PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 22:02:51.48 ID:JJY33IRx0

コナン「まじかよ!なんだよそれ!」

阿笠「いいか?こっちが光彦君の右腕の戦闘力を上げるスイッチ、こっちは下げるスイッチじゃ!」

コナン「なんで右腕だけなんだ?」

阿笠「体全体がパワーアップしてしまうと、わしらがやられてしまうじゃろ。」

コナン「なるほどな。それじゃあ遠慮なく使わせてもらうぜ!」

阿笠「くれぐれも悪用するんじゃぞ~!」


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 22:12:42.16 ID:JJY33IRx0

コナン「今日はみんなと遊ぶ約束してたからな、使ってみるか。」

元太「おい、コナン!遅いぞ!」

コナン「悪い悪い、ちょっと事件があってよ、解決してたら遅れちまった!」

歩美「も~、事件と遊びとどっちが大事なの?」

元太「そうだぞ!事件なんか警察に任せればいいじゃねえか!」

コナン「でもよお・・・。」

光彦「仕方ないですよ、コナン君は事件が大好きですから。」

元太「お前には聞いてねえよ!」

光彦「何ですか!そんな言い方無いでしょう!」

元太「何だと!」ドンッ

光彦「痛っ!押すことないじゃないですか!」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 22:22:18.32 ID:JJY33IRx0

コナン(おっ、ここらで使ってみるか。)

光彦「お返しです!」ドン!!!

元太「うわ~~~~!!!」ドンガラガッシャン!!

歩美「きゃああ!元太君が吹っ飛んだ!!」

灰原「ちょっと大丈夫!?」

元太「いてええええよおおおおお!!」

光彦「あれ・・・?そんな強く押したつもりは・・・。」

コナン「バーロー!何やってんだ光彦!」

光彦「いや・・・僕は・・・。」

灰原「最低!」

歩美「お前が吹っ飛べよ!!」

光彦「ううう・・・。」

コナン「とりあえず病院行くぞ!」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 22:31:01.25 ID:JJY33IRx0

元太「いてえええ!!」

コナン「大丈夫だ!大したことねえよ!」

光彦「元太君!ごめんなさい!」

元太「はあ・・・はあ・・・。」

灰原「落ち着いた?」

元太「ああ、まあな。」

コナン「意識ははっきりしてるみたいだな。」

元太「幸運にもな。」

歩美「本当に光彦君はクズだよね。」

光彦「返す言葉もありません。」

灰原「それにしてもあれは何だったの?そんなに力強くなかったでしょ?」

光彦「分かりません・・・。」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 22:36:05.57 ID:JJY33IRx0

光彦「何故か分かりませんけど、急に力が湧いてきて・・・。」

コナン(そうだ、上げたらその分戻しとかねえとな。)

歩美「じゃあちょっとそこの電柱へし折ってみてよ。」

光彦「いや、それは・・・。」

元太「やってみろよ。」

光彦「え?」

元太「俺を吹っ飛ばした力、見せてみろよ。」

光彦「・・・じゃあ、やってみます。」

コナン(ここは戦闘力を下げてみるか。)

光彦「はああああ!!!!そいや!!!!!!!」バキッ!

灰原「!?」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 22:41:45.09 ID:JJY33IRx0

光彦「いだああああああ!!」

元太「お前本気でやれよ!」

光彦「やってますよ!いたああああああ!」

歩美「wwwwwwwwwwwwwww」

灰原「一体どういうことなの?」

コナン「とりあえず光彦も診てもらおう。それにしても元太。」

元太「何だ?」

コナン「光彦にぶっ飛ばされたってのに、光彦のパワーを何でそこまで気にしてるんだ?ケガしてそれどころじゃねえだろ?」

元太「それは・・・何となくだよ。」

コナン「・・・まあ、いいけど。」

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 22:49:37.11 ID:JJY33IRx0

~病院~

元太「やっと痛みが治まったぜ。」

歩美「よかったね、捻挫で済んで。」

光彦「僕の方も治まりました。」

歩美「何だよ捻挫程度かよ。」

灰原「大事に至らなくてよかったわね。」

コナン「そうだな。」

患者「うおおおおおおおお!」

コナン「!?」

患者「俺はああああ!俺はあああああ!」

看護師「落ち着いてください!」

患者「落ち着いてられるかあああ!もうすぐ俺は!くそおお!」

コナン「なんだあれ?」

元太「ほっとけよあんなの。」

患者「はっ!あれは!!」

灰原「ん?」

歩美「何?」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 22:56:52.83 ID:JJY33IRx0

患者「どうせ短い命!どうせだったらああ!」

コナン「まずいぞ!あいつ危ねえロリコンだ!」

歩美「きゃああ!来ないで社会のゴミ!!」

光彦「危ない!!」

コナン(あいつ!俺の歩美と灰原を変な目で見やがって!!くらえ!!)

光彦「やめてください!」ドゴオン!!!!

患者「ぐばらっ!!!」

看護師「どうしたの!?しっかりして!!!」

光彦「はあ・・・、また・・・。」

看護師「しっかりしてください!」

灰原「ねえ、あの人の様子変じゃない?」

コナン「・・・まさか!」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 23:04:31.82 ID:JJY33IRx0

医者「ご臨終です。」

元太「これが・・・命の尊さというものなのか?」

コナン「光彦てめえ!人の命を何だと思ってやがる!」

光彦「ぼくはただ、歩美ちゃんと灰原さんを守ろうと・・・。」

コナン「うるせえ!理由なんて知りたくねえ!犯罪者の気持ちなんかな!」

光彦「そんな・・・僕は・・・。」

目暮「警察だ!殺人事件が起きたと聞いて来ました!」

看護師「警部さんあいつです!」

目暮「君が!?」

光彦「いや、僕は!」

コナン「光彦!」

光彦「コナン君・・・。」

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/06/25 23:08:25.88 ID:tMHoMNts0

相変わらず自分のやった事を棚に上げるコナン

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 23:13:00.97 ID:JJY33IRx0

コナン「真実は・・・いつも一つなんだ・・・。」

光彦「・・・いやだ!捕まりたくない!」

元太「往生際が悪いぞ!」

歩美「そうよ!大人しく牢獄にぶち込まれなさいよ!」

灰原「逃げるなんて不可能よ。」

光彦「みなさん分かってるんですか?僕が人一人倒せるだけの力を持っているということを。」

目暮「むむ、確かにあなた方の話が正しければ、彼は・・・。」

光彦「警察から逃げるくらい!訳ないですよ!」

コナン(そんなわけねえだろ、お前の力は俺が制御してるんだからよwwwww)

目暮「かかれ!」

警察官たち「うおおお!」

光彦「うおおおおおお!!!!」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 23:17:53.20 ID:JJY33IRx0

光彦「うわあああああ助けてください!」

元太「なんなんだこいつは・・・。」

灰原「もう帰りましょう。」

コナン「そうだな。」

歩美「もう二度と顔見せんなよソバカス。」



テレビ「臨時ニュースです。現在地球に巨大な隕石が接近しています。」

コナン「!?」

テレビ「衝突先は日本であると推測されています。」

コナン「なんてことだ・・・。急いで博士の家に行かねえと!」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 23:26:44.58 ID:JJY33IRx0

~阿笠宅~

コナン「博士大変だ!隕石が!」

阿笠「すまん!実はわしのせいなんじゃ!」

コナン「どういうことだ!?」

阿笠「うっかり隕石が光彦君に向かって落ちてくるスイッチを押してしまったんじゃ!」

コナン「ふざけんな!罪のない人たちを巻き込むなんて、それでも科学者か!」

阿笠「じゃが大丈夫じゃ、今君の持っとるスイッチを使えば、隕石を破壊できる!」

コナン「そうか、光彦の力を最大限まで高めれば・・・いや、それは無理だ。」

阿笠「何故じゃ!」

コナン「光彦は人を殺めてしまってな、警察に捕まっちまったんだ。」

阿笠「なんじゃと!とことん腹の立つガキじゃ!!」

コナン「だからどうにもならねえんだよ。」

阿笠「ううむ、ならば奥の手じゃ!」

コナン「奥の手?」

阿笠「もしもし、わしじゃ!今すぐ円谷光彦を釈放してくれ!」

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/06/25 23:31:15.70 ID:tMHoMNts0

どの口が言うんだこいつら

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 23:33:44.78 ID:JJY33IRx0

光彦「何故か戻ってこれました。」

歩美「二度と顔見せんなっつたろうが。」

阿笠「まあまあ、今は緊急事態じゃから。」

光彦「知ってますよ、隕石が落ちてくるんでしょ?」

阿笠「そうじゃ、そしてこれは君でないと解決できん問題なんじゃ。」

光彦「どういうことです?」

コナン「お前の力で隕石を破壊するんだよ。」

灰原「正気!?そんなの無理よ!」

コナン「いや、無理じゃない。今日の光彦のを見ればわかるだろ、こいつは普通じゃない。」

光彦「でも、力が発揮できない時がありました。」

コナン「それには理由があるはずだ。」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 23:38:57.37 ID:JJY33IRx0

コナン「お前がとんでもない力を出したとき、何を感じた?」

光彦「何って・・・確か・・・。」

元太「最初は俺が吹っ飛ばされた時か。」

コナン「そうだ、その時光彦、何を感じた?」

光彦「それは、元太君にムカついて・・・。」

コナン「それだ!」

光彦「それって?」

コナン「怒りだよ。」

灰原「なるほど!それじゃあ2度目は私と吉田さんを守るためね!」

コナン「そうだ、だから電柱や警察相手じゃ力が出せなかったんだ。」

光彦「そういうことだったんですか・・・。」

阿笠「そこでその怒りを隕石に向けてほしいんじゃよ。」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 23:45:06.01 ID:JJY33IRx0

光彦「そんな・・・物に怒りだなんて・・・。」

コナン「いいのか!?隕石を何とかしないと、地球が滅ぶんだぞ!」

光彦「でも・・・。」

灰原「お願い!」

光彦「灰原さん?」

灰原「地球を・・・私たちを助けて!」

光彦「・・・・・・。」

歩美「やれってんだよ!」

光彦「・・・やります!」

コナン(よし、それでいい!)

阿笠(隕石もろとも爆破してやるわいwwwww)

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/25 23:53:12.84 ID:JJY33IRx0

阿笠「それにしても元太君、今回はいいとこなしじゃのう、光彦君がいいとこ持っていきよる。」

元太「いや、それでいい、そっちの方が面白いからな。」

阿笠「どういう意味じゃ?」

元太「何でもない。それより博士、どうやって光彦を隕石にぶつけるつもりだ?」

阿笠「なあに、ちょっとJAXAの知り合いに頼んで打ち上げてもらうわい。」

元太「そういうことか。」

阿笠「さて、早く準備に取り掛からねばな。」



光彦「僕の右腕に地球の運命が委ねられているなんて、まるで漫画の主人公のようですね。」

コナン(なわけねえだろwwww全部仕組まれてんだよwwwwあっ漫画もそうかwwwww)

歩美「隕石と共に散れ。」

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 00:01:26.40 ID:nESCS3sl0

~光彦打ち上げ場~

光彦「それじゃあ行ってきます。」

コナン「頼んだぜ。」

灰原「生きて帰ってきてね。」

歩美「国のためにその心臓を捧げろや。」

元太「いざとなったら俺が何とかしてやるよ。」

光彦「ははは、頼もしいですね。」

元太「笑ってんじゃねえよ。」

阿笠「さあ、そろそろ時間じゃ。」

光彦「あっ、少しいいですか。灰原さん、歩美ちゃん。」

灰原「何?」

歩美「何だよ。」

光彦「僕は二人のことが・・・好きだったんです。」

灰原「円谷君・・・。」

光彦「返事は帰ってから聞かせてください。」

灰原「円谷君!」

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 00:06:43.04 ID:nESCS3sl0

コナン「行っちまったな。」

灰原「何よ・・・何が好きよ・・・そんなの・・・。」

コナン「灰原・・・。」

灰原「答えはNOに決まってるじゃないwwwwwwwww」

コナン「だよなwwwwwww」

歩美「っていうかあれ死亡グラフじゃねwwwwwww」

阿笠「確かにwwwwww本当に死んでほしいwwwwww」

元太「・・・・・・。」

コナン「どうした元太wwwww光彦が死ぬんだぞwwwwwもっと喜べよwwww」

元太「それは俺にとっては不都合なんでな・・・。」

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 00:14:30.66 ID:nESCS3sl0

~空~

光彦(隕石が憎い!みんなを傷つけるあの隕石が憎い!)

ゴオオオオオオオオ!!!!!

光彦(来ましたね!)

ゴオオオオオオオ!!!!

光彦(この一撃に!すべてを賭ける!)



ドガアアアアアアアン!!!!!!!!!



~地上~

コナン「やったか!?」

阿笠「うむ、上手く爆破スイッチも作動したようじゃ!」

元太「爆破スイッチだと!?」

灰原「やっぱ何かあると思ったらwwwwそういうことwwww」

歩美「流石博士!!」

コナン「おい、あれ見ろ!光彦の亡骸だ!」

阿笠「何と!生命反応ありじゃ!」

灰原「嘘!生きてるの!?」

コナン「そこらへんは光彦らしいな!」

歩美「まったくwwww」

コナン「さあ!光彦が墜落するのを近くで見ようぜ!」

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/06/26 00:19:59.37 ID:dT1D5U4B0

原作より活き活きしてるな探偵団

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 00:20:49.04 ID:nESCS3sl0

光彦(僕は・・・生きているのでしょうか・・・。)

光彦(どうやら隕石は何とかなったようですね。)

光彦(でも僕は助かりそうにありません。)

光彦(最後に、歩美ちゃんと灰原さんから返事を聞かせてほしかったですね・・・。)









光彦(・・・・・・あれ?もう地面に激突してもおかしくないはず・・・。)

コナン「おい、どういうことだよ・・・。」

阿笠「状況が飲みこめんのう。」

コナン「なぜ光彦を助けた・・・・・・元太!!」



25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 00:31:15.91 ID:nESCS3sl0

元太「こいつに死んでもらうわけにはいかないからさ。」

歩美「はあ!?てめえふざけんなよ!」

元太「あれほどの爆発にも耐える頑丈な体、そしてこれまで発揮されてきたこいつのパワー、亡くすには惜しい。」

コナン「何言ってんだ!お前変だぞ!」

元太「変か・・・、そりゃそうだ、今までのは全て演技だったんだからな。」

灰原「演技ですって?」

元太「ああ、本当の俺はお前らとは別次元に生きる存在なのさ。」

歩美「おい、つまらねえ冗談はやめろよ!」

元太「いちいちうるさいガキだ・・・。」ドゴオ!

歩美「ぐふう!」

コナン「歩美!!」

阿笠「貴様、何をした!」

元太「言っただろう?俺とお前らは次元が違うと・・・。」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/06/26 00:35:27.80 ID:zD1u6NTBO

この元太オビトみたいな喋り方になってそう

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 00:44:08.31 ID:nESCS3sl0

コナン「一体何が目的なんだ!」

元太「目的なんてものは無い。これはただの遊びだ。」

灰原「遊び?」

元太「そうだ、お前らもおもちゃを使って色々遊んだ経験があるだろう。それと同じだ。」

コナン「人の命に関わる遊びがあってたまるかよ!さっさと光彦を殺せ!」

元太「それはできんと言ったろう。こいつは俺の新しい器となるのさ。」

阿笠「器じゃと?」

元太「俺が力を行使し、それに耐えることのできる強靭な肉体が欲しかったんだ。」

コナン「それの器に光彦が選ばれたって訳か。」

元太「そういうことだ。」

29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 00:49:51.68 ID:nESCS3sl0

元太「さて、お前らに残された期限は後一週間ってところだな。」

コナン「どういう意味だ!」

元太「俺が光彦の体に乗り移り、回復するまでの時間さ。」

阿笠「では回復するまでに貴様を倒せば!」

元太「そいつは不可能だ!俺は異次元空間に飛べるからな。お前らには感知できない。」

阿笠「ぐぬぬ・・・。」

元太「では、のこされた時間をせいぜい楽しむんだな。」

コナン「待て!・・・くそ、消えたか。」

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 00:56:46.21 ID:nESCS3sl0

コナン「どうする博士。」

阿笠「うむむ、異次元空間にいるのではわしのメカも役に立ちそうにないのう。」

灰原「そう・・・。」

歩美「あの野郎・・・ズタズタに引き裂いてやる!!!!」

コナン「まずはこのことを警察に報告だ。」



その後俺たちは警察に話をしに行った。

正直に言っても信じてもらえないと思って、色々盛って話した。



目暮「ぐおおおおお!!!!光彦という名の悪を許すな!!!!」

服部「あんな奴俺がぶった切ったるわ!!」

蘭「今までのは全嘘だったなんて、許さない!!!」



コナン「光彦・・・絶対に仕留めてやるからな。」

33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 01:03:55.40 ID:nESCS3sl0

~一週間後~

光彦「さて・・・始めるか・・・。」

阿笠「やはり来たか・・・。」

光彦「ほう、俺を感知できたのか。」

灰原「いいえ、感知できたわけじゃないわ。ただあなたが私たちの意図した場所に来ただけ。」

光彦「?」

阿笠「なに、ちと確率をいじっただけじゃよ。」

光彦「そうか、この世界ではそこまで文明が発展していたのか。そいつは誤算だった。」

コナン「おい、早く元太を返せ。」

光彦「ふふふ、お前らの知る元太は俺様の猿芝居に過ぎないってことを忘れたのか?」

コナン「それでもだ!」

光彦「いいだろう・・・行け!」

元太「・・・・・・。」

34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 01:10:35.90 ID:nESCS3sl0

コナン「元太!」

灰原「待って!何か様子がおかしいわ!」

元太「・・・・・・うな重。」

コナン「!?」

光彦「そいつは俺の抜け殻も同然だ。だがせめてもの慈悲、うな重だけは頭に残してやったぞ。」

元太「うな重!」

コナン「元太!くそ!」

光彦「だからお前らの知る元太は・・・。」

コナン「分かってる!それでも!」

光彦「・・・・・・ところで、俺をわざわざ呼び寄せたってことは、俺に真っ先に殺されに来たんだよな?」

阿笠「そんなわけなかろう。」

灰原「そうよ、私たちはあなたを倒すために、この一週間特訓してきたのよ!」

光彦「こんな短い間に、どれだけのパワーアップが出来る?この肉体は爆発にも耐え、人間の命を奪うことが出来るんだぞ!?」

35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 01:17:41.22 ID:nESCS3sl0

コナン「それはどうかな!」

光彦「ん?」

阿笠「さあやれ!こいつを再起不能にするために!」

コナン(流石だぜ博士!あっという間に戦闘力のコントロールスイッチの対象を全身に変えちまったんだからな!)

コナン「おらああああああ!!!」

光彦「何かしているようだが、俺には効かぬ・・・!?」

灰原「どう?気づいた?」

光彦「貴様らあ!何をした!」

灰原「さあて、何かしらね。」

光彦「くううううう!!」

灰原「さあ、特訓の成果を見せてあげるわ。私たちの必殺技を!!!」

36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 01:21:55.39 ID:nESCS3sl0

光彦「必殺技・・・だと・・・!」

灰原「必殺!!」



灰原「インターナショナルギャラクティカファットマンアンドロイド・・・毒薬!!!!!!!」



光彦「ぐああああああああ!!!!!」

灰原「効いてるわ!!」

歩美「流石ね!哀ちゃん!」

灰原「新しく開発した毒薬がここまでダメージを与えるだなんて!」

コナン「だが殺しちゃならねえぞ。」

灰原「分かってるわよ。」

歩美「次は歩美の番ね~!」

37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 01:29:43.91 ID:nESCS3sl0

光彦「うわああああ何だこれはあああ!!」

歩美「おい、じたばたはしゃぐんじゃねえよ!じゃねえと・・・。」

光彦「はっ!」

歩美「上手く斬れねえだろうがよお・・・。」

光彦「ひい!?」

歩美「必殺!!」



歩美「スーパーウルトラエグゾディアデンジャラス高浜原発・・・チェーンソー!!!!!!!」ギイイイイイイン!!!



光彦「あぎゃあああああああ!!!!」

歩美「断末魔とかいらねえから・・・じっとしてろって。」

灰原「あらあら、容赦ないわね。」

光彦(バカな!この俺がこんなガキに翻弄されるなど!!)

歩美「コナン君!四肢は全部切り落としたよ!」

コナン「よくやった歩美ちゃん!」

38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 01:36:34.20 ID:nESCS3sl0

コナン「さあ、どうだ気分は?」

光彦「コナン君・・・。」

コナン「あ?」

光彦「お願いします、僕を殺さないでください。乗っ取られてるだけで、僕はまだ生きているんです。」

コナン「なんだって!?」

光彦「お願いします!何か手はあるはずです!だから!」

コナン「聞いたか!光彦はまだ生きてるってよ!」

光彦「そうです!だから早く!」

コナン「これで俺たちの手で光彦を葬れるぜ!」

光彦「そんな・・・。」

光彦「おいコナン、本当に光彦を殺す気か?」

コナン「おっ、何だ?光彦から出ていきてえのか?」

光彦「ああ、どうやら俺の行いは間違っていたようだからな。」

コナン「そうか、まあ俺は光彦を合法的に殺せる理由が出来たから構わねえけどな。」

光彦「そうか・・・ではさらばだ・・・。」

39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 01:43:37.92 ID:nESCS3sl0

光彦「・・・はっ!」

コナン「もう出て行ったのか?」

光彦「そのようです。」

コナン「だがそんな証拠はどこにもない。」

光彦「でしょうね、やっぱり僕のことを・・・。もう諦めました。」

コナン「止めはキック力増強シューズのMAXレベルで決めてやるよ。」

光彦「お願いします。」

コナン「・・・・・・。」

光彦「・・・・・・。」

コナン「・・・・・・。」

光彦「・・・嫌だ。」

コナン「・・・・・・。」

光彦「嫌だああああ!死にたくないいいいい!!」

コナン「その顔だよ光彦、その顔が見たくて俺はお前を・・・。」

光彦「助けてええええええええ!!」

コナン「朽ち果てろ!!!!」グチャ!!!!!

光彦「・・・・・・。」

コナン「ヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!」グチャ!グチャ!

光彦「」

コナン「はあ、はあ。」

40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/26 01:53:50.28 ID:nESCS3sl0

灰原「終わったのね。」

コナン「ああ。」

歩美「悪は滅びたのね。」

阿笠「一件落着じゃの。」

歩美「でも、元太君が・・・。」

阿笠「大丈夫じゃ、わしの力をもってすれば以前の元太君のような人格を植え付けることができる。」

歩美「本当?」

阿笠「ああ。」

灰原「ふふ、悪は絶対滅びる、か・・・。」

コナン「なんだ?」

灰原「何でもないわ。」

コナン「そうか。」



俺たちは何とか世界を危機から救うことが出来た。

しかしまた光彦のような存在が現れるとも限らない。

その時はまた今回みたいにみんなで力を合わせて戦うことになるだろう。

でも大丈夫な気がするんだ。こいつらとなら、どんな奴が相手でも倒せると思う。

俺たちだけじゃない、国中のみんなが力を合わせれば変えていけるはずだ。

頑張れ日本!目指せ脱原発!



おしまい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466859770/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP