PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:43:42.30 ID:+W5g2Lg70.net

俺「黙ってちゃいつまでたっても決まらないなぁ?撃ち殺されたいのかな?」ガシャコッ

真姫「あ、危ないじゃない!銃をこっちに向けないでよ…」

俺「何ィ?俺に命令するのか?」

真姫「………っ」

俺「む、それとも俺の性奴隷になりたいとか?」

真姫「そんなの…っ、絶対にお断りよ!!」

俺「なんだと?」

絵里「真姫!今は抑えて…!」

真姫「くっ…」

俺「ほう、じゃあ絵里ちが俺の性奴隷になってくれるのかな?むふっ」

絵里「………」

俺「なんだなってくれないのかぁ残念だなぁ」チラ

花陽「ひっ」ビクッ

2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:44:15.43 ID:+W5g2Lg70.net

俺「おやぁ?もしかしてかよちん」

花陽「うぅ…だれかたーすーけーてぇ…」

俺「なんだかよちんも違うのか。じゃあ…」チラ

μ's「………」

俺「なんだよ誰も目を合わそうとしな……お?」

海未「…」

俺「いいねえその反抗的な目!目と目が逢う~瞬間~好きだと気づ~いた~」

俺「ってこれじゃ千早じゃんwwwまぁでも海未ちゃんは千早とキャラ被ってるしな。ぶっちゃけタイプかも」

海未「っ……」

俺「タイプと言えば…」チラ

ことり「あ………え?」

俺「ことりたそもタイプなんだよねー。どうかなことりたそ?」

ことり「や……穂乃果ちゃあん」ビクビク

穂乃果「だ、大丈夫だよ…。きっとみんな無事に帰れるから……うん、大丈夫だよ…」

4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:44:56.69 ID:+W5g2Lg70.net

俺「おほぉ、穂乃果ちゃーん、その発言は自分が犠牲になってみんなを助けてあげるって解釈でいいのかな?かな?」

穂乃果「ち、違うよ!」

俺「そっか残念。なら見た目的にもテンション的にも似てる凛ちゃんはどうかにゃー?」

凛「り、凛だってイヤにゃー!」

俺「ぷっ、こんな状況なのにまだその口調なのかよwww」

凛「うぅ…もうおウチに帰りたいにゃぁ」

俺「まだにゃあにゃあ言ってるしwwwwww」

希「口調はすぐに直せるものとは違うからしょうがないやん」

俺「ん?うっひょぉぉー!今度はのんたんですか!うーんエロいなぁその身体。もうのんたん一人で十分なんじゃないだろうか」

希「えっ………ウチ一人で…」

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:45:43.10 ID:+W5g2Lg70.net

俺「絵里ちよりデカいとか反則やろ…柔らかそうだなぁ」 ゴクリ

希「ねえ…絶対に誰かが残らないとみんなを帰してくれないん?」

俺「まあね。だって俺タイーホ確定だしさ、牢にぶち込まれる前に沢山エッチな事したいじゃん?」

絵里「ちょっといいかしら」

俺「なにかな絵里ち?もしかして立候補かにゃ?」

絵里「………もし今みんなを無事に帰してくれるのなら、今日あった事は誰にも言わないと約束するわ」

俺「ひょ?」

穂乃果「う、うん!そうだよ!絶対に誰にも言わないよ!ね?」

にこ「も、もちろんよ!」

ことり「誰にも言いません!」

凛「凛も内緒にする!」

花陽「わ、私も…!」

7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:47:31.29 ID:+W5g2Lg70.net

俺「………ふ~ん。あれ、ほかの子はどうしたのかな?」

希「う、ウチも黙ってる」

俺「そっかそっか、のんたんも黙っててくれるんだね」

真姫「……そうね、みんなを無事に帰してくれるのなら今日の事は黙っておくわ」

俺「ん?それは真姫ちゃんが残ってくれるって事かい?」

真姫「ちがっ…私も含めてみんなよ!」

俺「なんだ残念。残りは…」チラ


海未「…」

俺「もしや海未ちゃん、約束できないのかな?」

ことり「海未ちゃん!」

穂乃果「ね、海未ちゃんも当然黙ってるよね!」

にこ「そんなの当たり前でしょ!ほら海未ちゃんも早くこの男に約束して!」

俺「この男ぉ?俺さん…だろ?」ギロ

にこ「お、俺さん!俺さんです…ゴメンナサイ」

8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:48:09.68 ID:+W5g2Lg70.net

俺「わかればいいんだよ。…で?」チラ

海未「………そう、ですね」

俺「そうですねじゃわかんないって。もう時間ないよ?」

絵里「時間?」

俺「……3……2……1……はい、しゅーりょー!」

花陽「ひっ」ビクッ

絵里「……あの、何が終了なのかしら?」

俺「ん?約束守れるかどうか信じてあげる時間が終わったって事だよ」

穂乃果「ええー!?どういうこと?」

俺「海未ちゃんに1分も時間をあげたのにどうしても約束できないらしいからこの話は無しって事さ」

海未「!?」

真姫「ちょ、ちょっと待ってよ!海未はちゃんと約束したじゃない」

希「うん!確かに『そうですね』って言ってたもんね!」

俺「いやいや待ってよ。俺には海未ちゃんの『そうですね』が悩んでる時に出るそうだなぁとかそうですね~に聞こえたんだよね」

海未「そんな…違いますよ!」

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:49:50.21 ID:B7nRdKoka.net

ちんちんむくむくしてきた

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:50:04.11 ID:+W5g2Lg70.net

俺「まずは海未ちゃんから頂こうかなぁ~!」

海未「ひっ」

穂乃果「う、海未ちゃん!?」

希「…ウチが代わりになるから海未ちゃんの代わりをウチが…」

俺「ほほう、それじゃお言葉に…」

バァンッ

俺「だ、誰だ!!?」

ことり「あ、あの人は!」

11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:50:38.11 ID:+W5g2Lg70.net

ぼく「ぼ、ぼくが俺さんの性奴隷になるよ!」

俺「ほぉ……お前が?」ニヤニヤ

穂乃果「ぼ、ぼく君!そんな」

海未「ぼくさん!こんな男の為にそんなことする必要ありません!」

ぼく「いいんだ……これで皆を守れるなら……」

俺「へへ……じゃあ遠慮なく」ズブッ

ぼく「ひぐぅ……!」グググ

俺「ぅおおっ!入ってく入ってく!」ズブュッ!

ぼく「ぐぁああ!!ああああ!!」

俺「うあああ、中、あったけええ……」グチグチ

ぼく「あぁああ!!やっぁあ……!」

俺「あ~!ヤバイ!たまんねえ!」パンパン

ぼく「ふっ、ぐぅぅ……」

俺「やべえっ、やべえっ!」パンパンパンパン

ぼく「ひぎぃい……ぁぐぅぅ……!!」ググッ

俺「あ、ああ~!イクッ、ヤバイッス!!」

ぼく「ぼ、ぼくも……も、もう我慢できないょぉおぉぉ!」

俺「欲しいか!?俺の精子欲しいか!」

ぼく「欲しいっ、俺くんの精子欲しいよぉぉっ!」グスグス

俺「よっしゃあ!中出ししてやる!しっかり受け止めろ!イクぞ!」パァンッ!

ぼく「あぅぅっっ!!!」ビクゥゥッン! ドプッッ

俺「く、ぉっ、おお……」ビュルッビュルッビュク......

ぼく「ぁぁぁ……」ビクンッビクンッビクッ

俺「はぁ……はぁ……っく……はぁ……」

ぼく「ぅ、ぅぅ……ぁぁぁ……」ドロォッ

俺「最高だ……お前がのケツ……最高だったぜ……」チュッ

ぼく「ぼくもぉっぼくもぉ……俺くんのおちんぽが最高だったよぉっ……」ギュゥッ チュッチュッ


穂乃果「うわぁ……」

14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:52:08.67 ID:B7nRdKoka.net

ぼくっ娘のけつまんこという一縷の可能性にかけるんだ

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/06/05 21:53:22.59 ID:A0FPeU3u0.net

おい


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1465130622/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP