PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 20:39:04.67 ID:UZDtDnLLo

ザァァァ……

杏「うえぇ、すごい雨だったね……」

まゆ「ぬれちゃいましたねぇ」

杏「ぬれたね」

まゆ「こう……どうでしょうか」

杏「そんなポーズとられても……何が?」

まゆ「濡れますか?」

杏「何が?」

まゆ「Pさんを誘惑する練習を」

杏「プロデューサーのことだと直球過ぎるよね……踏み台になんで杏を選んだ」

まゆ「だって杏ちゃんは信頼できますし……」

杏「うわぁいうれしくない。まったくもー、びしょびしょだしさぁ」

まゆ「びしょびしょですか……女の子への誘惑はばっちりですねぇ」

杏「そっちにとるの? 正気? 大丈夫? 風邪ひいてない?」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 20:44:32.85 ID:UZDtDnLLo

まゆ「まゆは元気もりもりですよぉ」

杏「プロデューサーにもそれくらいぐいぐいいけばいいのに」

まゆ「出来ることといえば家屋に浸入することぐらいで……」

杏「足跡とか残してけば?」

まゆ「そんな、凛ちゃんでもないしなかなか……」

杏「結構ひどいこと言うよね」

まゆ「だから料理を作ってまゆ参上とメモを残しておきました」

杏「変わらないよね? いや、プロデューサーのこととなると頭悪いよね……」

まゆ「今朝はちゃんとプロデューサーさん食べてくれたかしら……」

杏「もう恋人のアプローチっていうか母親みたいになってるし」

まゆ「まぁ!杏ちゃんったら」

杏「え、なんか変なこと言った?」

まゆ「そんな、まるで夫婦みたいって」

杏「いってないいってない」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 20:45:58.34 ID:UZDtDnLLo

まゆ「さしずめ杏ちゃんは娘ですね」

杏「厄介なのに組み込まないで」

まゆ「反抗期なんですか」

杏「……案外プロデューサーとお似合いかもね」

まゆ「本当ですかぁ……!」

杏「話聞かないとことか、似てるし」

まゆ「杏ちゃんはどっちに似たんですかね」

杏「話聞いて」

まゆ「うふふ、大丈夫よ……お母さんがなんでも聞いてあげる」

杏「まず普通の会話をしてほしいな」

まゆ「家族の普通の会話……杏ちゃん、学校はどうかしら?」

杏「家族から離れよう」

まゆ「そんな、一人暮らしを……?」

杏「そうじゃなくて」

まゆ「離婚……!?」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 20:47:49.34 ID:UZDtDnLLo

まゆ「捨てないで、杏ちゃん……」

杏「おかーさんなんておとーさんと乳繰りあってればいいじゃん!」

まゆ「それもそうですねぇ」

杏「絶対これ娘要素いらなかったよね」

まゆ「女の子が乳繰り合うなんて使うのは感心しませんよ……?」

杏(既にお母さん目線だ……)

杏「実際、プロデューサーとの間に子供ができてもさぁ」

まゆ「子供……」

杏「まゆもプロデューサーもあんまり子守はうまくなさそうだし大丈夫なわけ?」

まゆ「子供……」

杏「ねぇ?」

まゆ「子供……つまり××が○○でズキューンバキューンアハーン……?」

杏「だめだこりゃ」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 20:50:27.80 ID:UZDtDnLLo

まゆ「それで、まゆが床上手になるためにはどうしたらいいんでしょう」

杏「そっちに行くんだ」

まゆ「以前Pさんの家でえっちな本を見つけちゃいまして……」

杏「まぁ男だもんね」

まゆ「気が動転して持ち帰ったのがこれです」

杏「あっちも動転してるんじゃないかな……」

まゆ「見てください、これ」

杏「杏が言うのもなんだけどまだ18歳になってないよね」

まゆ「愛があれば関係ないです」

杏「一理ない」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 20:51:09.20 ID:UZDtDnLLo

まゆ「それでこの本なんですけど、緊縛大全って」

杏「うわぁ」

まゆ「うまく縛れるかしら……」

杏「縛る側なんだ」

まゆ「……杏ちゃん」

杏「断る」

まゆ「ちゃんとなめしましたから」

杏「そこじゃない」

まゆ「飴あげますから!」

杏「ボールギャグだよねそれ、どこで用意したの」

まゆ「あっ、見てくださいこれ、亀甲縛りって……うふふ、可愛い」

杏「杏そんなにバカじゃないぞ!?」

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 20:56:14.22 ID:UZDtDnLLo

まゆ「じゃあこれ!これならいいでしょう!」

杏「またボールギャグか!だからダメだってば」

まゆ「口のところがアメですよぉ!」

杏「ベッタベタになるだけでしょ!」

まゆ「……!!」

杏「今気づいたの……?」

まゆ「うふふ、一筋縄ではいかないんですね……緊縛だけに」

杏「まゆってたまに絶望的だよね……というかそのアプローチはやめなよ」

まゆ「難しいですか?」

杏「好きな人を豚呼ばわりして嬉しいなら止めないけど」

まゆ「……ギリギリ、なしです、かな……なしかな……?」

杏「ホントにギリギリじゃんか……」

まゆ「まゆはPさんのためなら何にでもなれますから」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 20:56:48.74 ID:UZDtDnLLo

まゆ「……まゆが豚って言われるならいいかもしれませんねぇ」

杏「そっちも考えの中にはあったんだ」

まゆ「まゆには可能性があるって、Pさんが教えてくれたから……」

杏「そういう方向性ではないと思うな」

まゆ「試して見なきゃわかりませんよぉ?」

杏「キメ顔しないで」

まゆ「ほら、試してみましょう、杏ちゃんっ、ほらぁ」

杏「今日はアグレッシブだね、というか杏でいいの」

まゆ「杏さんがいいんです」

杏「……」

まゆ「濡れましたか」

杏「もっと淑女じゃなかったっけ」

まゆ「情欲だって愛です、まゆには否定できません」

杏「いつもなら節操はあったよ」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 20:59:55.86 ID:UZDtDnLLo

まゆ「それは……」

杏「……」

まゆ「……このままじゃダメだと思ったんですもの……」

杏「なんかあったの?」

まゆ「何もないんです……」

杏「まゆ……」

まゆ「まゆには何もない……何も……」

杏「……」

まゆ「尾行なんて誰でもできるもん!!」

杏「まゆ、やめよう。やめて」

まゆ「ぐすっ……」

杏「尾行だって誰にでも出来ることじゃ……いや、尾行はだめだよね」

まゆ「杏ちゃんの好きな飴は百円ショップで買ってました……」

杏「あのヤロー……というか安いなぁ杏」

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:03:44.07 ID:UZDtDnLLo

まゆ「どうしたらPさんが振り向いてくれるかなぁ、夜道で」

杏「夜道はやめといたら」

まゆ「じゃあ昼間ですか……?見つからないのが難しく……」

杏「まず尾行をやめよう」

まゆ「つまり……となりを歩けようになれってことですかぁ……」

杏「すさまじいポジティブシンキングだね」

まゆ「アイドルは前を向くものなんですよ」

杏「わぁかっこいい……杏には真似できないなー」

まゆ「簡単ですよ? まずは気配の消し方から……」

杏「アイドルとして前を向く方ね」

まゆ「杏さんは立派にアイドルじゃないですか」

杏「そうかな」

まゆ「そして一流のニートです」

杏「あれ……なんか毒ない?」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:05:52.54 ID:UZDtDnLLo

まゆ「だってまゆが『帰りたい』って言ったらPさん、すごく心配してくださって……」

杏「まぁそりゃそうでしょ……まゆが言ったら杏だってびっくりするもん」

まゆ「ずるいですよぉ……まゆだって抱っこされたいのに……」

杏「肩に担がれたことを抱っこっていうの? あれお姫様っていうかお米様だよ? 豊作祝う?」

まゆ「抱っこですよぉ……まゆだって、ああやって……ひょいってされたいです」

杏「そんなにお米様抱っこに憧れてるの?」

まゆ「Pさんの力強さを感じたくて」

杏「今度頼んでみなよ」

まゆ「……実は一度頼んでみたことはあります」

杏「あー、ダメだったんだ?」

まゆ「いえ、お姫様抱っこされちゃいましたぁ……」

杏「じゃあお米様抱っこされなくても」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:12:32.29 ID:UZDtDnLLo

まゆ「で、でも、まゆも全身を任せたりとか、普段よりも近い距離と触れられない肩への接触とか……」

杏「ようするに『あててんのよ』ってこと?」

まゆ「あててんのよ……そう、それです」

杏「あの姿勢でそれするの難しいよ?」

まゆ「やったんですか」

杏「あたったところで素知らぬ顔してたけどね」

まゆ「う、うぅ……ま、まゆのなら……」

杏「失礼なこと言うよね……いや、いってもまゆのもそう変わんなくない?」

まゆ「それは……愛で膨らみますから……」

杏「そんなパン生地みたいな……」

まゆ「し、信じればなんでもできるって……Pさんがぁ……」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:13:02.95 ID:UZDtDnLLo

杏「だいたい、当てたいだけなら抱きつくなりすればいいじゃん」

まゆ「それはなんだか……恥ずかしくて……」

杏「そのラインがまったくわかんない」

まゆ「そうですかぁ……?」

杏「もっとすごいことしてるじゃん」

まゆ「すごいこと……?」

杏「プロデューサーの部屋のお風呂に乱入したとか」

まゆ「……あぁ、そっちですかぁ」

杏「あっちとかもあるのか」

まゆ「杏ちゃんもきらりさんと入るじゃないですか」

杏「そんなノリで入ってこられると多分プロデューサーやばいよ」

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:15:46.45 ID:UZDtDnLLo

まゆ「ヤバいんですかぁ」

杏「やばい」

まゆ「……にょわー、まゆだにぃ。Pちゃんとはぴはぴすぅー……」

杏「何シミュレーションしてるの」

まゆ「イケますか」

杏「やめときなって」

まゆ「理性をまゆまゆしちゃうにぃ☆」

杏「やめて!」

まゆ「……ククク、まゆ達は愛の絆で結ばれし双星! 見えますか、あの死兆星が!」

杏「蘭子ちゃんでもダ……蘭子ちゃんじゃないよそれ、死ぬやつ」

まゆ「天に滅すにょわ!」

杏「混ざってる上に雑ッ!」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:20:31.49 ID:UZDtDnLLo

まゆ「うう、それならまゆはどうすれば……Pさんから、Pさんからもアプローチが欲しいだけなんです」

杏「……おせおせじゃなくするとか?」

まゆ「どうすればいいんですか?」

杏「ちょっと距離を取ってみるとか」

まゆ「……まゆに近づかないでくださいねぇ?」

杏「あ、いい感じかも」

まゆ「これを……Pさんに……」

杏「まゆ?」

まゆ「む、むりですよぉ……嫌われちゃう……」

杏「おせおせは大丈夫なの? そっちは想定しない感じ?」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:23:35.90 ID:UZDtDnLLo

まゆ「まゆから離れないで……離れたら死んでしまいます」

杏「重すぎるでしょ」

まゆ「けれど近づかないでくださいねぇ」

杏「うん?」

まゆ「そう、近すぎずしかし離れてない、その距離感です」

杏「うん……」

まゆ「つんでれです」

杏「違うよ」

まゆ「まゆはあなたに近づきません……」

杏「うん」

まゆ「けど決して離れません……」

杏「うん……」

まゆ「ひっとあんどあうぇーのアウトボクサーですよぉ」

杏「まゆはボクサーじゃなくない?」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:26:26.48 ID:UZDtDnLLo

まゆ「ボクサー……なりますか……」

杏「ならなくていいから」

まゆ「もう、どうすればいいって言うんですか……!」

杏「だから、離れるだけでいいんだって」

まゆ「はーとぶれいくしょっとですか」

杏「ボクシングから離れて」

まゆ「でもまゆはPさんから半日離れたら衰弱死します……」

杏「それ、休日とかどうしてるのさ」

まゆ「休日は遠くからずっと見つめてます」

杏「よくやるなぁ……出かけてない日とかは?」

まゆ「マンションを眺めてるだけでも幸せなの……」

杏「うわぁ……とてもじゃないけど真似する気にもなんないや」

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:35:39.29 ID:UZDtDnLLo

まゆ「オススメのカフェもあって」

杏「監視用の?」

まゆ「監視って言い方は嫌です」

杏「じゃあ何してるの」

まゆ「Pさんのいつも注文するコーヒーがあるんですよ」

杏(監視してるんだろうなぁ)

まゆ「飲むのに1時間以上かかってしまいます」

杏「砂糖入れなよ」

まゆ「その間にPさんは裏口から出かけてましたし」

杏「……ん?裏口からって」

まゆ「気分転換でやってるそうですよ」

杏「直接聞いたの?」

まゆ「はい」

杏「バレてない? いや、バレてるよね」

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 21:59:52.11 ID:UZDtDnLLo

まゆ「迷惑かけないならいいぞって言われてますよぉ、合鍵だって持ってます」

杏「合鍵あるの……というかついてこられたり監視されたりは迷惑じゃないのか……」

まゆ「でも、最近流石に迷惑だと怒られてしまって……」

杏「そりゃ、ねぇ」

まゆ「お風呂に入るのはやり過ぎだって」

杏「さっきその下りなかったっけ」

まゆ「それじゃ痴女だ、そそるものもそそらないって」

杏「なんであんなやつのことが好きなの?」

まゆ「恋に理由はきっとないんですよねぇ」

杏「いや……止めないけどさ……」

まゆ「うふふ……じゃあ協力してくださるんですね?」

杏「あー、お米様抱っこしてあげてって言っておけばいい?」

まゆ「それから、まゆのことを襲ってくださいって」

杏「そうだね」

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:01:22.67 ID:UZDtDnLLo

杏「他には?」

まゆ「他には、えーと……ええと……」

杏「ないなら送るね、はい送信」

まゆ「えっ」

杏「えっ」

まゆ「何してるんですか」

杏「伝えろっていうから」

まゆ「……ほ、本当に?」

杏「あ、いや……冗談だったの?」

まゆ「だって……だってぇ……積極的になれってアドバイスを杏ちゃんがくれてたからぁ……」

杏「もともとやってたんでしょ……」

まゆ「そうですけど……」

杏「まぁ、メールぐらいで変わるんだったら最初からやってるよねーって話か」

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:04:19.69 ID:UZDtDnLLo

まゆ「あとメールアドレスって……」

杏「え、なに、持ってないの?」

まゆ「お仕事用だからと、教えてくれなくて」

杏「それ、まゆはパートナーなんだから聞く権利あるじゃん……騙されてるよ……」

まゆ「パートナー……♪」

杏「どうやって連絡とってたの?」

まゆ「ポケベルです」

杏「ポケベル」

まゆ「たとえばこれとか」

杏「なんて読むの?」

まゆ「あ・い・し・て・る。ですよ」

杏「違うよね」

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:05:03.55 ID:UZDtDnLLo

まゆ「……明日のお仕事は10時からだそうです」

杏「よくぱっと読めるね。感心した」

まゆ「うふふ……」

杏「でもアドレス知らないよね」

まゆ「うふぅ……」

杏(目に見えてしぼんだ。面白いなー)

まゆ「……教えてください」

杏「杏はいいけど……」

まゆ「Pさんは勘違いしてます、まゆはPさんの嫌がることはしないのに」

杏「というか合鍵はOKだったのにアドレス知らないって」

まゆ「とんだシャイボーイですよね、ステキ……♪」

杏「合鍵それ大丈夫? 使える?」

まゆ「大丈夫です、先週は使えました」

杏「何度か変えられたことあるんじゃん……」

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:09:37.46 ID:UZDtDnLLo

まゆ「これも愛の試練ですよねぇ」

杏「いや、止めないけどね……」

まゆ「うふふ、なんてメールしようかしら……」

杏「……」

まゆ「うふ、うふふ、うふふふ……」

杏「教えないでおくね」

まゆ「なんでですかぁ……!」

杏「いや、ちょっと申し訳ない気が」

まゆ「それなら杏ちゃん経由でまゆのメール送ってくださいよぉ……!」

杏「絶対やだよ」

25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:11:46.34 ID:UZDtDnLLo

まゆ「うぅ……Pさん、大好き……他に色んなメッセージも送りたいです……」ポチポチ

杏「それに、ポケベルで送れてるなら大丈夫じゃない?」

まゆ「足りないんですよぉ……壊れるほど送っても三分の一も伝わりません……」

杏「送信容量とポケベル自身の耐久性の問題だよね」

まゆ「うふぅ……Pさぁん……」

杏「……なんだか可哀相になってきたよ」

まゆ「うっ、うっ……」

杏「杏はこんなにも簡単にやり取りしてるって言うのに……ん」

まゆ「! 返信来たんですか!」

杏「ん、来たよ」

まゆ「まゆのポケベルにはまだ返ってきてないのに……!」

杏「プロデューサーもポケベルはそんなすぐには見ないんじゃないかな」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:16:24.35 ID:UZDtDnLLo

まゆ「う、うぅ……あっ!」

杏「ん。返事来た?」

まゆ「はい。ほら、愛してるって」

杏「書いてないよね」

まゆ「……文脈を読み取るのが大切なんですよぉ」

杏「まゆがそう思うなら、まぁいいんじゃないかなぁ……」

まゆ「はい……うふ、なんて返事しようかしら」

杏「なんなら杏の携帯使う? まゆからって書いてたらいいよ、はい」

まゆ「いいんですかぁ……!」ババッ

杏(確認取られながら携帯奪われた)

まゆ「うふ、うふふ、Pさんになんて……いえ、その前にさっきのメールは……」

杏「さっきのやつはえーと、これかな」

まゆ「えっと……今度はいつ来る気なの……ついでにラーメンとポテチも買ってきて……」

杏「どうしたの?」

27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:27:12.46 ID:UZDtDnLLo

まゆ「ど、どうしたのって……杏ちゃん、こ、これって……」

杏「いやぁ、ご飯とか買いだめすると重いからさ」

まゆ「ず、ずるいですよぉ!まゆも、まゆだってぇ!」

まゆ「こ、こんど、いつ行っていいですか……足りないものはありますか……」ポチポチ

杏「結局そっちからなんだね」

まゆ「……これ、夫婦みたい……」ほわほわ

杏「別居中なのかな」

まゆ「今日はお父さんに会えますよ杏ちゃん」

杏「まだその設定生きてた!」

まゆ「うふふ、お父さんは照れ屋さんだから……」

杏「照れで別居してるの……?」

まゆ「それに、単身赴任で……」

杏「職場は一緒なのに……?」

まゆ「う、うぅーっ」

杏「あ、ごめんごめん。意地悪言い過ぎたってば」

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:28:41.45 ID:UZDtDnLLo

まゆ「うぅ…あっ、メール」

杏「はやいね、なんて?」

まゆ「アイドルが家に来ちゃダメだと……」

杏(普通に怒られてる)

まゆ「来るならメイドさんに変装してやってこいと……後で入金するって」

杏「なんだかんだ仲良いよね、生々しいしアウトだけど」

まゆ「メイド服用意しておきます……と……」ポチポチ

杏「 ……献身的だなー」

まゆ「そうですかぁ?これぐらい、普通だと思ってました……」

杏「いやいや、普通はできないよ。よくやるなぁって思う」

まゆ「うふふ……愛のなせること、でしょうねぇ…」

杏「まあ本人たちが楽しいならいいんだけどね、メイドねぇ」

まゆ「杏ちゃんも着たいのかしら…?」

杏「えー、杏がメイド? ご主人様の方が似合うよ」

29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:30:58.75 ID:UZDtDnLLo

まゆ「その自信はどこから……」

杏「伝説の養われし者とは杏のことだからね! どや!」

まゆ「飴欲しいですか」

杏「わぁい」

まゆ「欲しければまゆをご主人様と言ってみてください」

杏「こいつ……!」

まゆ「うふふ、どうしたんですかぁ……?」

杏「……お母さん、アメちょうだい♪」

まゆ「うっ…!」

杏「お父さんにも分けてあげたいから、いっぱいほしいなぁ♪」

まゆ「ううっ…!」

杏「ねっ、いいでしょ~?」

まゆ「ま、まゆは負けません」

杏「言いながら出すんだ」

30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:34:08.20 ID:UZDtDnLLo

まゆ「お父さんには秘密ですよ……?」

杏「大丈夫、お父さんもちょろいから」

まゆ(……今度から飴を買っておきましょう)

杏「くふふ、いーなぁこれ、まゆとプロデューサーの娘も悪くないね」

まゆ「! ……そ、それならまゆに協力してくれますか……!?」

杏「んー、考えてあげなくなくなくなくないよ?」

まゆ「それは、えっと…どっち…?」

杏「えーっと、ん…ふわぁ…あー、だんだん眠くなってきちゃった…」

まゆ「えっ、あ、杏ちゃん」

杏「そろそろ寝ようよー。雨にうたれたし杏は疲れたの」

まゆ「……そうですかぁ」

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:40:47.01 ID:UZDtDnLLo

まゆ「……杏ちゃん」

杏「……」

まゆ「好きですよ」

杏「ごほっ、ごほっ」

まゆ「もちろん、この気持ちはPさんとは違いますけど」

杏「……ぐー、ぐー」

まゆ「……いつかPさんに、まゆも構ってもら……くしゅん!」

まゆ(……タオルだけじゃなくて、お風呂にも入っておけばよかったかな)

杏「……ぐう、ぐう」

まゆ「……うふ、私も」ゴソゴソ

まゆ「お布団、あったかいですねぇ……いつか、家族みんなで川の字で……」

杏「……すう、すう」

まゆ「なぁんて……おやすみ、なさい……」

杏「……ん。おやすみ、まゆ」

まゆ「……Pさぁん……だめれすぅ……」

杏「寝つき良すぎない?」

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:41:21.46 ID:UZDtDnLLo

杏「……もー」

まゆ「……すー、すー」

杏「……」

杏「……」カチカチ


To P
まゆが風邪ひいてるよ


杏「……」ピロリロリン


from P
すぐ行く、どこだ


杏「……」カチカチ

杏「……んー」

杏「そんじゃ杏は、きらりの部屋にでも行ってお昼寝でもしようかなー」

杏「あ。雨やんでる……よい、しょっと」

33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/06/09 22:42:19.51 ID:UZDtDnLLo

おわり。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465472344/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP