PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/06/17 00:14:23 ID:FK1voJe6

俺は操縦桿を深く握る

左を見ると太陽の光を浴び、灰白色に光る翼と青く広がる空と白い雲が見える

右を見ると灰白色の機体に赤き丸をつけた戦友が飛ぶ

徐々に気温が下がるのを肌で感じた

自然に自分の目が鋭くなる

ああ、また人を殺すのか

祖国を守るため

彼女を守るため

割り切っていたがやはりこの時だけは嫌になった

俺はこれから人を殺すのだ

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/06/17 00:20:58 ID:FK1voJe6

友軍が一斉に敵機に突撃する

既に目の前では鉄の塊がスレスレに飛び合う戦闘が始まっていた

大きく旋回して自分もその戦場に突撃した

俺は敵機の後ろにつく

鋭い目で睨み相手に鉄の弾を飛ばしたのだ

忽ち敵機から火が吹くと回転しながら海に落ちる

これもお国のため

そして愛する彼女のために

首から下げたお守りを握る

彼女からの贈り物だ

生きて帰れますように

俺はそう願う

その願いは虫がいいのかもしれない

でも生きて帰らなければ

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/06/17 00:24:22 ID:FK1voJe6

既に時間感覚が無くなっていた

自分は今どのぐらい乗っているのだろう

あとどれぐらい乗らなければいけないのだろう

きっとこの戦いに勝つまでだろうと自分の心の中で自問自答する

そして俺は敵機に銃弾を打ち込んだ

その瞬間であった、同時に左方からまばゆい光が視界に映る

自分が撃たれた光でも味方の機体や敵の機体の光でもなかった

我が国の船に爆弾が落ちた光だったのだ

いつの間にか敵機は知らぬ間に上空を通過していた

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/06/17 00:27:03 ID:FK1voJe6

俺は恐怖した

沈めてはいけないと

沈めてしまえばそれは国の終わり

彼女との別れになると感じたのだ

俺は急旋回してこれ以上の攻撃を食い止めようと向かった矢先であった

後方に敵が着いたのだ

全力で振り切ろうと操縦桿を握り締める

ここまで敵を憎く思ったことはない

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/06/17 00:28:25 ID:FK1voJe6

そうしている間にまた船に爆弾が落ちる

悔しい、もどかしい

敵の銃弾が自分の機体に当たるのを感じる

ああ、やはり虫がいい願いだった

きっと俺に落とされた人間もそう思っていたのだろう

これは当然の報いだと思う

ついに速度が落ちて高度が下がる

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2014/06/17 00:32:06 ID:FK1voJe6

俺はお守りを握り締める

彼女の笑顔を思い出す

自然と涙が溢れるほど出てきた

味方との交戦で気づかなかっただろうか、目の前に敵機が飛び込んで来たのだ

このまま行けば敵機とぶつかって自分は死ねるだろう

そうすればお国のために少しでも役に立てる

そして俺は彼女に別れの言葉を思って

操縦桿を切って海に落ちた



                                       END


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1402931663/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP