PickUp
スポンサード リンク
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 20:58:00.39 ID:tR3m4DgW0


モバP「346プロに入社して、はや3年」


モバP「高垣楓に憧れ、三船美優に浮気して、
鷺沢文香の担当になった同期には不幸の手紙をつづり、
ついに渋谷凛という原石に巡り合った」


モバP「そう、俺はCool属性を愛している。
淡麗な容姿、取っ付きにくい距離感、かと思えば、気を許したときに垣間見せる別の表情」


モバP「Cute、Passionと満遍なく50人以上を担当する今でも、小さい声でハッキリと言える。
俺はCoolプロデューサーだと」



モバP「だから、いくら可愛かろうが、Passion属性のアイドルに入れ込む事などない」




3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 20:59:45.93 ID:KYDaqnsA0


モバP「ましてや、日野茜と双璧を成すパッション・オブ・パッション。

堀裕子に、心を揺らされる事などありえないのである」




4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:04:34.01 ID:KYDaqnsA0


モバP(堀裕子は俺を土手に連れ出した。

ちまちま動いたり、
俺の顔をじっと見たり、
恥ずかしそうに目を逸らしたりしていたが、
やがて話を始めた)


堀裕子「プロデューサー、特訓といえば、やはり土手ですよね!

夕日に染まる町並み!光を照らす水面!まるで輝きの海!」


モバP(裕子が何か言っているが、俺には知った事ではない。

見えているのは夕日に染まる頬と、輝きを映す大きな瞳だ。

断じて見とれているわけではない。不思議な生き物だなあと思って見ているだけだ)



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:06:51.59 ID:ZPopcQaS0


裕子「あの光の先には、なにが待っているんでしょうか。

素敵なところだといいなあ」


モバP(風になびく髪と、意外にも女の子らしい良い匂い。

……なんか目を逸らせないぞ。なんだこれは。

あぁそうか、俺は疲れているんだ。視線を動かすのも億劫なだけなのだ)


裕子「……ってそうじゃない!そんな話じゃなくて!」


裕子「無理やりこんなところに連れて来ちゃって、すみません。

事務所は落ち着いた話をするには向かないから、つい……」


モバP(普段の振る舞いからは想像も付かない、しおらしい姿。
小動物のようにもじもじしている。
愛くるし……

……早く本題に入れ、俺は忙しいんだ)



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:08:37.97 ID:tR3m4DgW0


裕子「それと、こんなアイテムまで用意しちゃって、すみません」


モバP(ん?なんだ?)


裕子「あの、糸電話です。見たまま、そのまんまですけどね!」


モバP(ハッ、おいでなすった。
糸電話ときたぜ。何をする気か知らんが、こんなオモチャ、クールアイドルは決して持ち出さないぞ。

こういう子供っぽいところが放っておけないというか、何というか)



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:10:16.02 ID:KYDaqnsA0


裕子「これはですね、直接お伝えするのが難しい言葉でも、伝えてくれるスペシャルアイテムなんです。

サイキックアイテムじゃないですよ!」


モバP(表情がコロコロ変わる。感情丸出しじゃないか。

アイドルたるもの一度ステージに立てば、感情などコントロールし尽くして見せねばならない。

全く、プロ意識の無さがそういう所に滲み出るのだ。


焦った顔も可愛いなあ。


……いや違うよ何言ってんの!?
今の可愛いは客観的な意味だから!
アイドルであれば可愛いのは当たり前だから!)



8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:14:22.67 ID:ZPopcQaS0


裕子「そんなわけで、今日は特別に、聞いてください。
普通の言葉じゃないですよ」


モバP(特別……普通じゃない……俺だけのための言葉……だと?
た、試しに聞いてやろうじゃないか。どうせ大した事は言わんだろうけど)


裕子「これは特別に、心の声を伝えますから」


モバP(心の声!?
ふだんから開けっ広げに見せておいてお前……
別の表情を隠しているとでも言うのか!

あと特別って2回言ったな、そういうちょっと抜けてる所がまた魅力だな!)


裕子「えーと、あの、聞こえますか?」


モバP(聞こえるよ、そんな近くに寄ったら糸電話関係なく聞こえるよ!アホ!うわなんだこの美少女!初めて見たよスカウトしないと)


裕子「これは一度しか言いませんよ」


モバP(よせ、何を言う気だ、よせっ!
心の扉ノックされちゃう!ノックアウトされちゃうぅぅぅ!)



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:36:14.88 ID:ZPopcQaS0






裕子『いつも、ありがとうございます!』にこ






12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:38:56.67 ID:tR3m4DgW0





モバP(グゥオオオオォォォォォォォォ!!)





13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:40:29.63 ID:ZPopcQaS0


モバP(思いのほか普通の言葉なのに、なんだ!この威力は!

熱い!溶ける……っ!俺のCoolが溶ける……っ!)


モバP(こ、これが……Passion……)


モバP(ぐ……ぐふ……っ)






14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:41:57.85 ID:tR3m4DgW0






モバP(ふ……ふっふっふ……)



モバP(た、耐えた……

耐えたぞぉ!

俺のCoolは守られた!やはりCoolこそ正義!Passionに遅れは取らん!)


モバP(しかし危なかった……

もう一言あったら完全に溶けていた事だろう。詰めが甘いぞユッコ!)



モバP(……ん、んん!?)


モバP(糸電話を下ろして……何か、何か言うつもりじゃないだろうな!)


モバP(あ……ああ……
やめろ!これ以上はやめろォォォ!)





15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:43:30.28 ID:ZPopcQaS0






裕子「……と、届きました?」ぱあっ






16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:44:38.13 ID:ZPopcQaS0





モバP(ぎゃあああぁぁぁぁぁぁーーーーー)

ボシュシュシュウゥゥゥゥン





17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:45:47.60 ID:KYDaqnsA0



モバP(サ、サー……ファイア……パッ、ション……)



ジュッ……






18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:47:10.19 ID:ZPopcQaS0


モバP「俺はCool、Coolプロデューサー」


モバP「Coolプロデューサーの日常はCool。
目の前には渋谷凛をはべらせ、左手には高級腕時計を巻き、額にはアイスノンを貼っている」


モバP「そう、昨日土手に行ってから風邪を引いているのだ」



19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:48:14.89 ID:tR3m4DgW0


凛「大丈夫?プロデューサー」


モバP「大丈夫だ、少し熱っぽいだけだ」


凛「ふだんは体調管理を厳しく言うくせに」スッ

ペリ

ぴとっ

モバP「いっ!?りりり凛、おでこを合わせるな。人前だぞ」


凛「おでこ、冷たいね。アイスノンを貼ってたからかな。

……!?」スン


20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:49:11.56 ID:tR3m4DgW0


モバP「ど、どうした?」


スンスン
「りっ」
スンスンスン
「凛、ちょっと」
スンスンスンスンスンスンスンスンスン
「だめぇ」


モバP「めー!めーでしょ!?」


凛「ふーん」


モバP「あ、あの……?」


凛「ううん、なんでもないよ」


モバP「ドッキンドッキン」


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:50:08.61 ID:KYDaqnsA0


凛「そうだ、プロデューサー、食欲ある?ちゃんとご飯食べてる?」


モバP「いや、あんまり食べてない」


凛「ゼリー買ってきたんだ。食べさせてあげる」


モバP「あ、じゃあこのスプーンで」


凛「プロデューサー」


モバP「どうした?」


凛「なんでスプーンなんか持ってるの?」


モバP「……」


凛「……」


モバP「サイキック・ステルスマーケティングッ!」


おわり




22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/05/05 21:51:37.15 ID:KYDaqnsA0


ユッコのテキストは全て、
【さいきっく☆ボイス】
のエピソード(後編)から引用したものです。

ユッコが一番輝くのはエピソード(後編)なので、コロコロ変わる表情と美少女っぷりをぜひ見ていただきたい。
【サイキックマジシャン】が手頃でオススメですよ。


しかるのち、投票所に行きましょう。


では依頼を出してきます。



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462449143/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP