「これならいくら父ちゃんだって―――」ダッ

ガシッ

ナルト「ボルト……お前はお色気の術の事をなにもわかっちゃいねえよ」

九喇嘛(やめておけナルト!!)

ヒナタ(裸)「な、くそォ……はなせクソオヤジ!」

ナルト(わりぃな九喇嘛…)

ナルト「お色気の術の真髄……見せてやるってばよ!!」

ボン!

ヒナタ(裸)「こ…これは!」

グラビアアイドル「そうだ、お前のパソコンにお気に入り登録されてたアイドルだ」

ヒナタ(裸)「しかもポーズがついている!!」

グラビアアイドル「ただ変化するだけじゃねぇ、その後こそがこの術の要なんだってばよ」

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 14:26:02.34 ID:U46kq2EN0

ヒナタ(裸)(父ちゃんはこのアイドルの事なんてほとんど知らねえはずだってばさ)

ヒナタ(裸)(それなのに普段オレが見てる本人以上の魅力を引き出してやがる)

ヒナタ(裸)(ここまで来るのにいったいどれだけの……)

ヒナタ(裸)「父ちゃん……オレ」

ヒナタ「ボルト―、お父さん帰ってきて……」

ヒナタ(裸)・グラビアアイドル「あ」

九喇嘛(だからやめておけと言ったんだ……)

ボン

ナルト「あの! その! えーっと、ただいまだってばよ!!」

ボルト「おおおお、おかえりだってばさ父ちゃん!!」

ヒマワリ「パパ帰って来たの? おかえ――」

ヒナタ「ヒマワリ……ママ少しパパとお兄ちゃんにお話する事があるからお部屋で待っててくれるかな」

ヒマワリ「え? うん、はやくしてね」

ヒナタ「ええ、大丈夫よ」ニコ

ナルト「…………!!」

ボルト「…………!!」

ヒナタ(白眼)「すぐおわるから」カッ

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/07/18 14:31:05.45 ID:U46kq2EN0

サラダ「ねえ、ねえ! なんか今日七代目ケガしてるらしいんだけど、まさかアンタがやったの?」

ボルト「オ、オレは何も知らねえってばさ!!」

サラダ「そうなの? となると私たちの知らないところでまた事件でもあったのかも」

サラダ「まぁでも七代目は、ただの変化の術もすごい術に変えちゃう程すごいお方だし大丈夫よね」

ボルト「!!」ビクッ

サラダ「そう言えば結局七代目は何に変化したのかしら」

ボルト「サラダ、世の中には知らない方がよかったって事もあるんだってばさ……」

サラダ「? 変なヤツ」



おしまい

25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2016/07/18 14:33:02.27 ID:+RINZjuq0


どっかの特典映像で作ってほしい感じでよかった
というかこの術は封印したほうがいいなwwwww

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/07/18 14:34:07.01 ID:WBOIqjZ2o



まあこうなるよなw


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468813393/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP